« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

訪問者

今日は秋晴れ。「兵庫国体」の開会式にふさわしい天気です。朝からヘリコプターが上空をにぎやかに旋回していました。

うちのベランダに朝早くから小さな訪問者がありました。ミツバチではないようですが、ハチなんでしょう?アメリカンブルーにくっついたり、離れたり。シャッターを押そうにも焦点が合わず苦労しました。ミニバラに移動したりして3時間はゆっくりしてくれたようです。わざわざ8階まで昇ってくれた訪問者です。味はどうだったのでしょう?Img_0358 Img_0365

2006年9月28日 (木)

淡青色

今週の新聞記事に「吉田拓郎&かぐや姫 IN つま恋 2006」がたくさん載っていました。やはり、殆どの観衆が目を潤ませたようです。私は当時、これからどうやって生きていこうと必死に思っていたような気がする。

「のじぎく兵庫国体」を盛り上げるために、沿道にはたくさんのプランターが並べられベゴニア、ニチニチソウ等が国体参加者を歓迎しています。国体期間中だけでなく、年中花いっぱいで街中が明るくあって欲しいものです。

朝夕ヒンヤリ、日中も空気が澄んでいるこの時期は淡青色の花が元気をくれます。Img_0352 Img_0353

2006年9月27日 (水)

オリヅルラン(ベランダガーデニング)

我が家にあるオリズルラン(葉の中央部に斑が入ったナカフオリヅルランです)はもう20数年前に買った苗の子孫です。
最初の頃はベンダに出したままにして冬に枯らしてしまっていたのですが、近年は越冬するほど強くなり、根もはびこり他の植物を侵食してしまう程元気がいいですrun。(地球温暖化の影響かも知れません?)

ベランダのオリズルランが全滅しても子孫を残しておこうと1株だけ、浴室に置いています。

オリヅルランは丈夫な植物で日当たりでも日陰でも育つので、ベランダの植物のグランドカバーとして、リビングのテーブル上の緑として、そして浴室…といろんな場所に置いてそれぞれの雰囲気を楽しんでいますhappy01

清楚でクールなところが好きです。Img_0349

【独り言】
今日の世紀の天体ショーを御覧になったでしょうか?
帰宅してTVで夕刊でじっくりそのショーを楽しみました。

2006年9月26日 (火)

花束

昨日、職場の慰労会で「花束」を戴きました。近年、私自身は花束を戴いたことが無いので非常に嬉しかったです。帰りの満員電車に乗っても、【気持ちよく酔っぱらっている場合ではないぞ】と自分に言い聞かせ、花が傷まないように持ち帰りました。帰宅してもテーブルに置いたまま寝てはいけないと、すぐに活性剤を添加した花瓶に入れました。どの構図がよいのか思考能力が働かないままにシャッターを押しました。 プレゼントで戴ける花は格別です。Img_0347

2006年9月25日 (月)

収穫?

朝夕はヒンヤリするのですが、日中は温度が高い。この時期はベランダの水遣りに悩んでしまいます。ずーっと、朝夕の2回水遣りをしてきたのですが、やり過ぎると根腐れしそうですし、やらないと枯れてしまいそうですし…。「鉢の状態(表土)を見てからやりましょう」と、言われても陽が昇る頃は表面は湿っているように見えますし……。結局、日中陽が当たっている植物だけにはまだ2回の水遣りをしています。

収穫といっても、大したことはありません。フウセンカズラの種を採っただけなんです。買っても100円くらいのものなのですが、もう10年近く続けていますのでわが家のベランダのDNAがかなり占めているのではないかと、勝手に想像して続けています。白黒で愛嬌のある種です~。Img_0345 Img_0343

2006年9月23日 (土)

秋の行事

今日はマンション前の中学校で体育祭が行われている。懐かしい行進曲や甲高い声援が聞こえて賑やかです。遠くの田んぼでは稲刈りらしく、バインダーが彼岸花で囲われた田んぼを行ったり来たりしています。空も透き通った青空です。気持ちいい秋です。

午後1時から9時半までNHKで「吉田拓郎&かぐや姫 IN つま恋 2006」を生放送でやっていた。約30年前の舞台で拓郎やかぐや姫、そして大観衆がそれなりに歳とって当時を懐かしみながら楽しんでいるようでした。観ていると何故か涙が出てきそうになるが原因は分からない。家の外でも中でも本格的な秋模様の1日でした。

ミニバラは春と秋と2度楽しめるので嬉しい。つるバラは管理が難しく、なかなかベランダで大きくさせることができませんが、ミニバラはそれに較べると容易でたくさんの花を楽しむことができます。Img_0342

2006年9月21日 (木)

ハツユキカヅラ

白やピンク色の若葉をつけることを期待しているハツユキカズラですが、イメージどおりの色になりません。他のWebを訪問してみると鮮やかなハツユキカズラを見ることができるのですが…。まだまだ、管理手法が未熟なのでしょう。いろいろ調べてみて来年こそはイメージしたハツユキカズラに仕上げたいものです。Img_0331

2006年9月19日 (火)

新芽

植物はすごく敏感。人は残暑で「まだ暑い」と感じているのですが、植物は夏の間は枯れていたのですが、「秋」を感じて新芽を出し始めました。寒くなると元気が出る植物なんでしょう。私はそれらの植物から元気をもらって、寒い冬を楽しく過ごします。Img_0332 Img_0333

2006年9月18日 (月)

台風一過

台風13号で夜半から強い南風が吹き寄せた。あらかじめベランダの鉢を壁際に寄せていたので被害はありませんでした。しかし、クレマチスやバラのような蔓性植物は葉が飛ばされて可愛そう。一昨年は毎週のように台風襲来でしたが、今年はどうなんでしょう?Img_0339 Img_0340

2006年9月17日 (日)

アメリカンブルー

午後にも台風13号が九州に上陸との予報。ここ神戸も多少風がでてきている。明朝までにはベランダの鉢も避難させなければならないのでしょうか?

ヒンヤリした新鮮な朝に淡青色のアメリカンブルーが開花してました。晴れた日中はショッキングピンクのサフィニア、ペチュニアが元気をくれますが、朝や曇天日はやはりラベンダー等の淡青色や紫色が落ち着くので好きです。他のWebで綺麗に咲き揃ったアメリカンブルーを見てきましたが、わがアメリカンブルーもこれから同じように咲き揃って欲しいものです。Img_0338

2006年9月16日 (土)

ツルニチニチソウ

つる性常緑低木ということで、ベランダに花が少ない時に楽しもうと、植えています。寒さにも暑さにも強く、我がベランダでは育て易い植物です。淡青色の花を咲かせているのを見かけますが、我が家のツルニチニチソウはまだ花を付けたことがありません。日照不足か、肥料不足か…?でも斑入りの葉を楽しむことができます。Img_0335

2006年9月14日 (木)

サボテン

今日も得をした気分。ベランダに新しい変化がないかと、何とはなしに水遣り後振り返ると、白い花が目に入った。サボテンに純白の花が咲いていた。サボテンには殆ど水を遣らないので、これまでその兆候には全く気づきませんでした。この鉢のサボテンでは初めてです。朝の新鮮な空気に白い花がとっても似合うのですが、急いで出勤です。たった1日だけの花ですがベランダを新鮮にしてくれました。Img_0324 Img_0329_1

2006年9月13日 (水)

あさがお

この時期は人間と同様、ベランダにも夏の疲れが表れてきました。サフィニア、ブリエッタ等の夏のシンボルにも枯葉が現れ、花の密度も粗くなってきました。そんな秋の気配を感じる今朝、花たちに水を遣ろうと戸を開けると目の前に朝顔が一輪咲いていました。今年は植えていない朝顔が咲いているんです。種がこぼれて咲いたのでしょう?ベランダではプランターごとそっくり植え替えるので植えた植物以外はありえないことなのに…。たった一輪ですがすごい得をしたような気分です。白色で縁どりをした朝顔です。Img_0320

2006年9月11日 (月)

ミント

アメリカンハナミズキのグランドカバーとして植えているミントですが、毎朝水遣りの時にいい香りを漂わせてくれます。鎮静剤の効能があると聞きますが、本当に落ち着きます。Img_0319_1 綺麗な花もよいのですがミントは香りで私に元気をくれます。

今日は「9.11同時テロ」から5年。2機目の飛行機が世界貿易センタービルに突っ込んでいくLive映像は全く何がどうなっているのか、訳が分かりませんでした。テロは許せません。10数年前に訪れた世界貿易センタービルのことはそれ以来、封印しています。Img_0316

2006年9月10日 (日)

ホームページ更新

今日の天気予報は「雨」だったのでホームページの更新を決意。しかし、Web初心者としてはこれが大変、1日かかることを覚悟しないといけない。

ここ2,3日の雷雨と強風でベランダが荒れてしまった。綺麗な画像が撮れないけれどそれなりに頑張ってみました。ミニトマトも赤い色の実がなく、ご覧のとおり。Img_0313

途中、やはり豪雨が襲来、見る見るうちに空が暗くなりました。しかし、遠方の明石の上空は陽が射していました。Img_0314 肉眼で見ると不気味でしたよ。

ホームページ更新を終えたのは夕方7時でした。

2006年9月 9日 (土)

子宝草

子宝草は夏の間は少し元気がなかったのですが、涼しくなるや見事な繁殖(子持ち?)。少子化の日本もこれくらいの子持ちになると良いのでしょうが…。本当に不思議な植物です。Img_0293

今日は9月6日に「名前が分からない」と投稿しました植物の名を調べるために、大型園芸店を2店回ってきました。1店目はそれらしき物は見当たりませんでしたが、2店目で見つかりました。「ピレア ディプレッサ」なんでしょう?(ペペロンミアにも似ているようでしたが?)少しスッキリしました。Img_0281_1

今日は、午後から台風並みの強風となり、ベランダが荒らされてしまいそうです。

2006年9月 8日 (金)

貴重な一粒なんです。

この2,3日のにわか雨で湿度が高い状態。ベランダの鉢もなんとなく湿っている状態なので水を遣っていいものか悩んでしまいます。多量に水を与えると根腐れするし、不足すると日中の太陽熱でぐったりしてしまうし、ここがベランダガーデニングの難しいところなんですね。と、言うわけで今日は天気予報を見て後者を選択したのですが失敗でした。

今朝は初めて実をつけたブルーベリーが色づいた(?)ので写真に収めたのですが、何せ一粒なのでピントを合わせるのに一苦労しました。それでも、結果は駄目でした。サフィニアやペチュニアはまだ頑張ってくれています。Img_0285 Img_0280

2006年9月 7日 (木)

今日も土砂降り

帰宅道中はバケツをひっくり返すほどの雨、車のワイパーが利かないない状況。天気予報はそんなこと言ってなかったよ。(高校生など傘を持たないでびしょ濡れになって駆け込む姿がアチコチ、気の毒。)

曇りの予報だったので、今日も帰宅してからではベランダの写真も撮れないと思い、朝起床するやシャッターを押しておきました。何も考えず、今日の記録として。Img_0287

今日の神戸新聞に三セクの三木鉄道で昔の「厚紙切符」に人気との記事が載っていました。私は鉄道ファンではありませんが、思い出のものはとっておく方です。写真は20年前、先輩と宮崎の焼酎メーカーへ出張した時の延岡ー高千穂間の木材(詳しくは厚紙切符を木材に張り合わせたものです)で作られた切符です。Img_0289 珍しいでしょう?

2006年9月 6日 (水)

まだ、名前がわかりません。

兵庫県南部は夕方から土砂降り、6連勝の阪神タイガースも残念ながら試合中止。帰宅すると、真っ暗でベランダに出ても何も見えない状態。で、たまには家の中の植物の世話でもと観葉植物などに水遣りです。植物にとっては、朝の方が好ましいのですが、出勤前は少しでもゆっくり過ごしたいので…。

園芸店で名前を調べてこようと7月から思っているもののまだ実行していません。この植物は何なんでしょう?Img_0281

2006年9月 5日 (火)

キャンディボックス

酷暑のためにキャンディボックスはかなりダメージを受けていますが、それでも毎日新しい花を次から次へと咲かせていいます。最盛期の復活のようです。(活性剤を与えたからかな?)朝夕が涼しくなりましたのでひょっとしたらこれからもずーっと咲いているのかも?もう、1000個以上は咲いたようです。Img_0278 もっと綺麗な画像でお見せしたいのですが…。

2006年9月 4日 (月)

そろそろ終りかな?

6月頃からベランダを鮮やかな色で飾ってくれたサフィニア、ブリエッタ、ペチュニア、カルフォルニアローズ等がそろそろ別れを告げようとしています。毎日、花がら摘みと水遣りを欠かさず続けてきましたが、残念ながら花の密度が薄くなってきたようです。秋を感じさせ少し寂しくなります。

でも、Img_0276 この夏はキャンディボックスとの初めての出会いがあり、ベランダでも十分成育することが分かりました。来年夏も是非植えてみたいと思っています。今から来シーズンのベランダのアレンジメントを考えるとワクワクしてきます。日曜日に我が家のベランダを外から見るとどうなのかなと初めて下から8階を見上げてみました。

2006年9月 3日 (日)

ユウカリ

ユウカリの木が1年間で1.5メートルも伸びました。秋のヒンヤリした冷気と朝日を浴びながらキラキラと葉の表裏を返します。ついジーッと見つめてしまいます。花の華やかさとは違った雰囲気を味わうことができます。Img_0273

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »