« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

キャンディボックス

何度か投稿しました今年初めて挑戦したキャンディボックス。盆休みに1日だけ水遣り出来ずに少し弱らせましたが、涼しくなるとグングン枝を伸ばし、今は洗濯物を干すのに支障を来たすくらい大きな球になりました。5月から6ヶ月もの長期間に亘って紫色の可愛い花を咲かせてくれました。害虫がつくこともなく育て易い植物は私に適しています。来年も挑戦してみたい花です。Dsc00816 (写真手前の花です)

2006年10月30日 (月)

衝羽根朝顔(つくばねあさがお)

今日の地方紙に「今日の誕生花」として衝羽根朝顔が紹介されていました。記事を読んでみてペチュニアの日本名であることを知りました。そう言えば、ラッパ型の花形は朝顔に似ている。何も知らずに好きな花だから毎年苗を買ってきて植えていました。南アメリカが原産で花言葉は「そばにいたら心が和む」だそうです。偶然にも私のベランダのコンセプトと同じで納得しました。Img_0503

2006年10月29日 (日)

ゼラニウム

ここのところメダカに気を惹かれていて、ベランダがおろそかになっています。そんな中、涼しくなってからゼラニウムが生き生きとして緑葉と蕾をつけてきましたが、続いて純白な花を咲かせました。数年前に台風に遭って倒れてしまいましたが、完全復帰したようです。春と秋に長い期間次々と花を付けます。ポットが大きければもっと根を張って大きくなるのでしょうが狭いベランダなので我慢してもらっています。乾燥気味がすきなようですので水遣りの手間も省け、楽でいいです。

今日は朝からメダカの引越しをしました。引越し直後は餌は食べないのかと思いきや、食欲旺盛のメダカ達です。Img_0520 Img_0508

2006年10月28日 (土)

メダカ捕り

大きなメダカ鉢を戴いたので、今日はメダカ捕りに出かけました。近くの小川やため池をアチコチ覘いてみるもののなかなかメダカの姿がない。それではとドライブがてら車で約1時間、姫路市の夢前川の上流へ出かけてみました。畑で作業されている農家のおじさんに聞いてみると、田植えの時期には見かけたけれどもこの時期にはなかなかメダカを捕獲することは難しいらしい。諦め半分、川原に下りてみると幸運にも堰きとめられた水溜りにメダカがいるではないですか。メダカも捕まってはたまらぬと四方八方へサーッと離散。結局約2時間の成果は写真のとおりです。大切に育てて、孵化させて元の場所へ放流してあげたいものです。Img_0496 Img_0497 1日がかりのメダカ捕りでした。暗くなっての帰宅でしたので明日、鉢へ移す予定です。

2006年10月27日 (金)

クリスマス

ホームセンターのガーデニング関連売場に行ってみると、もうクリスマスのサンタやトナカイのイルミネーションが賑やかに点滅しています。まだ、2ヶ月も先なのに今この光景を見ると、クリスマスを迎えるころには麻痺してしまって感動がないのではないでしょうか?(でも、1ヶ月前くらいから準備する人にとっては今からアレンジ他いろいろと準備する必要があることでしょう) 私もこのイルミネーションを楽しみにしている一人なんです。クリスマスの前にハロウィーンもあるのですがこれはあまり見ないですね。Img_0476 先日プレゼントで戴いたシャコバサボテンのように見事な花をつけるように、5月にさし芽したサボテンに十分な日光を与えています。Img_0495

2006年10月26日 (木)

メダカ

メダカの記事を何度か投稿していると、わが家の失敗を見ておられないのか、それともメダカ絶滅を心配されたのかメダカ鉢をわざわざ持ってきて下さった。20㌔の重さはあろうかKさんは8階まで運んでこられ、「これならメダカが元気に育つでしょう」って。なんと優しい方なのでしょう。ありがとうございました。

直径50㌢×高さ40㌢もある大きなメダカ鉢は迫力があります。これならメダカも自由にのびのび泳ぐことが出来るでしょう。早速水道水を入れてカルキー抜きをしているところです。水草も買ってきて隠れ場所を作ってやりました。Dsc00824 週末にメダカの引越しです。

2006年10月24日 (火)

ノウゼンカズラ

今年最後のノウゼンカズラの花が開きました。短い開花期間ですがこのために1年間しっかり水遣りしたり、肥料を与えたり、害虫退治をしたり観察した成果であり、私えのご褒美なんです。来年夏まで、会えないと思うと少し寂しくなります。灼熱の夏に濃いオレンジ色のノウゼンカズラも好きなのですが狭い我が家のベランダでは薄いパープルがお似合いと思って植えてみました…。来春に元気な新芽をのぞかせてくれることを願って油粕のご褒美を与えておきます。Img_0493 Img_0492

2006年10月23日 (月)

クレマチス

先週投稿しましたクレマチスが開花しました。ブリエッタの花数がめっきり減ってきたこの季節に開花する花があると大きな喜びです。色も好きなワインレッド。そう言えば趣味のひとつにラグビー観戦があるのですが、この色のジャージーを着ている大学を30年以上も応援しているのです(戦法が好きだからだけなんですが)。このクレマチスの花で数日間は元気を戴けそうです。Img_0478

2006年10月22日 (日)

活性剤を投与

今朝は秋晴れ、久しぶりに植物に活性剤(肥料とは違って、私どもが時折飲む「リポ…D」と同様、瞬発力を得る栄養剤らしい)を与えてやることにしました。高価ではありますが不思議なくらい効果あります。朝日を浴びるやいなや、グングン元気を出しているように見えます。中には急に開花した植物もありました。落葉する植物あり、新芽を出す植物もある今日この頃です。Img_0479 Dsc00822 Dsc00823 Img_0480 Img_0481

2006年10月19日 (木)

デンマークカクタス

今日、新聞配達所からのプレゼント(応募して当選、年に4回戴けるんです)のデンマークカクタス(別名シャコバサボテン)が届きました。とても新鮮で20数年前からわが家で育っているサボテンとは色も花の形も違います。我が家のサボテンは老体なのか栄養不足気味(ベランダの花ばかりに惹かれてしまい全く肥料を与えてなかったような?)で今年は開花を諦めていました。そんな折、すばらしい物を戴き歓迎です。前回7月にプレゼントされたハイビスカスは20~30個の花を咲かせ、まだ蕾を付けています。花のプレゼントはなが~い期間楽しめるので最高です。Img_0473 Img_0474

2006年10月18日 (水)

メダカに再挑戦

日曜日に兵庫県立フラワーセンターに行った際、園の片隅でメダカを販売していた。数ヶ月前にショップで買って育ててみたものの1~2週間で死なせてしまった。水道水のカルキー抜きをしたり、酸素をつけてやったりもしたが死なせてしまった。かわいそうなことをしてしまったから、もうやめとこと思いつつも結局買って帰った。しかし、今までのメダカとはちょっと様子が違う。5匹が狭い水槽の中でコミュニケーションをとっている。これらのメダカは売られる前にはそこらの池で一緒に生活していたのではないか?とにかく仲良しで元気である。

今までのメダカは、100匹以上の展示水槽の中から販売員が適当に捕らえたものである。家で飼っていると最弱者を他のみなが総攻撃していたように見えた。残ったメダカの最弱者がまた同じ目に…。以上は私の勝手な推測、どなたかメダカの飼育の仕方を教えてください。Img_0467 今度こそは長生きさせたい。

2006年10月16日 (月)

クレマチス

この1週間、涼しくなってクレマチスの節から次から次と新しい芽が出ています。そして蕾までが。期待していないときに花が咲くなんてボーナスです。わくわくします。今日はカメラの技術向上に頑張らねばと接写に挑戦。取扱説明書を読みながらカメラの機能を設定してシャッターを押してみました。被写体はクレマチスの蕾とハイビスカスの花弁です。Img_0427 Img_0433 Img_0435

2006年10月15日 (日)

ベゴニア

今日は澄み切った青空に誘われて、急遽神戸市の西北に位置する加西市の兵庫県立フラワーセンターへ出かけてみました。コスモスやサルビア、マリーゴールド等々で庭園が見事に彩られていました。春は30万本のチューリップが植えられていたとか…。菊花展も開催中で県内や岡山からの作品が展示されて、まさに秋真っ只中。温室の中では珍しい Img_0459 Img_0458 ベゴニヤや食虫植物が…。自分では育てられない植物を観察できて満足な一日でした。Img_0447_1

2006年10月14日 (土)

アリッサム

アリッサムは暑さには弱いのでたいがいが夏前に自然に枯れてしまいます。しかし、わが家のアリッサムはハナミズキのグランドカバーとして、ミント、ブルーデージーと共に植えてみましたがこれがもう3年位枯れずに春と秋に花を咲かせます。住み心地が良いのか、環境がたまたま適合しているのでしょう。この時期に見られない花を見ることが出き、1年草ながら毎年春秋に咲くとなるとうれしい限りです。Img_0431

2006年10月13日 (金)

「秋のつるべ落とし」と言っても「つるべ」が何か分からないご時勢。現代は「鶴瓶落とし」と解釈する方が多数といった始末。日本は寒い、寒い。   こんな事を言いたいのではないんです。日が暮れるのが速いこの時期は帰宅するのは日没後、ベランダを覗いて植物の様子を観察できません。ブログの【花日記】を投稿出来ません。これからは、週1回投稿のペースかな?何か考えなくては……。

今朝は秋晴れ!水遣りした後ふと振り返ると「リトルダンサー」と「ラベンダーシャワー」が新しい花を付けていました。もう冬支度で花は咲かないだろうと諦めていましたが、新芽が出て花を付けるなんて。ちっちゃな出来事ですが大きい喜びです。Img_0423 Img_0424 Img_0422 嬉しい週末です。

2006年10月 6日 (金)

念願のアーチなんですが

ベランダガーデニングを始めて何とか達成したい事のひとつにアーチに蔓を絡ませることです。モッコウバラクレマチスを植えて挑戦したのですが、あと一息で根腐れや根切り虫にやられたりで実現出来ません。何か他にベランダに適応する植物があれば教えてください。

今年も春に植えたモッコウバラがやっと1本アーチの頂上まで届きました。数本の枝が絡んでくれたらアーチらしくなるのですが……。他のWebを訪問してみるとアーチは見事にバラ等が絡んでいて羨ましい限りです。Img_0383

今日は中秋の名月。大きく明るい月が雲の間から時折顔を覗かせています。明石大橋のかなたに見える観覧車も緑色からオレンジ色に変わったようです。とても綺麗な夜空です。(写真を撮る技術がなく、載せられないのが残念です。頑張りま~す)

2006年10月 2日 (月)

ワイヤープランツ

ジョウロの中に植えたワイヤープランツです。
一旦植えつけるとなかなか植え替えることができず栄養不足になるのではないのかと心配しています。しかし、その細い針金のような容姿とは裏腹に強い植物のようです。
冬の間もベランダに出したままですが(袋でオーニングしてやりますが)枯れることはありません。小さなかわいい白い花をつけます。ゼリー状の実を付けますが、これが実であることはつい最近知りました。(てっきり、害虫が巣を作ったものと勘違いしていました。)美しいとはとても言えません。Img_0356

2006年10月 1日 (日)

衣替え

今日は10月1日。ベランダの衣替えをしようと早起きをしての作業です。ミニ菜園の片付けやらベランダの掃除で大忙しでした。この夏は暑さのせいと、私の努力不足でミニ菜園に成果がありませんでした。成果なしのものを片付けるのは空しいものです。

一通り終わったら、今度はホームページも衣替えを、と思いましたがこちらはそう簡単には出来ません。記録として残す程度に10月1日の様子を追加する程度で済ませました。結局一日がかりでした。

先日戴いた花束のユリの花も満開となりました。ここ数日はユリの香りでいっぱいです。Img_0379

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ