« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

淡路島のスイセン

今日は淡路島のスイセンを求めて出かけてみました。朝9時に家を出発、明石海峡大橋を渡って途中”あわじ花さじき””兵庫県立淡路景観園芸学校”に寄ってみました。平日は道路も空いてて、また駐車場の心配もなく、のんびり出来ます。”あわじ花さじき”では丘一面に広がる菜の花畑が迎えてくれました。なんとのどかな景色なんでしょう!(霞んでいましたが遠くは神戸、明石が望める絶景でもありました)

次に淡路島東部の海岸を南下し”立川水仙郷”に行ってみましたが、「先日の強風(春一番の嵐)で花が飛び散った」と峠の茶店の主。全く花はありませんでした。不安ながら更に南下し、淡路島の南端部に位置する”灘黒岩水仙郷”に行くとやはりここも被害を被っていました。しかし、こちらはかなりの水仙が残っていて私には十分なスイセンでした。見所が減ったせいか26日~28日は入園料は無料(通常は500円)とのことでラッキーでした。

あとは大鳴門橋下の”道のえき”うずしお”で昼食をとって、(渦潮は見ることができませんでしたが、海鮮丼\1050はおいしかったですよ)帰路は淡路島西部海岸道路を北上、”パルシェ香りの館”(ハーブ他色んな花の香りを楽しむことが出来ます)に寄ってみました。夕方4時帰宅の淡路島一周日帰りの清清しいドライブでした。Img_0889 Img_0891 Img_0896 Img_0893 Img_0898

2007年2月26日 (月)

ガーデンシクラメン

シクラメンといえば冬の花ですが、暖冬のせい?品種改良の影響?それとも単なる置き場所の環境からか今頃になってやっと開花してくれました。もうすぐ春というのに!でも既に咲いていた淡いピンク色のシクラメンに比べ濃い紅色なのでちょっとベランダの雰囲気が変わります。元々はピンク色だったと思うのですが、昨年から紅色に変わったようです。これが本来の色なんでしょうか?シクラメンは何年くらいもつのでしょうか?ガーデンシクラメンは寒さにも強く、長持ちしますねぇ。(夏場は日陰に移動させているだけなのに)

久しぶりに電車(市営地下鉄)に乗ると沿線の菜の花畑は一面黄色になっていて春の訪れを再認識しました。Img_0885 Img_0877 Img_0878

2007年2月23日 (金)

テーマ色はワインレッド

狭いベランダを少しでも賑やかに彩りたいものですから、今までは黄色やブルー、オレンジ…とバラエティに富んだ花苗を買って配置していましたが、今冬はテーマ色を決めて統一させたらどのようになるか挑戦してみました。僅かのスペースに同一色を並べても迫力がないから大したことはないだろう?きっと、失敗だろう……、止めとけばよかったかなと思っていましたが、花が咲き揃うと自分なりに「これもいいかな」と自己満足な出来上がりです。まあ、好き勝手していろいろと楽しめばいいのかな。今年のテーマ色として《ワインレッド》に決めていたのです。大学ラグビーや社会人ラグビーで好きなチームのジャージ色が《ワインレッド》だったからなんです。てなもんで、ビオラは全て同一色に揃えてみました。紅葉した多肉植物までがいい色に染まってくれました。アズーロコンパクトも夏~秋、そして今もなお咲き続けて(同系色)香りを漂わせています。Img_0875 Img_0871

2007年2月22日 (木)

スイートピー

今日は誕生日でした。でも、実のところ朝起きた時には忘れていました。娘からのメールで「あっ、そうか」と思った次第です。アカン、アカン、誕生日まで忘れるなんて!

夕刊と一緒に届いたのでしょか?新聞配達所からの花のプレゼントです。今回はスイートピーです。春を感じさせる白とピンク、気持ちが暖かくなります。ここの新聞配達所は年に1回、応募すると当選者に四季の花(鉢)を届けていただけるのです。これまでに2回当選して、ミニバラ、ゼラニウム、ハイビスカス……をプレゼントしていただいています。花好きにはたまりません。Img_0883

2007年2月21日 (水)

ラベンダー(ベランダガーデニング)

冬前にバッサリと枝を切り落としたラベンダーですが、もう花を付けています。例年菜の花の黄色の花を見た後の4月か5月頃に咲いていたと思うのですが、この時期に咲くなんて…。(季節感が狂ってしまいます)    やはり、植物ならではの日々の温度を足していく「積算温度」でもって開花しているのでしょうか?

わが家には1鉢の小さなラベンダーしかありませんが、じっと見つめていると10数年前に訪れた北海道・富良野のラベンダー畑の一面薄紫色のラベンダーが目の前に浮かんできます。(日本のラベンダーは昭和初期に北海道に試験的に植えられたのが始まりと聞きました)Img_0869

2007年2月19日 (月)

ブルーベリー(ベランダガーデニング)

2週間前にも投稿したブルーベリーです。今年のベランダで楽しみにしている一つがブルーベリーの結実なんです。昨年はたった一つですが実がついたのです。今年はもっとたくさん実らせるのが目標なんです。ブルーベリーのことをいろいろと検索して、ベランダで最適な育て方を勉強しては実践しているのですがどうでしょう??毎週、鉢の表面、幹の根元から葉の裏側までジーっと観察しながら、水遣り、肥料はどうか?害虫がついてないだろうか?他のWebも訪問しながら…、過保護になるくらい……なんです。Img_0864

2007年2月18日 (日)

中途半端な冬

今年の冬は中途半端で気持ち悪くてたまりません。スキー場では雪不足、近くの池に氷が張るわけでもなく、シャキッとしない冬です。(今日も雪ではなく、雨がシトシト…)喜んでいるのは春を待っている地中の植物達のようです。1月末に地中から芽を出したチュウリップはもう10センチ以上も伸びています。水仙も開花直前です。この異状気象の影響で今年はべガーデニングショップが潤っているとニュースで伝えていました。(今年の冬はゴルフとガーデニングが人気らしいです)Img_0865 Img_0863

2007年2月17日 (土)

モッコウバラ(ベランダガーデニング)

数日前の春一番に襲われたベランダの植物。特に、気になったのはつる性植物のクレマチスとモッコウバラです。やっと、トレリスやアーチの頂上部まで届くように成長しているものですから何とか吹き飛ばされないようにと願っていました。(台風並みの強風でベランダに出られないくらいでした)

早速、休日の今日、恐る恐るベランダに出てみると…、しかし、そんな心配は無用でした。新芽を次々と出し、もう本当の春気分の様子です。

モッコウバラはまだわが家のベランダでは花を咲かせていません。好きな花なので黄色や白色と買ってきてはその成長ぶりを楽しんでいるのですが土壌が合わないのか?場所が悪いのか?更には、成長しても根切り虫にやられたり……で花が咲くまでには至っていないのです。今年こそはと願うばかりです。Img_0861

2007年2月10日 (土)

水仙(ベランダガーデニング)

いつになったら本格的な冬がやってくりのか待っているのですが、一向に気配なし。そんな中、カエルが土中から出てきたとニュース。このまま、春が訪れるのでしょうか?(初雪が降らないで、春一番が吹くかも知れない地域もあるほど、今年は異状気象のようです)

ベランダの水仙も蕾を膨らませてきました。2年前に植えた球根を掘り起こさないでいたものですが、何とか今年も咲いてくれそうです。悪条件の中、耐えてくれたものです。サクラソウも袋で風や冷気から守ってやっていたせいか、蕾を付けました。Img_0860 Img_0858

2007年2月 7日 (水)

チェリ-セージ(ベランダガーデニング)

手間のかからない宿根草で花期が長いとのことで、晩秋の花が少ない時に買ってきたチェリーセージです。葉がサクランボに似た甘い香りを持つハーブとのことです。かなり強い香りです。元気な花を持続させるとのことですが、期待以上に長く咲いてくれて元気をくれます。冬季は地上部は枯れるとのことですが、いまだにそのような様子はないようです。水遣りや乾燥について気にする必要もなく、日当たりさえよい場所へ置いとけばいいベランダでも育て易い植物のようです。Img_0854

2007年2月 4日 (日)

立春(ベランダガーデニング)

今日は立春ですが、外気は随分冷たいです。ブルブル震えながらベランダの花や椎茸の水遣りです。11月下旬に咲いた後切り戻しをしていたゼラニウムは、また蕾を付けています。花の少ないこの時期に楽しませてくれます。クレマチスも錆びた鉄線のような蔓の節々から緑色の新芽を出してくれて、春の訪れを知らせてくれています。冬の間の強風で折れてしまうことが多かったこれまでですが、今年は何とか耐えています。昨年よりも多くの花を咲かせてくれることを楽しみにしています。ホームページもそろそろ更新したいのですが、……。Img_0856 Img_0857

2007年2月 3日 (土)

ブルーベリー(ベランダガーデニング)

昨日は全国的に雪、日本海側はかなり降り積もって高速道路は通行止めとなっていた模様。今日は朝から青空が広がり、空気も澄み渡っていました。きっと、雪が大気中の塵を落としてくれたのでしょう?マンション前の中学校ではテニスをする「ポーン、ポーン」の音と時折、奇声がし、賑やかでした。休日の朝らしい独特の雰囲気です。

例年ならば冬季は毎週、スキーに出かけているのですが今年は何故か気合が入りません。(このまま、冬が過ぎていってしまうのでしょうか!?)                   こんな時はベランダの草木を見て気を紛らわせています。太陽光線を浴びて新芽を覗かせているブルーベリーを発見。つい先日遅い紅葉を始めたばかりだったのにもう春の準備万端といったところでしょうか。寒い冬のイメージを払拭して何だかもう春気分になってしまいます。(暦の上ではもう春なんですね)                           冬のブルーベリーは水遣りに注意しています。Img_0853

2007年2月 1日 (木)

椎茸原木栽培(ベランダガーデン)

正月に椎茸菌を打ち込んで、以降アドバイスどおりに管理しています。椎茸の姿を見ないのも寂しいだろうと1年ものの原木を戴いていたのですが、親指大だった椎茸がもう手のひら大になってきました。打ち込んだ菌が早くこのような姿に成長しないかと楽しみにしています。(現在、寝かせて週1~2回の散水をしています)

……、しかし今週月曜日にN放送の「鶴~の家族に…」で大分の椎茸栽培家族が紹介されていました。大分と言えば椎茸栽培が盛んな代表県。栽培家が椎茸原木は2年寝かせて、4年採取可能と言われていました。ええーっ!2年も寝かせないといけないのだ。今秋には採取できるかもと期待していたので、少し残念。まあ、経過観察が楽しみだからユックリ気長に待ちたいと思います。Img_0852

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »