« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

チューリップ(ベランダガーデニング)

昨年晩秋に30球くらい植えたチューリップに最初の花が咲きました。淡いピンク色のシンプルなチューリップです。品種改良されて形状や色などいろいろな種類のチューリップが出回っていますが、我が家のベランダにはシンプルなチューリップが似合うかなと思い、選定しました。冬の期間中は土だけの鉢やプランターでしたが一瞬にして緑葉そして花を付ける変貌には驚かされます。元気をもらいます。これから順次咲いてくれると思いますが、イメージ通りの花壇になるのかどうか楽しみです。Img_1099_1

先日購入したスガビオサもふたつ、みっつと緻密な花を付けています。Img_1100_1

今朝はガーデニング日和かと思わせるくらい穏やかな晴天でしたが、昼頃から天気は急変、強風に見舞われてしまいました。折角、土を買ってきて、植え替えをしようと思ったのに中止です。

2007年3月29日 (木)

椎茸栽培(ベランダガーデニング)

椎茸栽培に挑戦しています。マンションのベランダでこんなことをしなくてもと思いましたが、今年の正月、田舎へ帰った時に衝動的に挑戦してみました。神戸に持ち帰ってからも北側の直射日光があたらないベランダに横置きしておきました。週2回の散水も欠かさず行ってきました。3ヶ月位経過したら立てかけてもよいらしいのでやっとたててやりました。後は来年秋の収穫を待つばかり?生育の過程をみるのが楽しみなんです。  ホームセンターに行けばホダ木、椎茸菌を売っているので興味ある方はやってみてください。作業手順をHPのミニ菜園 開園に載せていますので参考にしていただけたら……Img_1081_1 http://www.geocities.jp/kazuo_okz/)

ブルーベリーも白い花が咲き始めました。Img_1095_1 昨年の結実1個を超えられるでしょうか?(低いレベルですが私には高いハードルなんでです)  異種2本を植えているのですがなかなか…

今日は甲子園まで選抜高校野球を観戦しに行きました。室戸(高知)対宇部商(山口)の試合でわが郷土の宇部商を応援したのですが残念ながら逆転負けでした。OBではないものの”郷土”という作用がはたらいて応援してしまいます。それにしても室戸は初出場ながら報徳学園(兵庫)を破るは宇部商も。室戸はアルプススタンドいっぱいに埋めた応援団からの力ももらって勝ったような気がします。

スカイマークスタジアムで今シーズン初めての試合(日本ハム対オリックス)が行われています。たった今、花火が派手に打ちあがっています。実にきれい、きれい。

2007年3月28日 (水)

ミント(ベランダガーデニング)

清涼感のある芳香を漂わせるミントの新芽が伸び始めました。生育旺盛で他の植物の領域まで侵してしまうので冬に思いっきり刈り込むのですが、春になると存在感を表わします。指先で葉をこすると沈静効果ある香りが嗅げるので、ベランダに出たときは必ずといっていいほど擦っています。Img_1079_1

昨日、全ての植物に活性剤を投与してやりました。日光を浴びるとどの花木もシャキッと直立、元気モリモリ状態となりました。1ヶ月に1度くらいのインターバルで投与しますがこの花木の元気な姿を見ることによって自分自身もファイトー!一発状態です。元気をもらいます。勿論、花木には次の水遣り時に肥料もやります。ベランダの植物は鉢の中の土からしか栄養を補給できないので人工的に与えてあげないと可哀想ですもの。チューリップ、ベルフラワー、ラベンダーもシャキッと状態です。Img_1089_1 Img_1091_1 Img_1088_1

2007年3月26日 (月)

南側ベランダ(ベランダガーデニング)

春本番となり、昼間の南側ベランダに射し込む日差しはかなり強くなりました。そのせいか陽を浴びる植物はやけに元気がいい。(反面、冬咲きの水仙等は暑さが苦手かギブアップ気味で午後には葉がダラリと垂れてしまっています)   元気がいい植物には伸び伸びして欲しいけれどもベランダの本来の機能は洗濯物の干し場であることから、そのスペースだけは譲れません。共生出来るように譲り合うようにしています。

チューリップは化け物のように葉や茎を伸ばし元気モリモリ状態で、気が付かぬうちに蕾をつけました。今週末には花が開くのかしら?新年度を迎えると同時に桜やチューリップが満開?Img_1075_1 Img_1068 Img_1077 関西では桜の開花宣言が始まりました。(南から北上するのではなく、北部の豊岡が南部の和歌山よりも早いという珍現象らしいですよ~。)

2007年3月25日 (日)

アリッサム、ステラ(ベランダガーデニング)

昨日昼過ぎから天気予報どおりに春の嵐が襲来、とくに夕方から夜半過ぎまでは台風並みの荒れ模様でした。朝、起きてベランダの様子を見るとやはり折角開花したクロッカスはぐったり、シクラメンの花も飛ばされたりと少々被害あり。8階だとどうしても風が強いので仕方ありません。背の低い植物やつる性の植物でベランダガーデニングを楽しむようにしています。

グランドカバーとしてのアリッサムステラは流石に何も無かったごとくかわいい花が咲き続いています。同じ白色の小さな花ですがアリッサムは4枚の花びらで房状に集まって咲きますが、ステラは匍匐した茎に5枚の花が独立して輝いています。私はそれぞれの咲き方を観ながら楽しんでいます。Img_1037 Img_1038

2007年3月24日 (土)

ムスカリ(ベランダガーデニング)

ムスカリは以前、公園や植物園で見かけても、何故か嫌いな花のひとつだったので近くで見る気にもなれませんでした。しかし、一昨年日陰となって植物が育ちにくい我が家のベランダで育つ花はないものかとムスカリの球根を買って植えてみました。(嫌いな花なら失敗しても悔やまないだろうと、ちょっと意地悪な気もあって)

ところが、寒い冬の終盤に凍えた土中から芽を出して、更に花が形成される姿を連続して観察しているうちに、好きになってしまいました。はもっと大きな花になるのが本来のムスカリなんでしょうが我が家の環境条件からか小ぶりの花です。この控えめな大きさが私は好きです。他の植物の邪魔をしないから。Img_1067

白い花のクロッカスも開花しました~Img_1059

訂正:ムスカリの花の名前を間違って記載していました。完全にボケていました。恥ずかし、恥ずかし。

2007年3月23日 (金)

春本番(ベランダガーデニング)

昨日の天気予報では「今日から春本番」らしい。朝から暖かい日差しでした。これなら大丈夫と思い、植物のオーバーコート(冬の間、覆っていたビニール袋)を取ってやりました。プリムラ、リトルダンサー、時計草、ワイヤープランツ、クンシラン更にはアロエサボテン類までぜ~んぶ取ってやりました。気持ちよさそう!(勝手に花の気持ちになって解釈してしまいました)   中が蒸れた状態で危ない植物もありましたが、なんとか冬を越せたようです。

春風に揺れてうれしそうです。この数ヶ月ぶりの再会の瞬間が何とも言えません。至福のひと時です。枯れ枝・葉を取り除き、周りの土を掘り起こしてやって、しばらくの間、思いっきり春の陽に当たる場所へ置いてやりました。Img_1063 Img_1066 Img_1060 Img_1064 Img_1061

2007年3月22日 (木)

アメリカンブルー(ベランダガーデニング)

アメリカンブルーの冬越しに2年失敗していたのですが、今シーズン初めて成功しました。「大変日光を好む鉢花なので、なるべく明るい窓際に置くこと。乾燥にも強い」ということなので、一昨年、昨年は窓辺の明るい室内へ置いて乾燥気味に育てたのですが失敗しました。室内へ取り込むのが遅かったのと、乾燥させ過ぎたのが原因かなと反省しています。

今シーズンは2ケースで挑戦してみました。

ケース①:早目に室内に取り込み、直射日光の当たらない場所へ 

ケース②:ベランダで袋で覆い、風の当たらない場所へ

ケース①は成功しました。(冬の直射日光はよくないのかもしれません。やはりカーテン越しにしなくては?)

ケース②でも2月中旬迄の寒い間は何とか耐えていましたが、3月になって袋内が蒸れてしまったのでしょうか、弱ってしまいました。水の管理に注意すれば暖冬の場合、冬越しできるかもしれません?

冬越しが出来る自信がつきましたので今後も続けたいと思います。今日はポカポカ陽気でした。植物に追い肥を与えてあげました。更に元気になって欲しいと願いを込めて。Img_1053 Img_1054明日は春本番らしいですよ~。 Img_1052

2007年3月21日 (水)

姫林檎(ベランダガーデニング)

今日は絶好のガーデニング日和!朝刊にも各園芸店の広告が挟み込まれ、”春のガーデニング”を煽り立てていました。早速それに乗せられ園芸雑誌を見ながらあれこれと好きな花をピックアップするものの、狭いベランダだけに今咲いている花を片付けるわけにもいかず…、結局は園芸店に足を運ぶことはありませんでした。ベランダの花の配置を考えるだけで終わってしまいました。

ベランダのメダカに餌をやりながら傍に置いている姫林檎の様子をみると新芽を既に出していました。順調にいけば、5月頃には花を咲かせると思いますが今年はどうでしょう?姫林檎の花をみると落ち着くと言いますか平穏(和)に感じます。未だ、結実したことはありません。8階ベランダでは滅多に蜂や虫が訪れないから受粉させてあげないといけないのでしょうね?日陰に置いているものですから少し可哀想な気もしています。Img_1049

2007年3月20日 (火)

ブルーベリーほか(ベランダガーデニング)

明日は春分の日。「暑さ、寒さも彼岸まで…」となると、もう暖かくなってもよさそう。天気予報も「今週末からは春らしく…」と発表されていたから、今度は信じたい(再度、「入力データにミスがありました」なんて無いことを願ってます)。ベランダの植物の発育を観察していると、確実に春の気配です。クロッカスは咲揃い、チューリップも葉やを伸ばし、ブルーベリー、ブルーデージー、ベルフラワー等も花芽を付け、その数を増やし続けています。あと、1,2週間もすれば待ち遠しかったベランダの春がやってくるのでしょう?Img_1040 Img_1046

Img_1012  Img_1044Img_1034

2007年3月19日 (月)

ツルニチニチソウ(ベランダガーデニング)

ベランダガーデニングを始めた頃、ツルニチニチソウは容易に育てられそうだと思い、プランターに植えて壁掛けしたのですがなかなか成功しませんでした。真夏の灼熱や西日でやられてしまうのか?いろいろとベランダで植物が育つ工夫(http://www.geocities.jp/kazuo_okz/参照願います)をしながら再挑戦してやっと根付きました。雑草と同じくらい強いベランダのニチニチソウにはほったらかしの管理状態でした(カイガラムシの棲家になったこともありました)。

根付きは何とか成功したものの今度は何年経っても花がつきません。散歩していてアチコチで薄紫色の花を見る度に我が家のは品種が違うのかなあ~と勝手に思い込んで半ば諦めていました。6~7年経ったでしょうか、先日蕾を発見。たったひとつの蕾ですが、嬉しかったです!花が付くといった事実が分かっただけでも。

よーく観ると、5枚の花びらの中心に正確な5角形のクボミがあり、内部に微細な毛が密生しているんです(中央は黄色)。初めてジーッと見つめてしまいました。Img_1032 Img_1035

昨日は、一時小雪が降りしきる天候でしたが(画像)、本日は花木も喜ぶ晴天となった神戸でした。Img_1030

2007年3月17日 (土)

めだか鉢(ベランダガーデニング)

今日は日曜大工ならぬ土曜??でめだか鉢の傘を作製しました。我が家のベランダの隅っこに鉢を置いてめだかを飼っています。以前は家の中で飼おうとするものの鉢が小さいせいか太陽光線が不足なのか、すぐに弱ってしまいました。知人に頂いた大きな鉢になってからはめだか全数が生きています。

メダカ鉢の上方のハンギングに水遣りをする時、水や土が鉢に落ちるのではないかと、いつも恐る恐るやっていました。この傘ならぬ遮蔽棚によって、ハンギングからの水や土を防ぎます。板材とペンキ合計で1500円位かかりましたが(棚の上に板を張って完成予定ですが)、メダカもほっ!と安心したことでしょう?Img_1024 Img_1027 (もっと早くしてよ!かな?)

今日は気温は低かったものの”晴れ”のお蔭かクロッカスが開きました。ラジオを聴きながらメダカ鉢の傘の作業をしていましたが、リスナーが大切に育てられたこぶしやクロッカスの開花状況をいろいろな思い出を織り交ぜながら春ウキウキ気分で話されていました。春本番もすぐそこのようです。Img_1017

2007年3月16日 (金)

クロッカス(ベランダガーデニング)

やっと紫色のクロッカスが開花しました!同時に植えた黄色は今月6日に咲いたのですが、紫色はつぼみをのぞかせたものの3月中旬から寒くなった影響でしょうか、開く気配がありませんでした。今日は寒さが緩んだせいかとうとう開いた。1時間も経過しないうちに閉じてしまいましたが、何とか開花しました。初めてベランダに植えたクロッカスです。少し日陰になる場所ですがこんな所でも開花可能なんですね。黄色のクロッカスも新たに蕾をつけ、順次咲いています。Img_1013 Img_1016 Img_1015 明日からまた今冬一番の寒気がやってくるとの天気予報。一瞬の開花で、もう開かないのかな?

2007年3月15日 (木)

サフィニア(ベランダガーデニング)

園芸店にサフィニア、ブリエッタ、花手鞠などの夏花の苗が並び始めました。昨年よりもたくさんの量が並べられているようであり、ガーデニングを楽しむ人が増えたのでしょうか?しかし、苗の価格は数年前から変わっていません。もう少し安く提供してもらえれば助かるのですが……。

やっと、ビオラやパンジーがきれいに咲き始めた我が家では5月頃がサフィニアへバトンタッチする時期です。これからはいろんな園芸店を回りながら新種が出てないか、今年はどの色にしようか、代替花はないか等、ベランダでの配置をいろいろ考える日々が続きそうです。

映像左は、昨年夏に花を咲かせたサフィニアが越年したものです。切り戻して、北側のベランダに放置していたものですが、時折水遣りしていたらこのように育ちました。北風が直接当らない場所に置いていただけなのですが暖冬だったお蔭でしょうか?ひょっとして今年も開花するのではないでしょうか?4月下旬頃に植え替えてみようと思っています。(映像右は昨年夏に撮影したものです)Img_1010 Img_0251

2007年3月14日 (水)

ボロニア(ベランダガーデニング)

ボロニアは3年前にベランダで育つかどうか挑戦したのですが、途中で枯らしてしまいました(多分、根付きが悪かったのでしょう)。細くしなやかな枝先や葉が風になびく姿と、十字形のかわいい小花がつくのが好きで、低木なので、ベランダに適しているのではないかと是非育てたい花木のひとつなのです。  耐寒性に少し欠けるのか、冬場は5℃以上が必要とタグに記載されています。室内に取り込まないといけないのでしょうが、我が家にはそのようなスペースがありません!1シーズンでもいいと思い小さな苗を購入してきました。再挑戦です。Img_1006

2007年3月13日 (火)

ムスカリ(ベランダガーデニング)

今年は異常気象の影響でしょうか、早くから芽を出した植物があるかと思えば、一向に開花しない植物もあります。ムスカリは年末前早くから芽を出していたので、寒さにやられてしまうのではないかと心配していたのですが、それどころか葉ばかりが成長して花芽が出てきませんでした。今年は駄目かと諦めていたのですが、今日葉を掻き分けてみると小さな花芽を発見!Img_0987

今日は前の中学校の卒業式らしく、昼前にブラスバンドでSMAPの曲”ありがとう”にのって、在校生、父兄に見送られていました。他人事ではありますが感動するものがあります。Img_1000

ホームページを久しぶりに更新しましたので、時間に余裕のある方は寄っていってください。http://www.geocities.jp/kazuo_okz/

2007年3月12日 (月)

冬型気圧配置(ベランダガーデニング)

春がそこまでやってきて、桜前線も例年よりも1週間以上早く北上するとの予測で、観光会社やお弁当屋も準備に大変とのニュースを先週聞いたのですが今日は真冬日でした。日本海側方面では今冬最高の積雪、道路の通行止め、オープン戦も中止もあったとのことです。兵庫県内のスキー場は例年より、1ヶ月も早く昨日閉鎖したと言ってましたが皮肉な天候です。結局、今シーズンは1回しか”万年中級スキーヤー(投稿者)”は滑ることが出来ませんでした。

ベランダのクロッカスも先日、陽気に誘われて黄色が咲き、引き続き”紫色”が蕾を出して、今にも咲きそうな状況でしたが、ここ2,3日まだ開きません。温度か日光が足りないのが原因なのでしょうか?(黄色のクロッカスは太陽が当たっている間だけ、花びらが開いています)

冬型気圧配置は明日も続くようです。Img_0974 Img_0971(この記事を書き終えた途端、閉めたスキー場が《復活!》のニュースがありました)

2007年3月11日 (日)

スガビオサ(ベランダガーデニング)

先週、開花直前の苗を購入してきた四季咲きスガビオサ(マツムシソウ)が陽を浴びて開花しました。筒状の小花が集まった特徴ある花です。高温多湿を嫌うそうなのでベランダ植えに適しているか少し不安です。夏の直射日光が当たらない水はけのよいノウゼンカズラを植えている木樽鉢に植えてみました(わが家のベランダではベストポジションです)。Img_0958 Img_0967 この1週間でクロッカス、チューリップ、ムスカリ、パンジー(いちごショート)が開花し、姫林檎、モッコウバラ、クレマチス、ノウゼンカズラ等の芽がぐんぐんと伸びて、まさにベランダは春です(今日も寒風が吹いているのですが…)Img_0966

2007年3月10日 (土)

オーブリエチア(ベランダガーデニング)

グランドカバーとして青色系の花を探していたら園芸店にオーブリエチアがあった。ネームプレートに秋植え宿根草と書かれていましたが店先に並べてあるくらいだから今の時期でも大丈夫だろうと購入しました。いろいろと調べると夏の高温多湿に弱いので日本では”1年草”扱いらしい。原産地のヨーロッパでは多年草ですが日本では1年草!わが家のベランダで短命に終わらせるには、少しオーブリエチアに悪い気がする。ワイ性でありプランターの前面に拡がるように(環境を整えて)何とか長生きさせたいものです。Img_0939

今朝は晴れてて、空気も澄み気持ちよかった。しかし、午後からは雲がでてきて予報どおりの”雨”に変わるようです。Img_0945

2007年3月 9日 (金)

プリムラ・ブリコニカ(ベランダガーデニング)

サクラソウ科のプリムラ・ブリコニカは昨年新聞販売店の「花プレゼント」に応募して当選した花です。パステル調の花色は春にピッタリです。寒風に当てないように袋を被せて壁際に置いていたものですから、日照不足で色褪せた感じになってしまいました。通常は5℃以上を保つために室内の窓辺に移動させた方がいいようです。でも、冬を我が家のベランダで越すことが出来る花の一つであることが分かりました(いろいろな花木を試してみたのですがベランダで育つものは限られてしまいます)

春の嵐で舞い散った枯葉や埃がウッドデッキの隙間や下に入り込んだので、全てのウッドデッキを剥ぐって大掃除をしました。ベランダガーデニング泣かせの作業です。作業スペースが無いものですから一気に行うことが出来ず、順繰り移動です。3時間くらいかけてやっと終了。この時期でも少し汗をかく作業です。あとは冬の間、植物にカバーを掛けていたビニール袋がはずせる外気温になれば、いよいよ待ち遠しかった今年度のベランダガーデニングのスタートです。Img_0963 Img_0961

2007年3月 8日 (木)

パンジー(ベランダガーデニング)

昨年の11月初旬頃に知人から戴いたパンジー(いちごショート)が開花しました。植えつけるときは順調に成育するか心配でしたが、何とか開花しました。プレゼントされた花を育てるには少しプレッシャーがかかります(心地よいプレッシャーですが…)  これで”戴いた苗”全てが見事に開花です。一安心!これからはどれだけの花がつくのか楽しみです。この品種”いちごショート”は一昨年登場した人気品種らしく、【いちごのショートケーキを思わせるクリーミーで甘い花色をしたキュートなパンジー】との説明文がありました。写真は一つの苗ですがたくさんの蕾を付け、3月下旬には鉢からこぼれるくらいになりそうです。Img_0953_1 Img_0960_1

最近は水温が上昇したのでしょうかメダカが活動的に餌を求めるようになってきました。冬の間はジーっと動きませんでしたが、この頃は動きも俊敏になり近づくと瞬時に水面に小さな跡(波)を残し、藻の中に逃げ込みます。Img_0956_1

2007年3月 7日 (水)

花かんざし(ベランダガーデニング)

もうすぐ春の気配を感じ、今年のベランダガーデニングはどのようにしようかと狭いベランダですが、花木のアレンジメントを構想中です。○○月の頃は??なイメージかなと今の時期に苗を買ってきて、寄せ植えや植え替え作業です。その一つに初めて植える花かんざしです。 春のそよ風に揺れる姿はベランダを広く錯覚させてくれます。Img_0949

2007年3月 6日 (火)

クロッカス(ベランダガーデニング)

春の嵐で荒れたベランダを片付けていて思いがけない発見が2,3ありました。こんな強風下においてクロッカスは花芽を伸ばし、開花直前となっていました。嵐前には花芽が全く見当たらなかったのですが、この2,3日で写真のように成育したようです。ベランダに出られない程の強い風でしたが、植物は強いものです。

ツルニチニチソウも蕾を付けていました。今までに花が付いたことのないツルニチニチソウなので品種が違うのかと思い込んでいましたが、薄紫色の花が初めて咲きそうです。(温度や日光等、花をつける条件があるのでしょうね?)Img_0943

嵐の下、茎が折れた花もあれば、逆に蕾もつけた花があった我が家のベランダガーデンでした。Img_0936

2007年3月 5日 (月)

クリスマスローズ(ベランダガーデニング)

昨日寄せ植えしたクリスマスローズ。苗がコンパクトのせいで写真では前面の黄色のブラキカムに負けているようです(実物はもう少しまとまりがあるのですが…。この辺が撮影技術の未熟さなんでしょう)

クリスマスローズの花をじっくり観察するとなかなかかわいいものです。人気があるのが少し理解できました。クリスマスローズは寿命が長い(10年以上もあるらしいです)ので大切に育てたいと思います。初挑戦ですががんばりまーす。

昨日の台風並みの風でベランダが荒れてしまいました。石楠花やサボテン等の鉢は倒れるし、水仙ビオラ等の花は折れてしまうし……。サバイバルに生き残れるベランダガーデンの植物はやはり限られてしまうのかも知れません。Img_0946

2007年3月 4日 (日)

寄せ植え(ベランダガーデニング)

ガーデニング日和が続いているので昨日、花の苗を買ってきました。園芸店2店を回って好みの苗を数種類。クリスマスローズ、クレマチス、花かんざし、ブラキカム、四季咲きスカビオサ、黄金カズラ……。スカビオサは筒状の小花が集まった変わった花のようなので咲くまでが待ち遠しい。クリスマスローズは初挑戦なので育て方をインターネットで調べたり、本を読んだりして…。湿気を嫌う植物のようです。初心者にも手軽に育てられる植物とあったので一安心です。半日かけて鉢やハンギングへ寄せ植え、そしてプランターの空いているスペースへと植え付けました。Img_0931 Img_0932 先輩クレマチスはトレリス上で既に新芽や蕾を付け始めました。(トレリスを埋め尽くすくらいに花をつけるのを目標にしているのですが、強風など悪条件でなかなか達成できません)Img_0933

昨年夏前からたくさんの花をつけて和ませてくれたキャンディボックスをとうとう処分しました。本当に長い間、咲き続ける優れものでした。今年の苗も購入予定です。

2007年3月 2日 (金)

梅の花

ポカポカ陽気に誘われて「梅の花」を見に出かけました。夕刊の《梅だより》欄で調べ、姫路市の西に位置するたつの市御津町にある”綾部山梅林園”が近くて満開とのことなので即決定。車で約1時間、カーナビの言うがままにドライブです。「目的地近辺に着きました」とのナビの案内終了で現れたのが白っぽい花で覆われた山、あとは沿道の案内板に従って梅林へ。

ここの梅は殆どが「玉英」という白っぽい花の品種で約2万本植えてあるらしい。兎に角見事でした。時折、紅色の鮮やかな紅梅(鹿児島紅梅という名札が付いたものがありました)を見かけましたがこれは交配のために植えてあるらしい。あまりの広さに驚きました。

入り口で戴いたチラシを読むと綾部山梅林園は梅と古墳が共生する梅林とのことです。園内には古墳群の碑や塚がありました。   かわいい首をかしげたお地蔵さんは急坂を登った疲れをまさに癒してくれる表情をしていました。眼下には菜の花畑や瀬戸内海に浮かぶ家島群島、小豆島や淡路島が見え何とも言えない景色です。流石に梅の花の下で弁当を広げる家族の多いこと。(私はまだお腹が空いていなかったので以前メダカを捕りに行った夢前川の上流まで足を伸ばし”ヤマサ蒲鉾”敷地内にある蕎麦屋さんで「かまぼこ屋が作るかきあげ蕎麦」(\700)を戴きました。街の中では絶対に味わえないおいしい蕎麦ですよ~。私のお勧め昼食のひとつです)Img_0915 Img_0927 Img_0926 Img_0911 Img_0917 Img_0918 Img_0928

2007年3月 1日 (木)

わが家のスイセン

わが家の水仙がやっと開花しました。一昨年ベアランダのプランターに植えた球根ですが、昨年、今年と開花しました。ベランダでは乾燥、加湿が極端で土壌の管理が難しくなかなか連続して開花させることが出来ませんでしたが、強健な球根が耐えてくれたのでしょう?

一昨日、淡路島の水仙を見てきましたが、急斜面で冷たい潮風に煽られて咲く水仙の花はダイナミックで勇気をもらえますが、ベランダの数少ない水仙の開花はほのぼのしてて小さな出来事ですが、大きな喜びです。Img_0907

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »