« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月29日 (金)

ハイビスカス(ベランダガーデニング)

ハイビスカスを冬越しするために昨年11月中旬に枝芽の上方部から枝を切り落として部屋の中へ移動していました。そして根詰まり防止として6月上旬に植え替えを行いました。そろそろハイビスカスも落ち着いたのでしょうか、青々した葉(実際は緑色ですが)を沢山つけましたので今日ベランダへ出しました。

園芸店ではもう開花したものが並べてあるのでひょっとして我が家のハイビスカスは今年は開花を望むのは無理かな?ハイビスカスは日光に当てることと水を与え過ぎないようにすることが開花の条件らしいです。これから夏の陽を浴びて昨年以上の数の花を付けてくれることを願うばかりです。

昨年、たくさんの”子”を産みとした子宝草です。親はその後枯れてしまいましたが、子達は元気に成長して鉢の中で窮屈そうな状態になってしまいました。そこで間引いてやって別の鉢に植え替えてやりました。また、今年成長して子孫を残してくれることでしょう?Img_2036_1 Img_2038_1 Img_2037_1

2007年6月28日 (木)

ブライダルベール(ベランダガーデニング)

ガーデニングシクラメンの開花時期が終わったので交代ハンギングとしてブライダルベールを買ってきました。以前、ブライダルベールを育てたことがありますが失敗した経験があるのでこの地でのベランダガーデニングには適してないのだろうと思い、それからは見向きもしませんでした。

園芸店に陳列してあるブライダルベールをよーく観察していると、細い枝から小さな葉が沢山茂り、その先に小さな白い花を咲かせ、とても優しい感じがして再挑戦してみたい気になりました。

アーチの下へ配置してみると、ちょっと地味な感じもしますが、違った雰囲気を楽しむのもいいような気もします。これから鉢から垂れ下がるほどに成長するように育てたいと思っています。観葉植物なので冬季は室内へ移動した方が良いのかもしれません?

先日投稿したスパティフィラムもそれぞれの株で花を付けてきました。Img_2026 Img_2025 Img_2027

2007年6月27日 (水)

ミニ菜園(ベランダガーデニング)

30度前後の気温が続く蒸し暑い最近の気候です。朝、起床するともう強い朝陽が射しこみます。陽を遮る目的で植えたキュウリ、ゴーヤがベランダの天井に届くほど大きくなりました。キュウリは毎日食卓へあがるほど実をつけてくれて助かります。スティックでビールのつまみにしています。とりたては瑞々しくておいしいですよ。ゴーヤは収穫までもう少し時間がかかりそうです。たくさんのどんぐりの実の大きさ程の実をつけています。勿論、キュウリ、ゴーヤの大きな葉で家の中に差し込む朝陽を遮ってくれています。その他に甘長獅子唐やレタスなども収穫できそうです。ベランダでのミニ菜園はどうにか成功?(満足)のようです。

ベランダもボチボチ夏の花へ衣替えを準備中です。サフィニア、ブリエッタ、キャンディボックス等が花数を増して灼熱の夏を迎えようとしています。Img_2021 Img_2019 Img_2023

2007年6月26日 (火)

ブリエッタ(ベランダガーデニング)

ほふく性ペチュニアのブリエッタ(第一園芸㈱の商標)を今年もベランダの西側でハンギングして育てています。昨年はピンクとブルーの2種類を楽しみました。花そのものも可愛くて、花後の花柄摘みも容易で夏の花としてとても気に入っています。これから真夏日になって強い日差しを浴びると花数を増してハンギングからこぼれるほどに成長します。昨年は晩秋の頃までたくさんの花を付けました。昨年同様、ブルーの苗も育てたいと思い園芸店に行く度に探しています。Img_2009 Img_2010

2007年6月25日 (月)

オリーブ(ベランダガーデニング)

6月上旬に小さな白い花がたくさん咲いたオリーブです。風にたなびく柔らかい枝と葉の表(緑)と裏(銀緑)のコントラストが気に入ってます。今日、よ~く観察してみると1粒だけですが”実”が付いていました。初めて実ったものです。通常、オリーブは実るのに8年かかるそうです(柿の木と同じかな?)   幼木を植えて4年位かかっているから、やはり7,8年木といったところでしょうか?

オリーブを結実させるためには冬の寒さにさらすことが必要とのことです。地中海の温暖な地に成育しているから寒さに弱いだろうと思って最初の頃は冬は部屋の中に移動させていました。あまり過保護にしてはいけないのですね。水も殆ど与えない方がいいらしい。(かと言って、一旦水を切らすと大変なことになるから要注意!)

ベランダにもうひとつ今年初めて1粒実を付けた姫林檎があります。こちらは順調に大きくなっています。そして昨年1粒だけ実を付けたブルーベリーは今年は10数個付けています。どの樹木も少しずつですが確実に成長しているようです。Img_1998 Img_1999 Img_2000 Img_2003

2007年6月23日 (土)

フウセンカズラ(ベランダガーデニング)

今年もフウセンカズラを植えました。愛嬌のある種を先日撒いて芽が出てきたものです。もう10年位種を採りながら繰り返していますので我が家のベランダのDNAが占めているのではと勝手に想像しながら続けています。

本格的な夏になると行灯仕立ての竹に蔓を絡ませながらちいさな白い花と風船もどき袋をたくさん付けて清涼感を提供してくれるでしょう。Img_1993

プリムラ・ブリコニカの葉に何か虫らしきものがついていました。よ~く見ると「カタツムリ」なんです。昨年もこの時期にいましたのできっとその子なんでしょう?(画像をクリックして拡大するとカタツムリの渦が見えます)    害虫だから処分しないといけないのかもしれませんが、かわいいだけにそのままにしています。Img_1997 Img_1996

2007年6月21日 (木)

アメリカンブルー(ベランダガーデニング)

部屋の中で冬越ししたアメリカンブルーです。夏にたくさんの花が付くことを願って、春に油粕を少量与えておきました。エネルギーを蓄えたのか茎・花蕾を増やし、あとは夏の暑い日差しを浴びるのを待っているようです。

一昨日、投稿したクレマチスももう1種のワインレッド色の花が咲き始めました。Img_1987 Img_1986

2007年6月20日 (水)

オリヅルラン(ベランダガーデニング)

ベランダガーデニングを始めた年にオリヅルランに挑戦しましたが冬越しに失敗し、ベランダガーデニングが難しいことを知りました。管理不足が原因だと反省し、それからは四季に合わせて水や置き場所等に注意しています。今あるオリヅルランはもう20年近く前に買った苗の子孫です。、近年はベランダで越冬するほど強くなり、根もはびこり他の植物を侵食して困ってしまう程です。(地球温暖化の影響かも知れません?) 鉢植えのオリヅルランは毎年植え替えしないと根が増えて上部まで出て見苦しくなるようです。

今の時期は小さな白い花を付けたり、ランナーから子株が増えています。

ベランダのオリヅルランが全滅しても子孫を残しておこうと1株だけ、浴室に置いています。今年も子株を増やしたので切り取って寄せ植えのグランドカバーにしたりしました。清楚でクールなところが好きです。Img_1985

ベランダのプランターの空いている場所へ先日頂いた苗を植えていたのですが、もう小さなピンクの花が咲きました。名前が分りません。Img_1980

2007年6月19日 (火)

クレマチス、ベルフラワー(ベランダガーデニング)

5月上旬に咲いたクレマチスですが、蔓が更に伸びて天井に届くまでに成長しました。そして第2弾の開花です。約10個の蕾を付けていますので1,2週間は楽しめそうです。クレマチスはラティスからはみ出てしまってビニタイなどで固定してやれませんが、そこは植物も懸命に生き延びようと近くのハンギングのチェーンや植物にしがみつきます。8階ではかなり風が強く、今晩も低気圧接近で風がでてきましたので折れやしないか心配ですが自然の成り行きにまかせなければなりません。ガンバレ!クレマチス。

こちらも4月30日に「満開」を投稿したベルフラワーですが、今日花がひとつだけ咲いているのを発見しました。花後に切り戻しをして秋の開花を期待していたのですが……。これは4月下旬に咲くものが遅れて今咲いているのでしょうか?   ベルフラワーは高温多湿が嫌いな植物なので風通しをよくするために根元の腐った茎や葉の除去や密になった葉を切除するなどをこまめにやっています。株分けなどして3年間鉢で育っています。Img_1974 Img_1977

2007年6月18日 (月)

プリムラ・ブリコニカ(ベランダガーデニング)

春になるとすぐに開花を始めて、先月までの約3ヶ月もの間、ベランダでピンク色の花を付けたサクラソウ科のプリムラ・ブリコニカです。花後に切り戻しをしたばかりなのですが再度新しい花が開き始めました。追肥を少々与え、水も控えめにやっているだけですので、花期が長くなかなか強い植物のようです。

今日やっと夏のベランダの様子をHPにUPしました。まだ、夏の花を植えつけたばかりで花が咲き揃いませんが衣替えの様子を追加しました。(ベランダの様子は順次更新する予定です)Img_1967 Img_1969

遠い山々も黄緑色から緑色へと瞬く間に変化しています。ベランダも緑色が増えてきました。そんな様子などを見ていただけたら……http://www.geocities.jp/kazuo_okz

2007年6月17日 (日)

焼肉(ベランダガーデニング)

今日は久しぶりにベランダで焼肉をしました。炭火でする準備をしていましたが、夕刻に近づくにつれ風がでてきましたのでホットプレートでしました。炭火で焼く肉と野菜は何とも言えませんが狭いベランダでするので安全には注意しなくてはなりません。

通常の食事とはたった2メートル離れた場所なのですが家の中と外とでは雰囲気が全く違ってなかなかのものです。ベランダで育った甘長獅子唐も初めて食べてみました。やはり、自分で育てたもの、土の無いベランダで育った野菜の味は格別です。じっくり味わいました。花に囲まれた中での夕食でまた元気をもらいました。Img_1962 Img_1949 Img_1955

2007年6月16日 (土)

時計草(ベランダガーデニング)

先日衝動買いした時計草の花が咲きました。ベランダには随分前から時計草があって毎年たくさんの花を楽しんでいますが、先日夏の花を探しに園芸店に行ったときにたまたま紫色の花の時計草が目に入ったのでベランダに配置する場所も考えずに、つい買ってしまいました。時計草は花びら(ガク?)がシャキッとしていて形も時計そっくりな滑稽なところが好きです。

これから毎日2種類の時計草の花が観賞できます。夏の花がまだ咲き揃わないこの時期の朝の楽しみとなりそうです。Img_1917 Img_1907 Img_1936

2007年6月15日 (金)

スパティフィラム(ベランダガーデニング)

観葉植物のスパティフィラムを長い間育てています。つやのある細長い葉とスラッと長い花茎の先の清楚な白い花の組み合わせが落ち着きをもたらせてくれるので好きな花のひとつです。冬の間は部屋の中で育てていますが春になるとベランダの日陰場所へ出しています。根がすぐに鉢の中いっぱいになってしまうので2年に1度、6月に株分けをして増やしています。

直射日光に当ててしまうと葉がやけてしまうので注意が必要です。水もたくさん欲しがるようですが、葉水を与えることに気を配った方がスパティフィラムは元気に育つような気がします。

スパティフィラムの傍に配置している姫林檎に今年1個の実が付きました。今日現在その実は径が1センチくらいの大きさになってきました。Img_1908_1

頭上のクレマチスの蔓は伸びて伸びてトレリスに掛けている鉢やハンギングを覆うほどに成長しました。 Img_1909_2             Img_1910_2

2007年6月14日 (木)

キャンディボックス(ベランダガーデニング)

昨年の今頃園芸店で”サントリーからの新種キャンディボックス”の札が目に留まり、初めて植えてみました。小さな紫色の花を次から次と付け、不思議なくらいたくさんの花をつけました。1000個は優に超したでしょう。このキャンディボックスは花柄摘みをする必要がなく、また害虫がつきにくいのでとても管理が楽な花でした。そして花期がとても長くて昨年6月から冬を越して今年の3月初旬まで実に10ヶ月間咲き続けました。(暖冬の影響かもしれませんが?)

夏は清涼感を与えてくれて、冬はベランダを明るくしてくれました。

と、いった私にとっては優れものでしたので今年も是非育ててみようと思って再びベランダの同じ位置に配置しています。今週からやっと開花を始めてまだ10個程度咲いている状態です。これから昨年同様、50センチ径くらいの球状にたくさんの花をつけるまでに成長してくれることを楽しみにしています。Img_1900

2007年6月13日 (水)

ゴーヤ(ベランダガーデニング)

ゴーヤの蔓が随分伸びてきました。夏の日除けのためと収穫の楽しさを味わうためにと収穫と快適を求めて3年前から続けています。

そういえば、先日大阪の酷暑を少しでも緩和させようと建物の外壁にゴーヤやヘチマなどのつる性植物を育てて室温を下げたりするモデル事業や実験がスタートしたとニュースで伝えていました。「日本一暑い」とも言われる大阪の夏を過ごしやすくしようと、大阪市や府が普及に力を入れたらしく、散水設備で冷却するのに比べコストが桁違いに安くすむからとPRしていました。

昨日のTVのトーク番組に出演していたタレントも夏のカーテン代わりにベランダでゴーヤを植えて育てていると披露していました。こちらはベランダでネットを展張するのが難しいからそのままにしていたらゴーヤがそこらじゅうの鉢の植物に巻きついてしまって大変なことになったと失敗談をおもしろおかしく語っていました。

ベランダガーデニングでゴーヤやヘチマ、キュウリ等のつる性植物による日除け対策を楽しまれることをお奨めします。

ゴーヤと同じ日に植えた甘唐辛子ラディッシュも大きくなりました。甘唐辛子は次々と白い花を付けているのでこれから実を毎日のように付けてくれることでしょう?ラディッシュは成長をみるために1本だけ抜いてみたらかわいい赤丸状態でした。かじってみると少し辛みがあってなかなかの味、ビタミンCも豊富かな??

今日、九州北部・山口が梅雨入りしたらしい。ここ神戸も朝から曇天、夕方には雨となりそうな気配です。関西地方もそろそろ梅雨入りでしょう?日光が好きなネメシアディアスシアがかわいそうな気がします。Img_1883 Img_1884

Img_1828 Img_1885 Img_1886

2007年6月12日 (火)

月下美人(ベランダガーデニング)

先月下旬に蕾が付いたことを投稿しましたが、昨夜やっと開花しました。夕方からムックリ蕾が膨らんできたので加速して8時頃には全開となるかなと期待していましたが日が暮れると減速したのでもう1日かかるのかな?……といった様子でした。

諦めて寝ようと(開花は明日になってくれと願いながら)最後の観察のためにベランダを覗いてみると、なんと全開状態になっていました。月下美人は1日しか開いていないので朝では萎んでしまっているだろうと部屋の中に入れたりして写真を撮っておきました。開花が減速したのは月の明かりが足りなかったせいでしょうか?

1日だけの対面なものだからよーく見て、そしてシャッターを押しておきました。何度見ても綺麗な花ですね。大した管理もしないのにサボテンは綺麗な花が咲きますね。

昨日は別のサボテンも開花しました。こちらは20年位前からあるサボテンですが花が咲いたのは初めてです。Img_1870_1 Img_1873_1 Img_1882

2007年6月11日 (月)

播州山崎花菖蒲園(ベランダガーデニング)

兵庫県のほぼ中央部に位置し、中国自動車道山崎ICの近くにある花菖蒲園を訪れてみました。一昨年、行ったときは早すぎてまだまだ蕾の状態でガッカリしましたが、今日は丁度いい状態でした。最近はインターネットのHPで現在の開花状態やイベント、その日の天候を調べることが出来るので助かります。今からが見ごろなんでしょうね、今日は入梅、やはり花菖蒲には梅雨が似合いますね。

何度行っても「あやめ」「菖蒲」「カキツバタ」の区別が解らず、シオリに書いてある”見分け方”を読んでしまう始末。菖蒲の江戸系、伊勢系、肥後系の特徴などのガイドを読んで園内にある約1000品種の花菖蒲を楽しみました。昼食は園内で”山菜定食”を頂きました。

一休みして帰路は夢前川に寄ってメダカ採りをしてきました。既に我が家のメダカ鉢には11匹のメダカがいるので10匹ほど採ってきました。帰ってから鉢に入れてやるとすっかり慣れていた先住メダカもビビッてしまいました。多分明日から縄張り争いをすることでしょう。Img_1860 Img_1844 Img_1858 Img_1848

2007年6月 9日 (土)

サフィニア(ベランダガーデニング)

昨夜は稲光や、雷ゴロゴロ連続の強い雨でした。今朝もまだ雨が残っていて、今日は強い日差しはないだろうと数日前に植え付けて日陰に置いていたサフィニアブリエッタ、ミリオンベル等の苗をベランダの所定位置に配置しました。まだ、苗が鉢やハンギングの中で踊っている感じです。お店で売れ残っていて管理が十分でなかった苗なので成長するには少し時間がかかりそうですが、これから茎を増やし、伸ばしてたくさんの花を付けてくれることを願っています。少し前に植えつけて、ボチボチ花を付け始めたネメシアディアスシアと一緒に満開となれば夏の暑さに負けない元気を頂けるのですが……。Img_1823 Img_1795 Img_1810 Img_1818

午後からは午前と打って変わって青空の晴れとなりました。遠くには積乱雲がニョキニョキ、おかしな天気でした。(神戸六甲国際GCで行われていたサントリーレディースゴルフも中断したらしいです)

2007年6月 8日 (金)

ハーブ(ベランダガーデニング)

先日頂いたたくさんの野菜、ハーブ苗を植え付けました。ハーブ類のバジル、コリアンダー(パクチー)はチェリーセージやミントの傍に植えつけてみました。植え付け作業の間、葉がすれるせいかいろんな香りが漂ってきます。チャイブイタリアンパセリは南側ベランダに植える場所が無いため、ひとまずプランターに植え付けて北側のベランダに置いて育ててみます。Img_1794 Img_1790

ベランダもやっと夏仕様の準備が出来上がりましたのでHP更新に取り掛かり中です。仕上げ1週間を目標にしています。見ていただけると嬉しいです。

2007年6月 7日 (木)

アズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

アズーロコンパクトは今年のガーデニングで人気なのかどうか、検索数も多いようです。園芸店にも春先には白や青…いろいろな色が揃えられていました。

昨年、紫色を買って長い間楽しめたので、今年は違った色のアズーロコンパクトを育ててみようと先日出掛けてみました。しかし、この時期の園芸店の苗はもうバテ気味でした。間延びしていたり、一部は枯れていたりで……、結局諦め、昨年6月から咲き続けているアズーロコンパクトで当分の間、楽しむことにしました。

夏花の変わりに時計草の苗を買いました。紫色の時計です。今丁度、ベランダで次から次と白文字盤の花が咲いていますが、来月にはこの紫色文字盤の花が咲いてくれることを楽しみにしています。Img_1789 Img_1785 Img_1786

2007年6月 6日 (水)

植え替え(ベランダガーデニング)

暑い夏がやってきたのでベランダの花の植え替えに取り掛かかりました。昨年11月からローズとローズピンクのビオラが咲き続けてベランダを明るく彩ってくれていました。いつまでも枯れずに生き続けてくれるものですから、なかなか夏の花に衣替えすることに踏み切れませんでした。

夏の花苗を探しに園芸店に行くともうサフィニアやペチュニアなどの花の苗は売れ残ったようなものしかありませんでした。少し弱ったような苗です。色も今年の夏をイメージしたものがなく買おうか、今年は諦めようか迷ってしまいましたが、花が無い生活は考えられないので店の中を行ったりきたり……、何とか苗を決めて帰りました。

買った苗はサフィニア、ブリエッタ、ミリオンベル、そしてキャンディボックスです。2~3日して落ち着いたら切り戻しをして夏の開花に向けて準備です。

ハイビスカス、スパティフィラムや虎の尾の植え替えも一緒にしました。

(右の写真はビオラを取り除いたところです)Img_1776 Img_1777

2007年6月 5日 (火)

ユキノシタ(ベランダガーデニング)

強い日光が苦手ということだからベランダの壁際下に配置したユキノシタですが、風通しが悪いせいか高温多湿にマイッタのか、昨年溶けるように姿を消しつつあったのですが、水を極端に控えて鉢の向きを変えて風が入るようにすると徐々に回復してきました。

昨年は3月頃に白い小さな花をつけましたが、今年はそれどころではなく復活するのが精一杯の様子でした。根伏せをした箇所からも小さな葉が姿を現しました(鉢の奥の方)。これからユキノシタにとって厳しい環境となりますが管理に気をつけて増やしたいと思っています。

きゅうりの初物収穫ができそうです。毎朝、起きるや観察していますが成長の速いこと。こんなことはベランダだから出来ることですね。小さな出来事ですが大きな喜びです。Img_1770 Img_1774

2007年6月 4日 (月)

ハツユキカヅラ(ベランダガーデニング)

白の斑入りの葉とピンクの柔らかい新芽がなかなかかわいいからハツユキカズラを買ったものの植えっぱなしで管理しないものだからか、濃い緑色の硬い葉ばかりになってしまいました。

何故だろうとイ先日インターネットでいろいろと調べてみました。 結論は「生産者でもハッキリした原因が解らないらしい。 」  

でも発色の推奨として
  ①日当たりよい場所に置く
  ②肥料を十分に与える(多すぎても枯れることはない)
  ③十分に水を遣る(乾燥状態では発色を抑制する)
が挙げられていました。

そのことをこの2週間重点的に気をつけて管理してみました。効果が出たのか?、自分の努力が報われたいのか?気のせいか?すこ~しピンク色や斑入りの葉が増えたようです?Img_1773

2007年6月 3日 (日)

黄金カズラ(ベランダガーデニング)

カラーリーフとして楽しめる黄金カズラをベランダの高い所に配置しています。他の花木に比べて育て易く、水や肥料を与える回数も少なくて済むからです。と、言っても夏には2日に1度水を遣っています。寒さにも強く、日陰でも育ちますのでベランダに彩りを添えるには好都合です。ツルニチニチソウとのコントラストを楽しんでいます。

今日は久しぶりにオリックスー横浜ベイスターズの野球観戦に出かけました。6対2でオリックスが勝ちました。勝ち試合を見るのはストレス解消になっていい。神戸スカイマークスタジアムでの試合が少なくなったので機会があれば出かけるように努めています。次回もオリックスガンバレ!Img_1742 Img_1743 Img_1760 Img_1763_1

2007年6月 2日 (土)

クレマチス(ベランダガーデニング)

東側ベランダに植えたクレマチスは開花が一段落しましたが、西側ベランダのクレマチスはまだまだ続きそうです。昨日はうなだれていたので、もしや立ち枯れ病?根切り虫?…折角アーチ頂上部に絡むまで成長したのに…と凹んでしまいましたが、単なる水不足だったようで今朝起きてみると元気になっていました。蕾をたくさん付けて開花準備中です。(写真左の右上の花は花と葉が融合した奇形となってしまいました)

鉢には陽が全く射しこまないので水を遣り過ぎると根腐れの恐れがあるので、気をつけています。表面は湿っていたのですが水を欲しがっていたのですね。我が家の西側ベランダは日照不足気味なので植物の管理に気を使います。

同じアーチにモッコウバラを絡ませています。今年初めてたった二房だけかわいい花を咲かせてくれました。今は新しい葉を増してアーチを覆っています。Img_1755 Img_1752_1 Img_1758

2007年6月 1日 (金)

ブルーベリー(ベランダガーデニング)

3月末頃に花芽が付いたブルーベリーに花後の実が付き始めました。昨年はたった一つの結実でしたが、今年は記録更新できそうな気配です。しっかりした実が数本の枝に付いています。これからは小鳥に取られないように見張って1個でも多く結実させたいです。Img_1754

今年は”姫林檎”に初めて実(らしきもの)が付いてのでほんの少しずつですがベランダが進化しているようです。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ