« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

ミニ寄せ植え(ベランダガーデニング)

オリズルラン、ポトス、ハートカズラそしてシュガーバインのミニ寄せ植えです。

3号鉢に植えてテーブルの上に飾って楽しんでいます。

ちょっと不恰好な姿形になっていますがテーブルに生きた植物があるとなんとなく落ち着いたり、元気が出てきます。Img_2699

昨日、今日と22~25℃と真夏日から一気に下がった気温で涼しいと通り過ぎて肌寒くなってしまいました。外から焼き芋屋の「イシヤ~キイモ~!イモ、イモ~」の声が聞こえます。なんと早い商売です。

朝からの雨が夕方にやっと上がり、淡路島上空が明るくなってきました。明後日からは再び夏日になる予報です。Dsc00870

2007年9月28日 (金)

セダム(ベランダガーデニング)

ホームセンターへ花の苗を買いに行ってみたけれども、以前と様子が違っていました。変わった苗がないものかと3ヶ月振りに寄ってみたのですが、花木類の販売を止め、「ホームセンター プロ」とやら職人さん専用のプロショップに変貌していました。そういえば近隣に次々と大きなホームセンターが出来たので競争が厳しいのでしょうか?消費者は選択が増えて助かってのですが……

ほとんど植えっぱなしのセダムです。グランドカバーに使用してみようと育てていますが害虫(カイガラムシ)にたびたび襲われてしまいます。健康な箇所を選別して時々植え替えています。

0℃以上であれば越冬も可能なようなのでこれからしっかり管理して増やしてみようと思っています。ベランダガーデニングのグランドカバーとして適当なのではないでしょうか?

昨夜、ナイター観戦に出かけました。近くのスカイマークスタジアムでのオリックスの最終戦でした。そのせいか球場も珍しく超満員!試合は前半はオリックスが優勢でしたが後半楽天に逆転されてしまいました。残念ながら最下位、来シーズンは清原選手が復帰して、チーム一丸となって頑張って欲しいです。

満月の空に花火が打ち上げられて最終戦の締めくくりでした。Img_2693 Img_2682

Img_2679_2 Img_2670

2007年9月26日 (水)

ムスカリ(ベランダガーデニング)

昨夜は中秋の名月、満月ではなかったそうですが東の空に明るく輝く月を久し振りにじっと見てしまいました。月を見ながら連想したこと…兎の餅つき(昔は確かに兎が餅つきをしているように見えたが今は全く様子が違って見えるのは私だけでしょうか?)、月面着陸、団子、ススキ……Img_2613_2

まだ夏日が残るほど残暑厳しい9月末です。この頃の西日は植物にとってきつそうです。すぐに萎えてしまうものもあるほどです。

ムスカリは真冬の頃に開花するのですが、もうかなりの葉を伸ばしています。こんなに早く成長すると本番がくるまでに力尽きてしまうのではないかと毎年ハラハラドキドキしています。球根のまま土中で3,4年経っているので来年はそろそろ掘り起こしてやらないといけないかもしれません?

ハイビスカスや時計草は毎日1,2輪ずつ開花して目を楽しませてくれます。Img_2663 Img_2662

Img_2659_2

2007年9月25日 (火)

ノウゼンカズラ2(ベランダガーデニング)

9月初めに何とか開花したノウゼンカズラです。今年は台風やら強風襲来、更には酷暑でベランダの環境は最悪でした。そのような中で意外にノウゼンカズラが頑張ってくれたようです。1番花の後、蕾を連続してつけました。排水管に誘引した枝にまで蕾が付いているのを発見しました。これからが楽しみです。

ノウゼンカズラは強い直射日光を浴びることを好むようですが夏の間はお天道様が真上を通過するので我が家のベランダでは陽が射しこみませんでした。9月になると太陽が南側の軌道を通るためベランダの奥まで陽が入るのでノウゼンカズラも喜んで元気が出たのでしょうか?(逆に陽が入ることで、今まであれだけ元気だったアリッサムやボロニア強い陽を浴びたことで9月になって急に枯れてしまいました。この辺がベランダガーデニングの難しいところでしょうか)Img_2654 Img_2657_2

2007年9月22日 (土)

ハイビスカス2(ベランダガーデニング)

鮮やかな真紅のハイビスカスが咲きました。今年最初の開花です。ハイビスカスが秋の花であることをつい数日前に知りました。「常夏の花」のイメージがあるけれども30℃以上では弱ってしまうらしいので暑い日は直射日光が当らない場所に移動しています。蕾もつけてきているのでこれからたくさんの花を見ることが出来そうです?

クールな色の花が多いベランダの中で原色のハイビスカスが咲くと急に元気が出てきました。

Img_2640 Img_2642_2

2007年9月21日 (金)

秋を見つけに(ベランダガーデニング)

先週から秋を見つけに出かけるもののなかなか出会えません。兵庫県立フラワーセンター(加西市)に出かけてみました。昨年も丁度このころ行ってみましたが、今年の様子は全然違っていて秋らしさは見当たりませんでした。もっとも今日も真夏日!

秋らしさはランチの中で発見!コスモスの花のてんぷら、ジャガイモ饅頭+菊花あん掛け、松茸入り茶碗むしの「花づくし」を頂きました。Img_2636 Img_2615_2 Img_2624 Img_2619_2

2007年9月18日 (火)

多肉植物と長生蘭2(ベランダガーデニング)

8月下旬に植え付けし、ボードを水平にしたままであった多肉植物を所定の位置に置きました。こらから日が斜めにベランダの奥まで差し込んでくるので日光に十分当る場所です。Img_2600多肉植物を冬越しするのが苦手でしたが、昨年他の多肉で成功(鉢植え)したので今回ボード植えの再挑戦です。Img_2601

2007年9月17日 (月)

ムラサキシキブ(ベランダガーデニング)

低木で育て易いことからムラサキシキブを先月買ってきてベランダに植えています。鉢植えとして出回っているのはコムラサキシキブが大半ということだからこれもコムラサキシキブでしょう?実際に実が小粒です。
その実が最初は緑色でしたが徐々に薄紫色に変化しつつあります。ベランダで開花した花が少なくなってきた時期に色が付くと周りが明るくなった感じがします。

ムラサキシキブは湿り気味の土壌を好むらしいので腐葉土をたっぷり混ぜて植えつけています。これから実が着色、そして落葉、剪定……しっかりベランダに根付いて欲しいものです。Img_2570 Img_2597

2007年9月16日 (日)

ハイビスカス(ベランダガーデニング)

ハイビスカスは秋の花だそうです。私はてっきり真夏の暑い日に咲く花だと思っていました。熱帯・亜熱帯地方に咲く花と思いベランダで育てるなんて全く思ってもいませんでした。昨年、”花のプレゼント”に応募して偶然当選したものだから挑戦しています。

今朝放送の「○○の園芸」でハイビスカスの開花温度は15℃~25℃でこれからが開花時期と説明してました。30℃以上の日が続くとなかなか開花せず、むしろ弱ってしまうので直射日光は避け風通しのよい場所へ置いた方がいいそうです。ハイビスカスを夏の花と思っている人が多いとも言ってました。勘違いしたのは私だけではないようです。ちょっとホッとしました。

我が家のハイビスカスが開花しないものだから、てっきり今年は駄目なのかなと半ば諦めかけていました。先日やっと蕾をつけましたが、これがハイビスカスにとっては正常らしいです。安心しました。

ハイビスカスは5℃以上が必要とのことですので、冬季は室内へ移動するため鉢で育てています。それと根詰まり防止のために毎年植え替えをした方がいいらしい。狭いベランダで楽しむため昨年花後は思いっきり切り戻しして、今年5月の植え替えも鉢の号数は上げませんでした。Img_2563 Img_2566 Img_2549_2

2007年9月15日 (土)

ワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

1年中ベランダで育てているワイヤープランツです。もう数年間同じ場所にあるでしょうか?ブリキ製ジョウロの中で育てているので植え替えがなかなかできません。乾いたらたっぷりの水と追肥を適宜与えています。今年は油断していて乾燥させてしまったので黄色の葉になって落葉させてしまいました。慌てて今日、霧吹きでシュッ、シュッ!葉水してやりました。ワイヤープランツは乾燥に弱いようです。Img_2546

2007年9月14日 (金)

ハツユキカズラ(ベランダガーデニング)

朝夕ヒンヤリしてきました。蝉の鳴声が急に無くなり、代わりに虫の音が聞こえてくるようになりました。空も澄んできて急に秋が訪れてきそうな気配です。

ハツユキカズラを発色させる方法が何となく分かってきたような感じがしてきましたので、再挑戦してみようと苗を買ってきました。①日光に当てる  ②肥料を十分与える ③水を切らさない 等が発色の条件のようです。ベランダでいろいろ試してみてベストポジションを決めました。Img_2515 Img_2506

2007年9月13日 (木)

夏の収穫(ベランダガーデニング)

平成19年夏のベランダのミニ菜園(http://www.geocities.jp/kazuo_okz/を参照願います)の収穫報告です。

①ゴーヤ…… 11個、  ②きゅうり……23個、 ③甘長獅子唐……数十個

④パプリカ……1個(これから更に6個収穫予定)、⑤その他(イタリアンパセリ、バジル、青シソ)

台風襲来や強風にさらされましたが、狭いベランダにとっては豊作でした。今年は土壌及び水に特に注意して管理しました。

ベランダのミニ菜園はなんと言っても野菜の生育状態の観察を楽しめ、サッシを開ければ簡単に新鮮で安全な野菜が手に入ることです。

*写真は収穫が終了しようとしている時期なので見苦しいかもしれません。ご了承ください。Img_2514 Img_2513

2007年9月12日 (水)

秋の新芽(ベランダガーデニング)

暑い日が続いているのですが地中の中の植物は季節の移り変わりに従って着実に準備を進めているようです。

冬のムスカリや晩秋の???(花の名前が分かりませんが小さなピンク色の花をたくさん付けます)が新芽をのぞかせました。ムスカリは花後も球根を掘り起こさないまま3年です。昨年はもっと早く芽を出したので早死にするのではないかと心配しましたが予定どおり冬に開花してくれました。Img_2503 今年は少し球根が弱っているようですが……?Img_2507

2007年9月11日 (火)

秋の日差し(ベランダガーデニング)

9月に入ってから太陽の照りつけ角度が1日で随分変わってきました。我が家のベランダはほとんど真南向きです。8月末迄ベランダの中まで日が入ることはなかったのですがたった10日経っただけで随分と奥の方まで入ってきます。

やはり日光は植物にとっては重要です。思いっきり浴びせて元気な花を咲かせたいです。Img_2484

2007年9月10日 (月)

時計草(ベランダガーデニング)

花の数が減ってはきましたがベランダの時計草がまだ咲き続けています。蕾も次から次と付けているのでもう少し楽しめそうです。

プランターの中ではもうムスカリなど冬の花が芽を覗かせ始めました。そろそろバトンタッチを始めるのでしょうか?Img_2489 Img_2490 サフィニアはまだその鮮やかな色で夏を演出Img_2486_2 していますが……。Img_2495

2007年9月 8日 (土)

ハイビスカスに蕾付きました(ベランダガーデニング)

昨年新聞販売所の「花プレゼント」に応募して当選したハイビスカスです。ベランダで育てるのでコンパクトにしようと昨年花後に思い切って切り戻し、5月に植え替えをしました。木は勢いよく成長したのですが蕾がなかなかつかないので今年は半ば諦めていましたが今日やっと蕾を2個発見!

ハイビスカスは①日に当てることと、②水の遣りすぎに注意することが開花条件らしい。このことを考えると水の遣りすぎが開花を遅らせたのかも知れません??

ノウゼンカズラの蕾ももうふた房見つけました。今年はユックリ夏の花をこれから楽しめそうです。Img_2465 Img_2466 Img_2470_2

2007年9月 7日 (金)

キャンディボックス(ベランダガーデニング)

昨年長い期間咲いたキャンディボックス(サントリーの登録商標らしいです)を今年も植えてみました。昨年は6月頃から開花を始め冬の間も咲き続け翌年3月まで薄紫色の小花を楽しませてくれました。

今年も期待していましたが、この厳しい夏の暑さにさすがにバテ気味になってしまいました。しかし、ここ2,3日の朝夕の涼しさに元気を取り戻したようです。どこからか飛んできたマツバボタン(種子)と共に今年はこれから楽しませてくれそうです。

今年初挑戦していたスカビオサもこの暑さで枯れてしまいました。冷涼な環境を好む山野草だけにこのベランダでは少し可哀想な思いをさせてしまいました。Img_2463

2007年9月 6日 (木)

パプリカ(ベランダガーデニング)

Img_2461 パプリカが収穫の時期を迎えたようです。花が付いて約2ヶ月が経ったでしょうか?台風に襲われたりしましたがベランダで初の収穫です。ビタミンCが豊富で、ピーマンよりも匂いが少ないと言われています。たった5個程度の収穫ですがちっぽけなプランターで育てることが出来たことにひとりで感動してます。

今回、特に注意したことは①用土にミネラル補給として苦土石灰を混ぜておきました ②長い間実をつけたままになるので支柱を少ししっかりしたものにした ③最初の花は摘み取りました(きゅうりなどの実が付くものは最初の花に栄養が集中してしまうから、この摘心が重要のようです)  ④実が付いてからは追肥を月に2度のペースで与えました。⑤水遣りを毎日しました。

上記①~⑤はテキストやインターネットで調べて忠実に行ったものなんです。基本は守った方がやはり成功の確度が高いですね。さて、味の方はどうでしょうか???

2007年9月 5日 (水)

飛行機雲(ベランダガーデニング)

台風9号が関東地方を襲おうと勢力を増大して北上している。いよいよ台風シーズン到来です(今年は早い時期から上陸していますが)。もうこれ以上の自然災害はコリゴリです。

関西地方の今朝の天気は関東地方の雨とは正反対の秋空!日中は35度前後まで気温が上昇するとの予報です。ベランダから見える秋空に珍しく飛行機雲が数本描かれていましたのでシャッターを押してみました。Img_2432

ベランダの西側の植物が生育旺盛です。モッコウバラは新しい枝を伸ばし、アーチの骨も見えなくなるくらいになりました。ブリエッタも花数を増しハツユキカズラも新芽を出し…ノウゼンカズラが開花するこの時期が最も活動的な時期です。Img_2443 Img_2442

2007年9月 4日 (火)

山椒の木(ベランダガーデニング)

正月に山椒の木を親戚から貰ってきて北側のベランダで育ててきました。ところが先々週突然葉が黄色く枯れてしまった様子でした。仕方なく処分しようと思っていたら、これまた突然に次々と新芽を出してきました。2、3日しか経っていないのでまるで着替えをした感じでした。

山椒は植え替えを好まないので鉢で育てるのが難しいらしい。いつまで生き続けてくれるか分かりませんがその独特な香りが好きなので水遣りにがんばります。

サフィニアは先日思いっきり切り戻しをしましたが、すぐに新しい蕾を付け花数を増してきました。サフィニアからまだまだ元気を貰えそうです。Img_2430_2 Img_2431

2007年9月 3日 (月)

ノウゼンカズラ(ベランダガーデニング)

やっと一房だけ薄紫色のノウゼンカズラが咲いてくれました。ベランダガーデニングの楽しみの一つであるこの花が咲くと嬉しい。我が家では1年のうちのたったの1~2週間しか開花しませんが最も大切に育てている花木のひとつです。Img_2426 Img_2422

2007年9月 2日 (日)

多肉植物と長生蘭(ベランダガーデニング)

一昨年自作のボードに植えつけた多肉植物長生蘭が間延びしたり、枯れてしまったので代わりの多肉植物を探していたのですがなかなか見つかりませんでした。

昨年はブームだったのかどうか知りませんがどこの園芸ショップに行っても生き生きした物が並べられていましたが今年はあまり目にしませんでした。最近は100円ショップに多肉植物が置いてあると教えてもらったので100円ショップも探してみましたが近所では扱ってないようでした。

たまたま先日秋の花を求めて少し遠い園芸店に出かけてみると棚卸しの様子でダンボール箱の中に多肉植物が集められておりどうにか使えそうなものを買ってきました。

多肉植物は冬場は思いっきり日光に当てた方がいいらしいです。最初に挑戦したときは冬の寒さで枯れてしまうのではないかと室内へ取り込みました。そうすると枯れないけども間延びして惨めな姿になってしまいました。昨年はベランダに出したままにして日光に当てておいたら大して間延びもせず成功!成功でした。

ボードに植えつけた多肉植物は数日間、このまま水平にして根がついたら立てかけて所定の位置へ飾ります。水はその後1~2週間に1度くらいのペースで与えます。Img_2416 Img_2418

2007年9月 1日 (土)

八重咲きアスター(ベランダガーデニング)

今日から9月。朝の風がヒンヤリして心地よく感じました。

秋植えの花として八重咲きアスターを植えてみました。どちらかと言うと乾燥気味(水切れは厳禁です)に育てた方がいい植物とのことで赤玉土6、腐葉土4の混合土に元肥を入れてプランターの空いているスペース2箇所に植え付けました。

一つはボロニアとの寄せ植え、もう一つはムラサキシキブとの寄せ植え状態です。これから11月頃まで咲き続けてくれることを願っています。Img_2405 Img_2407 アスターは初挑戦です。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »