« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

アメリカンハナミズキ(ベランダガーデニング)

Img_5230 Img_5299 ベランダのシンボルツリーとして育てているアメリカンハナミズキです。
冬の間は枯れ葉を残したままじっと寒さに耐えてるように見えましたが、少し暖かくなるこの時期になると急に緑色の茎を伸ばしたり新しい芽を出し始めます。これを見るとホッとしますconfident 枯れずに成長していることが確認できるからです。

落葉植物なのでその寂しさを補うために常緑樹のユーカリを後から植えたのですがそのユーカリが一気に追い抜いて天井に届くようになりましたeye
ベランダは限られたスペースなので急成長する植物よりもゆっくり大きくなる植物が好きです。
アメリカンハナミズキもゆっくりでいいからたくさんの花をつけて欲しいです。
ミント、ブルーデージーに養分を取られているのか昨年に引き続き今年も花が期待できないようですweep(年に2回(夏と冬)に油粕を与えているのですが……。)

2008年3月30日 (日)

ハートカズラ(ベランダガーデニング)

Img_5119

Img_5121いよいよハートカズラのベランダ出番です。昨年11月中旬に寒波襲来の予報があって急遽家の中に取り込んで以来4ヶ月もの間、室内で管理してました。

もともと日光が好きな植物だけに外で思いっきり光に当てた方がいいようです。直射日光を浴びても問題ないようですが葉やけを起こすので日陰に置いています。
この親苗は植え替えを繰り返して10年近くになる老苗です。ムカゴが随分増えてしまいましたcapricornus

いつ枯れてもいいように一応子孫の苗を別鉢で育てていますbud

ハートカズラ
は風通しのよい場所で育てています。水を遣り過ぎると根腐れを起こすので控えめにしています。かといって乾燥させ過ぎるとカイガラムシが発生することがあります。こうなると厄介です。細いつる性とその葉の形状から駆除するのが困難ですweep

カイガラムシの予防のために霧吹きで月2回程度の葉水を行っています

室内の植物を少しずつベランダへ出すと春らしくなってきます。モッコウバラも日に日に蕾を増してきましたclover

Img_5175 Img_5155

2008年3月29日 (土)

いちごの花(ベランダガーデニング)

Img_5082 Img_5083 Img_5085 Img_5091

我が家で初めて咲く「いちごの花」なんです。初挑戦で昨年秋に苗を植付けて春の花を心待ちにしていたものですtulip
水を好むからと遣り過ぎると根腐れをおこすので注意が必要だとかsign01
特にベランダのプランターでは排水性が土壌や日照で影響されるので土の状態を見ながら水遣りしました。

やはり初めてのものはいつどのように変化するものかといろいろと興味を惹かれてしまいますeye  ここがベランダガーデニングの楽しいところbud
緑葉の下を覗いてみると白い5枚の花びらがひっそりと開いていました。

そばに植えている水仙やチューリップが丁度開花時期になったものだからついそちらに目を奪われてしまいます。
これからはいちごの変化を観察ですcamera

2008年3月28日 (金)

ネメシア2(ベランダガーデニング)

Img_5028 Img_5080 今年初めて冬越しに挑戦した宿根ネメシア(ハニーガール)ですが、寒い時期は何とか持ち越したのですが、暖かくなってきた3月になって苗が弱ってしまいましたcoldsweats02

防寒カバー内が蒸れたためか、カバーを取除くのが早過ぎたために寒気にさらされて傷んだのでしょうねsign02
折角、生き生きと冬場を生き抜いてきたのに残念です。毎日こまめに管理した努力が水の泡になってしまいました(まだ生きているので結果は分かりませんがcoldsweats01
と、いうことでちょっと寂しくなったハンギングに1年草ネメシアを同居させてやりました。
園芸店に手ごろな値段で陳列されていたのでつい手が出てしまいましたhappy01
まだ病み上がりのようなハンギングですがこれから新芽を出して下方ハンギングの冬越し先輩(数回の冬越し)のディアスシアのように元気もりもりになってくれるでしょう?

ハンギング周りではトレリスに絡ませているクレマチスの蕾が数を増しているんですclover

Img_5061 Img_5062 【独り言】
昨夜は神戸スカイドームでの初ナイター、オリックスVS楽天の試合観戦に出かけましたbaseball
春休みだし花火ナイトとあって家族連れが多く超満員! 珍しい程の人の入りようでしたeye
試合は楽天、岩隈投手の好投で2-0でオリックス応援者にとっては寒い夜でしたが声を出して応援するのも元気が出るものです。一昨日の甲子園、昨日のスカイドームといよいよ野球観戦スタートで楽しみも増えましたshine

2008年3月27日 (木)

花手毬(ベランダガーデニング)

Img_5039 Img_5043

もう4年もこの小さなプランター内で冬越しした「花手毬」です。
プランター内の土の養分だけでたくさんの房状の花を長い期間咲かせてくれます。一昨年に土を入れ替えてやったのですがもうその養分も消費されたことでしょうsign02
今年も植替えして元気な花を咲かせてもらいましょうtulip
花手毬は日当たりの良い場所を好む植物なので1日中当たる場所に置いてます。寒さにも強く、特に防寒対策はしていません(氷点下になるのは年に1,2度程度なんです)。
夏場は毎日水遣りしています。小さなプランター内なのでやはり栄養分には気を遣っています。肥料管理、植替えには注意していますeye

この頃の陽気は桜を一気に開花させているようです。東京・上野公園ではもう花見の場所取りが始まっているとのニュースtv  
我が家のベランダも緑の濃さを増してきました。

2008年3月26日 (水)

チューリップ(ベランダガーデニング)

Img_5020 Img_5022

植物の成長が旺盛なこの頃ですが、ベランダの本格的な春はチューリップが咲いた時と勝手に思い込んでいます。
そのチューリップがもう少しで全開になりそうです。オーソドックスな花ですが最近はいろんな種類があるようです。私はスタンダードな種類でいろいろな色のチューリップを楽しんでいます。花期が短いし、風が強いベランダではあまり長く楽しむことが出来ないから鉢植えにして終われば撤去ですhappy01

Img_5003【独り言】
Img_5007日は急遽、甲子園球場へセンバツ野球の観戦というか郷土県山口から出場の「華陵」を応援に出かけましたbaseball  相手は神奈川県代表の「慶応」。
選手の体格といい、応援団の迫力…を比較してみるとそれは大半の人が一方的な試合展開になるのではないかと予想されたのではないでしょうかsign02
ところが押されっぱなしでありながらも要所を締め、何んと初回の1点を守りきった「華陵」でしたscissors
勝負事は分からない!「華陵」がんばれ!!!

2008年3月25日 (火)

ベランダ西側(ベランダガーデニング)

Img_4997 Img_4990 Img_4992

Img_4995ベランダの西側にはつる性の植物、モッコウバラクレマチスを主として育てています。随分と新芽を出してアーチやトレリスを覆い隠そうとしています。
もう1ヶ月もすると緑が増え、花も咲き景色が変化することでしょう??
今は寄せ植えしているクロッカスムスカリで楽しんでいますtulip
ちょっと陽が当たりにくい場所で水遣り管理が難しいですが植物の選定がうまくいけば十分ベランダ緑化できる場所のようです。

集合住宅では非難通路として隣接部はボードで仕切られています。非常避難時に支障のないように気をつけながらベランダガーデニングを楽しんでいますpaper

2008年3月24日 (月)

山椒の木(ベランダガーデニング)

Img_4979 Img_4981

Img_4980

地味な木ですが、香辛料として好まれる山椒を北側のベランダの隅っこで育てています。
山椒は土壌の湿度がポイントのようです。乾燥にも過度の湿めりにも弱いそうです。
そしてアゲハチョウの餌食(幼虫が葉を好んで食べるそうです)になる植物のようです。8階の高所なのでアゲハチョウには襲われないと思うのですが…

昨年2度葉っぱが全部落ちてしまいそのまま冬を迎えたのでてっきり枯れたものと思いました。それが、先日処分しようと思った矢先にまた新芽が出ていたのです。

落葉する木だとは知ってましたが一瞬にして落葉したのできっと環境が悪いので枯れたものと諦めていました(しかも約2ヶ月の間に2度続けて落葉したのです……その内の一度は幹と根を害虫に襲われてしまったからだと思うのですが)。
このような特性(?)があるなんて知らないものだからつい捨ててしまうところでしたwobbly
これからまた水遣り管理に精出しです。
丸1年、我が家のベランダで生き続けたのでなんとはなしに育てるポイントも分かったような……happy01

隣の木いちごも山椒の木につられて元気に新葉を付けましたbud

南側のベランダも春の陽を浴びて変化が著しいです。アーチに絡ませたモッコウバラも今年は花数を増やしそうです。
Img_4985 Img_4987 Img_4988

2008年3月23日 (日)

クレマチス(ベランダガーデニング)

Img_4961 Img_4969

今月初めに”鉄線”から芽を出し始めたクレマチスですが、あちこちに蕾を付け始めました。
よくもこのような細い線から見事な花が咲くものかと不思議に思います。

剪定するときに時々誤って生きている蔓を切断してしまうことがありますweep 気をつけて作業しないと”後悔先に立たず!”です。
しかし、このクレマチスは強いところもあります。蔓が途中で折れてもセロテープで応急処置してやれば立派に復活します(2番目の写真を参照)scissors
ベランダの東と西にクレマチスを植えているのですが今年もたくさんの花が咲いてくれるのを楽しみにしていますsign03

今日は強風が吹いています。やはり高い場所でのガーデニングは風を考慮しなくてはなりません。折角数日前に咲いた水仙も風で折れてしまいました。残念です。

Img_4963 Img_4956Img_4954Img_4966_2ムスカリの花も色付き始めました。クリスマスローズも日に日に花を増やしています。そしてディアスシア(リトルダンサー)も蕾を付け始めました。
春本番ももう少しのようです。

2008年3月22日 (土)

スカビオサ2(ベランダガーデニング)

Img_4938

四季咲きスカビオサに蕾がつきました。
冬の寒さには強いようでこれからの蒸し暑さを克服すれば背が低く花期が長いのでベランダガーデニングにも向きそうです。
乾いたらたっぷり水を遣りました。
もう2週間もすると紫色の小さな筒状の花が集まった特徴のある花を咲かせることでしょうtulip
風通しをよくするために込み合った箇所の葉を刈った方がいいようですscissors

Img_4932 Img_4944 スイセンもこの陽気で次々と開花を始めましたsun

2008年3月21日 (金)

時計草2(ベランダガーデニング)

Img_4931_2 Img_4928

Img_4914_2 Img_4923 Img_4917 Img_4920 

冬の間、覆いをしていた時計草も覆いを取ってみると姿形が悪くなっていたので今日、行灯型支柱を買ってきて化粧直しをすることにしました。

早速、作業にとりかかるも時計草の蔓は1年の間に驚くほど延びていました。枯れた蔓を処理したり、ひげを解いたりして蔓をほどくとその長さは10メートル近くありましたclover
もつれないように展張して苗のメンテです。
腐葉土を混ぜた土に元肥を添加して鉢の土を増しておきました。
あとは支柱をセットして蔓を巻きつけて適当にビニタイで固縛して仕上げです。下方部が寂しくなるのでしっかり誘引しておきましたtulip
作業に2時間もかかってしまいました。

この行灯仕立てにすると風の強い8階ベランダでもしっかり固定されるので植物にとっていいようです(従来はポールを三角に立てていたのですがこれだと強風で倒れたり不安定になっていましたwobbly

時計草はジメジメ状態よりも乾燥を好むので水遣り管理が大切です。乾き気味にして土表面が乾いたら水をタップリです。

今日は春の日射しを十分に浴びた植物達です。ビオラを始めクロッカス、ミニバラ、セダムなども気持ちよさそうでしたsun

2008年3月20日 (木)

いちご3(ベランダガーデニング)

Img_4900 Img_4901 花芽かなsign02
初挑戦のいちごに花芽らしきものが伸びてきました。暖かくなってきて成長著しいので毎日葉をかき分けて覗き込んでいたのですがやっとそれらしきものを発見しましたeye
これからの観察が楽しみです。

いちごは肥料をあまり必要とせず、特に窒素分の肥料のやり過ぎは葉・茎ばかり成長して実りが悪いとのことなので主に水の管理に注意しています。プランターの中だから水の遣り過ぎは根腐れを起こすだろうし、水切れは禁物だし…初めて育てるものだから注意を払って育てています。
品種の「宝交早生」は初心者にも育て易いそうなのでまずはそれからだと挑戦中ですclover

いちごは品種改良がさかんで、今話題の福岡「あまおう」は海外でも大人気だと先日TVで紹介されていました。
ベランダ栽培では「いちご」の実が実るだけでも楽しいものですcherry

今日はそのほかにプリムラ・ブリコニカの花を発見!Img_4908 Img_4911

2008年3月19日 (水)

少し春らしく(ベランダガーデニング)

Img_4869 Img_4875 Img_4877 Img_4881

Img_4882 Img_4878 今が植物にとって一番活動期なのかベランダの変化が著しいですeye
日ごとに変化があって楽しい毎日です。冬の花のビオラも株を一段と張って見ごろ時なんでしょう?
アーチのモッコウバラも新葉を広げ始めましたbud
ムスカリも葉をかき分けて花を日に当ててやると少しブルーの色を付け始めました。
寒さが苦手な時計草はやっと防寒着(ビニール袋)を脱いだところなのでこれから春の準備です(今年は幹の先端を凍傷?で傷めたので花付きが期待出来ないかもしれませんweep 好きな花のひとつなのでちょっと寂しい気もします)

昨年夏の猛暑でほとんど枯れてしまったグレゴマも傷んだ箇所のメンテや体力消耗を減らしてやったせいか回復して元気になりましたrun

植物達がこんなに喜んで成長しているならきっと害虫も活動的になるだろうと、今日さっそくオルトラン粒剤をまいておきました。

2008年3月18日 (火)

スイセンが咲きました(ベランダガーデニング)

Img_4851_2 

Img_4852Img_4854_2 やっとベランダのスイセンが咲きましたtulip
早くから芽を出して今か今かと期待を持たせましたが、各地の水仙郷の花期が終わろうとしているこの時期に開花です。
でも自分のベランダで咲くのは格別です。まだ完全に開いているわけでもないのでスイセンにはこの姿を披露するのは失礼かもしれません。
肥料を必要とせず日照が必要な植物なので「イチゴ」と共にベランダで最も日当たりのよい場所に植えています。

ここ数日の陽気でベランダの様子が様変わりです。ブルーベリーも蕾を付け始めています。

まだ早いのかどうか分かりませんが一気に気温が上がり始めたので今日、冬の間、防寒対策としてビニール袋をかぶせていましたが、その袋を取り除いてやりました。
そのひとつである時計草は枯れた蔓もあったので、切ってきれいに整えてやりましたbud

Img_4859_2 Img_4857_2 今日は墓参りも済ませ、車も冬用スタッドレスタイヤから普通タイヤへ交換しました。
春本番の準備完了です。
桜の蕾も膨らんできているようですcherryblossom

2008年3月17日 (月)

姫路・綾部山の梅林(ベランダガーデニング)

Img_4822 Img_4829_2

Img_4788_2

Img_4797_2 Img_4786_2 Img_4835_2

今日はベランダガーデニングをお休みして姫路市の西に位置するたつの市御津町にある綾部山の梅を見に行ってきましたrvcar
先日の新聞1面に満開の様子の写真が掲載されていたので去年に続いて出かけてみました。車で途中渋滞に遭ったものの約1時間半で現地に到着。一山全体が梅林のため遠くからでもすぐにそれと分かる見事な梅林です。
梅の香りを嗅ぎながら坂道をふーふー息切れしながら登りつめました。山頂からは見事な梅林、そして菜の花畑、更には遠くに播州灘に浮かぶ小豆島、家島などの小さな島が望めました。特別に今日は上空を飛行船が飛んでいました。

この綾部山の梅はほとんどが「玉英」といった品種で白梅です。ですから所々に植えてある紅梅が目立ちます。この紅梅は鹿児島紅梅で交配のために植えてあるそうです。
今日は黄砂が舞っていて見通しが悪く、折角の梅も背景が青空でないのでコントラストが今一つですshock
晴天だと遠くに淡路島も望むことが出来るのですがきょうは霞んでいて残念です。

Img_4844帰路は昨年と同様、夢前川上流にある”ヤマサ蒲鉾”の工場へ立ち寄って敷地内にある蕎麦屋さんで「かきあげ蕎麦」をいただいてきましたnoodle
姫路近辺に行くと回り道をしてでもここの蕎麦と工場の蒲鉾をお土産に買って帰ります。

今日は春の一日を満喫しましたcherryblossom

2008年3月16日 (日)

クリスマスローズ3(ベランダガーデニング)

Img_4773_2

Img_4784_2 Img_4783

Img_4780今日はコートは全く必要ない、街では半袖Tシャツ姿の若者を見かける程のポカポカ陽気でした。人はもちろん植物も活動的になったことでしょうclover

陽気に刺激されたのかクリスマスローズがやっと咲きましたtulipクリスマスローズは下向きに地味に開くものだから今日のように他の植物が一気に咲くと目立ちません。
黄色のビオラとの寄せ植えをしましたが背の低いクリスマスローズなのでちょっと窮屈そうです(元々、ブラキカムとの寄せ植えを予定していたのですがブラキカムの苗が無かったで仕方なく……)
随分前から蕾を付けてやっと咲き、そしてこれから長く咲き続ける…ゆっくりのマイペースなクリスマスローズです。
派手でなくひっそり咲き続けるその姿を見ていると何となく落ち着きます。

今日の陽気に誘われてベランダで変化が目立ったのは①白色のクロッカス、②ビオラ、③川エビなどです。

Img_4762 Img_4766 【独り言】
今日、大阪まで出かけました。
途中の沿線では一面黄色の菜の花畑、ベランダや軒先のピンクのサクラソウや色とりどりのビオラ等が気持ちよさそうに日射しをいっぱい浴びていました。
そして、西梅田の地下通路では春の寄せ植えを発見。喧騒な街の中にちょっとした植物の空間があると癒されます。ちょっと立ち止まってパチリとシャッターを押しましたcamera

2008年3月15日 (土)

バーベナ(ベランダガーデニング)

Img_4750_2 Img_4747 Img_4733_2Img_4752_2別名「姫美女桜」というなかなかいい名が付いている植物らし い。サクラソウに似た小さな花がまとまっていて花期がこれから10月頃までと長く、また背があまり高くならないので、コニファーの株元に植えてやりました。

先日までコニファーの株元にはヘデラとオリヅルランがあったのですがあまりにはびこってしまってコニファーの健康状態を害するのではないかと心配になって根こそぎ抜いて植え替えてやりました。
バーベナは赤、白、青、ピンク、薄紫色をよく見かけるのですがオレンジ色は最近になって出回っているのでしょうか?ちょっと気になって買ってみました。夏の暑さにも強いらしく乾燥気味に育てるのがコツらしい。初めて育てるのでこれからまた観察の日々です。

今日は日射しが強く、急激な温度上昇に植物も困惑気味かもしれません。ちょっと日射しに負けた植物もあるようです。ベランダのあちこちのクロッカスが一気に開きました。

2008年3月14日 (金)

ムスカリ2(ベランダガーデニング)

Img_4728 Img_4730 プランター内を葉っぱばかりがぎっしりと成長してしまったムスカリですが、やっと花芽を出しました。
茂った葉の中にしょっこりと栄養失調気味の土筆(つくし)のような頭をのぞかせていました。
(写真をクリックして大きくして見てください)
葉をかき分けなかったら発見できなかったでしょうね
ムスカリは秋に早く球根を植えつけると葉ばかりが成長して見苦しい姿形になると言われています。
我が家のムスカリは球根を掘り起こさずそのままにしているのでそのような見苦しい姿になっているのでしょうね。
これから日を浴びて青い独特な形のムスカリの花が大きくなるとムスカリらしくなってくることでしょうsign02

近頃は急速にベランダが春らしくなってきましたtulip

2008年3月13日 (木)

ノウゼンカズラの植替え(ベランダガーデニング)

Img_4708 Img_4697 Img_4699 Img_4702 Img_4704 プランターの表面にまで根が現れてきて土も固くなってきたので、ノウゼンカズラを植え替えてやることにしました。狭いベランダでの作業なので段取りよくやろうと事前準備して行ったのですがそれでも大変でした。
①一緒に植えていたスイセン、ツルニチニチソウ、サボテンをまず取り除いてノウゼンカズラをプランターから抜くのですが、根が張っているのと蔓性なのでなかなか思うようにいきませんでした。Img_4725
②抜いた後、古い土を半分くらい取り除いてやりました。
③新しい土は赤玉土と腐葉土を6:4くらいの比で、そして元肥を混ぜたものです。
④元のプランター内にそれぞれの植物を植え込み
⑤たっぷり水を遣って完了
⑥プランター内に元通りに収まらず一部の根が表出してしまう羽目になったのでウッドチップでマルチングしておきました。(土中に一回り大きいプランターに植え替えた方がいいのでしょうねwobbly

作業には約2.5時間かかってしまいました。うまく根付くことを願っています。
(最初の写真は植替え後の様子です)
これからベランダも段々と春の装いとなることでしょう。

2008年3月12日 (水)

春の日差しを浴びて(ベランダガーデニング)

Img_4669 Img_4675 Img_4693 ここ数日、ベランダの植物は春の日差しを浴びて一気に目覚めましたtulip
今日は4月中旬並みの20℃近くまで気温が上昇したそうです。
あちこちのクロッカスが開花し、アーチやトレリスのクレマチスモッコウバラも目に見えるスピードで芽を膨らませました。毎日、ベランダを覗いておかないとその変化を見逃してしまいそうです。
温かくなってきたので植え替えの必要な植物をそろそろ植え替えてやらなくてはなりません。トップバッターは「ノウゼンカズラ」を予定しています。

Img_4685 【独り言】
今日は前の中学校の卒業式でした。毎年恒例でブラスバンドの演奏に見送られて校門をあとにしています。
もう何人の卒業生がこの門をあとにしたことでしょう?
私は日頃、ブラスバンドの演奏音やテニス部の喚声などで毎日元気をもらっていますが随分たくさんの人が既に成人して活躍していることでしょうね。

神戸で春を知らせてくれる”イカナゴのくぎ煮”の香ばしい香りが今年はありません。この時期は何処を歩いても漂ってきていたこの”香り”がないのは寂しい。きっと、楽しみにしていた人は多いことでしょう。
イカナゴ漁が解禁になった直後のあの明石海峡の船衝突事故による油流出事故で漁も制限され、また購買意欲も損なったのではないでしょうか?スーパーの売り場の様子も今年は変です。

2008年3月11日 (火)

ガーデンシクラメン3(ベランダガーデニング)

Img_4664 Img_4665 この時期はスイセン、クロッカス等の春の花がたくさん出回ってくるので忘れがちになってしまう冬の花のイメージの我が家のガーデニングシクラメンです。
夏越しした球根はどうしても成育時期が遅れるようです。春になってやっと花が咲いてくれます。

澄み切ったピンク色の花が中央にまとまって、そして模様葉がそれを囲む姿のガーデンシクラメンは寂しい冬のベランダを明るく元気にしてくれるので好きです。昨年秋に買った苗は11月からずーっと咲き続いています。これから5月連休まで咲き続けて楽しませてくれるのでしょうね?
本来のシクラメンに比べてちょっと小ぶりな花ですが、強くて野生的な「ガーデンシクラメン」はベランダガーデニングの寄せ植えに適しているのでしょうね。
花や葉に水がかからないように水遣りに注意しています。Img_4668 Img_4667_2

2008年3月10日 (月)

ディアスシア(ベランダガーデニング)

Img_4649 Img_4654 今年1番の暖かさになった今日の神戸ですsun明日も青空が見込めるそうで、ポカポカ陽気(最高気温18℃)になるらしい。
いよいよ本格的な春です。冬の間、覆いをしていたベランダの植物達もやっと”コート(袋)”を脱ぐことが出来そうです。
そのひとつ、ディアスシア(リトルダンサー)が今回も冬越しできました。好きな花だけに大切にしているのですが、ベランダの小さなハンギングの中で何年も育てるには植え替えしたり、冬は防寒対策したりでなかなか管理に忙しいですrun
これからは高温多湿の状態にならないように気をつけて、水遣り・肥料管理および花がら摘みをやっていけば秋遅くまで花が咲き続くことでしょう。
いかに長く植物と付き合えるかということを楽しんでいますsnailImg_4653

2008年3月 8日 (土)

クロッカス3(ベランダガーデニング)

Img_4639 Img_4641 今日は穏やかな1日でした。これで春がやってきたかと感じさせる日和でした。
そんな訳でかどうかやっとクロッカスが開花しましたtulip
ベランダのアチコチに球根を植えていますが掘り起こさない球根よりも昨年新たに植えた球根の方が早く成長して開花しました。やはり球根が蓄えている栄養分が違うのでしょうねsign02

ベランダにもいよいよ春がやってきたかな?でも室内に取り込んだ植物を出すには早いような感じですsmile

2008年3月 7日 (金)

ブライダルベール(ベランダガーデニング)

Img_4630 Img_4632 温度と日照条件が揃えば1年中、花が咲くと言われる「ブライダルベール」ですが、ベランダでは冬越しがちょっと難しいです。
5℃以上が必要との環境条件なので冬は室内へ移動させた方がいいのでしょうが今回はベランダでそのまんまの状態で過ごしてみました。やはり寒気が当たる部分は茶色に枯れてしまいました。風が当たらない部分はどうにか緑葉を保っていました。
結局、形を整えるために今日バッサリと切り戻してやりましたhairsalon
これから暖かくなると一気に鉢が隠れるくらいに成長してくれることでしょうsign02

2008年3月 5日 (水)

クロッカス2(ベランダガーデニング)

Img_4610 今日は「啓蟄」、土中が暖かくなって冬眠していた虫が出てくImg_4620るころらしい。
今日、我が家のベランダのクロッカスも開花直前の姿となりましたtulip
クロッカスやチューリップは寒さに当たって、春の暖かさを感じて発芽する植物なので冬の厳しい寒さが必要とのことsnow土中の虫と同様、冬眠から目覚めたのでしょうbud
1月下旬に芽を出して、今か今かと花が咲くのを待ち望んでいましたeye
昨年、球根を掘り起こさなかったクロッカスもちょっとひ弱な姿ですが、しっかり芽を出してきました。空気が冷たい1日でしたがメダカものんびり”日向ぼっこ”をしているベランダでしたsun
今日、気象庁から桜の開花予想が発表されました。昨年よりも早いとかcherryblossom、いよいよ春ですね。Img_4622 Img_4617

2008年3月 4日 (火)

クレマチス(ベランダガーデニング)

Img_4601 Img_4605 1月に新芽を錆色の細い茎に付け始めたクレマチスも成長して葉を形成し始めましたclover
落葉後は枯れたのではないかとちょっと心配になるのですが生きている証が現われると一安心できます。
あとは水・肥料の管理をしっかりやって緑葉や花がトレリスいっぱいに広がってくれることを願うだけですtulip
昨年の様子をHPに記録していますので覘いていただけるとうれしいですhappy01http://www.geocities.jp/kazuo_okz/verandagarden/2007haru.html

2008年3月 3日 (月)

ホットリップス4(ベランダガーデニング)

Img_4598 Img_3880 今日は黄砂が舞うちょっと不気味な空模様でしたcloud
ベランダの植物も大分春を感じてきたらしく、新芽を次々と出してきました。
昨年11月初旬と年末(後ろの写真)の2度にわたって咲いたホットリップスですが、その後は寒さのためか地上部が色褪せた状態になってしまい、先端部分は枯れた状態でした。
それが2月下旬頃から根元に近い部分から新しい葉が付く様になってきました。ホットリップスは初めて育てているので要領がわかりませんが、他の植物を参考にしながら多分活動を開始したのだろうと判断して、今日全体の1/3くらいを刈り取ってやりました(最初の写真)hairsalon 薬草のような独特な鎮静効果のある香りがしますsleepy

ホットリップスは過湿状態を嫌う植物なので枝が込み合ってる部分も間引いておきました。
きっと再び「唇kissmark」のような花を咲かせることでしょうbud

2008年3月 2日 (日)

ビオラ6(ベランダガーデニング)

Img_4576 Img_4574 プランターやハンギングで楽しんでいるビオラが元気モリモリですtulip
今年はワインレッドとブルー系でまとめてみました。寒いこの時期に次々と咲いてくれるので元気も出てきます。
最近はメジロや小鳥がベランダを訪れてくれますeye
むく鳥はビオラの花をおいしそうに食べます(最後の写真)riceball
今のところ花はたくさんあるけどもほどほどにしてな~shockImg_4549 Img_4587

2008年3月 1日 (土)

子宝草(ベランダガーデニング)

Img_4569 Img_4579子宝草は葉っぱに水分を蓄える多肉植物のようだから凍結するような日が苦手だろうと、冬の間は室内へ入れて育てています。とても生命力のある植物で一つの苗からたくさんの子株を増やします。葉の周りにたくさんの子を付けた姿形を楽しんでいます。花も付くらしいですがまだ見たことはありませんconfident
葉の周りについた子が落下して根をはり、次の年に大きくなって次の子を付けていく繰り返しです。

今回は冬越しがベランダで出来るかどうかを試してみるために、子の一部をベランダに置いて様子を観察してみました。(後ろの写真2枚がベランダに置いていたものです)
その結果(今回に限ってですが)、
①枯れることはありませんでしたが、成長はほとんどしないようです。
(風を遮ることが必要なようです…根が短いので風で飛ばされたり、倒れてしまいます)
②葉は全体が白っぽくなり、先端部分が茶色に変色しました。
ちなみに我が家のベランダは氷点下になることは殆どありません。2℃位に下がることが10日くらいでしょうか?でも年に1,2回バケツに氷がはりますsnow

Img_4486 土壌は通常の培養土であればよく、乾燥気味を好む子宝草なので土の表面が白く乾いてから更に4,5日して水をやっています。
Img_4287これから夏までに親苗のように成長することでしょうbud

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »