« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

いちご4(ベランダガーデニング)

Img_5855 Img_5857

近郊の沿道では”イチゴ狩り”の看板が立ち、畑の中にパラソルが立って家族づれが楽しんでいる光景はのどかです。
きっとジューシーな赤いいちごを歓声あげて収穫してるのでしょうhappy01

我が家の「いちご」はたった二株ですが、その経過を毎日観察して楽しんでいますeye
もっと日光に当たった方がいいのでしょうが、ブルーベリーが邪魔をしてちょっとかわいそうです。休日にはブルーベリーの鉢を移動していちごに陽が当たるようにしてやっていますsun

これから色づくのかどうかさっぱりわかりませんが初体験なのでこれからじっくり観察ですsearch

2008年4月29日 (火)

時計草(ベランダガーデニング)

Img_5834Img_5854_2

Img_5833

Img_5842

他の植物は既に生育旺盛なのですが、やっと時計草も仲間入りといった様子ですbud
独特な花の姿形が大好きです。

昨日頃から新芽を出し始めました。
昨年は早くから花を付けて楽しませてくれましたが今年はゆっくりスタートですsnail
たくさんの花を長い期間咲かせるのでゆっくりでも我慢できます。

随分前から我が家にある時計草は蔓の先端が凍傷に遭ったりしたので今年の花はどうでしょうsign02
これからの新枝に期待しています。

昨年購入した新苗(紫色)は晩秋にも咲き続け、落葉することなく一息ついていますが、こちらもそろそろ活動開始の気配ですeye
活動開始してからご馳走(肥料)を与える予定です。さて、今年はどれくらいの花を咲かせてくれるのでしょう?
クレマチスは今にも開花しそうな蕾なのですが……clover

2008年4月28日 (月)

山椒の木2(ベランダガーデニング)

Img_5745 3月末に急に新芽を出して驚いた山椒の木ですが、これまた早い成長ぶりです。
既に香辛料として使えるほどになっていますが、さてとその料理は?eye

うちの山椒は奇妙な植物のようですsign02
昨年の秋に急に葉が萎んで落ちてしまったので害虫か病気に罹ったのでしょうか枯れた状態になったのですが2週間もすると復活!
そして助かったと思ったのも束の間、新芽が大して出ないうちにまた同じ状態にcoldsweats02
今度は季節的にも駄目だろうとそのまま冬を越して春になっていざ処分しようとしたら、またまた新芽が出てきたのですbud
その芽が成長したのが今の状態です。

あまり早く結論を出さずに様子を見ることの大切さを知りました。
その実践で”ムラサキシキブ”の復活を実現できましたscissors
(枯れた状態が長く続いたのですが我慢して様子見しました)

Img_5827 最近、ムラサキシキブが新芽を覗かせ始めたのですが、昨年咲いた(実った)紫色の実をむく鳥が食べに毎日のようにやってきますchick
こうやって記事を書いている数十センチ前にある色褪せた実を食べにくるのです。他の植物を荒らさないのでそっとしてやっています(木の影になっていますがむく鳥の姿を認識できるでしょうかcoldsweats01

2008年4月27日 (日)

クレマチス2(ベランダガーデニング)

Img_5819 Img_5808

Img_5775Img_5763_2この時期ベランダで気になるのは西側のモッコウバラと東側トレリスに絡むクレマチスです。
今月初めに活動開始したクレマチスですが見る見るうちに壁面を緑葉で覆うほどになりましたclover

紫色が好きで1年苗を買って植えたのですがなかなか花が咲くまで育てることが出来ませんでしたweep
失敗を繰り返し、何とか花が咲かせることが出来るようになりましたtulip
最初に成功したのは紫色の花でしたが壁面を混色で飾ってやろうと後から白色を植えてみました。
花が咲くのは白色が早いようですrun
今、2番目の白が咲いているところです。
全体の蕾を数えてみると30数個はあるようです。これからが楽しみですeye

Img_5802 Img_5803 Img_5801 Img_5800 【独り言】
世間はゴールデンウィークということで海外旅行、家族連れ旅行、……ウキウキ気分でしょうが、私は暦どおりの出勤なのでゴールデンな気分にはなれませんwobbly
近場で非日常的な気分を味わってみようと車で約1時間の”やしろの森”に「わらび採り」に出かけてみましたrvcar
(住宅周辺ではどうも「わらび」にありつけないので昨年も行ってみた”やしろの森”に行ってみました)
自然の中はいいですねhorse
うぐいす他小鳥のさえずる声やの鳴き声、そして沢山のトンボが飛んでいたり(久しぶりにシオカラトンボを見かけました)自然を満喫してきましたhappy01

2008年4月26日 (土)

カサブランカ2(ベランダガーデニング)

Img_5741 今朝の日本列島の様子をTVで伝えていましたtv
花の女王”バラ”、花の王子(らしい)石楠花、そして桜、菜の花、ポピー…と全国でいろんな花が見事な満開です。
何処か出かけてみたくなりましたrvcar

ユリの女王らしくカサブランカは悠然とした姿で周りを圧倒していますhappy01
今やベランダのプランター内を独り占めにしようとしています。

昨年秋に球根を植えてからなかなか芽を出してこないので心配していましたが、一旦芽をだすと凄い勢いで茎を伸ばしています。
ユリは乾燥を嫌うので冬の間も土を乾燥させることなく水遣りをしていましたsweat02

狭いベランダ空間なので1球しか植えませんでしたがあの雄大な純白豪華な姿と優雅な香りがベランダに漂うのが待ち遠しいですshine

今日からゴールデンウィーク!(私はゴールデンではないけれどもconfident
花の植え付けや剪定……HPの更新に忙しくなりそうですrunnotes

2008年4月25日 (金)

ブルーベリー2(ベランダガーデニング)

Img_5622 Dsc00908 ベランダの果実に実が付く今の時期は今年は何個結実するのか希望的数値を予想して楽しんでいます。一応、昨年実績をクリアーすることが目標ですが…coldsweats01

イチゴブルーベリー、姫りんご、そしてオリーブ、木いちご…狭いベランダですがこんなに楽しめるとは思ってもいませんでしたhappy01

ブルーベリーも最初は失敗しましたねcoldsweats02
何しろ、土に植えれば育つだろうといった甘い考えが失敗のもとでした。植物は土壌、環境の影響がそのまま結果に表れることを知りました。
この失敗がその後の私のガーデニングの基本となりました。

①ブルーベリーは酸性土壌を好むので、ph調整されていないピートモスを混ぜる基本を忠実に守りました。
②異種のブルーベリーを近接して植える。
③水切れさせない。……等など

今ではいかに元気な植物にするか、夏越し、冬越しそして長寿命化をするにはどうしたらいいのかをいろいろと試しながらベランダガーデニングを楽しんでいますhappy01

2008年4月24日 (木)

花手毬(ベランダガーデニング)

Img_5680 Img_5731 Img_5727

Img_5668

今朝、TVの”めざ○○テレビ”でニューヨークではガデーデニング作業着をヒントにしたファッションが流行りつつあると紹介していました。英国のガーデナーの姿を模した長靴(ブーツ)にタイトなパンツ姿…。街中がこのファッションで埋まるとちょっとした緑化ブームになるのかなと勝手に想像してしまいましたhappy01

もう4年も我が家のベランダで冬越ししている”花手毬”(サントリーの商標)です。
冬前に短く刈り込んで日当たりのよい場所で水を控え目にして(肥料はやりません)休眠させていました。
ちょっと迷いましたが今年もプランター内の土を入れ替えてやりました。やはり沢山の花を咲かせて養分が消費されているでしょうから4月に元肥を混ぜた新しい土にしてやりました。
期待を裏切りませんでしたhappy01

たくさんの蕾を付けてこれから次から次と開花しそうですtulip
一斉に咲くのは週末まで待って欲しい。少しでも長く見たいからeye

ノウゼンカズラも今年3月、苦戦しながら植え替えしたら随分元気になりました。葉が以前と比べて随分大きいのです。ベランダの鉢で長生きさせるためにはやはりこまめな管理が必要なようですupじきに好きな薄紫色の花を咲かせることでしょうsign03

2008年4月23日 (水)

モッコウバラ2(ベランダガーデニング)

Img_5720 Img_5711 Img_5708 Img_5724

念願のモッコウバラの開花シーズンを迎えました。
昨年は僅かな数の花しか咲きませんでしたが、今年はアーチに絡むように咲いてくれましたhappy01
ただジーッと眺めているだけです。

今晩から荒れ模様の天候になるのが心配です。
ベランダ東側のクレマチスの花びらが散ってしまうのではないか?モッコウバラが乱れてしまうのではないかとcoldsweats02

2008年4月22日 (火)

ミニバラ(ベランダガーデニング)

Dsc00933 Dsc00934

ミニバラは寿命が3~5年と聞いていたので我が家のミニバラも昨年で終わりかなと思い、遅くまで花を付けた状態で楽しみました。
12月中ごろまで花を咲かせていたでしょうかsign02

ひょっとしてもう1年くらいは期待できるかなと年末に体力温存させるために短く剪定して様子を見ていたら、2月末だったでしょうかなんと新芽を出し始めました。
1年でも長く生き続けてくれることはこの上ない喜びですhappy01

今日、蕾を発見しましたeye
また小さな赤い花を見ることが出来ます。この時期はベランダに射し込む日光に当てるように場所を転々と変えてやっていますsun

2008年4月21日 (月)

オリーブ2(ベランダガーデニング)

Img_5633 Dsc00914

地味な我が家のオリーブを紹介します。
1年中緑葉を付けているのでその変化になかなか気づかないことが多いですcoldsweats01
気づくのはオリーブの枝が伸びてベランダの通路が狭くなった時くらいです。オリーブは四方八方好き勝手に枝を伸ばすので姿形よく剪定することが大切ですhairsalon

日常の管理は日に当て、乾燥気味に育てるくらいで冬も特に防寒対策はしていません(ここは氷点下に下がることは殆んど無いからです)
むしろ冬の寒さに多少当てないと新しい花芽が付きにくいとのことです。植物には寒さに当てないと花芽がつかないものがあるので早々と室内に取り込むと大変なことになりますcoldsweats02
昨年は1粒の実を付けたので今年はちょっと期待できそうですup

水遣りの間隔が長いので水切れをしないように注意が必要です。2週間に1度位の頻度で遣っています。

2008年4月20日 (日)

今日の作業(ベランダガーデニング)

Img_5626 Img_5643

今日は久しぶりに朝陽が射し込む”晴れ状態”だったので早速ベランダの作業を開始wrenchcancer

①やはり最初はクレマチスの誘引作業。高い所まで伸びていて大変なことになっていましたcoldsweats02
ハンギングに絡んでいる蔓をほどき、トレリスにビニタイで固縛したり、釣り用の糸を張って壁際に形よく誘引しました。
(ハンギングに絡ませていると台風時にハンギングの植物を下ろせないので日頃から注意しています)

②次は花柄摘みです。高い箇所のハンギングは下へ降ろして花柄摘み、姿形を整えています。ビオラの花柄摘みはかなりの作業ですが次々と咲いてくれるから苦にはなりませんrun

③最後は水遣り。2週間ぶりに液体肥料をやりました。昨日まで雨や曇天だったので湿度を嫌う植物は少しダメージを負ってしまいましたweep
スカビオサの根元の葉は灰色カビ病にやられてしまいました。早速取り除きです。葉が直接、土に接触しないように、そして水の跳ね返り防止としてウッドチップを周りに置いてやりました。
スイセンの花後の葉を切るのは球根の栄養分保存から好ましくないのですが他の植物の陰となるので適当に切りましたhairsalon

休日のベランダ作業で植物の健康状態を知ることができ、予防対策が早く出来ます。今年はまだ害虫が見当たりませんeye

クレマチスの1番花が開きました。一輪の花が咲くだけでも昨日とは違った雰囲気となりますtulip

2008年4月19日 (土)

ディアスシア2(ベランダガーデニング)

Img_5571 Img_5593

1ヶ月前に冬越ししたディアスシア(リトルダンサー)の防寒カバーを取り除いてやったばかりですがもう花を付け始めましたtulip
切り戻しをするタイミングを逸してしまったので乱れた姿になってしまいましたが、今は体力回復させてやるためにも自然に任せていますclover
花後の管理でしっかり切り戻しをしようと思っていますhairsalon

茎が長いので風に当たると折れてしまうのがちょっと残念です。
でもベランダでもしっかり育ち、花期も長いところがいいですね。その上、宿根草で毎年咲いてくれて、株分けも出来るのでお金をかけなくて済むのが何よりいいですcoldsweats01

Img_5612

Img_5614

独り言】
今朝は空気が澄んでいて遠く淡路島の南部まで肉眼で見渡せていました。こんなに視界がいいのは珍しいことですwave
この2,3日雨模様でしたが週末はガーデニング作業にいい天候になりそうですsun
昨日までは部屋の中からベランダを眺めていたのですが……rain

2008年4月18日 (金)

いろんな蕾(ベランダガーデニング)

Img_5542 Img_5546

Img_5547

Img_5544_2 神戸市営地下鉄沿線では「つつじ」の花がポツリ、ポツリと咲き始めましたtulip
主な駅周辺では綺麗に刈り込まれた形からピンクや白の花が顔を覗かせているのが車窓から見えるんです。来週末頃には見事な姿形になるのではないでしょうかsign02

我が家のベランダもいろんな植物が成育旺盛ですclover
見る見るうちに緑葉がトレリスやアーチを覆うようになりました。クレマチスモッコウバラは蕾を膨らませて明日にも1番花が咲きそうな勢いです。
花手毬も蕾の先端が赤みを帯びてきました。
ハツユキカズラも新芽を一気に出し始めました。
週末が楽しみですhappy01

2008年4月17日 (木)

スカビオサ3(ベランダガーデニング)

Img_5550 Img_5514

今日の天気予報では太平洋側ではかなりの荒れ模様とのことでした。折角ベランダが綺麗になりつつあるのに雨風で荒らされてしまうのだろうと気になりながら出勤しました。幸いにも大して影響はなかったようですcoldsweats01

スカビオサは約1ヶ月前に蕾が付いたので2週間もすれば花が咲くのかなと期待していましたがなかなか色づきませんでしたsandclock
やっと数日前に小さな筒状の紫色の筒が集まった花となり始めました。店先のスカビオサは既に咲き終わろうとしていますが本来の開花時期はこれからなんでしょうねsign02
蕾をたくさん付けているのでこれからが楽しみですeye

かなり根を張る感じで苗をいじってもビクともしません。もともと冷涼地帯で育つ植物だそうだからこれからの梅雨から夏にかけて管理に気をつけなくてはならないようですeye

2008年4月16日 (水)

姫りんご(ベランダガーデニング)

Img_5434 Img_5435

Img_5536 Img_5532_2

2ヶ月前に収穫を終え(と、言っても昨年6月から付いていた小さな一粒の実apple)丸裸になってしまった姫りんごですが今月になって新芽を出すや否や気が付くともう花を付けていました。
なんと早いものですbullettrain

日陰の場所しかないので姫りんごもかわいそうですが我慢してもらっています。今年は複数個の実が付いてくれないかな~notes
姫リンゴには特別な管理をしていません。今の活動期には他の花と同様に液体肥料を2週間に1度くらいに与えています。

受粉が必要なので毎年お世話になっている”蜜蜂”が近寄れるように、冬の間寒風対策として展張していたカンレイシャを取り除いておきましたrecycle

2008年4月15日 (火)

プリムラ・ブリコニカ2(ベランダガーデニング)

Img_5530 Img_5531

ちょっとダメージを負ったプリムラ・ブリコニカです。
3,4年目になるのでそろそろ植え替えした方がいいのですが、毎年カタツムリが現れるので可哀想に思い、そのまんまですsnail
(害虫と言えども、体長が1センチもない程小さなカタツムリなのです)

いつも冬越しが大変です。室内に取り込めばいいのですが他の植物で室内がいっぱいになるので外で我慢してもらっています(ビニール袋を被せての簡易防寒対策)
そのせいもあって春には少し傷んでしまいますweep

仲間のジュリアンに比べると地味ですが我が家のベランダの春を告げる植物なので大事に育てていますchick

2008年4月14日 (月)

ベルフラワー(ベランダガーデニング)

Img_5533 Img_5517 Img_5509 Img_5538

冬の間は鉢の中で小さく縮こまっていたブルフラワーも気温上昇が始まると一気に成長して鉢内ビッシリの状態になります。
昨年、株分けしたので今年はいいかな?
このベルフラワーはもう4年になります。半日陰のこの場所に置いてからは順調に育つようになりました。
日に当たるのはいいようですが雨に当たるとすぐに花が傷んで駄目ですねdanger
注意が必要です。

乾燥気味に育てる方がいいようです。肥料は活動期に2週間に1回くらいで液肥を与えています。冬にカイガラムシが住みつくことがあるから発見したら即、退治ですねpunch

2008年4月13日 (日)

モッコウバラ(ベランダガーデニング)

Img_5362

Img_5464

Img_5506 Dsc00904

念願のモッコウバラがアーチでそれらしい姿になって花を咲かせそうです。
まだまだ目標達成とまではいきませんが嬉しい姿ですgood

最初は白い花のモッコウバラに挑戦しましたがどうも成功に及ばないので、黄色はどうかなと思って挑戦したところどうにか花が付く段階まで達しましたhappy01

ベランダの西側に置いているのですが日照時間は午前中の3時間程度です。出来る限り陽に当ててやろうと外側に置いていますsun
肥料は活動期には液体肥料、追肥(粒剤)を適度にそして冬季に油粕を少量与えています。ベランダでは雨に当たらないので水遣りと葉水に気を遣っています。害虫・病気対策のために葉水は効果あるようです。勿論、害虫対策として粒剤を時々根元に散布していますdog
次は白にも再挑戦して白、黄色をアーチに絡ませてみたいと思っていますclover

昨年はこの時期アブラムシが発生して新芽を襲われそうになりましたが、今年は早めのオルトラン粒剤散布の効果があったのかまだ害虫にお目にかかっていません。
やはり予防の成果かも知れませんpunch

2008年4月12日 (土)

エリゲロン(ベランダガーデニング)

Img_5423 Img_5444Img_5438

丁度1年前に購入してハンギングで楽しんでいるエリゲロンプロフュージョンです。
耐寒性があるとの説明書きと小菊のようなかわいい花がベランダに似合うだろうと昨年から挑戦中です。
昨年の冬は寒さが厳しかった影響もあるのか地上部がほとんど枯れてしまいましたが、3月下旬の頃から急に芽を出し、蕾まで付けました。
このハラハラドキドキ感のあとに新芽を発見したときの喜びがベランダガーデニングでの宿根草を育てる醍醐味ですcoldsweats01

去年買ったときには花が数個咲いていましたが出荷前に室内で育てられていたからでしょうね?

エリゲロンプロフュージョンは乾燥気味に育てた方がいいようです。昨年夏、風通しが悪い状態になると弱ってしまいましたweep
ここらがベランダで育てることが難しいところでしょうかsign02
1年間育てることが出来たのでまずは成功!
花も小さくまとまっていて我が家のベランダに適合ですok

グレゴマが昨年と同じ日に蕾をつけましたeyeglass
小さな花なので見逃しがちですがクレマチスの蔓の誘引作業中に発見ですscissors

2008年4月11日 (金)

カサブランカ(ベランダガーデニング)

Img_5420 昨年10月末頃に水仙、クロッカス、チューリップと共に球根を植えつけたカサブランカがここ数日の温暖な気候を察知してか突如、芽を出しました。いや出していましたbud
朝水遣りした時はまだ何の変化もなかったのですが、怪獣のように午後現れていましたpig

長い間、表面に現れないので誤って他の植物を植えてはいけないと思い、球根を植付ける時に支柱を立てていました。半年近くも姿を現さないとやはり地中でどのようになっているのか気がかりです。でももうそんな心配は無用ですchick

あとは女王のような豪華な花とゴージャスな香りを漂わせてくれる5月?6月を強風に襲われないことを願いつつ待つだけですhappy01

隣では同様に寒い冬を乗り越えたスカビオサが紫色の花を付け始めてカサブランカの成長を見守っているようですbud

2008年4月10日 (木)

多肉植物(ベランダガーデニング)

Img_5297Img_5260この時期は植物が元気で、クレマチスなど1日で数十センチも蔓を伸ばして周辺のものに絡むので週末は大変ですwobbly

チューリップなどの花も鮮やかに咲いているのを主張するものだからマイペースな多肉植物には目が向く筈はありません。
でも落ち着いてじっと見つめてみるといろんな発見もありますclover
健康状態をチェックしながら観察を楽しんでいますeye

2008年4月 9日 (水)

バコパ(ベランダガーデニング)

Img_5388

Img_5390

Img_5414

今日は通勤途上でピカピカの 1年生の姿が目に付きましたwatch
不安なこともあるでしょうが元気に通学している姿を見ると新鮮な気持ちになれますclover

昨年11月末にサルビア、ビオラ、シクラメンと寄せ植えしたバコパです。
どちらかと言うとサルビアの脇役として植えたのですがその役割を年末に終え、今は伸び伸びと自分の領域を広げていっているようですrun

最近は薄い色が付いたものが出回るようになったので、初めて薄い青色のものを育ててみました。ベランダに合うかなeye

バコパは背が低くほふく性なので風の強いベランダでも育ち、また立体感をつけたいときに好都合な植物なので毎年活用していますscissors

特に寒い冬で花が少ない期間にかわいらしい白い花は貴重です。毎年苗を購入して土表面が現れている箇所に植えつけていますclover

2008年4月 8日 (火)

ブルーベリー(ベランダガーデニング)

Img_5415 Img_5416

Img_5377_2 Img_5378

ブルーベリーに花蕾がつくのは早いですねclover
つい先日落葉したかと思うとひと月もしないうちに新芽を覗かせています。
そして今度は花があっという間ですeye
よーく観察していないと変化についていけませんrun
(姫林檎もおんなじですね!)

そのうち8階のベランダにも蜜蜂がやってきてくれて交配の手伝いをしてくれることでしょうsign01
高所だからか蜜蜂がこれないかなと心配していましたが、毎年この時期からキュウリやゴーヤの花が咲き終わるころまでの数ヶ月間にわざわざやってきてくれる頼もしい蜜蜂がいるんですhappy01
ご苦労様です。驚かさないように静観していますeye

2008年4月 7日 (月)

アリッサム(ベランダガーデニング)

Img_5334 Img_5335

昨年10月末に植え付けた「アリッサム」がやっと満開ですtulip
年末に2,3の房に花が付いたものだからそのまま満開になるのかなと心弾んだのですが、同じ状態が続いていましたweep
やはり開花のためには微妙な条件があるのでしょうねsign02

白い小花は一段とベランダを明るくしてくれますshine

今年は高温多湿に弱いアリッサムの夏越しが目標のひとつです。早めに切り戻しをして対策をしようと思っています(昨年の失敗を二度繰り返さないぞ~)

Img_5397 Img_5392 【独り言】昨日、車で20分程度の所にある明石公園に桜を見に出かけてみましたcherryblossom
7分咲きといったところでしょうか?でもさすがに桜です。青空をバックにその見事な花はやはり独特なものがあります。
たくさんの家族が木の下で弁当を広げ、休日の昼を楽しんでいました。
和やかな雰囲気はいいものですspa
残念ながら今日は雨となってしまいました。気になる桜が散るほどではありませんでしたcat

2008年4月 6日 (日)

バーベナ2(ベランダガーデニング)

Img_5357 Img_5358 Img_5359 Img_5356

背があまり高くならないことからバーベナをコニファーのグランドカバーとしてヘデラの後継者として今年初めに薄紫色とオレンジ色を植え付けました。活着していよいよ活動開始のようですclover
たくさんの蕾を付けて順番待ちのようですdog

バーベナは乾燥気味に日当たりいい場所で育てた方がスクスク元気なようです。土の表面が白くなってから水を遣るくらいですねsweat02
横に広がるので苗の間隔にも注意ですねdanger

チューリップは一旦開花すると毎日開いたり、閉じたりその姿形を楽しませてくれますsun

2008年4月 5日 (土)

今日の作業(ベランダガーデニング)

Img_5345 Img_5319 今日はガーデニング日和!
朝からクレマチスの誘引作業です。数日間の間に周りのツルニチニチソウやハンギングのメネシアに触手を伸ばしていましたfoot
ほっておくと、その後がとんでもないことになります。ハンギング等は台風襲来のときには下ろすので蔓が絡んでいると切除しなくてなりませんcoldsweats02
そうならないためにも事前対策ですdanger

その後は久しぶり植物に”活力剤”を与えてやりました。窒素分控え目の栄養剤です。花に元気が出るようです。ベランダの掃除をして本日の作業終了ですcafe

2008年4月 4日 (金)

クリスマスローズ4(ベランダガーデニング)

Img_5315_2 Img_5261

Img_5313神戸の桜が満開になってきましたcherryblossom
出勤前にパチリッとシャッターを押しておきました。前の中学校の校門の桜です(最後の写真)
入学式までもって新入生を迎えられるといいのですが週末の天気がちょっと心配です。

最近はベランダの植物の生育が旺盛なものだから、ちょっと目立たない所に置いているクリスマスローズを観察することを忘れていましたcoldsweats02
最初の花が咲くまではまだかまだかと毎日のように覗き込んでいたのですが、いつの間にか6,7個の花が咲いていました。うつむき加減に咲くクリスマスローズの控え目な姿は何とも言えませんok

昨年は種子を採取して蒔いてみたのですが芽を出すことはありませんでした。どうも芽を出すまで相当長い期間を要するようです。諦めるのが早かったようですgawk

2008年4月 3日 (木)

クレマチス(ベランダガーデニング)

Img_5305 Img_5306 ベランダ東側に植えているクレマチスが生育旺盛ですbud
日ごとに姿が変わるほどです。1日目を離すと周りの植物にしっかり絡んでいます。
蔓が折れないようにしっかりと両手を伸ばして自身で固定する術をなす蔓性植物クレマチス特有の怪しい動きですeye
昨年に比べると随分たくさんの蕾を付けるようですscissors
毎日が楽しみです。

2008年4月 2日 (水)

チューリップ2(ベランダガーデニング)

Img_5301 Img_5303 

鉢の中にびっしり球根を植付けたチューリップが本格的な開花時期となりました。
今年のチューリップは大きい花が咲きました。球根を購入するときに丸くて大きいそして重いものを選んだのと土壌管理に注意したからでしょうかsign02
チューリップは花期が短いので移動できる鉢に植えて花後はベランダから移動させています。少しでもベランダを生き生きさせるために常駐できるのは花期が長いものか宿根草を選定して置いていますtulip

ムスカリも色づき開花本番です。球根を掘り起こさずにしていると葉が異状に生育して花芽を出すのが遅いようですcoldsweats01
しかし、そんなことは関係ありません。元気な花が咲いてくれればそれだけで私には十分ですscissors

傍ではクレマチスが新芽を伸ばしています。

2008年4月 1日 (火)

春の陽射し(ベランダガーデニング)

Img_5287 Img_5286 この時期にベランダに射し込む光は角度があっていろんな変化をもたらせてくれるsun
光の当たり方によって同じ植物も違ったように見えることがありますeye
このような楽しみ方が出来るのもベランダならではないでしょうかscissors
冬の間は壁際にある植物は陰となって日が当たらなかったのですが太陽が高くなるにつれ陽を浴びることが出来るようになりました。
こうなると成長速度も見違えるようになります。ベルフラワーも今にも小さな蕾を付け始めようとしているようです。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »