« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

木立ベゴニア(ベランダガーデニング)

Dsc00815 Dsc00816

シャンデリアのように房状に花をつける木立性ベゴニアに今年最初の花が付きました。
冬の間は室内で育てていますが春になってベランダに出してやると新しい葉を付け始め、一気に生長します。
あまり大きくなると困るので毎年ベランダに出して少しなじんだ頃に茎を切り詰めています(葉がまだ出ていないので殆んど棒状の姿になってしまいます。新葉が出ている上の部分で切り戻せば大丈夫!coldsweats01
それが2ヶ月もすると画像のような斑点を付けた葉とオレンジ色の花を付け始めます(他には赤や白もあるそうです)。これからどんどん房状に花を増していきますtulip

病気や害虫に襲われることもなく、もう7,8年間くらい我が家で育っています。4年前に1度植え替えをしたやりました。水を控え目にする程度とベランダでは日陰の所に置くくらいの注意で十分育つ植物のようですgood

【独り言】
昨日の朝刊の片隅にレイモン・ルフェーブルさんの訃報が報じられていました。「シバの女王」など数々のイージーリスニングのヒッド曲が世の中にステレオが出始めた頃に流れたものですwink

貧乏学生だったころにアルバイトなど苦労して貯めた小遣いでLP版を買った方もおられると思います。
これらの曲を聴くときっと当時の思い出がよみがえってくるのではsign02
たまには落ち着いた曲を聴いてみましょうかnotes

2008年6月29日 (日)

スパティフィラム2(ベランダガーデニング)

Img_6609_2  昨夜の強風と雨でベランダが少し汚れてしまいましたwobbly
昨日に続いて、観葉・多肉植物です。
室内に置いているスパティフィラムは既に花を咲かせていたのですが、株分けして増えたスパティフィラムは春から秋まではベランダの日陰に置いて育てています。
そのスパティフィラムが次々と白い花を付け始めました。

根の成育がいいのでしょうか鉢内ビッシリになってしまいます。2年に1度くらいで株分けして根腐れを防いでいます。

水遣りは基本の”土表面が乾いたらたっぷり”で肥料は1月に1度くらいの頻度でやっています。水の遣りすぎで根腐れを起こす場合があるようです。

Img_6608 Img_6607 多肉植物の「十二単」は怪しげな花茎を伸ばしていましたeye
多肉植物の花は小さいので見逃すことが多いです。今回はしっかり観察してみたいです。

2008年6月28日 (土)

子宝草(ベランダガーデニング)

Img_6605 Img_6604

Img_6606

梅雨のこの時期はアジサイが似合うのか他の植物が遠慮がちのようだ。パッと明るさを放つ花がベランダにありません。単発の時計草やハイビスカスが灯りを燈してくれる程度です。

スパティフィラムやサンスベリアなどの観葉植物や多肉植物が存在感をアピールする季節かもしれません?
子宝草が子孫を残す時期でもあります。
乾燥気味に管理するだけで葉の周囲全体に子を付け自然に産み落としていくといったその面白い過程を楽しむことができます。
水遣りを少々忘れていても元気だし、肥料も必要ないようです。冬の寒さが苦手なので室内へ取り込む程度の注意で大丈夫な植物のようです。

【独り言】
今日、マイカーを車検場へ持っていきましたがその様子にビックリしました。大手販売店のHクリオ店の車検専用場ですがとっても清潔感あふれる場でその検査工程を3名が1クルーでインカム付けてテキパキとチェックする工程をまさにショー的に見せてくれるのです。
カメラ付きなので客が近づけない箇所のチェックはマイクロカメラがライブでその様子を見せてくれるのです。

動的なブレーキバランスやスピードメーターの精度などもその数値をそれぞれ許容値に入っているるかどうかもきちんと説明、その作業の早さにもビックリしてしまいましたeye

不確かな費用を請求される今の時代、明朗会計、納得いく費用説明はとても気持ちいいものでした。
リピーターを獲得する戦略でしょうが、まさにはまってしまう車検ショーでした。

2008年6月26日 (木)

思わぬクレマチスの開花(ベランダガーデニング)

Img_6532 Img_6535

ベランダ東側で1ヶ月前に一斉に咲いた紫色のクレマチスですが、あれから随分日が経った先日ベランダから逃げ出すように咲いていました。
いいですね、思いがけずに花が咲くなんてeye

実はクレマチスの剪定をどうしようかと迷っているんです。
ベランダ改修工事に合わせて秋に強剪定してどこかへ引越しさせようかなと思っているんですが…。
折角、ベランダで育てるコツが分かってきて蔓も大きく生長してきただけに枯らすことのないように引越し先他、管理についていろいろと検討しています。

2008年6月25日 (水)

めだか(ベランダガーデニング)

Img_6578

Img_6584

先日、昨年誕生しためだかを親めだかがいる鉢に入れてやりました。追われたり食べられてしまうのではないかと心配しましたが、仲良く生活しているように見えますpisces

生存競争の厳しい環境でしょうが仲良く生き続けて欲しいので餌も全てのめだかがたべるれるように水面全体にまいてやっていますwink

【独り言】
”エコファッション”の時期はいつも首相のエコファッション姿がニュースなどで取り上げられていましたが、今年は何故かスーツ&ネクタイ姿であるという記事が朝刊にありましたeye
今夕のタクシー接待の取巻き会見もそうでしたsweat02首相は寒がりか?まだネクタイを取る程の暑さではないからきちっとしておきたいのか?と添えられていました。
国民総ぐるみみで環境破壊防止、エネルギー消費抑制…とやらに取り組もうなんてそれぞれの首長が声を上げていますが、実は国民は踊らされているだけかもしれないと思ってしまいますcoldsweats02
まとまる時はまとまろうではありませんかpunch
そもそも徹夜までして国会をするなんて無駄そのものではないでしょうか?待機する省庁の莫大の職員の手当てが必要であろうし、タクシー代もままならぬ……

まとまりがないといえば地震ニュースの土砂ダム?土砂崩れダム?天然湖?せき止め湖?…
マスコミそれぞれにもこだわりがあるでしょうが新潟県中越大震災でも深刻な状態になったのだから適切な言葉に統一させてはどうでしょうか?
そのうち再び被災者の気持ちを踏みにじったような”自然湖”を使うような失態を起こさぬためにも一考が必要なのではないでしょうかね?
長い【独り言】をお許しください。

2008年6月24日 (火)

ハイビスカス(ベランダガーデニング)

Img_6587

Img_6589

Img_6596 Img_6598

ハイビスカスが今年は早くから咲いてくれました。
昨日、今日と一輪ずつ咲いてくれました。見事な花が”1日花”とはなんともったいない!しかも勤めをしているとその姿をみることが出来るのは数分程度ですweep
もっとじっくり観察したいのですが……。

実は昨年は9月から咲き始めて晩秋の頃まで咲き続けてくれました。

今年も植え替えしてやろうとと思っていたのですが、タイミングを逸してしまいましたthink
ベランダで育てるのでスペース的に余裕がなく植え替えしても鉢の号数は同じにしていかにコンパクトに育てるかを挑戦しています。そのため例年、花後に思いっきり切り戻しをしています。

ハイビスカスは夏に強いイメージがありますが灼熱の直射日光に当てると弱ってしまうようですよdanger

今年はこれから咲いて、夏をうまく乗り越せば切り戻ししてやると秋にもう一度開花が期待できるかもしれませんsign02

2008年6月23日 (月)

セダム2(ベランダガーデニング)

Img_6456 Img_6457 6月初旬に花らしきものがついていると投稿したセダムですが、本当に花でしたtulip
黄色の小さな星状の花でした。

その時ははまだつぼみだったんですね。初めての出来事なのでどのように生長するのか全く分かりませんでしたcoldsweats01
よく観察しておいて来年に活かすだけですね。それにしても星屑のような花なんですねshine

2008年6月22日 (日)

時計草3(ベランダガーデニング)

Img_6540 Img_6576

Img_6553

梅雨時は植物も日照時間が不足したり、風通しが悪くなって病気になったり、害虫に襲われたりで厳しい状態のようです。
せめて風通しをよくしてやろうと、重なった葉や傷んだ下葉の除去をしたり土を掘り起こしたりして植物をかわいがっています。
傷んだ葉から黒カビ病が伝染することもあるので要注意ですeye
植物の健康状態を見る上でも傷んだ箇所の除去作業は有効と思って時々行っていますhairsalon

そんな作業を終えた昼前にリビングに入ろうとして足元をふと見ると、一般のブルー系と紫色の時計草がひとつずつ開花していましたtulip
1日花ですが蔓に沿って日替わりで咲いてくれるので助かります。何度見ても好きな花の一つですhappy01



【余談】
昨日、きゅうりについて投稿しましたが今朝の民放TVで「きゅうりの科学」を放送していましたのでその内容の一部を。
①きゅうりの実は半日で約2.5㎝伸びる。
②市場に出回る大きさはM21~22.4㎝、L22.5~23.9㎝のものが最も多い。
 従って、生産者も市場性に適合させるために、その寸法に合わせるために1日に2回摘み取る作業をしている。
③きゅうりが曲がるのは水、日照、肥料、障害物の有無他環境に左右されるとのこと。
 (早くから細胞数が決まり、後はその細胞が栄養の奪い合いをして生長の速い部分と遅い部分ができるので変形するとのこと)
 市場では曲がりが1.5㎝以内、3㎝以内、5㎝…と規格があって値も決まる。
④摘み取らずにほっておくと40㎝、1㎏以上にも生長するらしいですeye

そして、きゅうりの料理はほとんど”生”でそのシャキシャキ感を味わっているそうです。
生産の多い中国やトルコ料理(ジャジュク)では熱を加えた料理でも楽しまれているそうです。ちなみにシャキシャキ感を失わないようにするには加熱時間を1分以内にすることがコツだそうですscissors

2008年6月21日 (土)

ミニ菜園の収穫(ベランダガーデニング)

Img_6511 Img_6512

Img_6516

Img_6517

今年初の実が付いたきゅうりと甘長獅子唐です。
勤めがある平日はほとんど観察できない東側のベランダで育てているのですが、週末は害虫チェックと水遣りをしています。

きゅうりがこんなに生長しているとは思いもしませんでした。背丈までの高さで先端を切ってやる方がいいのでしょうが、もう少し様子見してみなす。
ゴーヤも白い花を付けているのでそのうちいぼいぼの実を付けてくれることでしょう?

甘長獅子唐の新葉でアブラムシを発見eye
人よりも先に食べてしまうとは不届きもの!と早速古いハサミを使ってアブラムシを退治です。でも視力が落ちたせいかアブラムシの逃げ足についていけませんbearing
次の武器は古い歯ブラシです。葉の表裏、茎の部分をこすってアブラムシを地上に落として退治ですpunch

梅雨時は害虫に襲われたり、病気に要注意ですねdanger
早目の対策が大事ですねdog

2008年6月20日 (金)

サフィニア2(ベランダガーデニング)

Img_6505 Img_6507 例年以上に思い切って切り戻ししたサフィニアが一部満開状態となってきました。
パープルミニなんですが夏の間、私にとって最も元気をくれる花なんです。花がら摘みするときも「ありがとう」と言いたくなるくらいの花なんですhappy01

昨年は苗の購入が遅れたせいでいい苗を手に入れることが出来ず残念でしたが、今年はかなりうまく成育できそうな感じがしますscissors


【独り言】
最近、カリカリすることが多いのは私だけでしょうか?
カルシュウム不足やらビタミン不足…?程度のものではないと思うんですpout

ガソリン代は上がったまま!イカ釣り漁船も出られないほどの現状なんです。
一旦国会で勝ち取れば”暫定”ながらもそのまま税金を道路財源に使ってしまうのはいかがなものでしょう?
ガソリンが高くなって庶民は車に乗れなくなったのに新しい道路なんて必要かな?
もっとバランスよく有効に使って欲しいです。

こんなに国民が苦しんでいるのなら”暫定”を元に戻してガソリン代を下げ、せめて車を有効活用(買い物)できる生活くらいさせてよ~rvcar

こんな世の中なのにタクシー接待、官製談合、埋蔵金やら裏金、ネコババ……莫大なお金を気にせず好きなように使える人ってどんな人だろう???
そのお金は国民が汗して働いてやっと得たお金なんですよ!

こんな気持ちは私だけ??

2008年6月19日 (木)

ブライダルベール3(ベランダガーデニング)

Img_6486 Img_6488 やっとパソコンの修理が終わりました。データも無事でホッとしていますhappy01
投稿休止時に訪問してくださった方、本当にありがとうございました。

温度と日照時間が合えば1年中咲くと言われていますブライダルベールです。アーチに絡んで咲いていたモッコウバラクレマチスは開花期間をほぼ終えてしまいましたが、ブライダルベールは朝陽と共に花びらを開き、夕暮れ時になるとまん丸に縮こまってお休みモードになることをもう1ヶ月以上繰り返しています。清楚な姿が何とも言えません。

これから暑い夏の期間も今度はサフィニアやブリエッタと共にアーチ周りを明るくしてくれることを期待しているんです。

2008年6月11日 (水)

ベランダの花日記(しばらく休止します)

パソコンが壊れてしまいましたので当分の間(約2週間?)お休みさせていただきますweep

訪問してくださっている方、ありがとうございます。
復旧したらまた平凡な記事ですが投稿する予定ですのでよろしくお願いします。

2008年6月 9日 (月)

多肉植物(ベランダガーデニング)

Img_6397 春や初夏の花が勢いよく咲くこの時期は地味な多肉植物観葉植物にはどうしても目が届きません。
可愛い花を咲かせていても目立たないせいか観察することを忘れていますcoldsweats02

クレマチス、モッコウバラ、ビオラなどが咲き終わって、少し落ち着いた緑葉の状態になったベランダで一息つくと、スパティフィラムや多肉植物が目に入りました。
既に小さな花は終わってしまったようですが存在をアピールしているようでしたeye

2008年6月 8日 (日)

きゅうり(ベランダガーデニング)

Img_6453 Img_6462

今年最初のきゅうりが実りました。それとなくきゅうりの形を認識できる程度ですがこれから立派な大きさになってくれるでしょう?

今はゴーヤと共に朝陽を遮るようにネット全面に這うようにに誘引しているのですが、風のいたずらかネットから逃げようと勝手な方向に伸びてしまいます。
週末の作業のひとつはこの強制誘引です。既に予定外の場所に蔓を巻きつけている時は作業が大変ですbearing

2008年6月 7日 (土)

サフィニア(ベランダガーデニング)

Img_6440

Img_6449

植えつけて1ヶ月が経った
夏の花、サフィニアが咲き始めましたhappy01

当分の間は花を見る楽しみも我慢して(花や蕾を切り落とす瞬間は複雑な気持ちになりますsad)、切り戻しを繰り返してきましたが姿形も整ってきたので先週は様子見していましたeye
そうすると週末に一気に蕾を増やして開花してきました。

単純な花ですが、暑い夏にエネルギーをくれるので毎年植えています。
夏はこの花から元気をもらっていますrun

灼熱を好む花なのでベランダで最も日が当たる場所に置いています。今週は曇天が続く予報なのでちょっと可哀想な気がします。
これからは1日おきの水遣りと2週間に1度くらいの肥料与えでプランターからこぼれんばかりに成長してくれることでしょうtulip

ベランダも段々と夏バージョンに模様替えですsun

2008年6月 6日 (金)

甘長獅子唐に花が。

Img_6423 5月連休に植えつけた”甘長獅子唐”に1番花が付きました。下向きですが白い小さな花が咲いていました。
昨年はたくさんの実をつけて何度かビールのお供をしてくれました。
100円もしない苗からこのような産物が出来るなんて驚きです。
例年花を付けると蜂がやってくるのですが今年は見かけません。どうしたんだろう?ひょっとして毎年同じ蜂がやってきていたのだが、事故に遭ったのかもsign02

そろそろHPも更新しようと花の写真を整理していますが忙しくてなかなか作業が進みませんsad

2008年6月 5日 (木)

スパティフィラム(ベランダガーデニング)

Img_6434 ベランダの花ばかりに目がいっているので嫉妬してるのか、リビングに置いているスパティフィラムが咲いていることをアピールしていました。
つやのある細長い葉とスラッと長い花茎の先の清楚な白い花の組み合わせが落ち着きをもたらせてくれるので好きな花のひとつです。
肥料を全く与えてないせいでしょうね、小さめの花のようです。

ガーデニングを始めた頃は確かスパティフィラムやベンジャミン、カネノナルキ、ポトスなどの観葉植物を育てたと思います。それらは株分けして家の中、外で元気よく育っています。スパティフィラムは6鉢にもなりますbud

育てやすく家の中を明るく、そして落ち着かせてくれるのでこれからも株分けしながらお付き合いです。

2008年6月 4日 (水)

セダム(ベランダガーデニング)

Img_6371 Img_6372 昨年秋にブリキ製やかん(ジョーロとは呼べないでしょうね)に植えてみた「セダム」がやかんから飛び出して好き勝手な方向で勢力争いをやっているようです。
ある種のセダムは花らしきものを付けているようです。

【独り言】
今日の朝刊の記事に陸上100メートル走で世界記録を出したジャマイカのウサイン・ボルト選手(21歳)のことが掲載されていました。
白いシャツが走っている間、風をはらんでずっとヒラヒラしていて実に心地よさそうに見えたとのことです。
最近はどのスポーツも体にピッタリの凹凸が鮮明に分かるウェアを着用している選手が殆んどです。抵抗を少なくする理論は分かりますがそこまでするかどうかは……bearing
せめて選手の選択の自由にさせてあげて欲しいです。
何だか近年は微視的な所ばかりが着目されていてマクロな目で見ることを忘れているような気がします。
宇宙から地球を見つめるくらいの気持ちのゆとりが欲しいですhappy01

2008年6月 3日 (火)

梅雨入りですが……

Img_6428 Img_6432

早目の梅雨入りとなりましたrain
今朝はまさに梅雨空を象徴する空模様でした。出勤というのにちょと憂鬱気分で朝食を食べているとふと目に入ってくるものがありましたtulip
全く予想もしてない箇所に花が咲いていたのです。しかも好きなクレマチスが!
ベランダ東側では既に白色とブルーのクレマチスが賑やかに咲いて散ってしまったのでクレマチスは終わったものと思っていました。
それが、……。この色のクレマチスを最近こちらの壁際に植えた記憶が無いのでビックリですeye
(きっと、以前植えたものの失敗したものと諦めていた苗が成長したのでしょうup

小さな花ですが思わぬところで咲いてくれるのは嬉しいですねsign03
同じようなクレマチスがベランダ西側でも今開花期を迎えているんです。

梅雨の暗いイメージが一気に晴れました。

2008年6月 2日 (月)

花オクラ(ベランダガーデニング)

Img_6349 Img_6348 友人から頂いた花オクラの種子から芽が出てきましたbud
5月20日に3日間水に浸していた種子をプランター内に植えたのですが、21日夕帰宅後様子を覗き込むと土表面が盛り上がっており、もしや?と期待して翌朝起きて真っ先に行ってみるとやはり”芽”でした。
みるみるうちに双葉が開き、まさに”花オクラ”誕生ですbud

それから1週間が経過した先週末にはしっかりとした双葉になっていました。
そろそろ間引いて独立させてあげようかなと迷いつつも、結局あと1週間待つことにしましたcoldsweats01

Img_6420 初めて育てる”花オクラ”なのでちょっと迷います。種子を送ってくれた方が「育て方」のWebアドレスをわざわざメールで添付して連絡してくださったので大方それに従ってみようと思い、Webを開いてみたのですがそれには間引かずに育ててみたとあるのです。
(間引かずともしっかり育ったようです)

花オクラは1.5m以上の高さにも成長するので狭いベランダの何処で育てるかがこれからの課題ですeye

Img_6424 【独り言】
月曜日の今朝、孔雀サボテンの次の花が咲いていました。寿命の短い花(昨日の花は結局、2日間咲いていただけでした)なのに昼間は見ることが出来ず非常に残念です。

2008年6月 1日 (日)

孔雀サボテン(ベランダガーデニング)

Img_6411 Img_6409

Img_6406

毎年、6月上旬に見事な花を咲かせてくれる孔雀サボテン
今年も忘れることなく昨夜、プレゼントですtulip
この時期はベランダも春の花、ビオラやモッコウバラが開花を終えてちょっぴり明るさに欠けるのですが、思いがけずに豪華な花を咲かせてくれる孔雀サボテンは私には嬉しい”戴き物present”なんです。

孔雀サボテンは強健で手間がかからず育てるのも難しくないので日頃あまり近寄らない東側ベランダに置いています(あまり管理しないので”置いている”のが実態)。
この場所は朝陽が当たる程度なので半日陰を好む孔雀サボテンにとっては好環境なんです。風通しもいいし、冬の北風もあまり当たりません。冬季の寒い時期には部屋内に取り込んだ方がいいのでしょうが家が狭いので外でビニール袋で我慢してもらっています(冬季は休眠状態なので袋にくるんで水もほとんどやりません)
孔雀サボテンは水の遣り過ぎで腐ってしまうのでむしろ殆んど遣らなくて(軒下で雨がかかる程度)いいようです。
そんな手のかからない植物でありながら見事な花をプレゼントしてくれるなんて……happy01

数年前の台風23号で大打撃を受けた孔雀サボテンですが徐々に回復してきて昨年まで白、紅色が交互に咲いてくれましたが今年は4つの蕾があるので紅白両方咲いてくれないかなnight

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ