« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

水仙の芽(ベランダガーデニング)

Img_7504

Img_7505

花後も掘り起こさずに植えっぱなしの水仙が去年と同じ日に芽を出しましたbud
不思議ですね、毎年同じ頃に芽を出すなんて。
植物は気温変化などを敏感に察知して活動するとは聞きますが、精度が高いですね。
我が家のベランダではムスカリが芽を出して1ヶ月後に水仙が芽を出します。

水仙は窒素分肥料を控えた方がいいとのことです。窒素は葉の生長を促す要素なので与え過ぎると葉ばかりになってしまいますweep

Img_7502 Img_7515

今朝、ハイビスが開花しそうなので出勤までには開くだろうと待ってましたが、とうとう間に合わず蕾状態でシャッターを押しておきました。
帰宅してみると今回もまだ開いた状態で待っていてくれました。
僅かな時間でもいいですね。本当に開いている姿を見ることが出来るのはeye
暗闇の写真は難しいです。構図が全く分からずシャッターを押してみて、あとは運まかせですcoldsweats01

2008年10月30日 (木)

ポトス(ベランダガーデニング)

Img_7499

Img_7501

ベランダが寂しくなってきたので今日は室内の植物を投稿してみました。
ガーデニングを始めた約20年前から付き合っているポトスです。親苗は今も元気に冷蔵庫の上でデンと構えています(20年近く生き続けていますhappy01
ポトスの寿命はどれくらいなのでしょうか?ご存知の方は教えてください)

延びてくると切り取って水コップにさし発根してから鉢に植えています。
ポトスは日陰でも育つので玄関などに飾って室内の緑を増やしています。でも日陰だと斑入りとなりにくいようです。(斑入りにするには明るい場所に置いた方がいいようです)

肥料は液体アンプルを時々与える程度です。水は乾いたらタップリです。室内だから1週間に1回程度です。3,4年に1度植え替えをしています。
ポトスよ!もっともっと長生きしてくれよjapanesetea

2008年10月29日 (水)

木立性ベゴニア(ベランダガーデニング)

Img_7479 Img_7487

Img_2198

花後に葉が成育して頭が重そうになったので木立性ベゴニアを切り戻ししてやることにしました。
通常は春先に室外に出して活動を始める頃に切り戻しをしていたのですが、今の時期に節から赤い新芽を覗かせているので大丈夫だろうと判断して試みてみましたchick
さて、結果はいかにsign02
これから大規模改修工事が始まるので、あるものは処分せざるを得ないし、思い切って切り戻しをせざる得ない植物もあるので大胆に挑戦ですcoldsweats02

2008年10月28日 (火)

多年性ネメシア(ベランダガーデニング)

Img_7474

Img_7477 1 年草よりも少し割高ですが丈夫なので多年性のネメシアを楽しんでいます。
冬越しできて1年中楽しめます。

雨にかかったり湿度が高過ぎると萎えてしまうので軒下で育てる必要があるます。このような花はベランダガーデニングに好都合の品種ですね。

とにかく日光に当てることですね。日当たりが不十分だとひ弱な茎となって姿が見苦しくなってきます(そんなときは刈り込んで日当たりの良い場所へ移動するといいようです)
乾燥気味に育て、乾いたらタップリの水が基本のようです。ディアスシアと育て方は同じでいいようです。開花期は緩効性の追肥を与えてやります。(植えつけるときには勿論、元肥を混ぜてやった方が元気な苗となります。)

ディアスシア同様、風があるベランダではその姿を整えることが難しい植物のようです。

これからの冬は寒風対策として夜間ビニル袋を被せています。蒸れると黒カビが発生するので朝は袋の口を開けて外気を入れてやります。
ここ神戸ではネメシア、ディアスシア共この程度の対策で冬越しが出来るようです。ディアスシアはもう数年間生き続けています。

2008年10月27日 (月)

ディアスシア2(ベランダガーデニング)

Img_7473 Img_7478

先々週に一輪だけ咲いたディアスシア(リトルダンサー)は日に日に数を増してきましたtulip
ちょっと年取ったリトルダンサーですが秋風に揺れて目を楽しませてくれますdog

その存在をアピールするほどの派手さは無い花ですが毎年春先から晩秋までユラユラする姿を楽しむことが出来る植物です。

例年だとこの時期にはビオラパンジー、ガーデンシクラメンなどを植え付けるのでどうしてもそちらに目がいってしまいディアスシアの存在を忘れがちになっていました。
今年は冬の苗が植えられないのでゆっくりディアスシアを楽しめそうです。
こまめに管理しておかないと姿が乱れたり、風通しの悪い箇所が黒かび病になったり傷んだりします。

ディアスシアの活動にライバル意識を燃やすのかネメシアが咲き始めました。

Img_7496 【独り言】
「11月から神戸市のゴミ収集が変わります」
市報や市営地下鉄でさかんに広報されています。

我が地域は今日が今月最後の大型ゴミ収集とあって日曜日の昨日は家庭からものすごい「ゴミ」が搬出されていました。

一方では朝、遠くを見ると山から猛煙が上がっていました。ヘリコプターで消火している様子であるが何時間経っても煙は衰えない。山火事だろうか?
今朝、分かったのですが神戸市のゴミ処分場で粗大ゴミが17時間燃えたらしい。
収集有料化に合わせて駆け込みで昨年10月の4倍のゴミが収集されていたとか。

その記事で釈然としないのが火災の原因については全く触れられていないこと。
通常の記事だと「火の気が無いところから…」とか記者が予想して書かれているのですが、燃えた物が「ゴミ」だから損害ないので原因はどうでもよいのだろうか?
奇妙な記事に思えたのは私だけでしょうかsign02

2008年10月26日 (日)

クレマチスの刈り取り(ベランダガーデニング)

Img_7481 Img_7485 

Img_7482

H2053 ベランダの東側壁際で育てているクレマチスもその移動の準備のために刈り取りですcoldsweats01
トレリスいっぱいに広がって天井まで届いているクレマチスですがとうとうこの日がやってきました。

最初に剪定高さを決め、上下の縁切りから始めました。茎が折れやすいので気をつけながらの作業です。小さな苗からよくぞこんなに茎が伸びたものだと驚くほどです。
苗(プランター)の移動のことも考え、トレリスには巻付けずに前面に貼り付けるようにビニタイで誘引しておいたのでかなり容易に作業が進みましたgood

刈り取った茎・葉はゴミ袋いっぱいになりました。春先にたくさんの花を付けてくれたクレマチスよお疲れ様でしたbud

2008年10月25日 (土)

ブライダルベール(ベランダガーデニング)

Img_7471

Img_7468

5月から6月にかけてハンギングでこんもり状態に緑葉と白い小さな花が最盛期を迎えたブライダルベールですが、花後に思い切って刈り込んでやったのでやっと再び花が付き始めました。
今はベランダ片付け中なので、隅っこに避難中です。
(写真は避難中のものです。雑然としていることご容赦くださいcoldsweats02

温度と日照時間が合えば1年中咲くと言われていますブライダルベールです。
夏の乾燥時にダニやカイガラムシに襲われることがあるので早期発見、早期処置が大切です。被害が大きい箇所は切り取った方がいい場合があります。
ダニは葉水や霧吹きで湿度を上げてやることで対処できますが、カイガラムシはやっかいものです。完全に退治しないと増え続けてしまいます。

【独り言】
昨晩は久しぶりに友人に誘われて居酒屋へbeer
久しぶりに行ったのですが店内は大賑わい。金融不安なんて関係ない!って雰囲気。
気の合った若者グループが多く盛り上がっていてこっちまで元気が出てきますpig
昔のサラリーマンの団体はめっきり減って、若者グループや女性だけのグループが殆んどで随分と様子が変わってきましたねbottle
互いにベランダや畑の花や作物の話や健康の話で盛り上がりましたhappy01

2008年10月23日 (木)

ツルニチニチソウ(ベランダガーデニング)

Img_7463 斑入りの葉を1年中楽しめるツルニチニチソウは暑さにも寒さにも強く、日当たりにも日陰にも強い植物なのでベランダで育てやすいです。
設置場所を選ぶ必要がなく好みのポイントにセット出来ますgood
我が家では手が届きにくい高い場所に黄金カズラと寄せ植えして楽しんでいます。水遣りに神経質になる必要もないので助かりますhappy01
極端に乾燥させると葉がチリチリ状態になって枯れるので霧吹きで湿度を保ってあげた方が美しい葉を形成するようです。

グランドカバーとしてもその役割を果たしてくれるのでいろいろと役立つ植物です。日光によく当てると春先に淡い紫色の小花を付け、これがまた美しいです。
(昨年は沢山花を付けたのですが、今年は残念ながら全く花が付きませんでしたcoldsweats02

2008年10月22日 (水)

昨年の今頃は(ベランダガーデニング)

Img_3010

Img_2981

今年はベランダ改修工事で秋のガーデニング作業ができませんsad
去年の今の時期は何をしていたのだろうとブログやアルバムで振り返ってみると、やはり秋・冬の苗であるビオラ、ガーデンシクラメンそして水仙、チューリップ、カサブランカなどの球根を購入して植えつけていました。
ビオラを早く植えつけて失敗した年もありました(花がつきませんでしたweep
いろんなことを経験してやっと自分のベランダで育つ植物を見つけることができました。
まだまだ種類を増やそうと挑戦中なのですが、今は来年のベランダ構想で秋の夜長を楽しんでいますpencil

2008年10月21日 (火)

ミニバラ(ベランダガーデニング)

Img_7456 ちょっとブサイクなミニバラに見えるかもしれませんが、私にとっては可愛いく見えるんですhappy01
この数年で100個近い花を付けてくれてその度にベランダを明るく元気にしてくれてるのです。寿命なんて関係ない!って勢いですrun
ミニバラは病気にも強く、消毒もさほど必要でないのでベランダで育てやすい植物と思っています。本格的なバラが無理でもミニバラなら楽しめそうなので大切にしています。

ダニ類に襲われてもその部分を取り除いたり、消毒液をスプレーしてやれば意外に早く復活します。


【独り言】
最近「毒きのこ」による中毒をニュースでよく見ますtv
気をつけたいものですdanger
それにしても昔は年寄りから「食べられるきのこ」と「食べられないきのこ」を普段から教えられたものです。隣近所の付き合いがあったからかもしれないがそんな情報は容易に入ってきていたように思います。『疑わしいきのこは食べるな!』とも教わった。

それが最近は「椎茸」と間違えてしまったとか、基本的なことも分からないまま口に入れているようです。もっと”自分の身は自分で守る”で用心しなくては。

2008年10月20日 (月)

めだか(ベランダガーデニング)

Img_7460 涼しくなって水温が下がってくるとベランダのめだかも少し活動が鈍くなるようですfish
夏場は餌をやると互いにぶつかるほどの勢いで泳いだったのですが今はそれぞれのエリアで味わって食べているように見えますeye

今シーズンは生まれたまま親メダカと同じ鉢で育てていた子メダカはどうも誤って食べられたようですweep
可愛そうなことをしました。

昨年生まれためだかを別のバケツに移して大きく生長してから親めだかと一緒にした4匹はその後は生長著しく、親メダカと同じくらいの大きさになってきました。
全部元気に育って、餌を与えるたびに水面にあがってきて「早く餌を頂戴!」と目を丸くしています。触っても逃げようとしませんhappy01
たくさんの餌を食べて冬眠に備えて欲しいものです。

川エビもタニシもそれぞれ種の保存か?世代を交代しているようですscorpius

【独り言】
週明けの今朝の通勤電車から見える田園風景はガラリと変わっていました。
目に飛び込む色はあの黄金色が消えてしまって鉛色になっていました。
週末に一斉に稲刈りされたのでしょう。農家の方、お疲れ様です。
当分の間、通勤電車から美しい風景を堪能できました。

これから市場に新米が出回ってくるのですね。新米は「おいしい!」
我が家にも先日、田舎から新米が届きました。早速戴きましたがやはり味が明らかに違いますscissors
今年は特に「事故米」が話題となっただけに、安全だと確信して食べられるだけでもおいしく感じます。(こんなことを気にしながら食べなければならない世の中になってしまったのは悲しいですがcoldsweats02

2008年10月19日 (日)

ハイビスカス(ベランダガーデニング)

Img_7455

Img_3335

3週連続のベランダ片付けも今週はお休みですjapanesetea
かなりの物を片付け、残った植物などをベランダの片隅に寄せて整理しています。
その中でハイビスカスが日曜日の朝、開花しましたtulip
休日に咲いてくれるといいですね。すごく得した気分になります。
やはりベランダに花があるのと無いのでは大違いです。
蕾がもう一つあるのでまだ楽しめそうです。チャンスはもう一度happy01
花が咲き終わると室内に取り込んで来シーズンに備えます。
ベランダでコンパクトに育てるために花が終わる11月上旬から中旬に1/3くらいに思い切って切り戻ししています。
(2番目の写真は昨年11月中旬の様子です。そして根の生育が旺盛なので5月下旬に植え替えです)

Img_7465_2 【独り言】
休日の昼に『釜あげうどん』を食べるのにはまっています。
車検を受けたときに偶然見つけたお店ですがいつも行列です。
多くの人達の口に合うのでしょうねsign02
うどん好きの私の好みにピッタシです。そして安い!のが何よりscissors
人ゴミが苦手なので2時過ぎに行くのですがそれでもかなりの人ですeye
おいしい昼食をいただきました。

2008年10月18日 (土)

ユキノシタ(ベランダガーデニング)

Img_7450

Img_7451

残念ながら今年は花が咲きませんでしたcoldsweats02
日陰を好むユキノシタは年中全く直射日光が当たらないベランダの場所へ置いています。
姫リンゴのグランドカバーとして4,5年前に植えたものです。今年はランナーを延ばして新たに子を増やしてくれました。可愛い花は来年春に期待したいところです。

春先に一番早く勢いのある活動を始めるユキノシタはベランダの植物が冬の休眠活動を終えたことを知らせてくれますbud
ベランダが茶系から緑に変換を始める最初の植物なんです。これからゆっくり眠りに入って来春に頑張って欲しいです。

水が葉に直接かかると傷んでしまうので水遣り時注意が必要ですdanger

2008年10月17日 (金)

週末の楽しみ(ベランダガーデニング)

Img_7445

Img_7446

Img_7447

例年だとパンジーガーデンシクラメンなど秋・冬の寄せ植えを楽しめる今の時期ですが、今年初めて出来ないとなると残念で仕方ない。ベランダの片付けの工具・用具をホームセンターへ買い求めに出かけても花の苗のコーナーは見ないことにしていますweep

ベランダの植物は相変わらず元気をくれます。ミニバラとハイビスカスが今週末にはタイミングよく開いてくれそうです。1日花のハイビスカスを1日中見ることが出来るなんてちょっとワクワク気分ですhappy01
折角咲くのだからよーく見てやりたいものですeye

ディアスシア(リトルダンサー)も段々と花数が増えそうですtulip
週末が楽しみですsun

2008年10月16日 (木)

クレマチス(ベランダガーデニング)

Img_7440

Img_7444集合住宅の大規模改修工事が始まるとのことでベランダを片付け中です。
モッコウバラが絡んだアーチを取り除いたものの切り戻しには少し早いのでバラとクレマチスを荷造り紐で束ねて空中に保持した状態です。休眠に入った頃に思い切って剪定してやろうと思っています。

そんな片付け作業をしているときにクレマチスの蕾を見つけていつ咲いてくれるのだろうかとヤキモキしてると昨日開いてくれました。
このクレマチスはベランダの西側で育てていますが6月上旬に沢山の花を付けて活動を休止していたものです。
予定外に咲いてくれると凄くハッピィな気分になります。今朝、出勤前に撮影したものですが手振れしてなかなかうまく撮れませんでしたwobbly

植物が少なくなってちょっと見苦しいベランダですがそれなりに変化を発見して楽しんでいますeye

2008年10月15日 (水)

サンスベリア(ベランダガーデニング)

Img_7438 日が暮れるのが早くなって、帰宅する頃は真っ暗。
ベランダの植物を撮れないないので今日はリビングのサンスベリア(虎の尾)をパチリcamera
よく考えてみると、何年も前からほぼ同じ場所にあるのですが、ブログに記事を載せたことがないような気がしましたconfident
季節の花でもないし花が咲くわけでもないし(このサンスベリアはたまに花を付けるらしいですね。画像を見たことがありますeye
水も殆んど必要とせず自力で生きていくたくましい植物なのでついほったらかしですcoldsweats02
でも全く水を与えないと突然死するから用心した方がいいですよdanger

マイナスイオン発生植物として、一時ブームだったのですが今は落ち着いたようで手頃な値段で店頭に並んでいるので容易に手に入るようです。

高さがある植物なので立体感をだすにはいいようなので数年前に買ってみました。今はもう孫の苗までが頑張っていますbud

2008年10月14日 (火)

セダム(ベランダガーデニング)

Img_7428

Img_7431

Img_7426

Img_7427

目地のような所でもしっかりと生き続けるセダムなのでほっといても地を這うように増え続けます。その生命力には驚かされます。2,3本だったセダムをミニバケツや貝殻の器で育てています。増えるヮ、増える。
軒先に置いて雨水がかかる程度がちょうどいいようです。

それでもって太陽光線による輝きや秋冬の紅葉を楽しむことができます。

この時期、太陽が南に傾く斜光によってベランダ奥まで入り込むので夏は全く陽に当たらなかった植物も強い陽射しを浴びるので注意が必要です。
また、その斜光によって今まで見なかった光景に出くわすこともあります。休日の朝などミントやアメリカンハナミズキ等の葉が透き通る光景を見ることが出来るのもベランダガーデニングならではでないでしょうかsign02

2008年10月13日 (月)

ディアスシア(ベランダガーデニング)

Img_7423

Img_7425

Img_6120

Img_6122

何故この花、ディアスシアが好きなのだろうか?
ベランダに花が少なくなる初冬にユラユラ揺れる姿がとても気持ちを温かくしてくれるから好きなのかもしれません?まさに別名「リトルダンサー」のような感じなんです。
まだ、1輪しか咲きませんがこれからに期待ですtulip
もう4,5年もハンギングで生き延びてくれるからただならぬ友人のようなものです。
風の強いベランダでは茎が絡んだり、折れてしまうので姿が乱れてしまいますがそれなりにダンサーが踊る姿となり楽しむことができます。

寒さが厳しくなると袋を被せて直接寒風に当たらないように保護してやっています。そして、2年に1度春先に新しい土(緩効性肥料を混ぜて)と入れ替えてやっています。このとき傷んだ茎は取り除いています。
ディアスシア(リトルダンサー)は多湿を嫌うようです。風通しが悪くなると枯れたり灰カビ病になったりするので傷んだ部分はこまめに取り除いた方がいいようです。

春と秋に花を付けますが、春に咲くときは周辺のクレマチスビオラのあざやかさにその存在を忘れがちになっています。ディアスシアよ、ゴメンナサイ!ですcoldsweats01

これから気温が下がってくる時期のディアスシア(リトルダンサー)はゆっくりとその踊る姿を観賞できます。

*後ろの2枚の写真は5月中旬の開花期の様子です。

2008年10月12日 (日)

自作のプランターカバー(ベランダガーデニング)

Img_7415_2

Img_7420_2Img_7417

Img_5334_2

ベランダの片付けもかなりはかどってきましたcoldsweats01
植物やガーデニング備品がよくもこんなに増えたものかと驚くばかりです。

数年前にホームセンターで格安木材(4mで400円程度×5本)を購入して作ったプランターカバーです。
プランターに合わせてのこぎりで切断、木ねじで組立てあとは塗料を塗って完成です。2千円程度を要したプランターカバーですがちょっとしたことでベランダの景観も違うので満足していますhappy01

市販品は高価でなかなか手が出ないのですが、こうやってベランダやプランターに適した寸法、デザインに自分好みに出来るのでいいところもあります。
製作時には今回のような(ベランダ改修工事)植物他の移動のことも考慮して、分割できるように工夫してみました。その甲斐あって移動も楽に出来そうです(乗用車にも載せることも可能です)
さあ!今日も秋晴れの中ベランダの片付けです。

2008年10月11日 (土)

アメリカンブルー2(ベランダガーデニング)

Img_7398

Img_7401 Img_7402

先日、たった1輪のアメリカンブルーに喜んだのですが、花数が徐々に増えてきました。
いろんな種類のあるアメリカンブルーですが、これは知人にいただいたもので茎が硬く針金のようです。
ブルー系の花は落ち着いていいですね。

今は、植物の片付けをしているためにゆっくりと花を楽しめないのですが作業の合間にアメリカンブルーやセージの青系の花を見ると疲れも少しはとれますcafe

2008年10月 9日 (木)

時計草(ベランダガーデニング)

Img_7399

Img_7400

  「秋の日は(の)つるべ落とし」と言っても今は『つるべ』って何?
『鶴瓶落とし』の勘違いまででる始末!仕方ないことですよね?
もう、『つるべ』なんて見たことない人が多い筈ですbleah

そんな『つるべ落とし』を実感するこの頃です。夕刻6時には暗くなってきました。
そんな訳で1日花の開花を見ないまま蕾を片付けることが多くなりました。時計草もいつの間にか袋状につぼんでしまって開花を終えています。
今朝、ベランダの水遣りをしていて偶然に開花した時計草を見つけました。久しぶりに花と対面することが出来て、すごく得をした気分になりましたhappy01

思いがけないことがあると1日中、幸せ気分になりますねpresent

昨年、沢山の花を咲かせて影響でしょうか、今年は少し花数が少なかったようです。来春は植え替えして土中の養分を増やしてやろうと思っていますjapanesetea

【独り言】
今年の秋の田園風景は実に綺麗だ。黄金色の濃淡が巨大なパッチワークを形成しているようだ。これも台風の上陸がないお陰なんですねgood
例年、稲穂が頭を垂れる頃に台風が上陸して稲が倒れてしまって見苦しい姿となり、また農家の人達を困らせたものですが今年は美しい田園風景を車窓から眺めることができますtrain

2008年10月 8日 (水)

ミント(ベランダガーデニング)

Img_7393 つい先日、調子がおかしくなったミントの地上部を全部刈り取って様子を窺っていたのですが、あれよあれよと新芽を伸ばし始めましたbud
ミントの香りは好きです。沈静効果があるのでたまに葉を擦って香りを嗅いで出勤することもあります。
ハーブ類は強健な植物なのでベランダで育てるにはいいようです。

このミントはアメリカンハナミズキのグランドカバーとして植えています。アメリカンハナミズキも喜んでいるようで生長がいいようです。

香りと言えば、通勤地下鉄駅の出口にキンモクセイが植えてあり、今その香りが周辺一帯に漂っていて出勤する人達を和ませています。
地下鉄駅の奥まで香りが届くのであのいやな匂いを消してくれているので朝が爽やか気分ですsubway

2008年10月 7日 (火)

ハイビスカス(ベランダガーデニング)

Dsc00885

Img_7392

8月下旬に連続して咲いていたハイビスカスを切り戻して次の花に期待していたのですが今朝咲いてくれました。
蕾が付いたものの最近の冷え込みでもう咲くことはないのかなと心配していたのですが突然の開花に朝ビックリしました。
1日花の宿命なのでとにかくパチリ、パチリとシャッターを押して出勤しました。

夕刻帰宅してもう閉じて落っこちているだろうと諦めながらベランダに出てみると薄暗くなってもまだ朝と同じ状態でした。これはラッキー!
冷え込むと閉じるのも遅くなるのでしょうか?あんなにキッチリ「1日花」を守っていたのですが、今日は特別に長く開いていてくれました。

ハイビスカスは根の生長が驚くほど著しいので毎年の植え替えが必要なようです(勿論、鉢植えの場合です)
これを行っておけば毎年沢山の花を付けてくれるようですtulip

2008年10月 6日 (月)

黄金カズラ(ベランダガーデニング)

Dsc00876 Dsc00877

ベランダ改修工事が始まるために秋苗を買えず、現状の植物を生き生きと育てることに専念している日々です。
夏花が終わってベランダに花が減ってきました。ちょっと凹んでいる私を黄金カズラ、ツルニチニチソウ、ハツユキカズラなどの葉系植物が元気を与えてくれます。

黄金カズラは2日に1回水遣りするくらいですがおとなしく生長しています。(水遣りを忘れていても強健な植物のようです)
その花の色が色ツヤが好きです。ベランダ東側の一番高い場所にツルニチニチソウと一緒にハンギングして楽しんでいます。高い場所は水遣りが難しいので乾燥や日陰に強い植物を配置しています。
寒さにも強く、ベランダを1年中緑葉で飾ってくれますclover

2008年10月 5日 (日)

アメリカンブルー(ベランダガーデニング)

Dsc00874 たった一輪だけのアメリカンブルーですが、咲いてくれるだけで嬉しい。
私の好きな花が今年も咲いてくれた事実を確認できるだけで安心です。
もうひとつのアメリカンブルーは冬越しに成功したのですが、春先の寒風に当てて失敗して枯らしてしまいました。
冬の間にあんなに用心して管理したのですが、春の到来に油断しましたweep

新しい苗を購入すればそんなに高価な苗ではないのですが、いかに丈夫な苗に育てるか冬越しして長い間、その植物と付き合えるかを楽しむ私にとって植物が枯れることはショッキングな出来事ですcoldsweats02

アメリカンブルーは日光を好む植物というか日光が不十分だと花付きが悪いようです。
今年はいっぱい花の付いた画像をブログ仲間の方に見せていただきました。

【独り言】
スーパーでバナナを買うことが出来なくなりました。売り場面積も殆んど無くなっているんです。どうも入荷困難が原因らしい。今の日本、ちょっと効果があるとメディアが流せばそれに群がる風潮があるように思われます。
自分自身で納得して行動に移すのであればよいのだが、デマで扇動されないかと心配するのは私だけでしょうか?
昨年だったか、某番組がデータ捏造でやはりダイエット効果を流すと翌日はその商品が品薄になっていました。値段も上がって日頃愛用している人は困っていましたcoldsweats02
10年以上も毎朝、バナナを食べていた私も明日からはいただけない。一大事です!
バナナが健康にいいと思って食べていたのに手に入らないなんて初めてです。

2008年10月 4日 (土)

アーチの片付け(ベランダガーデニング)

Img_7373

Img_7375 Img_7374

Img_5753

ベランダの片付けもいよいよ大物に移ってきました。
随分寂しいベランダ西側となりましたcoldsweats02
今日はモッコウバラを絡ませているアーチの片付けですwrench
デザインの素敵なアーチも欲しかったのですがベランダでは機能性重視と思い、組立式の手頃なもの(4000円くらいだったかな?)を捜し求めて購入しました。
組立式だと排水パイプをうまい具合に避けてアーチを組み立てることができるのでとても気に入っています。

大規模改修工事のような場合も分解して部屋の片隅に置いておくこともできるし、なかなか便利です。

アーチに絡んでいたモッコウバラとクレマチスは紐で一時保持しておいて、もう少し寒くなる11月頃の休眠状態になったら切り戻しをしてやろうと思っています。(クレマチスは蕾をつけているんですよcherry

来春もこのアーチが見えない程の蔓や葉を絡ませて黄色や赤紫色や青の花を付けてくれるかな?楽しみです。

【独り言】
今の世の中、悪いニュースばかりでいやになってしまいます。
身の回りにも事件が起きてしまいました。車のイタズラです。
こんなことして何が楽しいのでしょう?訳が分かりません。
2段式駐車場の2階部分駐車の車数台がいたずらされていたんです。

その車を修理に出して受け取ると今度は別の箇所に傷!ディーラーに修理をお願いしたのに人の車を数十キロも走行して更には車内は散乱coldsweats02
国内一のディーラーがこんなことするなんてただ呆然、信頼しきっていたものが完全に崩壊してしまいました。(ディーラーは「レッカー車で運ぶので自走しない」と言われて安心してたのに数十キロも誰が乗ったのでしょうね?)
今の世の中、「性悪説」でのぞまねば裏切られるばかりなのでしょうか?
いつまでも「性善説」を信じている私がアホなのでしょうか……
人が信じられないなんてつらいですweep

2008年10月 3日 (金)

セージ2(ベランダガーデニング)

Img_7368 Img_7370

片付けを始めてベランダの植物も減ってきたのですが、数少ない中でセージが開花を始めました。

帰宅時間は日没後なので朝、起きて直ぐにシャッターを押しておきましたcamera
6時前の朝陽の当たるセージです。
光の当たり具合で同じ植物でも随分と違ってきますね。
寄せ植えのメンバーによっても違った雰囲気を醸し出すことが出来るし、置き場所によっても豪華に輝くこともあるし、ベランダガーデニングはいろんな工夫で楽しむことができますねwheelchair

そういえば、先日、知人の青空が背景のコスモスの写真を見せて戴いたのですが、草むらの虫の目線での映像は素敵でしたsign03

2008年10月 2日 (木)

ミニバラ(ベランダガーデニング)

Img_7366

Img_7363

花が咲くたびにこのミニバラもそろそろ寿命かなと思うのですが、なかなかの頑張り屋ですrun
ミニバラの寿命は数年と聞きましたが、人と同様に長寿のミニバラもあるのでしょうねsign02

もともとミニバラは私のベランダ構想の植物リストには入っていなかったのですが、懸賞で当たってベランダのテーブルに置いてみたのですが、これがいいアクセントになり気に入りました。
その後は大切に育て毎年たくさんの花を付けてくれます。
基本の花後5枚葉の上の部分で切り戻すときちんと再び花を付けてくれるのが嬉しいですgood

1年に何度も花を観賞できるなんていいですね。

【独り言】
昨夜のオリックス・清原選手の引退試合はウルウルきましたね。(インターネット動画での観戦だったので迫力に少し欠けましたが…coldsweats02

引退声明後、近くのスカイマーク・スタヂアムに応援行くもののバットに球が当たらないことが多く気の毒に思うことも度々でした。
動体視力の落ちぶれや試合感覚がなかな戻らないことが影響しているのかなと勝手に想像しました。
しかし、最後の試合で右中間ヒットを打った姿を見ることが出来てよかったです。

そして引退セレモニーは泣かせましたね。あの長渕剛の「トンボ」は強烈な印象でした。もう清原選手のユニフォームを見ることは出来ないのですねweep

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ