« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月30日 (日)

明日から師走(ベランダガーデニング)

Img_7767 Img_7769

カレンダーもあと12月の1枚となりました。明日から師が走り回るという師走ですrun
昨日は朝早くからTVで京都の紅葉名所がliveで紹介されていましたmaple
最も綺麗な紅葉が見られるとの報告です。いろいろな穴場が紹介されていました。
昨日、今日ときっとすごい人出だったことでしょう。
ここから望める山々も今年は「紅葉」を楽しめますeye

家の中ではシャコバサボテンが蕾を次々と付け始めました。
花がある部屋は少しは暖かさを増す感じがしますspa
Img_7760 Img_7761

2008年11月27日 (木)

クリスマスローズ(ベランダガーデニング)

Img_7746 集合住宅大規模改修工事の開始に間に合うようにベランダを整理を始めたのですがなかなか業者も決まらず延び延びになっていました。
やっと年末頃からの開始が決定しました。

大部分の鉢やプランターを移動したり、処分したので数少なくなったベランダの鉢です。
多年草や長年育ててきた植物は枯らすことなく育ててやろうと思っています。

クリスマスローズもその中の一つです。
この時期になると成長が著しいことに気付きます。まだ花芽は見当たりませんがクリスマスが近づく頃には発見できるかもしれません。
夏の高温多湿に弱いので水遣りに注意したり、乾燥対策としてマルチングをしています。
鉢内のバランスとして例年ブラキカムを植えているのですが今年は何も植えずにクリスマスローズひとりぼっちですcoldsweats02

2008年11月26日 (水)

シャコバサボテン2(ベランダガーデニング)

Img_7754 Img_7757

紅色の鮮やかな花が咲くシャコバサボテンが1輪だけ咲きました。
リビングで人間と共に夜遅くまで蛍光灯の光を浴びている影響でしょうね、花の付きが悪いようです。
ベランダに置いていた白系のシャコバサボテンは葉先に蕾を一斉に付けました。
シャコバサボテンの花付きには光の管理が大切なようですshine

Denshoku41 【独り言】
遠くの住宅のベランダにクリスマスイルミネーションが点滅するようになりました。
例年、この時期ベランダに電飾の飾りつけをしていたのですが今年は出来ませんcoldsweats02
楽しみにしていたものを我慢しなけばなりません。
ちょっと寂しいクリスマス、年末モードです。写真は昨年の様子ですnight

2008年11月24日 (月)

時計草(ベランダガーデニング)

Img_7742 Img_7744

Img_7745

この品種の時計草は冬でも開花するのでしょうかsign02
もう寒くなったので今年の開花は諦めていたのですが、今朝突然開いていました。
寒気の中でも元気に咲いてくれましたcoldsweats01

寒いせいか色白となっていますが好きな花だけに嬉しいものですnotes
時計草に出会ってから20年にもなりますが、一輪だけ咲いてくれるだけでその日が特別にいい日のように思えてしまいますhappy01

昨シーズンは1月2日に開花したのでこの種はやはり冬でも咲くのかもしれません?
まだ蕾が数個付いていますのでビニール袋で寒風対策をした後に開花してくれるかもしれません。楽しみですbell

Img_7739【独り言】
ベランダで収穫できた「椎茸」を昨夜の鍋料理に入れて食べましたbeer
干しシイタケと共に参加です。
肉厚あって食感がなかなかいいものです。
椎茸好きな私には最高でしたpass

2008年11月23日 (日)

花水木(ベランダガーデニング)

Img_7729

Img_7731

アメリカンハナミズキの葉が真っ赤になりベランダで紅葉を楽しめます。山々の紅葉・黄葉も壮大でいいですが身近な紅葉を楽しむのもなかなかのものです。
ちっぽけなベランダでこんなことを楽しめるのもベランダガーデニングならではです。リビングから外を見ればそこに紅葉した木や花を楽しむことができるのです。

花水木は春のピンク色の特徴ある花を楽しむことができますが、葉も紅葉するので1年中楽しむことができます。ベランダで楽しむには好都合な木です。
今年はやっと蕾が出来たので来春は花も期待できますhappy01

土と乾燥に注意すれば鉢植えでも十分育てられるようです。夏の強い陽射しは苦手なようですが、冬の寒さには強いようです。表面の乾燥を防ぐためにグランドカバーとなる植物を植えたり、ウッドチップなどでマルチングしてやれば育ちもいいようですgood

2008年11月22日 (土)

大原・三千院(ベランダガーデニング)

Img_7642

Img_7646

Img_7669Img_7656

念願の京都・大原三千院へ「紅葉狩り」に行ってきましたmaple
京都市内や嵐山には数度と行ったことがあるのですが、三千院は交通の便が悪く時間がかかってしまうと聞いていたのでなかなか足が延ばせませんでした。

いつまでも待っていて結局行かなかったでは済ませられない三千院だったので覚悟して出かけました。
それはそれは凄い人出!絶対数ではそれほどでもないのですが狭隘な参拝順路なのでそう感じるのでしょうねcoldsweats01

Img_7671

Img_7680

Img_7698 Img_7712 いや~!紅葉が綺麗で無理して出かけた甲斐がありました。京都市内にはない雰囲気を味わってきました。

Img_7694

Img_7684

1日がいかに大切だと教えてくれた『碑』や『わらべ地蔵』は旅の疲れを癒してくれましたspa
ワンシーンが脳裏に焼きつくほどの印象的な三千院の紅葉でしたpen

昼食をとったのは3時を回っていましたhappy01

2008年11月21日 (金)

その後の椎茸(ベランダガーデニング)

Img_7630 11月15日投稿の自信の無かった芽の正体はやはり椎茸でしたhappy01
原木が1日で乾燥状態になるので心配でしたが椎茸菌が頑張ってくれたのですねrun
嬉しさのあまり、最近は毎朝まだ夜が明けぬうちに如雨露で水を散水しています。

8階のベランダでは毎日散水しても遣り過ぎではないような状態と思われます。
散水頻度は今回ベランダで椎茸原木栽培をして得られた椎茸発生のための条件のひとつです。カンレイシャをして風を当てないことや薄暗くして照度を下げたことも椎茸発生のための要因に挙げられるようですeyeglass
これから更にいろいろと観察して椎茸発生条件の思い当たることを整理して実践してみようと思っていますgood

【独り言】
明日からの3連休はどこの名所も「紅葉狩り」の人出で賑わうことでしょうmaple
今年は台風の上陸がなかったので枝が折れず、急激な冷え込みで色が鮮やかになるだろうとの紅葉予想です。
ベランダから見える近くの山も今までにないいい色に染まっているんですsun
京都の紅葉でも見に出かけてみようかなと思っていますtrain

2008年11月20日 (木)

子宝草(ベランダガーデニング)

Img_7562 Img_7561_2

いつ見ても神秘的ですね。
子宝草に出会ってからは葉の周辺に付いて鉢の中に落ちた子を別の鉢に移して
翌年生長させていますbud
直ぐに大きくなってまた子を作るのでその翌年はまたその子を…
繰り返しです。

今年はこの子等の仲間が遠くに旅立って大事に育ててもらっていますnotes
Web上でその姿を見せていただくと、うちで育っている子よりも生長が早いのですrun
ジーンとくるものがあります。嬉しいですねhappy01

一昨日から寒波に備えて室内へ入れてやりましたspa
来春には一段と大きくなってくれるでしょうup

2008年11月19日 (水)

シャコバサボテン(ベランダガーデニング)

Img_7612

Img_7611

今朝は冷え込みが厳しかったですねsnow
ベランダの植物も震え上がったのではないでしょうか?寒さに弱い植物を昨日室内に移動させておいたので助かりました。

こちらは白いシャコバサボテン
もう20年近くになって木質化した老木ですが頑張ってくれます。南側のベランダの植物に目がいって他の植物の管理がおろそかがちになってしまいます。
サボテン類もそのひとつです。水を遣らなくても大丈夫と勝手に思っているのですがサボテンだって水、肥料は必要な筈です。こんなことでは綺麗な花は付かないですね。
もっと可愛がってやろうと思います。今年の反省点のひとつですcoldsweats01

2008年11月18日 (火)

木枯らし1号(ベランダガーデニング)

Img_7627 予報よりもは2日早く寒波がやってきましたぁsnow
関西に木枯らし1号が吹きましたmaple
寒さには非常に弱いサボテン類アロエは先週末に対策を施していたのですがその他は大丈夫だろうと思いそのままにしておきましたcoldsweats02

この寒気に当たるとやはりダメージがあるだろうと慌てて室内に取り込む始末ですrun

取り込んだ植物は
ハイビスカス、ハートカズラ、子宝草、木立ベゴニア、スパティフィラム多肉植物の一部です。

週間予報で寒波がやってくると聞いてましたが、土日の暖かさからはどうしても本当にやってくるとは思えず少し油断していましたwobbly

2008年11月17日 (月)

ハイビスカスの切り戻し(ベランダガーデニング)

Img_7615

Img_6587 ハイビスカスの花期も終わったので冬越し準備です。ベランダでは大きくできないのでコンパクトに切り戻しておきます。まだ最高気温が20℃ほどあるので日光によく当てておきます。
10℃を下回る12月上旬には室内の明るい場所に移動させています。
根の発育が旺盛なので来春4月には植え替えてやらないといけないようです。

毎年沢山の花を付けてベランダを明るくそして元気をくれるので開花期を迎えるのが楽しみです。そのためにもこれからの管理を十分にしてやりたいです。
*後の写真は今年6月下旬の様子です

2008年11月16日 (日)

寒風対策(ベランダガーデニング)

Img_7625

Img_7621 Img_7622

今週末に寒波がくるらしいので今朝はその対策をsnow
まずは寒さに弱いサボテン類や観葉植物を守ってやることから実施、室内に移動できるものは室内へ、大きい孔雀サボテンアロエはベランダでビニール袋を被せてやりました。
今年は透明度のあるゴミ袋が手に入らなかったのでクリーニングの袋で代用です。植物は光が大切なので透過度の高いもので覆ってやります。
十分とはいえないですが植物が増えてきたここ数年はこの対策で冬を迎えていますhappy01

これまで枯れた植物もないので、ここ神戸ではこの程度の寒風対策で大丈夫なようです。勿論、風が当たらない場所や躯体近くにおいて低温にならないように注意していますgood

先日、大規模改修工事に備え天井まで届いていたクレマチスを1メートル位の高さに刈り込みましたが、元気いいようです。大きい芽を付け始めました。
思いっきり刈り込んだので不安もありましたが全く問題ないようですup

2008年11月15日 (土)

椎茸誕生の瞬間?(ベランダガーデニング)

Img_7614

Img_7607

Img_7609

先日発見したベランダの椎茸ですが、休日の今日は他にないかと原木をくまなく探してみましたeye
偶然に1個だけ出来たのかなと諦め半分でしたが、原木の半数を過ぎたときに何か分からないものを発見。
キノコの形をしていないので椎茸かどうか自信はありませんが、椎茸らしい雰囲気あり。
傘らしいものが乗っかっているのできっとそうに違いないと思い、パチリと1枚camera
茎の径よりも傘が小さい。これが椎茸発生の瞬間なのだろう?

探し続けると同じようなものがもう一つgood
どれも湿気がある原木の下方に付いているのでやはり椎茸に適した環境の箇所で発生しやすいのでしょうsign02
(1日おきに散水しているのですが、原木は乾燥気味になっていますcoldsweats02

2008年11月14日 (金)

朝のゼラニウム(ベランダガーデニング)

Img_7603

Img_7604

とっても頑強な植物のゼラニウムですrun
5,6年以上も前、台風で折れてしまったゼラニウムなのですが、見事に復活して毎年沢山の花を咲かせてベランダを明るくしてくれますsun
花期が長いので1年中咲いているような感じすらします。花が少ない晩秋でも咲いてくれるので嬉しいですね。

最近は日が暮れるのが早いので帰宅する時刻はもう真っ暗状態!ブログに写真を載せようにもフラッシュをたかなければなりません。
そこで今日は出勤前、朝陽が当たるゼラニウムを写してみましたcamera

水遣りを忘れてもOK!肥料も置き肥を与えておけば大丈夫、寒さにも暑さにも強いので助かります。乾燥気味に育てる方がいいようですgood

2008年11月13日 (木)

多肉植物(ベランダガーデニング)

Img_7573 Img_7572 多肉植物は寒さに弱いようにみえますが、紅葉を楽しむのもなかなかです。

秋・冬はほとんど水を遣らず霧吹きでスプレーしてやる程度です。凍結すると枯れてしまうからです。

これから段々と色づく過程を日々観察して楽しみますeye
室内に入れると多肉植物もその暖かさで油断するのか間延び状態になって醜くなるので外の日光を思い切り浴びせてやっていますsun

【独り言】
通勤電車の帰りは超満員状態bus  
そうかぁ、今日はキリンチャレンジカップのシリア戦がホームスタジアムで行われる日soccer
ワールドカップに向けて頑張って欲しい。
スポーツだけは純粋に楽しめるし、応援も出来る。
ガンバレ!日本sign03

2008年11月12日 (水)

山椒(ベランダガーデニング)

Img_7586

Img_7588

その香りが好きな山椒を北側のベランダで育てています。日光が好きな山椒には環境が悪いのですがそれでも育っています。
夏の強い朝陽に当たって弱ってしまうこともありますが、その時期を過ぎれば緑葉をしっかりつけてくれます。山椒は乾燥に弱いと聞きます。水切れだけはさせまいと土表面が乾いたらタップリと水遣りしています(根腐れにも注意が必要です)
ベランダで育てるのは無理かなと思いましたが、十分育つ植物のようですgood

落葉のこの時期は枯れ枝を切るチャンスなので、日曜日に形を気にしながら剪定してみましたhairsalon

2008年11月11日 (火)

ハートカズラ(ベランダガーデニング)

Img_7581 Img_7590

葉の形状がハートの形をしているから「ハートカズラ」、分かりやすい名ですheart01
乾燥を好む植物だからベランダでは育てやすい植物のようです。水の遣り過ぎに注意ですdanger
株元に水をやるよりも葉や茎に霧吹きしてやっています。乾燥し過ぎになるとカイガラムシがつきやすいようです。

丸い塊のムカゴを付けるので葉を何枚か付けた状態で切り取ってやって別の鉢に植えて増やしています(ムカゴを丁度地中に埋まるぐらいに植えればいいようです。水はけのよい土が適しているようですbud

寒さに弱いようなのでそろそろ室内に取り込んでやらないといけないようです。
こうやってもう10年近くになります。

2008年11月10日 (月)

椎茸原木栽培(ベランダガーデニング)

Img_7600

Img_7597 昨年正月に菌を打ち込んだベランダの椎茸原木に初めて椎茸が出現しましたeye
8階のベランダは乾燥しやすいので無理かなと途中で諦めかけましたが、カンレシャで覆ったり、最近は水掛けを2日に1回毎朝かけていました。 まだ小さいのが1個ですがこれから増えることを期待して水遣りも続けますsmile

【H19.1.5の記事】
今年最初のベランダガーデニングの作業は椎茸原木栽培に挑戦です。8階のベランダは強風と乾燥で椎茸栽培の環境には適さないでしょうが、どうなるか挑戦したいと思い元旦に故郷山口で原木を作製しました。車で神戸まで運び、北側のベランダに並べてこれから散水他の管理スタートです。原木を作製した様子をホームページ(http://www.geocities.jp/kazuo_okz/)の「ミニ菜園」に載せていますので見ていただけたら嬉しいです。(意見やアドバイスをいただけたら助かります)。時々、ブログに様子を投稿する予定です。Dsc00855 Dsc00852

2008年11月 9日 (日)

クレマチス(ベランダガーデニング)

Img_7570

Img_7566 大規模改修工事のため、ベランダ東側壁際のトレリスに数メートル以上に延びていたクレマチスを10月下旬に1メートル位に刈り取ったのですが、西側壁のクレマチスには蕾が付いていたので刈り取りをしませんでした。

先日ひとつ、そして昨日最後の花と思われるものが開花しました。通常の半分くらいの小さな花ですが好きな花だけにやはり嬉しいものですhappy01

ベランダの片付けも随分進んで、このクレマチスとモッコウバラを絡ませていたアーチも撤去したので、束にして天井から紐でぶら下げた状態です。醜い全体像ですがより長く花を楽しみたいのです。
花が散った後に東側と同様に短く刈り取って引越し準備ですhairsalon
クレマチス、お疲れ様です。そして、来年もたくさんの花を付けて欲しいですtulip

Img_7601 Img_7602 【独り言】
今日、近くの明石公園で「県民農林漁業祭」が開催されていると聞き、出かけてみましたrvcar
目的は植物活性剤を入手することです。以前使用してみて驚くほどの効果があったものだから欲しいなと思い、もう2年間探し求めているのです。
ホームセンターには置いてなくて輸入代理店が扱っているようなのですがインターネットで検索しても出てこないのです。
結局、今日も見つけることはできませんでしたcoldsweats02
黒豆枝豆や新鮮な野菜を買って帰路につきました。そして、途中大好きな”釜揚げうどん”を頂いてきました。この味はお気に入りなんです。満足、まんぞくnoodle

2008年11月 8日 (土)

害虫対策(ベランダガーデニング)

Img_7574

Img_7575

Img_7579_2 今日は朝から雨ですsprinkle
北海道・旭川では積雪15センチとのニュースsnow 寒気が上空に入ってくるようになりました。

ベランダの害虫対策のために落ち葉拾いです。落ち葉の中にはダニなどの害虫によって落ちるものもあるので害虫を増やさないためにも完全除去です。落ち葉の下で越冬して春に活動する恐れがあるからです。
この時期は害虫退治もしっかりやっています。カイガラムシなどは徹底的に!
カイガラムシはワイヤープランツの細い幹にまで寄生するのでよく退治しておいた方がいいようです。

落ち葉拾いをしていると水仙の芽等思わぬ発見をすることもありますeye

2008年11月 7日 (金)

デンマークカクタス(ベランダガーデニング)

Img_7556

Img_7558

11月に入ると園芸店には赤やピンクの色鮮やかな花が付いているデンマークカクタス(別名:シャコバサボテン)がたくさん並べられる。

我が家には2年前に新聞販売店からプレゼントされたデンマークカクタスがあります。最初の年は沢山の蕾をつけたものを頂いたので見事でした(最後の写真)
Img_0474 しかし、2年目は管理が悪かったのか、花の数が少なくそれは寂しいものでした。その反省から葉摘みや水管理を注意して行ってみました。その結果がこれから表れることでしょうsign02

店のデンマークカクタスは満開だから、我が家のもそろそろ蕾を付ける頃だろうと今日チェックすると1個の蕾を発見eye
さあ!これからのデンマークカクタスに注目です。

2008年11月 5日 (水)

ユウカリ(ベランダガーデニング)

Img_7527 Img_7525

ハイビスカスなどのように花が咲く植物ではないのでそのものの変化にはなかなか気付きませんeye
しかし、太陽が南に傾く秋は陽がベランダの奥まで届き、ユウカリに当たるとキラキラと光るのでその見事さに惹かれます。

ユウカリは成育旺盛だからベランダで育てると一気に天井まで届きます。
届いた幹は昨年夏に思い切って摘心しました。こじんまりと育てたいので水や肥料を控えめにそして少しいじめ気味に育てているのですがそれでもベランダの天井に届いてしまいました。

春と夏に陽がベランダに射しこむとキラキラと木全体が輝くので存在感があります。

ベランダのユウカリは雨に当らないので時々霧吹きで葉の表裏に水を吹きかけてダニ等を排除しています。 時々、カイガラムシに襲われることがあるので発見したら、即、退治です。ユーカリは幹を切ったときは切り口の処理をした方がいいようです。怠ると一気に枯れてしまうことがありますcoldsweats02ご用心!

気のせいかもしれませんが、ユウカリのそばでは他の植物が育ちにくいような気がしますcoldsweats02

ユウカリはコアラの好物らしいですがユウカリは数百種もあって食べられるのは1割程度だそうです。

2008年11月 4日 (火)

紅葉(ベランダガーデニング)

Img_7553

Img_7548 今年の紅葉は色が鮮やかなようですmaple
紅葉は”昼夜の気温の差が大きい””夏が暑く日照時間が長い””湿気が少なく乾燥している”などの条件を満たすとより鮮やかな色となるらしいsign02
昨年でしたか?茶色化しただけで紅葉と呼ぶにはちょっとといった感じでしたが今年は見事な紅葉が各地で見ることができそうですhappy01

よく京都・嵐山や京都市内の紅葉を見に出かけたものですが昨年はタイミングを外したことと鳥取・大山に出かけたものですから京都の紅葉は見ずじまいでしたcoldsweats02

今年は住宅周辺の並木もいい色となっているので出かけてみたくなってきました。
何処がいいかこれからネットで検索です。
京都市内の紅葉はまだ早いと昨日web仲間から連絡がありました。ありがたいですね。すぐに情報を入れていただけるなんてscissors

写真は住宅前の学校の正門と並木通りの昨日の様子です。

2008年11月 3日 (月)

ベゴニア(ベランダガーデニング)

Img_7532

Img_7533

Img_7534

Img_7535

強い植物なので学校や道路の花壇などによく植えられています。
ベゴニアは夏の強い陽射しにも乾燥にも強いのでベランダでも失敗しない花の一つでしょうsign03
(冬も霜に当てないようにベランダに出したままです)
そして低くまとまりやすい花なのでプランター、鉢、ハンギング何にでも似合い、花期も長いのでベランダガーデニングに適した花だと思って活用していますscissors

赤、ピンク、白を寄せ植えしてハンギングで楽しんでいます。もっとまとまった姿をしていたのですが昨年台風避難時に落としてしまい、2つの苗を折ってしまったので歯抜け状態なのです。
かわいそうなのでケア中です。落ち着いたら挿し木して姿形を整えてやろうと思っていますhappy01
こんな作業もベランダガーデニングの楽しみ方の一つなんですrun

【独り言】
昨日のゴルフ中継はいいものを見せていただいたtv
17歳1ヶ月の石川遼選手がプロツァー初優勝をしたのですが後半ホールの戦いぶりも見事でしたが優勝コメントがよかったgolf
「誰かに助けてほしいぐらい苦しいゴルフで泣きそうになったが、最後にいいことが待っていると信じてプレーした」と。17歳になったばかりの少年ですよ。
しかし、この優勝を価値あるものへと称える深堀プロのプレーも「これぞプロ!」のものを見せてもらいましたrock

2008年11月 2日 (日)

カネノナルキ(ベランダガーデニング)

Img_4284

Img_7544 Img_7546

大変なことになってしまいましたweep

20年以上も前から我が家で育っているカネノナルキが根腐れ状態になっていました。表土がカチンカチンになっていました。
原因は日照不足でしょうsign02
昨シーズンに(今年1月:1枚目の写真)初めて小さな白い花を付けて感激したのですが、暖かくなってもベランダに出さなかったために日光に全く当てていませんでしたsnail
ベランダの定位置に秋に置いた寄せ植えが見事に育ったので、ついその場所を譲ってしまったのでカネノナルキを置く所が無かったのです。可愛そうなことをしました。

即刻植え替えです。たまたま残っていたペチュニア用の土で間に合わせることにしました。もっと水はけのよい川砂混じりの土が適しているのでしょうが、何とかなるでしょう?
多肉植物なので植え替え後も水は与えませんでした。4,5日後に与える予定です。
20年以上の植物です。枯らすわけにはいきません。
カネノノルキが回復してまた可愛い花を披露して欲しいです。

【独り言】
ベランダの植物は水遣り他管理に注意しますが、室内の植物は油断してしまいます。
日当たり不足や乾燥によるダニが発生するので注意を怠っては駄目ですねshock

2008年11月 1日 (土)

念願の花が咲くかも?(ベランダガーデニング)

Img_7518

Img_7519 3連休の初日に嬉しい発見eye
アメリカンハナミズキに蕾が付いているのです。
まだ小さな蕾が4個なんですがこれから増えそうな気配ですhappy01
集合住宅の玄関前のハナミズキは例年9月末に蕾を付けるので我が家は今年も駄目かぁ~と早くから「諦め宣言」をしたのですが…

アメリカンハナミズキをシンボルツリーとして6年前にベランダ計画したのですが2回は根付きませんでしたcoldsweats02
プランターを変えたり、土壌を改良したり、置き場所を変えてみたり…いろいろと試みたのですが駄目でした。気に入った花だったので諦めきれませんでした(普通、2回失敗するとベランダには向かない植物と決め付けて計画変更するのですが)

3回目は乾燥を嫌う植物だそうなのでグランドカバーとしてブルーデージー、ミント、アリッサムを植えてみました。見事に根付きに成功sign03
経験(失敗)が役にたったようです。

Img_0006 しかし、苗(蕾付き)を購入した翌春に花が咲いただけで3年間空振りだったんです(最後の写真)。

早くあの薄紅色のアメリカンハナミズキの花を見たくなりました。
これからはドキドキしながらの管理ですheart01
今朝は嬉しかったので早くからブログ投稿ですpencil

【独り言】
いろんな花の苗を買ってきては失敗ばかりのベランダガーデニングです。2年連続失敗して1度は諦めても時が過ぎれば再挑戦してみたくなるものです。芽が出た、蕾がついた、……ほんの小さな出来事を素朴に喜んだり、驚いたりして楽しんでいます。

ハナミズキもそんな再挑戦のひとつの花木なんです。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »