« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

孔雀サボテン2(ベランダガーデニング)

Img_8852 Img_8853

先週木曜日に開花した紅色孔雀サボテンに続いて白色の孔雀サボテンも咲きました。
失礼、正確には今日咲きそうです(朝7時に撮影、寝起きだから焦点が合いませんでしたcoldsweats02)。
数年前の台風で殆んどが駄目になったのですが、辛うじて生き残っていた葉の僅か数cmの部分を切り取って挿し木していたのですが見事に回復してくれましたrun
何たって生き続けてくれたことが嬉しいですね。
(紅色も同じですが、これらの孔雀サボテンは我が家で35年も共にしています)

今日の昼過ぎには全開しそうなので、そのときは写真を更新ですねcamera
孔雀サボテンだってその方がお気に入りでしょう?

Img_8857⇒結局、夕方までの開花を期待しましたが残念でした。
  ボール状にふくらみましたがもう少しかかりそうです。
やはり孔雀サボテンはある程度 暗くならないと開かないようですね。

【独り言】
インフルエンザも大事に至らず収束しそうですcoldsweats01
神戸の県立2高校も昨日から登校を始めたようです。

今週からマスクも不要かな?
いつも週末はベランダの植物を移動しないといけないかもしれないので気が抜けない毎日ですbearing
気をつけないといけないですね。インフルエンザsign03

2009年5月30日 (土)

ディアスシア(ベランダガーデニング)

Img_8777 Img_8778

Img_8846 今日は朝からベランダの植物の大移動作業でした。植物だけならいいのですが、40㌔はあるタイヤを4本と物置などもです。そして移動後は床面を亀の甲タワシでゴシゴシと清掃です。早く終わって欲しい「大規模改修工事」ですdanger

ディアスシアは花を楽しむよりも苗をしっかり育てることが今年の目標です。ハンギングして揺れる姿は秋以降の楽しみとして今は元気に育ってくれることだけを願って水遣りや日照に気を遣っています。ちょっと見苦しい姿を披露ですが頑張っているディアスシアです。

【独り言】
昨日の通勤電車での出来事。
いつもの電車でいつもの場所に乗って通勤していて初めての体験sign01
途中、乗り継ぎ電車に乗って発車を5分間待つのですが、車内に足を踏み入れた時は座席がほぼ埋まる程度でした。
乗車口近くにある優先座席に対座して男子高校生が何やら話しをしていました。
その前を横切っていつもの場所の吊革をもって立っていると、
高校生「俺は余程の爺さんでないと席は譲らないゾ」と前の席の友達に決意を。
なるほど、それでいいのと違う。困った人に譲る気持ちさえあれば優先席に座っていても…scissors

そして、数分経って電車が出発なるかなといったタイミングで
目を閉じて立っている私にポンと肩を叩いて「どうぞ!」と斜め前から立ち上がった高校生がニコッと笑って…。
さっきの言葉を聞いていたのですかさず私「いいよ!いいよ!」と返すものの
高校生は更に勧めるのでやはり応えてあげようと私は座ってしまいましたcoldsweats02

座りながらも先程の「俺は余程の爺さんでないと席は譲らないゾ」の言葉がよぎってしまうのです。真ん前で立っていた人は20代の女性だったので私に勧められたのは仕方ないかぁ。でも本当はその高校生にずっと座っていて欲しかったです。
勿論、降車時には「ありがとう」を高校生に言っておきましたhappy01

一昨日は老夫婦に席を譲ったのですが、席を譲られたのは初体験でしたcoldsweats01

2009年5月28日 (木)

孔雀サボテン(ベランダガーデニング)

Img_8832 Img_8821 Img_8824 Img_8826

毎年、冬の花を片付け、モッコウバラクレマチスが咲き終わって一段落する5月下旬のベランダにでっかい花を咲かせて元気をくれる孔雀サボテンが今年も咲きましたtulip
昨年は5月30日だったので今年は2日早い開花です。

帰宅して見てる間に開き始めたので早速シャッターを押しましたcamera 夕食を終えてベランダに出てみると完全に開いていたので室内に入れて再度撮影。

数年前の台風23号で壊滅状態になってしまったのですが、徐々に回復してきました。すごい生命力です。このような姿を観察していると勇気をいただけますrun

日頃はノー管理状態で数ヶ月に一度肥料を与えるくらいで、軒下で雨に当たるだけの水遣り状態ですhappy01。サボテンだから冬季の寒さに弱いのですが室内に取り込んでやることも出来ず、ビニール袋の簡易防寒で我慢してもらっています。(冬季は休眠状態なので袋にくるんでほとんど水もやりません)
このように世話してやれないのに見事な花を提供してくれるのは何だか申し訳ない気持ちですwobbly
今年は白色の花を付ける仲間(孔雀さぼてん)も台風災難からやっと立ち直れるまで復活してきたので喜びは倍増なんですgood
昨年は確か4個の花、今年は7,8個は咲きそうなのでこれから楽しみいっぱいです。

1日花なので今夜はずっとリビングで観賞ですeye
手のかからない植物でありながら見事な花をプレゼントしてくれるなんて……最高ですsign03

2009年5月27日 (水)

ハイビスカス(ベランダガーデニング)

Img_8809 Img_8792

Webでハイビスカスの花の画像を見かけるようになりました。
日本では地植えのハイビスカスは夏から秋にかけて咲く花と言われるので随分早くから咲くものですね。
うちのハイビスカスは2ヶ月前は丸裸状態だったのでこれからじっくり栄養を補給しながら夏に向けて開花かな?
慌てなくてもいいからビビッとした元気な花を期待しています。

本当はこの春に植え替えする予定だったのですが作業場所が無かったもので来春に延期ですsandclock(ハイビスカスは根が兎に角はびこるので毎年植え替えしてもいいようです。いや、した方がいいようですcoldsweats01

Img_8772 Img_8773

Img_8774_2

Img_8776先日、珍しいハツユキカズラの花を写真を撮ったのですが夕暮れ時のため、明るさが足りなかったので再度、休日の昼に撮ってみましたcamera
ハツユキカズラにとってもきっと綺麗に撮って欲しいでしょう?happy01) 

2009年5月26日 (火)

ベルフラワーの切り戻し(ベランダガーデニング)

Img_8804 Img_8805

ベルフラワーの開花期間も先週終わってしまいましたcoldsweats01
今年は住宅周りに張られたシートのお陰で強風と雨をしのぐことが出来たのか、長い間咲き続けた花を見ることができましたscissors

日曜日に花後のベルフラワーを刈り込んでやりましたhairsalon
花びらが葉や茎にくっついて溶けた状態になると苗が弱るような気がするので2年前から刈り込み作業をしています。
(今頃の時期に刈り込むと秋にもう一度、花を付けることがあります)
ベルフラワーは高温多湿に弱いようです。葉が込んだり根元に枯葉等が落ちている場合はこまめに取り除いて少しでも風通しよくしています。
こうやってこのベルフラワーも丸5年生き続けています。

Img_8811 Img_8812

1日花の時計草の花に久しぶりに面会できました。今日はタイミングよく、帰宅してベランダに出て花を発見eye
最近は咲き終わった蕾の後片付けばかりで花を見ることが出来なかっただけに数分間の対面ですが嬉しいものですhappy01
週末にたくさん咲いてくれることを期待ですsign01

2009年5月25日 (月)

木苺(ベランダガーデニング)

Img_8802 Img_8801

我が家にやって来て数年になる木苺に初めて実が付きましたapple
鉢植えしたものを知人から貰ったものです。観賞用というよりもベランダで収穫できるかどうか試してみるために2年前の正月に「原木椎茸」と一緒に故郷・山口から持ち帰ったものです。
ベランダ工事の為に今は日頃近づけない場所に避難中なので週末だけ水遣りに”ご対面”している状況ですcoldsweats02

特にこれといった管理はしていないのですが、①土表面が乾燥しないようにバークチップを置いたことと、②乾いたらタップリ水を ③液体肥料を1ヶ月に1回与えることくらいです。

2粒をもぎ取って口に入れてみると、甘かったですhappy01good

2009年5月24日 (日)

ブライダルベール(ベランダガーデニング)

Img_8793 Img_8798

Img_8797ブライダルベールの花が咲き始めまし た。日中の明るいときだけ開いて夕暮れ時には閉じてしまうので休日にしか開いた状態を見ることができませんgawk

ブライダルベールは温度と日照時間が整えば1年中花を咲かすと言われますが、やはりこの時期に似合うようです。「ジューンブライド」の言葉から勝手にこの時期の花だと結びつけてしまうのでしょうかsign02

冬の間は、数cmに刈り込み冬越ししてたのですが、春になると一気に茎が伸びるようです(氷点下に下がらない地域だから、室内に取り込まなくても済むのでしょう)  
鉢表面まで日光が入らないので水遣りは控えています。
葉ダニやカイガラムシが襲うことがあるので風通しの良い場所に置くことに気を付けていますrock ハダニ防止は葉水が大切なようです。霧吹きで表裏にシュッシュッしています。カイガラムシは発見、即退治ですpaper

【独り言】
新型インフルエンザの規制が解かれた(?)というか学校の休校や公共施設、イベント開催自粛の解除がなされ通常の生活に戻りつつあるのでホッとしたところです。
でもやはり流行性の病気には気を付けたいものです。今回の騒動でマスク着用や手洗い励行、咳エチケットなど世の中で忘れられていたものが再認識されたことは不幸中の幸いでしょうか?
私が通勤する地下鉄ではマスク着用率は95%状態でしたhappy01

2009年5月23日 (土)

もう一つのクレマチス(ベランダガーデニング)

Img_8766 Img_8765

Img_8767

2種類のクレマチス開花の最盛期が終わってぼちぼち花後の処理かなと思っていたら、花びら数6枚のブルー系の花が咲いていました。
一気に咲いたブルー系は確か8枚の花びらだったので種類の違うクレマチスが開花を始めたのでしょうsign02

結局、今シーズンは4種類(白、赤紫系、ブルー系2種)のクレマチスが咲いてくれましたscissors
1年生苗の植え付けにたくさんの失敗を重ねましたが、最近はどうにか成功するようになりガーデニングの楽しさも増してきました。

Img_8785

改修工事も工期が遅れていることからこれから6月いっぱいは土日も工事が実施されるとのこと。雨が降るたびに工事が中断となるので大変です。無事故で工事を完了して欲しいものです。

Img_8783_2 東側ベランダの工事はほぼ終了です。綺麗になりました。これから南側ベランダに一時置きしているクレマチス、ノウゼンカズラ、オリーブ他の鉢を一旦、この東側ベランダへ移動です。作業は大変ですが、待ちに待ったベランダガーデニングを再開できると思うと元気がでてきますrun

2009年5月20日 (水)

ノウゼンカズラ(ベランダガーデニング)

Img_8751 Img_8753

大規模改修工事もいよいよ終盤を迎えましたsmile
今週から通路の塗り替え、防水加工です。「ペンキ塗りたて!」があちこちに貼られて壁に触れようものならペンキが付いてしまう状態です。早速、スーツにペンキを付けるドジをしてしまいましたcoldsweats02

植物の生育旺盛さはますます加速しますclover
その中のひとつ、ノウゼンカズラの新芽は1日10cmも伸びるものがあります。あまり早く伸びると最終工事のためにもう一度移動しないといけないので困ってしまうのですが……ng

今年は住宅周りをシートで囲まれているせいかどうか、アブラムシの先発隊もやってきませんscissors
作業が減って助かります(例年、この先発隊を徹底的に退治するために出勤前作業していましたrun

昨年植え替えしたので葉も元気です。やはり、鉢植えの植物は植え替えが大事なポイントのひとつのようですhappy01

2009年5月19日 (火)

ハツユキカズラの花(ベランダガーデニング)

Img_8763

Img_8756

Img_8764

Img_8759サプライズです!今日、帰宅してベランダの片隅に雑に置いている鉢の中から発見sign01

ハツユキカズラが今年も花を付けてくれました。
風車のような形をした白い花です。何年間も発色に四苦八苦してやっと昨年頃から上達した矢先に見たことのないハツユキカズラの花を発見して驚いたのですが、なんと今年もですhappy01

初めて咲いたときにインターネットで「ハツユキカズラの花」を検索して調べてみたのですが、”業者の方が育てる2000鉢の中でも滅多にしか見ることができないくらい稀なこと”らしいです。

嬉しいですねhappy01、いろんなことに挑戦しながらガーデニングを楽しんでいますが達成したときは勿論ですが、 このようなサプライズが起きると言い表しようがないくらい嬉しいですbellshine

2009年5月18日 (月)

強風と新型インフルエンザ(ベランダガーデニング)

Img_8730 Img_8731

昨日の神戸は嵐のような荒れ模様typhoon
雨は小降りになったものの風が強く、ベランダのサッシを開けることが出来ないほどの強風でした!
その風をまともに受けてベランダの花が大変、そろそろ開花期を終えようとしていたクレマチスの花がたくさん吹き飛ばされてしまいましたweep
もう少しの間、見ておきたかったのにcoldsweats02
でも後から咲き始めた赤紫色のクレマチスは強風に耐えていましたrock

神戸は新型インフルエンザのニュースで大変sign01
まさかのまさか状態です。こんな状況になるとは思ってもみませんでしたpig
それにしても海外渡航歴のない高校生の間で人から人への感染とは…。

この新型の発生源は?
メキシコの豚からの新型インフルエンザの感染を封じ込めるために厳格な対応を施されてきたのでそろそろ治まるかなと思っていたところに大変な事態に発展coldsweats02  一丸となってウィルスと闘わなければなりませんrock

2009年5月17日 (日)

ミセバヤ(ベランダガーデニング)

Img_8747 Img_8745

Img_8750

マイミクさんからミセバヤを戴いたので植え付けましたbud
鉢や園芸道具、土などが十分準備出来ず作業が大変でしたが、何とか終了。(ベランダでは作業スペースが無いので苦労しますcoldsweats02
鉢が少し小さいかもと心配ですがミセバヤに我慢してもらって様子を見ることにします。

民家の生垣の間から伸びた茎に赤紫色の花を付ける植物が気になっていたのですが、それが「ミセバヤ」ということを今回の縁で知ることができましたbook
濃紅色の花が咲くと付箋が付けられていたので、花を付けるのが楽しみですeye

サボテンも頂いたのでこれは先日植え替えたサボテンの傍に一緒に植えてみましたbud

更にスパティフィラムの根がはびこって黄葉となってきたのでこれは重症と思い、急遽植え替えをしてやりました。案の定、鉢内は根がビッシリと詰まっていました。茎や葉が成長しない理由が分りました。一昨年、植え替えしたのですが、薄明るい場所に置いたままだったので根ばかりが生長したのでしょうか?ひ弱な葉ばかりが増えてしまいましたcoldsweats02
鉢内をスッキリさせたのでこれからはスパティフィラムものびのびとしっかりした茎・葉となることでしょう?run

クリスマスローズも植え替え時期なのでついでに作業!
やはり植物にも心地よい環境を整えてやらなければなりませんclover

2009年5月16日 (土)

ベゴニア(ベランダガーデニング)

Img_8738 Img_8737 Img_8739 鮮やかな色が多いベゴニアは花期が長く、背丈が低いので沿道の植え込み等によく使用されていますがベランダでも重宝しますgood
シーズン花が終わってもベランダに色を添えて変化をもたらせてくれます。
乾燥気味を好むのでベランダの前面にハンギングしておけば雨に当たる程度の水で十分なようですbud

多湿を苦手とするので風通しのよい場所に置いた方がいいようです。茎が伸びて見苦しくなると刈り込んで整え、刈り取った茎を挿し木することで増やせるのでコストのかからない植物です。

2009年5月15日 (金)

ブライダルベール(ベランダガーデニング)

Img_8715 冬越しに成功したブライダルベールが生育旺盛です。
小さい白い花を付け始めましたtulip
冬前に茎を数cm程度に短く刈り込んで、寒風が当たらない場所に移動、水を3週間に1度くらいと乾燥気味にして冬越しを試みたのですが、茎を伸ばした状態で冬越しするよりもこの方法がよかったようですgood
(前は茎が伸びた状態で冬越ししようとしたのですが茎・葉が凍傷を負ったようにして枯れてしまいましたcrying)この方法で冬越しが容易に出来るのかもsign02

ブライダルベールは花後も姿を整えるために短く刈り込んでもすぐにこんもりと茎を伸ばすようです。兎に角、生育旺盛な植物のようですclover

2009年5月14日 (木)

黄金カズラ(ベランダガーデニング)

Img_8743 Img_8744

この時期はつい黄色や青色の開花する花の方に気を惹かれてしまいますが、葉の模様や色を楽しめます。黄金カズラは緑色の中に黄色の葉、しかも1枚1枚の模様が異なるので立体感とボリューム感を増します。

この黄金カズラも鉢植えして数年になりますbud
日陰に置いているせいか最初の頃は生長が遅かったのですが地道に大きくなってきましたrun

水遣りもそんなにシビアに気にする必要もないので日頃手の届かない高い場所に置いてベランダの立体感を出すために使っています。その効果は???
自分でいろいろと考えながら楽しんでいます happy01

2009年5月13日 (水)

メダカ(ベランダガーデニング)

Img_8720

水槽の中のメダカ川エビも元気!元気runそしてタニシも(水槽から脱走して戻ることができないタニシも)。
メダカは餌をやると一気にたいらげてしまいます。
川エビまでが水面まで上昇してきて水草の周辺をムシャムシャと何やら食べています。
ひょっとしたらメダカの卵でも食べているのかとよ~く見るのですが分りませんeye
タニシも世代交代したらしく体長5ミリくらいの可愛らしいものが沢山水草や水槽壁面にくっ付いていますnotes

Img_8729 今日もクレマチスの花が増えていました。朝、起きてベランダに出るのが楽しみな日々ですscissors

Img_8725【独り言】
エコポイント制が5月15日から開始されるとのニュース!
しかし、内容を理解している人は少ないらしいcoldsweats02 私もそのうちの一人ですcoldsweats01
対象商品を購入すると割引されてその分が商品券に変わるらしい?

でも、対象商品は定価がある訳でなくオープン価格なので店によって値段は違うし、量販店で購入するときはネゴ交渉もできるのでエコポイントなんて面倒! 
わざわざエコポイント付与で値引きなんて…?
ネゴ交渉の上手な関西人にはエコポイン制は不要なのでは?coldsweats02
多分、エコポイント制で商品券に変換すればそれでもって別の商品買うことになるから活性化に繋がる……なんでしょうね? 
 これだと「エコ」とは言えないしなぁ(必要としない無駄なものを購入する羽目になる訳だからbearing

この制度は経済活性化の1案とも言われるが、制度がハッキリしないまま発車なのでしょうか?
「地デジの準備を早めにお願いします」のPRに呼応して早めの切り替えに協力した人達にはこのエコポイントは付かないし。このような人達の気持ちを裏切ることはないのでしょうか?
エコポイント制のニュースでいろんなことを勝手に考えてしまいましたhappy01

2009年5月12日 (火)

ミント(ベランダガーデニング)

Img_8716 繁殖力旺盛で刈り込んでも刈り込んでも新鮮な新芽を出してくれるミントアメリカンハナミズキのグランドカバーとして定着しましたgood
特別な管理を必要としないので助かります。
指で擦ると鎮静効果の香りを発するので和みますchick

プランター内で込み合うと風通しが悪くなって一気に弱ることがあるので時々刈り込んで風通しよくしてやっています。ベランダでは風通し対策も大切なポイントのようですrock

園芸書に土壌や肥料、水遣り、風通しのことがポイントとして書かれていますがこれは簡単なようですが実はすごく重要なようです。
今回、ベランダ工事で植物を仕方なくいろんな場所へ移動しているのですが、何年も育てていて生長が今ひとつなものがほんの2ヶ月程度環境を変えただけで見違えるほど生育旺盛なものがありましたup
今回の経験を今後のベランダガーデニングに生かそうといろいろと練っていますpencilmemo

2009年5月11日 (月)

クレマチス(ベランダガーデニング)

Img_8710 Img_8717

ブルー系の大輪クレマチスとは別にベランダ西側でトレリスに誘引しているワインレッド系のクレマチスも開花真っ盛りになってきましたtulip
ブルー系のものよりも一回り小さい花ですがこの色も好きです。
今は行灯仕立てでグルグル巻き状態です。
こんなに沢山の花を付けてくれるなら本来のトレリスに絡んだ姿だと見栄えも違うのになぁとちょっと残念です。それは来年までお預けですeyeglass

昨年は数個の花だったのですが強剪定の効果があったのか花数が増えました。
まだまだ沢山の蕾を付けているのでこれからも楽しみいっぱいですhappy01

当分の間は活動的なので肥料と水を忘れないように気をつけます。水切れは最悪な結果を招くことがあるのでプランター内の湿度には要注意ですdanger

【独り言】
10日から「愛鳥週間」が始まったchick
と、言っても知らない人が大勢いるのではないでしょうか?
具体的にどのようなアクションを起こせばいいのかわかりません。
昔は巣箱を作ってやったりしたものですが社会人になってからは
気持ち的には野鳥に危害を与えないと理解する程度です。
野鳥の鳴き声はほのぼの感あっていいですね。ついその姿を見つけたくなりますeye

最近では野鳥に餌をやらないことが基本のようです。
餌をやることで野鳥が自活能力を失ってしまうからだそうです。なるほど納得!

先日も公園で昼食弁当を食べていると大空を高く舞っていたトビが
背後から弁当を目掛けて急降下!広い羽が邪魔したのか弁当を持ち逃げされませんでしたが鳶が弁当を襲うなんてビックリしました。
トビも自然界のヘビや鼠を捕らえることを忘れたのでしょうか?

2009年5月10日 (日)

ワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

Img_8708 ブリキ製のじょうろに植えつけたワイヤープランツなのですが、数年間も植えっ放しなので栄養不足状態なのでしょうsign02
葉の付く速度が遅いようです。追肥だけを与えている状態です。
冬の間、葉を落として”錆びたワイヤー”状態だったワイヤープランツも今は新芽を出し始めたようです。例年5月末から小さな白い花を付け始めます。

今年は植え替えをする計画をしていたのですが、工事のために物置状態で狭いベランダでは作業は無理、ムリを言い訳にサボタージュですcoldsweats01

時々、カイガラムシが襲い掛かることがありますが発見、即退治で大事には至ったことがありませんthink

Dsc00915 ベルフラワーの開花時期もそろそろ終盤のようです。今年は住宅周りをシートで覆われたので雨に当たることが無かったので随分長い間、花を楽しむことができましたtulip
一斉に咲いてサッと終わるイメージの花でしたが大規模修繕工事のお陰で随分長く観賞できましたgood

2009年5月 9日 (土)

ディアスシア(ベランダガーデニング)

Dsc00913 宿根草で花期が長いので好きな花の一つ、ディアスシア(リトルダンサー)をハンギングして大事に育てています。
10年くらい前、冬の園芸店で風に揺られていた姿に魅せられて購入したものですeye
その頃から市場に出回ったのかその花は珍しく新鮮で、また冬の花の少ない時期に見たので衝動買いしましたclover

多湿が苦手なようで灰カビ病に襲われることがあります(冬季に防寒用としてビニール袋を被せるとどうしても中が蒸れてしまいます)
しかし、早めの処置すれば特に問題なく済んでいます。
ディアスシアは夏の強い陽射しを嫌うのでベランダガーデニングに適している植物だと思います(但し、西陽に注意が必要かも?)
プランターで育てるため、栄養補給のために3年に一度くらい植え替えしてやっていますbud

今は床上に保管状態なのでその姿を十分楽しめないですが、工事が終わると本来の位置にハンギングして”リトルダンサー”を演じられるようにしてやります。

Img_8699 Img_8697 【独り言】
日ごとに花数が増えるクレマチス。休日はその数を数えるのが楽しみです。今朝は22個、昨年実績を既にクリア!

2009年5月 8日 (金)

ハツユキカズラ(ベランダガーデニング)

Img_8670 ハツユキカズラに花が付いたとのブログ仲間からの報告を聞いて我が家のそれを見に行ったら「ひょっとして」の兆候sign02
しかし、これは単なる新芽でした。ハツユキカズラが花を付けるのは珍しく、そのコツも園芸プロにもまだ分ってないらしいですeye

縁起のいい繋がりで我が家にもとと期待したのですが、残念ですcoldsweats01

ハツユキカズラはあの柔和な花にするのも難しいと思っていたのですが、最近は柔和な葉、そして花まで咲くようになったので(昨年初めて白い風車のような花が付きましたhappy01)少し自信をつけてきたのですが……confident
(単なる偶然が重なって成功しているのかもしれませんが、努力して結果がいいと嬉しいものです)

2009年5月 7日 (木)

姫林檎2(ベランダガーデニング)

Img_8602 Img_8606 今年の姫林檎は元気がいいですrun
やはり思う存分直射日光を浴びているからでしょうsign02 日光を十分浴びた花の蜜もおいしいのでしょうね、蜜蜂がやってきてくれました。
カメラを取りに行って戻ると蜜蜂は退治されると思ったのか照れ屋なのか、ブーンと高く舞い上がっていきましたsad
十分な日照を浴びると花びらも大きいようですclover
やはり、姫林檎が生長する上で日照は大事な要件のようです。こんなことが分るとやはり環境条件の良い場所に置いてやりたくなりますhappy01

2009年5月 6日 (水)

クレマチス4(ベランダガーデニング)

Img_8654 Img_8655

Img_8666

Img_8667 昨日より今日、今日より明日と花数が増え続けるこの頃のクレマチスですeye

避難中なのできちんと誘引してやれないクレマチスですが生育旺盛で自分の蔓に更に蔓を巻き付けるといった自殺行為状態です。ベランダ工事に合わせて鉢を移動させないといけないので「高さ制限有り」なのですcoldsweats02
花も生い茂った葉や蔓に邪魔されて必死に開こうとしている可哀想な状態ですweep
(クレマチス自身も今年は伸び伸びと上方へ上がっていくことが出来ないことに不思議がってるのではないでしょうか?)

この時期はいろんな花が開花していいですね。元気が出てきますbicycle

今回の大規模改修工事はクレマチスの切り戻しについていい勉強が出来ましたchair
いろんな状況に直面しながら次に繋げたいですねhairsalon

【独り言】
①今日で連休も終わりcoldsweats02
今回は新型インフルエンザに1000円高速道路と大変な騒動の中の大型連休!
混雑が予想されるのは分っていても、このような時にしか出掛けられない我がサラリーマンweep
お疲れモードの人も多いことでしょうsign02
明日からの仕事、頑張りましょうcat

Img_8679 ②連休中は家に閉じこもっていたので少しは外気を吸わなくてはと思い、車で明石・大蔵谷海岸へrvcar
家族連れの釣り客や水遊びして歓声を上げている人々がそれぞれの休日を過ごされていました。
明石海峡大橋を行き来する車、淡路島-明石港の定期船「たこフェリー」、神戸空港へ着陸態勢の飛行機など…どの乗り物にも連休を楽しんでいるのだろうと想像しながら見つめていましたwave

2009年5月 5日 (火)

ユキノシタ(ベランダガーデニング)

Img_8603 Img_8605 お化け状態になるほどユキノシタの生長が旺盛です。日照時間や風通しなど環境条件が違うとこれほど成育に影響するのかと実感しますcoldsweats02
ここ数年はベランダの日陰場所としてガーデニングに活用している壁下で姫林檎ユキノシタなどを育てているのですが、ベランダ工事中の今は北側通路屋上の午前中は陽が当たって午後は日陰になる風通しの絶好な場所に避難中です。

ユキノシタが育ち過ぎて入れ物の鉢とのバランスが悪くなりましたが、しっかり体力付けてもらって、また少し環境の悪い所でもかわいい白い花を付けて欲しいですshine

【独り言】
その①
昨日の大リーグ、マリナーズ対アスレチックスの試合は延長15回、5時間を超える長時間でしたが滅多に見られない好ゲームでしたbaseball
日本人大リーガーのイチロー選手と城島選手が要所要所で大活躍した白熱した試合でした。
途中で主審と塁審が交代するといった私が見たこともない珍しいハプニングもありました(大リーグでは決着がつくまで延長して試合をするので疲労を考慮してこのようなことをするらしい。合理的な対処?、日本ではありえませんねbearing

9回裏の土壇場に城島選手が同点ホームランを打ってからドラマは始まり、相手のアスレチックスがリードすると今度はイチロー選手が同点ヒット!
最終はマリナーズがサヨナラ勝ちときたから”これぞ劇的な逆転”sign03
ファンはたまらないhappy01

ゴールデンウィーク、外に出ないでもいいものを見ちゃいましたtv

その②
今日は「こどもの日」、しかしこどもは28年連続現象しているらしい!
将来の日本の国力にも影響すると危惧されています。  
こどもの数は1,714万人。語呂合わせでも「こどもは『いないよ』だ」rock

長い独り言、最後まで読んでくださった方、ありがとうございましたcoldsweats01

2009年5月 4日 (月)

ユーカリ(ベランダガーデニング)

Img_8587 Img_8586 今の時期、斜光が葉に当たってキラキラと輝くユーカリの存在に気付く筈なのですが今年は隣接棟との通路屋根の上しかも住宅周りを覆っている工事用シートの外側に避難中なのでそんなことに気付くどころか管理を忘れそうになってしまいます。
水遣りも忘れないように気をつけているのですが勤めをしているとつい忘れそうになることがありますcoldsweats01

ユラユラと揺れながら枝先の小さな葉が輝く姿は他の植物にはない光景で楽しみ方に変化があっていいですeye
ベランダはシルバーリーフを楽しむには好都合かもしれませんgood
そんなユーカリを今年は楽しむことができませんcoldsweats02

大きくなってベランダ天井まで届いて欲しくないユーカリですがそうなるのは時間の問題かもしれません。この辺がベランダガーデニングで困るところですね。本来ならどんどん大きくなることが嬉しいのですが、ベランダではいかにコンパクトに仕上げるかもポイントのようですbud

ユーカリは花が咲く品種とそうでないない品種があるようです。時計草のような素敵な花をつける品種もあるようです。シルバーリーフと花の両方が楽しめるといった贅沢な品種はないのでしょうか?

【独り言】
Dsc00893 Dsc00894今朝早くから以前から気になっていたクンシラン孔雀サボテンの植え替えをしてやりましたbud
クンシランを蘭の仲間と勘違いして土壌を間違っていたのですが数年間放置していたので花は付けなくなるし、黄葉が出たり弱ってしまいましたのでやっと植え替え実行です。
孔雀サボテンはベランダ工事で鉢を移動中に倒れてしまったので(砂質土壌だったので保持力が不足したのでしょうね。これも土壌の失敗のようです)
花芽も付けている状態だったので少し心配ですwink

Dsc00896 作業スペースが無いベランダでの植え替えだったので効率が悪かったですが何とか終了、気がかりなことを解決して凄く満足な1日になるような感じです。作業の傍ではクレマチスが咲いていたのですが観察する余裕はありませんでしたhappy01

2009年5月 3日 (日)

時計草2(ベランダガーデニング)

Img_8595 Img_8596 今年初めて時計草の花が咲きましたtulip

つい先日、冬越しのビニール袋の覆いを取り除いて春の準備(再誘引と追肥)をしてやったばかりなのに花を付けてくれました。
最近は温暖な天気が続いているので植物達も喜んでいるのでしょうsign02
時計草は大好きな花の一つだけに、嬉しい限りです。今はモッコウバラ、アメリカンハナミズキ、クレマチス、ブルーベリ ー、そしImg_8601 てオリーブと好きな花がベランダで一斉に咲いてくれています。
この時期が一番好きですhappy01

ベランダ工事でコンクリート粉を浴びて一時は枯れそうになった植物達も元気に復活しつつあります。もう少しの工期なので頑張ってImg_8600欲しいですhappy01

2009年5月 2日 (土)

オリーブ(ベランダガーデニング)

Img_8594 Img_8590 雑然とベランダに置いているので写真では分りづらいかもしれませんsign02
避難場所が無かったので冬の間、リビングの隅に置いていたオリーブ
日照時間が不足気味で少し元気をなくしていたのですが、ベランダに出せるようになってから回復してきましたclover
日照時間が不足すると葉がパラパラと落ちるようです。

ベランダに出してやると喜んでいるかのように新芽を出し、小さな花も付けるようになりました。オリーブは好き勝手な方向に枝を延ばすので困ることもあります。目に当たらないようにベランダではセッティングしています。
もう3年位になるので冬前に植え替えをしてやらないといけないかも?です。

Img_8593 そばに置いているクレマチスも新しい花が咲きそうです。ゴールデンウィークのタイミングに合いましたgood

2009年5月 1日 (金)

ムラサキシキブ(ベランダガーデニング)

Img_8583

Img_8585

見苦しい姿ですがすごく頑張ってくれたのでcameraUPしましたcoldsweats01

昨年の秋に落葉して枯れてしまったかなと心配していたムラサキシキブが生きていました。
ユーカリとの相性が悪いので(ユーカリは乾燥を好み、ムラサキシキブは湿り気味を好む)近くに植えるのはどうかなと思いながら水遣りだけは注意していたのですが、ユーカリに負けたかのように生長が今一つです。
これから徐々にでもいいから回復して欲しいです。

ムラサキシキブはベランダガーデニングには不向きな植物かなと思っていましたが、いやいや捨てたものではありませんclover

新鮮な芽を節々に出してくるとやはり嬉しいものですhappy01
春になって宿根草が芽を出したときや落葉樹が新芽を出したときは特別に嬉しいものです。凄く勇気がもらえます。

ベランダ改修後、適切な時期をみてムラサキシキブを植え替えてやろうと思っています。

やっと明日から私のゴールデンウィークです。工事の工程に合わせて植物達の移動作業ですrun

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ