« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

台風14号(ベランダガーデニング)

Dsc01585 台風14号の進路が少し東側にずれて関西上陸は免れそうcoldsweats01
もっと東側にずれて本土から遠のけばいいですねpout
それでも我が家は小高い丘にあり風を遮る山がないのでもともに受けてしまうtyphoon

ベランダの植物が被害を被らないように出来る限り避難させてやらなければなりません。
特に、これから出番を迎えるビオラは傷んで欲しくないsign03
壁際に移動して鉢が倒れないように3方をブロック、プランターで囲ってやりましたcancer

Dsc01572Dsc01571 ミニ生垣に絡んだアブチロンはどうなるのだろう?ひょっとして惨めな姿になるかもとパチリcamera

午後からは南側ベランダの植物を片付けですrun

2010年10月28日 (木)

ヒューケラ(ベランダガーデニング)

Dsc01580 Dsc01579

Dsc01583 日陰を好む植物ということで今春、ヒューケラをベランダの壁の陰となる箇所にハンギングしてみましたbud 風通しも十分でない箇所なので不安でしたがヒューケラはここの環境を好んでいるのか順調に生長しましたgood

ベランダの日陰部分に生き生きした植物を置くことでその空間が生きてくるように感じてきます。成功すると嬉しいですねhappy01
寒さには強い植物らしいので冬は大丈夫でしょうsign02

最初はオーソドックスなヒューケラで挑戦しましたが、1年間我が家のベランダで大丈夫そうだったら他の品種にも挑戦してみようと思っています。
ヒューケラは花も可愛いですが葉の色・模様も1年中楽しめるのでベランダガーデニングに役立つ植物ではないでしょうか?

同じプランター内でグレゴマを復活させてやろうと春先から頑張ってみましたが、こちらは現維持の状態coldsweats01 
グレゴマは強健な植物でむしろはびこって困ることがあるのですが今回はヒューケラに遠慮しているような様子です。

Dsc01582独り言】
非常に強い台風14号が接近してきたので、ベランダのチェックをしたりトレリスなど必要な固縛をすることにwrench
つる性植物も誘引の麻紐やビニタイをしっかりしてやろうと作業していたのですが…
ビニタイでクレマチスを誘引する際に自分の手で蔓を折ってしまいましたcoldsweats02
台風で折れないようにしているのに自分で折ってしまってはpig…何のためにしているのだろうか?こんなことありませんか?
一応、セロテープで処置をhospital

2010年10月27日 (水)

パーゴラがちょっとスッキリ!(ベランダガーデニング)

Dsc01565 Dsc01566

今年のノウゼンカズラの生育旺盛なことsign03
予想以上に伸びてパーゴラを覆い隠すほどになってくれましたscissors大好きな薄いピンクの花も沢山咲いて大満足でしたfastfood

花期も終わったのでそのワサワサ状態をどうにかしてやろうと、昨日パーゴラの前髪(ノウゼンカズラの葉っぱ)をアップにしてやりましたdog
これから落葉すると下の階に舞い落ちてもいけないと思い、ベランダ奥の方へ引っ張っておきました。週末には台風が接近するかもしれないのでtyphoon

整理してみるとやはり気持ちいい、これでノウゼンカズラの陰となっていたヘンリーツタミリオンベルそしてモッコウバラもきっと喜ぶだろうsign02
Dsc01563 日当たりを好む植物にはタップリの日光を与えてあげないと不健康になりがちですwobbly

*最後の写真が整理前のワサワサ状態gawk

2010年10月26日 (火)

急に寒くなりました(ベランダガーデニング)

Dsc01552_2 Dsc01545

Dsc01546

Dsc01557 今朝は急に寒くなりましたsad
そのせいか、アメリカンブルーは花が開かない、ホットリップスは葉面蒼白(気温が下がると白い部分が増すようです?)
そのホットリップスの葉を毎日腹いっぱい食べているコメツキバッタ(1週間前に発見)も震え上がってじっと体温維持!?

突然の寒波襲来は植物達には可哀想ですねweep

Dsc01559 それでも、昼前に雲の間から日が射すと時計草「ビクトリア」が開いてくれましたgood
少しは寒さが和らぎますsun
このビクトリア、日が当たる場所に移動したら喜ぶように沢山の蕾を付けました(ベランダでは日が当たる場所が限られるので難しいですね)

Dsc01547 Dsc01553

2010年10月25日 (月)

秋のベランダ西側(ベランダガーデニング)

Dsc01537 今、ベランダ西側Dsc01502 が活動的なのでその様子をpencil

Dsc01535

ちょっとしつこい投稿ですが、嬉しいのでお付き合いをcoldsweats01
四季咲きクレマチスが一斉に開花しました。花の数15個、何よりも緑葉が増えたベランダに花が咲いてくれたことが嬉しいですconfident

Dsc01523アズーロコンパクトは5月頃からずっと咲き続けてくれています。
管理も簡単で、長期間咲いてくれるとベランダが明るくなるので助かりますgood
(サントリーフラワーズからモニターキャンペーンで頂いたものなんです。1日でも長く咲いてくれるように願っています)

Dsc01526ブライダルベールも春先から一気に生育して5月から開花を始め、咲き続けています。
ブライダルベールは日照などの環境条件が整えば年中咲く植物ですが、ここ神戸では冬の間は短く刈り込んで冬眠状態にして毎年楽しんでいます(屋外でも寒風が当たらない場所で冬越し)

Dsc01527 ④再挑戦しているオレガノは何とか暑い夏に耐えてくれましたscissors
高温多湿が苦手な植物のようなので風通しのよい場所にハンギングしてみました。後は冬越しが課題ですcoldsweats01

Dsc01528つるバラ、モッコウバラは新芽をいっぱい出し始めました。節々から覗かせる新芽を見つけると元気がでますrun

Dsc01530ムスカリはいつもフライングして葉ばかりをどんどん伸ばしています。花が隠れてしまうので好ましくありませんが球根を植え放しにしているので自然にお任せですconfident
(姿・形をよくするには10月末頃に植えればいいようですscissors

Dsc01525多肉植物
パーゴラの支え板に植えつけている多肉植物はこの1年間で何種類かは落ちてしまいましたがそれぞれが好きなように成長していますhappy01

2010年10月24日 (日)

秋のアズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

Dsc01518

Dsc01517

Dsc01515

Dsc01509

Dsc01508 夏のギンギラした陽射しを浴びたアズーロコンパクトもよかったですが涼しげな秋のヒンヤリした空気の中で少し縮こまったアズーロコンパクトも可愛い感じがしますnotes

夏のように花も密集しませんが秋には秋らしい姿・形になります。
出来る限り日光に当たるように日中は日が当たる場所に移動させていますsun

夏の花のもうひとつ、サフィニアもアズーロコンパクトと同様にまだまだ頑張っていますrun
半年以上も咲き続けてくれて毎日元気をくれるアズーロコンパクトサフィニアに感謝ですdog

2010年10月22日 (金)

今年のビオラ(ベランダガーデニング)

Dsc01485

Dsc01487

今週末はどこのガーデンショップもパンジー・ビオラが大量に並ぶだろうと入荷時期を狙って出かけてみました。案の定、コンテナがいっぱい置いてあって好きな苗が沢山の苗から選べる状態でしたgood

以前、日曜日や週明けに出かけて、あまりいい苗が手に入らないので今回は気合を入れて……coldsweats01
植え付けは後日暇な時間にのんびりやることにしましょうjapanesetea

今回は今までとは違った色にすることに。今までは赤紫色と決めていたのですが、夏のサフィニアとの同系色にちょっと飽きたのと春の白・青のクレマチスとのコンビネーションもいいのと違うかな(?)といろいろ悩みましたが初挑戦。
ときには自分の殻を破って変身する気分でベランダの1年草花壇も変身ですshine

ミッキー”の苗も寄せ植えにするために1ポット購入happy01

2010年10月21日 (木)

つるバラ初挑戦の報告(ベランダガーデニング)

Dsc01669 Dsc01672

Dsc01479

Dsc01660

つるバラの魅力に負けてベランダで育ててみようと挑戦中ですrun
昨年12月上旬に植え付けたのですが順調に(?)生育して目標の自作パーゴラ下部に届くまでになりましたgood

ベランダではどうしても日照不足となり、そして枝を水平方向に曲げてやることが場所的に難しいので花が付くかどうか心配ですが、今のところは兎に角パーゴラ頂部まで届いて欲しいです。

ベランダでは風通しも気になるところですが、鉢の間隔を空けたりすることで対処しています。

今の時期はアズーロコンパクトやミリオンベル、オレガノ、クレマチスなどの主役の裏でシュートを伸ばしています。
来春にはパーゴラ下のアーチに絡んでいるモッコウバラやクレマチスとコラボしてくれることが夢です。
本当にベランダでつるバラが咲くだろうか???

2010年10月20日 (水)

ハツユキカズラ、黄金カズラ(ベランダガーデニング)

Dsc01652

Dsc01654 Dsc01655

Dsc01656  花が散って緑葉が多くなってくると、斑入り葉やシルバーリーフの存在に気が付きますeye
日頃はこれらの植物には知らん顔しているのですが、ベランダに花が無くなるとこれらの植物に楽しませてもらっています。
勿論、水遣りなどはしていますよcoldsweats01
1枚1枚の模様が異なる葉もまた楽しですねgood

ハツユキカズラ黄金カズラもベランダで育て易い植物ですね!
ハツユキカズラは日照が必要ですが黄金カズラは半日陰で育ってくれます。

2010年10月19日 (火)

ミニ菜園の様子(ベランダガーデニング)

Dsc01645 Dsc01648

Dsc01647

ガーデンレタスミックスが2回目の収穫時期を迎えました。
1回目は我慢出来ずにまだ小さい葉を切り取ってしまいましたhairsalon
(切り取り箇所は根元3,4cmくらいの葉の部分のみ)

あれから3週間経ったでしょうか再度大きくなってきました。今度はかなり大きくなってから収穫することに。
明日の朝にでも刈り取って、ブロガーさんに教えてもらった生ハムと一緒にgood
ウォーキング後の栄養補給に自前の新鮮野菜をhappy01

直播きして双葉となった春菊水菜は4回の間引きをしましたが、まだまだ間引き作業は続きそうcoldsweats01
種からの栽培は大変ですね。窮屈な場所でするから余計にそう感じますcoldsweats01
でも、これを楽しんでいるのだから……wink
今日は間引き後に土増しをしてやって根元がしっかりとなるように…
まだまだ先は長いですrun

2010年10月18日 (月)

10月のベランダ(ベランダガーデニング)

Dsc01563 

Dsc01639夏の花が終わろうとしているけども片付けるには早いような…
冬の花を準備するには早いような…

ガーデニング作業を躊躇する10月のベランダですcoldsweats01

秋・冬ベランダガーデニングの作業の助走としてハンギング用のガーデンシクラメンビオラを買ってきましたtulip
手頃な値段なので買いやすいですね。取りあえず昨年の寄せ植えで生き残ったプミラのハンギングに仲間入りです。プミラの根を傷めない様に優しく掘ってガーデンシクラメンと青と黄色のビオラを植えましたbud

2010年10月17日 (日)

再びクレマチス(ベランダガーデニング)

  Dsc01610 Dsc01603

Dsc01602Dsc01621ベランダ西側で咲き続けてくれたノウゼンカズラの花もポロリ、ポロリと落ちてしまい寂しくなりつつありましたが、代役として突如赤紫色のクレマチスが開花してくれましたshine
タイミングがいいので嬉しいですslate

四季咲きクレマチスの秋の花はこれまで小さかったのですが今年は元気よく、春と同じですgood

Dsc01625 今年のハイビスカスは沢山の花が咲きました。昨日も今日も咲いてくれました。
夏の花が終わりつつありベランダが緑色になるところを鮮やかな朱色で明るくしてくれます。まだ蕾が数個あるので楽しみです。
数年間同じ鉢で植替えしていたのですが今年春とうとう鉢増ししてやりました(ベランダなのでいかにコンパクトに育てるかも目標なんです)
ハイビスカスにとっては嬉しかったのでしょうねsign02 
爆発したような元気でしたhappy01
11月中旬に切り戻してコンパクトな姿に整えて、12月上旬には室内に移動ですspa

2010年10月16日 (土)

河内木綿のその後(ベランダガーデニング)

Dsc01594 Dsc01595 2年前に種を頂いて初めて発芽に成功、生育した河内木綿ですが、その柔らかくて柔和な花との対面だけでも嬉しかったのですが、花後の塊(ここで綿を形成するのでしょうsign02)を見つけると、欲が出るもので早く割れないかと毎日のように観察しています。
もう1ヶ月は経過したでしょうか、塊が段々大きくなってきましたがまだ割れる気配がありませんconfident

Dsc01615 今日は陽射しがベランダに入りこむので多肉植物を日光浴させることに。日陰に置いておくと間延びしてしまうので晴れた日にはテーブル席に移動させて十分に日を当てています。

2010年10月15日 (金)

生育旺盛なアブチロン(ベランダガーデニング)

Dsc01580 Dsc01581

Dsc01586 アブチロンがこんなに生育旺盛だとは知りませんでしたcoldsweats01
むしろベランダで育てることが難しい植物だと思っていました。
ベランダからリビングの中を見えるのを隠すための生垣用植物として昨年夏に初めて植えたのですが蔓は四方八方へ2,3m以上も伸び、緑葉も沢山付けてリビング隠しには成功!
いや、隠し過ぎるほどに生育しましたrun

蔓の所々に付ける小さな赤ちょうちんがちょっとしたアクセントになって緑葉に飽きません。
このアブチロンの花も日光が当たらないと花を付けにくい性質なのでしょう?
名札には「日当たりと排水性のよい場所に植える」と説明されていますpencil

春に咲いたものの真夏時の太陽が真上を通過して日陰になると咲かなくなりました。そして、秋になると再び次々と咲くようになりました。きっと日陰が苦手な植物なのでしょうねsign02
ノウゼンカズラに似た性質のようです。

開花期が終わったらノウゼンカズラと同様に思い切って切り戻しをした方がいいようですね。
50㎝程度を残せばいいような感じですねgood

2010年10月14日 (木)

オリーブ(ベランダガーデニング)

Dsc01577 Dsc01575

Dsc01576 Dsc01574

Dsc01544 今年は結実できなかったオリーブですが5年以上も元気に育っていますrun

花も少なく、結実出来なかった理由は多分、一昨年から昨年にかけての大規模改修工事期間中に室内に入れたり、日光に十分当ててやることが出来なかったからでしょうsign02

オリーブも寒気に当てないと花が付かず結実できないらしいです(寒気に当てないと花が付かない植物が結構あるようですね、クンシランの花も同じようです。可哀想に思って早くから室内に入れてやると楽しみの花に対面できなくなる訳ですねweep

今日はちょっと遅くなりましたが、追肥の油粕を適量与えておきました(春と秋の2回、油粕をやっています)

オリーブは行儀が悪く四方八方に枝を伸ばすので手を焼いていますcoldsweats01
安定性のよくない鉢に植えているので台風襲来時に我が家では真っ先に注意しなければならない植物になっていますdanger
でも、葉の表面の緑と裏の薄銀緑がベランダに変化をもたらせてくれるので大事に育てていますgood

【私の管理方法】
[水遣り]
とにかく、乾燥気味。土正面が乾いてから2日おいてから水遣りしています。夏は週1~2回、秋・春は週に1回くらい、冬は2,3週間に1回くらいです。水切れ厳禁ですが必ず乾燥状態を確認しています。

[肥料]
油粕を春と秋の2回、後は液肥をたま~にです(他の植物に与えて残ったときに1ヶ月に1回くらい)

[置き場所]
南向きベランダで雨がほとんど当たらない場所coldsweats02(秋から春の斜陽はバッチリ当たります)
1年中同じ場所です。

[植替え]
もう5年以上になるので12月に植替え予定です。酸性を嫌う植物なので苦土石灰を蒔いてやろうと思っています。赤玉土6、腐葉土4(石灰を入れるので植替え1週間前にブレンドして準備です)

Dsc01578 Dsc01579

【独り言】
今日も時計草「ビクトリア」が咲いてくれました。
何かいいことがありそう
sign03

2010年10月13日 (水)

ホットリップス(ベランダガーデニング)

Dsc01558 Dsc01551

散歩していると戸建ての庭や生垣周りに小さな赤い花が沢山咲いているチェリーセージです。
その花の姿・形から「ホットリップス」と呼ばれている品種ですがこの写真のように赤だけだとちょっと「ホットリップス」……何故?って感じですねcoldsweats02

もう少し涼しくなってくると赤一色から赤白模様に変身して””に似てくるようです(気温によって模様が変わるらしいsign02

まだ一輪だけですがこれから散歩中に見かけるような沢山の花を付けてくれることでしょう。
ホットリップスの根元に先日、スノードロップクロッカスの球根を植えましたbud

Dsc01554掘り起こさずにずっと植えっ放しのムスカリは早くから芽を出して、もう葉がボーボー状態になりつつあります。花が主役の姿・形が好きなのですが、そのためには球根を掘り起こして11月中旬頃か寒くなってからの方がいいようです。
クレマチスと同じプランターに植えているので、その根を傷めない為に植えっ放しにしています)

Dsc01539
Dsc01541 緑色の多い写真になったので日が最も当たって明るい場所の写真を添えてルンルン気分にsun

2010年10月12日 (火)

時計草、ビクトリアが咲いた!(ベランダガーデニング)

Img_3513

Img_3508

Img_3511

Img_3516 時計草の「ビクトリア」が咲きましたcoldsweats01
(東側ベランダの春菊水菜の間引きをしようと思ってベランダに出てみると発見eye

今年、春先に植え替えたのですが葉ばかりが成長してなかなか蕾をつけませんでした。
多分、日光に当たる時間が少ないからでしょう?時計草も日が当たらないと花付きが悪いようです。
夏に東側ベランダに棚を作ったのでそこに移動したら蕾を付け、そして今日の開花です。

もうひとつの時計草「ムーレアナ」は日当たりのよい場所に置いていたので早くから花を付けていました。今日は「ビクトリア」の今年最初の開花を祝ってか重連咲でしたgood

【私の管理方法】
[水遣り]
土表面が乾いたらタップリと。夏場は毎日といった状態になりますがその他は2日に1回、冬の間は状態を見てから。
葉が密集するので葉水をよくします。

[肥料]
活動開始後の4月初めに緩効性肥料(粒状)。活動期の春から秋の間は1週間に1度程度の液肥。

[誘引]
行灯仕立てにして楽しんでいます。春先に剪定と巻き替えをしています。
一旦、全部ほどいて伸ばしてからトレリス(行灯)の外側に時計方向に下方の方から順次バランスよく巻きつけています。(外側に同一方向に巻いておくと翌年の巻き替え作業が大変楽になるからです)

Img_3519 剪定したときの元気な茎(蔓)を挿し木すると増やすことができます。10cm程度に切って葉を1,2枚残し用土(親と同じ土で可)にさしておけば根付き率5割くらいで成功しています。

[植替え]
根がよく張るようです。2,3年に1回程度植替えしています。その時に元肥を入れておけば元気モリモリ状態となるようですrun

[冬越し]
簡易ビニール袋(ゴミ袋)を二重にして寒風対策で大丈夫(ここ神戸の山手では氷点下になることは2,3度くらいです)

2010年10月11日 (月)

アズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

  Img_3496 Img_3499Img_3501

Img_3505Img_3507

ボリューム感が失せてしまいましたが、まだまだ頑張ってくれるアズーロコンパクト
夏日が終わるまではその涼しげなブルーが残って欲しいですclip

日の当たる場所にあるせいか元気を保っているようです。

[肥料]
液体肥料を週1回与えています。

[水遣り]
土表面が乾いたのを確認してからタップリ(夏の間は毎日やっていましたが、朝夕涼しくなってからは乾きを確認後。

[その他]
枯れた茎はこまめに除去することを始めました。

Img_3514 Img_3515 <ミニ菜園>
春菊、水菜の1回目の間引きをしましたhairsalon
先に種蒔きしたチャイブ、イタリアンパセリも大分伸びてきました~
pass

2010年10月10日 (日)

ブライダルベール(ベランダガーデニング)

Img_3442 Img_3443

Img_3445 Img_3465 5月の連休後頃から小さな白い花を咲き続けたブライダルベールです。寒くなってくる11月下旬には冬越しのために数㎝程度と短く刈り込みます。

それまではアーチの中央にハンギングです。
今年は植替えした影響でしょうか50㎝を超えるほどに大きくなりましたpig
今でも晴れた日には朝から花が開きます。夕暮れ時には閉じてしまいますが兎に角、可愛い花ですscissors

ブライダルベールの冬の越し方をマスターしてからは冬を迎えるこの時期も落ち着いておられますspa
(冬越しに自信がないときはハラハラするだけで、枯れていく姿を見届けないといけないと思うともう…wobbly

Img_3446 Img_3489

アーチの周りには今、アズーロコンパクトクレマチスの花、ヘンリーツタ、オレガノ、オリズルランなどを配置しています。

Img_3495_3 【独り言】
最近、昆虫や小動物がベランダを訪問してくれますchick
小鳥やアゲハ蝶にモンシロチョウ…そしてバッタやカマキリも。
よくぞ8階まで昇ってくれました。

2010年10月 9日 (土)

アリッサムの花(ベランダガーデニング)

Img_3486Img_3457Img_3459

Img_3487

夏越しが出来て喜んでいたアリッサムが元気よく花を付け始めましたsign03
数ヶ月の間、暑さで枯れてしまうのではないかとハラハラしながら少しでも涼しい場所に移動したり水遣りをしていたのですが、蕾や花を見つけた瞬間は「ヤッター!」気分ですねgood

入手しやすい植物ですが、いかにベランダで長く育てられるかを楽しんでいますclover
(1年草といわれる植物でもうまくいけば2,3年は生き続けてくれますrun

昨年冬に二つのアリッサムビオラ苗を5号鉢に植えていたのですが、アリッサムは二つとも夏を越してくれたようです。

3連休の初日の朝は生憎の雨rain
雨の日でもベランダの植物の中には”水”を要求する植物が多数、鉢やプランターの中を覗き込みながら水遣りです。

Img_3473Img_3492

雨がベランダに少し降り込んで面倒くさい作業の日でも元気な植物達を見ると楽しくなります。今朝はハイビスカスが重連咲きです。

2010年10月 8日 (金)

多肉・セダムの花(ベランダガーデニング)

Img_3389_2 Img_3390_2

Img_3449 Img_3450 Img_3448 Img_3393_2 Img_3394 水や肥料をあまり必要としない多肉植物セダム類です。水遣りしないから、つい管理がおろそかになり、変化にも気付きませんcoldsweats01

珍しい小花をいつの間にか付けていたりします(今年は”十二単の花”を見逃してしまいましたweep

Img_3453 Img_3455 花を置くにはスペースが足りない場所で緑を増やしてみようと多肉・セダムを採用していますpass

Img_3456 【ミニ菜園速報】
春菊、水菜がみるみるうちに芽を出しました。昨日はまばらでしたが今日は筋蒔きがはっきりわかるほどに。

2010年10月 7日 (木)

ネメシア&アメリカンブルー(ベランダガーデニング)

Img_3417 Img_3416

Img_3412 Img_3420 Img_3436 今のベランダにはブルー紫色の花が彩りを添えてくれます。
アズーロコンパクト、オレガノ、ノウゼンカズラそしてネメシアアメリカンブルー

涼しくなってきた朝夕にはこれらが咲いてくれることが楽しみなんです。季節の変わり目にこの色の花が作り出す景色が好きなんですgood
夏の「動」から冬の「静」への気持ちの準備ができますscissors

Img_3428 Img_3431

ネメシアエリゲロンプロフュージョンと寄せ植えしています。

アメリカンブルーはかなり茂ってきたのでうどん粉病の予防も必要かなsign02
早速、薬剤を散布しておきましたpunch

Img_3438 今日もハイビスカスは2輪咲きました。

Img_3439 【独り言】
4日に種を蒔いた春菊水菜が芽を出しました。
夏の酷暑で白菜などの秋野菜が高騰しているとのニュースtv
これからの鍋料理に一つでも入れられるように育てたいですねbud

2010年10月 6日 (水)

オレガノ・ガーデンダイアリー(ベランダガーデニング)

Img_3365 Img_3425 オレガノ・ガーデンダイアリーが好きな色合いとなりました。
以前夏越しに失敗したオレガノを再挑戦ということでポットに入れて南向きベランダの西側でよく日が当たる場所にハンギングして楽しんでいます。

前回は高温多湿の環境にやられてしまったのだろうと反省して今回は風通しがよい場所(腰壁よりも高い位置)の選択でした。
猛暑の夏の間もずっと日が当たる場所でsun…毎日の水遣りと葉水は続けました。
水はけをよくするために赤玉土を多めにしています。そして軽量化のためにパーキュライトを混ぜてみました。
努力の甲斐あってか(?)元気いいです。新芽も覗かせています。

Img_3427Img_3429  今の時期、クレマチスバラの新芽がグングンと伸びています。
この勢いを頂いて、1日を過ごさなきゃbullettrainhappy01

オレガノは寒さには強い(?)のでもう大丈夫、長い付き合いができるだけで嬉しくなりますhappy01
このまま丸1年が経過してくれれば我が家のベランダで育つ植物の仲間入りですappli01

2010年10月 5日 (火)

ミニバラ(ベランダガーデニング)

Img_3408 Img_3411

Img_3383Img_3482 ミニバラはしょっちゅう咲いてくれるので、開花してもつい気にもとめないことが多いですcoldsweats01
(他の水を要求する植物達の管理に忙しくてミニバラのことを忘れてしまいますcoldsweats02

もう何十個の花を咲かせてくれたことでしょうsign02(これまでに百個以上は咲いたでしょうか?)
小さな花ですが「薔薇」ですね。
ベランダの椅子に座って一息つくときに観賞すると落ち着きますjapanesetea
本格的なバラはベランダでは難しいようなのでミニバラで我慢!
でも、とうとうこの春、我慢できなくなって”つるバラ”2本に手を出してしまいましたcoldsweats01

このミニバラも新聞販売店から頂いてから(懸賞で当選)丸4年が経過しました。数年が寿命と言われていますが本当かなsign02
より長く生きて欲しいので春先に植替えしてやりました。花数が増えましたyo~happy01

Img_3418 《速報》
スタペリアのもう一つの花が開花しました。

【独り言】Img_3400Img_3398_2
Img_3401

Img_3404

昨年の大規模改修工事終了後、ベランダの復活作業に取り組んできましたが、やっと東側ベランダの菜園場所も復活です。

京水菜春菊そしてチャイブイタリアンパセリの種を蒔きました。培養土は市販の「花と野菜の土」に苦土石灰と緩効性肥料を混ぜて10日間おいてそれから京水菜と春菊の種をすじまきして土を被せて水をたっぷりと。

チャイブイタリアンパセリは2週間前に種蒔きトレイに蒔いておきましたが、チャイブは先週イタリアンパセリは昨日やっと発芽しましたbud

2010年10月 4日 (月)

アズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

Img_3368 Img_3367

Img_3366

先週、花がら摘みや枯れた茎を取り除いてやったら生き返ったように見えるアズーロコンパクトですrun

秋・冬の花を待つまでは夏花を少しでも長く楽しめたらと可愛がっています。Img_3376Img_3377 Img_3379

ベランダの3個のハンギング(内1個はHCで購入した苗)がそれぞれの場所で楽しませてくれますhappy01

単独の花も楽しんでいますが、周辺のノウゼンカズラオレガノの薄い紫色とのコラボも気に入りましたbellgood
Img_3380

Img_3406 午後から晴れると久しぶりに「時計草」が咲きましたconfident
日が当たると植物も元気がいいですねrun

2010年10月 3日 (日)

マザーリーフ(ベランダガーデニング)

Img_3371 Img_3370

Img_3373

Img_3374

「幸せの葉っぱ」と呼ばれているらしいマザーリーフをリビングで楽しんでいます。(成木は浴室で管理)
亜熱帯植物なので寒気は大の苦手らしいです。

水に浸けておくと葉っぱの周りから新しい芽を出すユニークな植物です。葉の周りから子を形成するのは『子宝草』に似ていますね。

「母なる葉」らしく頼もしい植物のようです。成木はうまく管理すると珍しい花を咲かせるらしいですshine
葉から直接、根・茎・葉を形成するとは珍しいですねsign01

Img_3388 【独り言】
今日の雨・風で好きな花のひとつ、ノウゼンカズラの花が沢山散ってしまいました。そろそろ見ごろも終わりを迎えるのでしょうかsign02
1年間、開花の瞬間を首を長くして待っているのですが、別れは早いですねweep
まだ、花が残っているので目に焼き付けて、また来年の再開を楽しみにですね。

2010年10月 2日 (土)

スタペリアが咲いた(ベランダガーデニング)

Img_3349 Img_3342

Img_3353

Img_3354

Img_3355

先日、蕾を発見したスタペリアが今朝開きました。
パカッと先端が開くとあとは速いですねsign0130分もかからないようです。

産毛のような細い毛は1㎝以上もあります。
花びらの裏側から日光を当てると血管のような模様が浮かび上がります。
不思議な花ですねnote

2010年10月 1日 (金)

秋を見つけに(ベランダガーデニング)

Img_3334

Img_3317 Img_3310 Img_3312

Img_3314 Img_3296

Img_3336

Img_3311 秋を見つけに、いや蕎麦を食べに3年ぶりに”かやぶきの里”京都・美山に出かけましたrvcar
舞鶴自動車道が無料高速道になっているので時間もかからず楽でした(神戸から3時間丁度)good

絶好の天気で気持ちよかったです。蕎麦の花も満開、きびも収穫時期でも刈られた直後であり秋のシーンがオンパレードでした。コスモスの花やススキも演出効果抜群でしたnote

Img_3300 目的の手打ち蕎麦も腹いっぱい食べてきましたnoodle

*美山のかやぶき集落の様子は2日18:30からNHKhi「魅力満載!ニッポンの里山」で放送されるようですよtv

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ