« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

ミニ菜園も頑張っています(ベランダガーデニング)

Dsc00881

Dsc00882

Dsc00884

Dsc00885

Dsc00886

10 年に1度の集合住宅の大規模改修工事を終え、今年、久しぶりに復活を目指した”ミニ菜園”もだいぶん収穫が見込めるようになりましたhappy01

春菊、水菜、イタリアンパセリそしてチャイブです。
春菊は発芽率が悪いかなと思い種をいっぱい蒔いたら、予想に反して沢山芽を出してくれましたbud
間引き作業が大変でしたが、何とか収穫できそうなくらいに成長しましたgood 寒くなって鍋に丁度いいかな? 
いや、水菜の成長をもう少し待って一緒に鍋に入れて反省会をした方がよさそうcoldsweats01

久しぶりのベランダでの収穫はやはり楽しみいっぱいになりますshine
イタリアンパセリ、チャイブもしっかり成長して欲しいですねrun

【独り言】
今日の昼食は10月に大阪・本町にオープンしたホテル・セントレジスのランチを食べにsubway
久しぶりのホテルランチに気合が入り、ワクワクして…
いや~、流石においしかったですねgood  ゆっくりと味を堪能してきました。
頭の中は食べることばかりでいっぱいだったのでデジカメを忘れてしましい、料理もそうですが、折角の御堂筋の銀杏並木も報告できませんcoldsweats01
(こちらの方はもうかなり散ってしまっていましたmaple

2010年11月29日 (月)

ノウゼンカズラの刈り込み(ベランダガーデニング)

Dsc00874 Dsc00876

今朝の冷え込みは今冬最も厳しかったです。昨日の寒風対策実施はタイミングがよかったですgood

今日はノウゼンカズラの刈り込みをしましたhairsalon
まだ緑葉を沢山付けている状態からして時期的には早いのですが(例年は1月に実施しています)昨年からつるバラをパーゴラに絡ませたい目標もあることから待てずに行いました。

*通常、ノウゼンカズラは冬季に葉が落ちてから枯れた部分を切取ったり姿を整えます。

今年はノウゼンカズラは植え替えたこともあって生育旺盛となっていたので刈り込み量も半端でなかったです。

刈り取った後のパーゴラもどきは何か変で、頭が寒いって感じですねdespair
でも、その下でずっとノウゼンカズラの陰となっていたつるバラモッコウバラが日が当たるようになったので元気になりそうです。

Img_3097最後の写真、2枚は生育旺盛期及び刈り取った袋詰めのノウDsc00880ゼンカズラの葉っぱですcoldsweats01

【独り言】
今朝は街の様子が急変していました。
いつもカサカサとか落ち葉を踏んでウォーキングしていたのですが、街中全ての落ち葉が綺麗に除去されていました。
秋を感じながら毎日歩いていたのですが、一瞬にして冬を感じた朝でした。
紅葉や落ち葉の景色から何も無い景色はあまりにも殺風景ですが、気を引き締めなくてはと気合を入れてくれるようにも感じましたconfident

2010年11月28日 (日)

今年も寒風対策を(ベランダガーデニング)

Dsc01693 Dsc00870

明日から一段と冷え込むとの予報なので、今日こそ実行しなければと寒風対策をやることにrun
寒風対策といってもビニール袋を被せたりするだけのことですが…
寒さに弱いサボテン、クンシラン、時計草などです。これらにはクリーニング袋を二重にして被せるようにしています。
私の住んでいる神戸の山の手では氷点下に下がるのは年に2,3度くらいです。これくらいの寒さであれば上記の対策で十分なようです(もう10年以上、この方法です)

ビニール袋で気をつけなくてはならないのが、袋内の蒸れです。天気のいい日の日中は上方部を空けてやることです。蒸れてしまうと黒カビ病などが発生するようです。

Dsc00871 もう一つの毎年行っている対策はベランダ前面格子部の風よけです。集合住宅の高層階では風が強く、以前クレマチスの根元部分が折れてしまったので格子部から吹き込む風を防ぐために白色カンレイシャを張っています。光は通しますが風を弱める効果がありますgood

Dsc01692 今日はまだ時計草の花が咲いていますが、寒さを防ぐために袋の中に入ってもらいました。

Dsc00872 一方、冬の花ビオラは寒くなると喜んでいるように元気を出してきましたdog

2010年11月27日 (土)

今年の紅葉はきれい!(ベランダガーデニング)

Dsc01689 Dsc01690

Dsc01669

今年は猛暑の後に急に冷え込んだ影響からか、どこの紅葉も鮮やかで綺麗ですねshine
黄や紅がハッキリして一斉に紅葉・黄葉したからでしょうsign02
どこへ行っても見事ですねmaple

Dsc01682 Dsc01687

我が家の近くのけやきの街路樹も初めて見るような紅葉です(でした)happy01
ベランダからみる山々も昨年までとは違う景色なので見とれてしまいますeye

ベランダではヘンリーツタが紅葉を楽しませてくれました。これからは多肉植物の紅葉が楽しみです。
今年は京都の紅葉狩りに出かけられませんでしたが、近くでも”紅葉”を十分観賞できましたgood

2010年11月26日 (金)

イチゴ”夏姫”(ベランダガーデニング)

Dsc01672 Dsc01671

今夏の初めての収穫時にはヒヨドリに食べられてしまったイチゴ”夏姫”はその後成育旺盛でランナーを次々と伸ばしています。
最初や2番目の子株は同じプランター内に植え付けたのですが、プランター内いっぱいになってきたので別のビニールポットで増やすことにしましたbud

今の時期(秋に付けたのですが)に子株が出来るのかどうか分かりませんが、挑戦してみます。春や夏頃には別のイチゴで子株作り出来たのですが…coldsweats01
これから葉っぱを枯らして葉が少なくなるで栄養を親から貰うためにもランナーは切らずにしておこうと思っています。

Dsc01673 Dsc01679

Dsc01680 今日も穏やかな天気sun 風が無いので気持ちいいです。植物達も喜んでいるようです。
迷惑なのは、ベランダを飛び交って数匹のスズメバチです。

Dsc01677 【独り言】
今年夏の猛暑で殆んど枯れてしまったディアスシアを復活できないかと涼しい場所に避難させて様子を見ていたのですが、ほんの僅かですが復調の兆し。
折角我が家にやってきたディアスシアだから少しでも長く居続けて欲しい。これから寒くなってきますが、もうひとふんばり頑張って欲しいconfident

2010年11月25日 (木)

ビオラ(ベランダガーデニング)

Dsc01662 Dsc01664

Dsc01667

Dsc01666

今年のビオラの成長を心配していましたが、やっと活動を開始したようですsign02
小さめの鉢に植え付けた(毎年同じなのですが)せいか、うまく根付いてないような素振りをみせて、花も小さく全体が縮こまったようになりどうなることやらと…

例年とおり、週1回程度の液肥と乾いたら水遣りをやっているうちに、ここ数日の恵まれた天候で思いっきり日が当たると急速に葉を沢山付け、花も大きくなってきました。

2010年11月24日 (水)

一輪だけだけどもスノードロップ(ベランダガーデニング)

Dsc01658 Dsc01660

Dsc01661

Dsc01656 パソコントラブルや急用あってガーデニングが3日間出来ませんでしたcoldsweats02 水遣りも出来なかったので気になりました。でも、今朝見るとみな元気だったので一安心scissors

そんな中、先日8球植えたスノードロップが一輪だけですが咲いてくれましたtulip
茎だけがすっと伸び、その先に花びらが開いて、中には緑色模様が書かれたような花弁が覗いています。
独特な姿は何かを訴えているようにも見えますsign01
静寂の中にポツンとですがしっかりと咲いている姿は自分を見直せるような気がします。

これから、あと7輪を待つ楽しみが開始ですeye

冬の花、ビオラもボチボチですが元気を出してくれましたrun

2010年11月20日 (土)

花期が長いハイビスカス(ベランダガーデニング)

Img_3765 Img_3769

今シーズンは長い期間に亘って沢山の花を付けたハイビスカスですsmile
春の植替え、土のブレンドそして気候や水遣り・肥料管理がうまくいったのか元気がよかったです。
沢山咲き過ぎて来シーズンが心配になってしまいますcoldsweats02(果実類が豊作の翌年は凶作となるように)

今日は朝のうちは空気が冷たいせいか「開こうか?、どうしよう」の中途半端な姿。
そして、日が昇るに従って気温が上昇して20℃前後になるとパッと開きました(開きすぎて花びらが後方に反ってしまいましたhappy01
温度が開花条件になっているのでしょうかsign02

そろそろ切り戻して室内に入れてやろうと思っているのですが、花が咲くので躊躇しています。まだ数個の蕾が付いているのでこれらが開いてから室内に入れてやろうと予定していますpencil

Img_3773Img_3775

Img_3772

最近は晴れが続くのでホッとしています。水仙、チューリップ、スノードロップなどの球根の植え付けが遅かったかなと心配していたからです。植え付け後に厳しい寒さが続くと球根の発育が悪くなり、芽をださないのでは…と。
最近の天候に誘われて(?)先日植えた球根が芽を出し、クリスマスローズの新苗、旧苗共に新芽を伸ばし始めましたbud

2010年11月19日 (金)

まだまだのアズーロコンパクトです(ベランダガーデニング)

Img_3760 Img_3762

Img_3763

Img_3737 Img_3746

11月下旬になってもまだ元気なアズーロコンパクトです。
日光が当たるとまるで喜んでいるようです。最近は蜂がせっせと蜜を集めにアズーロコンパクトの花にきます。

いつまで咲き続けてくれるのかはわかりませんが、数年前は春まで続きましたrun
蜂のためにもずっと花を付けてくれるといいのですが…

【独り言】
街中はクリスマスモード一色。そろそろ1年の片付けをボチボチやろうと決心。
何からやったらいいのかとまずは昨年から手付かずのHPの整理・更新を。
先日の2010年秋に続いて”ミニ菜園”を更新。
大した内容ではないのですが私にとては四苦八苦の更新作業なんですcoldsweats02

http://www.geocities.jp/kazuo_okz

2010年11月18日 (木)

冬のベゴニア(ベランダガーデニング)

Img_3741 Img_3742

Img_3740 Img_3743

Img_3745

屈強な植物のひとつ、ベゴニアは寒い今も花が咲いています。
1年中咲く植物だからベランダに花が少なくなったときに元気をもらえます。
ベゴニアは葉の色も季節ごとに変化するので年中楽しめます。何よりも手頃価格で手に入りやすい植物なので助かりますhappy01

Img_3749 Img_3750 今日は穏やかな天気に誘われて、バッタが活動或いは日向ぼっこですsun
数匹の蜂がベゴニアやアズーロコンパクトの花の蜜を集めに大忙しの様子run
近づいても気付かないのか花芯にしがみついたままですhappy01

コメツキバッタはもう住み着いたホットリップスに寒いときは葉の混んだ場所で、そして晴れた日には陽の当たる場所に出てきて日向ぼっこ(?)をしているようですspa

【独り言】
B-1グルメ グランプリの「鳥もつ煮」についての謎dog
先日、同窓会が山梨・石和温泉で開催され神戸から出かけたのですが帰路の途中、友人(関西・中国地方から出席)が折角来たのだから話のタネに甲府に立ち寄って「鳥もつ煮」を食べて帰ろうということに。
武田神社参拝を終え、「鳥もつ煮」ののぼりが上がっているいるお店を見つけて。

しかし、私は直前に調子が悪くなり甲府駅で待つことにtrain
さぞ感激して食べたのだろうと友人3人の感想を車内で聞いてみると、3人ともが全部食べきれなかったと…それ以上は語らないcoldsweats02
見ることも食べることも出来なかった私には謎となりましたkey

2010年11月17日 (水)

チャイブ、イタリアンパセリ(ベランダガーデニング)

Img_3722 Img_3724

Img_3717_2 Img_3718先週はミニ菜園で育てている春菊・水菜の報告をしたのですが、今回はそれらよりも3週間前に種蒔きしたチャイブイタリアンパセリを。

種蒔きトレーに種を蒔いて発芽は早かったもののなかなか大きくならずにシビレをきらして野菜プランターに植え替えてやりましたbud
やはり広い土壌に植えてやると植物も大きくなろうと頑張るのでしょうね、急成長するように感じますcoldsweats01
でも、今ぐらいの成長程度では、チャイブは寒くなると地上部は枯れてしまうので冬を越すことが出来るのかどうか心配ですcoldsweats02
もう少し早く種を蒔いて寒くなる前に成長させておかないと駄目ですね(これが初めてチャイブ、イタリアンパセリを種から育てる教訓でした。素人はとんでもないことをしますねpig

Img_3727 Img_3728

Img_3720 Img_3713

2010年11月16日 (火)

スイセンが芽を出しました(ベランダガーデニング)

Img_3710 Img_3711

Img_3712 今朝は今冬一番の寒さだったとのことですsign01
いよいよ本格的な冬到来かな?

ベランダのプランターに植え放しの水仙が芽を出しましたbud
昨年とほぼ同じ頃の芽出しです。暦を知っているかのような行動ですねbud

花が咲くのは来年2月頃になるでしょうが、この寒いときでも新しい芽を発見すると春を感じ気持ち的に暖かくなってきますspa

水仙は肥料を殆んど必要としませんが、日当たりが必要なのでその条件を満たす場所に球根を植えています。
今年は新たに別種の水仙を植えたのでその芽が出てくるのも楽しみにしています。
(同時期に植えつけたスノードロップの芽でしょうか?植えつけた箇所付近から芽が出てきました。3枚目の写真)

2010年11月15日 (月)

冬越しの準備(ベランダガーデニング)

Img_3699

Img_3708_2 Img_3702_2

明日から冷え込みが厳しい天気予報なのでベランダの植物の冬対策をボチボチすることにしました。
まずは観葉植物サボテン類などリビングに入れられるものを移動です。

次に、ブライダルベールの刈り込みです。毎年短く刈り込んで日が当たり強い寒風が当たらないベランダに置いています。(今回は刈り込み過ぎたかな??でも大丈夫でしょうscissors
あとは水遣りを控え気味(土表面が乾燥してから2,3日おいてから出来れば晴れた日に水遣り)にしてやった方が冬はいいようです。冬季は肥料不要)

Img_3706 [室内に入れた植物]
カネノナルキ、スパティフィラム、ハートカズラ、木立ベゴニア、子宝草、サボテン

Img_3614Img_3615水温が下がってきたのでメダカImg_3618 水面に上がってきませんfish
きっと水草の中に身を寄せてじっとしていることでしょうsign02
メダカの冬対策は水温低下防止策として夜間は鉢の上をボードで覆っています。夜間の冷え防止と水蒸発防止です。鉢周りはプチ緩衝材+麻袋を巻いています(これは通年)

Img_3704先日、ベランダにやってきたバッタも今日はユーカリの木にしがみついて寒さに耐えています。

【独り言】
今日やっとHPを更新できましたcoldsweats01
http://www.geocities.jp/kazuo_okz

2010年11月14日 (日)

バコパ(ベランダガーデニング)

Img_3589 Img_3590

Img_3695

Img_3646

グランドカバーとして毎年この時期にバコパを買ってきます。冬の間、ずっと小花が咲き続けるので好きですねぇgood

夏のベランダの高温に負けて枯れてしまうのが残念ですがそれまでの間グランドカバーとして広がって咲き続けてくれるので元気をもらえますrun

今年、夏越しに成功したアリッサムのように場所を変えて夏対策すれば夏を乗り越えられるかもしれませんが、バコパはでっかいプランターに植えているのでそういうわけにはいきませんでしたcoldsweats02
(今年は一鉢だけ移動できるプランターに植えているので試してみたいと思っていますeyeglass

乾燥すると葉が丸くなって苦しむように見えるので水をきらさないように気をつけていますcoldsweats01
バコパユーカリと同じプランターに植えても大丈夫なようなので毎年グランドカバーとして植えています(ユーカリと仲良しになる植物がなかなか見つからないので困っていますcoldsweats01

2010年11月13日 (土)

アブチロン満開時?(ベランダガーデニング)

Img_3585

Img_3636 Img_3582

Img_3583

Img_3650そろそろ姿を整えるための刈り込み作業をする時期ですが花が満開状態(?)になったので躊躇しています。
花期が終わったら冬越しの準備として今年は思いっきり刈り込んでみようと思っています。(アブチロンの生育旺盛さが分かったので冬に相当刈り込んでおかないと来年活動開始するとベランダいっぱいになりそうなことが分かったからです。兎に角アブチロンの成長速度は凄い!)
高さ1mくらいにしておこうと思っています。初めての挑戦なので真似はしないでください。結果は来年春~夏にはわかるでしょうsign02

Img_3620 【独り言】
今日は黄砂がひどい!crying
昨日も黄砂が降っていつも見える明石海峡や大橋が見えませんでした。
今日・明日は黄砂が関西地方にも降るとの予報だったのでウォーキングも止めて家から出ないことにしました。
こんなときにはHP更新作業か年賀状の準備でもとPCに向かってひたすら作業ですpc

2010年11月12日 (金)

もみじ葉ゼラニウム(ベランダガーデニング)

Img_3608 Img_3609

Img_3610 Img_3611 Img_3612 Img_3613

先日、ビオラを購入するときに衝動買いしたもみじ葉ゼラニウムです。ベランダのどこに置くかも検討しないままに買ってしまったので3週間も買ったときのビニルポットままベランダの片隅に置いたままにしていましたcoldsweats02

これでは可哀想と昨日、ベゴニアのプランターに仲間入りさせてやることにしました。過湿が苦手なものどおしなので環境が似ているかなとプランターのサイド部分にベゴニア、そして上部にもみじ葉ゼラニウムを配置することに。
ゼラニウムは花はもちろんですが葉の模様も年中楽しめるのでいろいろと利用しています。

ひとつ気になることはもみじ葉ゼラニウム耐寒性です。説明書に「冬は室内で育てる」とあることですsnow
以前から育てているゼラニウムは冬の間もベランダで育てているので、きっとこのもみじ葉ゼラニウムも我が家のベランダの冷え込みくらいは耐えてくれるだろうと思って購入を決めたものです。

以前から育てているゼラニウムは古くなって木質化しています。今年の夏の暑さにはさすがに弱ってしまいました。葉っぱが黄色になってしまい、花数も減ってしまいましたwobbly
(ゼラニウムは5℃以上の温度なら年中花を付けてくれるようです)
一緒に植えているオリズルランの根もプランター内いっぱいに張っていることが予想されるので春になったら植替えしてやる予定です。

2010年11月11日 (木)

紅葉の中のアズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

Img_3596 Img_3594

Img_3598 Img_3599

Img_3603 まだまだ元気なアズーロコンパクトです。
気候が合っているのでしょうね?夏の花のイメージだったのですが今年のような異常な夏はアズーロコンパクトにとってはどうだったのでしょうsign02
真夏の直射日光をまともに浴びたアズーロコンパクトは既に枯れてしまったり復活途上ですが、日陰場所に置いていたアズーロコンパクトは夏が終わってから日当たり場所に置いてやったら本来の活動を開始したようですhappy01
植物は気温変化に敏感なようで、適応困難な時には避難しておいて適応環境条件が整えば活動開始するようです。

周辺は紅葉真っ只中というのにアズーロコンパクトはゆっくりと自分の今年の花期を楽しんでいるようですjapanesetea

2010年11月10日 (水)

ホットリップス(ベランダガーデニング)

Img_3572

Img_3576 Img_3578 Img_3586

Img_3591 ホットリップスは先月に1番花が咲いてから気温が下がるに従っていい色(私の好きな色・模様)になってきました。
プランター内の他の植物を覆ってしまうので下方部を刈り込んだので少し花数が少なくなりそうですがそれでも鮮やかな赤白のかわいい花はベランダを元気にしてくれます。

丈夫な植物なので肥料はあまりやりません。暖かい時期に1月に1回程度液肥をやるくらいです。
乾燥気味を好む植物なので土表面が乾いてから水遣りしています。
過湿を嫌う植物なので梅雨~夏にかけて風通しをよくするために混んだ箇所の枝を刈り取ってやっています。
(ベランダでは強い直射日光や風通しが悪くなると植物が弱るので気を付けた方がいいようですscissors

Img_3592 Img_3593 先月、ベランダにやってきたコメツキバッタも居心地がいいのかこのホットリップスの葉を毎日食べているようです。アチコチの葉をかじって穴を明けています。少々食べても枯れるわけでもないのでせいぜいたべてもらっています。寒い日はどうしているのかと葉の中を探して、見つけると安心ですeye

Img_3570 Img_3571

河内木綿の実が弾けて中から「綿」が現われましたdiamond
触ってみると、あの綿の感触です。何だか不思議ですね。綿がベランダでできるなんてhappy01

2010年11月 9日 (火)

ガーデンシクラメン(ベランダガーデニング)

Img_3567

Img_3566

Img_3564 好きな花のひとつ、ガーデンシクラメンnotes
従来から晩秋の頃に豪華なシクラメンが市場に出回っていたのですが、寒さに弱いので屋外で育てることは困難でした。そこで登場したのがこのガーデンシクラメン、氷点下まで下がらなければ屋外でも十分育てられるのでベランダガーデナーにとっては嬉しいhappy01

毎年、ビオラアリッサム、プミラなどと寄せ植えして楽しんでいます。最近はガーデンシクラメンの寄せ植えをアーチのセンターポジションに配置して冬季のベランダのシンボリックな植物としています。
今は未だブライダルベールが頑張っているのでベランダの空きスペースで待機状態ですcoldsweats01
(ブライダルベールが冬越しの準備の刈り込みをする11月下旬までもうしばらく待ち状態が続きそうです)

このガーデンシクラメンは夏の管理をうまくやれば夏越しが出来るので割安で綺麗な花を楽しむことができますgood

2010年11月 8日 (月)

春菊&水菜のその後(ベランダガーデニング)

Img_3557 Img_3560

10月下旬は同窓会他行事が重なったのでガーデニング作業がおろそかにになり、その一つの春菊&水菜の間引き作業ができませんでしたsnail

今日、好き勝手方向に伸びてしまった苗をピンセットで引っこ抜いてやりました。その後は土よせをして水を如雨露でかけてやりひとまず今回の間引き作業を終了。これまで数回の間引きを繰り返しましたが、一応今回で終了ということでよいのやら?様子見ですeye

冬の鍋料理に参加できるような春菊&水菜に育ってくれることをただ祈っているだけですhappy01

Img_3562 Img_3553 ラベンダーの香りを嗅ぎながら、腰を休めるときは頭上の時計草の花を観察しながらの間引き作業でしたhappy01

Img_3559 【独り言】
今年こそは年賀状を早めに準備しようと早速郵便局に年賀ハガキを買いに出掛けたpostoffice
その帰り道にショッピングセンター内に寄ってみると先日まで雑貨店があったところが金券ショップに変わっていました。そして隅っこに「年賀状48円」と書いてある。
合計○百円も違うではないか~~~coldsweats02

2010年11月 7日 (日)

河内木綿の実(ベランダガーデニング)

Img_3555 Img_3542 Img_3546

まぼろしとまで言われていた河内木綿も保存会他の尽力で復活したとのこと。
その種子を八尾市のブロガーの方から送っていただきベランダで育ててみているのですが3年越しで発芽に成功、花が咲き(フヨウやオクラの花そっくりです)実が付きました。直径2,3cmの実が付いてからもう1ヶ月くらいが経過したでしょうか?
珍しい植物を育てるのは楽しみいっぱいですdog

今朝よーく見ると実のひとつに割れ目を発見!eye
綿毛らしきものが見えます。
先日のTV番組では花が咲き終わって2週間で結実して、その後2週間で綿の実が弾けるように解説されていたように記憶しているのですが、我が家の綿の実はなかなか弾けませんcoldsweats01
日当たりが影響しているのでしょう?
ガラス越しにしか日が当たらないので明かりも温度も不足するでしょうね?

でもここまできたのでじっくり綿の実が割れて乾燥した綿毛が現れるのを待ってみますsandclock

2010年11月 6日 (土)

クリスマスローズに新芽が(ベランダガーデニング)

Img_3530

Img_3531

Img_3532 Img_3533 Img_3535 クリスマスローズも活動を始めたようですrun
昨年購入したセミダブル・ピンクです。まだ花が咲いたことはありませんthink
時間がかかるようですsign02  今年こそはと期待しているのですが…

早速、新芽の前面の古い葉を切り取って日が当たるようにしてやりましたsun

傍にはシングルのクリスマスローズがあるのですが、こちらは毎年1月末頃に花を咲かせてくれます。
水を控え目にして表面が乾いて1,2日おいてからタップリ与えています。

今日もいい天気です。植物も大喜びしているようです。ベランダの日の当たる場所に植物を展開です。

2010年11月 5日 (金)

ヘンリーツタの紅葉(ベランダガーデニング)

Dsc01643 Dsc01638 Dsc01639

新聞には各地の”紅葉だよりmaple”が掲載され、京都などの寺院では色づき始めています。
つい先日迄「暑い!、暑い!」と言っていたような気がするのに、植物界は暦に合わせるように活動しているようですsign02

我が家で今年から育てているヘンリーツタも紅葉を始めたようです。夏の花が次々と開花時期を終えて、冬を迎えるこれからは数少ない紅葉植物を観賞することもベランダガーデニングの楽しみ方の一つです。
きっと、まだまだ鮮やかな色に変色するであろうヘンリーツタを当分の間楽しめそうです。
小さな4号ポットで育てているので窮屈でしょうが、ここはヘンリーツタに頑張ってもらうことにします。

ヘンリーツタは気根で壁でも這い上がる姿を本などでよく見るので、ブリキプランターボックスに入れて垂れる姿はどうかなと心配でしたがイメージ通りに生育してくれるのでヤレヤレです。

Dsc01640 Dsc01641 【独り言】
冬の準備でビオラなどのハンギングを作ったものの、まだ夏からの花が元気でその位置を譲ろうとしません。
待機場所の北側ベランダは日照不足のために生育がおもわしくありませんcoldsweats02。そこで天気の良い今日、南側ベランダの空きスペースに待機ハンギングなどを出して日光に当ててやることに。やはり、日が当たると植物達も嬉しいようです。

2010年11月 4日 (木)

ビオラに交代(ベランダガーデニング)

Dsc01633 Dsc01635

Dsc01609

Dsc01632

メインの花壇をサフィニアからビオラにバトンタッチしましたrun
まだまだサフィニアも元気だったのですが、2週間前に植え付けたビオラが北側ベランダで徒長気味になりそうだったので日に当ててやらなければ見苦しい姿になるかも(?)と南側ベランダに移すことを決心しましたdog
半年以上も元気をくれたサフィニアに「ありがとう」ですfull

花壇を掃除して(4枚目の写真:蟻やダンゴ虫が少しいましたbearing)ビオラもこれから半年以上花を咲かせてくれることに期待しながら、移動しました。
*3枚目の写真はサフィニアを処分する前に撮ったものですcrying

Dsc01626日はこんな応援もありました。先日のコメツキバッタがホットリップスをたらふく食べて変身したのかな?
ここは住宅街で緑もそんなに多くないのに8階までよくやって来てくれました。蜜蜂も数匹が飛び回っていました。

2010年11月 3日 (水)

文化の日は作業絶好日(ベランダガーデニング)

Dsc01612

Dsc01615 Dsc01620

Dsc01623 Dsc01625

文化の日は晴れの日が多いということで、昨日苗と球根を買ってきて今日の作業に備えていましたpig
確率どおり、これ以上ないといったいい天気になりましたsun
天気がいいと作業効率がいいですね、どんどん進みました。
昼食の僅かな時間の休憩japaneseteaの後、また作業をすることで一応植えつけを終えることができました。球根は当分の間、姿を見ることが出来ないので殺風景ですね。その分、春に芽を出してくれたときの喜びは格別ですhappy01
球根はチューリップ、スノードロップ、水仙、クロッカスを植えました。急に寒くなったので根をしっかり張ってくれるか心配ですcoldsweats01

ノウゼンカズラの鉢には春の植替え時にスノードロップを植えるためにダミーのビニールポットを埋めていたのですがその中にまで根が侵入していました。凄い生命力なんですね。
割り箸でゴソゴソと土をかいて水仙及びスノードロップの球根スペースを確保して植えることに。

寄せ植えプランターや夏の植物が枯れたスペースに秋・冬の植物を植えるとベランダが明るくなりましたshine

Dsc01605 Dsc01607

Dsc01606 Dsc01608

今日は暖かい日だったのでベランダの植物も大喜びしているようでしたsun

2010年11月 2日 (火)

苗と球根を求めて(ベランダガーデニング)

Dsc01599 明日の”文化の日”は晴れの日が多いということで、それを狙ってガーデニング作業をしようと苗・球根を求めて出かけてみましたrvcar
ところがどっこいどこのHCも何故か種類が少なく、元気な苗が見当たらないcoldsweats02
最近は近所にHCが乱立気味だったので店ごとの売り上げが少ないのでしょうかガーデニング売り場が縮小されていますsad

計画していた苗をメモって行ったのですが無いのでガッカリです……down
落ち込んでいても仕方ないので結局は代替となるものを買ってきました。

ビオラ、サクラソウ、もみじ葉ゼラニウム、バコパそしてチューリップ、水仙、スノードロップの球根を。

あちこちのHCを廻ったので帰宅が遅くなり、写真を撮るのも薄暗い中でcamera
いよいよ、秋・冬のベランダに衣替えですshine

2010年11月 1日 (月)

鉢やプランターの大移動(ベランダガーデニング)

Dsc01597

Dsc01596_2Dsc01589

Dsc01591_2 Dsc01594

先週末に台風14号が関西に接近する予報があったものだから、植物を避難させるために部屋の中に入れたり、壁際に置くことにrun
そしてその土日は同窓会で山梨県に出掛けることにcoldsweats02 台風のことが気になりながら出発したものの台風進路は東側にずれてくれることに…いや~、助かりましたcoldsweats01

と、いうことで今日は1日かけて植物を元の位置に戻す作業です。折角ベランダに物が無い状態なのでついでに掃除もしておきましたshine

台風後の空気と同様、クリーンなベランダになりました。気持ちいいですねhappy01
ねぎらってくれるように時計草が3つ咲いてくれていましたtulip

*3枚目以降は避難時の様子coldsweats02

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ