« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

貴重なオリーブの実(ベランダガーデニング)

2011年6月29日 (水)

オレガノ・ガーデンダイアリー(ベランダガーデニング)

2011年6月28日 (火)

初めてのもみじ葉ゼラニウムの花(ベランダガーデニング)

2011年6月27日 (月)

6月のオレガノ・ディクタムナス(ベランダガーデニング)

台風の影響で関西地方も雨風が強いですtyphoon
我が家のベランダは昨日からの荒れ狂う風で植物達が悲鳴を上げている様ですcoldsweats02
ペラルゴニウム・シドイデスが倒れて茎が1本折れてしまいました。花茎を付けてこれから花が咲く状態だったので大変ショックです。

Img_3306

オレガノ・ディクタムナスが動き始めましたrun
先端に新しい緑色が出始めました。凄く新鮮な気持ちになれます。
初めて育てるのでこれからの変化に興味が湧きます。
極細毛に覆われた葉は優しい感じ、…どのような役割をなしているのでしょう?

オレガノは夏の管理がポイントのようなのでこれから気合を入れて管理しようと思っています。(風通しよくしてやることがポイントの一つでしょうか?)

昨年11月に我が家にやってきたこのオレガノ・ディクタムナスは棚から落ちないようにフック留めしているのでペラルゴニウム・シドイデスのような怪我はしないでしょうsign02

Img_3278 Img_3280 Img_3301 Img_3316

2011年6月26日 (日)

スパティフィラムが咲きました(ベランダガーデニング)

2011年6月25日 (土)

6月のベランダ(ベランダガーデニング)

Img_3230

つるバラ、クレマチスなどの花期を終えて緑の多いベランダになりましたclover
これから暑い夏を迎えますsun
この暑さに負けないように気合を入れてくれる植物が活動開始してくれます。

Img_3299

夏の花の代表格、サフィニアを始めアズーロコンパクト、朝顔(久しぶりに種を蒔いてみました)、時計草が元気をくれます。そしてミニバラも2期目の開花を始めました。
東側ベランダの大葉青しそ、チャイブ、甘長獅子唐、イタリアンパセリなども成長してきました。

メダカが活動開始して随分大きくなってきました。産卵を始めたものも数匹いるのでその内、子が水面を泳ぐ姿を見ることができるでしょうsign02

Img_3292 Img_3244 Img_3235 Img_3237 Img_3238 Img_3245 Img_3246 Img_3248 Img_3251 Img_3273 Img_3283 Img_3291 Img_3294 Img_3293

2011年6月24日 (金)

アズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

Img_3216_2 Img_3214_2 Img_0838 Img_3218

急に暑くなってきましたsun
梅雨の雨が降っている時は晴れてくれないかと願うものの、晴れてみると30℃の夏日、しかも今年は「節電」となるとそれだけで暑く感じてしまいますcoldsweats02

こんな時は涼しげな色など見て気分だけでも涼しげに。
アズーロコンパクトはもってこいの花です。小さくて青い花は風に揺られる姿を見ると1~2℃は下がるようです。

Img_3226 もみじ葉ゼラニウムの花径が上がってきました。初めての花なので次の楽しみが出来ましたhappy01

2011年6月23日 (木)

ピレアプチコレクション(ベランダガーデニング)

2011年6月22日 (水)

ペラルゴニウム・シドイデス(ベランダガーデニング)

2011年6月21日 (火)

出番のヘンリーツタ(ベランダガーデニング)

Img_3159 Img_3154 Img_3148 Img_3162

春になって新葉を出したヘンリーツタですが、周辺のクレマチス、つるバラ、モッコウバラの勢いに押されていてこれまでは脇役でした。

それらの花期も終わり、ヘンリーツタが生育旺盛な季節になってきて出番を迎えました。オレガノと共にベランダ西側壁でこれから楽しませてくれます。4号鉢に入れているので窮屈でしょうが、大きい鉢に入れるとヘンリーツタは直ぐに大きくなるでしょうねsign02 それほど頑強で成長が速い植物のようですよ。

これから2年目を迎えるヘンリーツタ、乾燥したら水遣りするくらいのことくらいしかしませんが、しっかり育ってくれていますgood

2011年6月20日 (月)

いい香りがするベランダ(ベランダガーデニング)

Img_0801

ベランダに出ると甘~い香りがします。
イチゴ「夏姫」が熟して放つ香りです。最初は近所の食卓から漂ってくるものと思っていたのですが、イチゴ「夏姫」に近づいてそれと気付きましたcoldsweats01
いいですね!この甘い香り。

ランナーを伸ばして子株が増えます。きちんと管理してやればベランダいっぱいイチゴと化するかもしれませんeye ほどほどに増やすことにしています。

Img_0806_2

こちらは東側のベランダで春に種を蒔いて発芽、成長し続けている「青じそ」です。
かなり大きくなってきたので収穫間近です。葉っぱを擦ってみるとほのかにしその香りがします。素麺が美味しい夏の日が待ち遠しい今日この頃ですhappy01

Img_0808

山椒の木も植え替えした効果で元気モリモリ、葉を沢山つけてくれました。
この香りは懐かしい田舎を思い出させてくれます。

2011年6月19日 (日)

再びユーカリの摘心(ベランダガーデニング)

Img_0791 Img_0792 Img_0793 Img_0794 Img_0797 Img_0800

ユーカリは生育旺盛な木のようです。
ベランダでコンパクトに育てるために摘心を心がけていますhairsalon
以前、天井に届くようになってから一気に切ったときに突然全ての葉っぱを落としてしまったので、それからは数ヶ月おき(生長期は2,3ヶ月おき)に頂部を僅かに切ることを続けています。今はクレマチスを絡ませているので脇役になっていますが、秋の斜陽が銀葉に当たる季節になると存在感があります。

写真3,4枚目は過去に摘心をした箇所です。

Img_0799 Img_0798

プランターに植えた記憶がない箇所に芽を出しているものがあったので余っている鉢に移植していたら花が咲きました。サフィニア(ペチュニア)のようですが、我が家で育てている品種とは違うのでどこからか種子が飛んできて芽をだしたのでしょうねsign01

2011年6月18日 (土)

6月のブライダルベール(ベランダガーデニング)

Img_3116 Img_3131 Img_3136 Img_3119_2

今日も小さな花の投稿ですcoldsweats01 1,500件目の投稿です(大した記事ではありませんが、日々の植物の様子やガーデニング作業を記録に残しています)

冬季には地上部を完全に枯らしているブライダルベールも6月になってくると緑葉(裏側は濃い紫色)を増やし、小さな白い花を付け始めます。

冬を越す間は東側のベランダの陽だまり(寒風に出来るだけ当たらない場所)に置いています。そして、春になると南側ベランダのアーチ中央のビオラのハンギングと交代です。

ブライダルベールは環境が整えば1年中咲き続ける植物のようですが、ベランダで育てると気温の条件が整わないので無理なようです。(昼間は花が開きますが、夜間や曇天日は閉じてしまいます)

今シーズンも昨年と同じくらいには育って欲しいですねhappy01

Img_3120 クレマチスの花が随分増えました。
1年生苗がこんなことになるなんて予想していなかったので嬉しさ十倍sign03
絡まれたユーカリは迷惑でしょうが…。
(ユーカリも大きくならないように摘心しています)

2011年6月17日 (金)

ワイヤープランツの花(ベランダガーデニング)

Img_3102 Img_3106 Img_3112 Img_3115

ワイヤープランツに沢山の小さな花が咲いていました。
視力が弱くなった私にはこの変化がすぐには気付きませんでしたcoldsweats01

アブラムシ退治のために新芽を入念にチェックして小花が咲いていることに気付きましたeye
葉の少ない冬季には花が目立つので発見しやすいのですが、今の時期は葉が増える時期なのでなかなか難しいのでしょうねsign02happy01

小さなビニルポットに入れたものをブリキ缶に入れてベランダのあちこちに置いていますclover

2011年6月16日 (木)

ブルーベリーの実(ベランダガーデニング)

Img_0785 Img_0790 Img_3097 Img_3098

今年もヒヨドリにブルーベリーの殆んどの花を食べられましたが、食べ残した分から実が数個付きましたgood
ひとつでも実を確認出来ると何となく安心します。

毎日ベランダにやってきていたヒヨドリは我が家のある集合住宅の屋上に巣を作っていたのか(?)先週だったかやっと飛べるようになった雛と共にベランダ前を飛び交っていました。
今も毎日、ピーッ!ピーッ!と鳴いています。元気なようですchick

2011年6月15日 (水)

サフィニアから元気を戴いています(ベランダガーデニング)

2011年6月14日 (火)

スパティフィラムが今年も咲きそう(ベランダガーデニング)

株分けして3年目になるスパティフィラムが昨年に続いて花を咲かせそうです。
昨年は7月下旬にやっとでした。と、いうのも株分け後の管理が不十分で苗の成長が思わしくなく栄養不足状態になっていたからです。
その後、注意しながら管理していたら今シーズンやっと元気な葉っぱを付けるようになりました。

今朝、水遣りするためにベランダに出したときに白いものを発見しましたeye
Img_3095

クレマチス・ロマンチカがユーカリの中で次々と開花しました。
Img_3080

2011年6月13日 (月)

梅雨時の発見(ベランダガーデニング)

Img_3060 Img_3059 Img_3064

Img_3068

クレマチスバラがの開花最盛期が峠を越えてきたのでベランダの変化が少しスローダウンしてきましたdown
そんな中で梅雨の蒸れ防止やアブラムシ退治のために株元や混んだ箇所の葉を切取ったりしていると小さな発見をしますeye

十二単の花茎がグーンと伸びてもう少しで花が咲きそう
②春先に咲いたオダマキが再度花を付けました
ホットリップスの花の色が白っぽくなってきました(寒い冬は赤、そして春先は赤白2色でした)
④見上げるとサフィニアが沢山の花を咲かせていましたnew

2011年6月12日 (日)

クレマチス・ロマンチカが咲きました(ベランダガーデニング)

Img_3049_2 Img_3056 Img_3054 Img_3062  

クレマチス・ロマンチカも半日陰で育つようですgood
(夏の強い陽射しは避けた方がいい植物ですdanger

昨年、1年生苗を買ってみたものの植えつける場所が無くなったのでひとまず待機させておこうとビニルポットから5号プラスチックポットに植え替えてベランダの片隅に置いていたのですがあれよあれよと蔓が伸びて行灯仕立て(待機させるために鉢で独立させておきたかったのです)では間に合わなくなってしまい、上方のユーカリに巻き付いてしまいましたhappy01
自由にさせていたら成長は続いてユーカリの枝にあちこち絡まってしまいました。

Img_3070 Img_3071

南向きのベランダなので春先までは直射日光が当たりますが、4月頃からは当たりませんsun
日当たりが悪いと開花しない植物がありますが、このクレマチス・ロマンチカは「半日陰」でもしっかり花をさかせるようです。
日頃の管理は乾いたらタップリの水遣りと活動を開始する春からは1週間に1度程度の液肥です。アブラムシを寄せ付けないように見つけたら即退治です。

2011年6月11日 (土)

オレガノ・ガーデンダイアリー(ベランダガーデニング)

週末の土曜日の朝は残念ながら雨がしとしと降っていますsprinkle
夕べはかなり強い雨風でしたtyphoon
こんなときは折角咲いた花が散ったりするので気が気ではありませんcoldsweats02
しかし、風に煽られる影響か(?)一気に成長している植物もあります。時計草の蔓が凄く伸びて大変なところに絡まっていたり、急に花が咲いたり…サプライズがあることもshine
今朝クレマチス・ロマンチカが咲いていました。明日にでも投稿したいですpencil

Img_3035_2Img_3042_2 Img_3036_2 Img_3040_2

オレガノ・ガーデンダイアリーが段々色付き始めました。
この淡い色が好きですgood
あの冬の間の姿からは想像つかないですねnote
先月下旬の様子から薄紫色がかなり増えてきました。

【独り言】
Img_3027 Img_3030

3月に種を直播きしたポピーが花を咲かせました。
本来の姿とは程遠いのでしょうが花が咲くのは嬉しいですねcat

2011年6月10日 (金)

今度は赤い孔雀サボテン(ベランダガーデニング)

Img_3009 Img_3025 Img_3024 Img_3021

白の孔雀サボテンは1番花が咲いてから毎日1個ずつ開花しています。
今日は赤い孔雀サボテンが初めて開いて仲間入りです。

こちらは数年前に台風にやられてしまって厳しい状態にあるのですが、必死になって咲かせてくれましたsign02

2011年6月 9日 (木)

時計草・ビクトリアが咲きました(ベランダガーデニング)

2011年6月 8日 (水)

めだかも嬉しそう!?(ベランダガーデニング)

Img_2965 Img_2966 Img_2950 Img_2955

 水温が上がってきたのでメダカが喜んで活発に鉢内を動き回ります。
この時期になると私にも慣れてきてベランダに出ると寄ってきます。冬の間の警戒心はどこえやらの状態です。

活動を始めると早いですね!
もうお腹を大きくして卵を体外に出しているメダカもいますfish
卵を産み付けやすいように水草を入れてやりましたcat

2011年6月 7日 (火)

初夏のアズーロコンパクト(ベランダガーデニング)

Img_2929 Img_2847 Img_2934 Img_2941_2 Img_2978_2 Img_2932

 2年目のアズーロコンパクトを先日思いっきり切り戻してやったらこんもり状態に咲いてくれました。

2年目になると冬の枯れた状態からいかに生きた緑の部分を増やすかに集中してしまうので切り戻し作業(時期)を忘れてしまいます。
気付いたときには蕾を沢山つけた状態になっています(今回もそうでしたcoldsweats01


生育が十分でないもう一つの苗はまばらな状態になってしまいましたが、それでも小さな青い花を沢山付けて冷涼感を提供してくれます(3枚目の写真)。

【独り言】
Img_2983Img_2981

我が家で咲いたクレマチスの中で最小径の花ですsearch
ビチセラ系など(右側の写真)径が小さいものがありますが、これは2,7㎝です。これが本来の大きさではないのですが、日陰の影響や他の植物に栄養分を奪われているのか……coldsweats02
それでも白い小さな花は私が楽しむには十分過ぎますhappy01

2011年6月 6日 (月)

役に立つヘデラ(ベランダガーデニング)

Img_2860 Img_2863 Img_2862 Img_2921

Img_2888

ブログに登場する機会の少ないヘデラを載せてみましたpencil
前回の投稿は3年以上前です。今あるヘデラはそのときのものや、そしてそれを挿し木したりしたものですbud

緑が欲しいときに重宝するヘデラです。
元気のいい枝を切り取って水に浸して発根させ、必要時に備えています。
挿し木してもいけますが、水に浸し発根させてからの方が生育が早いので寄せ植えプランの達成に助かりますshine
グランドカバーとしてよく使っていますgood
日当たりの良い場所、半日陰場所にとどこでもよく育ち、耐寒性もあるので助かりますclover

Img_2902 Img_2904

孔雀サボテンの2番目の花が咲きました。

2011年6月 5日 (日)

ベノサバイオレシアが咲きました(ベランダガーデニング)

Img_2876 Img_2883 Img_2894 Img_2897 Img_2899

今年3月に小さな苗を植えたクレマチス・ベノサバイオレシアが咲いてくれました。
今シーズンは花を付けても一つだろうと期待していませんでしたが、今朝2個同時に咲いてくれたのには驚きましたeye

先月花期を終えたHFヤングやそろそろ終えようとしているMEアンドレに引き続いて咲いてくれました。

小さな可愛らしいクレマチスの花は初めてです。説明書に花径4~6㎝とあったのでどのような姿形になるのか興味ありました。
花径を測ってみると5,5㎝でしたsearch
ノウゼンカズラの足元を春先のスノードロップそして水仙、それに引き続いて初夏に咲く花で中間高さの植物で明るくしてみようと計画したものです。

2011年6月 4日 (土)

オリーブの花が満開(ベランダガーデニング)

Img_2823 Img_2829 Img_2872 Img_2871

数日前にオリーブの花が開いたので投稿しましたが、一気に開いてもう散り始めました。
開いた花を撮影するために探すのに苦労したのに今は殆んどが開いてパラパラと落ちているのですcoldsweats02
こんなに早いから昨年は花を見逃してしまったのでしょうsign02
ベランダ床はもう花粉で黄色くなっている箇所も…shine

今の時期はベランダの変化が著しいeye
次々と新しい花が咲きます。
Img_2905 Img_2831 Img_2843 Img_2849 Img_2851 Img_2858 Img_2868 Img_2869

2011年6月 3日 (金)

白の孔雀サボテンが咲きました(ベランダガーデニング)

2011年6月 2日 (木)

サマースノーが満開に(ベランダガーデニング)

Img_2731 Img_2735

つるバラ「サマースノー」が咲き始めたかと思ったらみるみるうちに満開となりました。
昨年トレリスをベランダ前方向に展張してつるバラを絡めてみたのですが、ここまで成長するとは思っていませんでしたbell

Img_2746 Img_2797_2

2011年6月 1日 (水)

再生ミリオンベル(ベランダガーデニング)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »