« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

1月下旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

Img_7127
ブログモニターとして届けてもらったフリル咲きビオラ「ミルフル」です。モニターとしては最後の報告となります(モニター期限が1月末日となっているんですweep
勿論、「ミルフル」の様子は継続してブログで投稿予定です。
アーチやパーゴラに絡むクレマチスつるバラモッコウバラビオラが同時に咲く頃のベランダが気に入っているんですdelicious

Img_7084
モニターに当選する前に市販苗も買って植えていたのですが「ミルフル」を育てるのは今シーズンが初めてでした。ビオラはガーデニングを始めた頃から冬の定番として植えているので10年以上前から育てていますが、このミルフルビオラの概念を変えたように感じられました。何と言っても豪華な花が咲き、しかも花持ちが長いところに驚きましたhappy01

Img_7118 Img_7134 私のお気に入りは濃いブルーの「ミルフル」です。シックで大人な感じのする花のようですgood
イエロー系も元気がもらえていいですよgood 

Img_7138 Img_7145 Img_7146 Img_7068 Img_7081 Img_7077 ブログモニターは期限終了となりますが、これからもしっかり管理して1日でも長くフリル咲きビオラ「ミルフル」とお付き合いしたいですsandclock

こうやって見ると、モニター苗が届いた11月上旬のベランダの様子とは随分変わってきましたeye

 

アケビの植え付け(ベランダガーデニング)

Img_7153
アケビを1苗だけ昨年9月、プランターに植えていたのですが、思ったほど成長しないので、今朝もう2苗を追加して植え付けてみました。

植えつける苗を別の鉢から掘り起こそうとするのですが意外と細かい根が張っていて手間取りましたcoldsweats02 
Img_7151 種子から2年もすると成長するものですね(アケビのたくましさに元気をもらいましたrun
ベランダは冷え込んでいたので作業がはかどりませんでした。

まだ背丈が30㎝程度しかありませんが、早く花を見てみたいです(アケビの実は山でよく見かけて食べたこともありますが花を見た記憶がありませんgawk

2012年1月30日 (月)

春菊と水菜がやっと鍋に(ベランダガーデニング)

Img_7020
待ちに待った春菊と水菜が鍋で食べられるように生育しましたpouch
鍋をするたびにベランダの春菊・水菜が食べられるだろうかと買物前にチェックしていましたがやっとのことで昨夜実現しましたnotes
最も寒い時期となったので結果的にはいいタイミングでしたgood

昨年の10月末に種を蒔いてから3度の間引きをしてときたま水遣りするくらいの管理でしたが、こうやって食べられるようになるとは感激しますねwink
Img_1550_2   Img_1556

春菊・水菜どちらもシャキシャキ感があって且つ柔らかく私にとって特別な味でしたhappy01

Img_7107 【独り言】
毎年冬になるとヒヨドリがやってくるのですが今シーズンは昨年12月に1羽が1回やってきただけで鳴き声も全く聞こえてきませんdown
ちょっと心配ですwobbly
今日、その代わりではないですがベランダにスズメがやってきました。スズメは通常地表近くでエサを見つけているのでこんなに高い所に何しにきたのでしょうsign02(先日もやってきたし、今年はヒヨドリの代わりにスズメかな?)
こうやって小鳥や昆虫がやってくるのものどかでいいですねchick

2012年1月29日 (日)

冬のアブチロン(ベランダガーデニング)

Img_7097
今日はブログ記事を迷っていたのですが、オキザリススノードロップが開きそうだったのでその瞬間を待っていましたsandclock
時どき太陽光が当たっているので期待して待っていたのですが結局どちらも開きませんでしたcoldsweats02
(先日、オキザリスの花が開く様子を観察していると、開き始めると30分もかからないで全開したのでもうちょっともうちょっと待ち続けました。忍耐強いでしょsign02catface

Img_7087 Img_7092 Img_7093 Img_7094 アブチロンの開花期は本来5月頃から10月半ばですが、南向きベランダで育てると日照不足となるからか(庇の陰になって殆んど日があたりません)あまり花が咲きません。秋になって日が挿し込むようになってから花が咲き始めました。
そして、冬になっても直射日光が当たる影響でしょうか、今でも数は少ないですが咲いています。アブチロンの開花には気温よりも日照が必要条件なようです。

でも、花が少なく寂しい冬に赤色の花が咲いてくれると嬉しいですね。ひとつでも二つでも咲いてくれると暖かい気持ちになれますspa

リビングの前に竹垣立てて、それに絡ませています。ホットリップスは5月頃に沢山の花を咲かせましたが今もポツリポツリと咲いてくれて楽しませてくれますdrama

*最後の写真はオキザリスの様子です。複数の花が咲くのも時間の問題なのですが…
じれったいですcoldsweats01

2012年1月28日 (土)

元気もりもりアリッサム(ベランダガーデニング)

Img_7025 夏越しする頃は「このアリッサム、大丈夫かな?」と心配する日々でしたが、今は元気もりもり次々と小さな白い花を咲かせています。

Img_7044 このハンギングの主になって3年目を迎え、相棒のガーデンシクラメンビオラは年々入れ替わっています。かなりの老体になったアリッサムですがこのハンギングと相性がいいのか長生きしてくれています。
ベランダで育てると霜にも遭わないので長生きする要因のひとつなんでしょうね?
(日当たりのよい場所で育てるのですが霜には要注意ですdanger
秋には土(赤玉土7、腐葉土3)を入れ替えてやって栄養分を補給してやっています。期待に応えてくれることが嬉しいですねgood
Img_7038 アリッサムは鉢・プランターで育てると夏場の高温・多湿時には涼しい場所に移動して夏越し出来るので本来の多年草の性質を発揮できますdog

花が咲いている今は1週間に1回、液肥を与えています。

Img_7034 Img_7039 Img_7035 Img_7030 こぼれ種から育った紫色のアリッサムも小さな花を房状となって咲かせています。アリッサムはちょっとした宝石のようにも見えますsign02

2012年1月27日 (金)

木苺が結実目指してスタート(ベランダガーデニング)

Img_7014 先日、剪定した木苺(ラズベリー)です。落葉性低木果樹の木苺はすっかり落葉して新たなスタートを切ったようです。地表から新たな新芽を出したり、枝からの新芽もふっくらしたり、葉を形成したものもあります。
全てが落葉してから新たな葉っぱに衣装替えするとこちらも新鮮な気分になってきますshine

Img_7011 Img_7012 今日は土表面に追肥をまいてやりました。今の時期は土が乾いたら水遣りしています。凍結してはいけないので晴れの日の午前中に水遣りするようにしています。

隣の山椒の木は枯れてしまったような様子ですが、毎年このような状態になっても春には新芽を出してくれるのでさほど心配しないようになりましたhappy01

Img_7018

Img_7022 Img_7023 冬の間、丸くなって寒さをしのいでいるブライダルベールオレガノ・ガーデンダイアリーよりも早いスタートを切って結実に向かってくれているようですsign02

【独り言】
全豪オープンでの錦織選手の活躍は見事でしたtennis
準々決勝の生中継をTVにかじりついて見入ってしまいました。全く目が離せない試合でした。
負けてしまいましたが、観戦する側からは十分に満足でき、次を期待できる内容でした。
このような何十年ぶりの日本選手の活躍を見られただけでも幸せ気分になりました。

一方、昨日の国会中継はうんざりの光景ばかりです。相変わらずの揚げ足取りばかりです。
与党・野党の立場が変わっただけの○芝居をしているように感じてしまいます。
代表質問の間も腕組みして目を閉じている議員も真に聞いているとは感じません。「俺は寝ていないぞ」と言い訳は出来るかもしれませんが今はそんな状況にないことを自覚して欲しいですpout
この国が非常事態になっている、そして将来が危うい状況にあるなんて全く感じられない国会議事堂の空気のように感じられたのは私だけでしょうか?

たった1日違いの放送でしたが、あまりの違いに愕然としましたshock

2012年1月26日 (木)

スノードロップが再び咲いてくれました(ベランダガーデニング)

関西地方にも寒気が入り込みこの冬一番の冷え込みです。
ベランダのビオラも凍えてぐったりしてしまいましたcoldsweats02

Img_7003
一昨年植えたスノードロップの球根が芽を出して蕾を覗かせ始めました(昨年11月にも突然にひとつだけ花が咲いたのですがdog
今シーズンは球根を植えなかったので昨シーズン以前に植えつけた球根が土中で生き続けてくれたのでしょうねsign02
Img_7010
鉢やプランター内で野生化してくれる植物の姿が私の理想のガーデニングだけに嬉しいですgood 今のところムスカリ水仙は球根植えっ放しで毎年咲いてくれますbud
地植えの環境に近づけるために乾ききった頃に水遣りしています(地上に何もないので時々忘れてしまいますが、それが球根が生き続けるために好都合のようです?)

Img_7006
スノードロップ
はその姿がいいですねsign01
ひとつの花茎にひとつだけ下向きにひっそりと咲く白い花は特別な趣きがあります。

昨年のように沢山の花が咲いてくれると…妄想してしまいますcoldsweats01

2012年1月25日 (水)

明るくしてくれるジュリアン(ベランダガーデニング)

Img_6985

冬になるとコニファの株元が寂しくなるのでジュリアン、葉ボタンなどでカバーしてやるのですが、このジュリアンは赤やピンク、黄と原色が多くて明るく、元気がでます。鉛色の空の日が多い冬ですがこのジュリアンの原色を見ると気分が明るくなれますshine
Img_6988_2 Img_6993 Img_6994 Img_7000 手頃な価格でこんなに効果(元気)をもらえるなんて助かります。最近はバラ咲きのジュリアンもあって豪華になってきました(私は遠くから明るい雰囲気を楽しんでいるので一重咲きで我慢していますcoldsweats01
このプランター内には何やら球根が芽を出してきました。昨年咲いたチューリップの球根を掘り起こさなかったので芽を出したのかな?小さくてもいいから花が咲いてくれないかなconfident
今年はチューリップを植えていないのでひとつでも咲いて欲しいなtulip

Img_7001 今日はベランダ西側のクレマチスの枯葉を切り落としてやりました。よーく見ると節々に新芽を沢山覗かせていましたよeye

【独り言】
お年玉つき年賀はがきの当選番号が発表されましたbell
例年、末等の切手シートが3,4枚は当たっていたのですが今回はゼロ!!!!crying
番号調べを始めたころは昨年以上は当選しているかなと期待していたのですが、何枚めくってもゼロ!。
それでも1枚は当たるだろう?確率からしても100分の2なんだから大丈夫だろうと自分に言い聞かせながらハガキをめくるも終わってみればゼロでしたcoldsweats02

半世紀近く分のこの切手シートを収集していますが途切れるのがちょっと残念cryingと落ち込んでいたのですが、たった1枚の書き損じ分が当たっていました
(今回年賀状をプリントしようと始めた1枚目がプリンターの故障で失敗したんです)
皮肉なものですねhappy01

2012年1月24日 (火)

気になるクリスマスローズ(ベランダガーデニング)

Img_6982 Img_6977 12月になるとクリスマスローズの花芽が気になってしかたありません。我が家のクリスマスローズの花期を把握してからは12月、1月はまだ花は咲かないと少しは落ち着いていられるのですが1月下旬になってくると株元を覗き込んでしまいます。
そろそろ花芽がでてくるのではないかと寒いベランダに出て様子を窺うのが楽しみになってきました。

Img_6970 Img_6972

寄せ植えするときに落ちてしまった多肉植物の葉を土の上に置いていたのですが、揃って新芽を出していました。この姿もなかなか滑稽でおもしろいです。
小さなものでもそれなりに次の代にバトンタッチするのですねrun

Img_6980 Img_6983

昨年購入した八重咲きのクレマチスも節々に新芽を覗かせ始めました。クレマチスの新芽は特別嬉しいですね。枯れてしまったような姿になるクレマチスが緑色の新芽を出すと生きていたんだと特別嬉しくなりますhappy01

Img_6965 Img_6967

再生カランコエも花が増えてきました。春が近づいてきたことを感じさせてくれますcherryblossom

2012年1月23日 (月)

1月の晴れた日(ベランダガーデニング)

Img_6906 曇り空が続いたここ1週間でしたが、昨日、今日と青空で気持ちよくてベランダに出たくなります。
Img_6928 Img_6929

まず最初にベランダ掃除や花がら摘み、そしてつるバラモッコウバラミニバラに固形油粕を少量やってから乾燥している鉢・プランターに水遣りしました。作業が終わるころには日がベランダに射し込みスノードロップ、クロッカス、水仙などが気持ちよさそうに日を浴びていました。
Img_6935 Img_6941 Img_6924 Img_6925

先日開花して気になっていたオキザリスの花は今日は開くだろうと観察するもなかなか動きません。でも、日が当たるようになってから2時間後の正午頃から急に花びらが動きましたよsign01 それからは速い、速い。(最初の花も開いてからは明るさが足りないのか2,3日は閉じたままでした)

1月のベランダは寒いのですが、晴れの日はさすがに気温が上昇するので植物達も嬉しいのでしょう?活動的になるようです。私も活動的になれますrun
Img_6931

2012年1月22日 (日)

1月中旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(2)(ベランダガーデニング)

Img_6858 つるバラモッコウバラの葉摘みをしたので緑が無く、めっきり寂しくなったベランダ景観ですがビオラが色を添えて元気をくれます。寒い冬に花があると救われますrun
Img_6857 無機質なコンクリート壁のときのことを振り返ってみると、植物達によって随分生活も変わってきました。
Img_6862 以前は部屋から外に出ることが億劫になっていましたが、今はあの時の感覚がありませんhorse 不思議ですね!花の魔力でしょうかsign02
Img_6865

Img_6851

Img_6875_2

2012年1月21日 (土)

1月の黄金カズラ(ベランダガーデニング)

Img_6880私の好きな ベランダのシーンのひとつである1月のハンギングした紅葉した黄金カズラです。
小さなポットに入れただけの黄金カズラですが、1枚1枚の葉の模様や色の濃淡が気に入ってますgood
昨年は葉っぱの中央部から左右にハッキリと緑色と赤色に分かれたものもありました。

Img_6887 色・模様をより楽しもうと昨年背景としてグリーンのボードを入れてみました。紅葉の色がより鮮明になった感じです。

Img_6891 Img_6893 黄金カズラは強靭で肥料要らずの育て易い植物ですが小さなポットに入れているので水切れに注意しています。夏場は毎日水遣りしています。冬場は2,3日に遣っています。
伸びすぎた蔓を時たま切っています。

2年前に土を増してやったのですが、そろそろ今春も土の入れ替えをした方がいいようです。

2012年1月20日 (金)

つるバラ、ミニバラの植え替え(ベランダガーデニング)

Img_6826 外は寒いけれども今はバラの植え替えに適した時期はバラが休眠期に入っている12月から2月がいいとのことなので実行しました。
ベランダでのつるバラの植え替えは想像以上に大変ですねgawk 
植え替え作業を少しでも楽になるように置き場所や誘引をやっているのですが、それでも障害物や作業場所が狭いことなどからスムーズに出来ませんcoldsweats01 

でも、植え替えすることによって健康でより多くの花を咲かせることを思えば楽しくなってきますgood
今回の土はハイポネックスのばら用土を使いました。ブランド土だけに高価ですねdollar(私が日頃使用している培養土の6,7倍しますcoldsweats02

Img_6817 Img_6823 Img_6821 Img_6824 つるバラは上部肩口と下部の古い土を6分の1程度を替えてやりました。ミニバラは3分の1程度を替えましたshine
植え替え後はタップリの水やりをして終了です。つるバラの誘引をして最後の掃除をする頃は暗くなってきていました。体が冷え切ってしまいましたが気持ちはポカポカですspa
昨年以上の花が咲いてくれるといいけどなぁnotes

2012年1月19日 (木)

100均商品の活用(ベランダガーデニング)

ガーデニングに100均商品を活用しています。ちょっとしたアクセントに使ってみたり、葉水用霧吹きやベランダの溝のゴミ・埃を取る用具も100均商品が活躍してくれます。

植物の根元付近が暴露して殺風景な場所に置いてみるとちょっと生き返るような気がします。
Img_6809 Img_6800 Img_6799 Img_6806 Img_6801 Img_6802 Img_6803 Img_6812

ベランダガーデニングも遊び心で楽しんでいますgood

今日はつるバラミニバラの植え替えをやっています。狭い場所での作業なので悪戦苦闘していますrun
Img_6808

2012年1月18日 (水)

オキザリスが咲いた(ベランダガーデニング)

2,3年前から植えているオキザリスの花が初めて咲きました(球根を植えっ放し状態)scissors 昨年は芽を出して葉っぱだけを付けて終わってしまいましたが、今年は花を咲かせました。

Img_6783 蕾を付けてからは毎日が楽しみで、昨日も開きかけたのでもしやと期待したのですが正午を過ぎると閉じ始めてしまいましたcoldsweats02 気温変動でも感知するのでしょうか?午後からの気温では全開が無理と感じたのでしょうか?

Img_6780 今朝も10時頃までは下を向いて閉じたままでしたが、日が当たって温度が上昇し始めると開き始めました。動き始めると速い、30分もしないで全開状態となりましたpaper

Img_6785 このオキザリスの花、花茎の先端部分が分かれて花を複数咲かせますが、この花の大きさで同時に咲いてしまうとどうなるのでしょう?ちょっと窮屈で可哀想な気がしますがその姿も見てみたいです。

Img_6790 Img_6782 花茎が長いので下方の葉と同時に撮影出来なかったので別々に撮ってみましたcamera
葉っぱも陰となる部分は閉じた感じになって、日が当たる部分はパッと開いた状態になるようですよclip ステラと寄せ植えしていますがオキザリスの勢いが勝っていますrun

Img_6795

2012年1月17日 (火)

消防設備点検日(ベランダガーデニング)

Img_1537 Img_1539 今日は年2回行われる集合住宅の消防設備点検日でした。
火災感知機の作動確認やベランダに設置してある避難はしごの点検です(昨年の様子はこちら)。
ベランダに沢山の鉢やプランターを置いていますが避難通路の確保と避難時のシミュレーションは日常から心がけていますrunthink

Img_1544 Img_1545 今日は久しぶり晴れました。その影響か、オキザリスの蕾が膨らんで開き始めました。頭が重くなったので花茎が曲がって前方に垂れ下がってきました。

2012年1月16日 (月)

緑を楽しませてくれるシュガーバイン(ベランダガーデニング)

Img_6765 昨年9月に3苗購入して植え付けたシュガーバインが順調に育っていますbud
常緑性なのでベランダや室内に緑が欲しいときに役立ちます。可愛らしげな葉の形と蔓の節々から覗かせるヒゲ(根?)は何度見ても飽きることはありませんcat

Img_6756 土は赤玉土7と腐葉土3を混ぜたものを使いました。強い光が苦手な植物なので通常はベランダの日陰場所に置いて楽しんでいます。ベランダの日陰場所は殺風景となりがちですが、このシュガーバインを置くとその空間が生きてくれる感じがしますscissors

Img_6759 冬の間は氷点下に気温が下がることもあるので室内に避難させています。

Img_6768 Img_6777 長く伸びた蔓は切り取って洗面所に飾ったりしていますclover

2012年1月15日 (日)

ベルフラワーは長寿命?(ベランダガーデニング)

Img_6746 ベルフラワーは随分長生きする植物なのですねsign02 まるで雑草のごとくたくましいです。
確か、もう10年近くはこの鉢で生き続けているでしょうrun(5年前の様子はこちらで)
鉢いっぱいになると株分けしているのですが、それ以外はさほど気を配っていませんcoldsweats01
(冬の間は乾いたら水を遣る程度です)

Img_6748 春になったら一斉にブルーの花が咲きますがこの瞬間が大好きですshine
花に雨が当たると溶けたようになって見苦しくなるのですが屋根があるベランダでは心配ありませんscissors (ベランダガーデニングに好都合の花と思っています)

Img_6753 昨年からグランドカバーとして使えないかともみじ葉ゼラニウムのプランター内で試しています。

2012年1月14日 (土)

1月のベランダの足元の植物(ベランダガーデニング)

Img_6682 1月のベランダは緑が少なく寂しくなりますが、足元をよ~く見ると新芽を覗かせているクロッカス、水仙、クレマチスなど、落葉して休眠期に入っているヘンリーツタ、姫林檎、そしてじっと寒さに耐えている多肉植物、そして寒い冬を喜んでいるジュリアン葉ボタン、ガーデンシクラメン、アリッサム等など…いろいろあります。
それぞれの状態を観察しながら水遣り、肥料をやっています。
Img_6738 Img_6729 Img_6741 Img_6742 Img_6733 Img_6730 Img_6732 Img_6731 Img_6734 Img_6739 Img_6728 Img_6737 Img_6726 Img_6740

2012年1月13日 (金)

1月中旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

Img_6670 昨日に続いてビオラですが、今日はフリル咲きの「ミルフル」です。
ブログモニターとしてサントリーフラワーズ㈱から戴いたのですが、植え付け当初はうまく育てられるか不安でしたがこの「ミルフル」は強い植物で花茎も太くてしっかりしています。
ここまで育ってくれると責任を果たせたかなと少し安心ですhappy01
(「ミルフルは余計な心配は不要な強い植物のようです)

Img_6675 Img_6676 Img_6673 Img_6683 Img_6701 Img_6706 ベランダのフェンス周りを青や黄色の花で明るくしてくれます。冬のビオラは特別です。寒風を受けながらも凍傷に遭いながらも耐えに耐え、平気な姿を見るたびに元気をもらえます。
Img_6686

2012年1月12日 (木)

やはりビオラ(ベランダガーデニング)

今冬一番の冷え込みということでニュースでも裏日本の豪雪や日比谷公園の池に氷が張ったことを伝えていました。

Img_6663 私の住んでいる神戸も冷え込みましたが、驚くほどではありませんでした。ベランダのビオラも凍りつくほどではなく被害がなくてホッとしましたcoldsweats01

Img_6658 ビオラは寒いのを好むようで花が元気になります。
今年初めて植えたローズ系のビオラも沢山の花をつけました。
寒い冬に私が元気をもらえるのはやはりこの花「ビオラ」ですrun
Img_6669

2012年1月11日 (水)

ジュリアン、アリッサムの植え付け(ベランダガーデニング)

クリスマス用にディスプレイしていたジュリアンアリッサムは購入したビニルポットのままで室内で観賞していたのですっかり弱ってしまいました。
どちらも花期はまだ4,5月頃まであるので復活させて楽しもうと4号ポットに植え替えてやりましたbud
Img_6651 新しい土に植え替えたので少しは元気がでるのではないでしょうか?

ついでにランナーから伸びてビニルポットで育てていたいちご「夏姫」も一回り大きいポットに移してやりました。こちらは強健な植物なのできっと大きく成長するでしょうsign02
(既に子、孫まで出来ています)

Img_6641 Img_6650 Img_6643 Img_6644 日の当たる場所に置いてやりました。多肉植物を置く場所ですが、冬場は多肉植物を室内に取り込んでいるので一時置きです。
昨年挿し木したクレマチスもここで養生しています(ひょっとして水切れさせたかもしれませんweep
狭いベランダだから空いたスペースは有効活用です。日頃、日当たりの良い場所を譲っている植物にはせめてものこの季節だけでも思いっきり日を浴びて欲しいですsun
Img_6647

2012年1月10日 (火)

木苺の剪定(ベランダガーデニング)

  Img_6635 東側ベランダに置いている木苺(ラズベリー)を剪定してやりましたhairsalon
紅葉しながら新芽を覗かせ始めている1月、2月が剪定に適期だということでコンパクトに切ってみました。剪定の基本は新芽を覗かせている2,3芽を残して山形に形を整えるといいらしいscissors

Img_6630 木苺は古い木を枯らしながら根元から新芽を出してきます。そして、充実した枝に実を付けるようです。我が家にはもう数年前からあるのですがこれまではあまり力を注いでなかったので実が付いたのはたったの1度限りです。しかもそれが集合住宅の大規模改修工事で避難していた場所でのときなんですよcoldsweats02
それ以後、弱ってきたので昨年植え替えすると一気に新芽を出して幹も充実してきました。で今年はまた実が付くかもしれませんsign02

乾燥に弱いのでバークチップを置いて乾燥防止しています。水を好むので夏の間は毎日水遣りしています。

Img_6636_2 ついでに山椒の木も剪定しましたhairsalon

Img_6629_2 最後に剪定前の木苺の姿を参考に載せておきますcamera

2012年1月 9日 (月)

再生カランコエが咲きました(ベランダガーデニング)

Img_6625 2年前に沢山の蕾を付けていたカランコエを保険会社の方から戴いて、花期を終えたので、外に出していたらそのまま枯れることなく現在に至っていますeye
(装飾用の花は花期が終わったら急に弱ってしまい、「それまで」としがちになってしまいますcoldsweats01

Img_6627 11月に小さな蕾を沢山付けているのを発見、リビングに入れて蕾が開くのを待っていましたsearch
たくさんの細い花茎を出して小さな八重の花を咲かせてくれました。近づいてよ~く見ると、この花はなかなかの美人で可愛らしいhappy01

Img_6612_2 Img_6613 一昨年の花後から全く手をつけていないのでくねくねと姿が乱れていますpig 今回は花後に切り戻し、または挿し木してコンパクトな姿に整えてみようと思っていますconfident これから当分の間はこの可愛い花の観賞を楽しみたいですnotes

Img_6638 赤色シャコバサボテンも花びらをしっかり広げて存在をアピールしています。

2012年1月 8日 (日)

近頃のラベンダーの花期(ベランダガーデニング)

Img_6619 ラベンダーの花期は夏と思っていたのですが(園芸図書でも5月~7月と記載されている)どうも市場に出回っているというか、私が購入するラベンダーは数年前から冬のこの時期に開花することが多い。
ラベンダーは夏の高温多湿に弱くむしろ寒さに強いので花もこの時期に咲くように品種改良されているのでしょうか?
Img_6616 いずれにしろ冬のラベンダーを気に入っている私です。色といい、香りといい和ませてくれますgood ブルー系の花が好きなので何となく落ち着きます。

蒸し暑い夏を越すのに一苦労しますcoldsweats02 ベランダで最も涼しい日陰場所に移動させていますsoon 黒く枯れた茎は早めに取り除いて体力消耗を防いでいます。回復に少し時間がかかってしまってひ弱な苗になることもありますが、諦めずに最後の最後まで回復を待ちます。

Img_6621 今年は新たにオリーブのグランドカバーとして頑張ってもらうことにしました。

2012年1月 7日 (土)

モッコウバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

1月中にはバラの剪定・誘引を済ませるのが基本らしいsign02
(古い葉からの病気伝染防止や栄養を新芽に注ぐ目的のようです)

Img_6609_2 つるバラは年末に葉摘み作業を終えていましたが、モッコウバラはクリスマス用の電飾配線をしていたので作業が残っていました。
アーチに配線していた電飾を一昨日に取り除いたのでモッコウバラの葉摘みをして誘引作業をしました。昨年からこの時期に作業を実行しています。

既に新芽を覗かせて今年度のスタートを切っているモッコウバラです。パーゴラに絡ませようとしているクレマチスの蔓を折らないように注意しながらの誘引作業でした。
Img_6599_2 Img_6608_2 Img_6601_2 Img_6600_2 葉っぱをもぎ取ると裸状態なので寒そうですが、見方を変えれば「これからやるぞ!」と心機一転、血が騒ぎだしますhappy01 (新芽に直接太陽光線が当たるので何となくエネルギーが注入されるように見えますdog
クレマチスの枯葉も取り除いて、いよいよ平成24年のベランダガーデニング開始ですrun

昨年以上の花が咲くことを期待ですshine

葉摘み前の状態ですcamera
Img_6597

ついでにミニバラの葉摘みもしましたhorse
Img_6606_2

2012年1月 6日 (金)

ハイビスカスの切り戻し(ベランダガーデニング)

Img_6595 正月をのんびり過ごしたのでそろそろガーデニング作業開始です。
最初の作業は一昨日まで花が咲いたハイビスカスの切り戻しです。
コンパクトに育てるために毎年このように大胆にカットしていますhairsalon

切り戻し位置は芽を覗かせている箇所の2㎝上くらいにしています。幹が大きくなってきたので草花用ハサミでは困難になってきましたcoldsweats01

これから春までは(最低気温が10℃を超える頃まで)室内の日によく当たる場所に置いて活動開始を待ちます。

ハイビスカスは根がすぐに張るので2年に1回は植え替えるようにしています。5月頃に行っています。その時に古い根を取り除いています。

Img_6593 写真は切り戻し前の今朝の様子ですcamera

2012年1月 5日 (木)

1月上旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

Img_6563 色の濃淡や模様など変化に富んだ花びらを有する豪華なフリル咲きビオラ「ミルフル」です。
花が増えたからでしょうか寒いにも拘わらず、小さな蜂やヒヨドリがベランダにやってくるようになりました。
Img_6553 最近は珍しくなったスズメの集団までがたまにやってきます。小鳥達はエサを求めてやってくるのでしょうか?周辺の山にエサが少なくなったからでしょうか?

随分花数も増えてきましたがもっともっと咲いて欲しいですねshine プランターからこぼれるほどに咲いて欲しいです。
Img_6572_2 Img_6590 Img_6569 Img_6586

Img_6584

2012年1月 4日 (水)

主(あるじ)が見つかったヘデラ(ベランダガーデニング)

Img_6546 脇役としてよく活躍してくれるヘデラですが主がいなくなったプランターで思いっきり成長してしまいましたcoldsweats02
前の主であるゼラニウムが枯れてしまったのですdown
替わってビオラを植えてみました。やはり主(主)がいてそれを支えるヘデラの姿が好きですshine
Img_6540 Img_6571

このヘデラは勢いのある蔓先を切って水差しにいれておいて発根を確かめてから植えています。大概は寄せ植えのグランドカバーとして活用しています。
ヘデラのプランターにガーデンシクラメンブルーデージーサルビア・アズレアの寄せ植えなどもして楽しんでいます。
Img_6582_3 Img_6577

<参考>その後のプランターの様子(H24.5.1時点の様子)
001079

001080_2 

2012年1月 3日 (火)

シロタエギクと葉ボタン(ベランダガーデニング)

Img_6547 Img_6544 正月の頃は花が少ないのでシロタエギク葉ボタンを楽しんでいます。
シロタエギクは葉っぱの表面が細い毛で覆われていてそれが白く見えるのでしょうsign02
初めてシロタエギクを見たときは「気持ち悪い」印象でした(私は何故か全てのシルバーリーフが苦手でしたconfident
しかし、今はこのシロタエギクユーカリなどのシルバーリーフが醸し出す独特な空間が気に入っていますgood

カラーリーフの葉ボタンもこの時期にはベランダを明るくしてくれます。葉が形成するグラデュエーションは高価でない植物ながらも十分楽しませてくれますhappy01

Img_6541 Img_6549 シロタエギクも葉ボタンも間延びしてない苗を選ぶようにしています。どちらも寒さに強く乾燥にも強い植物なので安心して育てることができます。

2012年1月 2日 (月)

正月(ベランダガーデニング)

今年の正月の天候は穏やかで気持ちいいですsun
植物達も朝霜に遭うこともなく日光を浴びています。

Img_6533 今朝、シャコバサボテンの赤が開花していました。赤い花は元気がでます。
花芽を付けたのを確認して12月になってから室内に入れてやりました。花芽が付くまでは水を控え目にしていましたが、花芽がふっくらしてからは水をきらさないように乾いたらタップリ遣っています。

Img_6530 Img_6537 多肉植物のカランコエもそろそろ開花しそうです。花芽の先端が色付いてきました。こちらも花芽が付いてから室内に取り込みました。かなり乾燥気味み育てています。殆んど水をやっていません。

【独り言】
Img_6525_2 正月は雑煮やおせちを食べながら過ごしています。食べてばかりの生活はやはり体調がおかしくなりそうですねsign02

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年(ベランダガーデニング)

Img_6511 Img_6513 あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたしますtaurus

昨年は新種クレマチスを購入し、蔓が勢いよく伸びても大丈夫なように支柱も準備しました。
今年はそのクレマチスが天井まで届いてベランダの最後の空きスペースを緑化してくれることに挑戦する年です。
その他の植物達ものびのびと育ってくれる年にしたいと思っていますcoldsweats01

アドバイス、コメント、感想など…よろしくお願いいたしますclover

小さいながらもハイビスカスが咲きました。晴れの日に似合う花ですねsign03
幸先よい1年のスタートが切れそうですmotorsports
Img_6507

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ