« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月31日 (金)

これからが楽しみな子宝草(ベランダガーデニング)

夏になると「子宝草」は葉っぱの縁にビッシリと子を抱いています。
この姿が大好きです。
00003708_2

こんなに沢山の子を育てる植物は珍しいのではないでしょうか自然に任せておくとベランダのあちこちで大きくなって子宝草だらけになっていますcoldsweats01
00003707_2

秋になって葉の周りが紅葉する姿も気に入っていますscissors
00003712_2

ブルーベリーが最後の収穫期を迎えました。今年初めて沢山のブルーベリーの実を食べることが出来ました。ヒヨドリが花を食べなければこんなに沢山の実が付くことを初めて知りましたhappy01
00003686

2012年8月30日 (木)

長い間楽しめるミニバラ(ベランダガーデニング)

2012年8月29日 (水)

時計草の開く瞬間(ベランダガーデニング)

今朝、掃除後の雑巾をベランダに干しに出たときに時計草「ムーレアナ」が開き始めていましたeye
既に”白無垢状態”だったので慌ててカメラを取りにいきました。
時計草はみるみるうちに開いてしまうのでなかなかシャッターチャンスにめぐり合えませんconfident

ベランダに戻ってみると花びらが1枚開き始めて内部が覗いていましたcoldsweats02
あとはパッコン、パッコンと動いていく感じで全てが終わるまで10分かかるかかからない速さで見ていて飽きませんrun
00003629 00003631 00003632 00003635 00003638 00003641 00003643 00003648 00003655 00003659 00003662 00003673 00003675 00003676

この時計草「ムーレアナ」は日当たりを好むのですが、今はベランダの奥に移動させてしまったので以前のように花数が多くありません(日当たりのよい場所に置くと花数も増えます)
今日は時計草をゆっくり観察出来るのでいい1日になりそうですshinehappy01

00003665

00003672

夜明けには既に開いて2,3時間で閉じてしまう時計草「ピッコロッソ」の開く過程はどうなんでしょうねsign02超ハイスピードなんでしょうか?興味が湧いてきました。
00003622

2012年8月28日 (火)

広く、立体的に見えるように…(ベランダガーデニング)

ベランダを少しでも広く、立体的に見えるようにならないかと日頃からアレコレ考えているのですが、今朝は西側の仕切り壁について挑戦してみました。
00003619

緊急時の避難通路になるので大きな物など障害になるものは禁物ですdanger
絵を描くのが上手ければ「だまし絵」などを貼る手法もあるでしょうが全くそのような技術はありませんcoldsweats02
で、考え付いたのが棒切れの立て掛けです。以前、前方にある樽プランターに設置していたトレリスを分解して長さを変えたものを単純に立て掛けてみたものです。
1畳大の黄色の真っ平のボードが丸見えだったのですがこの棒切れの効果で少しは目が錯覚して立体的に見えないでしょうかsign02
00003621

これでちょっと様子をみて、次の一手を考えてみますcoldsweats01
更に棒切れをペイントしてはどうかな?

【独り言】
00003616
ミント
は非常に強いですね!
先月までは枯れてしまったのかなと葉っぱがほとんど無かったのですが、見る見るうちにプランター内いっぱいになりました。
寄せ植えする場合には仕切り板(深さ20cm程度)を入れておかないと他の植物の根を襲ってしまうとのことです。
私はこれで大事に育てていた「ハナミズキ」を枯らしてしまいましたshock
ご参考までmemo

2012年8月27日 (月)

喜んでいるようなポトス(ベランダガーデニング)

00003605
6月に株分けしたポトスをベランダの半日陰場所で育てているのですがしっかりと根付いて念願の斑も入ってきました。
外気が気に入ったのか室内のポトスよりも元気がいいようです。蒸し暑い室内よりも新鮮な空気の外を喜んでいるようにも見えます。
00003603

当分の間、この場所で育てて冬前に室内に移動してやる予定です。

2012年8月26日 (日)

モス付き鉢がいい感じに!?(ベランダガーデニング)

誕生日にプレゼントしてもらったモス(苔)付き鉢が自然に古びたいい感じになってきました。(あくまでも私個人の感じ方ですgawk
00003590

最初は「少し白っぽいかな?」と落ち着きませんでしたが夏前頃から少しずつ変化がみられるようになりました。
モス付き鉢はバラに似合いますねsign02
00003593

植物も入れる容器によって雰囲気が随分違ってきます(そうは分かっていてもなかなか手が届かないのが現実ですcoldsweats01
00003591

このミニバラも我が家にやってきて丸6年を経過しました
少し年を取りましたがまだまだ花を咲かせて楽しませてくれますshine
00003597

【独り言】
毎年中継される秋田大曲の「花火競技大会」は進化する花火が見られて実に楽しい(生で見上げる花火はどんなものでしょう。感動の連続ではないでしょうか?)
音楽付きの創造花火は人それぞれがきっといろんなことを思い浮かべられたことでしょう?
仕掛け花火なども見たことのない豪華さで楽しいものでした。
3時間の生中継でしたがあっという間に時間が過ぎてしまいましたwatch
夏の風物詩である花火も終わっていよいよ秋がやってきます。

2012年8月25日 (土)

役立った夏野菜(ベランダガーデニング)

6月上旬に夏野菜の種を蒔いたり、苗を植えて収穫を期待して待ったのですが今年は過去最高の出来でしたcrown
00003577

特に収穫が多かったのは甘長獅子唐青しそでした。甘長獅子唐は100本以上の収穫(2苗で)が出来て、ビールのつまみに何度も応援してくれました。
そして青しそは私が大好きな素麺に毎回協力してくれてより美味しく食べられすごく役立ちましたgood
00003575
小さな種から育つ過程を毎日楽しめて更にはその味や風味を夏の期間中満喫できるなんて夏のダラダラしがちな生活の清涼剤になりますhappy01

まだまだ収穫を継続できそうなので疲れ気味の胃袋を癒してくれます。
00003574

残暑が厳しいですね!
今日もガンガンと照りつけます。
でも朝夕は少し涼しくなったように感じますhappy01
厳しい暑さの間は液肥を控えていましたが今朝から液肥を遣り始めることにしました。
最初は適量の1/2と薄めにして全ての植物にやりました。
00003587

2012年8月24日 (金)

8月下旬なのに(ベランダガーデニング)

例年8月下旬になると楽しみにしていることがあります。
それはノウゼンカズラの花が咲いてくれることですshine

しかし、今年はその花を見られるかどうかわからなくなってしまいましたcoldsweats02
まだ花芽とはっきりしたものが見つからないのです(ひょっとしてと思わせぶりのものはあるのですがcoldsweats01
00003579
ノウゼンカズラは直射日光を好む植物でかなり日に当たらないと花芽を付けないのでベランダで育てることは難しいかなと思っていたのですがその薄紫色の花が好きで好きでたまらなかったのですhappy01

その性質を守ろうと昨年までは新しい蔓を伸ばし始めるとベランダの日が当たる場所に誘引してやりました。パーゴラの上を這わして軒先まで出してやるのです。
00003578

しかし、今年はパーゴラをつるバラモッコウバラに譲ってノウゼンカズラを2012年計画のベランダ中央の高所緑化場所が空いていたのでここに誘引してやりました。
00003582
直射日光が当たらないので花は難しいかなと思うものの、僅かな望みを抱いていたのですが…やっぱり難しいかな?

大概8月中旬から9月中旬頃にかけて花が咲いているのでもう少し待ってみることにしますsandclock
根元はもう大きな幹になってたくましいのですが開花条件が十分に満たされないと難しいですね。
00003580

2012年8月23日 (木)

夏の花(ベランダガーデニング)

連日35℃を超える猛暑ですsun 人間は涼しい場所に避難することができますが、植物達はまともに太陽光を浴びています。
それでも強い、強い。花まで咲かせて楽しませてくれます。
植物を応援するため朝夕の水遣りは欠かしませんrun

以下は我が家のベランダで頑張ってくれている夏の花の一部です

(1)サフィニア
00003552_2

(2)アズーロコンパクト
00003547_2

(3)クレマチス
00003550_2 00003555_2 00003524_2 00003525_2

(4)アメリカンブルー
00003553_2

(5)ヘンリーツタ
00003551_2

(6)エリゲロン・プロフュージョン
00003554_2

【独り言】
00003557アズーロコンパクトがお盆帰省中に咲き終わっていたので思い切って刈り込んでやりましたhairsalon2/3くらい刈り取って1/3のシャキッとした姿に変身です。花が全て無くなってしまったので寂しいですが、気持ちいいものです。以前に育てたアズーロコンパクトは秋に咲いた花がそのまま春まで持ちこたえたので、この苗もひょっとしたらと期待をこめての刈り込みです。

2012年8月22日 (水)

自立しているミリオンベル(ベランダガーデニング)

夏前にハンギングの出番待ちをしていたときに花が咲いたのですが、花後の切り戻しを忘れてしまったので醜い姿にしてしまいましたcoldsweats02
00003532

そのまま秋の花期を迎えました。花を楽しむにはこのままの方がいいかなと醜い姿のまま観賞ですsearchこのミリオンベルは古木で1年中身近にあるものですから、つい注意を怠りがちになってしまいます(水遣りはわすれませんが…good
00003539

手をかけないでもこうやって自立して(野生化していると表現した方が適切かも?)花を咲かせてくれるのは有難いですね(冬の間も北側ベランダに置いているだけで寒さに耐えてくれます)

【独り言】
00003520
時計草「ピッコロッソ」
の開く時を今朝、見ましたeye
5時前に目が覚めたのでサッとベッドから下り、寝ぼけ眼のままカメラを持ってベランダにrun
開きかけるところでした! ところがです。まだ薄暗いのでカメラをうまく操作出来ずボケたものばかり。そんなことしているうちに花びらがどんどん開いてしましましたcoldsweats01
この目で確認できたことは
夜明け前に開き始めて完全に開いた状態は僅かの時間(30分程度)ですぐに閉じ始め、不完全な開き状態を含めて開花状態は3時間程度のようです。

2012年8月21日 (火)

ピッコロッソの花に逢うためには(ベランダガーデニング)

時計草「ピッコロッソ」の花が咲き始めてから、毎朝起きると真っ先に様子を窺いベランダに出るのですが、花は既に閉じようとしています。
今朝は6時だったのですがどうにかまだ花びらが後ろ側に反って全開状態(?)でしたeye
00003516

一体この花はいつ開き始めてどうなったら閉じるセンサーが作動するのでしょうか?
「1日花」どころではありません。「一瞬花」なんでしょうねぇsign02
「ピッコロッソ」の花に出逢うためには早起きが条件ですねshock

開いている時間を長くする方法があったら教えて欲しいですcoldsweats01
00003519

時計草「ムーレアナ」の開く瞬間はよく目撃するのですが、「ピッコロッソ」はまだ見たことがありません。
この夏にはその瞬間を捉えたいものです。

2012年8月20日 (月)

計画よりも早いクレマチス「篭口」(ベランダガーデニング)

00003508
高所壁にクレマチスを登らせようと計画して植えた品種のひとつである「篭口」が所定位置まで早くもたどりついてくれて花を咲かせてくれました。

先日、ひとつの花が咲いたので今年はこの花で終わって来年春まで待たないと複数個の花を拝むことは出来ないかなと思っていたのですがその1輪の花を切り落としてから更に新芽を伸ばして数個の蕾を付けてくれました(想定外の成長にビックリですeye

00003500
このチューリップ咲きのクレマチスは我が家では初めてです(元々、私が苦手としていた品種なのですcoldsweats01
いろいろとベランダが進化してくれる中であるエリアに赤色のチューリップ咲きが似合うかなと決めた品種(グレイブ・タイ・ビューティ)を植えてから2品種のコラボ咲きを楽しんでみようと「篭口」を加えてみた訳ですcoldsweats01

数ヶ月も先に植えたグレイブ・タイ・ビューティ(まだ次の写真の矢印の位置です)よりも早く篭口が咲いてくれましたrun
00003510

クレマチスは肥料を欲する植物です。真夏日は避けますがこれから涼しくなると2週間に1回程度肥料を遣ります(緩効性肥料も鋤き込んでおきます)
これから太陽高度が変化して南向きベランダの奥まで陽が射し込むようになるので水切れに注意しています。真夏よりもこれからの季節が要注意ですdanger

壁の右側から這い上がってくれたクレマチス「ロマンチカ」は次々と花を咲かせてくれますgood
00003507

00003511

西側壁のMEアンドレも春のときよりも一回り小さい赤紫色の花を咲かせています。
00003481

2012年8月19日 (日)

代役をこなすオレガノ・ディクタムナス(ベランダガーデニング)

この日当たりの良い場所は昨年まではオレガノ・ガーデンダイアリーのハンギング場所だったのですが、残念ながら冬越しに失敗したので今年は代役としてオレガノ・ディクタムナスにお願いすることに。
00003490

00003468

オレガノ・ディクタムナスは昨年は花茎を長く伸ばしたのでこのハンギングポットでは無理かなと自信ありませんでしたがどうしたことでしょう? 今年は花茎がそんなに伸びず、いい感じの姿になってくれましたhappy01
00003470

いい感じになっているのですが、周りのつるバラクレマチスが大きくなってきて隠れてしまいそうですcoldsweats01 (ジャングル化しないように気を付けなければいけませんねcoldsweats01
00003489

猛暑が続きますが、水遣りは1日おきにしています(1日では土表面が半乾き状態のため)
これから花を増やしてくれるので周辺のクレマチスとの競演が楽しみですshine
00003484

2012年8月18日 (土)

押され気味のネメシア(ベランダガーデニング)

最近、パソコンの調子が非常に悪くなって困っていますshock
突然に暴走したりで回復させるために「システムの復元」を図ると2,3時間かかってやっと使えるようになりますsandclock  ストレスが溜まりますcoldsweats02

エリゲロン・プロヒュージョンと寄せ植えしているネメシアですがエリゲロンの繁茂に押され気味になってしまっているようです。
00003466

何とか成長してくれるようにと覆いかぶさるエリゲロンを刈り取ったり、日当たりが良くなるようにとネメシアを応援しているのですが生育が今ひとつです。
それでも薄い紫色の花を咲かせて楽しませてくれます。
00003477

この健気なネメシアの性質が好きです。少し手を貸してやらないとベランダでの生育の継続が難しいようなところもあって私のテーマ”植物との共生”に合っている植物のひとつです。
00003474

2012年8月17日 (金)

ロマンチカは楽しませてくれる(ベランダガーデニング)

クレマチス「ロマンチカ」は強健で春にも秋にも沢山の花を咲かせて楽しませてくれます。

00003499
ベランダでは植え付けられる植物の数に制限があるのでこのように年間を通して何度も沢山の花を咲かせてくれると効率的で嬉しいですshine

00003521
2012年計画のこの場所まで登り詰めて咲いてくれたので特別な思いがあります。4品種のクレマチスを計画して植えているのですが1番手がロマンチカです。
(2番手の篭口も既にひとつほど花が咲いてくれて、更に蕾を付け始めました)
日当たりが悪いので花が咲くのかどうか不安だったのですが、明るい場所であれば大丈夫な品種のようですgood(春と秋は根元部分に日が当たります)

00003523
壁面がむき出しになっていた場所が緑葉や花によって飾りつけられると、生きた空間に変わり、新しい課題をクリアした満足感に浸れますhappy01

このロマンチカの花の色は濃い紫の筈ですが花弁の中央が白いものも咲いてくれて楽しみ倍増です。
00003519

ミニバラが咲くようになりました。ベランダの植物も秋を感じているようです。
00003492

2012年8月16日 (木)

シャンデリア風の木立性ベゴニア(ベランダガーデニング)

花が咲き始めてから約1ヶ月が経過して憧れのシャンデリア風になってきた木立性ベゴニアです。
00003481_2

花弁が沢山付いて花芯に黄色のシベを形成すると周辺が一気に明るくなります。
ベランダの一番奥に壁掛けハンギングしているのですが、この花が咲いてくれるとこの場所が「静」から「動」に転じますrun
このように大きく房状になってくれると見ごたえがあります。
00003473

下方にあるメダカ鉢に花弁が落ちるとメダカ達が不思議がって(いや、餌と勘違いしているようです)サッと集まります。そして、餌でないことが分かると離散ですcoldsweats01
00003504

昨日投稿の「スタベリア」が爆発しました。
あの袋の中は毛むくじゃらだったのですね。
00003507

2012年8月15日 (水)

謎の物体、スタベリア(ベランダガーデニング)

花芽を付けてから約10日間が経過しましたが、謎の物体のように大きく膨らんできました。

00003466

何度見ても不気味です。これが開くともっと不思議な姿に変身するから面白いです。
00003468
いろいろな植物があるものですねsign02

2012年8月14日 (火)

NHK「趣味の園芸」で紹介(ベランダガーデニング)

8月12日(日)放送の趣味の園芸、「玉さん庭をゆく」のコーナーで我が家のベランダを紹介していただきましたtv
収録は1ヶ月以上も前の7月1日の梅雨の真っ只中、当日も午前は雨が降りましたが、午後は曇り空になってどうにかこうにか終えました。スタッフの方は大変だったようですrun
特に狭いベランダでのカメラマンの方は身動きが出来ないほどで厳しかったのではないでしょうか?

さすがにプロ集団ですねsign01
花が少なくなった我が家のベランダでもDIY作品やミニコーナーにスポットを当てて引き立たせていただきましたshine 
ベランダガーデンの思い出のひとつにでもなればと思い切って応募したのですがいい経験になりましたcoldsweats01

003338
収録終了後、玉さんこと玉崎先生にベランダのユーカリを剪定していただきましたhairsalon
私はユーカリの剪定に及び腰でほんの少しを何度も繰り返していたのですが、要領を教えていただき大変参考になりましたpencilユーカリの生長速度は速いのでベランダで育てるにはかなりの努力(私は殆んど水・肥料を遣らず剪定をかなり繰り返していますがそれでも3年で天井に届きましたcoldsweats02)が必要なようです。
思い切った剪定をしても大丈夫なようです。1ヶ月以上も経過した今も元気に成長し続けています(クレマチスが絡んでくれてView Pointがひとつ増えましたgood

2012年8月10日 (金)

記事投稿を休みます(ベランダガーデニング)

夏休み!
10日~13日の間は投稿を休みますdownsleepy
14日から新たにスタートする予定なのでよろしくお願いしますhappy01

2012年8月 9日 (木)

シックなペラルゴニウム・シドイデスの花(ベランダガーデニング)

満開になってから1ヶ月が経過したペラルゴニウム・シドイデスですが、まだまだ花を咲かせてくれます。
00003497
2週間前の早朝の突風で物置の上から落ちてしまったのですが、幸いコニファがクッションになって助けてくれました。
ペラルゴニウム・シドイデスの花弁は赤紫色のビロード生地のような艶やかさがあり、小さな花ですが落ち着き感があります。
00003501

葉の形も大小いろいろあってそれらが創り出す独特な空間が気に入っていますgood
00003502

オリーブの実が随分大きくなりましたnotes
00003494

2012年8月 8日 (水)

秋スタート(ベランダガーデニング)

昨日は「立秋」。猛暑日が続いているのですが暦上は「秋」とのことです。
こんなに暑いのに植物も秋を感じているのか、グッタリしていたのにピーンと立ってきたり、新芽を出してきましたbud
四季咲きクレマチスなどは花を咲かせたり、節々から芽を伸ばして蕾を付け始めてています。
00003488 00003489 00003492 00003496

ミニバラも薄い緑色の柔らかい葉を出しました。秋にも咲いて欲しいです(昨年の秋に咲いたときの様子はこちらです)

2012年8月 7日 (火)

暑さに耐えるアイビーゼラニウム「カリエンテ」(ベランダガーデニング)

ロンドンオリンピックでの日本選手の大活躍が続くので寝不足です。昨夜は”なでしこジャパン”の応援をしましたsoccer
後半はハラハラドキドキの連続でペナルティのときは負けたと思いました。よく頑張りましたね、元気をいただきましたsmile

2日にピレアプチコレクションの記事を投稿した時には一緒に寄せ植えハンギングしているアイビーゼラニウム「カリエンテ」はまだ蕾を付け始めた状態でしたが2,3日前から次々と開き始めました。
00003485

耐寒性・耐暑性がどうかなと気になっていたアイビーゼラニウム「カリエンテ」ですが、この猛暑に今のところ耐えてくれているようです。

ベランダ前面のガラス越しの場所にハンギングして高温で少し風通しが悪いのですがこんな環境にも強いようです。
00003479

今年2回目の花期(1回目は6月)を迎えたようです。ピンクの5枚花弁のうち、上側2枚の中心部が白くてかわいらしい花です。
00003482

2012年8月 6日 (月)

クレマチス「ロマンチカ」の筈だが?(ベランダガーデニング)

今朝、ユーカリの葉の中から蔓を覗かせていたクレマチスの花が咲いていました。
ベランダの何処かで見かけた花模様なのですが、このユーカリに絡んでいる品種は「ロマンチカ」と「紫子丸」の2品種だけで、春の花後の剪定で高い位置で切ったのは「ロマンチカ」の筈。
00003467

でも、「ロマンチカ」の花模様は黒っぽい濃紫色(単色)でシックな雰囲気なのですが、今回咲いたのは花弁中央に白い模様が入っていて、花径も小さく優しい感じです。
隣のプランターに植えている花の中心に絞りが入ったように白い模様の「ベノサバイオレシア」の花に似ていますが、蔓はここまで届く筈はなく実際に途中に蔓はありません。
00003464

2012年8月 5日 (日)

省スペースで楽しめるセダム(ベランダガーデニング)

オリンピックで日本選手が大活躍ですねrun
特に、競泳陣の活躍は凄くて一昔前のオリンピックとは様変わりですね。応援していても感動します。サッカーも負ける気がしないくらいの技術と運動量がたまらないですnotes

猛暑の中、ガーデニングどころではないでしょうが植物達も頑張っています。せめて水遣りくらいはしてやろうと朝と夕方(こちらは一部)遣っています。
この時期にしっかり管理してやると秋~来春のパワーが違うようですhorse

00003454

セダムは場所をとらないのでスペースに制限があるベランダで楽しめる植物ではないでしょうかsign02
小さいながらも猛暑の中でも元気で緑を提供してくれます。その上、可愛い花を咲かせるので育てていても楽しみですshine
水を控えめにして乾ききってから水遣りする程度の簡単な管理で長生きしてくれますscissors
00003453

00003460

その下方に置いているメダカ鉢もウォーターマッシュルームが繁茂して緑が増えました。メダカは沢山の餌を食べるので春先の姿の倍以上に太ってきましたfish
00003462

上方の木立性ベゴニアも花数を増して日陰場所が明るい、明るいshine
00003448

昨年のセダムの様子はこちらです。

2012年8月 4日 (土)

スタベリアに花芽が(ベランダガーデニング)

ロンドンオリンピックの日本選手の活躍を見ようと夜更かしの連続でブログ投稿が遅くなってしまいます(時計草「ピッコロッソ」などは起きた時には既に完全に閉じていますdown
”なでしこ”がブラジルを倒しましたね。終始押され気味の展開でしたが、わずかなチャンスを得点したのはさすがでしたshine

変わった花が咲くスタベリアに花芽が付きました。
このスタベリアの花が咲く条件がまだつかめません。ここ数年間では7月から10月にかけて花が咲いてくれるので夏に花が咲くのかなと思っていたら今年は春先に花芽が付いていましたeye(簡易防寒のビニル袋を取り除いたらいつの間にか花芽が落ちていましたがcoldsweats02) 多分、冬季から目を覚ました後の累積温度か累積照度か何かが条件となっているのでしょうね?)
00003442

スタベリアは多肉植物に属して冬の寒さが苦手なので(5℃が限界点のようです)冬季は室内で育てるのがいいようです。我が家は東側ベランダでビニル袋で覆って冬を越しています。冬でも氷点下に下がることは1,2回程度であり、朝日がよく当たる場所に置いているので枯れることなく育っているのでしょうsign02
00003444

過湿で根腐れすることがあるので徹底して乾燥気味に育てています(同類のハートカズラと同じ育て方です)
水分を自身で保つので土が完全に乾燥してから水遣りする程度です。肥料も控えめで春と秋に液肥をやっています(冬季は水も肥料も全くやりません)
00003445

2012年8月 3日 (金)

ベランダがお気に入りのゼラニウム(ベランダガーデニング)

太陽光線が好きで乾燥気味の環境を好むゼラニウムは高温多湿が苦手な植物ですcoldsweats02
雨がかかりにくくて半日以上明るいベランダはゼラニウムにとってお気に入りの環境ではないでしょうかsign02
しかも、鉢栽培だと雨がまともに当たりそうな台風時などは移動させることが可能なので便利です。
00003476

切り戻すと何度も花を咲かせるので(四季咲き品種)ベランダに置いているとほぼ1年中楽しめるようです(写真のゼラニウムは今季3度目の開花ですgood

沢山の花を付けるゼラニウムですが、この時期はベランダのメインの花、サフィニアの花と色がかぶってしまったのでちょっと失敗down
00003478

もみじ葉ゼラニウムは葉っぱの色模様や花を楽しめるので長い期間楽しめます。
我が家にはこれらの他にペラルゴニウム・シドイデスもベランダで存在感を示すシックな花を咲かせてくれますnotes
00003479

2012年8月 2日 (木)

ピレアプチコレクションの花(ベランダガーデニング)

今日は北寄りの乾いた風がリビングを吹き抜けるので少し楽ですね(あの湿った南風には閉口です)

ピレアプチコレクションの花に出合いましたeye
00003470
ピレアプチコレクションは葉からの蒸散が少ないのでなかなかポット内が乾かないので土の状態をしっかり見てから水遣りしたり、葉水をやったりしています。
状態をしっかり見ていると何かがくっついている葉っぱを発見、よ~く見るとどうも花のようです(老眼鏡をかけて見るとやはり花のようです)

ピレアコレクションの姿・形や葉と茎のコントラスを楽しんでいるのですが、こうやって花が咲くとなるとまた楽しみが増えますshine
00003473

ハンギングバスケットにゼラニウムと寄せ植えしてベランダで楽しんでいるのですが、日陰となるこの場所で健康的に成長しているようですrun
00003463

時計草「ピッコロッソ」の真の開花時の姿を捉えましたsign01
5時半に起きるなり、まだしっかりカメラを固定できない手で撮ってみましたcamera
7時過ぎにはもう閉じ始めていました(7月30日の記事の写真は既に閉じている過程のようですcoldsweats01

00003442

朝5時半頃のオレガノ・ディクタムナス、アズーロコンパクトです。
00003461

00003460

 

2012年8月 1日 (水)

クレマチス「篭口」の初花(ベランダガーデニング)

今朝は台風の影響なのでしょうね、もの凄い東風が吹き荒れていました。大事に育てていたペラルゴニウム・シドイデスが鉢ごと物置の上から落ちてしまいました。幸い、コニファがクッションとなって大事には至りませんでしたcoldsweats02

00003481
今春植え付けたチューリプ咲きクレマチス「篭口」が初めて咲いてくれましたtulip
一足先に同じチューリップ咲きの「グレイブタイビューティ」を私の2012年計画「ベランダ中央高所壁の緑化計画」に植えつけたのですが根付けがうまくいってるのか枯れてしまったのかハッキリしないので「篭口」を隣に植えてみたものです。

「篭口」は順調に蔓を伸ばし(S字状に誘引)気づけばノウゼンカズラの茂みの中から顔を覗かせていました。

植えたばかりの苗なので今回はひとつの花が咲いてくれるだけでしょうが、ここまで蔓が成長してくれたので来春が楽しみです。
00003489

風が強いためになかなか写真が撮れませんcamera 風が止んだらゆっくり撮ってみますので今日はこの画像で投稿です。

先週、ホットリップスを思い切ってボリュームを半分くらいまで刈り込んでやりました。風通しをよくすることと日陰になって困っている植物たちがいることです。
早速、困っていたアブチロンが周辺が明るくなった影響でしょうか花がひとつ咲きましたflair
00003483

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ