« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

こんな日にサルビア・アズレアが(ベランダガーデニング)

台風17号が本州直撃するかもの予報が出たので昨日はその対策を。
鉢を移動したり、強風で傷みそうな蔓植物などはヒモで保護したりと…。ついでにベランダ床の掃除までもshine

00004261
今朝、起きてみるとサルビア・アズレアの花がひとつ咲いていました。避難した植物のグリーンいっぱいの中澄み切ったブルーの花がすぐに目に入ってきました。
でも、なんでこんな状況の時にsign01
これから台風で振り回されてしまうようなときに開かなくても、台風が去ってからゆっくり咲いてくれればいいのにcoldsweats02

雨がベランダに降りこまないうちに慌てて写真を撮っておきましたcamera

00004263

いつもと違ってゴチャゴチャのベランダですshock

00004272 00004265

リビングに取り込んだアメリカンブルーは室内で開花です。意外に大きく成長している株にビックリですeye
00004269

台風通過を不安な気持ちで待っていましたが、ベランダがある南側は大したこともなく17時半頃に急に淡路島が見えてきて西の空が明るくなってきました(台風が東側を通過するときは南向きの風がさほど強くないので救われます(その代わり、北側の窓ガラスは雨風が叩きつけますtyphoon
Img_3526

2012年9月29日 (土)

冷涼感を増すアメリカンブルー(ベランダガーデニング)

2012年9月28日 (金)

台風17号が本州直撃!?(ベランダガーデニング)

台風17号が進路を東に変え、本州上陸の可能性が出てきましたtyphoon
最近は記録的な自然災害が多発しているので恐ろしいですねwobbly
今朝は台風を全く気にさせない青空が広がっていますが台風対策を講じないといけないですね。倒れそうな鉢や落下しそうな物を安全な場所に移動させたり、固縛するなどしっかりやって台風に備えておかないといけませんsign01
00004206

気になるのは折角、ベランダのあちこちで蕾を付け始めているクレマチスです。強風で蔓が折れて駄目になるでしょうねsign02
初めて見る花もあるので気になって仕方ありませんcoldsweats01
もう何かとダメージの大きい日本に被害のないことを祈るばかりです。
00004216

今日は対策の第一弾として、クレマチスの蔓が他の植物に絡まっているのを解いたり、誘引の再チェックをしました。古い麻紐は新しい紐に代えました。
00004218

高い場所でツルニチニチソウ、黄金カズラつるバラに絡んでいるのを解くのは時間がかかりましたcoldsweats02

00004213

00004200 

2012年9月27日 (木)

猛暑を乗り越えたアリッサム(ベランダガーデニング)

猛暑の夏を乗り越えたアリッサムが蕾を付けて既に花色を覗かせています。

00004187

このアリッサムは昨年こぼれ種から生育した紫色の花を咲かせます。さすがにたくましいDNAを有する種だったのですねsign02(他のアリッサムは涼しい北側のベランダに移動させたのですがこれはずっと南向きベランダに置いたままでした)

以前は夏を越すのが難しかったのですが、最近は夏越しに成功するようになりましたbell
(夏越しや冬越しがうまく成功すると凄く嬉しいですねscissorshappy01
00004198

アリッサムはうまく管理すれば長い間花を咲かせるのでグランドカバーとして活用しています。コニファの株元を明るくするためにジュリアンなどと寄せ植えして冬の間楽しんでいますnotes
00004199

小さい花といえばもうひとつ、セダムの花が咲いています。極小花ですが可愛くて、まとまって咲いているそのシーンが気に入ってます。
00004195

00004186

今日、11時過ぎにスタベリアが開き始めた瞬間を見ることが出来ましたeye
蕾が膨らんで花弁が裂けていくところでしたbomb
いつも完全に開ききった姿しか見られなかったのですが、見てみたかった開く瞬間を目撃することが出来ましたgood次は割ける瞬間を見てみたいですねhappy01
00004176

00004194

2012年9月26日 (水)

剪定を忘れたサルビア・アズレアに蕾(ベランダガーデニング)

夏から秋にかけて花が咲くサルビア・アズレアです。
昨年は12月になってどうにかこうにか咲いてくれたのですが、今年は本来の花期に咲く意気込みか、蕾を付けています(一時は消滅したかなと心配しましたが、やっと昨年秋に復活したので頑張る気なんでしょうsign02
00004153

00004159

澄み切ったブルーの花を咲かせるのでとても気に入ってます。茎の成長が著しくて乱れた姿になるので夏までに剪定して姿形を整えればよいのですが、ついしっかりと成長させたいのでタイミングを逸してしまいます。今年も気付けば蕾を形成しつつある状況だったので剪定を諦めました。
00004162

サルビア・アアズレアは耐暑性、耐寒性がある宿根草なのでベランダで育てやすい植物のようです(乾燥に少し弱いようですぐに萎れてしまいます。でもすぐに水遣りすれば復活しますdanger
00004167

00004169 今はヘデラ、ガーデンシクラメン、ブルーデージーと寄せ植えしていますshine(ガーデンシクラメンは夏に枯れることがありますがそのときは新苗を再度植えています。今年の夏はこのまま乗り越えそうです?)

サルビア・アズレアはシソ科に属するとのことなので青シソの花を確認しに東側ベランダに行ってみましたeye
なるほど、花の形、付き方がよく似ていますねsign02
00004155

2012年9月25日 (火)

花期を終えそうなオレガノ・ディクタムナス(ベランダガーデニング)

7月下旬に1番花が咲いたオレガノ・ディクタムナスもそろそろ花期を終える時期を迎えましたsad昨年は10月中旬頃でした
00004056

夏のベランダに花が少ないときにずっと薄紫色の極小花を咲かせて楽しませてくれました。 これから急に冷え込むごとに先端部から茶色に変色していきます。
00004059

上方にハンギングしているヘンリーツタも紅葉を始め、そろそろ冬仕度している様相です。寒さが苦手(弱い)な植物は冬の間は体力消耗を極力減らすために落葉してじっと休眠して過ごすようです。オレガノ・ディクタムナスもこれから小さく縮こまって冬に備えるのでしょうsign02

00004049

2012年9月24日 (月)

秋のホットリップス(ベランダガーデニング)

00004081
春には紅白の花びらを付けた花を沢山咲かせて楽しませてくれたホットリップス
が秋になって再び咲き始めました。夏に思いっきり刈り込んだのですが、それ以上に生育旺盛です。
気温が高いうちは赤色単色ですがこれから気温が低くなると紅白2色に変化するようです。
00004082

2012年9月23日 (日)

楽しみなグレイブタイビューティの花(ベランダガーデニング)

まだほんの5㎜程度の蕾ですが、凄く嬉しいですhappy01
蕾を形成しただけなのにもうあの赤いチューリップ咲きの花の姿を妄想してしまいます。
クレマチス「グレイブタイビューティ」の蕾なのです。
00004061

私の2012年計画の高所緑化の1アイテムなのですが、2m高さまで上ってくれました。そして、蕾を付けてくれるとなると計画は順調、順調過ぎますsign02
00004070

後から植え付けたクレマチス「篭口」は一気に上りつめ上方の横支柱に絡んで初夏から沢山の花を咲かせました。今までは先端箇所に集中して花を咲かせていましたが今回は蔓の途中部分から蔓を伸ばしてクレマチス「グレイブタイビューティ」を応援しているようにも見えますmotorsports
00004062

「グレイブタイビューティ」は春の開花期には間に合いませんでしたが(小さな苗だったので今年花が咲くのは期待出来ないのは当然ですがsandclock)こうやって元気に育ってくれると嬉しいですねdog

00004072

2012年9月22日 (土)

ヘンリーツタが紅葉を始めました(ベランダガーデニング)

やっと夏が終ろうとしていますがヘンリーツタはもう紅葉を始めましたsign02
本当に紅葉のために葉っぱの色が変化を始めたのかなと昨年の様子を調べるためにブログを振り返ってみると、昨年も今頃に紅葉を始めていましたpc
00004054

植物は四季をしっかりと感じて正確に活動しているのですねsign01それが長寿の秘訣かもしれません。突然の猛暑や寒波でサイクルが狂わされた植物は短命のような気がしますcoldsweats02
00004047

これから紅色に変化し続け10月下旬には紅葉真っ盛りになるヘンリーツタは自宅にてミニ紅葉狩りを楽しめます。
00004052

このヘンリーツタは冬には完全に落葉して茎だけの寂しい姿になってしまいます。これからの紅葉する過程を楽しんでまた来春の新芽に期待です。

新春の新芽、葉の形成、葉脈、花、紅葉…と見所たくさんのヘンリーツタです。
00004044

2012年9月21日 (金)

「趣味の園芸」10月号に掲載(ベランダガーデニング)

7月1日に収録・取材(8月12日放映)がありました我が家のベランダの記事が掲載される(半ページ分と聞いていましたが)「趣味の園芸」のテキスト10月号が確か21日に発売されると聞いていたので早速買ってきましたrun

放映のときと同様、どのような記事が載っているのかなと興味津々でしたが(私が写っていないことも願いながらshock)なるほどいい感じに編集していただいていましたpass

ベルフラワーも結構長生きする植物ですgood
00004031

今の株も株分けしてから5年以上生き続けているので親株は10年くらいになるでしょうかsign02
大好きな花のひとつだけに大事に育てていますnotes

ベルフラワーの今の姿です。花期を終えてから切り戻しをしたら後は安定的な姿を継続しています。土表面が乾いたら水遣りしています。
00004035
冬の間は茎と根だけの状態になってしまいますが、春になるとしっかり新芽を出し始める強い植物のようですrun(諦めずに管理してやると結果を出してくれる植物ですcoldsweats01

2012年9月20日 (木)

1輪でも咲いてくれないかな?ノウゼンカズラ(ベランダガーデニング)

毎年8月中旬頃になると蕾が出来ていないかと探してしまうノウゼンカズラですeye
今年は誘引場所を日当たりの良い所から日陰場所に変更したので、少し心配でしたが1輪くらいは咲いてくれるだろうと期待していました。
ところが、8月下旬になっても全く気配なく今年はこの花を諦めざるを得ない状況になりましたweep
00004020

やはり、植物は環境に敏感ですねsign01 このノウゼンカズラは真夏の強い日照が必要条件なのでガンガン浴びるくらいの環境を好むようです。南向きベランダでは真夏は日陰になってしまうので多くの花付きは望めないようですcoldsweats01 

それが、それが…今日よく見ると先端が薄いピンク色をした蕾らしきものを発見、眼鏡をかけてよ~く見るとやっぱり蕾ですeyeglass
00004025

気温が低くなってきたので蕾が大きくなって花が咲いてくれるかどうかは分かりませんがちょっと希望が湧いてきましたpunch
他に探してみるともうひとつ、更に小さい蕾らしきものがありました。
00004029
1輪でもいいからこのノウゼンカズラの花を今年も見られないでしょうかsign02happy01
(1年間、この花が咲く瞬間を楽しみに精一杯の管理をしているので願いが叶って欲しいのですが…)

2012年9月19日 (水)

開く瞬間が見たかったスタベリア(ベランダガーデニング)

台風16号はまたしてもいろんな被害をもたらせましたねtyphoon
ベランダのサフィニアの花の殆んど全てが散ってしまいましたshock
いっぱい元気をもらった花だけに残念ですsign01 
でも、台風後の風は乾いた感じでヒンヤリ、気持ちよく爽やかです。これから本格的な秋をむかえるのでしょうねsign02

00004019

今朝、台風余波で荒れたベランダを掃除したり、水でいっぱいになった鉢受け皿の水を取り除いていたときにチェックしたスタベリアはまだ蕾でしたが30分を経過したでしょうか、水遣りを始めたときには全開状態になっていましたeye
00004020

おしいことをしました。まだ見たことのないスタベリアが開く瞬間を見逃してしまいました。

00004026

もうひとつ蕾が出来ているので、チャンスを狙ってみます(開花条件は時間、照度、温度…何なのでしょう?)

涼しくなってきたのでそろそろ秋植え苗、球根の準備が楽しくなりますnotes
00004028

2012年9月18日 (火)

何役もしてくれるユーカリ(ベランダガーデニング)

00004003

ユーカリ
をベランダで育てられている方も多いと思いますが、成長速度が速いことに驚かれているのではないでしょうかsign02

そして鉢植えだと根を広げられない影響でしょうかユーカリの幹が柔らくてグニャリとなって強風に耐えられない姿になってしまい支柱が必要になってしまいます。
今年は上端と下端をしっかり固定した頑丈な支柱にしたので少々の風では倒れない構造にしてみました。
00004007
昨夜、吹き荒れた台風16号の余波もビクともしませんでした(まだ、台風直撃には遭っていないのでその結果は不明)

以前は成長著しいユーカリをチョコチョコと2~3㎝程度の剪定を繰り返していましたが、7月のNHK「趣味の園芸」収録時に思いっきりの剪定をしても傷まないことが分かったので今後は剪定がやりやすくなりました(以前、頂上部を思いっきり切ったときに一気に枯れてしまったのでユーカリの剪定には注意していましたhairsalon
00004012

シンボルツリーとしてクレマチス「ロマンチカ」「紫子丸」の支柱として活躍してくれる我が家のユーカリ、大事にしなくては主を失ったベランダになってしまいますcoldsweats02
ユーカリに絡むクレマチスの姿が気に入ったので新たに「テッセン」も加えてみようかなと検討中ですpencil
00004013

2012年9月17日 (月)

見ることが出来たクレマチス、コメレイの顔(ベランダガーデニング)

先日、遅咲き中輪クレマチスのコメレイ(ジャックマニー系)が咲いてくれたのですが、ベランダの軒先から外に向いて開いたので花を正面から見ることが出来ませんでしたcoldsweats01

その後2番花が少しベランダ内側に向かって咲いてくれました。真正面ではありませんがその顔を見ることが出来ましたeye
00003995

台風の影響で風が強くて吹き飛ばされるのではないかと昨日のうちに写真を撮っておきました(案の定、今朝はその姿を見ることはできませんでしたcoldsweats02

00004000

コメレイの蔓を這わせている東側壁面には他にパテンス系クレマチスもあって蔓が交差していて剪定作業が思うようにはかどらず花付きが悪いときもあります(ジャックマニー系は強剪定、パテンス系は弱剪定)shock

2012年9月16日 (日)

次々と咲いてくれそうなアブチロン(ベランダガーデニング)

台風16号の影響でしょう(?)ここ神戸でも強い風が吹き荒れています。
記録的大型な台風なので通過中の沖縄や九州地方で大きな被害がないことを祈るばかりです(中心気圧が920ヘクトパスカル前後というから脅威ですね、以前にはなかったような規模のようです)

2012年9月15日 (土)

再びスタベリア(ベランダガーデニング)

8月中旬に咲いたスタベリアが再び蕾を膨らませ始めました。

00003968

今まではひとつか二つの花があっという間に花期が終わってしまっていましたが、こうやって時間をおいて咲いてくれると嬉しいですねnotes
00003970

このスタベリアはサボテンに似ていますが、サボテンの仲間ではなくハートカズラと同じガガイモ科だそうですbook (花期も同じですね)
00003973

《私の育て方》
茎にタップリと水を含むので水は控え目、土表面が乾いてから更に4,5日おいてから水遣りしています。冬の間は全く必要ないので楽です(環境温度は10℃以上なので冬は室内に取り込むように説明書には記載されていますが、氷点下に下がることが年に1,2度程度の我が家ではビニール袋を被せてベランダの片隅に置いていますが冬越しできていますgood

肥料は液肥を春と秋に月に1度程度くらいやっています。

2012年9月14日 (金)

コニファの秋の剪定(ベランダガーデニング)

3年前に植え付けた2代目コニファ目標の大きさになってきました。
もうこれ以上大きくなるとベランダが狭くなってしまいますcoldsweats02

高さは計画したくらいになったときに頂部をカットしておきましたhairsalon
あとは3月と8月か9月頃に形を整えるように剪定しています(1cm程度の軽いカット)
今の時期の剪定は下手をすると切り口が茶色に変色して目立つことがあるので生育期の剪定をしっかりしておいたほうが良さそうです。私は秋は気なる箇所のみほんの僅かカットしていますcoldsweats01
00003964_2

このプランターにはオリヅルランジュリアン、葉ボタン、ビオラ、アリッサムなどの寄せ植えを定番にしています(この中から適当に選んで寄せ植えしています)
毎年、冬に苗を買ってきては植え付けです。
今年は珍しくジュリアン、アリッサム、シロタエギクが夏を越してくれそうなので葉ボタンの追加だけで済むかもしれません。
00003961

今は色物が無くて緑色のみですが冬になると株元が鮮やかに輝くコニファー寄せ植えプランターに変身してくれます? してくれる筈ですshine

ユーカリ同様、ほっとけばスクスク成長の速いコニファなのでスペースに制限のあるベランダではこまめな剪定が必要ですねhairsalon
00003962

2012年9月13日 (木)

ベランダ東壁面(ベランダガーデニング)

東側壁面を市販トレリスやDIYした棚やボードを活用して縦空間を利用した「VERTICAL GARDEN」もどきにしようと計画しています。
年々、いろんなことを検討、実践、フォローを繰り返している成果あって(?)緑化が進みました。

四季折々、楽しめるシーンがあることが理想なのですがまだまだ遠いですcoldsweats01
00003935

00003939

00003947

00003950

春:クレマチスやつるバラ、クリスマスローズで華やかに年度のスタート
夏:初夏のオローブの花、木立性ベゴニア、ハートカズラ
秋:アメリカンブルーの花、黄金カズラやツルニチニチソウ、ヒューケラのカラーリーフ
冬:雑貨類などを活用した演出
     *セダムや多肉植物などを配置してフレッシュ空間に。

00003943

00003951

00003954

2012年9月12日 (水)

9月中旬のベランダ(ベランダガーデニング)

まだまだ残暑が厳しいですが富士山が冠雪したとの昼のニュースtv

朝夕が少しずつ涼しくなってきました。
ベランダでは夏の花期を終える植物が秋の花期を迎える植物にバトンタッチしようとしています。
夏の花には「お疲れ様!元気をありがとう」と見送り、秋の花には「これからよろしくね!」とつぶやきながら水遣り、花がら摘みを楽しんでいますhappy01
00003925

00003915

00003923

00003914

00003918 00003917 00003920 00003921 00003929 00003932 00003927 00003913 00003909 00003911

【独り言】
長い間、スッキリしなかったことが昨日スッキリしましたhappy01
これまでブログでクレマチス「テッセン」と書き込みしていたのですが実はテッセンではなく、「月宮殿(ゲッキュウデン)」といた品種だったのです。
名札の花名欄には大きく「テッセン」と記載してあるのに最初に花が咲いたときに花芯が紫色でないのでガッカリし、その後もいつの日か憧れの紫色花芯と白の花弁のコントラストの花を楽しみにしていたのですが品種が違っていてはいつまで経っても駄目ですねcoldsweats01
(間違いの原因は名札の表裏の頂部に大きく「テッセン」と書いてあるのですが、実はこの種苗メーカは「クレマチス」を総称して「テッセン」と呼称していたのでしょうね。そんなことに気付かなかったことと、”テッセン”と”月宮殿”の花弁”が同じ白色だったことから早合点したことです)

教えていただいたのはマイミクで沢山の品種のクレマチスを育てられている方のメールでしたmail
有難いですね、モヤモヤ感が一気に吹っ飛んでサッパリしました。
早速、昨日は本物「テッセン」を何処かに植え付けられないかと検討しましたpencil

2012年9月11日 (火)

緊急避難のもみじ葉ゼラニウム(ベランダガーデニング)

春から初夏、秋から冬にかけてと長い花期を有することを特長とするもみじ葉ゼラニウムですが、高温多湿は苦手のようです。
00003903

アイビーゼラニウムは夏にも冬にも強く1年中、ベランダの最も日が当たる場所にハンギングしていても平気でしたが同じゼラニウムでももみじ葉ゼラニウムは35℃前後の高温には耐えられないようですshock
8月下旬になって一気に弱ってしまいました(昨年も同じでした)
植物もちょっとした環境変化で弱ってしまいますねdown

日陰場所の北側ベランダに緊急避難してやることにしましたrun ここで体力回復するまでケアです。枯れた葉っぱを取り除いて風通しをよくしてやりました。次の水遣り時に活力液をやって元気を出してもらいましょう。
00003908 

既に夏越しのために避難しているアリッサム、ガーデンシクラメンも応援している感じですdog
00003907

最近、日の出時間が遅くなったせいか、それとも涼しくなってきた影響でしょうか時計草「ピッコロッソ」の花が開いた姿をよく観賞できます。
00003884

2012年9月10日 (月)

これから咲いてくれる?アブチロン(ベランダガーデニング)

2012年9月 9日 (日)

咲いてくれたけども(ベランダガーデニング)

クレマチス「コメレイ」が今年初めて咲きました。
通常、開花期は4月から6月にかけてなのですが、日照不足なのでしょうか(今シーズンは東側壁のクレマチス3品種全て、花付きが悪かったです)全く咲くことがありませんでした。
00003871

蔓はトレリスを無視して日当たりを求めてベランダの軒下に伸びていたので自由に任せていたのですが蕾を付けないので栄養不足かなと活力液を活用しながら肥料も通常どおりやっていたのですが、それでも駄目でした。
00003864

今朝、その「コメレイ」の花が咲いたのですが、ベランダから完全に外を向いて開いているのでその顔を見ることが出来ませんcoldsweats02
高い場所でせり出しているので無理して覗き込もうと思っても、危険なので諦めるしかありません。

と、いうことで花の裏側からの観賞です。
(逆光でしかも風が吹く中での撮影は素人技術の私には無理です)
00003850

今、同じ色のクレマチス「MEアンドレ」が西側の壁際に咲いていますが「コメレイ」の花は一回り大きな感じです。
00003879

5月から咲き始めたクレマチス、1番バッターの「テッセン」からやっと10番目の「コメレイ」が咲いてくれましたbell

2012年9月 8日 (土)

秋のヘデラ、ハツユキカズラ(ベランダガーデニング)

緑葉が欲しくてグランドカバーとして植えているヘデラハツユキカズラは夏が終わった今の時期に目を楽しませてくれます。
発色したり、思わぬ所まで蔓を伸ばしていたりしています。
00003824

00003832

日頃はどうしてもメインの花が目立ってグランドカバーのことなど忘れがちになっていますが、メインの花が花期を終えてもしっかり緑を維持してくれる”縁の下の力持ち”ってところですgood
00003836

黄金カズラが1.5mも離れた別のハンギング内で顔を覗かせて深紅の葉に変化していました(てっきりプミラが変色したものと思い込んでいましたが葉の形状が異なるので蔓を辿ってみて黄金カズラと判明coldsweats01
00003835

Img_3065

2012年9月 7日 (金)

再びクレマチス「篭口」(ベランダガーデニング)

秋になって元気のいいクレマチス「篭口」が再び咲いてくれましたnote
00003808
日陰場所にあっても多花性らしくその性質を発揮してくれるので凄く嬉しいですgood
植えるときは「半日陰場所だけども花が咲いてくれるかな?」と、少し不安でしたが1年目からこんなに咲いてくれると満足、満足。
Img_3047

これからが楽しみです。もうひとつのチューリップ咲きクレマチス「グレイブタイビューディ」はまだひとつも咲いてくれません(これが本来のスピードだと思うのですが、篭口があまりに早いのであせっていますcoldsweats01
先週から蔓を20cm程度伸ばして活動を開始したので少し期待ですup

どのクレマチスも秋を感じて新芽を伸ばして気持ちよさそうですrun
00003815

2012年9月 6日 (木)

再び活動活発なアケビ(ベランダガーデニング)

アケビの活動期間はハッキリしていて分かりやすいsign02
冬を越して春になるとすぐに活動開始するのかと思っても(他の植物は新芽を一気に伸ばすのですが)なかなか動かないのでそのまま枯れるのかなと心配になる頃に蔓をニョキニョキを生き物のように伸ばし始めます。
00003799

元気のいいアケビも真夏の猛暑の中では休息するようですsleepy ピタリと蔓の伸びが止まります。葉っぱからの蒸散は活発なのか鉢の土の乾燥が速いようです。8月いっぱいはこのような状態を続けるようです。
このアケビを植え付けてやっと1年を迎えるのでアケビの性質がよくわかりません。いろいろと様子を観察してこれからの生育に役立てようと思っていますpencil

そして、朝夕が涼しくなる9月になると再び蔓を伸ばし始めました。誘引ネットを超えてしまったので慌てて麻ヒモを垂らして急遽このヒモに巻きつけることにしました。
00003800

アケビは異品種を2種以上植えつけることで結実をより容易にさせるそうです。ベランダでよく育てるオリーブブルーベリーと同じですね。
ベランダで2品種はちょっと困難なので当面はこの3葉アケビで花が観賞できることを目標にします。
オリーブも1品種しかベランダにありませんが1粒の実を付けたので結実が全くの可能性のないわけでもないようですshine
00003805

【独り言】
Img_0656 Img_0660 昨夜、久しぶりにナイター観戦に出かけました。家から10分程度で球場に着けること、市民ナイター観覧券が無料で手に入ることから気軽に出かけられます。
パリーグ最下位のオリックスですが応援に行ったときくらい勝利して欲しい。
目的のビールと弁当を美味しく食べたいためにもhappy01
昨夜は新婚ピッチャーの前田投手が頑張ってくれて勝ちました。
花火も久しぶりに近くで見ることが出来、元気をもらいました。

2012年9月 5日 (水)

花期の長いペラルゴニウム(ベランダガーデニング)

まだまだ花を咲かせて楽しませてくれるペラルゴニウム・シドイデスです。
花だけでなく葉の形やそれらが形成する空間がとても気に入ってます。
00003789

咲き始めるのが少し遅くてあせりましたが、6月中旬に1番花が咲くと一気に沢山の花が咲き続けてくれましたgood
00003754
ゼラニウムは乾燥気味に育てているのですが、このペラルゴニウムは毎日土表面が乾燥していて水を欲しがっている様子なので夏の間は毎日水遣りしました。
00003757

1日中強い陽射しを浴たのですが夕日でクールダウンしているサフィニアの様子です。
いつまでも元気をくれますrun
00003798

2012年9月 4日 (火)

今年の姫リンゴの実(ベランダガーデニング)

各地でリンゴ狩りが開園したとのニュースを見かけるようになったので、ふと我が家の姫リンゴの実がどのようになったか気になりました。
ベランダ格子から外側に出て日に当たっている状態で日頃ベランダ内側からはその様子を見ることはできませんshock
00003766

鉢を移動して観察してみることにeye
「色付き始めていました!」
やはり、林檎ですね。本物林檎の何分の1でしょうか、小さいですが林檎ですねgood
00003780

食用ではないので食べごろを待つでもなく、春に咲く白い花が散ってからは翌年までまたその白い花が咲くのを待つというのが私の楽しみですsandclock
00003787

今年の姫リンゴの実は特別に大きくなりました。過去初めてのことなのでこのように大きくなるものとは知りませんでしたcoldsweats01
00003771

2012年9月 3日 (月)

ヘリクリサム・シルバーキャンドルの刈り込み(ベランダガーデニング)

今日から2学期が始まりましたshoe
久しぶりに賑やかに集団登校する学生たちの声が聞こえてきて元気をもらえましたhappy01

私もガーデニングに頑張ろうとやる気になってきました。
5月、6月で花期を終えたヘリクリサム・シルバーキャンドルが茎を伸ばしてちょっと見苦しくなってきたので昨日短く刈り込んでやりましたhairsalon
00003746

長いままだと冬に先端部分が枯れて更に見苦しい姿になるのではないかと今のうちに刈り込んでみることにしました。
このヘリクリサム・シルバーキャンドルの茎は粘りがあってハサミではなかなか切れませんcoldsweats02
何度もハサミを入れての切断です。このような植物は珍しいですね。
00003748

初めてのヘリクリサム・シルバーキャンドルの越冬なのでどのようにしたらうまくいくのか今から少しずつ対策を考えなくてはmemo

短く刈り込むとスッキリして気持ちいいですね。自分の髪を切ったときの気分と同じになりますsmile(次の写真は刈り込み前の姿です)
00003739

2012年9月 2日 (日)

ワイヤースペードの花(ベランダガーデニング)

00003736
ワイヤースペード
の小さな花を見つけました。2日に1度水遣りしているのですが、気付きませんでしたeye
仲間のワイヤープランツの花とは違った形をしていて数個が房状についています。一見。線香花火に似ています。あまりに小さいので注意して見ないと発見できないでしょうsign02
(昨年は見逃してしまったようです。一昨年の花は覚えていますが…)
00003737

ベランダの日陰場所で楽しんでいますが、生育環境としては適しているのでしょうねsign02
もう数年間、ここで育っています。冬の間もこの場所です(水遣りを控え目にしています)
00003734

00003718

00003721

2012年9月 1日 (土)

このシーンが好きです(ベランダガーデニング)

どうもPCの調子が悪くてスッキリしませんshock
きっと温度上昇が悪さをしているのでしょうsign02PC本体の温度が下がってから再起動すれば何とか使用できる状態です。

今のベランダは花が少ないのですが、好きなシーンが和ませてくれるので水遣り、掃除などに精を出させてくれます。
00003713

ひとつは梯子型トレリスの頂部のヘンリーツタ、オレガノのハンギングエリアです。
つる薔薇クレマチスの蔓が絡んでくれるようになり、ナチュラル感も少しずつ出てきたように感じますsign02
00003715

もうひとつは、以前は壁が剥き出しだったのですが、ボードを貼って黄金カズラの背景を変えたシーンです。黄葉が立体的に見えるようになり気に入っています。これから秋が深まるにつれ赤い葉が現れたりしてシーンが変わるのも楽しみにしていますgood
00003690

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ