« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

ヘリクリサム・シルバーキャンドル(ベランダガーデニング)

今日で1月も終わりですね。
春がやってきたような暖かい1日になるとの気象予報ですsun
大気汚染の空気が流れ込むので洗濯物や外出は気を付けるようにとのことでしたdanger

昨年春にその蕾の姿を初めて見て、衝動買いしたシルバーキャンドルももうじき1年を経過します。

Img_6195

耐寒性がある植物だからもう大丈夫でしょうsign02 
ベランダで育てることが出来る植物のひとつとなりそうですgood
乾燥よりも過湿を嫌う植物なので注意して育てました。

Img_6226

花後は刈り取ってコンパクトに姿を整えても大丈夫な強健な植物です(茎に粘りがあってハサミではスパッと切れないので手間がかかりますよcoldsweats01

Img_6230

置いている場所は冬季は霜が降りなくて、夏は壁の陰になって直射日光が当たらない場所です。ベランダ床から1mくらいの高さの所なので照り返しも殆ど影響ありません。

Img_6229

Img_6231

Img_6232

2013年1月30日 (水)

1月下旬のベランダ(ベランダガーデニング)

ビオラガーデンシクラメン、アリッサムといった花が咲いてくれているベランダですがそれでも寂しい風景です。そんな景色の中でもしっかりと土中から芽を出して春が来るのを準備している植物達です。
Img_6161

Img_6220

ネメシアやブラキカムなどの宿根草も株元から新しい芽を覗かせています。園芸店ではそろそろ蕾が付いたり花が咲いた状態で売られますが環境の違いでしょうか冬越ししたベランダではやっと新葉が出る姿です。
Img_6188

Img_6189

それでも寒さが緩むとすぐに緑が増してベランダがワサワサ状態になってくれますclover
Img_6203

今にも枯れそうな状態から大きな株になってくれて花を咲かせる変化を観察するのがこの上なく楽しいのです。元気をもらえますrun
Img_6202

2013年1月29日 (火)

気になるクレマチス(ベランダガーデニング)

今の時期のクレマチスは殆どが落葉して、生きている証拠が見つからないので枯れてないかと気になりますcoldsweats01
余程のことがない限りしっかり生きているのですがそれでも「もしかして」と生きている証拠探しに節々から芽を覗かせてないかとか先端部分をカットして見ていますeye
Img_6184

大きく成長した苗とか強靭な品種は既に大きな新芽を覗かせて今にも伸びていこうとしている気配を感じるんですけどねbud
Img_6192

Img_6193

11苗を育てていて8苗は証拠が見つかりましたが、3苗は確たる証拠が見つかりません(先端部分をカットしてみると生きているような気はしますが…coldsweats01
Img_6171_2

後ろ向きなことを考えて悩んでみても仕方ありません。
前向きに考えて2012年計画で試みたベランダ中央部高所壁の緑化に見通しがたったので今年度は更にその領域を増やそうと東側高所までクレマチスの蔓を展張させる計画です。
Img_6214


Img_6215

既に、昨年植え付けた「紫子丸」は新しい芽を高い所まで伸ばして準備しているので少しは形になるかもしれませんsign02
Img_6221





今シーズンはもう一つ(第一候補は”テッセン”)か二つ苗を増やしてみようと春の苗が出るのを待っています。

2月になると肥料も遣り始めてより多くの花が咲くように準備します。
クレマチスは肥料を好み、油粕、骨粉と液肥を遣ります。
Img_6213

2013年1月28日 (月)

寒波襲来(ベランダガーデニング)

今回の強い寒波の襲来で被害ありませんでしたかsign02
昨夜9時ごろ、突然の雷と大雪で一瞬にして雪景色に変わってしまいました。
道路にも積雪して車はノロノロ、帰路につくドライバーは焦ったでしょうね。せっかくの休日だったのにcoldsweats02(今朝は雪もかなり溶けていましたsnow
Img_6172

軒先のビオラにも降り積もったので、ここはちょっと避難させておいた方がいいかなと下に下ろして雪を避けました(着雪した雪が凍ってビオラが傷んでしまうのでscissors

朝はさすがに辺り一面、銀世界。登校する小学生はこの雪を喜んでいるのか大きな歓声が聞こえていつもよりも賑やかで元気な朝でした。
Img_6175

ビオラは緊急避難が功を奏しました。萎れることなくいつものようにピンと強い姿を見せてくれました。
Img_6182

Img_6200




雪をまともに頭から被ったラブラドリカは寒そうに縮こまったように見えますが、朝陽を浴びて喜んでいました。植物達はかわいそうですよね、だって寒いからと自分で避難できるわけでもなくじっと耐えるしか術がないですものshock
Img_6178


Img_6179

上の写真は「アケビ」です。
この「アケビ」をベランダで育てて分かったのですが葉っぱがまっ平なので落葉しているのをほうきで掃こうとしてもなかなか移動しないのですよsmile
寒い朝、ベランダのアチコチに散らばっている落ち葉を集めるのに苦労していますhappy01

ベランダに棲みついていた大きな蜘蛛もこの寒さで参ってしまったのか丸くなって凍死してしまったようです。
Img_6181






2013年1月27日 (日)

クリスマスローズに蕾?(ベランダガーデニング)

セミダブルクリスマスローズに蕾が付いたのでしょうかsign02
ふっくらしたものが根元に出現しました。
Img_6169

リビダスの生長期の頃にはこれが葉っぱを広げていくといった間違いばかりでしたがセミダブルではどうでしょう?(秋後半に新しい葉に全て生え変わったのできっと蕾だと思うのですがどうでしょう)
Img_6163

先住のリビダスはこのセミダブルの勢力に押され気味です。
これはきっと昨年花後もずっと”がく”を残して楽しんでいて体力消耗したところに”うどんこ病”に襲われたので弱ってしまったからでしょう?
(花弁は花後直ぐに切り取ったのですが、あまりに沢山の”がく”を長い間残してしまったのが災いしたのでしょう?果実が豊作だった翌年が裏年となって収穫が少なくなるのに似ているかな)
Img_6167

リビダスは葉っぱの幾何学模様も1年中楽しめるていたので、ちょっと心配になってきましたcoldsweats01
Img_6165

昨年ほどの開花は期待できないかもしれませんが順調に回復しているので來シーズンは沢山咲いてくれるでしょうnotes
いや、まだ今シーズンの開花を諦めたわけではありませんdog

2013年1月26日 (土)

楽しみなベリーの新芽(ベランダガーデニング)

今朝はさすがに冷え込みましたねsnow
窓ガラスは結露でびしょ濡れ状態でした。

少し前に剪定を済ませた木苺ブルーベリーですが、新芽をふっくらと膨らませ始めました。
Img_6146


Img_6156


本格的な冬の環境に直面しているのですが、植物達もそれなりに準備を始めるのですねsign02
落葉して1年が終わったかと思ったらすぐに活動を始めるベリー類です。
Img_6150

Img_6155

白い花を沢山咲かせる4月下旬が待ち遠しいですsandclock

昨日の作業の続きを今朝実行しました(写真を昨日記事に追加しましたcameraImg_6159

2013年1月25日 (金)

つかの間の暖かい日(ベランダガーデニング)

昨日は日本全土が高気圧に覆われ、神戸も朝から青空が広がって終日風もなくて暖かい1日でしたsun
天気予報では今日から今年最も厳しい寒波がやってくるとのことでした。束の間の暖かい日となると思い、出来ることをちょこちょこっとやっておくことにしましたrun

すのこを利用して作った物置隠しの頂部を鋸で山型にカット、少し園芸モードに変身させましたsign02(写真でわかるでしょうか?加工前の様子はこちらですeye
Img_6129


②寒さ対策としてビニール袋で被っていた”時計草”を久しぶりに直射日光に当ててやりました。
枯れ葉なども取り除いて灰カビ病が発生しないように予防しておきました。
Img_6126

③冬季はメダカ鉢の水が蒸発して少なくなるので暖かい日にペットボトルに入れてカルキー抜きをしている水を補給してやりました。
鉢内の水が動くのでメダカ達もビックリしたようです。
Img_6127



Img_6128

狭いベランダスペースですがより植物と共生できる空間創りを楽しんでいますhappy01

そして今日もう1アイテム。アーチのアイアンネームプレートの"Garden"文字をペイントしてみました。モッコバラの蔓などで暗い感じの文字が見づらくなったのでリフレッシュしてみましたshine
Img_6137



Img_6140

2013年1月24日 (木)

スノードロップが咲き始めます(ベランダガーデニング)

スノードロップが本格的に咲く時期になりました。
植っ放しの球根に更に新しくを買ってきた球根植えたので10個近くの花が咲いてくれると嬉しいのですがどうでしょうsign02
Img_6115

スノードロップの球根も植えっ放しが出来て、管理が難しくない手のかからない植物ですscissors
乾燥(夏の高温も)と過湿に気を付けておけばよく、私はバークチップを利用していますpass

1球につき1花で背も高くなく、下向きに咲く花なので目立ちませんがその控えめな姿が気に入っていますhappy01
Img_6121

今シーズンは11月に慌てて咲いてしまったスノードロップもありましたが、本来の開花期はこれからです。地表に出た2,3枚の葉の間から白い頭を付けた花茎を覗かせ始めました。
Img_6124

2013年1月23日 (水)

プラ鉢にちょっ手を加えてみました(ベランダガーデニング)

冬は休眠する植物が多いので水遣り・肥料遣りもそれほど忙しくないので、DIYをしたり雑貨整理や再配置などをしています。
Img_6106

お金をかけずに何か出来ないかといろいろ考えたり実践するのも今の時期ですpencil
(100円ショップなどで役立つ小物が見つかったときは嬉しいですねhappy01
今日はずっと前から気になっていたプラスチック鉢を何とかしようと思って簡単な加工をしてみました。
Img_6108

植物はそれを入れる鉢によっても随分雰囲気が違うのであの無表情なプラ鉢に絵でも描いてみようかなと思ったものの絵心が無い私には無理、ムリとすぐに諦め、デザイン紙でも貼ってみようと…。
(木工用ワックスがHCに行っても見つからなかったのでそこは省略しましたpig
Img_6109

Img_6112

自分の理想の空間に少しでも近づいたときは何度も見入ってしまいますが、想像したものと違った出来上がりになったときは少しの間、様子見してから採用・不採用を決めることにしていますcoldsweats01

2013年1月22日 (火)

夏越ししたガーデンシクラメン(ベランダガーデニング)

寒さに強いガーデンシクラメンが開発されてからはベランダで心配することなく育てられるので冬のガーデニングが一層楽しくなりましたnote
Img_6094

豪華なシクラメンは失敗が恐ろしいので育てるのに躊躇しますが、手頃なガーデンシクラメンはフリル咲きや縁有りなどのいろんな品種があり、強いので存分に楽しめるので嬉しいです。
Img_6105


次の画像は夏越ししたガーデンシクラメンですが、十分に蕾まで日が当たらないのでまだ開花していませんcoldsweats02
Img_6091

休眠させずに夏を越して蕾も順調に付けたのですが、このまま枯れてしまうかもしれません?
少しでも日が当たるようにと葉組みをして中心部に日が当たるようにと出来ることはしているのですがねsun
Img_6099

昨年末に新たに購入したガーデンシクラメンは購入時に蕾を葉の上まで伸ばしていたので容易に咲いてくれるのでしょうねsign02 毎日明るく輝いて楽しませてくれます。
Img_6093



Img_6101

2013年1月21日 (月)

クロッカスを確認できました(ベランダガーデニング)

水仙、スノードロップ、クロッカスの球根を混植しているので芽を出しても何かを確認できない私です。
Img_6079

でも、縞模様の葉が姿を現すとクロッカスと分かりますeye
やっと近頃、ベランダのプランターのあちこちでこの縞模様の葉を見かけるようになりました。
Img_6086

Img_6087

クロッカスが花を咲かせるためには寒さに遭わせる方がいいようです。寒い目に遭って暖かさを感じてから花芽が付くらしい。可哀想だからと冬季に暖かい所に置いておくと開花条件が整わずに花付きが悪いようです。(クンシランも同じような性質をもっているようです)
Img_6081_2


Img_6083

育てやすいクロッカスです。球根を植えっ放しにしておいても毎年花を咲かせてくれるので嬉しいですね。
肥料も花が咲くまでは必要でなくてほっておいても育つ植物ですrun
(花後に球根を大きくさせるためにカリ肥料を与えておけばいいようです。葉っぱは光合成をするので生きている間は切らない。枯れてから処理する)

2013年1月20日 (日)

1月下旬のビオラ(ベランダガーデニング)

この寒さの中で毎年元気をもらっている花・ビオラは冬になくてはならない花ですhappy01
寒さが好きなんですねsign01
Img_6068_2

Img_6075

Img_6073

以前は冬になると何にもなくなってしまうので家の中に閉じこもりがちになっていた私もこの花に出会ってからは冬が苦手にならなくなりました。むしろ、冬も活動的になって出掛けることも多くなってきました。
Img_6058Img_6059


Img_6060


Img_6065





寒くても次々に花を咲かせる姿は寒さを忘れさせてくれますspa
しかも、手頃価格でいろんな品種・色の苗があるので好みのものが選べるので嬉しいですね。沢山植えて元気をもらっています。私の冬の元気の源ですrun
Img_6063



Img_6071

2013年1月19日 (土)

やっと水菜・春菊とわかるように(ベランダガーデニング)

遅くなって種を蒔いたので発芽、成長が心配でしたが11月下旬に発芽して生長速度は遅いですがやっと水菜・春菊の区別が出来る葉を形成するようになりましたhappy01
Img_6049

寒い時期の鍋料理に間に合えばと思ったのですが寒さで生長が遅い、遅いcoldsweats02
でもこうやって寒さに耐えながら頑張っている姿を見るとこちらも頑張れる気がします。
毎朝起きると1番に様子見します。日々の変化は気付きませんが1週間前と比べると相違が分かる程度です。
Img_6051


Img_6052

笑わてしまうような出来ですが私にとっては大切な水菜・春菊なんですdollar

1年で最も寒い時期ですがベランダではビオラが満開を迎えようとしています。
明日はじっくりビオラを撮ってみようと思っていますcamera
Img_6054

2013年1月18日 (金)

葉姿を楽しんでも(ベランダガーデニング)

花が少ないときには素朴感を漂わす葉姿でも眺めて楽しんでみてはどうでしょうsign02
つい子供のころに走り回った野原の光景を思い出させてくれますsandclock

冷え込むベランダですが春のエネルギッシュな空間とは違った一面を発見することもありますeye

ベアグラス…スラリと流れるラインとボリューム感でプランター内を柔らかい感じにしてくれると共に、ユーカリのグランドカバーの役割をこなしてくれています。
Img_6032

Img_6046


ヘデラ…伸びた枝をプランターに絡めてナチュラル感を出したり、単独で葉の表情を楽しませてくれたり(紅葉した葉もなかなかいいですよ)…。
Img_6027


Img_6034



Img_6030

③昨年加わったシルバーフォール…これから名のとおり、滝のような表情が演出できるように育てたいと思っていますhappy01
Img_6038

コクリュウヒューケラ2種と寄せ植えして微妙なグラデュエーションを楽しんでいます(昨年夏銅葉系のヒューケラが枯れてしまいましたcoldsweats02
耐陰性と耐寒性があるようなので日当たりが十分でないベランダで育つ植物のひとつのようです。
Img_6039


Img_6042

2013年1月17日 (木)

やはり寒さに強いウォーターマッシュルーム(ベランダガーデニング)

ウォーターマッシュルームの性質を調べてみると寒さに強いとあったから冬もベランダのメダカ鉢に入れたままにしていますが葉っぱは緑を保持したまま変わりありません。
水生植物だから鉢ごとメダカ鉢に浸しています。この環境が気に入っているようですscissors
Img_6003_4


もう一苗のウォーターマッシュルームは鉢に入れて育てているのですが、こちらは黄葉になったものもあります。水切れさせないように注意していますdanger
Img_6004_2

この冬を乗り越えれば目標の”姫睡蓮”の代わりになってくれそうです。
耐陰性、耐寒性があればバッチリです。
(姫睡蓮は太陽が当たらないと生育困難なようです。無理と分かったので代替えを探していたところです)

メダカも隠れ場所として気に入ってくれています。寒い冬はウォーターマッシュルームの葉っぱの下、水底深く潜っているのですが日が当たる午後には時々水面まで上がってきて日向ぼっこをしているときもありますsun
Img_6023

6月になれば丸1年でこの環境でも十分育つことが分かりますpass
1年間、キノコのような葉っぱの姿を楽しめ(葉の上で戯れる川エビや日光浴するタニシも楽しめます)、夏には小さな花まで鑑賞できるので楽しみが多い植物ですeye

2013年1月16日 (水)

代役をこなす黄金カズラ(ベランダガーデニング)

周りのつるバラクレマチスがすっかり落葉したので黄金カズラの存在が目立つようになりましたshine
Img_6001


日頃はすっかり脇役ですがこの冬だけは主役になって春がくるまで楽しませてくれて、本来の主役が休眠していても代役をこなしていますdog
Img_5998

Img_6010

もう1,2か月もすると小豆色の新芽のつるバラや節々にふっくらした芽を出しているクレマチスの葉で覆われてしまうので存在が薄れてしまいますdash
もうしばらくの間、このシーンを楽しめますeye
Img_6012


Img_6015

2013年1月15日 (火)

クリスマスローズの管理(ベランダガーデニング)

昨日は爆弾低気圧の影響で大雪が降ったりで荒れましたね。
折角の成人式も晴れ着が濡れたりで気の毒でしたcoldsweats02

ベランダに雪が降り込んだりして植物を震え上がらせたりしませんでしたか?
我が家は幸運にも雪は全く降らず普段の冬と変わりませんでしたgood

冬は休眠する植物が多いので肥料をやることを忘れそうにないます。
クリスマスローズは今の時期に活発に活動するので液肥を忘れてはなりませんdanger
1週間〜10日に1度程度は液肥を遣った方がいいでしょうね。4月上旬ころまでに液肥をやってそれ以降はやらないで休眠させます(夏場に肥料をやると根を傷めてしまいますcoldsweats02

Img_5991_4


クリスマスローズを育て始めた頃はきっとクリスマスシーズンに花を咲かせるものと思って12月下旬に花が咲かないと心配したものでしたhappy01
12月下旬に咲くクリスマスローズはニゲル品種だけで市場に出回っている大概の品種は1月下旬ころから咲き始めるので慌てなくてもいいようです。
Img_5994

根が凄く張るので8号鉢に1苗植えるくらいがいいようですが私は欲張って2品種を植えています。今年はあとから植えたセミダブル系の苗が勢力を増して最初から植えているリビダスを追い越してしまったようですcoldsweats01
植え替えをよくしてコンパクトに育ててみようと思っています。
Img_5993

昨年新たに植えた品種も完全に根付いて順調に育っているようです。

Img_5995

Img_5997

ベランダのこのコーナーをクリスマスローズで盛り上げてみようと計画しています。夏は日陰で秋から春にかけて日が当たるのでクリスマスローズの生育環境に適しているのではないでしょうかsign02

2013年1月14日 (月)

ラブラドリカが咲いていました(ベランダガーデニング)

12月下旬に見つけたビオラ・ラブラドリカの花茎の様子を覗き込んだら既に花が咲いていましたnew
葉の陰になっていたので気付きませんでしたが、葉をそっとめくってみると小さな青紫色の花が現われましたeye
5969jpeg


今の時期はバークチップを取り除くとクロッカス水仙などの春咲き球根の新芽が覗いていたりサプライズが時々あるので朝、ベランダに出る楽しみがあります。

寒くなってから黒っぽく濃い色に変色したラブラドリカの葉と青紫色の花とのコントラストが気に入っていますgood
Img_5980


Img_5989

Img_5987



ベランダの奥の方にハンギングしたアジュガプミラとの寄せ植えのラブラドリカはどうだろうかと覗き込んでみました。
こちらは日当たりが悪い影響でしょうか花は見つかりませんでしたcoldsweats01
Img_5986

 

2013年1月13日 (日)

オキザリスに蕾が付いた(ベランダガーデニング)

先日、花茎らしきものを見つけたのですが、それとは別の箇所から花茎が伸びて蕾を付けていました。

潜望鏡を伸ばして辺りの様子を窺うような姿をしているようですsign02
またオキザリスは暗くなると葉を閉じて身構えるといったまるで警戒心の強い植物のようです。
Img_5963


まだ蕾が小さいので花が咲くまでには時間がかかりそうですが冷え込むベランダに出る楽しみが増えましたhappy01
Img_5958


オキザリスの開花条件は光と温度です。日がよく当たる場所に植えて開花を楽しみましょうwink(我が家のベランダでは暖かくなる春先にやっと咲いてくれます)
Img_5961

一昨日のベランダの侵入者”殿様バッタ”が温度が外よりも高いリビングでの生活か動くようになりましたrun
スプレーした水やレタスを少しくらい飲んだり食べたりすればいいのにどうしているのかな?
Img_5957

2013年1月12日 (土)

ベリー類の剪定(ベランダガーデニング)

パソコン騒動でベランダの植物達の冬の作業が疎かになっていたので今日から再開です。
最初は木苺(ラズベリー)ブルーベリーの剪定です。
(ベリー類は12月から2月までの間に剪定するのがよいとされています)
次の写真は剪定前の様子ですcamera
Img_5940


Img_5938




今の時期は落葉して新芽を出しているので作業がやりやすいですhairsalon
元気のよい枝を中心にして横方向に広がる枝を選んでいます。
弱い枝や下向き枝はカットですねscissors
大きな新芽を数個残した箇所で切り戻してやります。
できれば夏に生育したときの姿形を想像しながら仕上げてやれば見栄えもよいでしょうsign02
Img_5941

Img_5944

昨年は木苺(ラズベリー)、ブルーベリー共にかなりの数の結実の成果がありましたhappy01
結実も嬉しいですが、私はこの木苺やブルーベリーの花が大好きですgood
木苺の花柔らかい感じで「木綿の~」のさわやかさを想像させてくれるし、ブルーベリーの花は鈴なりとなってエネルギッシュな感じを与えてくれて元気をもらえますrun
 

2013年1月11日 (金)

今年も侵入者が(ベランダガーデニング)

やっと新しいパソコンが使えるようになりましたhappy01
やれやれです。
でもこのWindows8に不慣れなうえ、周辺機器が対応していないものが殆どで機能を十分に発揮できませんcoldsweats02
これからゆっくりPC技術を高めて、ブログ他を楽しもうと思っています。

昨日、ビオラに水遣りするときに毛虫のようなものを発見!
驚いて、じっと見るとどうも殿様バッタのようです。
こんなに寒くなってこんな所でよく生き伸びているものです。
寒いせいかじっと葉っぱにしがみついて動こうとしません(きっと動けないのでしょう?)
Img_5936


例年、コメツキバッタホットリップスの茂みの中で冬を越すのですが、昨年秋に姿を見かけないのでホットリップスを短く刈り込んでしまいました。

殿様バッタがベランダで冬を過ごせそうな場所が見つからないので、虫かごを出してきてその中にビオラごと入れてリビングに入れてやることにしました。

少しは寒さから逃れるので生き延びるでしょうか?
レタスときゅうりを入れておきました。

ここ1ヶ月、パソコンのトラブルでガーデニングやブログが思うように出来ませんでしたが一件落着ですscissors
さあ明日からまた頑張るぞ~run
フリル咲きビオラ”ミルフル”を久しぶりに観察できましたeye

Img_5929

2013年1月 8日 (火)

モッコウバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

イルミネーションの配線を片付け、モッコウバラの葉摘みを行いました。
00006551

配線する前に葉摘みをしておけばよいのですが、新芽をまだ覗かせていなかったのでこの時期になりました(つるバラの葉摘みは既に済ませました)
00006550

パーゴラの奥の方は手が届かなかったり、クレマチスの蔓を折ってはいけないので苦労しますcoldsweats02
でもこうやって葉摘みをするとより健康な新しい葉を付けたり、たくさんの花を咲かせてくれるようです。楽しみも増えますhappy01

昨年、植え替えをしたので今年は我慢してもらいます(既に鉢の中では根が回っているようです)

葉摘み前の状態です。
00006547 00006433

【独り言】
とうとうパソコンが危篤状態(4日以降は全く画面表示がなくなってしまいました)になったので、今日Windows 8の新機種を買ってきました(システムのリカバリー…とやらを量販店にお願いしたので引渡しは3日後とのこと)
1ヶ月の間、復帰しては故障の繰り返しだったのでモヤモヤ状態が続いていましたが、これでスッキリ!
量販店をアチコチ回ってネゴシエーション(自分の設定した値で決まると嬉しいものですhappy01
2店での店頭価格より更に2割引きで手に入りましたgood
普段から欲しいものの値段をウォッチしているといいこともあるようです。
パソコンが壊れる不運もありましたが、割安でゲットできたのでちょっと嬉しいですcoldsweats01

2013年1月 5日 (土)

シャコバサボテンが咲いた(ベランダガーデニング)

今日は今年最も寒い日となりましたが”イルミネーション”の片づけをしようと決心、作業に取り掛かろうとベランダに出ようとしたところで、シャコバサボテンが咲いているのを発見eye
00006546

ひとまず、写真を撮ってから作業にと…。
00006547

00006549

Img_5965

2013年1月 4日 (金)

越冬中のアメリカンブルー(ベランダガーデニング)

今年はより越冬を確実にするために室内移動を選択しました。
リビングに置ける場所を確保出来たので冷え込む夜には室内に移動させて昼間はベランダに出す繰り返しですrun
(これまでは、ビニール袋で覆ってそのままベランダで越冬させていました。この方法でも氷点下に1,2回くらい遭う程度であれば大丈夫なようですscissors

いまのところ、元気なようですrun
00006545

今の段階で枯れてしまうとちょっと体力のないアメリカンブルーです。もっとも過酷な1月下旬をクリアするためにはまだまだ衰えてはなりません。

今の時期が最も好きなクリスマスローズの傍で昼間は日光を浴びていますsun

00006544

【独り言】
Img_0878
遅くなってしまいましたが、今日近くの神社に初詣にでかけました。
さすがに境内は参拝客も少なく、片付け業者の人達の方が多いい感じでした。
”おみくじ”をひきましたが『末吉』でこれからに期待です。

このおみくじ、従来の全国的なくじから、この神社だけの”おみくじ”に変わっていましたeye
神社もエコ仕様?内製化を図ったのでしょうか?
(全国の大半のおみくじを作られていた地方の業者のこれからもちょっと心配confident

2013年1月 3日 (木)

寒さにめげない多肉植物(ベランダガーデニング)

一見、寒さに弱そうな多肉植物ですが意外と寒さにも強いようです。
間延びさせないためには秋頃からしっかり日に当てた方がいいようですbell
00006527

氷点下まで下がらないベランダ(1年間に2,3回氷点下になる程度)なので基本的に冬の間もベランダに出したままにしています。
00006530

さすがに先端部など弱い部分は寒さにやられてしまいますが本体はしっかり耐えるようですgood
青々として全く傷ついていない多肉の姿もいいですが、ひなびた感じのナチュラル感が出た多肉植物も好きですhappy01
00006537

00006540

こちらは11月に寄せ植えした多肉植物でリビングに置いて冬を過ごしていますsnow
寄せ植えした直後に寒い目に遭わせるのは可哀相です。根が付くまではストレスをかけない方がいいようですthink
00006532

00006535

2013年1月 2日 (水)

お正月(ベランダガーデニング)

行き交う車も人影も少なく、普段とは全く違う光景のお正月ですsun
工場も休みの影響で空気も澄んでいます。
00006516

寒いのでつい水遣りを怠りがちになってしまいますが、水切れさせては植物たちがかわいそうです。乾燥していないかとチェックしていますeye
00006519 00006520

寒さを喜ぶように芽を出している球根もあります。ネメシアなどの宿根草も新芽を覗かせ始めましたよbud
00006517

先日、1輪だけ開いたペラルゴニウム・シドイデスは数輪咲いてそして新しい蕾まで増えてきました。何だかすぐに春がやってきてくれそうな気持ちにさせてくれますsmile
00006524

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年(ベランダガーデニング)

00006506

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はベランダの最後の空きスペースの緑化計画の見通しがたちましたgood
直射日光が十分に当たらなくても育ってくれるクレマチスをいろいろと検討しましたが甲斐あってしっかり育ってくれたのでベランダガーデニングの楽しみが増えましたhappy01

その他の植物達ものびのびと育ってくれる年にしたいと思っていますcoldsweats01

今年もアドバイス、コメント、感想など…よろしくお願いいたしますclover
00006505

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »