« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

クリスマスローズが咲き始めました(ベランダガーデニング)

最近は植物の変化が著しいのでクリスマスローズの観察を怠っていました(蕾が出来たので安心しきって油断していましたhappy01
セミダブルのクリスマスローズがどれくらい変化しているか葉っぱの中を覗いてみると蕾が増えている上に既に開き始めていましたeye

Img_6706

早速葉っぱが生い茂っているので光を当ててやるために陰となっている葉を切り取ってやりましたhairsalon
蕾の様子が観察出来るだけでなく、スクスク大きくなって開くことでしょうsign01

Img_6699

もう明日から3月ですものね、クリスマスローズが開いてくれる筈です。

Img_6696

もうひとつのクリスマスローズ”リビダス”は昨年沢山の花を咲かせたので今年は難しいかもしれませんcoldsweats02

Img_6697

今の時期は液肥(たまに窒素系が少ない液肥)を2週間に1回くらいやっていますrun

今日は昨日取りかかった東側壁の雑貨取付ボードのフレームのペンキ塗り他をしてみました。
雑貨を引き立たせるためにちょっとシックな感じにと塗料を選んだのですが、イメージとは少し異なりましたhappy01
ちょっと様子見してから手直しすればいいかな?
大してコストをかけないので容易に手直しできるのがDIYのメリットですね!?

Img_6718

2013年2月27日 (水)

壁際の飾りつけ(ベランダガーデニング)

昨日買ってきた雑貨を壁際に取り付けようと朝から材料を準備したり切断、穴あけ、塗装に頑張りました。
集合住宅ではコンクリート躯体に直接アンカーボルトを取り付けることは禁じられているのでボードを貼ってそのボードに雑貨を取り付けます。

市販のボードの大きさが丁度いいサイズだったので裁断の必要がなく作業工程を一つ省くことが出来たので助かりました。
ボードの塗装から始まって倒れ防止用の固定の穴明け、更には雑貨取付用ビスのねじ取付けと順調に進んで午後4時前には終わることができました。
(倒れ防止用にはエアコン用貫通穴を利用しました。台風や地震に備えて固定を心掛けています)

Img_6695

雑貨”チェロ弾きの猫”の舞台もセットしてやりましたkaraoke

Img_6688

Img_6687

まだ枠の塗装が残っていますが作品の様子をパチリですcamera

Img_6692

2013年2月26日 (火)

思わぬ1日(ベランダガーデニング)

今日は昨日の疲れを癒しに有馬温泉につかりに出かけたのですが着いてみると1時間待ちとのことで断念、折角遠方まで来たので何処かへと思い立ったのがもう少し足を延ばして宝塚の「陽春園」に。
TVなどで度々見ていたので是非一度と…。しかし、場所が分からないので困りましたが高塚の園芸の中心と言えば「山本」と聞いたことがあったのでとりあえずナビをセットして向かいましたrvcar
ナビが「目的地周辺につきました」と言ったのですが「陽春園」などある筈はないので車を停めて困っていたところ小さな案内板を発見!グッドタイミングでしたhappy01
Img_6682

Img_6683

さすがに有名園芸店。いい苗が園いっぱいに揃えられていましたshine
予定して行ったのではないので何を買っていいか思い浮かばず、日頃から困っていた日陰場所でも育つ苗や雑貨をいろいろと見て回りました。
寄せ植えも素敵であれも欲しい、これも欲しいとなるような園芸店でした。
このような園芸店が近くにあったらなぁsign03

Img_6685

予定外のいい1日でしたsmile

Img_6684

【独り言】
Img_1749_3

昨日、久しぶりにスキーに行ってきましたski
感謝デーということで「1000円で滑り放題」でした。安いからと言えどももう体力のない私は4時間でリタイアcoldsweats01
それでも600㍍強のゲレンデを約40回滑ればかなりの運動量ですnotes
ゲレンデも人が少なく人を避ける気を遣う必要がないので思いっきり滑ることが出来るので爽快です。それが災いして強烈に転倒して後頭部を打ち付けてしまいました。
もう年なんだから無理は禁物を実感しましたhappy01

2013年2月25日 (月)

2月下旬のベランダ(ベランダガーデニング)

2月下旬にもなると寒い日があっても長続きせず暖かい日があるので気分的にもほっこりしますspa
陽射しも強くなったような気がするので春の訪れを実感します。

ベランダの植物も寒い冬を乗り越えて活動を開始してやる気満々ようですrun
新芽を出して、この程度の寒さならもう大丈夫といった感じで次々と芽吹いています。
まっ裸状態だった”つるバラ”は見る見るうちに緑を増してきましたclover
Img_6648

傍でトレリスに絡んでいるクレマチスもバラに遅れまいと節々の芽も大きくなったり、新しく根元から力強い芽を伸ばし始めましたbud

Img_6651

新枝咲きタイプのクレマチス2種も強剪定してたのですが、昨日同時に地際から芽を覗かせました(地上部全てが枯れてしまったのでこの瞬間がたまらなく嬉しいですhappy01
これから蔓を伸ばして数十個以上の花を咲かせてくれるのですから凄い生命力ですよねeye この姿を観察していると勇気をたっぷりともらえますconfident

Img_6675

これでクレマチス11品種全てが元気にスタートを切りました。こんなちっぽけな出来事なのですが凄く嬉しくなってきます。
春がやってきた気分全開ですrun

Img_6680

大きく成長したユーカリの木を支柱として伸びているクレマチス紫子丸も日に日に大きくなって2012年計画だった中央壁まで届く勢いですup

寒いベランダで過ごした多肉植物も元気です(寒さに弱い多肉植物やセダム類は室内に入れています)

Img_6670

Img_6669

Img_6673

その他の宿根草も旧葉から新葉に模様替えをしつつあります。ネメシアエリゲロンなどは株元から新しい葉を出しています。まるで頭髪が生え変わる感じです。

Img_6678


Img_6679

うかれてばかりいてはいけませんdanger
この時期に害虫退治をしっかりしておけば春になってからの被害が小さくて済みますgood
カイガラムシなどを徹底的にやっつけていますangry

Img_6666


Img_6659

これから一気に春めいてくれそうな2月下旬のベランダですnotes

2013年2月24日 (日)

朝陽を浴びるビオラ(ベランダガーデニング)

今朝も冷え込んだベランダですが、朝陽を浴びるとビオラは嬉しそうですsign02
寒さを好む植物ですが過酷な寒さはやはり苦手ですshock
寒気の中で日が当たるくらいの環境を最も好むのでしょうねぇsun

Img_6633

Img_6636

同じ花でも日中の花と早朝の花とは違って見えますねsign02
”今日も頑張ろう”という気持ちにさせてくれますnotes

Img_6638


Img_6646

Img_6656


Img_6653

2013年2月23日 (土)

クロッカスが生長しました(ベランダガーデニング)

水仙、スノードロップなど春咲きの球根が芽を出したときはクロッカスの芽がどれか分かりませんでしたが今はそれぞれはっきりと認識出来る姿になってきました。

Img_6624

縞模様のクロッカスは背が低い植物なのでにょきにょきと大きくはなりませんがしっかりとした葉っぱを増やしながら生長しているようです。

Img_6629

暖かくなると突然にふっくらとした蕾を形成するので楽しみです。

Img_6630

スノードロップは次々と花を咲かせるようになりました。
厳しい寒さの中で咲いている姿は特別にですね。うっとりします。
Img_6628

Img_6631

2013年2月22日 (金)

頑張っている水菜、春菊(ベランダガーデニング)

種蒔きが遅くなってしまいましたが発芽してくれた水菜と春菊です。
その後も寒波襲来で発育が危ぶまれましたがそれでもしっかり育ってくれています。

Img_6615

水菜春菊の区別が出来るほどに生長してくれたのですが、まだ鍋料理に登場できるほどではありませんcoldsweats01

Img_6617

Img_6616

それでも日に日に大きくなってきたので嬉しくなります。そばに置いてる木苺は春すっかり感じて芽吹き始めましたbud

Img_6619

今日は曇天、花粉が舞っているような感じですcloud
いつの間にかこの時期になると目がかゆくなったり咳き込んだりするようになっていました(それが花粉症だという認識は全くありませんでしたがshock
部屋の中からベランダを眺める日も多くなってきましたeye

Img_6614

2013年2月21日 (木)

宿根ネメシアが咲き始めました(ベランダガーデニング)

今朝は晴れているけども目茶苦茶寒い!最も強い寒気団が日本を覆っているらしい。
その上、風が花粉を運んできているというから最悪ですcoldsweats02

寒い冬を耐えてきた宿根ネメシアが咲き始めました。

Img_6590

Img_6600




まだ休眠期を終えたばかりなので新芽が十分に出ていなくて「綺麗」には程遠いのですが、私は宿根草が厳しい環境を乗り越えて新たに芽を出して花を咲かせるときの自然っぽい姿が好きですgood

Img_6594

生長した茎が寒さで枯れてしまった古傷を残しながらも一生懸命生き延びて緑色の新しい芽を出す生命力を観察すると勇気が出てきますrun

Img_6604

ネメシアは花期が長いのでいですね。切り戻してやれば冬季の僅かな期間を除いてずっと花を楽しめます。

他の場所に植えている宿根ネメシアも新しい芽を出して生育中ですbud

Img_6595

昨年以上に咲いてくれることを期待ですshine

2013年2月20日 (水)

HP更新(ベランダガーデニング)

HP更新といってもまた古新聞になってしまいましたcoldsweats01
春がやってこようかという今頃になって「秋」のページを追加ですpencil

Verandacenter25


HPの空き容量が殆どなくなってきたので古い記事を削除したり、パソコンを買い替えたので作業要領が変わったりでPC音痴の私にはかなり難しい作業ですshock
(空き容量が無いために古い記事を完全に削除してしまうので、過去のベランダの様子はブログで見ることにしましたbook

今度こそ早めに「冬」をまとめて春を待ちたいです。coldsweats02

Img_6579

ハート型多肉植物「ホヤ」、形といいふっくらした質感が自然とほんわかしますconfident
先日買ったミニ鉢に入れるものを探していたときに見つけた「ホヤ」です。
管理も簡単なようでテーブルの上に置いておけば1日が笑顔でスタートできそうですhappy01

Img_6559

【独り言
確定申告が始まりましたねdollar
僅かですが還付金がありました。時間と交通費をかけて出掛けた甲斐がありました。
ガーデニング用品が少し買えそうです。思いがけない収入は嬉しいですhappy01
と言っても払い過ぎた私のお金が返ってくるだけなんですが。

2013年2月19日 (火)

アイビーゼラニウム「カリエンテ」の花蕾(ベランダガーデニング)

今日は朝から雪が舞っています。二十四節気「雨水」が嘘のような天候ですthink
野鳥もエサが見つからないのかベランダにヒヨドリが3回もやってきました。エサのみかんを置いてやってからは来ないとは…回遊しているのでしょうかsign02

折角新芽を覗かせた植物達が凍傷に遭って枯れてしまわないかとちょっぴり心配です。
ゼラニウム「カリエンテ」が蕾を膨らませてピンク色を覗かせました。

Img_6540

昨年春に我が家にやってきたのですが、前回のアイビーゼラニウム同様、暑さにも寒さ(冬が完全に過ぎないと分かりませんが)にも強いようなので安心しました。

Img_6550

春の訪れは黄色からピンク色に移っていくのですが黄色の水仙よりも先行してピンク色の「カリエンテ」が咲きそうですrun 
暖色系なので一気に春めいてきそうな気持ちになりますcherryblossom
Img_6552


1年間生き続けてくれたアイビーゼラニウム「カリエンテ」なので鉢増しして更にしっかりした苗になってもらいましょう。もう少し暖かくなる3月から4月に植え替え予定です。
ゼラニウムは多湿が苦手なので冬は乾燥気味に育てています(2,3週間に1回くらいの水遣り)

いつもはピレアプチコレクションと同じハンギングケージに入っているのですが、冬はピレアは室内に移動させるので独りぼっちで頑張ってくれています。

Img_6551

2013年2月18日 (月)

膨らみ始めたブルーベリーの新芽(ベランダガーデニング)

今日は冷たい雨が降る日となっていますrain
雪ではなくて雨となっていることから春に近づいているのでしょうねsign02
二十四節気のひとつである「雨水」とやらで雪から雨に変わるのが今頃らしい。

ブルーベリーの新芽もふっくらと膨らみ始めています。人が新学期を迎えるのと同じでブルーベリーも新年度の準備をしているかのようですcherryblossom

Img_6536

Img_6528


昨年は最も多くの実の収穫がありましたdollar
植え替え後だったというこもあるかもしれませんが、やはり花をヒヨドリに食べられなかったことが大きな要因でしょう?鳥にとっては相当な御馳走のようですよrestaurant

Img_6530

昨年のヒヨドリは紳士的だったです。バードフィーダーにみかんを入れておくとそれだけを食べていました(早朝、まだエサが入ってないときはピィ~と大きな声で叫び、エサを要求するほどでしたcoldsweats02

Img_6532

*昨年の今頃の様子はこちらです。

【独り言】
今年のお年玉年賀状の当選はたったの1枚でした。毎年3,4枚は当たっていたのに!
ツキのない1年なのかもしれませんねsign02

Img_6492

2013年2月17日 (日)

強健で年中楽しめるアジュガ(ベランダガーデニング)

昨年、半日陰場所の緑化としてアジュガラブラドリカを初めて植えてみたのですが、成程どちらも強い。園芸書に半日蔭場所に薦められてある通りでしたbook

Img_6520

アジュガは繁殖力旺盛で瞬く間にハンギング内いっぱいになりました。庭植えだとどうなるのでしょうか、見事でしょうねsign02

Img_6522

ベランダでは半日陰場所が多いのでそこでも育つ植物を探すのですがなかなかピッタリのものが見つかりませんでした。

Img_6523

アジュガは更には夏の暑さにも冬の寒さにも強く(ここでは氷点下に下がるのは年2,3回位です)、冬でも葉が枯れずに赤紫色に変化するなど1年じゅう楽しめますnotes

Img_6524


そろそろ暖かくなって欲しいですねsign02
越冬中のアメリカンブルーは寒さに震えあがっていますがまだ生きていますよ。
晴れの日中はベランダに出して夜は室内に取り込んでいます。
(やはり5℃以上が条件のようです)
Img_6525

先日の雑貨の周辺に更に小物を添えてみました。

Img_6515

2013年2月16日 (土)

つるバラが芽吹き始めました(ベランダガーデニング)

小豆色の新芽を覗かせたので葉摘みをしたばかりと思っていたらいつの間にか芽吹き始めていましたbud
Img_6508

南向きベランダの東側壁に絡ませているサマースノーなのですがこの寒い中元気いいですrun
ひょっとして今年は植え替えてやった新しい土が気に入ったのでしょうかsign02
そうだとしたら寒い中で誘引しなおしたり苦労した甲斐がありましたgood


Img_6504

限られたスペースでつるバラを楽しむことに随分悩みましたが、今となっては困難なこともありますがガーデニングが一層楽しくなりました。出来る範囲でつるバラに挑戦してみたくなりましたhappy01
Img_6505

西側の壁際に絡ませている春がすみサマースノーのように芽吹いていませんがこれからベランダに出る楽しみが増えましたeye
Img_6507

昨年以上の花が咲いてくれることを妄想し始めましたcoldsweats01

2013年2月15日 (金)

クレマチスの土増し(ベランダガーデニング)

一昨年に土増ししたクレマチス3種を今年も土増ししてみました。
表面のバークチップを剥いだり表土を取り除くことで害虫などが越冬することを防ぐと共に栄養分が無くなった土を入れ替えることで栄養豊富な培養土にして元気な苗に成長してもらうためです。
クレマチスを野菜プランターに植え付けて背の高いラティスに絡ませているので何とかしようと私なりの苦肉の策なんですhappy01
その成果か一昨年は特別に沢山花が咲きました。(次の画像も)

Img_2348

年々大きく生長する宿根草を見るのが楽しみですeye
このプランターのクレマチスも古い株は10年以上になり茎径も1㎝以上にもなります。

今回も同じ要領で土増ししました。

Img_6468


①バークチップを取り除く

Img_6470


②表土を数㎝程度掘り起こして古い土を取り除く

Img_6472


③新しい土を足す(赤玉土6、腐葉土3、パーミキュライト1に緩効性肥料を適量)

④水をたっぷりやって終了

Img_6482

一昨日買ってきた小物雑貨をいろいろと配置してみました。仮置きしては離れて見ながら最もマッチングしそうな場所を探してみました。この時が結構楽しいnotes
今は植物との風景マッチングを見ることができないので残念ですがそれはまた春が来てから見直すことにします。

Img_6490

2013年2月14日 (木)

スノードロップが次々と(ベランダガーデニング)

スノードロップが次々と咲いてくれそうですnotes

背が低い花茎に1輪だけが提灯をぶら下げたように下向きにひっそりと咲く姿は特別なものがあり、一度見てからすぐに惹かれてしまいました。
Img_6443

Img_6444

球根を植えっ放しにしていますが、数が減ってくると新しい球根を足しています。
群生する水仙のように纏まって咲く姿が似合うだろうと今回は密に配置して植えてみました。
Img_6437

Img_6459

Img_6464


陽射しが強くなってきましたsun
春も近くなってきたのでしょうねぇsign02
オキザリスも黄色く色付いてきましたよnotes
Img_6466_2





【独り言】

昨日、雑貨を4点買ってきました。
ベランダサイズに合ったものを探したのですが大きいサイズは沢山あるのですが小物となるとなかなか見つかりませんでしたcoldsweats02
雑貨は植物を引き立たせてくれたり、立体感や動きを出してくれるのでベランダの各所に配置しています(あくまでも引き立て役に徹するように気を遣っています)

Img_6461

2013年2月13日 (水)

色を添えてくれる葉ボタン(ベランダガーデニング)

12月中旬頃から色付き始めた2年生葉ボタンは間延びしているのですがそれなりにいい感じになってくれました。
正月用の花として重宝される葉ボタンですが寂しくなってくる冬のベランダに色を添えて明るくしてくれますshine
Img_6458

Img_6453_2

このプランターに一緒に寄せ植えしているアリッサム、ジュリアン、シロタエギクの全てが暑い夏を乗り越えて再び冬を迎えてくれました。

Img_6454

姿形が乱れてしまいましたがこうやって共に長生きしてくれることは嬉しいですuphappy01
(同じような環境を好む植物を寄せ植えしておけば共に長く生きてくれるので楽しめますgood

Img_6452

葉ボタンはプランターから乗り出したような姿になりましたがをおどけたようにも見え滑稽な感じもします。
このように踊っているような姿になることが分かっていたら矮性植物を傍に植えておけばよかったとちょっと後悔していますshock

2013年2月12日 (火)

役に立ったテーブル(ベランダガーデニング)

20年以上も前に台所の物置用として購入したテーブルですが、その後の引っ越しなどで我が家では不要となりアチコチで活用されていたのですが、何年か前にタイミングよく我が家に舞い戻ってきたんですよgood
Img_6403

今の集合住宅でベランダガーデニングを始めてから壁際のトレリスなどがやっとうまく収まり、次はスカスカ状態のベランダの中央部の空間を仕上げてみようと思った時にテーブルが戻ってきた(不要となり出戻りthink)ので活用してみようとpencil
ベランダガーデニングに合った椅子探しに奔走したことをよく覚えていますcoldsweats01

Img_6379

ベランダ中央部にテーブルをセットするだけで雰囲気が随分違ってきますねsign02
置いてみたときの感動を今も覚えています。私なりにベランダがステップアップしたような気分になりましたsmile

Img_6447_2

テーブルは多肉植物の寄せ植え時の作業台になったりミニバラなどの置台として活躍しています。
今はテーブルの有難さなどすっかり忘れて当然有るものとして過ごしていますが時には感謝しないといけないですねhappy01

2013年2月11日 (月)

ヘンリーツタの植え替えと剪定(ベランダガーデニング)

すっかり落葉して休眠期に入っているヘンリーツタの植え替えをしました。
小さなプランターに入れてハンギングしている(春から秋)ので栄養分を消費して根も張っていることが予想されるので頻繁に植え替えした方がいいでしょうねsign02

Img_0917_2

昨年も植え替えたのですがたった1年でこの根の回りようですよsign03
この状態でもう1年待つと根腐れしてしまうかもしれませんね?

Img_0921_2

ヘンリーツタは生育旺盛な植物だから鉢を大きくすればかなり大きくなりそうなのでハンギング場所に合った大きさにしたい為に鉢増しもせず思い切った剪定を繰り返しています
昨年も植え替えしました(4月上旬)

根鉢を3分の2程度にして赤玉土2、腐葉土1の割合に緩効性肥料を適量混ぜた新しい土に植え替え水をたっぷりやって終了です。

Img_0923_3

ついでに長く伸びた枝と弱った枝を剪定しておきました。

Img_0925_2

1年間葉の変化や花そして実まで付けて四季折々変化するヘンリーツタを今年も楽しみたいですsign02

2013年2月10日 (日)

冬のハツユキカズラ(ベランダガーデニング)

ハツユキカズラ5月の開花期間夏後半にピンク色や白色に発色する頃が最も好きですが、その後も紅葉したり、更には冬になると全体が真っ赤っかに変化したりと飽きませんeye(これから緑葉に変化する様子もまた楽しですgood

Img_6430

花付きをよくしたり発色させるためには日光に当てることが基本のようです。(最近は品種改良されて発色や花付きもしやすいようですがwink
今の時期は水切れに注意しています。寒い日が続くとつい忘れがちになる水遣りですcoldsweats01

Img_6435


Img_6376

2013年2月 9日 (土)

冬のベランダ(ベランダガーデニング)

冬のベランダは寂しい。
しかし、それなりの風景を楽しめると過ごし方も違ってきます。

ガーデニングを始めてからこの冬の過ごし方が一変しましたhappy01
「寒い、寒い」と部屋に閉じこもって春の訪れをひたすら待っていた生活スタイルから、毎日変化のあるベランダに出て元気をもらい、更には積極的に外出するようなスタイルに変わりましたrun
物事に対するとらえ方も前向きに変わったように思いますcoldsweats01

Img_6360

ベランダには年間を通じて楽しめるように宿根草や常緑樹を基本的に育てています。そして、季節のアクセントとして1年草を目につく場所に植えています。落葉したりして剥き出しになる箇所は雑貨を配置して空間演出をshine

Img_6383

東側ベランダは1年中ハンギングしているツルニチニチソウ黄金カズラの寄せ植えやメイン花壇のビオラが緑や赤紫色で色を添えてくれています。クレマチスつるバラが日ごとに新芽を大きくしているようで春がやってくるのが楽しみです。
Img_6419

Img_6414

Img_6417

クリスマスローズも花芽をふっくらと膨らませた古株や新しく我が家にやってきて環境を好んでくれた若い株が元気よく生長する姿を観察しているとベランダに出る楽しみもありますeye
Img_6423
Img_6422

スノードロップが咲いたり、宿根草ネメシアが新芽を出し始めるのも冬の今のベランダです。水仙はもうすぐ咲いてくれそうです。
Img_6424
Img_6425Img_6431


Img_6433

2013年2月 8日 (金)

ミニ台をDIY(ベランダガーデニング)

今朝は特別に冷え込みましたcoldsweats02 今冬、最も寒かったとのことsnow
日本海側は大雪、暴風と荒れているようですtyphoon

DIYというほどの作業ではありませんが残材を使ってミニ台を作って多肉植物や雑貨を置いてみてはと挑戦してみました。ミニ台そのものは簡単にできたのですがその固定方法に悩みましたthink
仕切りボード前なので大きな固定物は禁止であり、軽量なものを簡単にと…勿論、台風や地震時に落ちないようにと工夫はしましたよgood
Img_6351

この設置個所は私が前々から気になって仕方なかった所です。
植栽の連続性をもたせた立体的なエリアにならないかといろいろと検討を重ねてきましたpencil
Img_6344

少しずつ改善出来たようには感じるのですがなかなか難しいですねhappy01
アーチに絡んでいるモッコウバラが葉っぱで茂ってくれるとイメージに合った景観に近づいてくれるでしょうsign02

作業が午前中かかってしまい体が冷え切ってしまいましたshock
コーヒーでも飲んで温まりましょうcafe
Img_6348

2013年2月 7日 (木)

新枝咲きクレマチスの剪定(ベランダガーデニング)

まだ寒い日が続いていますがガーデニング作業もいろいろとやっておかないといけないことがありますrun

今日は新枝咲きクレマチスの剪定をしました。
1本苗は根元からのカットした方が地際から新しい芽を出しやすいと推奨されていますが小さな芽が付いているのではないかと思われる節の上部から(3,4節部分から)剪定してみましたhairsalon

Img_6333

新枝咲きであるテキセンス系の「グレイブタイビューティ」、インテグフォリア系の「篭口」そしてビチセラ系の「ベノサバイオレシア」は冬は地上部の大半を枯らして春になって新たに伸びた枝に花を咲かせることからの処理だそうですbook
1月上旬から2月上旬の間に剪定することが薦められています。
(これらの新枝咲きクレマチスはまだ2,3年前に植え付けたばかりなので園芸書等の基本に従っていますdog

折角、天井近くまで伸びたので勿体ない気持ちもしますが枯れた蔓を残したままでは見苦しいので切って始末した方が良さそうですshine

Img_6332

春になるとグングンと蔓を伸ばすので期待しましょうhappy01

その他の旧枝咲きのクレマチスなどはパーゴラなどの高い場所で既に大きな蕾を付けたり新芽を伸ばしていますbud
Img_6334

部屋の中に移動した観葉植物やサボテン類はぬくぬくしているのですが、クレマチスやバラなどは厳しい寒さの中で耐えなければなりません。ちょっと可哀想な気もしますがこの寒さがなければ春の陽気でスイッチが入らない植物だけに頑張ってもらいましょうsmile
Img_6266

2013年2月 6日 (水)

ステラが大きくなりました(ベランダガーデニング)

Img_6327_4


毎年冬の花として育てているステラ(バコパ)
今年もプランターからこぼれんばかりに広がってきました。
冬の寂しいベランダに少し生きた空間を提供してくれます。表土がむき出しになりがちなこの季節に緑で被ってくれると潤いが出てきますclover

Img_6318

小さな白い花もいいですねsign02 

Img_6324

ひょっとしたら気付かないまま終わってしまうかもしれないような存在感を主張できない小さな花ですが一面にバランスよく金平糖のよに見える花が点在する姿が好きです。
空間をうまくまとめてくれる姿がとても気に入ってますgood

Img_6311

多年草なのですが夏越しがうまくできませんcoldsweats02 
ベランダでは難しいほど華奢な植物なのでしょうかsign02
適当に摘心しながら開花期を楽しんでいますhairsalon

Img_6310


もう一つ冬のベランダで潤いを与えてくれる寄せ植えです。
ビオラヘデラ、エリゲロンの寄せ植えでちょっと粗野な感じが気に入ってます。
Img_6328




Img_6329

2013年2月 5日 (火)

クレマチスへの施肥(ベランダガーデニング)

クレマチスの栄養補給をしてやるために今日は「固形油粕と骨粉」をやりました。
各蔓の根元周りに3か所ほど穴を掘って肥料を埋めるのです。
Img_6291

Img_6296

これからゆっくり効いて健康な蔓・葉・花を形成してくれることを期待しながらついでに土表面を耕やしておきましたhappy01

鉢植えの植物は鉢内の少量の土だけから栄養を摂らざるを得ないので水・肥料・酸素・光などをうまく調整してやらないと丈夫に育ってくれません。そのためには2,3年おきに植え替えもする必要があるようですね(植え替え出来ない鉢では部分的に土を取り替えています)
Img_6299

Img_6302

休眠期には肥料を遣らないのが基本ですがゆっくり効く肥料は植物に優しく負担も少ないようなのでタイミングよく施せば活動期に入ってからの成長度が違うようですgood

施肥しながら株元などを覗いて見るとたくましい新芽が出ているとこの上なく嬉しいものですnotes
Img_6298

Img_6294

2013年2月 4日 (月)

ベランダでよく育つゼラニウム(ベランダガーデニング)

私がベランダガーデニングを始めた頃、ゼラニウムの性質を十分知らないままアイビーゼラニウムをハンギングしたところ、夏の暑さにも冬の寒さにも強く10年以上も生き続けてくれましたscissors
ベランダで生き生きと生き続けてくれる花の一つであることが分かり、それ以後はいろいろなゼラニウムに挑戦してきましたhappy01Img_6283

今はもみじ葉ゼラニウム、ペラルゴニウム・カリエンテ、ペラルゴニウム・シドイデス、四季咲きゼラニウム(名前不明coldsweats02)など4種類のゼラニウムがベランダで育ってくれています。
Img_6273

Img_6290

全てのゼラニウムが暑さ寒さに強いわけではなく、夏の高温多湿が苦手なもみじ葉ゼラニウム、寒さが苦手な四季咲きゼラニウムはそれぞれ夏、冬には涼しい場所や室内に避難させています。
Img_6286

Img_6287

ゼラニウムは葉っぱの模様や紅葉も楽しめるので1年中ベランダで存在感があります。
今の時期は思いっきり乾燥気味に育てています。水切れさせない程度にです。


【独り言】

昨日、日曜日の夜に家族が誕生日を祝ってくれましたbirthday
誕生日はまだまだ先なのですがスケジュール合わせで昨日が都合よいとのことで神戸・三宮に出掛けました。久しぶりに神戸の夜景を観ながらひと時を過ごしましたhappy01

Img_0909

 

2013年2月 3日 (日)

すっきりした花のブルーデージー(ベランダガーデニング)

12月に沢山咲いたブルーデージーが再び活発に咲き始めました。
蕾も沢山付けているのでこれから楽しみです。

Img_6255

昨年秋に寄せ植えしたのですが、長い間花を楽しめていますscissors

Img_6276



Img_6278


すっきりした青の花びらと黄色の花芯のコントラストが冬空に映えます。

Img_6253

ブルーデージーは夏の高温多湿を乗り越えれば翌年も沢山の花を咲かせてくれます。長年、生き延びると木質化するほどに成長しますcoldsweats01
春の開花期が終わった後、風通しをよくするように切り戻しをして涼しい場所に置いておけば大丈夫なようです。

【独り言】
1月11日の寒い日にベランダのビオラ鉢に頭を突っ込んで震え上がっていた殿様バッタを虫かごに入れて保護しているのですが、暖かい日はエサのレタスを食べているようです。
狭いかごの中ですが外の寒気の中で過ごすよりも家の中の方が少しはましでしょうsign02
もう1ヶ月くらい生き延びてくれれば春の緑の中に解放してあげられるのですが…happy01

Img_0899

2013年2月 2日 (土)

ミニバラもスタート(ベランダガーデニング)

ミニバラの新芽がはじけ、葉を形成し始めました。これから小さな葉っぱが次々と枝についていきますbud 付けてくれるでしょうsign02

Img_6249

Img_6252_2

このミニバラ昨年の今頃にモス鉢に植え替えたのですが、すっかり環境を気に入ってくれたようです(モス鉢も苔が付着したりしていい感じになってきました)
以前、園芸書にミニバラの寿命は数年間と書いてあったのを記憶していたので我が家のミニバラも数年以上なので老体かなといつ「お別れ」するのかと気になっていましたcoldsweats01

Img_6246

しかし、最近園芸研究家のミニバラの解説の中で10年以上も育てていてまだ沢山の花を咲かせていると書いてあったので管理をしっかりすればかなり長生きする植物であることを知りました。そしてまだまだ楽しめると分かって安心しましたhappy01

Img_6262

ミニバラは日光を好むので1年中ベランダのテーブルの上に置いて日光浴させています。
(真夏の直射日光や西日は嫌うので避けるようにしています)
乾燥気味に育てるために表土が乾いてからタップリの水遣りを基本にしていますgood

【独り言】
一昨日、今シーズン初めてのスキーに行ってきましたski
週末の天気が悪い予報だったのでその前にと出掛けましたが、3月中旬並みの陽気とあって汗が出るくらいの暖かさでした。
 

最近はシルバースキーヤーが増えたとのニュースを聞いていましたが、兵庫の山でもそうでしたcoldsweats01
昨年までは寂しい平日のゲレンデでしたが、見るからに私よりも年上のスキーヤーがたくさん。リフトで一緒になった人は72歳で1時間半かけて一人でやってきたとのことでこれまでは釣りを楽しんでいたがもう一度スキーをしてみたくなってのことでした。
 

小中学校のスキー教室でやってきた団体も多くて何年振りかで賑やかなゲレンデを経験することができました。まだまだリフト待ちとまではいきませんがshock
もっともっとスキー人口も増えて賑やかになって欲しいものです。

2013年2月 1日 (金)

活動開始したクローバー(ベランダガーデニング)

ブロガーさんに頂いたクローバーが丸2年経過しましたが今シーズンも活動を開始して茎から小さな葉を湧くように出してきました。

Img_6234

暑さにも寒さにも強い植物ですね。そして肥料も殆んど要らないたくましさがあるようです(繁茂させるには肥料が必要かもしれませんが、私のようにあまり大きく生長して欲しくない場合には要らないことが分かりました)

Img_6239

これから本来の大きさに成長してワサワサ状態になってくれるのが楽しみですshine
我が家のベランダにやってきてからは5月の中ごろになれば数個ですが花を咲かせてくれます。

大きくなったら株分けして増やそうと思っているのですが、冬になるとヒョロヒョロと茎だけの頼りない姿になってしまうので何とか生き延びさせようとするのが精いっぱいですhappy01

Img_6242

昨日は春を思わせる暖かい日でしたねsign02
その影響でしょうか、土中から出た芽が一気に伸びたようです。これがこれからの寒波に遭って枯れないことを祈るばかりです。

Img_6238

Img_6237

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ