« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

今年も咲いたツルニチニチソウ(ベランダガーデニング)

何度書いたことでしょう?「今年も咲いた」と。
私にとってはそれ程嬉しいことなんですcoldsweats01

Img_7422
*画像はまだ開き始めたばかりの状態です。日中に明るくなると全開すると思いますsun

何年間も日照や水遣り、肥料、剪定時期などいろいろと試しながらどうにかして花を咲かせようとしたのですが成功しなかったものの数年前から突然咲きだすとそれ以後は3月下旬頃から咲いてくれるのです。

Img_7423


澄み切ったブルーの花と花芯部の五角形の凹みがすごく気に入ってますgood
諦めずに継続することの大切さをツルニチニチソウから学びましたmemo

直射日光が当たらない場所に置いていますが、花を咲かせるようになってからはこの場所でも毎年咲かせていますgood

Img_7419


Img_7421

今日で3月も終わり、明日から4月ですねcherryblossom
ベランダも見る見るうちに緑が増えてきました。特にクレマチスの蔓が伸びてトレリスを覆っていってますclover

Img_7432

Img_7430


【独り言】

昨日、京都・大阪での満開宣言!
前日までの新聞情報ではほとんどの名所で確かに「つぼみ、咲き始め」とあったのに突然、満開とは。
わざわざ遠方から名所に出掛ける人はいろんな情報をウォッチしながら花見するならいつがいいかを決めるのでしょうが今年は予定が狂った人が多いことでしょうsign02
私も昨日出掛けてみて知りました。「咲き始め」とのことなので期待半分でしたが、絶好の花見日でしたsunラッキーでしたshine

住宅周辺のもやっと満開に近づきました。ユキヤナギもきれいです。
Img_7426

2013年3月30日 (土)

京都に桜を見に(ベランダガーデニング)

夕刊に載っている”桜だより”では関西地方はつぼみや咲き始めでしたがTV中継を見ているとかなり開いている様子だったので急遽京都に桜を見に出掛けましたtrain

昨年と同じで清水寺に。コースは八坂神社⇒円山公園⇒知恩院⇒ねねの道⇒二年坂⇒産寧坂(三年坂)⇒清水寺です。

休日とあって人、人、人で産寧坂(三年坂)や清水寺では渋滞するほどでしたcoldsweats01
それでも真っ白な桜の花を堪能出来て満足、満足です。四季のある日本は本当にいいですね~!

円山公園のしだれ桜

Img_7349

知恩院、三門

Img_7354


Img_7365

ねねの道から
Img_7368

昼食をとった産寧坂(三年坂)の休憩所で。
Img_7376


Img_7389

清水寺
Img_7395


Img_7403


帰りの電車の四条河原町駅のすぐ近くで最後の撮影camera
Img_7418

昼食と最後の休憩所での甘いもの。
Img_7377


Img_7410

2013年3月29日 (金)

日陰場所を生きた空間にしてくれるユキノシタ(ベランダガーデニング)

姫リンゴのグランドカバーとして植えたユキノシタも丸6年になります。

Img_7331
*日陰場所に置いているので逆光となるので場所移動して撮影しましたcamera


春先に花を咲かせるのですが見たことがありませんshock
日陰を好む植物ですが、全く日に当たらないと花芽をつけないらしいsign02
やはり環境条件を整えてやらないと植物の成長もそれなりになってしまいますねcoldsweats01
Img_7326


でも、このユキノシタはこの場所では丁度良い大きさになるので気に入ってます。
大規模改修工事のときにもう少し日が当たる場所に避難させていたときは凄く成長して鉢の中いっぱいに大きな葉を広げてしまいました。まったくバランスの悪い容姿になりましたcoldsweats01
Img_7336

冬は2,3か所に小さな葉を残した状態になり、暖かくなってくると鉢内をバランスよく広がってくれます。やはり、ほどほどがいいですねscissors

肉厚の葉っぱの色合いや葉脈を楽しめそして日陰場所を生きた空間に変えてくれるなどベランダガーデニングに役立つ植物のひとつです。
Img_7337


Img_7336_2


この鉢の主役、姫リンゴはつい先日に新しい芽を出したのですが、もう蕾を付けました。
あの純白の花はリフレッシュな気分にさせてくれます。毎年4月20日前後に開花します。
Img_7332

2013年3月28日 (木)

初挑戦のその後(ベランダガーデニング)

昨年初めて挑戦した植物たちも暑い夏、そして厳しい冬を経験してほぼ1年経過しました。
ベランダの環境条件を考慮して選定した植物たちですが(少し無理もしましたが)うまく育ってくれるかどうか不安を抱きつつチャレンジ精神で挑戦しましたpig

①ウォーターマッシュルーム (植え付け時の様子はこちら
Img_7297


メダカ鉢に姫睡蓮の代替えとして入れてみたのですが、生育には全く問題ありませんでしたscissors 
かなり頑強な水生植物で年中常緑を保ってくれるので水面が少し生きた感じがします。アブラムシが発生したこともありますが、歯ブラシで擦って水面に落としてやるとメダカが喜んで食べにきますfish たまには違ったものを食べたいようです。
Img_7292

姫睡蓮を育てるにはベランダでは日照時間が足りないようでしたcoldsweats02


②ビオラ・ラブラドリカとアジュガ (植え付け時の様子はこちら

Img_7282

日陰場所にも緑をとハンギングに寄せ植えしてみました(年中、直射日光は殆ど当たらない場所ですが明るい場所です)
どちらも生育旺盛で特にアジュガはみるみるうちにハンギングバスケットを這うように全面にひろがりました(庭で植えるとかなり繁茂するでしょうねsign02
Img_7302


③ヘリクリサム・シルバーキャンドル (植え付け時の様子はこちら
Img_7290

衝動買いした花ですが、特徴的な蕾と花を長い間観賞できましたnotes
中心部が枯れた少し見苦しい姿になりましたがシルバーリーフは1年を通して楽しめます。
今はミニブリキジョウロを覆いかぶさるように生育しました(冬前にかなり短く刈ったのですがかなり伸びました)
Img_7287

④コクリュウ (植え付け時の様子はこちら
Img_7299

日陰でも育つ植物と言われるので我が家のベランダで最も日陰となる場所に寄せ植えしてみました。耐寒性、耐暑性があり、高温多湿にも強い植物なので気を遣わなくても済む植物のようです。
生育旺盛ではありませんが、寄せ植えのアクセントとして重宝する植物のようですgood
Img_7301

Img_7323



以上5種とも半日蔭でも十分に育つ植物であることが分かりました。
これからの寄せ植えやベランダのレイアウトに生かしたいと思っていますpencil

2013年3月27日 (水)

長く楽しめるブルーデージー(ベランダガーデニング)

このブルーデージーは花期が長いですね!
昨年11月に寄せ植えしようと植え付けたのですが12月中旬頃まで咲いて一旦終わったかと思ったもののすぐに蕾を付け始めて2月には再び開花を始めました。

Img_7252

そして今度もブルー系の花どうしで競演ですが前回のコラボに参加出来なかった
ビオラ・ラブラドリカとです。

Img_7246_2


シャキーンと伸びた茎の先端に花を咲かせるブルーデージーとその下でまとまって咲いているラブラドリカの花、コンパクトにまとまった姿が気に入ってます。

両方ともこんなに沢山の花が咲いてくれるとは予想しませんでしたhappy01
ブルー系は気持ちが落ち着きますねsign02

Img_7248

壁際も段々と緑が増えてきました。クレマチスつるバラが勢いよく葉や蕾を増やし始めました。誘引作業が忙しくなりましたrun

Img_7251

Img_7286



やっぱり、カタクリの芽でした。

Img_7240


先日のムスカリの際から出てきた二つの芽(画像の右側のふたつ)がカタクリである確証がなかったのですが、昨日3っつ目の芽(左上)が出てきて思い出しましたeye
繁茂していたムスカリの一部をかき分けてカタクリを植えようとしたのですが、芽が出てきたときに葉っぱが重ならないようにと4隅に植え付けたことを
ちょっとひ弱な感じがするのですが花が咲いてくれるでしょうか?
毎朝、覗き込んでチェックしていますsmile

2013年3月26日 (火)

春の訪れを知らせるクローバー(ベランダガーデニング)

Img_7232

春の訪れを感じさせてくれる植物のひとつ、クローバー2月上旬に活動開始してからあれよあれよと茎・葉を増やしてふさふさ状態になりましたbud

Img_7225

冬の間は地上部の大部分を枯らして頼りない姿になりますが、地下茎でしっかり生命維持をしているのですねsign01
クローバーは寒さに強いのですが、夏の暑さに弱いようです。
なので、半日蔭となる物置の上に置いて楽しんでいます。

Img_7226

ベランダの限られたスペースでガーデニングを楽しむためには植物の性質を知り、環境条件に合った植物を選定すると長い付き合いが出来ることを知りました(当然のことですねcoldsweats01
このクローバーはブロガーさんにいただいたのですが我が家の環境に合うか最初は不安でしたconfident

クローバーは細い茎と三つ葉の姿・形そして最近は葉の色・模様もいろいろなものがあって楽しいですねsign03

Img_7228

もう少しすると蜜蜂もやってきて、その光景をみると春のルンルン気分になりますnotes

Img_7236

ベランダも段々と春の装いになってきました。
2年目ジュリアンもしっかり花を咲かせ始めました。
Img_7222

ムスカリもすっかり色付いて存在感を示すようになりました。

Img_7215

今日は春の陽射しを存分に浴びて嬉しそうsun。ちなみに明日は雨予報shock
Img_7239





2013年3月25日 (月)

ビタミン剤を連想するクンシランの蕾(ベランダガーデニング)

ありました、ありました。クンシランの蕾が。
毎年、晩秋の冷気に当ててからビニル袋をかぶせて冬を越させているのですが今年も袋の中を覗いてみて蕾を発見しましたeye
鮮やかな橙色の花が咲いて春の元気をもらうのでこの蕾を見るとビタミン剤を連想してしまいますrunhappy01

Img_7202

冬の間は殆ど水遣りもせずにひたすら春の訪れを待つのみなんですよ(冬の3か月の間で暖かい日が続く予報があるときに1,2回水遣りをする程度です)
葉っぱが凍傷に遭わないかとビニル袋の外から心配しながら3月下旬まで生き続けてくれることを願っているのですcoldsweats01

Img_7207

毎年3月下旬に橙色の鮮やかな花を咲かせてくれるのでビニル袋を取り除くこの時が楽しみです。
去年は28日に開花しました。

このクンシランは冬前の寒気に当てないと花芽が付かないようなんですよ。過保護にすると春にガッカリするのでそのためにも忘れずに寒気に当ててから防寒対策していますdanger

Img_7208

クンシランは東側のベランダでサボテン類など寒さに弱い植物たちと一緒に冬越しさせています。そろそろビニール袋を取り除いてやろうかなと思ったところですが今朝は冷たい北風が吹いているのでもう少しこのままで。
下方のミニ菜園ではイタリアンパセリ、ミツバそして鍋料理に間に合わなかった水菜、春菊は元気に生育していましたcoldsweats01

Img_7210

2013年3月24日 (日)

3月下旬のクレマチス(ベランダガーデニング)

冬の間、錆びた鉄線のような状態だったクレマチスは3月になると目を覚まし一気に活動期に入りますrun
早咲き、遅咲きとタイプがあり、3月下旬には既に大きな蕾を付けているものがあるかと思えばやっと土中から芽を出したばかりのものもありますbud

Img_7178

インテグフォリア系「篭口」は株元まで強剪定したら土中から新たに芽を出しましたbud
これから昨年同様、2m上方の壁まで這い登ってチューリップ咲きの花を咲かせてくれるでしょうsign02


Img_7184

今朝、突然新たに新しい芽が二つニョキっと出てました。合計3本の蔓がこれから登ってくれると思うと嬉しいですねhappy01
Img_7199

古株のHFヤングは大きな株になったこともあり、あちこちから新芽を出してトレリス全面に広がるようになりました。ベランダ天井に届くほど高い場所まで蔓を伸ばしています。
蕾も多数形成しています。

Img_7179


2012年に計画した高所緑化も今年は理想にかなり近づけそうです。
高所壁には6品種のクレマチスを候補に挙げて挑戦します。昨年はどうにか3品種が到達、やっと手が届いた状態でした。
今年は壁面に広がって沢山の花を咲かせてくれるのが目標ですmotorsports
(日陰場所で蔓が3mを超えるまで伸ばすのはハードルが高いでしょうか?coldsweats01

Img_7183

蔓をトレリスに張り巡らしたり、ユーカリに絡ませたり、パーゴラに懸垂させたり、壁を背景としたりといろんな姿のクレマチスが見られると思うと蔓の誘引作業も楽しくなりますhappy01

フロリダ系の「紫子丸」は昨年初めて咲いたのですが鮮紫色の八重咲きの豪華な花で花期も長く気に入りました。多花性なので一帯が賑やかになりますflair

Img_7180

同じ多花性の「ロマンチカ」は黒っぽい紫色の花で背景の黄色壁とのコントラストが気に入ってますgood

Img_7181

ベランダ西側に設置しているパーゴラにはモッコウバラとの競演を楽しめる白〜薄紫色のポンポン咲きのベルオブウォーキングが10個余りの蕾を付けて準備しています。
モッコウバラももう数日の晴れが続けば開花しそうです。

Img_7188

Img_7195

その下方にはベルオブウォーキングに引き続いて開花する赤紫色(花芯は黄色)のMEアンドレが土中から数本芽を出してグングンと蔓を伸ばしています。

Img_7190

この春に新たに買ってきた苗3種は順調に根付いているようです。
花を咲かせてくれるものもあり、まずは蔓を伸ばそうとする品種と様々です。

Img_7192

Img_7176


花の中心に絞りが入ったように白い模様のベノサバイオレシアはであまり主張し過ぎない大人しい感じの花なので気に入ってます(外側は赤紫色です)

Img_7186

花そのものにそれぞれ個性があって色・姿・形を楽しめますが、相性のいい花木を見つけてコラボレーションを楽しんだり、DIYしたり雑貨などを採り入れて自分好みのシーンを演出する空間創りを楽しんでいますnotes

2013年3月23日 (土)

今年も楽しめます。木苺、山椒の花(ベランダガーデニング)

木苺は一昨年春に植え替えてからはしっかりとした苗に生長しました。
新芽を覗かせてからの勢いは凄いものがあります。
今年も葉を広げ始めてもう蕾を形成しているほどです。

Img_7121

木苺の花は洗い立ての木綿のような柔らかい感じがしてほんわか気分にさせてくれますok

Img_7126


隣の山椒の木もそれと分かるような葉を形成しました。

Img_7124

今の時期、山椒は少し触れるだけでいい香りがします。狭いベランダを行き来するときに衣服が山椒に触れると後から山椒の香りがプ~ンと追ってきます。

Img_7128

東京では今日、桜が満開だとか!早い!!
ふっくらと蕾が膨らんで「いつ頃開くだろうか?、花見はいつ頃がいいだろうか?」と日常会話を交しながら過ごすのが春の楽しみのひとつでもあるのですがhappy01

今朝、アメリカンブルーの旧葉を取り除いてやりましたhairsalon
つい先日はまだ早いだろうとはやる気持ちを抑えて4月になるまで我慢しようと決めていたのですが、こんなに早く桜が咲くこともありもう冷え込むこともないだろうと(気象予報でも5℃以下はないようなので)決行しました。

Img_7175

旧葉を取り除くと新芽がしっかり出ていることが確認出来ましたeye
しっかり冬越し出来たようです。嬉しいですね!

2013年3月22日 (金)

可憐な花、スミレ(ベランダガーデニング)

ブルー系の花の投稿が続きます。

「春の花」をイメージすると思い浮かぶ花のひとつに「スミレ」があります。

Img_7143

スミレと言えば小さい頃に走り回った野原でよく見かけていたような気がしますが最近の郊外の集合住宅生活ではそのような光景に出合うことがありませんdown

Img_7145

宿根草ビオラ・ラブラドリカは懐かしい光景を少し再現してくれるかなと思い手に入れました。
耐寒性があって日陰にも強いラブラドリカはベランダで育てやすいのではないでしょうかsign02
派手でなく大人しい性格なので私好みの花です。
深みのある緑の葉っぱとブルーの花のコントラストがなかなかいい感じですgood

Img_7137

グランドカバーとしても役立つ花のようです。

昨年秋にブルーデージー、シルバーフォール、リッピア、サルビアと寄せ植えして今はブルーデージーと競演して楽しませてくれています。

Img_7166


土表面が乾いたら水をたっぷりやっています。先週緩効性肥料(粒状)を春になって初めてやりました。これからは1000倍希釈液肥を2週間に1回くらいやる予定です。

これからの暑い日にも耐えて欲しいです。

ベランダの植物の活動が活発で嬉しくなってきます。
アケビ、姫リンゴも新芽を出し、ベルフラワーは花蕾を付ける気配です。

Img_7129


Img_7132


Img_7133

春らしい今日のベランダの様子を少しUPですcherryblossom

Img_7149

Img_7153

Img_7155


Img_7157


Img_7160


Img_7162

2013年3月21日 (木)

ムスカリが色付き始めました(ベランダガーデニング)

ムスカリ白い花茎を出してから10日余り、その穂状の花が段々と青色に色付いてきました。

Img_7102

小さな花ですが密にまとまって咲く姿が気に入っています(球根を掘り起こさずに植えっ放しにしているとこのようになります)

Img_7112

背丈も低いのでベランダではサイズ的にマッチングするし、強風にも強く好都合な植物のようです。

Img_7114

午前中の3,4時間しか日に当たりませんがよく育っています。繁茂し過ぎたのでこの春、少し間引いてやりました(クレマチスの根元を覆うほどになってしまったのでそれを防ぐためとカタクリの球根を植えるためにです)

先日発見した新芽はチューリップではないようです。カタクリの確率がUPですeye
(でも肉厚な葉なので少し違っているような気もするのです)

Img_7109


【独り言】

Img_7101


ヒヨドリ
がベランダにやってくるようになりましたchick
ビオラの蜜が美味しいのでしょうsign02 食いちぎってしまいます。
みかんをバードフィーダーにやるとそちらが美味しいのが直ぐにわかるのでしょう、花には目もくれません。
花をつついたり、物干竿に留まったりバードフィーダー以外の場所にとまったときは追い払います。
やがて、ヒヨドリはバードフィーダーに直接やってくるようになり、エサが無いときはすぐに去っていくようになりました(ビオラは食べなくなりました)
ヒヨドリもしつけをすると少しは分かるのかなsign02
昨年のヒヨドリはもっと賢くて感心するほどで楽しませてくれましたpass

2013年3月20日 (水)

満開のビオラ(ベランダガーデニング)

各地で桜が開花を始めたとのニュース。
ということは桜だけではなく他の植物達も早く活動を始めるのでしょうねsign02

Img_7087

4月中旬並みの気温だとか5月下旬並みの暑さだとか異常なほどの高温になることがありますup
寒さから逃れられることが出来る安堵感もありますが、ビオラなど暑い環境が苦手な植物が苦しむかと思うと可哀想な気持ちにもなります。

Img_7057_2

ビオラは今が満開なのでしょうsign03 
株がパンパンに張って花も重なるように咲きました。
毎朝かき分けて花が開きやすいようにしてやっています。
葉っぱが邪魔したりして存分に開ききらないまま終わってしまう花もあるので手助けが必要です。

Img_7060

Img_7063

こんなに急に暖かくなるとビオラの満開期間も短くなるのでしょうね?
あっという間に終わってしまって記録(画像)が残ってないとなると残念なので2013年のビオラの様子を撮っておくことにしましたcamera

Img_7066

Img_7068

寒い冬に元気をくれたビオラですrun
この冬は寒さに負けることなく、風邪をひくこともインフルエンザに罹ることもなく過ごすことが出来ましたhappy01
気持ち的にも暖色系の花をみると随分違いますsign01

Img_7079

Img_7081

これから春・夏の花にバトンタッチです。
ありがとう!ビオラに感謝ですshine

2013年3月19日 (火)

冬を越したアメリカンブルー(ベランダガーデニング)

昨日の春の嵐で(近畿はこれが”春一番”だったそうな)ベランダが荒れましたtyphoon
気持ちよさそうに新芽を伸ばしていたクレマチスなどは摑まる所を求めて必死の様子で下向きにやっと体勢を確保するものもあります。
このような強風に遭っても大丈夫なベランダガーデンにしたいのが目標のひとつです。
しっかり転倒・落下防止の措置をしたり、植物の被害を最小限に抑えるために誘引・固縛を心掛けていますscissors

Img_7050


何とか寒い冬を越すことが出来そうなアメリカンブルーの姿です。

Img_7034

根元付近に緑を残しているのが寒さに耐えて何とか生きている証です。
まだ、完全に乗り切った訳ではなくもう少し暖かくなる4月上旬までに緑を残してくれると完全クリアーとなるのでしょうがsign02

過去の実績から2年目アメリカンブルーは茎も大きく成長しているので夏からの花期にはより多くの花を咲かせるので魅力的です。鉢サイズの倍以上に広がってボリューム感たっぷりのアメリカンブルーとなるのが楽しみですnotes

最低気温が5℃を下回らないようになると枯れた部分をカットして姿形を整えます(待ちきれずに早く切り過ぎて失敗したことがあるのでここは我慢も必要ですcoldsweats01
そして追肥を与えて今年度のスタートですrun

今年はブライダルベールもいい状態で冬越し出来るみたいです。昨年はダメージが大きかったので生長するまでに時間がかかり、花が見られる期間が少なくて少し残念でしたdown

Img_7035

2013年3月18日 (月)

3年目を迎えたベルオブウォーキング(ベランダガーデニング)

今の時期のクレマチス・ベルオブウォーキング昨年と比べてみると格段に生長しているので嬉しくて、嬉しくてsmile

Img_7043

蔓は昨年新たに根元から出したものがしっかり生長したこともあり、節々から沢山の大きな新芽を覗かせています。

Img_7042

目標だったパーゴラまでには既に到達して縦横に蔓を広げています。

Img_7046

Img_7045

ポンポン咲きのベルオブウォーキング昨年以上咲いてくれることが今から楽しみですnotes
そしてモッコウバラとの競演がもう少しで見られそうですsandclock

Img_7049

【独り言】
公務員ランナー川内選手は凄いですね!
次々と出す記録も凄いけれどもその姿勢に。
成績に基づいて出される陸連からの強化費500万円やJSC(シポーツ振興会)からの個人助成金を断っているとのこと。
市民感覚からして彼の参加姿勢や記録から当然受け取っても納得出来るのですがそれをさらりと「陸上には金は要らない」と。
強化費で食事会、懇親会をしているスポーツ団体もあるというのにsad

マラソンの常識を破るような連続(休養期間のない)参加やゴールに入るまで死にもの狂いで走りこんでいる姿を見るたびに感動させられ、勇気をもらっていますrun
益々、応援したくなりましたhappy01

2013年3月17日 (日)

ベランダの白い花(ベランダガーデンング)

清楚で清潔感のある感じがする白い花はベランダの空気がクリーンに見える感じがするので好きです。リフレッシュ出来ますshine

Img_7016

Img_7013

また、白は他の黄色や赤や青い色などの花を一段と引き立たせる感じがするので数は少ないですが活用していますgood

Img_7019


今の時期のベランダには白い花としてアリッサム、ビオラ、ガーデンシクラメンそして花ではないですがシルバーリーフのシロタエギクなどがありますaries

Img_7041


Img_7040

もう少しすると小花のエリゲロン・プロフュージョンやオリーブ、大輪のクレマチスの月宮殿(ゲッキュウデン)やベルオブウォーキングやつるバラ・サマースノー が白い花を披露してくれます。

2013年3月16日 (土)

昨年ほどに咲いてくれるかな?ペラルゴニウム(ベランダガーデニング)

ペラルゴニウムという植物は強健で花もよく咲くので環境条件が厳しく沢山の植物を植え付けることが出来ないベランダで楽しむには良いようなので数種類を育てています。
(ゼラニウムも含めて)

Img_7008

このペラルゴニウムも園芸店で見事に咲いていたので衝動買いしてしまいましたcoldsweats01
他のペラルゴニウムは冬もベランダで過ごしますがこれだけは冬の寒さには弱そうなので室内に取り込んでいます。
時々、鮮やかな色の花を咲かせて鉛色の空が多い冬でも気分を明るくしてくれます。

Img_7001


Img_7005

秋に刈り込んで室内に移動させたのですが、冬の間に少し間延びして姿が乱れてしまいましたcoldsweats01
今年は昨年以上の花が咲いてくれることを期待しています。

昨年以上と言えば、セミダブルのクリスマスローズは昨年以上の花を咲かせてくれています。
葉ばかりが生長し過ぎてスタイルが悪くなっては困ると窒素系ゼロの液肥を遣っていたのですが効果はどうなんでしょう?その成果が今の姿なんでしょうねsign02

Img_7025


Img_7027

2013年3月15日 (金)

ひょっとしてカタクリの芽?(ベランダガーデニング)

昨年11月にカタクリの球根を4球植えたのですが、芽が出てこないのでひょっとして球根の上下を間違えてしまったかなと神経質になっていましたweep
(上下が分かりにくい変わった形をしていたうえ、説明表記もなかったので迷いながら植え付けましたdespair

3月になって土表面を手で触ってみるものの固いものには当たらずに諦めていました。
そんな状況の中、昨日密集ムスカリの際に何やら突起物が…eye
カタクリの球根を植え付けたと記憶する場所から少し離れているのでまだ何かはわかりませんがこれまでこの場所にはムスカリ以外には這えたことが無いので、ムスカリでないとなるとカタクリの可能性が最も大きいのですshine
(チューリップの芽にそっくりなのでひょっとしたら土に混ざって入っていたのかもしれないdanger そうだとしたらショックが大きいですshock

Img_6971

落ち込んでいた気持ちが一気に晴れ模様に変わりましたsun 単純な自分ですcoldsweats01
カタクリを育てるのは初めてなのでどのような経過をたどるのかは全く知りません。

Img_6976

カタクリの生長期間は短くて、3月に葉を出し4月になって花が咲くとすぐに終わってしまうらしい。
この期間に球根に栄養を蓄えなければならないので連続で花を咲かせることが難しい植物だとのことです。葉っぱが残っている間にいかに栄養を補給してやるかがポイントですねsign02
傍にある植えっ放しのムスカリのように連続で咲かせるように頑張ってみますhappy01

Img_6979

3年前にワラビ採りに行ったときに見かけたカタクリの花を再び見たいですshine

春になっていろいろな植物が活動開始する反面、暑さに弱い植物は活動休止に追い込まれてしまいます。
冬に彩を添えてくれた葉ボタンも花を咲かせて終わろうとしています。花後に種を付けて次の世代にバトンタッチといったところでしょうかsign02
それとも夏越ししてもう1年頑張ってくれるのでしょうか?

Img_6992_2

2013年3月14日 (木)

ノウゼンカズラも頑張ります(ベランダガーデニング)

桜(ソメイヨシノ)開花をニュースが伝えていましたねtv
福岡で観測史上最も早い開花を始めたとのこと、東京では17日ごろ、大阪は24日ごろ開花するだろうとの予想です。
いよいよ本格的な春がやってきますcherryblossom
(しかし、最近は”春”と”秋”が短かくて四季をゆっくり感じられないような気がしますpig

HCや園芸店も今まではひっそりとしていましたが、週明けからにわかに春苗が所狭しと大量に入荷、陳列されるようになりました。独特な春の香りがしますhappy01

ベランダの仲間たちも休眠から覚めて揃い始めましたdog
毎年同じようなメンバーなので凡その習性というか芽を出す順番が分かるようになってきましたmemo

ノウゼンカズラは遅くまで葉っぱを付けていましたが寒さが厳しくなると一気に全ての葉を落とす性格のようです。そして直ぐにリセットするかのように新芽を出してきます。

Img_6956

蔓は天井まで届いて壁を左右行ったり来たりして長いのは10mを超えています。

Img_6972


Img_6973

ノウゼンカズラは灼熱の太陽光線を浴びるくらいを好むようで日陰場所では花を咲かせるのは難しいようです。だから、ベランダで育てても日が当たる僅かな箇所のみにしか咲いてくれません。花数は少ないですが薄い紫色のこの花が好きなので育てていますdollar

Img_6962
上の画像の三角トレリスにノウゼンカズラを誘引しています。

同じプランター内にクレマチス2種水仙、クロッカス、スノードロップ、イチゴを寄せ植えしています(下の画像:昨日の強風でクロッカスは乱れてしまいましたweep

Img_6974

冬の間に緩効性肥料として油粕、骨粉を与えていました。これから活動期に入ると液肥を2週間に1回程度与えます。

Img_6982

Img_6983

2013年3月13日 (水)

目を覚ましたヘンリーツタ(ベランダガーデニング)

周りの植物が活動開始したので遅れてはならないとヘンリーツタもが目を覚まして活動モードです。

Img_6942

冬季は落葉して茶色化して「完全休眠状態」を宣言しているかのような姿をしていましたが、ピンク色が現われました。「目を覚ましたぞ」と言わんばかりに分かりやすい表現です。

Img_6944

小さくコンパクトに育てて梯子型トレリスにティンポットでハンギングすることを目標にしています(小さいポットに入れたいので今年も植え替えして根をカットして新しい土にしてやりましたhairsalon
まだまだ冷え込む朝があるのでもう少し風の当たらない場所で待機して出番を待ちます。
今日は周りのつるバラなどが生長したのでちょっとどのような感じになるのか(まだハンギング出来るかのチェックも含めて)仮置きしてみました。

Img_6953

朝から嵐のような風が吹いて学校のグランドの砂が舞上がって「煙霧」状態です。
8階はかなりの風です。日頃から鉢・プランター他の落下防止や植物の支柱や誘引には注意しているのですが大丈夫かなと思うくらいの強風です。
(上階のテラスでは風が抜けるので転がっている鉢?置物がゴロゴロと音をたてているほどです(最上階は風が抜けるので我が家以上ですtyphoon))

厳しい風ですが、この風もよいこともあります。茂った葉っぱの中でもがいている蕾が顔を覗かせることが出来たり、蔓植物は必死に近くの支柱などにつかまろうとして伸びます。

Img_6949

2013年3月12日 (火)

もうモッコウバラに蕾が!(ベランダガーデニング)

え~!こんなに早かったっけsign02
葉摘みして丸裸状態だったモッコウバラがやっと芽吹き始めたかと思っていたのですが、もう蕾も付けています。

Img_1875

もっと葉っぱが茂ってから蕾が付くものとのんびり構えていたのですが、こんなに早くから。
嬉しいような気もしますが、こんなに早くから実現すると楽しみが減ってしまいそうな複雑な気持ちになりますhappy01

Img_1867

昨年は3月下旬頃に蕾を付け始めたのでちょっと早いような気がします。元々新芽を広げると同時に蕾を付け始めるのがモッコウバラの性質でもあるようですが、半日蔭のベランダでは時間がかかるものと思っていました。

Img_6935


アーチパーゴラの間の空間を埋めるように、そして日によく当たるように平面的に誘引しています(以前はアーチに沿ってアーチ上面に這わせてみたのですが日当たりが悪く花付きが悪かったので変更してみました)

モッコウバラも生育旺盛なので根詰まりを起こさないように2年に1回、植え替えをするようにしています。狭いベランダでの作業なので厄介ですが綺麗な花を見られる楽しみがあるので苦にはなりませんdog

Img_1870

より沢山の花をつけてくれるように3月になってから固形肥料を土の上にのせておきました。

モッコウバラのアーチにハンギングしているシュガーバインです。
暖かくなってきたので寒さが苦手な植物達も少しずつ外へ出してやります。

Img_1873

つるバラ「春がすみ」はやっと芽吹き始めたといった感じですhappy01
東側のサマースノーはかなり緑葉となりました。

Img_6938

2013年3月11日 (月)

山椒の芽がはじけました(ベランダガーデニング)

植物が次々と活動を開始するので観察に忙しいですrun

Img_1837

山椒の木が新芽を付けました(去年より3日早いかな?)

Img_1835

山椒は動きが早いのでその生長過程を見逃すことがあります。この状態から1か月もすると葉は茂り花を咲かせますbullettrain

Img_1838

あまりに生長が速いので既に茂った緑葉をアゲハチョウの幼虫がムシャムシャ食べて丸坊主にしていることもあります(アゲハチョウの幼虫は山椒の葉が好物のようです)

山椒は冬季には完全に落葉し幹もカサカサ状態で枯れたようになるのでこの新芽の緑を発見すると嬉しくなりますhappy01 条件反射であの香りを感じてしまいます。

山椒の木の隣の鉢には木苺があるのですが、こちらは一足早く芽吹いて葉を広げつつあります。
山椒は一気に追い越していきます。

Img_1844

2013年3月10日 (日)

ムスカリが花茎を出しました(ベランダガーデニング)

ムスカリの花茎が今年は去年よりも1週間早く土中から現われましたbud
この2,3日の突然の陽気が急がせたのでしょうかsign02

Img_1828

植えっ放しの球根のため葉っぱがぼうぼうの乱れた姿ですが毎年確実にあの独特な姿の花を咲かせてくれますscissors
この球根を最初に植え付けたのはいつかなとブログを振り返ってみるとブログを始めた6年前に既に植えっ放し状態記事を書いているのでそんなに前からサイクルを繰り返しているのですね。
このような何年も生き続ける姿(自生)が私が理想とするベランダガーデニングなので姿形は二の次にして嬉しいですねsmile

Img_1823

このプランターにはクレマチス2種クロッカスそして今シーズンから参加のカタクリがあります(カタクリはまだ芽を出してこないのでひょっとしたら環境条件が悪くて発芽しないのかもしれませんweep
日陰場所(朝陽が当たる程度なんです)なのでそのような環境でも育つような植物を選んでいます。カタクリの球根が変形だったのでひょっとしたら上下を間違えたかな?coldsweats02

Img_1830

Img_1857


このプランターの上方にあるアーチとパーゴラに絡むモッコウバラは芽吹いて緑葉を広げ始めていますclover

Img_1826

Img_1851

2013年3月 9日 (土)

一気に咲いたクロッカス(ベランダガーデニング)

一昨日のポカポカ陽気でクロッカスが狂ったように咲きました。

1番花などは勢い余って花びらが開き過ぎて反ってしまうほどでしたcoldsweats01

Img_1788

私は植えっ放しの球根なので開き過ぎてしまって容姿が乱れてしまったのかなと思いましたが昨日の陽気では通常のほんわかした気球に似た形状だったのでどうも気温によって花びらの開き具合が異なるようですsign02
最近販売されている種苗は大半がF1(より強く、生育旺盛etcを目的に品種改良)で1代しか品質を保てないのでその影響かなと思ってしまいました。

他のまだ蕾らしいものを見かけなかった箇所の白いクロッカスも咲き始めました。

Img_1789

Img_1794

ベランダが段々と春らしくなってきました。つい先日までの茶色化していたベランダとは様変わりしてピンク、黄色、白、青色が目立つようになりましたshine

Img_1804


Img_1791


Img_1796

Img_1799

2013年3月 8日 (金)

クレマチスの植え付け(ベランダガーデニング)

3月上旬はクレマチスの1年苗が出回ります。早速HCに行ってみると納品されたばかりかまだダンボール箱に入っている状態でした。いろんな品種がそろっている園芸店に向かうと沢山の1年苗が陳列されていました。

今回は「テッセン」が凄く欲しかったのですが、店員さん曰く「最近テッセンは入荷しない」とのこと。1年苗では出回らないのでしょうかsign02
理由までは聞きませんでしたが諦めるしかありませんcoldsweats02
代わりにテッセンの交配種、フォンドメモリーズを買ってきました。テッセンとは花芯の色が異なり黒です。実際の花は未だ見たことがないのでひとまずフォンドメモリーズの咲くのを待ってみますsandclock

Img_1760


その他にもパテンス系の「イワンオルゾン」と「ルビーグロー」を買ってみました。薄紫色とピンク色の花が咲くそうです。

最も困難な作業と思われるロマンチカの根鉢抜き取りから始めました。
上方部がかなり伸びて麻紐で固定しているので逆さまにすることが出来ず、鉢周辺を軽く叩いて斜め方向にと試みるのですが難しかったです。

抜いてみるとたった1年ですが根がよく伸びていました。生育旺盛ですね。

Img_1761

用土は赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト2に緩効性肥料を適量にしました(バーミキュライトは水持ちをよくしたいときに用いています)

Img_1777


フォンドメモリーズテッセンを植える予定にしていた箇所にピンク系のルビーグローロマンチカと同じ鉢に(鉢サイズを5号から7号にUPして)そしてイワンオルゾンは東側の壁際クレマチスプランター(すでに3品種が育っています)にそれぞれ植え付けです。

午前中にフォンドメモリールビーグローまでの作業を終えるのがやっとでしたsad

Img_1766

午後からイワンオルゾンの植え付けです。このプランターは先日土増しをしたばかりなので簡単に穴を掘ることが出来て助かりました。
これでクレマチスは14品種となりました(最初の頃は失敗が多かったのですが、やっとどうにか1年苗を成功出来るようになりましたshine

Img_1769

スペースがあったので隣に宿根ネメシアを植えてみました。

Img_1770

クレマチス「紫子丸」はこの2,3日の暖かさで蕾を付け始めましたsun

Img_1778

2013年3月 7日 (木)

楽しませてくれる雑貨・DIY作品(ベランダガーデニング)

冬季はベランダの植物が落葉するので躯体や壁、物置などが剥き出し殺風景になりがちになりますcoldsweats01
この味気ない景色を少しでも防ぎたいとDIYしたり雑貨を配置して楽しいシーンや空間創りをしています。うまい具合に演出できると冬場もベランダに出る楽しみが増えますnoteshappy01

Img_6848

自分が好きなシーンをイメージして創り上げていくのもなかなかおもしろいものです。
ベランダといった極近距離でリビングとの間を行ったり来たりしながら、いろいろといじりながら仕上げていく工程が時間に余裕があるときは楽しくて仕方ありませんnoteshappy01

Img_6859



記録をホームページに残すようにしているのですがDIY作品・雑貨もかなり増えてきました。

ひとつひとつ空間演出を創り上げてきたのですが、継続していると自分ながら少しずつスキルアップしたと実感しますupcoldsweats01

Img_6843

今日、天気が良く暖かかった影響でしょうかクロッカスが咲きました。蕾を形成してから速かったことsign01通常はもう少しじれったくしてから開いていたような気がしていたのでビックリしましたeye 4月上旬から中旬の気温にクロッカスも慌てたのでしょうねsign02

Img_1758

2013年3月 6日 (水)

クレマチスの枯れた蔓の整理(ベランダガーデニング)

昨日はクレマチスの枯れた蔓を切除、処分しました。(切除前の様子はこちら

枯れていることを確認しながら蔓を伝って10数㎝程度ずつ切っていきます。枝分かれしているときは再び先端から枝分かれしている箇所に向かって切り戻しですhairsalon
(旧枝咲きクレマチスは枝分かれした一方だけが枯れて他方は生きている場合が多々あるからですcoldsweats01

Img_6870_2

枯れた蔓を新枝の支柱代わりにすることもありますが沢山残して醜い姿になったこともありますshock

5本の蔓を約2時間半かけて整理しました。

Img_6886

これでベランダ西側の樽プランターがスッキリしましたshine春の準備完了といったところです。アーチ下の空間もかなりスッキリして〝猿”の視界も久しぶりに良好eye

Img_6887


来月にカタクリの花、そして5月にクレマチスが咲いてくれるのを待つばかりです。
楽しみいっぱいですshine

Img_6876

暖かくなってきてからベランダは黄色やピンク、白などいろいろな花が咲き、バラクレマチスが芽吹いて緑色が増えてきましたbud

黄色系のビオラです。

Img_6882

今年もメイン花壇はワインレッドのビオラ。
そして日ごとに壁面がつるバラで緑に変化していきます。

Img_6880

ヘデラ、エリゲロンの寄せ植えに冬の間はビオラが特別参加です。

Img_6881

クレマチス、ベノサバイオレシアの新芽。

Img_6883

2013年3月 5日 (火)

クロッカスが色付いた(ベランダガーデニング)

クロッカスの蕾が色付きました。
薄い膜で被われていますがうっすらと紫色を確認できますeye

Img_6862

ここまでくると暖かい日が数日続くと開いてくれるでしょうsign02
クロッカスの花は地面から直接咲くのでコンパクトであり、場所をとらないのでベランダで育てるには好都合ですgood(茎は地下に形成するらしい)
それでいて花は鮮やかで存在感があるので楽しませてくれます。
まだ色付いたのは1球ですが今週末からは暖かくなるとの予報なので次々と咲いてくれるでしょうsign02

Img_6861

このクロッカスは植えっ放し球根です。花後に花は刈り取って葉は残しておきます(花を残しておくと球根が腐りやすいようです)
あとは乾燥気味に管理して(適度に水遣りして)やれば3,4年は花を咲かせてくれます。

Img_6868

先日買ってきた雑貨の置き場が決まらないのでひとまずベランダ中央段の空き場所(通常セダムを置いていたのですが室内に取り込んでいるので)へ仮置きしておくことにcoldsweats01

Img_6867

Img_6869

2013年3月 4日 (月)

2012冬のベランダ(HP更新)(ベランダガーデニング)

この土日でHP更新作業をしましたpc
春がそこまでやってきたので2012年冬の記録を残すために約3か月を振り返りながらまとめてみました。

Img_6800


冬は忘れがちになる水遣りや寒さが苦手な植物の管理に気を付けました。
つるバラやクレマチスの剪定・誘引作業が結構楽しい時でもあります。
春になってから花が咲く姿を妄想出来るからですshine

最近は宿根草を枯らすこともほとんどなくなりましたgood

Img_6819

毎年そうですが冬の間に新年度の計画などもいろいろ検討もしました。
ベランダに立体感を出したり楽しい空間創りに挑戦してみましたcoldsweats01
そんなことを思いつつHP更新しましたhappy01

Img_6833

今回は意外とHP更新作業がスムーズに進んだのでこの勢いでDIY・雑貨などのページの見直しをする気になりましたcoldsweats01

Img_6824




2013年3月 3日 (日)

鮮やかな色のジュリアン(ベランダガーデニング)

綺麗な姿とは言えませんが、このジュリアンは2年目の春を迎えようとしているのですよ。
暑い夏をベランダで耐えてくれて再び花を咲かせています(同じプランター内の仲間であるシロタエギク葉ボタンも一緒に夏を越しました)

Img_6767

最近の植物は品種改良で強くなったのか夏越し、冬越し出来ることが多くなりました。
1年草と言われるものまで2年、3年と生き続けるものもあります。

Img_6732

ジュリアンの鮮やかな色の花は周辺がパッと明るくなりますshine
一気に春になるようなショッキングな色が多いようです。

Img_6736

今日はHP更新(冬の様子)の準備をしています。
いつも古新聞になってしまうので今回は気合を入れてとりかかることにpencilcoldsweats01
植物達がかなり生長してくれたこと、東側の壁際のディスプレイなどを主に記録しておこうと思っていますscissors
Img_6782

Img_6817

2013年3月 2日 (土)

オキザリスが咲いた(ベランダガーデニング)

昨日は台風並みの春の嵐になってベランダが荒れてしまいましたcoldsweats02
植物達はグルグルと振り回されて大変な目に遭っていました。

1月中旬にオキザリスの蕾を発見してから約2か月経ってやっと花が咲きました。

Img_6708

春のようなポカポカ陽気に誘われたのでしょうねsign02
オキザリスは明るさと気温が影響して開花スイッチが入るようですhappy01

Img_6716

このビタミン色を見ると元気がでます。春がやってきたことを確信して冬の寒さにも打ち勝てる気持ちになれます。

Img_6712

雑草のようにたくましいオキザリスです。ユーカリの傍で育つ植物がなかなか見当たらなかったのですがこのオキザリスは球根を掘り起こさなくても毎年しっかり花を咲かせてくれます。
お蔭で以前はユーカリの株元が土剥き出し状態でしたが、グランドカバーの役割をしっかり果たしてくれています。

2013年3月 1日 (金)

Rose &Clematis(ベランダガーデニング)

今日から3月!だからというわけではないでしょうが、朝一番ベランダに出るとあの春独特の匂いがしました。
やわらかい南風が運んできているからでしょうsign02(その風も突然、嵐のように変わってしまいましたcoldsweats02

3月になると急にガーデニング熱が沸いてきます。冬の間に計画していたことを早く実行したくなりますrun(慌てて室内の植物をベランダに出すと冷気に当たって枯らしてしまいます。はやる気持ちを抑えて用心、用心!)

気候がよくなり、植物達も一気に活動を開始します。この勢いから元気をもらって活動的になれます。

Img_6741



Img_6725

冬前に与えておいた寒肥がゆっくり効いてくれているのかバラクレマチスも健康ですsign02次から次と新芽を出して見る見るうちに緑が点在する景色になりましたbud

Img_6726


Img_6731

昨日、「Rose & Clematis」のプレートを急遽作ってバラ、クレマチスを応援することにしました。coldsweats01

Img_6722

Img_6720

そろそろクレマチスの新苗が出回る時期となりました。数年間も勘違いしていた「テッセン」(月宮殿をテッセンと思い込んでいましたshock)を手に入れて12品種目にしたいですnotes

東壁の続きを”春の嵐”の中、やりました(小型台風並みの強風になってしまいましたtyphoon
ベランダからリビングに入ろうとしても風圧でサッシが開けられないほどの状況です。

Img_6752


Img_6747

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »