« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

もう一つのGWの花(ベランガーデニング)

昨日も突然の嵐が吹き荒れましたtyphoon
「爆弾低気圧」の注意報があった時よりも荒れ狂っていました。折角、大きい蕾となっていたクレマチスの一部が萎えてしまいもうダメかなshock

GW期間中に必ず咲くと言っていいヒューケラの花ですshine
この時期に周辺の植物の緑葉を背景に長い花茎にピンク小花が群れるように咲く姿が好きですgood
緑とのコントラストが気に入ってます。
Img_8383_2


小花なので花単体の姿は余程近づかないと分かりませんが、そんなことよりも群れた姿がいいですhappy01
Img_8379

常緑性で葉っぱの姿形もカラーリーフとして年間を通して楽しめるヒューケラですbell

Img_8377

ヒューケラのお蔭で今まで植物がなかなか育たなかった日陰の壁際を緑化出来ましたclover

昨日は午後から南風が吹き荒れ、風がまともに当たる8階の植物達は吹っ飛ばされそうな状況でした。モッコウバラも花がかなり落ちてしまいましたdown
それでも新しく開くものもあり、まだ楽しめそうですhappy01
Img_8412

雨風の後のベランダは空気も澄んでいますshine
Img_8423

ワイヤープランツはやはり強いですねぇsign03
ベランダの数か所にブリキポットなどに入れて配置していますが、その内のひとつが冬の間に地上部を完全に枯らしてしまっていたのでそのまま2か月放置していたのですが最近新芽を出していましたbud(他のワイヤープランツはいつも通り緑はのまま冬を越しましたgood
Img_8428

シュガーバインも強健な植物かもしれません?ワイヤープランツと同じような状態でしたが芽を出しましたbud
Img_8427

2013年4月29日 (月)

いろいろ楽しめるもみじ葉ゼラニウム(ベランダガーデニング)

ゼラニウムが鮮やかに咲く季節となってきました。TVや雑誌でヨーロッパの窓辺に置かれているゼラニウムの姿を見るたびに惹かれてしまいますhappy01
Img_8386

ゼラニウムは鮮やかな花を咲かせるもの、シックな花を咲かせるもの、変わった葉を有するもの、ハーブやバラなどの香りを発するものなどいろんなタイプがあってバラエティに富んだ楽しみ方が出来ますnotes
Img_8387

そしてなんといっても頑強で夏、冬に強く水遣りも他の植物に比べると少なくて済むといった管理も容易なのでベランダで育て易いので助かりますgood

ゼラニウムは高温多湿に弱い植物です。いつも南向きのベランダに出しっぱなしでも夏・冬を問題なく過ごしていたのですが昨年夏の35℃前後になったのでさすがに弱ってしまいましたdown
Img_8388

ゼラニウムは乾燥気味に育て肥料は2週間に1回くらい液肥をやっています(夏の高温時には肥料はあたえませんdanger

もみじ葉ゼラニウムはこれから6月上旬の満開に向けて咲き続けてくれます。

ペラルゴニウム・シドイデスも蕾を付け始めているので開花も間近でしょうね?
Img_8392

3月に咲いた「カリエンテも次の蕾を付けています。
ゼラニウムは四季を通じて咲いてくれるので(咲かない品種もあり)ベランダを1年中生きた空間にするのに役立っていますgoodImg_8389

Img_8391

今日は天気がいい影響でしょうか植物達も喜んでいる様子。
ベルフラワーも次々と開花してきました。
Img_8394

Img_8399


3月上旬から咲き続けているオキザリスもまだ咲き続けています。
Img_8396


午後になってから天気が崩れてくるのか風が出てきました。強い風にモッコウバラが散ってしまっているようですcoldsweats02
Img_8404


このモッコウバラ、今シーズンは高所緑化計画を手助けしてくれているようです。思わぬ箇所で花を咲かせていましたshine
Img_8400


2013年4月28日 (日)

ベルフラワーが咲きました(ベランダガーデニング)

GWになると咲いてくれるベルフラワーですnotes
Img_8362


Img_8301


パッと紫色の小花が咲いてくれて日頃は壁際で少し暗い部分を明るくしてくれますflair
GWといった時期が時期だけに気分も高揚しますup

Img_8327

10日ほど前はまだ花が咲きそうな気配はしていなかったのですが、今の時期は様子がガラリと変わりますねsign02
Img_8332

まだ満開となっていませんが私にとってのGWの花を画像に残した後、じっくり観賞してみますhappy01
Img_8367

晴天に誘われて、夏野菜の準備をやりたくなりました。
土の中和をしようと思ったものの苦土石灰が見つからなくて(使い切ったような気もする)近くのHCへ行くとやはりレジ周辺は人だかり。大きなプランターや野菜苗を持ってウロウロされる人が多かったです。
甘長獅子唐の苗を一緒に買ってきて早速準備しておきました(昨年と同じものを予定しています
Img_8368_2

野菜の種を探していると3,4年前に頂いた河内木綿の種を発見!
古くて発芽するかどうか分かりませんが植えてみようと早速水に浸けておきました。
昨年は別の種子をまいて発芽はしたのですがそれ以上は生長せずに枯れてしまいましたdownImg_8369
この種は周りが毛で被われているので水に浮かんでしまいますcoldsweats01

今日は穏やかな天候で心地いいですね!
風も優しくて植物達にも丁度いいようです。
エリゲロン・プロヒュージョンの揺れる姿も爽やかですsmile
Img_8371

2013年4月27日 (土)

慌てて夏苗を買いに(ベランダガーデニング)

昨日、慌てて夏の苗を買いに行ってきましたrvcar
GWはどこの園芸店もHCも混み合うので今日のうちに夏の苗を手に入れておこうと午前中に用事を済ませるや否や慌てて出掛けました。

何年か前、GW後に夏苗を求めて行ったところサフィニアがどこにも無くて仕方なく好みとは違う苗を買う羽目になったのでそれからはGW前に買うようにしています(*^-^)

買う苗は決まっていて毎年サフィニアアズーロコンパクトそしてその場で欲しくなった苗を少しです。サフィニア「パープルミニ」はもう10年以上も前からの定番です。(何回か違った品種を試みたこともありましたが私にはこれが1番です)
ベランダとの相性もよく暑い夏でも元気をたくさんもらえるので決めています。
Img_8314

アズーロコンパクト(サントリーフラワーズの登録商標)は7年前に育ててみて花期が長かったのでそれ以後は毎年育てています(冬を越して翌年春まで10か月もの間咲き続けたことがありますcoldsweats01

GWが過ぎると冬の花、ビオラが弱ってくるのでそろそろバトンタッチですrun
Img_8337

まだまだ元気そうなビオラも20℃を超える日が数日続くと急にダウンしてしまいますdown

Img_8339

毎日のように花がらを取って少しでも長生きさせてやろうと頑張りましたが花数も段々少なくなってきました。
Img_8347

大好きになったフリル咲き「ミルフル」はモッコウバラやクレマチスの陰となって目立たなくなりましたがまだ存在感はありますよ~coldsweats01
Img_8349

今日は天気もよかったので朝から植え付け作業をしました。苗数も少なかったので気軽にやる気モード!
植え付け方法も私流! 前の枯れた苗をプランターから引き抜き周りの土も取り除きますが大きめの穴にそのまま新しい苗を植え付けるのです。古い土にも緩効性肥料を少し混ぜておきます(鉢底石やネットを敷く作業を省くだけですが、捨てる古い土の量も少なくなります)
古い土が傷んでなく通気性もあるような場合はこの方法ですscissors

用土は赤玉土7、腐葉土3に緩効性肥料を適量です。切り戻しをして水をタップリやって作業完了です。
Img_8351


Img_8354

2013年4月25日 (木)

4月下旬のクレマチス(ベランダガーデニング)

モッコウバラが咲いてくれると次に待ち遠しいのがクレマチスの開花ですsandclock
Img_8260

1番手の「紫子丸」は開いてくれましたが、ベルオブウォーキングは大きな蕾になってくれたもののなかなか開いてくれませんsad  待つ時間は長いですねsign02
毎朝、この蕾の様子を見ているのですが大きな変化がみられませんcoldsweats01
Img_8275


ベノサバイオレシアはかなり高い所まで蔓を伸ばしました。遅咲きタイプなのでこれから蕾を沢山付けてくれることに期待ですnote S字状の誘引を繰り返して高い場所に誘導しています。
Img_8269

3月下旬と比べれば見違えるほどの生長ぶりですeye
Img_8263

特に嬉しいのが2012年計画のベランダ中央の高所緑化が進んだことです。
クレマチスを誘引しているのですが昨年よりも進化しそうな展開ですshine
「ロマンチカ」は既に駆け上って水平移動、節々から花芽を出している状態、「篭口」「グレイブタイビューティ」も強剪定して地際からのスタートでしたが高さ1mまで伸びています。
2013年は更に右側高所も展張エリアに含めて挑戦です(ロマンチカと紫子丸を咲かせる予定)
Img_8268


Img_8261

新たにベランダデビューした3品種もスクスク生長、「ルビーグロー」は薄紫色の花を咲かせましたscissors
Img_8323


Img_8288

アブラムシが出現し、うどんこ病の兆候が現われるようになってきました。
早期発見、対策で被害を抑えないと大変なことになります。
これから害虫対策に忙しくなりそうですrun

Img_8276

モッコウバラとの競演を楽しみにしているのですが、もう少し時間がかかりそうですsmile
Img_8274

Img_8318

ヒューケラが咲き始めました(ベランダガーデニング)

4月になるとスッと花茎を伸ばして蕾を付けるヒューケラです。
GW頃に小さな花を咲かせて周りの雰囲気を変えてくれますdog
Img_8279

先日のような春の嵐に襲われるときは花茎が振り回されて折れてしまうのではないかとハラハラします。壁が少しでも風を遮ってくれることを期待してこの場所に配置しているのですが嵐には勝てません。
Img_8281

ヒューケラは半日蔭場所でも十分育つことが分かり、常緑性なので年中カラーリーフを楽しめるし、4,5月には花も楽しめるといったベランダの緑化に頼もしい存在です。
時には秋にも花を咲かせてくれるプレゼントまでありますpresent
Img_8284

あまりに小さな花なので近づいて見ないとその姿は分かりませんが金平糖が穂状に付いているような花と濃い緑葉とのコントラストや姿形を楽しんでいますnotes
Img_8295


Img_8286

2013年4月24日 (水)

新メンバーになったミヤマホタルカズラ(ベランダガーデニング)

最近天気予報の「強い南風」に敏感になっていますshock
春の嵐などで南風が吹き荒れるとベランダで生長中の植物達が強風に振り回されて可哀想だからです。

昨年我が家にやってきたミヤマホタルカズラ、そのブルーの小花に惹かれて買ってきたのですが暑さ、寒さに耐えてくれるかどうか心配でした。 何とかクリアーしてくれましたgood
これで我が家のベランダガーデニングのメンバーの仲間入りですnotes
Img_8252

ベランダのスペースでは沢山の花を楽しむためには小花が合っていると思い、園芸店でみつけるとつい手が出てしまいますcoldsweats01 特にブルー系には惹かれますdog

ミヤマホタルカズラはほふく性があってグランドカバーとして役立つようですが他の植物の陰になって生育が悪くなることがあります。 単体で鉢栽培すると日当たりの良い場所に移動出来、日陰にならない場所で育てられるので挑戦してみました。
Img_8256

管理は乾いたらタップリ水を遣るくらいです。肥料は殆どやりません。夏の高温多湿に弱いので特に注意していますdanger

今日は朝から雨が降っていますrain 全国的に南風が吹く予報なので被害があっては困るのでその前に撮っておきましたcamera
Img_8240

Img_8246

クレマチス「ルビーグロー」がもう一つ開いてくれましたshine
Img_8245

【独り言】
昨日、ワラビ採りに出掛けてみましたrvcar 車で約1時間の公園の片隅に毎年芽を出しているものを採りに行くのですが先客があって既に遅かったのと2,3日前の冷え込みによってワラビが凍傷に遭っていたので収穫はそれ程ありませんでした。

Img_1016


Img_1020



それでも”ワラビ採り”はワラビを見つけて採ることが楽しいですnotes
帰りにはメダカ10数匹と川エビ数匹を採ってきました。

木の窪みに生えるスミレなんかも発見出来て久しぶりに自然を満喫出来ました。
Img_1018


Img_1014

2013年4月23日 (火)

頼もしいユーカリ(ベランダガーデニング)

この時期のユーカリは枝先に小さな新芽を付けます。
いつもと違う新鮮な光景になりますeye
Img_8226

ユーカリは生育旺盛な植物なので見る見るうちに大きくなりますbud 剪定を繰り返して高さを抑えていたのですが4年で天井に届きましたhappy01
先端部分を切り戻しながら全体の姿を整えていますhairsalon
Img_8212

シンボルツリーとして育てていたのですが2年前からはクレマチスの支柱の役目として活躍してもらっています。
Img_8213

3種のクレマチスをユーカリに誘引していますhappy01

Img_8214


春や秋の日光がベランダに射し込むときはキラキラと輝く銀葉を楽しみそれ以外のシーズンはクレマチスの”縁の下の力持ち”といった活躍ぶりですgood
狭いベランダスペースではこのような何役もしてくれる植物は有り難いですsmile
Img_8216


背が高い植物だけに支柱をしっかりして強風対策しておいた方がいいですよdanger
上端、下端を固定した方法は台風にも地震にもしっかり耐えてくれましたsign01
Img_8222_2

ユーカリには水遣りを制限します。月に2回やるくらいです。肥料は年2回の液肥だけで他の植物に比べ極端に少なくしています。こんなに意地悪(?)しても健康な姿を保つユーカリは頼もしいヤツですrun(乾燥気味に育てた方がいいようですbook


今日の新しい発見はベランダで冬を越した多肉植物の蕾とオスティオスペルマムの蕾の発見ですeye
どちらも寒さに耐えながらも再び花を咲かせてくれます。寒さで枯れた部分を残しながらもこうやって花を咲かせてくれる姿が好きです。
Img_8198

オスティオスペルマムの手前の宿根ブラキカムもしっかり冬を越してくれましたscissors
Img_8200

2013年4月22日 (月)

活動再開の越冬アメリカンブルー(ベランダガーデニング)

寒い冬を越したアメリカンブルーも再活動を開始したようですsign02
冬の間は枝咲きが凍傷に遭って徐々に枯れてしまいますが、3月中旬になって多少暖かくなるとその枯れる部分も落ち着いてきます。

こうやって冬の寒さに耐えきったアメリカンブルーは3月下旬には小さな新芽を出し始めましたbud こうなると冬越しも一安心ですhappy01
(例年、ビニル袋で被ってベランダに出したままの冬越しでしたが、今回は時間的に余裕があったので夜間はリビングに入れて暖かい日中はベランダに出しての冬越しでした)
Img_8139

冬越しが出来た3月下旬に割りばしで土表面を耕し、追肥をやっておいたら4月になって本格的に暖かくなってくると見る見るうちに緑葉を増やしましたeye

今年はブライダルベールも冬越しがうまくいきましたscissors

Img_8140

バークチップを置いて温度低下を和らげた効果があったからでしょうかsign02
昨年よりは花を早く咲かせてくれるでしょう。
5月になったら植え替えもしてみようと思っています。

先日開いたクレマチス「紫子丸」が少しずつ色付いてきました。
Img_8190

もみじ葉ゼラニウムもそろそろ開花しそうです。
Img_8192

ミヤマホタルカズラが今朝開きました。
Img_8194


ヒューケラももうじきなんですよ~up
Img_8196


色々な花が咲いて賑やかになりそうな4月下旬のベランダですnotes

2013年4月21日 (日)

あちこちで芽を出すエリゲロン(ベランダガーデニング)

元々涼しい野原で自生するエリゲロン・プロヒュージョンはかなり丈夫な植物なので毎年花を咲かせます。 私が植えた記憶のないプランターなどで今の時期になると小さな白い花を咲かせます。
Img_8145

ネメシアと寄せ植えしてハンギングしたのが最初ですが、ベランダのあちこちに種子が飛んで芽を出して勢力を広げています。最初の頃は植えた記憶が無いので雑草だろうと除去していたのですがどうもエリゲロンに似ているのでそのままにしていたらやっぱりそうでしたhappy01
Img_8154

今はあちこちで新しく寄せ植えメンバーの仲間入りしているので余程のことが無い限り自然に任せています。我が家のベランダでは風に飛ばされてそこで根を張り、仲間を増やしていく自由奔放なエリゲロンですdog
(好きな植物を侵食しそうなときは可哀想ですが除去しています)
Img_8141_2

夏の高温多湿に注意すればあとは大丈夫なようです。花後は速やかに刈り取ってやり、混み合う箇所は風通しをよくするためにすいてやった方がいいようですgood

Img_8161

冬季は短く刈りこんで冬越しです。先端部分が枯れるのでその部分を含め形を整えてカットしておけば春には元気な新芽を伸ばしますhairsalon

Img_8158

スモールサイズの小菊のようなエリゲロン、最初は白色ですが段々とピンク色に変化するのもなかなか面白いですpig
Img_8152

ちゃっかり5mも離れたビオラヘデラのプランターに入り込んでしまったエリゲロン・プロヒュージョン

Img_8163

エリゲロンとは関係ないですが、今日のベランダの様子を1枚camera
Img_8188



2013年4月20日 (土)

かなり開いたモッコウバラ(ベランダガーデニング)

先日開花スタートしたモッコウバラは5月中旬並みの暖かい日があった影響でしょうか一気に開いてきました。

Img_8091

春の嵐で蕾のまま落ちてしまったものもありますが、満足出来る咲き具合ですgood
日陰となる箇所は花付きが今一つですが日当たりの良い箇所は重なるように咲いて日が当たると輝くほどですshine
Img_8134

下から見上げるとパーゴラが見えないほどのボリューム感たっぷりのモッコウバラを楽しめます。

Img_8129

満開までもう少し時間がかかりそうですhappy01
Img_8138

クレマチスとのコラボが楽しみですnotes

Img_8075

Img_8080

2013年4月19日 (金)

ブルー系の花(ベランダガーデニング)

Img_8086

紫やブルーが好きなのでベランダの植物もブルー系を育てることが多いですcoldsweats01
ブルー系はリラックスさせてくれるので気に入ってますscissors

今の時期はブルーデージー、クレマチス、ビオラ、ムスカリ、ネメシア、アリッサム、ツルニチニチソウ、ラブラドリカ、アジュガそしてラベンダーなどが咲いています。
Img_8117

クレマチス

Img_8064

ビオラ

Img_8099

Img_8126


それぞれのシーンを楽しんでいます。特に新緑の頃は緑葉を背景としたシーンはいろいろ楽しめますshine

ネメシア
Img_8119

ツルニチニチソウ
Img_8056_2

アジュガとラブラドリカ
Img_8106

アリッサム
Img_8123


これから咲いてくれる小花のミヤマホタルカズラベルフラワーも可愛いらしいですよsmile
Img_8101

Img_8116

2013年4月18日 (木)

花期の長いホットリップス(ベランダガーデニング)

Img_7968

ベランダが賑やかになってきました。
今日はホットリップスの開花が加速してきましたbullettrain
紅白模様の花を増やしています。
Img_8026

昨年、花後に思い切り刈り込んだのですがグングン新芽を伸ばして株元に植えたカサブランカを陰にしてしまうほどですcoldsweats01
Img_8027

ホットリップスは頑強で花期が長く管理が簡単なので私好みの植物ですconfident
Img_8019


Img_7967

Img_8181


【独り言】
今日、大阪・造幣局の桜の通り抜けに行ってきましたcherryblossom
明日からの天気が下り坂ということで急遽出掛けることにsubway
最寄り駅の天満橋に着くと平日というのにもうそこから人・人・人でした。
大混雑なので立ち止まってシャッターを押すことも難しいくらい、週末はどんなことになるのでしょうねsign02
Img_8049


Img_8034_2


Img_8038


Img_8053


Img_8036

2013年4月17日 (水)

クレマチスの1番手は「紫子丸」(ベランダガーデニング)

昨日から「春の嵐」が荒れ狂っていますtyphoon  風圧でサッシが開かないほどの強風です。
リビングに入れないことがあり焦ってしまいますcoldsweats02

ベランダに14品種ある内で今年のクレマチス開花の1番手は「紫子丸」です!
昨年までは白い花を咲かせる「月宮殿(ゲッキュウデン)」でしたが昨年から我が家のベランダに参加した「紫子丸」です。

Img_7883

ベランダ中央のシンボルツリーとなっているユーカリに絡ませた「紫子丸」は日当たりもそんなによくない場所なのに早くから蔓を伸ばしていたので丁寧に誘引していました。

Img_7940

Img_7998

蕾を20個以上は付けているでしょうかsign02 重ならないように誘引してやるのですが風のいたずらで変な格好になっていることが多いです。

Img_7926

この紫子丸は先端部分から根元に向かって順番に花を咲かせるそうなので目標はもっと高い場所の壁に届かせたいのですがこれではちょっと難しいかな???
昨年はもっと遅い5月中旬に咲いたですが今年は気合が入って早くから咲き始めてくれたのでまだまだこれからサプライズがあるかもしれません? 乞うご期待ですcoldsweats01

これから1週間くらいすると本来の濃紫色になりますok

Img_7884

リビングから紫子丸の蔓を見るとその生育旺盛ぶりがよく分かりますeye

Img_7923

紫子丸の隣の鉢に今春やってきた「ルビーグロー」が負けじと今朝開いていました(きっと昨日からの春の嵐の影響でしょうsign02
こちらは初めて見る花だけにドキドキです。
薄紫色花で花芯が赤紫色です。完成度からするとこのパテンス系(ラヌギノーサ系)の「ルビーグロー」が1番かもしれません。

大輪なのでベランダではちょっと…thinkな感じですが育て始めれば愛着が湧いてきますscissors

Img_7994

Img_7973

2013年4月16日 (火)

我が家のGWの花、ベルフラワー(ベランダガーデニング)

もう少しでGWですね!notes 計画は立てられているでしょうか?
今年は休日が前半後半に分かれていることから国内旅行も多いようだとかニュースで言ってましたtv
私は人混みが苦手だからGW中は出掛けないことが多いですcoldsweats01

我が家のGWの花と言えば「ベルフラワー」です。この時期にパッと一斉に開いてくれるからです。
沢山の蕾を付けてブルーに色付いたものが2,3個現われてきました。
Img_7961


桜が開花するときのあの突然景色が変わるのとよく似ていて一気にスイッチが入るので私が最も好きな花のひとつです。
Img_7941

温室で育てられて店頭に出てくるベルフラワーは3月には開花していますが自然界では4月末から5月中旬にかけて開花するのでしょうねsign02
Img_7942

もう10年以上も繰り返し咲いてくれていますが殆どGW期間中に咲いていますshine
最高気温が20℃前後になるのでこの辺が開花条件かもしれません。
Img_7943

ここ神戸の環境では切り戻しや植え替えをすれば何年でもベランダでサイクルを繰り返してくれますrecycle 
株分けをすればかなり増えそうな気もします(ベランダでは場所がないので制限されていますshock
Img_7947

もう一つのGWの花のヒューケラもベルフラワー同様、元気ですrun
Img_7949

Img_7944


ベルフラワーヒューケラの下方の日陰場所に置いている姫リンゴは先日開花を始めたのですがほぼ満開となってきました。
Img_7930_2

日陰場所なので生育するには困難かと思いましたが欲張らなければ花の鑑賞くらいは出来るようですscissors
昨年は赤い実を10個近く付けてくれましたcherry
Img_7927_3

14日の突然の春の嵐で花びらが少し傷んでしまいましたが純白でシンプルな花は清潔感があふれ気持ちいいですよ。
Img_7932_2

Img_7938

2013年4月15日 (月)

2013年モッコウバラの開花スタート(ベランダガーデニング)

昨日の不意の「春の嵐」でクレマチスの蕾が数個とれてしまいましたcoldsweats02 先日の「爆弾低気圧」よりも被害ありました。
でも嬉しいことがあったのでよしとしましょうhappy01

桜の開花が早かったのと同じでモッコウバラの開花も昨年よりも10日早く開きました。

Img_7866

昨年から日によく当たるように蔓どうしが重ならないようにしてアーチ全面と側面に誘引してやりました。
Img_7905

モッコウバラが広がれば広がるだけそれに絡ませるクレマチスも広がって花を咲かせることが出来るので見ごたえがあるのではないかと…sign02
ベランダでは少しのスペースでも有効に活用したいので日頃の誘引作業をこまめにして頑張っていますcoldsweats01
Img_7909

Img_7860

とは言うもののパーゴラ側面に誘引したものはベランダからのけ反って見る始末!
腰が伸びていいものの長くは見られないwobbly(排水管の下方など日当たりが最もいいのでよく咲いています)
Img_7958

Img_7957

空間創りが好きなので植物達が休眠する冬にいろんなことを妄想して(ガーデニングの妄想大好きですcoldsweats01)それを実現しようと、のっぺらぼうなベランダ壁を立体的に見えるようにそしてよりゴージャスにするにはどうしたらよいだろろう…と工夫しながらガーデニングを楽しんでいます。
Img_7890

モッコウバラはトゲが無いので扱いやすく、また半日蔭でも育ってくれるのでベランダガーデニングに向いているだろうと始めたのですが、これは「正解」だと思っていますgood
今咲いているビオラや新葉を出したヘンリーツタとの競演を暫く楽しめそうですshine
Img_7873


Img_7870

クレマチスも同じように早く咲いてくれればコラボも楽しめるのですがそうでないとそれぞれを単独でしか見られず計画倒れですcoldsweats01
今、ベルオブウォーキングが沢山蕾を付けて準備しているので間に合うような気もしますshine
希望はもった方がいいですねhappy01
Img_7887

2013年4月14日 (日)

2013年4月のベランダ西側(ベランダガーデニング)

アーチやパーゴラに絡むモッコウバラ、クレマチスの蕾が今にも開きそうでワクワクさせる4月のベランダ西側です。
日がよく当たるベランダ前面箇所のモッコウバラは半ば開いてじらしている感じなんですよdelicious
Img_7917

クレマチス「ベルオブウォーキング」の蕾も大きく膨らんでいつ咲いてもおかしくない準備態勢ですok
ベランダ中央部のクレマチス「紫子丸」が昨日開いたのでもう時間の問題でしょうsign02
Img_7792

昨年の同時期と比べると緑の量(面積)が違いますね。早め早めの2013年ですbullettrain

Img_7832

壁際にハンギングしたヘンリーツタ、オレガノ、フリル咲きビオラ「ミルフル」、ゼラニウムそしてプランター内のムスカリなど元気もりもりですrun
Img_7802


Img_7803


Img_7804


Img_7788


Img_7789


Img_7782


Img_7791


Img_7790

これからこの緑のキャンバスに色々な花が絵を描くように咲いてくれるのが楽しみですnotes
青色の紫子丸、篭口や紫色のMEアンドレ、ベノサバイオレシア、白色のベルオブウォーキングや赤色のグレイブタイビューティなどのクレマチスやピンク色の春がすみ、黄色のモッコウバラ等など…これからが楽しみいっぱいな4月のベランダ西側です。

Img_7827

2013年4月13日 (土)

2013年4月のベランダ中央(ベランダガーデニング)

今朝は地震で目が覚めました。久しぶりの大きな揺れに再びあの大震災が再びと不安がよぎりましたshock
幸いにして被害はありませんでした(横揺れがひどかったのですが鉢なども全く倒れませんでした)

4月のベランダでは最も日当たりのよいベランダ中央部ですsun
そういった環境の良さからでしょうか、植物の生長が著しいですbud
(これから夏にかけて太陽の軌跡が高くなると日陰になってしまいます)

春の訪れを知らせるスノードロップ、クロッカスオキザリスは既に咲き終わりました。
これからブラキカムネメシアなどの小花が咲きます。オスティオスペルマムもじきに咲いてくれるかもしれません?これらの宿根草が自然に任せて生長する姿を楽しんでいますnotes
Img_7768

Img_7756


これらの後ろには背丈のあるホットリップス、アブチロンがありますが、ポツリポツリと赤い花を咲かせ始めました。
Img_7754

今年は新たにクレマチス「フォンドメモリーズ」が加わり、1年苗も1mを超える高さまで蔓を伸ばしました。白い花に花芯が黒いといったテッセンの仲間です。凄く楽しみにしている花のひとつです。ユーカリに絡ませて天井まで届いてくれると最高!!
そのユーカリも今の時期、新芽を沢山出してボリュームアップですclover
Img_7738

クレマチス「ベノサバイオレシア」「シャンテリー」は今年は順調で既にふっくらした蕾を数個付けています。
Img_7778


強剪定したクレマチスは土から芽を出した後、加速して蔓を伸ばす4月です。Img_7776

宿根草を主に1年草のビオラアリッサム、ステラなどでアクセントをつけて楽しんでいる4月のベランダ中央部ですshine

Img_7779

2013年4月12日 (金)

2013年4月のベランダ東側(ベランダガーデニング)

2013年4月のベランダはどうでしょう、少しは進化したでしょうかsign02coldsweats01
昨年は春の嵐にまともに遭遇して少し傷んでしまったので今年はしっかり対策したうえ、嵐も小規模だったので傷みも殆んどありませんでした。

Img_7715

今年は急な暖かさの影響でしょうか同時期に比べ、緑も多いような感じがします。

ベランダ東側では躯体壁が剥き出しになっていた箇所に壁板を張ったり、クレマチスを誘引して壁面緑化を進めることが今年の目標ですmemo
Img_7735

リビングからのベランダ出入口の上方壁面に何とかクレマチスを誘引して花を咲かせられないかも2013年計画のひとつですpencil
昨年左側壁面に上ってくれた「ロマンチカ」を右側にも誘引中ですpaper
もうひとつのクレマチス「紫子丸」も誘引予定ですが届いてくれるでしょうかcoldsweats01
Img_7737

ハンギングバスケットのネメシアが花を咲かせ、エリゲロンが沢山の蕾を付けています。
Img_7726

メイン花壇のビオラはまだまだ旺盛です。
赤紫色の花を咲かせ続けています。GW後くらいまで咲いてサフィニアにバトンタッチの予定です。
Img_7720

奥の隅っこに置いているメダカ鉢の中に半潜水させているウォーターマッシュルームは緑のまま冬を越しました。耐寒性のある水生植物なのですね、緑を維持してくれるのは有り難いですscissors
リビング側に配置しているクリスマスローズはそろそろ花期を終えようとしています。代わりに傍のオリーブが花期を迎えます。下草として植えたブラキカム矮性ローズマリーも順調に育っています。
Img_7739


Img_7708

クレマチスが天井近くまで届いて大輪花を咲かせるのももう少しです。
そしてクレマチスの花期後半の5月になるとつるバラ”サマースノー”が開花して真っ盛りとなります。
Img_7724

日陰となる場所には耐陰性のあるアジュガラブラドリカを配置しているのですがいずれも4月になると蕾を形成したり、花を咲かせ始めました。カラーリーフとして楽しめるのでベランダの日陰場所に適した植物ではないでしょうかsign02

ベルフラワーも小さな蕾を付けて色付き始めました。
Img_7743

2013年4月11日 (木)

室内の植物を出しました(ベランダガーデニング)

一昨日のビニル袋の取り除きに続いて、昨日冬の間室内に移動していた植物達をベランダに出してやりました。
乾燥した室内の環境で弱った植物もありますが、これから徐々に回復してくれることを願いながら優しい春風に当ててやりました。
Img_7682

セダムサボテン観葉植物などの寒さに弱い植物です。
5℃以上となるこの時期に毎年出してやるとベランダガーデンの植物の勢揃いですhappy01

Img_7685

それぞれの場所に置いてやると落ち着きますねhappy01
(所定位置にあるべきものがないと落ち着かないものです)

Img_7683

セダム類・観葉植物をまとめて置いているエリアも歯抜け状態が解消されると落ち着きます。
Img_7700

ここ2,3年カネノナルキに花が付きませんcoldsweats02今年こそは日照、外気にしっかり当てて花を咲かせることに挑戦です。

Img_7696

アメリカンブルー(手前)も大事に冬越ししたのでしっかりした苗で春を迎えましたgood
ベランダ格子前の木立性ベゴニア(向こう側)は強い植物なので例年どおりの引っ越しです。

Img_7729


2013年4月10日 (水)

控えめに咲いたクンシラン(ベランダガーデニング)

昨日、冬の間室内に移動出来ない植物(定員オーバーでdog)の防寒用ビニル袋を取り除いてやりました。これでやっと完全に春を迎えましたcherryblossom
Img_7675

その中のひとつ、クンシランが開花していました。
例年に比べ花数が少なく控えめな姿ですが元気の出るビタミン色で輝いてくれていました。
Img_7671

2年植え替えしていないのできっと根詰まりしてしっかり花が付かないのでしょうsign02
6月頃に植え替えしてやらなくてはhappy01
Img_7667

モッコウバラクレマチスがもう少しで開きそうなのですがこれからが長いのでしょうかsign02
待ち遠しいですhappy01
Img_7676

Img_7677

2013年4月 9日 (火)

新葉を広げたヘンリーツタ(ベランダガーデニング)

この時期のヘンリーツタ1ヶ月もすると見違えるような姿に変身しています。
新鮮な青葉を沢山広げてに葉脈もハッキリ見えるようになりました。
ヘンリーツタと分かる姿になりました。これから落葉する12月まで長い間楽しめますnotes
Img_7665

Img_7662

高い場所にハンギングして葉っぱの変化を楽しんでいます。周りのモッコウバラクレマチスの華麗な花が咲いているときは全く目立ちませんが秋の紅葉シーズンになると鮮やかに紅葉して存在をアピールしますmaple
Img_7657

昨年は葉の変化だけでなく花まで見ることが出来て最高でした(初めて見ましたeye

今年はどうでしょうsign02 春先に植え替えしたので益々元気のいい姿を楽しめると思います。
Img_7659

先日咲いたツルニチニチソウの花も本来の落ち着いた色になりました。
Img_7656


爆弾低気圧後、ベランダも元の姿に落ち着きました。
Img_7660

2013年4月 8日 (月)

何度見ても好きな姫リンゴの花(ベランダガーデニング)

爆弾低気圧が全国的に荒れ狂いましたが被害はありませんでしたか?

爆弾低気圧が落ち着いてから避難していた植物を元の位置に戻しました。
ついでにベランダの掃除をとウッドパネルを剥いで床を綺麗に掃いておきました。通常でも1ヶ月に1度くらいはしているのですよcoldsweats01
やはり清潔で綺麗なベランダが気持ちいいですgood

姫リンゴがついさっき芽吹いたかと思ったらもうふっくらした蕾を付けています。
Img_7645

この姫リンゴの花、純白で柔らかい感じがしてしかも勢いのある姿は何度見てもまた翌年見たくなります。
Img_7635

この花が咲くと蜜蜂がよくやってきてくれますが今年はどうでしょう?
丁度冬の間張っていた防寒用カンレイシャを取り除いたところだけに蜜蜂が近づきやすくなったので姫リンゴの受粉作業をやってくれるでしょうsign02
Img_7637


Img_7638

強風の影響でしょうか、カサブランカが突然芽を出しました!
(毎日土表面を触って確かめていたのですが一向に気配がなかったのに一夜にしてこんな状態になるとはeye
Img_7639

2013年4月 7日 (日)

山椒の花(ベランダガーデニング)

爆弾低気圧を心配していましたが思ったほどの大雨・強風とはならず一安心です(今日いっぱい警戒が必要なのか晴れ間はあるものの風が強い)

少し荒れた後のベランダは植物が傷んでないかと気になりますが、いきなり葉を広げたり花を咲かせたり驚くことも多いです。

今朝は山椒が花を咲かせそうです。小さな黄色の花は昨年よりも1週間早い開花です。あまりに小さいので注意しておかないと見落としてしまいますeye
植え替えして苗を健康にしてからは毎年花を咲かせてくれます。

Img_7631

つい先日、新芽を出して触れるたびに新鮮なあの香りを放っていた山椒が花を咲かせたのは強風による刺激があったからでしょうか?

Img_7630

Img_7627

隣の木苺も花を咲かせたのですが(この山椒と木苺は生長速度を競っているように速い)こちらは風の影響で折角の純白がくすんでしまいましたcoldsweats01
Img_7624

クレマチスの蔓も驚くほど蔓を伸ばしています。わが身を守るために必死になって蔓を伸ばして近くの枝や蔓に絡んでいますhappy01

周りはすっかり春模様になりましたshine
Img_7625

2013年4月 6日 (土)

爆弾低気圧に備えて(ベランダガーデニング)

今日の午後から関西地方は爆弾低気圧の影響で大雨・暴風の恐れがあるとの予報で注意を呼び掛けていますdanger

何せ昨年そして先日関東・東北地方で猛威をふるった低気圧が再び襲い掛かるのかと思うと出来る限りのことはしておこうと風で飛ばされそうな物や落下の危険があるものを移動させておきました。
Img_7611

蔓植物も飛ばされてしまうかもしらないので紐で押さえておくことに。まだまだこれから危険な個所は対処するために取り敢えず植物避難の様子を記録しておくために写真撮影しておきました(見苦しい画像ですが、この記録が次の避難時に結構役に立ちますhappy01

Img_7620

昨日、セダムの寄せ植えに花が咲いていました。小さな花でも和みますねcamera

Img_7605

爆弾低気圧の被害が少ないことを願うばかりです。

2013年4月 5日 (金)

初めてベランダで咲いたアケビの花(ベランダガーデニング)

今日はすがすがしい春の陽気ですが週末はまた「爆弾低気圧」発生の予報typhoon
数日前の爆弾低気圧は関東・東北地方で暴れまくりましたが関西地方ではあまり影響がなかったようです。今回は免れそうにもない予報ですcoldsweats02
大きな被害がないことを願うばかりですconfident 
そして折角、春になってのびのびと生長した植物達にも被害がないことをsad

発芽してから3年目になるアケビです。(私は発芽に失敗したので苗をもらいましたcoldsweats01
東側ベランダの排水管に絡ませて「排水管」の存在を忘れさせようと蔓植物のアケビを選んでみました。

Img_7591

秋に落葉してそのまま枯れてしまうのかなと心配しましたが先週あたりから新芽をアチコチから出し始めました。嬉しいですね、再会できるのはhappy01
昨年天井に届くまで生長したので今年は何とか花を咲かせてくれないかと思っていたのですが…。

Img_7598

結実までは難しいかもしれませんが花だけでも久しぶりに見たくなりました(田舎の山では秋になるとパッカーンと割れた果実を見つけたものです)

今朝、爆弾低気圧に備えようと冬の間、アロエに被せていたビニル袋を取り除いたついでに隣に置いているアケビの様子をよ~く見ると上方に小さい黒紫色の丸っこいものがそしてそのまた上方に花のようなものを発見しましたeye
Img_7601

Img_7599

たったひとつですが念願のアケビの花と初対面ですhappy01
何かいいことがありそうですsign02

2013年4月 4日 (木)

日陰場所を活性化してくれるヒューケラ(ベランダガーデニング)

すっかりこの半日蔭環境を気に入ってくれたヒューケラです。

Img_7542

壁際になるので風通しもあまりよくないので植物にとっては厳しい環境ですが今年も花茎を伸ばして開花準備してくれています。
Img_7559

Img_7543


Img_7564

ベランダでは日陰・半日蔭場所が多いのでそんな環境で長く生き続けてくれる植物に出合うと嬉しくなります。
Img_7550

カラーリーフも楽しめるので無表情の場所を明るくしてくれますshine
寒さにも強い植物なので1年中楽しめます。寄せ植えしているコクリュウも同じです。
Img_7558

住宅前の桜が満開を迎えましたcherryblossom
週末は少し荒れ模様との予報なので今日くらいが最も見頃なんでしょうか?
しっかり2013年の桜を見ておきます。

Img_7554

2013年4月 3日 (水)

爆弾低気圧の前に(ベランダガーデニング)

昨日病院の待合室で”爆弾低気圧”がやってくるとのニュースを聞いて昨年の爆弾低気圧が大暴れしたことを思い出しましたtyphoon(目新しい表現の”爆弾低気圧”とその正体の怖さにインパクトありましたbomb
我が家は大した被害を被りませんでしたが台風並みの強風で折角新芽を伸ばした植物が駄目になるのではとヒヤヒヤものでしたshock

爆弾低気圧が来る前に気に入りのシーンでも撮っておこうと病院から帰宅(昨年も偶然にも同じタイミングで病院へ行ってましたcoldsweats02)して慌ててシャッターを押しましたcamera

今年もモッコウバラの花がより多く、綺麗になるように誘引を頑張りました。結果が楽しみですshine

Img_7505

クレマチス、モッコウバラ、ビオラと梯子型トレリスにハンギングしたヘンリーツタ、オレガノ・ディクタムナスとの競演は昨年気に入ったので今年も再現したくなりました。植物達が生長したのでより多くの花を咲かせそうです。特にポンポン咲きのクレマチス「ベルオブウォーキング」は昨年の倍以上の蕾を付けているようです。ヘンリーツタもやっと芽吹きましたbud
Img_7507

2013年度計画のひとつとして西側壁の背景を模様替えしてみました。
少しは植物達が引き締まって見えるような空間になった気もして、自己満足ですhappy01
Img_7509

春らしい色彩がベランダの片隅で賑わっています。小さな春ですがちょっとした春を味わっていますcoldsweats01
Img_7517

ヒューケラも活動開始して姿勢を正してシャキッとしてきました。
ベルフラワーもモコモコとボリュームを増して開花の準備はOK!
Img_7519

ベランダ東奥の半日蔭スペースはクリスマスローズオリーブそしてメダカ鉢です。
躯体むき出しだった箇所をDIYして水のあるような雰囲気を創り出そうとしました。
Img_7520

新しいセダムの曲芸?
Img_7524

クレマチスの蕾は好きなな方向にくねくねと位置取りします。音楽でも奏でながら腕を伸ばしているのかなsign02
Img_7527

春定番のアリッサム、ビオラ、葉牡丹などです。
Img_7530

桜が散る頃にはそろそろビオラとの別れも準備です。冬の間、いっぱい元気をもらいましたrun 
Img_7490

今朝は荒れるかなと心配していましたが、今のところ平日よりも風がありません。
関東・東北地方では暴風警報が発令されている所もあり、風が強くなっているようですが関西はこれからどうなるのでしょう?昼過ぎまで警戒ですthink

風の影響でしょうか?ホットリップスが咲き始め、モッコウバラも今にも開きそうな気配です。
Img_7486

2013年4月 2日 (火)

ハツユキカズラの植え替え(ベランダガーデニング)

ハツユキカズラの葉っぱが少し黄緑色になっているので根詰まりしているのではないかと心配になって(いつ植え替えしたかも忘れてしまいましたcoldsweats02)暖かくなるこの時期を待って植え替えしました。
Img_7444

斑入り葉をより多くつけるために、花を咲かせるためにも健康な状態にしてやろうと頑張ってみました。
プランターから抜いてみると案の定、根がびっしりと張りつめていました。ギリギリセーフといったところでしょうかhappy01
Img_7447

古い根を主に4分の1程度を切り取っておきました。
用土は赤玉土7、腐葉土3の割合いで緩効性肥料を適量加えたものです。
だらしなく長く伸びている蔓はカットしておきましたhairsalon

既に新芽をたくさん覗かせているのでこれから柔らかい緑葉を形成してくれるでしょうsign02
この光って瑞々しい新葉のリフレッシュ感が何とも言えません。新鮮な気分にさせてくれますsmile
Img_7459


もう一つハンギングの苗があったのでこちらもついでに植え替えしておきました。

Img_7460

所定の位置に置いてやると生き返ったように見えますhappy01

Img_7478

Img_7480

今年も風車のような白い花が沢山咲いてくれることと葉っぱの変化が楽しめることを期待しますshine
Img_7482

2013年4月 1日 (月)

宿根ブラキカムが開花準備を(ベランダガーデニング)

その小花が気に入ってブラキカムをクリスマスローズのグランドカバーとして植えたのですが2年連続で失敗しました。
一旦、ベランダの環境(寒さ、暑さ、高温多湿、風通しなど)に合わないのかと諦めましたが、昨年別のプランターに植えて再挑戦してみました。

Img_7458

ブラキカムは場所をとらないし花の大きさも丁度いいサイズなので何とかならないかと挑戦してみましたhappy01
希望の色は黄色だったのですが、色によって苗の強さに違いがあるのかと色も赤紫色に変えてみました。

Img_7452

Img_7462

その苗が夏・冬を乗り越えて1年が経過してひとつ、ふたつと蕾を付け始めましたgood
まだ勢いがありませんが根元付近にいっぱい新芽を覗かせているのできっとこれから大きく生長してくれるでしょうsign02
宿根草が繰り返して咲く姿はちょっとしたナチュラル感を味わうことが出来て好きです。

ほぼ成功したので早速1ヵ月前に黄色のブラキカム苗を買ってきて、今度はオリーブのグランドカバー(前回寄せ植えしたクリスマスローズの鉢の隣なので環境的には同じですが花の相性が異なります)として植え付けてみました。

Img_7451


Img_7456

植え付けて1か月以上経過して新しい小さな蕾を沢山付けてくれました。

Img_7464

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »