« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

時計草が活動開始(ベランダガーデニング)

春になって目が覚めてもなかなか活動開始しなかった時計草がやっと動き始めましたcoldsweats01

他の植物達は春の訪れを待っていたかのように新芽を出して花を咲かせてくれたのですが時計草だけは全く動こうともせずにまるで人がパジャマのまま「まだ眠いや」とじっとしているような感じなので心配しましたwobbly

Img_9742

やっと先週頃から先端部分のヒゲが傍に置いているクレマチスにちょっかいを出し始めました。
この時計草は目覚めたら目覚めたで結構せわしいsign02 毎日見張っておかないとすぐに傍の植物にヒゲを巻き付けているのでそれを解くのに時間を要してしまいますcoldsweats01
小さな蕾も付け始めました。この時計草の花、時計にソックリですね。すぐにそのネーミングに納得できますhappy01

Img_9736


最近は日陰場所に移動せざるをえなくなり花付きが悪くなりました。やっぱり日照を好む植物は思いっきり日に当ててやらないと実力を発揮出来ないですね!shock
それで洗濯物を干さないときは時々日に当たる場所に移動させて日光浴させているんですよsun
Img_9739

孔雀サボテンの蕾がかなり大きくなってきました。開くのもそんなに時間がかからないでしょうねsign02
この花は夜に開き1日しか開いていない花なので油断出来ませんeye
Img_9759

傍で咲いているイタリアンパセリも応援していますmotorsports
Img_9762

2013年5月30日 (木)

咲き始めたブライダルベール(ベランダガーデニング)

もうすぐ6月になろうとしていますが「ジューンブライド」には間に合いそうもない我が家のブライダルベールですcoldsweats01

Img_9707


厳しい冬を外で越したブライダルベールの生長速度はこんなものではないでしょうかsign02
冬の間に地上部を殆ど枯らして春しかも相当暖かくなってから新芽を出すのでハンギングから下垂するような姿になるまでには相当時間がかかり7月になってからではないでしょうかsandclock
(店頭に出ているブライダルベールは汚れのない姿でこんもりしていますが…)

Img_9709


日照が良ければ1年じゅう花を咲かせるブライダルベールです。
これからまだまだ時間があるのでゆっくり生長して葉の表情や白い小花を楽しませてくれるでしょうshine
Img_9644

昨日の強風でベランダのクレマチスやホットリップス、オリーブなどの花や葉が沢山落ちてしまいました。今朝掃除してみるとスーパーの袋の半分くらいになりました。
色がなくなり緑が多く目立つようになってしまいましたcoldsweats02

クレマチス「紫子丸」は花びらが散って花芯だけの姿になってしまいました。

Img_9718

オリーブはあっという間に満開となり、もう花弁を落とすものも多いですshine

Img_9717




2013年5月29日 (水)

色が変化したホットリップス(ベランダガーデニング)

ホットリップスが春の花期を終えようとしています。
Img_9602_2


あの紅白のリップが段々と薄い色になってどちらかと言えば白が目立つようになってきました。

Img_9650


本来、寒い時に白色で暑くなると赤色単色になるのですがどうしたことでしょう?
これから暑くなるときに白に変化するとは。一時夏日が続いてそれから少し涼しくなったのでホットリップスが勘違いしたのかもしれませんsign02

傍で白のクレマチスが丁度咲いていてこの白だけのシーンも初めてですが気に入りましたhappy01

Img_9653

クレマチスのグランドカバーとしてベロニカネメシアを植えてみたのですが順調に育っていますgood
Img_9703


この場所は年中日陰場所なのでなかなか植物が育ちませんが半日蔭でも育つ植物ならどうにかなるかなとベロニカを選んでみました。ネメシアは苗が余ったので試しに植えてみましたcoldsweats01
冬の寒さには耐えましたがこれからの高温多湿の環境を乗り越えられるかが課題ですdog
青紫色の花が咲くそうですが斑入りの葉っぱもなかなかいいですshine
Img_9705

午後から突然風が強くなりましたtyphoon 予報とは風向きも強さも全然違うので慌ててしまいます。
折角開いていたクレマチスの花が飛び散ってしまいましたshock
散ってしまう前に撮っておいてよかったですconfident
Img_9467


Img_9598

今年は「姫リンゴ」の結実が少なかったですdown
蜜蜂の姿も見かけなかったし、昨年のように手で受粉させなかった影響でしょうねsign02
ちょっと手伝ってやると後の楽しみが増えるのに時期を逸してしまいましたcoldsweats02
Img_9706

2013年5月28日 (火)

ちょっと早いかな?アメリカンブルー(ベランダガーデニング)

冬越ししたアメリカンブルーが本来の置き場でないのにもう1番花が咲きました。
冬の間は暖かい日はベランダにそして夜はリビングに入れて春を待ったアメリカンブルーなのですが本来の置き場所が空かないので待機状態ですsandclock
Img_9632


秋から冬にかけて楽しませてくれた寄せ植えがまだまだ元気で生育旺盛なので交代時期ではないようなのでアメリカンブルーは日陰で待つしかないのですcoldsweats01
(ベランダはスペースに限界があるので難しいところですね)
Img_9634

冬を越したばかりなのでゆっくりと生長するのですが今年は気温が一気に上がった日もあったことからかヤル気満々ってことでしょうかsign02
(液肥もまだ1回しかやってない状態です)
嬉しいですね、こうやって元気ある植物に会うと自分自身が元気になりますrun

先日、ヘンリーツタに花芽が出来たかなと思ったものはやはりそのようでしたeye
魚の卵のような小さな粒が沢山付いています。
今回は数か所にこのような花芽があるのでいっぱい楽しめそうですnotes

Img_9637_2

まだまだ頑張っているクレマチスもありますrun
Img_9684

Img_9686


今日、近畿・東海地方も「梅雨入り」したと気象庁が発表rain
これから1ヶ月余り鬱陶しい日が続きますshock
ベランダの花でもってこの憂鬱気分を少しでも吹き飛ばしたいですsmile

Img_9695

2013年5月27日 (月)

ゼラニウムが鮮やかになります(ベランダガーデニング)

春の花が一段落して緑色が増えるこれからの時期に鮮やかな花が目立ってくるのがゼラニウムですshine

モッコウバラクレマチスが花期を終えてちょっと寂しい気分になるのですがゼラニウムが少し和ませてくれますspa

ゼラニウムは花期が長いのであまり気にせず落ち着いて観賞できるのがいいですねsign02
水遣りも他の植物に比べると少なくて済むしほとんど手のかからない植物ですpunch

Img_9612

もみじ葉ゼラニウムは炎のような色・形の花が上方に吹き出していますhappy01
冬の間の姿からは想像できないような真紅です。
冬のベランダが寂しくなるのでカラーリーフとしてもみじ葉ゼラニウムを配置したのですがこのような明るい花を咲かせるとは…smile

「カリエンテ」は花数が増えてきて見頃を迎えていますscissors
足元が明るくなって気分も違いますnotes

Img_9621_2


Img_9605


Img_9623


Img_9626


鮮やかな花が多い中、ペラルゴニウム・シドイデスはおとなしい花を咲かせます

Img_9619


Img_9618

好きなブルー系の小花、ブラキカムが再び咲いてくれました。
Img_9645

一昨日開き始めたオリーブが一気に開きました。
Img_9631

2013年5月26日 (日)

オリーブが咲き始めました(ベランダガーデニング)

今年は初めてオリーブの1番花を発見しましたeye

Img_9583


これまでは小さな花を沢山咲かせるので1番花なんて気にもせず気付くと既にかなり咲いている状態でしたが今回は水遣りをするたびにその蕾の変化が気になっていつ開くのかなとウォッチしていましたcoldsweats01

Img_9589


モッコウバラクレマチスの花が一段落したこともあって次は何の花が咲いてくれるかいろいろと探してしまいます。

Img_9579

見る見るうちに開花していきますねbullettrain
ひとつの花を見つけてから半日経過して写真を撮ろうとしたらもうあちこちで開いていましたshine

Img_9577

沢山の花が咲くのですが1本の木しかないので結実は少ない、いや殆ど1個で昨年やっと2個ほど結実して記録更新しましたcoldsweats01

Img_9570

小さい花で見逃しが多い多肉植物の花を発見scissors

Img_9592

Img_9628

花期を迎えるものがあれば終えるものもありますcoldsweats01
クレマチス「紫子丸」は花芯だけになるものが増えてきました(花芯で数日間もってくれますgood
Img_9629

いろんな色・姿を観賞できるので楽しみも増えますnotes
開花直後の姿です。
Img_9601

完全に開いて花芯も開いた状態。

Img_9630



先日植え付けた甘長獅子唐が大きくなりました。蕾を付けてじきに花を咲かせそうですsign02
段々と暑くなってきましたが甘長獅子唐がビールを更に美味しくさせてくれるでしょうbeer

Img_9539


Img_9540

2013年5月25日 (土)

サフィニアに衣替え(ベランダガーデニング)

昨日頑張ったので今日はゆっくり過ごせそうですhappy01

暑くなってきたので今年は早めにベランダも衣替えをしました。
昨日、まだ元気なビオラもあったのですが思い切って処分しましたhairsalon 
いつもなら最後まで見届けてからサフィニアにバトンタッチするのですが最近の急な暑さでは直ぐに弱ってしまうだろうと思って決行しました。

Img_9514


今年もサフィニアは元気の出るパープルミニです。

Img_9519


暑さを好む植物はこれからは見ていても安心できます(苦手な季節に変わる頃まで頑張っている植物を見ると可哀想になります)

サフィニアはギラギラの灼熱の真夏でも生き生きとしているのでその姿を見ていると私の夏バテ防止の特効薬になります。

Img_9523


少しの間、花がら摘みから解放されますcoldsweats01

クレマチス「ベノサバイオレシア」がいい感じになってきました。
2012年計画の高所壁緑化の応援をしてくれています。まだ「篭口」「グレイブタイビューティ」が壁面まで届かないのですが「ベノサバイオレシア」が代役をこなしてくれています。

Img_9526

Img_9559


MEアンドレも存在感を増してきましたshine
Img_9544

2013年5月24日 (金)

ベンジャミンの刈り込み(ベランダガーデニング)

こんなに暑くては植物も大変だろうと夏の準備をしました。
最初にずっと気になっていたベンジャミンを刈り込んでやることにしました。Img_9495

毎年6月下旬に刈り込んでいるのですが昨年はベンジャミンの様子がおかしかったので刈り込みを初めてしませんでしたshock
もう30年以上にもなる老木(?)なので寿命かなと心配しましたが何とか回復してきました。

まだいつもの刈り込みには1か月も早いのですが新芽を覗かせ始めたので枯れることもないだろうと刈り込み決行ですhairsalon

Img_9500


刈ってやるとスッキリしますね!自分の髪を切ったときと同じ感覚になりますhappy01

次はベルフラワーの刈り込みです。花後は花が溶けたようになるので刈り取って風通しをよくしてやります。ベランダを汚さないように袋(冬季に防寒用として使っていたもの)を持ってきてカットです。毎年行っているので迷うことなくカット出来るので時間はあまりかかりませんdash

Img_9503


Img_9504

次の作業はビオラの片付けです。メイン花壇のビオラもこの暑さだと弱ってアブラムシが襲ってくるだろうと思い切って刈り取ってやりました。

Img_9491

あとは花壇を清掃して夏の花、サフィニアの準備です。

Img_9505

忙しい1日ですrun
今はお昼の休憩ですdownsleepy

午後からの作業中、ふと上方のつるバラの様子を見ているとその上方に新しく咲いたクレマチスを発見eye
この色からするとジャックマニー系の「コメレイ」でしょうsign02
今日1日中、夏の準備に頑張ったご褒美でしょうかね?happy01
ベランダの外に向いているので顔を見ることが出来ないのが残念coldsweats02

Img_9508


Img_9507

ベノサバイオレシアはいい感じの色になり次々と開き始めましたgood

Img_9481

2013年5月23日 (木)

今年も咲いてくれたサマースノー(ベランダガーデニング)

ベランダでつるバラを育てるのはやはり難しいかなsign02
今年はサマースノーの育ちが悪い。
考えられる原因は日照が十分でないことと3回の強烈な春の嵐で傷めつけられたことではないでしょうか?

Img_9407


日照は1日よくて午後の3〜4時間程度であり、しかも周辺の植物達の陰となるので条件が悪い(つるバラを最優先しているわけでもないので…confident
そして今年の春は台風並みの嵐がいつもより多く、生長期にやってきて枝がちぎれんばかりに振り回され吹っ飛んだものがあったほどです(ちょっと危険な個所に誘引しているので思うように固縛できなかったことも飛ばされた原因です)

Img_9429

それでも何とか生き延びてくれた箇所からサマースノーの白い花が咲いてくれました。
軒先からはみ出した日当たりの最もいい箇所です。
喜んで花を咲かせてくれた感じですgood

Img_9439


果実と同様に、昨年沢山の花を咲かせたので今年は裏年なのかもしれませんねsign02
そうであって欲しいのが私の思いですcoldsweats01

Img_9438

Img_9454

クレマチス「ロマンチカ」

の表情をcamera

Img_9475

多肉植物も元気、元気!
Img_9473


今日、青じそとガーデンレタスミックスの1回目の間引きをしました。

Img_9460

2013年5月22日 (水)

すっかり気に入ったベノサバイオレシア(ベランダガーデニング)

クレマチスはパッと人を惹きつけるような艶やかさがある花が多いですがこのベノサバイオレシアはおとなしい感じの花です。

Img_9420

Img_9422


初めてこの花を見たときは名札の写真とは違っていて病気にでも罹ったのかなと思ったほどです(花びら中心部の絞り模様が病気に罹って色付かないと勘違いしましたcoldsweats02

Img_9409


それが本来の姿であるこを知るのに少し時間がかかりましたが、見るたびにその小花とぼんやりとした感じが気に入るようになりましたnote

Img_9411


小輪で多花性そして四季咲きならばベランダサイズに合っているしかなりの期間楽しめるので私のリクエストにピッタリですpass

今ベランダで7種類のクレマチスが同時に咲いていてそれぞれのシーンを楽しんでいますnotes

Img_9415


宿根草のサルビア・アズレア
が新芽を出して大きく生長しました(画像中央の背の高い植物)
ブルー系の可愛らしい花を咲かせます。こうやって繰り返しながら毎年咲いてくれると嬉しくなりますnotes
Img_9426

グレゴマが大きくなってきましたup
Img_9435

2013年5月21日 (火)

クレマチスの競演(ベランダガーデニング)

ベランダ西側のパーゴラに絡ませている「ベルオブウォーキング」「MEアンドレ」が競演中です。

Img_9355

Img_9400


私はこのシーンが1年の中で最も好きなひとつです。
コントラストといい、姿形の対比が互いを引き立てていてクレマチスがより素敵になるように感じますshine

Img_9339


Img_9343

この2週間程度のシーンを楽しみに誘引や病害虫駆除に気を付けていますhappy01
今の時期は葉っぱが混んでくるのでうどんこ病が発生してしまいます。液肥は窒素を控えたものに、うどんこ病が発生しそうな風通しが悪い場所は葉を切ってすいてやったり蔓などは薬剤を布に染み込ませて拭いてやります。

Img_9349

少し前までのモッコウバラ「ベルオブウォーキング」との競演に引き続いて大好きなシーンを楽しんでいますnotes

Img_9393

クレマチス「ベノサバイオレシア」が開きかけましたsign01
花びらにちょっと絞りが入って小輪の「ベノサバイオレシア」が今日開き始めました。
あと4種類の遅咲きのクレマチスがまだ花を咲かせていませんがそのうちのひとつです。昨年も「ロマンチカ」とほぼ同時に咲いてくれたのでそろそろかなとウォッチしていたところでしたeye

Img_9398

クレマチス「ロマンチカ」が日ごとに開きますshine もっとゆっくりでいいのにcoldsweats01
Img_9384_2

2013年5月20日 (月)

ハツユキカズラが咲いた(ベランダガーデニング)

ガーデニングを始めた10年以上前はハツユキカズラの花は珍しかったのですが今は普通に見られますねsign02

Img_9277

当時は花どころか葉の発色も難しかったです。店頭で柔らかい乳白色の葉っぱに惹かれて買って帰るのですが育てているうちに緑葉オンリーになっていましたcoldsweats01
1年じゅう緑葉で花も咲かないとなると育てる意欲が失せてしまいますdown
いろいろ試していたらいつの日か発色も花も咲くようになりました。

Img_9317


一旦クセがつくとそれらを毎年繰り返してくれるのでしょうかsign02 
苦労していた頃が嘘のようですhappy01

Img_9304

秋に寄せ植えして楽しんだ植物達は一旦活動休止して休眠していたのですが再び活動を開始しましたrun
ブルーデージーラブラドリカは何度か画像を載せましたがそれらの間からセージが顔を覗かせましたbud

Img_9319


Img_9320


クレマチス「ロマンチカ」が一斉に沢山開きました。昨日までとは随分違った光景になりました。
Img_9322

タイムをブリキ缶に入れて香りを楽しんでいます。これから蒸し暑くなると弱るのでカットしてやらないといけないですねhairsalon

Img_9328

2013年5月19日 (日)

ヘンリーツタは今年も咲いてくれるのかな?(ベランダガーデニング)

昨年初めて咲いてくれたヘンリーツタですがひょっとしてこれがその花芽かな?

Img_9263


昨年発見したときはかなり出来上がった状態だったので形成初期の様子を見たことがありませんeye

葉に変化する様子とはちょっと違う感じがするので期待してもいいのかもしれませんねsign02

Img_9262


ヘンリーツタは10mも長く伸びる植物のようですが、私はミニ仕立てで楽しんでいます。
ハッキリとした葉脈と葉の色の変化を年間を通して楽しんでいます。
昨年初めて花が咲くことを知りましたhappy01
葉っぱだけでも十分楽しめるのに花まで咲いてくれるなんて凄くお得な植物なんですねdollar

Img_9264

パーゴラ横に設置した梯子型トレリスの頂部にハンギングしているのですが、今年はモッコウバラ、クレマチスが大きくなったので完全にそれらの陰となって見ることができませんcoldsweats01

Img_9259

エリゲロン・プロヒュージョンがピンク色に変化する花が増えてきましたshine

Img_9308



イタリアンパセリ
が大きくなり過ぎて花が咲きました。
いつもはこうなる前に切り取っていたのですが少しの間楽しんでみます。

Img_9272


よく見ると蕾の状態もなかなかですcoldsweats01

Img_9274

午後から雨が降り始めましたrain
薄暗くなったベランダではゼラニウム「カリエンテ」がひときわ目立つようになります。

Img_9283


Img_9286

今日、ブライダルベールを毎年ハンギングしていたベランダ西側のアーチに移動させてやりました。
まだ、冬越ししてから枝が伸びていない状態なので収まりがおかしいですがその内生長して下垂するようになると少しは様になるでしょうsign02
Img_9310


Img_9312

前回の雨の後も新たに開いた花があったので終わることなく再び楽しませてくれるベルフラワーですが今日の雨はどうでしょう?

Img_9281

2013年5月18日 (土)

昨年より多くの花が咲きそうな「ロマンチカ」(ベランダガーデニング)

多花性のクレマチス「ロマンチカ」は明らかに昨年よりも多くの花を咲かせてくれそうです。
2012年計画として植えたものですが品種選定も間違ってなかったようですsign02
日陰といった環境にもどうにか適合して高所のために蔓の長い品種を選んだのですが何とか届いてくれましたcoldsweats01

Img_9241


「ロマンチカ」の濃紫色も背景の黄色壁とのコントラストで鮮明となり距離があっても花の存在が分かります。

Img_9242


当初はベランダ中央部のみを計画していたのですが、春に植え替えして鉢増し(但し別品種と一緒です)した影響か生育旺盛だったので東側の壁面にも展張を試みてみました。約3m幅にもなるでしょうかsign02(下の画像の右側部分)

Img_9228

「ロマンチカ」の少し下方まで「ベノサバイオレシア」が届いてもう少しで咲いてくれそうですshine

Img_9236

全く日が当たらない東側高所も花が咲いてくれましたgood

Img_9238

これから蕾が全部開いてくれると昨年の倍以上の花が咲いてくれそうですhappy01

先日通常の花よりも一回り小さな花を咲かせたオスティオスペルマムが更に小さな花を咲かせましたsmile

Img_9243


通常の大きさの半分にも満たないような小さな花ですが我が家のベランダには丁度よい大きさですcoldsweats01
Img_9244

風が少し出てきて天気も下り坂、クレマチスの花びら落ちるようになりました。
明日の雨でベルフラワーも終わりかなとその前にcamera
Img_9252

クレマチス「紫子丸」が鮮やかな色になってきましたshine 早くから開花した花がやっと散り始めました。「紫子丸」は花びらが散っても花芯だけでも少しの間楽しめますnotes

Img_9256




【独り言】

大リーグの日本人ピッチャーの活躍が見ていて気持ちいい!
ダルビッシュに黒田、岩隈投手がバッタ、バッタと大リーガーを打ち取る姿は圧巻です。
今日もヤンキース黒田投手が強力ブルージェイズ打線を完璧に抑える好投baseball
彼らの登板する中継が楽しみですtv

2013年5月17日 (金)

新入りクレマチスが咲いた(ベランダガーデニング)

春に新しくやってきたクレマチス「イワンオルゾン」「フォンドメモリーズ」が開きました。

多花性の濃いブルー系のクレマチスに今年は新たに白色系のクレマチスを追加して柔らかい雰囲気にしてみようと思ってこの2種を選定しました。

Img_9173

初めて見る花だけにイメージ通りかどうかドキドキします。
どちらも既にあるブルーの花よりも少し薄い感じだったので同時に咲いたシーンがイメージ通りになりそうで嬉しくなりましたhappy01
(まだ花数が少ないので妄想シーンとは違いますが段々近づけそうですup

「イワンオルゾン」は同じパテンス系「HFヤング」とのコーディネートです。
薄紫色の大輪が集まってインパクトが強かったエリアが薄い紫〜白色が加わることで和らぎそうな雰囲気になるような気がしますcoldsweats01

Img_9183

「フォンドメモリーズ」はまだユーカリの葉の中で1輪だけしか咲いていません。
もっと上方まで伸びて濃い黒紫色の「ロマンチカ」と競演してくれればと今後の生長に期待しています。
Img_9181

Img_9194


Img_9196

今日、クレマチス「シャンテリー」が5個目の花を開きました。

Img_9212

クレマチスが沢山咲くようになってベランダが1年で最も好きなシーンを演出してくれるようになりましたshine

Img_9222


先日植え付けた夏の花サフィニアアズーロコンパクトがかなり生長しました。
切り戻しを繰り返しているのですが待ちきれないのか花を咲かせるようになりましたcoldsweats01
ビオラがまだ頑張っているので控室の北側ベランダで待機です。

Img_9214

先日種蒔きした青じそもやっと芽を出してくれましたcoldsweats01
一緒に蒔いたレタスミックスが早く芽をだしましたが青じそは発芽の気配がないので種が古くなったので(一昨年に買った種)もしかして…と新しい種を買って再度蒔いてみようかなと思っていましたconfident
これで夏の素麺が美味しく食べられそうsign02

Img_9215

2013年5月16日 (木)

MEアンドレが既に咲いてました(ベランダガーデニング)

MEアンドレ(パテンス系)もベランダ前面で既に咲いていましたcoldsweats01
ベランダから身を乗り出さないと見えない位置に3輪ほど数日前から咲いていたのでしょうかsign02
昨日モッコウバラの花がら摘みをしていて発見しました。

Img_9159


古い蔓を取り除いて整理し、新芽の位置を確かめながら蔓をアーチ前面に誘引していたのですが思わぬところに伸びていましたeye

Img_9160

そうすると今朝、アーチ前面にいきなり5個ほどが一斉に開き始めていましたshine
いよいよこのエリアの最盛期です。このシーンが1年間で最も好きですdog


Img_9169


この濃赤紫色はインパクトがあって気に入ってますgood 
白〜ラベンダー色に変化するクレマチス「ベルオブウォーキング」との競演もなかなかいいものです。昨年はモッコウバラとの競演を楽しめましたが今年は間に合いませんでしたbullettrain

Img_9180

反対側の東側壁のクレマチスはまだ元気ですup

Img_9187


Img_9190


【独り言】
朝ドラ”あまちゃん”がなかなかおもしろい!
主人公を演じる能年玲奈さんの表情も新鮮で好感がもてるが
次回、そしてまた次回が楽しみになってしまうほどだ。
前作の「純と愛」は途中で諦めましたが今回は最後まで楽しめそうsign02

2013年5月15日 (水)

ヒューケラが満開(ベランダガーデニング)

ヒューケラが花期を終えようとしていますcoldsweats01
実際の満開はGW後半でしたがクレマチスが急に咲き始めたのでついついヒューケラの観察が疎かになってしまいました。
Img_9123

ヒューケラはその小花も可愛いのですが緑葉を背景にした姿クレマチスなどの花を背景とした姿も気に入ってますgood 同じ花でも背景によって違った雰囲気を醸し出して面白いですねsign02

Img_9128


私にとってGWの花として印象が強いベルフラワーと共にもうじき花期を終えてしまいます。


Img_9133

今日、ヒューケラの下位置で春に植えたパテンス系のクレマチスが初めて咲きましたhappy01

Img_9140_2



Img_9145

Img_9144

クレマチスの1番花の「紫子丸」も本来のいい感じの色になってきましたshine

Img_9158

【独り言】
昨日はいい天気だったのでちょっと気合を入れて室内のメンテをしました。
浴室のカビが発生した目地部分のコーキングとキッチンのレンジフードの清掃とフィルターの取り換えをしてみました。(浴室は毎週タワシでゴシゴシしているのですがそれでも僅かですがカビが生えますねcoldsweats02

目地コーキングはカビの生えた箇所の目地材をドライバーで取り除くのですがこれが素人には手こずる作業。悪戦苦闘して取り除いた後マスキングテープを貼って目地材を注入するのですがこの辺はマニュアル通りにするだけなので簡単でした。

レンジフードは定期的にやっていて要領をマスターしているので簡単、フィルターをカットするのに多少時間がかかるくらです。油がこってり付かないうちにやればやりやすいsmile

一昨日は網戸の張替とまだ暑くない日に作業を終えることが出来ました。これで少しは爽快な夏を過ごせそうですsign02

2013年5月14日 (火)

まだ楽しめるビオラ(ベランダガーデニング)

夏日になるたびに弱ってくる冬の花ビオラですが花がらや傷んだ箇所を刈り取ったりなどして延命していますcoldsweats01

冬の間はビオラの勢いから元気をもらいましたが今の時期は周りの草花との競演などで優しい感じを楽しんでいます。

エリゲロン・プロヒュージョンが白花からピンク系に変化してきた花も混ざってきたので赤紫色ビオラが柔らかく感じてきました。

Img_9085


ブルー系のフリル咲きビオラ「ミルフル」もその青紫色とポンポン咲きのクレマチス「ベルオブウォーキング」がラベンダー色に変化してきて柔らかくなってきた感じですgood
Img_9089

Img_9092

メイン花壇のビオラもまだ頑張ってくれていますcoldsweats01

Img_9095

スタートが少し出遅れた黄色のビオラはシャキッとしてまだまだ頑張るつもり?

Img_9086


午後1番に髪を切ってきたのですがスッキリしますね!
植物達にもスッキリさせてやろうと暑さに弱いアリッサムを短く刈りこんでやりましたhairsalon
(画像は刈り込み途中の状態です。3分刈りにしてやりましたhappy01
Img_9096

春の花後に刈り取った赤紫色のアリッサムは再度花を咲かせてくれました。
こちらはもう少ししてから夏越しの刈り込みをしてやります。
Img_9097

2013年5月13日 (月)

昨年の夏を乗り越えたオスティオスペルマム(ベランダガーデニング)

昨年春に植えたオスティオスペルマムが今年も咲いてくれました。
昨年夏の高温多湿で衰えてしまいましたが宿根草の本領発揮で春になるとしっかり新芽を伸ばしてくれましたbud 嬉しいですね。
花後にかなり刈り込んだり出来るだけ風通しをよくしてやるのですが、ベランダはかなり高温となったり風の通りが悪いのでなかなか大変ですcoldsweats01

Img_9069


温室に育てられて新苗として店頭に出た時のような勢いはありませんが自然の中で生き延びたたくましさが茎などに表われて特別な気持ちになりますhappy01

Img_9071

このオスティオスペルマムは八重咲きもあるのですね、鮮やかで勢いがある花に柔らかさと豪華さを加えたようで見た瞬間、育ててみたくなりました。
今の苗を長く育てられる自信がついてからの楽しみですpresent

同色系のブラキカム、ネメシアと寄せ植えしているのですがそれらの中で最も大きい花なので親分といったところでしょうかsign02

Img_9070

同じプランターに植えているカサブランカが大きくなり、ホットリップスの中から首を出しそうな高さになりましたup

Img_9075

先日種を蒔いた青しそ、レタスミックスのうち青しそが発芽しました。

Img_9082

先週末の雨を伴った強風で大好きな花のひとつのベルフラワーが乱れてしまい、もう終わりかなと諦めかけていたのですが雨露を払ってやって乱れを整えてやったらかなり回復しました。もう少し楽しめそうですhappy01

Img_9078_2

ベルフラワーは花後に切り戻しをして風通しをよくしておけば何年も繰り返し咲いてくれますgood

ゼラニウム「カリエンテ」も益々いい色になってきましたshine

Img_9076

2013年5月12日 (日)

5月中旬のクレマチス(ベランダガーデニング)

待ちに待ったクレマチスの開花でしたが、5月中旬になると早咲きタイプはもう散り始めてちょっと寂しい気分になりますcoldsweats02
それでもまだ咲いていない遅咲きタイプがあるので楽しみが続きます。

1番最初に開花した「紫子丸」は先端部から株元に向かって殆どの蕾が開きました。そして、早くから開いている花の一部は発色を始めています。

Img_9020

蔓先端部から花が咲くので上方は発色を始めましたが下方は蕾を開き始めた状態です。
Img_9054


Img_9037

今年新たにベランダにやってきた「ルビーグロー」は4つの花が咲きましたが3つは散ってしまい最後のひとつとなってしまいましたcoldsweats02

Img_9039


大好きなタイプのひとつ、ポンポン咲きの「ベルオブウォーキング」は5月上旬になると一斉に開きました。豪華な花で周辺が一気にボリューム感を増しますshine
Img_9024

一昨日の雨を伴う強風でモッコウバラが一気に散ってしまいましたがベルオブウォーキングとの競演が楽しめますnotes

Img_9030


それらの中に「MEアンドレ」がこれから頑張るぞとばかりに蕾を沢山覗かせています。今、ひとつだけが開いて存在感をアピールしていますshine
ベランダの外に向かって咲いているので正面から見ることができません。夕方に柔軟体操をしてブリッジしながら撮影に挑戦してみましたcoldsweats01
Img_9063

ベランダ中央部には少し低い位置に清楚な感じの「シャンテリー」がまとまって咲いてくれました。

Img_9036


Img_9033


このプランターの中や隣接プランターには花の中心部が絞り模様の「ベノサバイオレシア」や半鐘咲きの「篭口」、チューリップ咲きの「グレイブタイビューティ」等を植えています。
蔓を元気よく上方の壁に向かって伸ばしている最中です(2012年の緑化計画で目標としたものなんです)

Img_9038


この中央壁には昨年、濃紫色「ロマンチカ」が数個の花を咲かせてくれて嬉しかったのですが今年は更に多い蕾を付けてくれていますup

Img_9032


東側壁の「HFヤング」は今が最盛期です。大好きな薄紫色の大輪をいっぱい咲かせてくれて元気をもらっています。

Img_9027


Img_9025


4月下旬との景色とは随分違って華やかになりましたshine
Img_9042

2013年5月11日 (土)

2年目のゼラニウム「カリエンテ」(ベランダガーデニング)

耐暑性、耐寒性が心配だった「カリエンテ」ですが弱ることなく元気に夏、冬を乗り越えました。これで我が家のベランダの環境に順応することが実証されましたok
夏の高温には強い旨の説明はありましたがその分寒さには弱いのかなと思いましたが頑強な植物のようですgood

Img_9014


ゼラニウムは葉の模様も1年じゅう楽しめ、鮮やかな花も咲かせてくれるのでスペースに制限があるベランダでは効率的で役立つ植物ですpass このことは何度も書いたことがあるような気がしますがそれ程ベランダガーデニングに適する植物のようですgood
(だから、ヨーロッパなどの窓辺に飾られているのでしょうかsign02 1年じゅう楽しめるもの)

Img_8958

よくぞこのような澄み切ったピンク色を発色させる花なんだろうと驚くほどです。シクラメンの花びらの透明感にも似ていますねsign02
Img_9013


Img_9016


今年、一回り大きいビニルポットに植え替えしたので株も少し大きくなったような気がしますshine 

乾いたことをしっかり確認してから水遣りしています(土表面が乾いてもう1日おいてから) 肥料は2週間に1回くらい液肥をやっています。夏と冬はやりません。

Img_9017

他のゼラニウムも花数を増してきました。
「もみじ葉ゼラニウム」は紅色を増して情熱感タップリ状態!

Img_9057


「ペラルゴニウム・シドイデス」「もみじ葉ゼラニウム」とは逆でシック感を漂させていますwheelchair

Img_9058

Img_9060

2013年5月10日 (金)

メダカも嬉しそう(ベランダガーデニング)

春になって幾分水温が上昇したからでしょうかメダカが冬眠から目覚めたようです。
冬の間はメダカ鉢の底でじっとして冬眠状態ですthink
Img_8992

冬の間は全くエサをやりませんが4月ころからメダカが水面に上がって日向ぼっこをするようになるとほんの僅かエサをやってみます。
活発にエサを食べるようになると少しずつ量を増やしてやります。
エサは10時ころと4時ころの2回に決めています。量も水面上で全てを食べきれる程度の量ですsign01
Img_8935


5月になるとほぼ全部のメダカがエサを欲しがるようになり、メダカ鉢に近づくと近寄ってきて指に吸い付くようになりますhappy01
こうなるとお互いの気持ちが分かる感じですcoldsweats01 少々メダカの体に触れても逃げようとはしません。むしろ何度も近寄ってきます。
Img_9006


このメダカ鉢の水は6年半替えたことがありません。この水鉢で飼い始めてからは蒸発した分を補給するだけです。補給水は水道水をペットボトルに入れて約10日間以上日に当ててカルキー抜きをしたものを使っています。

通常、水槽の水は汚れてきて水を替えてやらないとメダカが死んでしまいそうになりますがこのメダカ鉢の水の浄化には川エビタニシが役立っていると思われます。
エダカを飼い始めてからずっと共生しています。丁度バランスがいいのでしょうか?
鉢底に荒い砂利を敷き詰めている効果もあるでしょうねsign02
Img_8987


メダカも棲む環境がよければ長生きするでしょう!
メダカの寿命は1,2年と言われますが我が家のメダカは外敵もいず、冬は防寒してやるので(夜間に鉢に蓋をするだけですcoldsweats01)長生きするのでしょうか?
この1年間も冬に21匹のうち1匹が死んでしまいましたが残りは元気に春を迎えましたgood
平均して4〜5年以上は長生きしているようですnotes

姫睡蓮を入れたみたときもありますが日照不足のため育たないようでした。今はウォーターマッシュルームを入れています。これはいいですね!1年じゅう緑を楽しめます。メダカも喜んでいますgood
Img_9010
傍にオリーブの鉢を配置しているのですがグランドカバーとして植えたブラキカムも小さな花を咲かせました。

Img_8984

Img_9001

2013年5月 9日 (木)

クレマチス「シャンテリー」が咲いた(ベランダガーデニング)

クレマチスの記事が続いていますが兎に角一斉に咲き始めたので嬉しさあまり写真を撮ってしまうのでその流れになってしまいますcoldsweats01

ベランダの中央部のプランターにノウゼンカズラを植えているのですがその根元部分をカバーするために背の低い(つるの短い)品種「シャンテリー」を植えています。

Img_8945

昨年はノウゼンカズラの葉っぱの中に埋もれて「シャンテリー」の花が隠れてしまいましたが、今年はノウゼンカズラをあまり刈り込まなかったので根元部分には葉っぱを付けないので「シャンテリー」の花を楽しめそうですsign02
気を付けて誘引した成果もあるんですよ~smile

Img_8803


先端部が丸くて柔らかい白色の短い花びらはほんのり感があり他のクレマチスとは違った雰囲気があります。
花芯や花びら中心線の薄い黄色は輝いているようにも見え優しさを増しますshine

Img_8823


正面から見るよりも斜めから見た方が優しい感じでしょうかsign02

Img_8946


この「シャンテリー」はリビングから目の前に見ることができるのでPC作業をしながらモッコウバラクレマチスを背景にして眺めていますeyeglass


Img_8796

勿論、ベランダに出て何度も見て楽しんでいますhappy01

Img_8964

今日、オスティオスペルマムが開きかけていました。
宿根草が年々繰り返して咲いてくれると嬉しいですね!happy01

たった1輪でも凄く嬉しくなります。ずっと水や肥料、乾燥対策などやった甲斐の成果として植物が長生きしてくれると元気をもらえますrun
Img_8969

先日咲き始めた「ベルオブウォーキング」も日ごとに花数が増えてきましたshine

Img_8966

東側壁のHFヤングも好きなシーンを披露してくれますscissors
Img_8977

2013年5月 8日 (水)

次に開いたのはHFヤング(ベランダガーデニング)

「ベルオブウォーキング」に次いで咲いてくれたのは東の壁際に這わせている「HFヤング」でした。
Img_8929

ブルー系の花が好きですhappy01 
今の時期は次から次と青や紫色の花が咲いてくれるので高揚しっぱなしですrun

Img_8699


「HFヤング」は我が家のベランダのクレマチスでは最も早くから育てています。
澄みきったブルーの花がパッと咲いてくれるので新鮮な気分になれます。

Img_8791


Img_8793



根元部分の蔓径が1㎝を超えるほど生長しました。

Img_8677

今年は例年以上に蔓を切り戻して整理してみました。古い蔓や弱い箇所を取り除いて誘引もこまめにしてみました。
その効果があってか蔓の低い場所から高い場所まで平均して花を付けることが出来ましたgood
Img_8763


ベランダの東壁際ではこの「HFヤング」ベルフラワー、ブルーデージー、ネメシアなどのブルー系が競演してくれることが私の5月の楽しみなんです。
今、丁度ベルフラワーブルーデージーが満開を迎えていますup
Img_8822

これから数日間が東壁際が最も美しく活動的になっくるので楽しめますnotes

Img_8680

Img_8755


このところクレマチスがあちこちで咲いてくれるので嬉しいですhappy01
明日は多花性で白い中輪花の「シャンテリー」の記事が書けそうですpencil???

Img_8865

先日咲いたペラルゴニウム・シドイデスが蕾や花を増やしてきましたconfident

Img_8835

クレマチスの大きな花に目がいってたら小さな花の変化に気づきませんcoldsweats02
散ったモッコウバラの花びらを掃除していたらハツユキカズラの花芽を発見eye

Img_8839

2013年5月 7日 (火)

3年目のクレマチス「ベルオブウォーキング」が咲き出した(ベランダガーデニング)

早くから蕾が沢山出来たので喜こんでいた「ベルオブウォーキング」がなかなか開かなくて焦れていましたが、やっと開いてくれました。
Img_8709

ポンポン咲きの「ベルオブウォーキング」、初めて見たときから好きになりました。
球体なのでどの方向からも見られ、背景によって違った表情を楽しめるので飽きませんねhappy01

Img_8718


好きな花が咲いてくれると嬉しいですhappy01 1日中テンション上がりっぱなしですrun
今日は何度もベランダに出て楽しんでしまいました。
Img_8735


蕾の状態ではモッコウバラと同系色なので存在が分かりづらいですが開花すると存在をアピールするように大きくなるので分かりやすくなりますeye
Img_8722


Img_8683


この「ベルオブウォーキング」は姿・形そして色の変化とどれをとっても大好きになってしまいました。そして花期も長いので嬉しい日が長くて幸せ気分になりますhappy01

今は日当たりのよいベランダ前面部分が咲いていますがパーゴラ正面にも蕾が付いているのでベランダのテーブルに座ってゆっくり眺めることが出来ます。
Img_8838

「MEアンドレ」も1輪だけ咲いてくれました。昨年はこの「MEアンドレ」が加わって競演してくれたのですが今年は間に合うでしょうかsign02
これからベルオブウォーキングが薄紫色に変化していい色合いになるのですがMEアンドレの濃赤紫色の花が加わると引き締まってきます。
(次の画像の下の方で咲いている赤紫色の花がMEアンドレです)

Img_8701

Img_8723


ベランダ西側も昨年よりも進化した表情になったので一安心です。
冬の間に仕切り壁の部分を立体的にみせる工夫やモッコウバラ、クレマチスの誘引を頑張った成果がありましたgood
Img_8737

Img_8810

一番最初に咲いた「紫子丸」はまだこんな色ですがひょっとして日照が足りなくてこの色が完成色となるのでしょうかsign02
Img_8743

2013年5月 6日 (月)

クローバーが咲いた(ベランダガーデニング)

冬の間は地上部を殆ど枯らして醜い姿になっているクローバーも春になると生育旺盛となりますclover

花を咲かせますが白色で地味なのでよく観察しておかないと気づきません。
どちらかと言うと花よりも葉の模様を楽しむ植物なんでしょうsign02
Img_8645

Img_8638


クローバーは窒素を土中にためる性質があるので窒素の多い肥料(通常の液肥)はやらない方がいいようです。窒素が多すぎると株が弱ってしまいます。私は肥料を一切やりません。乾いてからタップリと水遣りします。

物置の上に置いていて手前のトレリスに絡むノウゼンカズラ、クレマチスが壁となっているので向こう側に回って近づかないとクローバーを見ることが出来ませんthink
Img_8642

モッコウバラが散り始めました。水遣りするときに体が触れると黄色の花びらがパラパラと落ちてしまいますcoldsweats02
咲いてくれるまでにあんなに待ったのに散ることの早いことbullettrain

でも今年は期待していない場所で咲いてくれたので嬉しかったですhappy01
ベランダの高所緑化計画場所にダメモトでモッコウバラの長い蔓を誘引してみたのですがなんと数輪だけ花を咲かせてくれました。
日が全く当たらない場所でも咲いてくれましたshine

Img_8631

この場所にはノウゼンカズラも誘引しているのですがこちらは予想通り花芽が付かないですね(10年以上もベランダで育ててみて花が咲くのは日当たりの良い場所のみであることは理解しているのですが僅かな可能性を期待していますcoldsweats01

Img_8643

クレマチスが次から次と咲き始めました。アブラムシの発生時期であり大切な植物達が被害に遭わないように今日は害虫対策しておきますdanger
Img_8688

オリーブの木に蕾がついていましたeye
最近はモッコウバラクレマチスについ目がいくので他の植物の変化を見落としがちです。今朝、メダカにエサをやるためにメダカ鉢に近寄るときにオリーブの枝が邪魔になり手に触れたときに気づきましたsmile
Img_8674

Img_8673

今日、夏野菜として甘長獅子唐の苗を植え付け、青しそガーデンレタスミックスの種を蒔きました。
そろそろビールや素麺が美味しい季節です。楽しみが増えます。
Img_8689

今日は害虫対策や夏野菜の準備と忙しい1日でしたrun
ご褒美としてベランダ西側のパーゴラに絡ませているクレマチス「ベルオブウォーキング」が沢山咲いてくれました。
明日の投稿が楽しみですpencil
今日は遠くから1枚パチリcamera
Img_8728

2013年5月 5日 (日)

ペラルゴニウム・シドイデスが咲きました(ベランダガーデニング)

今日5月5日は「こどもの日」、子供の頃は特別に嬉しい感情が湧き上がっていたような気がしたように記憶しますhappy01

ゼラニウムが鮮やかに咲く季節になりました。
鮮やかな花が多いゼラニウムですが仲間のペラルゴニウム・シドイデスはシックで大人っぽい花でちょっと変わっています。
Img_8544


自己主張しないところが気に入っています。
まだ本格的に咲き始めたわけではありませんがこの赤紫色の小花がいっぱい咲くと不思議な空間を創ってくれますshine

Img_8567

ベランダに東端から西側を見るとペラルゴニウム・シドイデスの首を伸ばしているような花茎の先端の濃い赤紫色が目につきますeye
Img_8630

Img_8628

5月に入ると植物の生育が凄いですね。
エリゲロン・プロヒュージョンはベランダのあちこちで可愛らしい花を咲かせています。
Img_8625

ブルーデージーも今年は凄い花数になりましたhappy01
Img_8624

今日は蜂までが来てくれて成果の結晶を味わってくれていました。
Img_8664



次の画像は日蔭場所の緑化計画の試験中です。
ベランダの日当たりのよくない場所はどうしても植物が育ちにくのですがそのような環境に適する植物もあるものです。
園芸書で調べてみてもいいのですが、一般的なことしか載ってないことが多いので自分でベランダのそれぞれの場所に合った植物をいろいろと挑戦して確かめるのも楽しいですよhappy01

Img_8523

2013年5月 4日 (土)

ベルフラワーが満開(ベランダガーデニング)

やっぱりGWにベルフラワーが満開状態になってくれましたshine
Img_8571


辺りをパッと明るくしてくれるベルフラワーが大好きですhappy01
Img_8557

Img_8575


何故かこの花を見るとワクワクします。気付くと沢山写真を撮っていますcameracoldsweats01
勤めていたころはGW後半になりがちな憂鬱気分も解消させてくれていましたconfident
この花からは随分元気と勇気をもらいましたrun

Img_8506

鉢表面を緑葉からブルーの花で一気にいっぱいにしてくれる変わり様は手品師のようですdrama
Img_8572


この場所は雨が降っても濡れにくいので花を長くもたせるには好条件なのですscissors
(花が濡れると溶けたようになって醜くなってしまいますcoldsweats02
ベランダガーデニングの利点ですねsign02

Img_8559

ベランダの西側端から眺めると…ヒューケラビオラと競演。
このシーンが結構気に入ってますconfident

Img_8584


GW期間中は自宅でゆっくり過ごしているのですが植物の変化が最も大きいので楽しめますnotes 
クレマチスゼラニウムが咲いたり、カサブランカが大きくなったり…
Img_8513

カサブランカは上の画像の中央部に写っているのですが…。

もみじ葉ゼラニウムの花は元気の出る色です。
葉っぱも花も楽しめます。

Img_8494

Img_8611

Img_8612

2013年5月 3日 (金)

久しぶりに外から見たベランダ(ベランダガーデニング)

年間を通して殆ど見ることのない外からの我が家のベランダを覗いてみることにしました。
カメラをぶら下げて降りてから見上げるベランダですがなかなかその様子をとらえるのは難しいですがベランダ前面に咲いているモッコウバラの記録を撮っておきましたcamera
Img_8468_2

ベランダ中央の高い壁面も今年は緑が多くなりましたgood
黒紫のクレマチス「ロマンチカ」の花や「篭口」更には「グレイブタイビューティ」がこの壁面に咲いてくれると最高なんですが、ハードルはまだ高いようで目標達成まで時間がかかりそうですsnail

Img_8477

ついでに東側の壁面の様子も。
もうすぐクレマチスやつるバラが咲いてくれるのですが今は緑の葉っぱが覆っていますclover
Img_8474

ベランダの中の感じとは違った景色もなかなかいいです。
Img_8467


今朝、開いてくれることを期待していクレマチス「MEアンドレ」は昨日と同じ状態でもう一息。ちょっと残念でしたが後ろを振り向いて東側の壁を見ると「HFヤング」が同じように開きかけていました。
Img_8498

この色は好きですねぇhappy01 元気が出ます。
下の方では同系色の小花、ネメシアも咲いています。
Img_8500

ブルーデージーラブラドリカ、アジュガも同じブルー系でしたねcoldsweats01
Img_8503

Img_8501

そしてもうひとつ、ベルフラワーも鮮やかに満開状態になってきました。
明日ゆっくり撮影して記事投稿してみようかなpencil
Img_8519

2013年5月 2日 (木)

ベランダで恒例のBBQ(ベランダガーデニング)

GW期間中は外出予定がなかったので友人を呼んでベランダで焼き肉をしました。
明るいうちから始めることにしてゆっくり団欒できました(前の中学校の校庭ではまだ部活で賑やかな時間からアルコールを楽しめるのはちょっと特別な気分ですbeer

Img_8489


昨日は上空に0℃の寒気が入ってきていることもあってひんやりした空気の中で決行です。
(北風がかなり強かったのですが南向きベランダでラッキーでした)
足元に電気ストーブを置いてのBBQも初めてでした。

合計4人のこじんまりとしたBBQでしたがモッコウバラが最盛期を迎えたベランダでの久しぶりの友人との会話に時間と寒さを忘れていましたcoldsweats01
Img_8447

昨年秋以来のBBQでした。

今日はインテックス大阪で開催されている「食の博覧会」に行ってきましたsubway
Img_1022



平日だからそんなに混んでいないだろうと出掛けたものの、いやいやいっぱいの人、人。
初めて飲むアイルランドビール「キルケニー&ギネス」は飲み干すまで経験のないほどのクリーミーさは美味しかったですbeer

Img_1028

その他「ひるぜんの焼きそば」や「博多ラーメン」など日頃食べたことのないものを腹いっぱい食べられて満足、満足happy01
Img_1031


Img_1033

「食の博覧会」から帰ってベランダの様子を覗いてみるとクレマチス「MEアンドレ」が開きつつありました。明日の朝には開いているでしょうかsign02
Img_8497

今年は白色ポンポン咲きの「ベルオブウォーキング」の方が早く咲くのかなと早くから大きな蕾になっているのを待ち続けましたが形勢逆転のようですcoldsweats01
Img_8492

2013年5月 1日 (水)

まだまだ元気なガーデンシクラメン(ベランダガーデニング)

冬の寒いベランダでピンと直立した花茎に明るいピンク色した花を咲かせて元気をくれるガーデンシクラメンも例年なら気温が上がるにつれて花期を終えます。

しかし、今年は異常気象の影響でしょうか、まだまだ生き生きとした姿を披露してくれます。
それどころか今の時期になって花数を増やすほどです。
透き通るような爽やかな色はガーデンシクラメンならではですconfident
Img_8405

いつもなら花数が減る姿を見ながらバトンタッチする夏の花を準備するのですが一向にその気配がありません。
Img_8408

まだまだ元気でなガーデンシクラメンを楽しみたいですnotes

一昨日の嵐で折角大きくなったクレマチス「ベルオブウォーキング」の蕾が折れてないかと心配になり(前の嵐で一番大きな蕾が取れてしまったので)チェックしましたが大丈夫でしたhappy01
Img_8436


Img_8440

今日から5月。GWにはモッコウバラクレマチスの競演が見られるかなと期待していたのですが間に合いませんでしたcoldsweats01
それでも1番花の「紫子丸」が次第に色付いてきたので楽しみです。これから濃紫色に変化していく筈ですnote
Img_8429

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ