« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

冬越しのワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

花が少なくなるとカラーリーフやグリーンを楽しんでいます。
Img_0377

日頃はベランダの植物に水遣りしていても目が届きませんが春の花が終わるとそれらの切り戻しや落ち葉拾いなどそのあと処理をしているとヘデラやハーブ類などのその姿や葉模様が視界に入ってきますeye
Img_0382

冬の間に葉を落としてワイヤーのみの状態になって切り戻したワイヤープランツが新葉を付けていたことにやっと気付いたりしますcoldsweats01
Img_0379

数年前までは冬の間はワイヤープランツをビニル袋で被って防寒対策していましたが最近はそのままで冬越ししています(寒さが厳しい場所の一部のワイヤープランツのみビニル袋で被っています)

スペードの形をした葉も楽しめますnotes
Img_0387


ワイヤープランツは乾燥を嫌うので土表面が乾いたら直ぐに水遣りしています。小さなポットに入れているので乾きやすく今の時期は2日に1回遣っています。葉っぱには毎日のように霧吹きしていますsweat02
Img_0385


青じそ
が生育して混み合い、間引きしないといけなくなりましたが勿体ないので空プランターに移植してやりました。
これで1,2回分の素麺を多く食べる量は確保出来そうですhappy01
Img_0376

2013年6月29日 (土)

北海道を思い出すラベンダー(ベランダガーデニング)

段々と暑くなってくると思い出す植物のひとつ、ラベンダーですhappy01
Img_0372

暑さを忘れるために涼しい北海道の景色をイメージするとすぐにラベンダー畑が目の前に広がり冷たい空気に包まれた場面が思い出されます。
Img_0356

もう20年も前に見た富良野のラベンダー畑ですがあまりに広大で一面広がるラベンダー色はあまりに強烈だったのでずっと残っています。胸いっぱい吸った空気が美味しかったことも影響しているような気もしますsandclock
Img_0371

ラベンダーも我が家のベランダでは随分前からいるレギュラーメンバーですeyeglass
こうやって一つの花でも咲いてくれるから毎年素敵な場面を思い出すことが出来ますnotes

Img_0366

傍のポットに植えているイチゴ「夏姫」もジューシィな色になってきたのでそろそろ収穫時です。でも、もう少し観賞していたい気持ちもcoldsweats01
Img_0365

アケビの蔓が排水パイプと躯体との隙間に侵入していたので水平方向に誘引してやりました。生育旺盛の植物はちょっとした隙間に入っていって取り除くことが出来なくなることもしばしばあるので日頃からウォッチしておかないといけないですねeye
Img_0374

2013年6月28日 (金)

ユーカリの摘心と整枝(ベランダガーデニング)

ユーカリの生長は驚くほど速いです。
ベランダで育てるとすぐに天井に届いてしまいます。
Img_0336

なので摘心を繰り返して高くなるのを抑制していますhairsalon
摘心の時期は生長期の今頃がいいようですsmile

最頂点の摘心はこまめに少しずつを繰り返しています(大胆に切ってしまうと一気に枯れてしまうのではないかと踏み切れませんweep
Img_0350

我が家のユーカリクレマチス3品種ものの支柱の役割もしてくれる頼もしいヤツですbomb
ユーカリの株元にたまたま置いた1年苗のクレマチス「ロマンチカ」が一気に登りつめてユーカリの葉の中で咲かせた花の姿が気に入ったのが病みつきになり、次々とクレマチスを絡めてしまうようになりましたcoldsweats01
Img_0351

蔓の整理に忙しいですがユーカリクレマチスとのコラボの姿を楽しめると思うとむしろその作業も楽しくなりますnotes
Img_0352


次の画像は作業前の様子です。
Img_0332

「時計草の開花ショー」を見ることが出来ました。
数分間で花びら開き、しべが時計の針のような姿になっていくのです。
花びらはしべが内側から押し広げられてパッコーンと開き、折りたためられていたしべは外に出ると向きをくるっと変えるといった見ていると面白い。
神秘的にゆっくり変化する動きを観察していると蝉の孵化を見たときの感動を思い出しましたhappy01
Img_0354_2

2013年6月27日 (木)

イタリアンパセリが発芽しました(ベランダガーデニング)

15日に種を蒔いたイタリアンパセリみつば発芽してくれましたbud
猛暑日が続いたのでひょっとして芽を出してくれないかと心配しながら水を撒いていましたがここ数日の雨や曇り日のお蔭でしょうか昨日様子を見に行くとヒョロっとした細い茎が突然覗いていました(一昨日はあまりの雨の降込みにベランダに出られないほどでしたrain
Img_0340_2

このイタリアンパセリみつばは発芽率がいいようです。
これで4度目の挑戦ですが全て成功です。しかも3年前からの種子を使っても大丈夫でした(残った種子は冷蔵庫の野菜庫で保存しています)

イタリアンパセリは連作を嫌います。
しかし、観賞用と少しの食卓の”添え”のために育てているのでちょっと無理して昨年の土壌に苦土石灰を混ぜて使って連作しています。
Img_0343_2

これからの夏場は土表面が乾いて茎が固くなったりして下の方の葉が黄色くなったりするので水不足に注意です。

葉のグリーンを楽しんだり花を楽しんだり更には食にも役立つイタリアンパセリみつばが今回も発芽してくれて楽しみが増えましたhappy01
次の画像はみつばの発芽です。
Img_0342_3


青じそも大きくなってきました。これからの私の大好きな素麺の季節に間に合いましたdelicious
Img_0345_2

今日はユーカリの中でもつれているクレマチスの蔓を解いて誘引をしましたhappy01
Img_0347

2013年6月26日 (水)

花が咲きだしたアズーロコンパクト「ライラックムーン」(ベランダガーデニング)

西日本は大雨警報が出ていますrain
南風も強くてベランダは荒れていますtyphoon 緑葉が落ちたりしていますshock

アズーロコンパクト「ライラックムーン」を日当たりの良い南側ベランダに移してから10日間が経ちました。
やはり日光が好きなようで見る見るうちに花を咲かせていますsun

今日は残念ながら強風に遭って振り回されていてうまく写真も撮れませんが、この花の色、落ち着いていて気に入りました(小花は勿論、好きなので言うことなしですhappy01
Img_0330


先日、2番目に結実したイチゴ「夏姫」が色付き始めました。大きな実なので楽しみいっぱいです。今年はヒヨドリが狙っていないので安心して生長を楽しめます(毎年ベランダにやってきていたヒヨドリがこないと気にもなりますcoldsweats01
Img_0325

【独り言】
今朝の大リーグ、ヤンキース対レンジャーズ戦は黒田投手とダルビッシュ投手の投げ合いということでどちらも応援するといった変な気持ちでしたthink
結果はどちらも勝ち負けなしで降板ということであとはイチロー選手の活躍を期待しながら中継を見ていたのですが、9回裏2アウトから劇的なサヨナラ本塁打baseball
またいい場面を生中継で見ることができました
tv

2013年6月25日 (火)

シルバーリーフのディコンドラ(ベランダガーデニング)

昨年秋に寄せ植えした鉢の植物もこれからの暑さでくたばってしまうものもあるかと思います。
Img_0319

冬から春にかけてはサルビア、ブルーデージー、ラブラドリカなどのブルー系の花が楽しませてくれました。少し動きでもとグランドカバーとしてシルバーリーフのディコンドラに初挑戦しましたがこちらは他の植物達の生育旺盛さに圧倒された感じでしたcoldsweats02
Img_0316

鉢を半日蔭場所に移動させてやると心地よさそうに見えますconfident
ディコンドラが蔓を伸ばしシルバーリーフが増えましたup

Img_0320

ディコンドラは品種によって育て方が全く違うようですdanger
この「シルバーフォール」は日当たりよく乾燥を好むのですが、緑葉の品種は半日蔭で少し湿り気のある土を好むようです。
同じ名前の植物でもこのように性質の異なるものがあるのでしっかり調べてから育てた方がいいようです。
*我が家の「シルバーフォール」も本来なら冬の間置いていた日当たりのよい場所の方がいいのですが、寄せ植えした他の植物が真夏の灼熱が苦手だろうと日陰に移し、その場所を冬越ししたアメリカンブルーに譲ってやりました。

2013年6月24日 (月)

見かけによらず頑強なオリズルラン(ベランダガーデニング)

もう30年近く家族と共生しているオリズルランです。何代目になるかは分かりませんがランナーを伸ばして作る子株にバトンタッチして常にベランダやリビング、浴室で顔を合わせています。
Img_0312

我が家の植物では最も早くからある一つです。殆ど手のかからないオリズルランです。
頑強でどこに置いていても生き続けるようです。
Img_0306

ベランダで冬を越すオリズルランは水を全くやりません。冬季は水を遣らない方が凍傷に遭わないようです。自己保持した水分で冬を越すようです。夏季も乾燥気味に育てています。3週間に1回位の水遣りです。肥料は殆どやりません。
他の植物と寄せ植えする場合は仕切り板かポットに入れるなどして根が暴走を防止することをお薦めですmemo
Img_0307

オリズルランの花も小さくてよく見逃してしまうのですが、今回はたまたま最近ベランダに花が少なくなってきたので次に咲く花を昨日探していたら蕾を発見しましたeye
Img_0308

2013年6月23日 (日)

春のベランダをまとめてHP更新(ベランダガーデニング)

夏がやってきたので「春のベランダ」をまとめてHPを更新しました
Verandahigasi252jpg

最近、HPの容量が倍(?)になっているようなので作業が楽でした。これまでは容量ギリギリだったので古い記事を削除したり写真を精いっぱい縮小したりで時間がかかってしまいましたshock
余裕があるっていいことですね。ストレスが大幅に軽減されますgood

あの暑さは何処へいったのでしょう?
暑さを好む植物達は喜び過ぎていっぱい花を咲かせたのですが…
Img_0301

カサブランカも蕾を膨らませ始めましたbomb
Img_0302

ベランダも少し花が少なくなり休憩中といったところでしょうかsign02
Img_0303



2013年6月22日 (土)

ハートカズラの1番花を発見!(ベランダガーデニング)

ハートカズラの花をよく見逃しそうになります。
花の色が葉や茎と似ているうえに細長く、且つ小さいので近づいてよ~く見ないと花と認識出来ないほどですcat
Img_0292

毎年この時期になるとウォッチしているので気付きますがボ~としているといつの間にか花期を終えてガッカリすることでしょうdown
Img_0272

この花は兎に角、変わった形をしています。例えるものもなく見たことのない人に説明しようとても理解してもらえないでしょうsign02
もっと視力が良ければ先端部分のけったいな詳細が見えるのでしょうが…
Img_0289

満開になるのが例年7月中旬頃なのでもうしばらく花を楽しめそうですnotes
Img_0296

毎日のように「時計草」が咲いてくれるようになりましたnotes
1日花なので折角咲いてくれた姿をしっかり楽しんでいます。
Img_0298


2013年6月21日 (金)

日光が欲しいノウゼンカズラ(ベランダガーデニング)

今日も朝からシトシト雨が降っていますrain
各地で記録的な雨量が降っていますが災害がないことを願うばかりです。河川がかなり整備されてきたにも拘わらず設計値を超えるほどの記録的な雨量なので氾濫してしまうのでしょうねsign02

夏を代表とする花の一つにノウゼンカズラがあります。あの鮮やかなオレンジ色の花が人の目を惹きつけます。戸建ての庭に植えてあるとその一際目立つ花が殆どの人の視界に入ってくることでしょうsign02

Img_0264

このノウゼンカズラは強い日照を好むというか強烈な日照がなければ花を咲かすことが難しいようです。
そんな性質のノウゼンカズラをベランダで育てるのは無謀な気もしましたが好きな花だけに何とかなるさぁと10年以上前に挑戦しましたcoldsweats01
Img_0265

我が家のノウゼンカズラは薄紫色の花を咲かせる品種です。
僅かですが日がよく当たる枝先に毎年8月中旬頃に咲いてくれます。
昨年は日当たりのよい場所に誘引出来てなかったので花が一つも咲きませんでした。
やはり、植物は環境条件が整わないと生育・開花しませんねdanger
Img_0268

今年は花が咲かないなら緑葉で壁面を緑化しようとベランダ奥の高い壁際に蔓を誘引してみたのですが結果としてそこから枝をベランダ軒先まで伸ばすものがあるのでひょっとしたら花芽が付くかもしれないと淡い期待をしていますconfident 
10%くらいは期待できるかもですshine

時計草の花が咲いてくれるまではしっかりと観察するのですがその後の経過はあまり見ません。いつの間にか閉じて…ほっておくと実となっていますcoldsweats01
今日はちょっと閉じる経過を観察してみましたeye
後始末もいいようで几帳面にシベを元にあった場所に戻して花びらも閉じましたsign01
Img_0262
(時計の長針、短針、秒針を中央にきちんと閉じました)

2013年6月20日 (木)

元気になってくれたベンジャミン(ベランダガーデニング)

コンフェデ杯soccerのイタリア戦は惜しかったですね!
内容では勝っていたのにちょっとしたスキをつかれたように感じただけに悔しいwobbly

ベンジャミンを一昨年に植え替えたものの昨年はどうも元気がなく様子がおかしかったので再び植え替えして切り戻しもせずに静観していました。
人間と同じで調子がわるかったのでしょうね?30年も育てて1度もなかった元気なさでしたdown
そんなこともあって昨年1年間ベンジャミンについての記事も書けませんでしたcoldsweats02
Img_0246

今年は昨年よりは少し元気かなとボサボサ頭を思い切って切り戻してやりました。

切り戻し後約1ヶ月経過したのですが新芽をいっぱい出してくれましたbud
これを確認できるとほっとします。元気になってくれたのだと嬉しくなりますhappy01
Img_0255

今日も「時計草」が咲いてくれましたnotes
Img_0256

梅雨空を少し明るくしてくれるようですshine
Img_0257

黄金カズラの葉っぱが”黄金”らしくなってきましたshine

Img_0261

2013年6月19日 (水)

オリーブの実(ベランダガーデニング)

オリーブの花期が終わって花がらの掃除に忙しい日々を送っていますが、今日小さな実を付けているのを発見しましたeye
Img_0235


Img_0232

数mm大の大きさです。
全体を探してみると4個ほどありました。まだ結実していない花がら状態のものもあり増える可能性もあるので期待しています。
Img_0238

オリーブは異種苗を置いて結実を多くするのが基本のようですがベランダで花と木の姿を楽しめればいいいと思っているので1本しか育てていませんcoldsweats01
Img_0237

もう7年以上も育てていますが最高記録は昨年の2個なんです(大きな実になって一応最終段階まで木に付いたままでしたgood

今年は記録更新出来るかな?smile

【独り言】
日曜日は「父の日」ということで久しぶりに大阪まで出掛けて夕食を家族と共にしました。
最近、大阪駅周辺は見違えるほど変化して賑やかになっていますnotes
人混みが苦手な私は最近完成した「グランフロント大阪」とは逆方向の場所の西梅田のレストランでゆっくりしました。
Img_1037

 

ここの地下道はいつも植物が綺麗にディスプレイされていて楽しみです。
余り光が通らない場所でも生き生きとした植物を見ると背筋がシャキッと伸びて元気が出ますhappy01
Img_1039


いただいた”京野菜料理”は胃袋に優しく心地よい満腹感を味わえましたbottle
Img_1040


Img_1041


Img_1043


Img_1044


Img_1046


Img_1047


Img_1050


Img_1051

2013年6月18日 (火)

苞葉が現われたオレガノ・ディクタムナス(ベランダガーデニング)

オレガノ・ディクタムナスの産毛の付いた銀葉の中から淡いグリーンの苞葉が現われ始めました。
Img_0226

昨年よりも少し早いようです。
このグリーンが何とも新鮮ですbud
Img_0224

春になっても植物の活動開始は異なるのですねsign02 人間の寝坊と同じなんでしょうか?

Img_0225

以前はオレガノ・ガーデンダイアリーを育てていたポットなのですがディクタムナスが引き継いでいます。
Img_0217


常緑なので冬の褐色のベランダに緑を提供してくれます。これからの季節は銀葉として優しい雰囲気を創ってくれます。そして7月下旬には薄青色の花を咲かせてくれますnotes
Img_0228

甘長獅子唐の収穫が出来るようになりました(ガーデンレタスミックスは2回目の収穫を終えましたscissors
唐辛子のような辛みはなく、獅子唐よりも甘い甘長獅子唐です。ピーマンのような苦味も少なくてしかも栄養豊富です。夏バテ防止にピッタリで焼いてビールのつまみにしていますbeer
Img_0220

2013年6月17日 (月)

そろそろ収穫期のイチゴ「夏姫」(ベランダガアーデニング)

昨年よりも少し遅いイチゴの収穫のようですsign02

Img_0207

昨年の今頃は何個か収穫できていましたが今年はまだたった1個の収穫です。
水分たっぷりで甘いイチゴ「夏姫」でしたよhappy01
Img_0110

6月になって生長が目にハッキリ分かるようになってきましたeye
白い花が咲いたかと思うと1日で花びらを落とし、実を付けています。花が咲いたときに互いをくっつけて受粉させてやっていますscissors
Img_0108

毎年初夏にランナーを伸ばして子株を増やします。その子株をベランダのいろんなプランターに定植していたらいつの間にかかなりの数になっていましたsign01
Img_0197


Img_0199


Img_0200


Img_0201

イチゴ「夏姫」は強健な品種のようで冬越えも簡単に出来るようです。1年じゅう緑葉を付けているので緑化に役立ち利用しています。

Img_0203

Img_0193


Img_0195

2013年6月16日 (日)

つるバラ”春がすみ”が咲いた(ベランダガーデニング)

つるバラをベランダで育てることに10年以上もの間、躊躇していたのですが初挑戦として選んだ2品種のうちのひとつ「春がすみ」です。
Img_9993

優しいピンク色と柔らかい感じの姿が気に入りましたが、何よりも選考基準の第一条件としたトゲが少ないので狭いベランダでも扱い易いので助かっています。
Img_9996


Img_0179

今年は冬から春先に消毒しなかったので”うどんこ病”に襲われてしまいましたcoldsweats02
ベランダは風通しが悪いのでより管理が重要となってくるのにこんなことでは健康な花は咲かせてくれませんねcoldsweats01
Img_0182

それでも1年間再会出来るのを楽しみにしてきたので、こうやって数輪でも花を咲かせてくれると和みますねhappy01

サマースノーも早くから咲いてくれているのですがベランダの外に向かって咲いているのでまともに顔を見ることが出来ないのが残念ですdown
Img_9958


Img_9957

2013年6月15日 (土)

アズーロコンパクト”ライラックムーン”(ベランダガーデニング)

今朝は曇り空cloud そして気温も昨日までと違って下がってくれましたdown

やっとライラックムーンのアズーロコンパクトのベランダデビューです。
Img_0154

ビオラを処分するのが可哀想でなかなか交代できませんでしたcoldsweats02
北側のベランダで出番を待っている間、切り戻しを繰り返していましたhairsalon
Img_0166

日照不足となって間延びしそうになってきたのでヤキモキしながらひたすら待っていたのですが一昨日、昨日と神戸は35℃の猛暑となりビオラが花期を終えるような姿となったので思い切って処分し、アズーロコンパクトを南側のベランダに移してやりましたscissors
Img_0169_2

暑さを好む植物なので安心して見ておられますconfident やはり適切(快適)な環境で育ててやりたいですねcat

アズーロコンパクトは7,8年前から育てていますがこのライラックムーンを育てるのは初めてです。
スカイブルーは冷涼感を提供してくれるので殆ど毎年育てています。
Img_0160

色によっても花付きや寿命は異なるようなのでこのライラックムーンは色・姿・形だけでなくどのようになるのか楽しみです。

ブログを書き始めたときに今日も開くかなと思っていた「時計草」が書き終えた30分後にはもう開いていました。
Img_0176_2

この時計草の姿・形はインパクトありますね!もう20年以上も毎年見続けていますが今でも咲くたびに感動しますhappy01
Img_0177

今日は曇り、小雨模様だったのでイタリアンパセリみつばの種を蒔いておきました。
あまり暑いと発芽しにくいだろうと曇りの日を選んでみました。
Img_0175

2013年6月14日 (金)

もうすぐ1年のウォーターマッシュルーム(ベランダガーデニング)

昨日の神戸は滅茶苦茶暑かったですsun 35℃を超えたとか、突然の気温上昇に外に出るとめまいがするほどでしたshock

今朝は多少風があるのでマシですが週末の大掃除で汗だくになりましたsweat01

常緑のウォーターマッシュルームはメダカ鉢が1年じゅう活動的に見えるようになりました。
”緑”の力は偉大ですね!
Img_0115


睡蓮にも挑戦しましたが日照不足で無理な感じで、偶然出会ったウォーターマッシュルームは日陰でも育つようですgood
Img_0116

このウォーターマッシュルームは瑞々しいからかアブラムシの好物のようですsign02
風通しがあまりよくないメダカ鉢の中に置いてこともあってアブラムシが卵を産み付けるようです。
Img_0124

一旦短く刈りこんでやりましたが再び見かけるようになりましたeye
少ない時はそのまま水中に落としてメダカのエサにしてやりますfish
Img_0121

5月には小さな花も咲かせていました。残念ながら写真を撮り忘れましたcoldsweats01
(昨年の様子はこちらです)

傍のブラキカムが長い間咲き続けてくれますshine

Img_0112

突然真夏日が襲うようになりベランダの植物の水遣りが忙しくなりましたrun
イチゴなど水を好む植物は午前と午後の2回、水遣りしています。

Img_9974

この暑さでサフィニアが爆発したように開きましたbombhappy01
Img_0173

2013年6月13日 (木)

時計草が咲きました(ベランダガーデニング)

「時の記念日」の10日には間に合いませんでしたがいいタイミングで時計草が咲いてくれました。
先日の朝刊で明石天文台で時計草が咲いたとの記事が載っていました。
Img_0087

雌しべが長針、短針、秒針、花びらが文字盤となった時計にそっくりなので「時計草」と名付けられたようですが花が咲くのが「時の記念日」の頃とは”時の植物”そのものですねsign02
(我が家の時計草も6月10日前後に咲いてくれますpass

Img_0093

時計草もいろんな種類があるのですが我が家のベランダでも育てられる品種はこの「ムーレアナ」が最も適しているようです。
20年以上も前から育てていますが、冬に簡単な防寒(ビニール袋を被せる)をするだけで枯れることなく生育してくれますgood
Img_0091

昨年は半日蔭場所に置いたままだったので花数が少なかったと反省し、今年は洗濯物を干さないときは移動させて出来るだけ日に当ててやってみましたsun
やはり蔓の勢いも違い、蕾も沢山付けるようですよscissors

水を控えめにして乾燥したら遣るようにしています。
Img_0099




2013年6月12日 (水)

セダムの花を発見(ベランダガーデニング)

我が家のベランダで最も小さな花のひとつであるセダムの花が咲きました。
Img_0041


Img_0052

3日前に水遣り(霧吹き)するときに先端白い蕾を発見したのでウォッチしていましたeye

Img_0027

セダム多肉植物の花は小さいので余程注意していないと見逃してしまいます。
(十二単衣を2回ほど見逃してしまいましたcoldsweats02
見逃すと1年間待たないと見ることが出来ないのでショックですdown

Img_0054


セダムは梅雨時から真夏の高温多湿と冬の低温に弱いのでその期間は気を付けています。今は水を遣り過ぎないように霧吹き程度にしています。
Img_0057

ちょっと雑貨のメンバーを増やして賑やかな雰囲気にnotes
Img_0070

2013年6月11日 (火)

生育旺盛になったサフィニア(ベランダガーデニング)

苗を植え付けてからずっと切り戻しを繰り返してきましたがほぼ形が整ってきたので、切り戻しを休止したら見る見るうちに花芽を沢山付けました。
Img_0004

勢いがあっていいですね! 
葉も花も濃い色で病気や害虫には負けないぞ!といった勢いを感じます。

Img_0010


これからの灼熱にも負けない姿は私にとって夏バテ防止の最良薬になってくれますrun
Img_9978

今は液肥を2週間に1回くらいやっています。ベランダの弱ってきたビオラなどにアブラムシが増えた(今年は特別に多いような)ので注意していますdanger
Img_0006

Img_0007

多肉植物セダムもこの時期は元気がいいですねnotes
その特別な姿・形を楽しんで鬱陶しい梅雨を少しでも快適に過ごしています。
Img_9775

Img_9977_2


イチゴ「夏姫」が色付きました。たった1個ですが嬉しいですね!
他の苗も花が咲くようになりこれからがベランダイチゴの季節でしょうかsign02
ヒヨドリも最近はやってこないので失敬されることはないでしょう?
ヒヨドリに代わってたまにですがメジロや他の小鳥がやってきます。
初めての小鳥には御馳走してやりたいですcoldsweats01
Img_9984

そして今日、ガーデンレタスミックスが初めて収穫できました。早速柔らか~い新鮮なレタスを食卓へ。
採りたては美味しい、おいしい。
Img_9982

2013年6月10日 (月)

ヘンリーツタの蕾(ベランダガーデニング)

今年のヘンリーツタは沢山の蕾を付けてくれましたshine
Img_9944


先月蕾らしきものを発見しましたが自信半々でしたがここまで生長すると確信できますcoldsweats01

5,6か所に葡萄房のような形で形成しています。ブドウ科ツタ属だから当然かもしれませんねmemo
Img_9947

生育旺盛な植物なので肥料は抑え気味に与えています。1か月に1回くらい液肥をあげています。
小さな4号ポットで育てコンパクトに仕上げたいのです。少ない土壌なので毎年植え替えるように努めていますrun
Img_9943

全てが落葉している春先に姿・形を整えて(生長したときの姿を想像して)剪定しています。
あとは自然任せです。
葉脈がハッキリした緑葉や秋の紅葉などほぼ1年じゅう楽しめます。鮮やかな色に紅葉するのでベランダで”紅葉狩り”気分を堪能できますmaple
Img_9952

Img_9953

昨日、夕食は簡単にBBQをすることに。暑くもなく、寒くもなく丁度いい気温なので外気に触れながら食事をするのもいいなと急遽決まりました。
開放感のある中での食事は2倍、3倍…と美味しく食べられますbeer

Img_1884

【独り言】
今朝、人がしゃべっている声で目が覚めましたdespair
なかなか話し声が終わらないのでリビングに行ってみるとなんとTVが点いている。
間違いなく昨夜スイッチを切ってから寝たのにです。
人でも入ってTVでも見ていたのかなと不安になったりも。
そういえばTVメーカーから「ある番組で再起動を起こす不具合が生じたのでソフトを自動で修正します」とのメールがあったことを思い出しましたflair
どうもその作業が早朝に行われたようです。
しかし、作業後にスイッチが入りっぱなしとは納得できないですねshock
出張などで留守をしている方はどうなったのかと心配、そして一方的にソフト変更が出来るなら壊すこともできるのかな懐疑心をいだいてしまいました。
便利になった現代ですが悪用されないことを願うばかりですhappy01

2013年6月 9日 (日)

ブルーの花で爽快な気分(ベランダガーデニング)

蒸し暑くなってくるとブルー系の花を観賞して涼んでいますaquarius
ブルー系は爽やかな気分になりますscissors

Img_9924


ブルーデージーブラキカムの尖った花びらはより涼しげに見え、ゆっくり揺れる姿はついじっと見つめてしまいます。メダカ鉢のすぐそばに置いているのでメダカの泳ぐ姿や揺れるブラキカムの花に見とれていると時間が経つのを忘れていますclock

Img_9922

花期を終えようとしているクレマチス「紫子丸」も花芯だけでも十分爽快感をもらえます。最後の花になってしまいましたが元気をいっぱいもらいましたrun
Img_9927

セージも秋から冬にかけて随分楽しんだのですが再び色を添えてくれます。
穂状に光沢のある花を咲かせるので存在感があります。葉っぱも特徴があり、その姿・形が気に入ってます。

Img_9935

Img_9918

これからベランダの夏の花として頑張ってくれるアズーロコンパクトも切り戻しをほぼ終えて開花期間を迎えます。
Img_9937

その個々の花は可愛らしく涼しげです。
Img_9932

Img_9870




2013年6月 8日 (土)

花が増えてきたペラルゴニウム(ベランダガーデニング)

ペラルゴニウム・シドイデスが段々と花茎が伸びてきて花数を増してきました。
昨年の満開時が6月下旬だったからもう2週間ばかりです。

Img_9899

半日蔭でも沢山の花を咲かせてくれるので配置に困らなくて済みましたhappy01
ゼラニウムは日当たりを好むのですがこのペラルゴニウムは半日蔭でも十分な強健な植物のようです(1年じゅうこの場所に置いています)

Img_9895


ビロード地のような濃赤紫色の小花はシルバーリーフと相性がよく互いを引き立たせているような感じです。
人気があるのが分かるような気がしますgood

Img_9867


Img_9862

イチゴ「夏姫」の大きな花が咲きました。気持ちいいほど真っ白な花です。
最近は蝶々や蜂がベランダにやってくるようになったのできっと受粉して大きな実を付けてくれることでしょうsign02
Img_9915

Img_9916

2013年6月 7日 (金)

6月の黄金カズラ(ベランダガーデニング)

クレマチスモッコウバラなどの花が一段落するとベランダは緑が多くなってきて鬱蒼となり夏らしくなります。
Img_9892


そんな中、カラーリーフが和ませてくれます。シルバーリーフやもみじ葉そして斑入りの葉っぱは緑一色の中でちょっとしたアクセントとなって目を楽しませてくれますnotes
Img_9976


今の時期の黄金カズラは艶やかな葉の表面が輝いて見え、黄金の存在をアピールしているようですsign02
花が咲かないだけに(我が家の黄金カズラに限ってでしょうか?)葉の色・模様が目を惹きつけますね。
新しく芽吹いてから葉は金ぴかになりますが秋には紅葉するなどその変化も十分楽しめますgood
Img_9890


葉っぱからの蒸散が多いのか土の乾きが早いようですeye 水持ちのよい土に植え付けた方がいいようです。そして水遣りも忘れないように。
Img_9894


ハツユキカズラも仲間ですがこちらは花を咲かせてくれます。
Img_9891

アメリカンブルーを日当たりのよい場所に移動させてやりました。日光が好きなのに日陰ではちょっと可哀想になってきましたcoldsweats01
Img_9907


昨年秋に寄せ植えした鉢と交換です。
アメリカンブルーは葉っぱの色が薄くなっていましたがこれから日光を浴びると濃くなってくるでしょうsign02
Img_9905

2013年6月 6日 (木)

久しぶりのカサブランカ(ベランダガーデニング)

5年ぶりにカサブランカの球根を植えてみました。背丈が高く、大きな花を咲かせるのでベランダでは不似合いかなと積極的に育てなかったのですがユリの女王らしくゴージャスな姿を見たくそして香りを嗅ぎたくなったので1個だけ植え付けていたものです。Img_9877

プランター内の養分を他の植物達が消費するのでカサブランカは十分に供給できないのでしょうか、少しやせ気味になってしまいましたcoldsweats01

Img_9873

これまでは7月に開花しているのでこれももう少し時間がかかるのでしょうsign02

Img_9882

最近イチゴの生育が著しいeye
大きな緑葉を広げて傍の植物の邪魔をするほどですcoldsweats01

Img_9885

今朝一つだけ実が付いているのを見つけました。

Img_9884

2013年6月 5日 (水)

ブルーベリーの実り(ベランダガーデニング)

昨夜サッカーの日本代表がW杯本大会出場を決めてくれましたねsoccer
清々しい朝を迎えることが出来ましたhappy01

昨年は沢山の収穫があったブルーベリーですが今年は裏年になるのでしょうか結実が少ないですcoldsweats01

Img_9848

花のときから少なかったのでしょうか(私は変わらないと感じていましたが)毎年ヒヨドリがやってきて悪戯していたのですが今年はその少なさに同情したのか全く寄り付きませんでしたshock

Img_9843

実りの時期になって数えられるほどの実しか付いていません。
ブルーベリーの木の姿・形そして花や結実、紅葉のシーンを楽しんでいるので収穫が少ないからとさほど落ち込みませんが多いに越したことはありませんねconfident

Img_9844


Img_9845

メダカが健康体になってきましたup
春先は冬の間ずっと冬眠状態で栄養分を消費してスリムな体になっていましたが暖かくなって食欲旺盛になってきて1日2回のエサをあっという間に平らげるほどになってきました。
量が少なくて腹を空かしているのか最近はメダカ鉢に近づくと一斉に寄ってきます。
Img_9852


指を水面に近づけると飛び跳ねるありさまです。
見る見るうちにお腹も大きくなってきて動きも俊敏になってきました。
嬉しいですね、健康体を見ると元気をもらえますrun

2013年6月 4日 (火)

エアプランツに再挑戦中(ベランダガーデニング)

エアプランツに再挑戦しています。
この6月で丁度1年を経過です。夏と冬をクリアしながらまだ生き続けています(前回は途中で枯れてしまい、いや私が枯らしてしまいましたcoldsweats02
Img_9766

Img_9767


今回は葉水をするなど乾燥し過ぎに注意して管理しています。
寒い冬はリビングに入れて寒気に遭わせないようにしましたnote
時々強風で下のメダカ鉢に落ちて水浴びしたのもエアプランツにとっては良かったかもしれませんgood

Img_9769

用土が要らないのが何と言ってもいいですね。汚れないし、場所も取らないしどこにでも配置出来るといったメリットが多い植物ですscissors
Img_9771

Img_9850

まだまだクレマチス「紫子丸」が新たに咲いてくれますup
Img_9839


Img_9840

ガーデンレタスミックスが随分大きくなってきました。青じそも素麺に間に合うかな?coldsweats01
Img_9835

2013年6月 3日 (月)

アズーロコンパクトのベランダデビュー(ベランダガーデニング)

梅雨入りしたけれども神戸の週末の天気はどうにかもってくれましたcloud

別の場所で切り戻しを繰り返していたアズーロコンパクトをベランダの所定位置に出しました。

Img_9814


冬から春にかけてビオラが目を楽しませてくれましたが30℃近くの気温になると急速に弱ってしまいそろそろ交代時期となりアズーロコンパクトの出番です。

Img_9810


毎年同じようなことの繰り返しですが季節ごとに変わるベランダの景観が楽しみですshine
今年は昨年とは様子が違いますdown
昨年はつるバラが見事に咲いてくれていた状態でしたが今年は全く咲いていませんcoldsweats02

なのでハンギング位置をいきなりそのつるバラの誘引ルート途中のスペースにしました。

Img_9817


スカイブルー”は冷涼感があって夏を過ごすにはいいかなと思い毎年選んでいます。

もう一鉢アズーロコンパクトがあってそちらは初めての”ライラックムーン”です。出番をどうしようか迷っているところですがこちらも2,3日でベランダデビューになるでしょうsign02
これで夏の花が揃いますshine

Img_9813

甘長獅子唐が大きくなってきました。白い花も付け始めました。
これから害虫等に注意しながら沢山収穫があるように頑張らなくては…happy01
Img_9832


Img_9834

2013年6月 2日 (日)

孔雀サボテンが咲きました(ベランダガーデニング)

開花までもう2,3日かかるだろうと思っていた孔雀サボテンが昨夜咲きました。

Img_9782

朝まできちんと開いていてくれるだろうかと心配しましたが大丈夫でしたscissors
朝6時、寝ぼけ眼で焦点を合わせてシャッターを押しましたcamerahappy01
Img_9788


特に今年は蕾がこれひとつなのでこれっきりかと思うとしっかり見ておかないと…coldsweats01
(昨年は数個が咲いてくれたので余裕をもって観察できたのですがeye
Img_9793

孔雀サボテンはその姿からは想像出来ないくらいのゴージャスな花を咲かせますねsign02
何度見ても感動させられますbomb

Img_9797

花弁は透き通るような白でしべも白とオール白でシンプルなのですがその神秘なゴージャスさに惹きこまれてしまいます。

Img_9801

ゼラニウム「カリエンテ」が満開になりました。
Img_9807

2013年6月 1日 (土)

スパティフィラムがじきに咲きそう(ベランダガーデニング)

スパティフィラムがもうじき咲いてくれそうですshine
Img_9751


ガーデニングを始めたころから我が家にあるスパティフィラムですが新しい植物が増えるにつれてそちらに目がいってしまいスパティフィラムの管理が段々疎かになってしまいますcoldsweats01
そのせいか以前のようなたくましい姿ではなく華奢になってしまいましたcoldsweats02


Img_9750

それでも花を咲かせてくれます。感謝しなくては!
少しの気持ちとばかり液肥をやっておきましたnote

*その後6月3日に開きました。
Img_9831

クレマチス「ロマンチカ」がユーカリの中で迷ったのか意外なところで花を咲かせていました(クレマチスが迷ったのではなく私が誘引を怠った結果です)

Img_9754



Img_9756


本来はこの高い場所で仲間と一緒に咲いている筈なんですが…
Img_9758

日陰場所の緑化に昨年”ベアグラス”を置いてみたのですが丈夫ですね!
冬も簡単にクリアしました。繁茂し過ぎないように活用してみたいですnew
Img_9765

Img_9777

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »