« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

やっとHP更新できました。(ベランダガーデニング)

ずっと気になっていたHP更新(2013年秋の記録)がやっと出来ました。
秋の様子をまとめておこうと思うもののPC操作があまりうまくないので取り掛かるまでが時間がかかります。
スラスラ出来るなら苦労しないのですが……。

それでもパソコンといった便利な道具があるのでポチポチとキーボードを押しながらまとめあげるようにしています。
過去の記録を振り返ることで効率的にガーデニングができるので結果的には費用、時間をうまく使っているような気もするのですが…。

〈今日のベランダの様子〉
Img_4656

Img_4657

Img_4651

Img_4650

Img_4674

Img_4670

2014年1月30日 (木)

オキザリスが咲きました(ベランダガーデニング)

昨年は1月中旬に蕾を付けたものの2か月が経った3月になってからやっと花が咲いたのですが今年は気温が少し高い影響でしょうか嬉しいことにもう咲いてくれました。

Img_4640

まだ1輪だけなので今後どのようになるのか分かりませんが黄色い花が咲くと冬の終わりを告げてくれるようで肩の力を抜くことが出来る感じになります。

Img_4636

このオキザリスは日光に当たらないとなかなか開かないようです。一旦咲いて開花期を迎えても寒い日はいくら待っていても閉じたままの状態です。昨年は寒い日が続いて開くチャンスが無かったのでしょうか?
頑強な植物ですが光と温度には凄く繊細なようです。

Img_4641

花後は自然に葉っぱも枯らして地上部は全て無くなってしまいます。
オキザリスもいろいろな品種があるようです。
我が家の品種は球根で休眠します。乾燥気味にしておけばあとはほとんど手をかけずに育ってくれるほどたくましい植物です。

Img_4635

ーカリのグランドカバーとしていろいろな植物を試しましたが失敗を重ねましたがたどりついたのがこのオキザリスです。
強健で繁茂旺盛なので他の植物を侵食する恐れがあるかもしれません?
私は地中に板を入れて境界を作ってはみ出さないようにしています。

Img_4642

2014年1月29日 (水)

雑貨で生きた空間に(ベランダガーデニング)

冬は植物が落葉したり、枯れたりして躯体やボードが剥き出し状態になって無機質な風景になりがちですが雑貨などを配置すると生きた空間になることもあります。

Img_4626

冬の間はベランダの作業が暇になるのでベランダ計画を練って楽しんでいます。
夏のシーン、冬のシーンを想定しながら寸法計測、雑貨店への行き来を繰り返して好みの雑貨を見つけたりもしています。
一般的に雑貨店では庭サイズの洒落た商品が多く、ベランダのサイズに合ったものがなかなか無くて苦労します(泣)
ああでもない、こうでもないといろいろと計画を練るこの時が結構楽しくてはまっています(笑)

Img_4623

今回はメダカ鉢周りの充実を図りたくて実行中です。

Img_4607


半日蔭でも育ち、蔓が比較的短く小径の花を咲かせるクレマチスとスペースに合致する雑貨を検討してみました。

Img_4612


クレマチス苗を先日、通販で注文しプランターと支柱は昨日購入してきました。ついでに雑貨店に寄ってスペースに合った蛇口付ホィールを見つけてきました。
(注:後ろに写っているエアプランツは冬季は室内に入れているのですが撮影用にベランダに出したものです)

Img_4615

Img_4621

 

2014年1月28日 (火)

1月下旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

1月下旬にもなると寒いがの大好き植物「ビオラ」は大喜びするかのように満開状態になってきます(1月上旬の様子はこちらです)

Img_4581


活動的な時期なので液肥も欠かせません。土表面が乾いたらタップリの水をやっています。

Img_4591

Img_4528Img_4530Img_4531Img_4533

Img_4534Img_4529

フリル咲きビオラ「ミルフル」はおしゃれで豪華な 花を咲かせるので気に入ってます。数年前に初めて園芸店で見たときに衝動買いしてからは毎年楽しんでいます。

Img_4522


最近は品種改良されて色、模様、姿などいろんなビオラ、パンジーが店頭に並んでいます。
自分好みのものを一旦決めると毎年同じ花を楽しむといった保守的なガーデナーですが衝動買いしたものが気に入ると今度はそれに熱中してしまいます。

Img_4579

春になって壁際やユーカリの中で咲くモッコウバラクレマチスとの競演シーンを妄想しながら植物達の管理を楽しんでいます。

Img_4569

Img_4520

【独り言】
このフリル咲きビオラ「ミルフル」はサントリーフラワーズ㈱の登録商標で現在ブログモニターとして育てさせていただいています。
生き生きと育てて報告したいプレッシャーもありますが、これまでに育てた経験を活かしながら日々の変化楽しんでいます。

 

 

2014年1月27日 (月)

1月のベランダ東側(ベランダガーデニング)

ほぼ同じ植物達の姿ですがそれぞれが年々大きく生長してきました。
初めてメイン花壇ビオラの色を変えてみました。1色に統一させずにいろんな色で賑やかにしてみました。
フリル咲きビオラ「ミルフル」も初めてメイン花壇に参加です。

Img_4584

Img_4573

1月下旬になるとクリスマスローズがそろそろ咲いてくれそうです。

Img_4602

ラブラドリカも花期を迎えます。

Img_4603

ミニバラも新芽を膨らませ始め、中には弾けたものも現われてきました。
ここにやってきて丸8年を迎えるミニバラはまだまだ元気です。
寿命が長いことを実感しています。適宜植え替えしてまだまだ頑張ってもらいたいです。

Img_4574

メダカは休眠期に入って鉢底でじっと寒さに耐えています。少しでも水温が下がらないように夜間はボードを鉢上面に置いて蓋をしています。
晴れて水温が上がったときは水面に上がって元気な姿を披露してくれます。随分ダイエットした体になっていますよ。

Img_4595

壁際を有効活用 してハンギングしたりしてガーデニングを楽しんでいます。

Img_4592

Img_4593

クレマチス のソフトな感じの花 の品種をもう2種購入して東側の壁際をドレスアップしたいと計画中です(苗を通販申し込み中です)

Img_4564

今日は天気もよかったので少し作業をしました。
クレマチスに冬の間にゆっくり効く有機肥料を 与えてやりました。
茎の根元から少し離れた箇所に1㎝程度の穴を掘って、そこに固形油糟骨粉を入れておくのです。株の周囲に3か所ほど穴を掘って施してやりました。
きっと株がしっかり生長して花を沢山咲かせてくれるでしょう!?

Img_4604

2014年1月26日 (日)

1月のベランダ西側(ベランダガーデニング)

最も気温が低くなる1月下旬です。
ベランダの植物達も震え上がっていることでしょう!?
突然の寒さに耐えきれず緑葉も一気に枯れて可哀想ですが残念な結果になってしまう植物もたまにあります。

Img_4504

Img_4483

寂しくなるベランダですがいろいろと計画を練って少しずつ緑が増え、雑貨などを駆使して活気のあるベランダに進化中です?(3年前のベランダの様子はこちらです)

Img_4506

Img_4507

Img_4508Img_4509

低コスト、高成果をモットーにベランダガーデニングを楽しんでいます。
小さな苗を環境に馴染ませながら生長させる過程を観察するのも楽しいものです。
そして植物を出来る限り長生きさせることも。

Img_4510

今の時期は蔓植物などの剪定を主にしています。
日がよく当たるように混んだ箇所や交差する箇所を減らすように誘引経路を変更したり、春の姿を想定して整えたりしています。
この作業が春の花期を妄想できるので寒さを忘れるほど楽しいものです。

Img_4599

Img_4513

ビオラ葉ボタン、ジュリアンなどが彩を添えてくれるのでベランダ明るくなります。

Img_4516

Img_4597

フリル咲きビオラ「ミルフル」もハンギングバスケットのを大盛りにしてくれそうな勢いになってきました。

Img_4517

植えっぱなしのスノードロップの球根もサイクルを繰り返しながら生き続けています。

Img_4519

Img_4456

2014年1月25日 (土)

オキザリスの花がそろそろ?(ベランダガーデニング)

オキザリスの黄色い花がそろそろ花期を迎えるので毎日のように花茎先端をウォッチしています。

Img_4435


昨年は18日に最初の花を咲かせたので暖かい日が2,3日続けば開いてくれるのではないでしょうか?

Img_4436

傍のステラ(バコパ)もベランダが寂しくなった12月からずっと小花を咲かせ続けてくれています。花が咲いていると気持ち的に明るくなれます。元気・勇気をもらえます。

Img_4437

Img_4438

今日は3月中旬並みの暖かい日となっているようなのでベランダに出て地中から球根クレマチスなどの新芽が出ていないかとバークチップを持ち上げて探してみました。
新しい発見があると嬉しい!ウレシイ。

Img_4442

Img_4443

上方のクレマチス「紫子丸」はまだまだ咲き続けてベランダ中央部のアクセントになっています。

Img_4440

Img_4439

2014年1月24日 (金)

越冬中のブライダルベール(ベランダガーデニング)

アーチにハンギングしていたブライダルベール11月中旬に冬越し準備して東側ベランダの排水管の陰に寒風が当たらないように置いています。
今のところ冬枯れがあまり進行しておらず緑葉を沢山残しています。

昨年は地上部を全て枯らしてしまったのであせりましたが生きている証しが残っていると安心できていいですね(参考:ブライダルベールは地上部が枯れても春になると芽を出してくるようです)

Img_4432

乾燥気味に育てて、天気予報を見ながら晴れで気温が少し上がるときを狙って水遣りしています。氷点下に下がらないのであればベランダでもしっかり冬越しできることが分かったので私のベランダガーデニングで育てられる植物として長い間楽しんでいます。

同じときに冬越し準備したアメリカンブルーも枯れることなく休眠期に入っているようです。
こちらは気温が下がる夜間はリビングに入れて日中はベランダに出して日光浴をさせています。

Img_4428

今日のような穏やかな天気は嬉しいですね。
スノードロップも白 い蕾を付けた茎を伸ばしてきました。

Img_4426

Img_4427

落葉を終えたアケビブライダルベールの傍で新芽を出し始めました。

Img_4433

2014年1月23日 (木)

蕾が上がってきたクリスマスローズ(ベランダガーデニング)

以前はクリスマスの時期になるとクリスマスローズがいつ咲いてくれるのだろうかとしつこいくらい葉っぱの中を覗き込み花芽を探し回ったものですが、花期が2月下旬と解ってからは落ち着いて蕾が上がってくるのを待てるようになりました。

Img_4410

花期を考えるとそろそろ蕾が出来ているかなと今日観察したら「あった、あった!」
ひとつの鉢にセミダブルリビダス の2種のクリスマスローズを植えているのですがセミダブルは既に蕾を形成、リビダスも墓茎を形成を始めた段階でした。

Img_4417

Img_4416

今の時期はしっかり日が当たるのでクリスマスローズはきっと順調に生長してくれるでしょう?(クリスマスローズは落葉樹の下で夏は陰、冬はしっかり日が当たるような環境を好むようです)

Img_4411

Img_4421

クレマチス苗を通販で注文してみました。今冬はあまり苗を購入しなかったので春の楽しみが例年に比べ少ないみたいなので何かないかなと…やはり好きな花が最もテンションが上がるのでベランダの配置を検討してクレマチスに決めました。
今ベランダでクレマチス13品種が育っていますがまた一つ増えるとどの様なシーンが見られるかと妄想が始まります。

【独り言】
大リーグ移籍を目指していた田中将大投手の移籍先が決まりましたね。
イチロー選手や黒田選手がいるニューヨーク・ヤンキースです。
移籍先も伝統ある球団で凄いけれども移籍金額がこれまた凄い!
これでまた春からの大リーグ観戦が面白くなります。
スポーツ観戦大好き人間としてはダルビッシュ選手や岩隈選手なども大活躍しており毎日の中継が楽しみです。

2014年1月22日 (水)

ワイヤープランツは寒さに強い(ベランダガーデニング)

今朝は予報どおり冷え込みましたね!
予報では最低気温が0℃とのことだったので耐寒性に微妙なコルディリネを念のため室内に入れておきました。
(少々の寒さに耐える植物も0℃まで気温が下がると駄目になることがあります)

Img_4384

随分前はワイヤープランツは寒さに弱いかなと冬季はビニール袋で被っていましたが、寒さに強いことを知ってからは夏・冬ベランダの同じ場所に置いたままです。
もう3,4年になるでしょうか、いやもっとかな枯れることもなく元気に生長しています。

Img_4400

一見、華奢な姿をしていて観葉植物として室内で育てられているのをよく見かけるのでてっきり寒さに弱いと思っていたのですが実は強いようです。

Img_4401

Img_4402

乾燥が苦手なようで水不足になると黄葉となって落葉し、黄信号を表して知らせるようです。

Img_4406

Img_4408


乾燥したらしっかり水遣りして葉水をしてやると健康を維持するようです(冬でもたまに葉水してやっています)

Img_4403

Img_4405

秋から冬にかけて落葉して姿が乱れますが暖かくなる4月頃には活動を開始するのでそのときに刈り込んでやると新しい葉を出すのであまり心配する必要はないようです。

Img_4404

ベルフラワーも最初は寒さに弱いかなと思っていましたがこちらも夏・冬とも強い植物でした。見かけによらずに強い植物もあるようです。見かけだけで判断してはいけませんね!

Img_4383

 

2014年1月21日 (火)

待ち遠しいつるバラの生長(ベランダガーデニング)

今日は年2回行われる消防設備の点検日です。ベランダに設置してある”避難はしご”や室内の煙感知器などの点検です。しっかりチェックしていただいてもしものときに備えたいですね。

Img_4390

今シーズンも植え替えしたつるバラに沢山の花が咲いてくれることを期待して毎日のように状態をウォッチしています。
新しい強い芽が出てきてくれないかと根元からジロジロとチェックしながら見上げていくのですがそれらしきものはまだ見当たりません。でもふっくらした小豆色の芽を付けて準備しています。

Img_4394

ベランダだとどうしても半日蔭状態となってバラには十分な環境ではないので日陰にならないように周りの鉢・プランターの配置に気を付けています。

Img_4392

Img_4397

Img_4398

ニバラは新芽が葉を形成直前の状態になってきました。昨年の記録(ブログ)では2月初旬だったのでそろそろ緑葉が顔を現わすようです。

Img_4360

【独り言】
昨日の全豪オープンテニスの錦織圭選手と世界ランキング1位ナダルとの生中継試合は見ごたえありました!
3-0で負けはしましたが内容は素晴らしものでした。
3時間を超える試合でしたがあまりにも惹きつけられたので時間が過ぎるのを忘れていたほどでした。
世界のトップクラスの選手を相手に日本人選手がここまで出来るとはただただ驚きました。
勝てなかったことが悔しくなるほどの接戦でした(普通は負けても「仕方ない」と諦めてしまいますが実力が拮抗しているのが実感できる内容だっただけに…)
錦織圭選手のトップテン入りも時間の問題ですね!これからの試合が楽しみです。

2014年1月20日 (月)

今日は大寒!(ベランダガーデニング)

今朝は昨日の冷え切った上に曇天といった天候とは打って変わって青空が一面広がる穏やかな天候になってくれました。
暦上は”大寒”ですが晴れると気分が違いますね!自然とアクティブになれます。

ベランダの植物達にも積極的に水遣り出来ます。いやいや今夜から天気が崩れ雨が降るとの予報だからその辺も考慮して水遣りしておきました。

曇天の空を背景にすると引き立たないラベンダーの花も晴れの日は存在感があります。

Img_4359

スノードロップなんかは早く花を咲かせたいのでしょうか?白い花びらを覗かせ始めました。

Img_4364

Img_4373

これから花期を迎えるラブラドリカシルバーリーフのディコンドラ も 寒風に負けずに生育旺盛となりました。今年はディコンドラを根伏せして増やしてみようと思っています。

Img_4362

寒気を好むアリッサムは 今の季節が好きで好きでたまらないのでしょうね!?
花房をモクモクと増やしてきたのでハンギングバスケットからこぼれるようになってきました。

Img_4363

バスケットを隠すほど植物が繁茂するのがハンギングの理想なのですがなかなか難しいです。ベランダ西側にハンギングしているフリル咲きビオラ「ミルフル」はこれからの生育に期待しています。

Img_4365

Img_4379

冬の寒い日が苦手ですが、好きな夏の花が冷蔵保存状態で長く観賞できる嬉しさもあります。

Img_4369_2

アズーロコンパクトは夏から小花をずっと咲かせ続けています。

Img_4370

Img_4371

冬はどうしても 落葉したり、地上部を枯らして冬越しする植物が多いですが、オリーブやプミラなど常緑の植物を置いているとベランダに出ても元気をもらえます。

Img_4376

 

【独り言】
昨日、お年玉年賀はがきの当選番号が発表されました。
随分簡素化された当選番号だったので調べるのも簡単でしたが大事な”当選”は3等の3枚のみでした。

Img_4380

2014年1月19日 (日)

メイン花壇のビオラが出揃いました(ベランダガーデニング)

各地で今季最低気温を記録するような寒さに襲われています。
センター試験の受験生も大変な朝だったのではないでしょうか?

一方、水仙の日本三大群生地のひとつ、淡路島の灘黒岩水仙郷では白い花が見ごろを迎えて甘い香りが一帯に漂っているとの春の訪れの記事が掲載されていました。

今朝は平地でも雪が降るとの予報を聞いて昨夜のうちにベランダ軒先に置いているビオラを避難させてやりました。少々の積雪でも次第に復活する力を有するビオラですがなるべくなら凍傷に遭わせたくなく、大した作業でもないので移動させておきました。

予報は当たり、近くの公園や民家の屋根は薄っすらと薄化粧していました。

Img_4341

今年のメイン花壇ビオラは従来のワインレッド色一色を変えてみて、いろいろな色で計画してみました。

Img_4344

 

Img_4350

大好きなフリル咲きビオラ「ミルフル」を中心にバラエティーに富んだ花壇に挑戦中です。

これからの寒いときは土の凍結、霜柱に注意しなければなりません。庇があるので条件的にはいいのですが油断するとダメージを負うことがあります。

Img_4353

一昨日に補充した3苗のビオラでほぼ出揃いました。

今朝の寒気で震え上がったビオラたちも10時頃になると日が当たるようになると嬉しそうにのびのびと背筋を伸ばし始めました。

Img_4357

Img_4355

Img_4356

2014年1月18日 (土)

冬の定番、ガーデンシクラメン(ベランダガーデニング)

冬の私のベランダには欠かせない、欠かしたことのないガーデンシクラメンはさすがに輝いてくれます。

Img_4333

どんなに寒くてもこの鮮やかでまとまって咲いてくれるガーデンシクラメンは不思議な力があります(葉寄せをして花茎を出来る限り中心部にまとめることがポイントのようです)

朝冷え込んであまりに低温になった時は花茎がうなだれてしまいますが気温が上昇すると元通りに復活します(シクラメンは元々低温が苦手ですがガーデンシクラメンはこの苦手な低温を克服するように品種改良されてベランダでも楽しめるようになりました)

Img_4336

11月下旬に花付き苗を植え付けてからずっと花を咲かせ続けてくれています。

昨年から夏越しして生き続けている苗もあるのですがこちらはまだ花を咲かせてくれません。

Img_4339

それでも中心部には花芽をびっしり付けて準備しています。

Img_4340

2014年1月17日 (金)

大きな新芽を出した木苺(ベランダガーデニング)

葉を終えたかと思うとすぐに翌シーズンの準備をする木苺です。
まだ枝には葉っぱを残しているのですが大きな新芽を覗かせました。

Img_4325

Img_4327

冬枯れして地上部を枯らしてしまう植物は生きた証拠がないので気がかりですが木苺のように直ぐに新芽を出してくれる植物は安心できるので助かります。

Img_4324

冬の間は水キレさせないように土表面が乾くとタップリの水遣りをしています。東側のベランダに置いているので午前中2,3時間日が当たる程度なので水遣りは4,5日に1回くらいでしょうか。

隣の山椒の木は完全に枯れてしまったような状態になってしまうので春になって小さな新芽を発見するまでは本当に枯れてしまったのかとハラハラしてしまいます。

Img_4326

明日からまた寒波がやってくるとの気象予報、 センター試験に影響がないことを望みます。今日は比較的穏やかな天候だったので車を冬用タイヤに履き替えました。
重いタイヤを8階から移動させることが結構重労働です。
2時間ちょっとで何とか作業終了、これで雪道も少しは安心して運転できます。

午後からはビオラ3苗を4号プランターに植え付けました。
メイン花壇に隙間が生じるようなので昨日ノーブランド苗を買ってきました。
殆どワインレッド色かたまにブルー系を植えていますが今回初めて白色の花を買ってみました。
Img_4331

近いうちにメイン花壇デビューです。

2014年1月16日 (木)

スノードロップの開花期がやってきました(ベランダガーデニング)

待ち遠しかったスノードロップの開花期がやっときました。
11月頃に咲いてくれる慌てん坊の球根がいつもひとつあるのですが本格的な開花期は1月下旬のようです。

Img_4313

植えっ放しの球根が毎年繰り返して芽を出し、花を咲かせてくれる自然任せです。
スノードロップ、クロッカス、水仙がそれぞれ自然にまとまって集団で咲いてくれることを夢見ています(今シーズンは水仙2球だけを新しく植え付けています)

Img_4311

スノードロップはその凛とした姿が何とも言えず気に入っています。

Img_4315

Img_4320

Img_4323

 

今朝の”朝焼け”は雲が一直線で見事でした。まだ薄暗い6時半頃でしたが暗闇の中で鮮やかなオレンジ色の帯が直線的に伸びる景色で目が覚めました。
何かいいことありそうな予感がするほどでした。

Img_4302

春菊と水菜がそれぞれ大きくなって区別もハッキリ出来るようになりました。
まだ収穫できるまでにはなりませんが ここまでくると生育が速いようなので楽しみです。

Img_4303

Img_4304

2014年1月15日 (水)

2012年計画の継続(ベランダガーデニング)

今日は朝から青空が広がっていて久しぶりにウキウキ気分になれました。
空気は冷たいのですが風もなく晴れると随分と暖かく感じます。

ベランダで作業しても寒くもなく大丈夫だろうと蔓植物が登ってくれた高所壁を更に充実させるために支柱を買ってきて誘引スペースを広げることに挑戦してみました。

*最初の2枚の画像は作業前の様子です。後の3枚が作業後です。

Img_4296

Img_4295

壁面は固定する手段に苦労します。アンカーボルトを打つことは厳禁であり、強風に襲われても飛ばされない構造にしておくことが必要です。

2012年計画として壁面緑化に挑戦しているのですが、一応選定植物が頑張ってくれるお蔭で可能性が広がり嬉しくなってきて、どんどん進めたくなります。

午前中に支柱を買ってきて昼食後2時前から作業開始です。
高所なので脚立に上がったり下りたりと、しかも横移動もしないといけないので結構時間がかかりました。

Img_4301

Img_4300

作業が終わる頃は日陰になってしまい冷えてくるところでした。何とか横バーを加えることが出来てクレマチスなどの蔓植物をより確実に誘引することが出来るようになりました。

Img_4298

2014年1月14日 (火)

剥き出しになったパーゴラ(ベランダガーデニング)

冬になって植物達が落葉してパーゴラすっかり剥き出し状態になってしまいました。

Img_4292


情報交換やコメントを頂いたブロガーさんのアドバイスをきっかけに自作できたのですが4年が経過しました。

パーゴラを設置したことで縦空間を活用できるようになり、蔓植物やハンギングなどして楽しんでいます。

Img_4294


春から秋にかけてはつるバラモッコウバラクレマチス2種パーゴラまで登り詰め葉っぱがワサワサ状態になってパーゴラの骨組みを隠すほどです。
夏、冬の花をハンギングすることも出来るので狭いスペースを生きた空間に変えられる気がします。

Img_4289

貴重な空間を 少しでもガーデニング空間にしようと排水管などの障害スペースを極力小さくするためにはやはり自作するのがいいのかな頑張ったことが今は懐かしい です。

Img_4293

日が経つにつれ塗装も落ち着いた感じになってきてベランダガーデニングの雰囲気を一層盛り上げてくれます。

Img_4287

2014年1月13日 (月)

ハオルチアが元気です(ベランダガーデニング)

今日は友人に誘われてゴルフの初打ちにでかけました。
家を出るときは小雪がチラリと舞い散る天気だったので山に向かうとどうなることかと心配でしたが途中からは青空が広がり絶好のコンディション、思う存分クラブを振り回してきました。気持ちよかったです。

朝早く出掛けたのでベランダの植物達が気になりましたが帰宅した時は既に日が暮れていました。
ベランダの様子は諦めて日頃見落としがちになっている室内の植物を観察。

Img_4278


夏に株分けしたハオルチアが多いことに気付きました。

Img_4279


ハオルチアは子だくさんになる植物であり、かなり頑強な多肉植物のようです。冬の寒さよりも夏の暑さが苦手なようです。

Img_4281


今は殆どの株を室内に入れていますが試験的に1苗だけベランダの寒風が当たらない場所に置いて冬をこせないかと様子をみています。
思いっきり水遣りを控えて今のところ元気です。

Img_4282

Img_4284

 

2014年1月12日 (日)

ゆっくり、ゆっくりなクレマチス「紫子丸」(ベランダガーデニング)

11月中旬に大きな蕾を発見してから約2か月が経過しましたが花びらが開いてゆっくり色付いています。
スローペースですがそれだけに長い間、花を楽しめます。

Img_4269

花芯部が紫色に変化してきて「紫子丸」の本来の姿に近づいています。このスピードだと「紫子丸」になるためには2月いや3月になるのでしょうか?

Img_4266

春の花期のときはあまりのスピードの速さにこのクリーム色に気付くことはありませんでした(春と冬では着色の過程が違うかもしれません?)

Img_4267

この「紫子丸」の品種は弱剪定が適しているので春の姿、見栄えを考慮して弱い蔓やユーカリの中に潜り込んでうまく誘引できない箇所を剪定する程度にしています。

Img_4271

昨年、新しいエリアに誘引したのですがそこも丁度今、新芽を覗かせ始めたので春が待ち遠しいです。

Img_4276

Img_4272

 

2014年1月11日 (土)

冬の晴天は嬉しい(ベランダガーデニング)

今日は風もなく穏やかな晴れ!
空気は冷たいですが気持ちいい朝です。

冬越しのためにビニール袋で被っている時計草も袋を取り除いて水遣りしてやりました(冷え込みが予想されるときは根を傷めると思い、水遣りを控えています)

Img_4255

夜間は室内に入れているアメリカンブルーも思いっきり日を浴びられるのでエネルギーを蓄えられそうです。

Img_4259

日が当たると植物も嬉しいのでしょうね、水仙クロッカス、スノードロップなどの芽がグーンと伸びるような気がします。

Img_4262

クレマチスも節々に大きい新芽を覗かせます。

Img_4257

今日は晴れているのでビオラに顆粒状の追い肥をやっておきました。

Img_4260

冬の晴天は嬉しいですね。肩の力を抜くことができます。

Img_4264_2

 

2014年1月10日 (金)

冷え込んだベランダ(ベランダガーデニング)

今朝は冷え込みましたね!
結露した水滴量のすごいこと、下に落とさぬように拭き取ることが出来ないほどでした。
池に氷が張ったり、車のフロントガラスも凍っていました。

ベランダの植物達も震え上がったことでしょう!?
しかし、軒のお蔭で霜から免れられるので植物達は生き残るチャンスが大きいようです。

Img_4252

それにしても本格的な冬になってくるので枯れ葉が増えてきます。
クレマチスの葉が殆ど枯れてベランダもアーチやパーゴラ、トレリスが剥き出しになってきました。

Img_4250_2

Img_4251

オキザリスの花茎が数本に増えて春の訪れを知らせてくれるのがせめてもの寒さを忘れさせてくれます。

Img_4248

2014年1月 9日 (木)

三社参り(ベランダガーデニング)

今日は京都・平安神宮に初詣に出かけてみました。
元日、4日と神戸の神社にお参りしたのですが毎年行っている京都にもと三社目は平安神宮を選んでみました。

Img_1379

ずっと前に住んでいた山口・北九州地方では三社参りとして太宰府天満宮・筥崎宮・宮地嶽神社を元旦に回ることが風習としてあったようですが関西に引っ越してからはその「三社参り」は特定の神社にお参りするのではなく(何処かが分からなかったので)近くの神社をふたつみっつお参りしています。

平安神宮への初詣は2回目です。

Img_1386

境内の広さには驚きます。正月にはきっと大勢の参拝者で埋め尽くされたことでしょう?
所定の紐に括り付けられた”おみくじ”の量が物語っています。

Img_1389

歩いて駅に向かう途中、道を間違えたのか「八坂神社」に出てしまったのでここにもお参りしておきました。4社参りとなってしまいました。

Img_1395

2014年1月 8日 (水)

冬には欠かせない葉ボタン(ベランダガーデニング)

冬のベランダに彩を添えてくれる葉ボタンなのでガーデニングを始めた頃からずっと冬になると植えています。

外周の緑葉から内側に向かってクリーム色、薄紫色とグラデーションがかかってくる葉は優しい感じで寒気の中で明るく咲いてくれる貴重な花(実際には葉の着色なのですが)です。

Img_4240

寒い冬の間は地上部に直接くっついたように咲くので狭いベランダの空間ではまとまるので気に入ってます。

Img_4245

暖かくなってくると間延びして醜い姿(私見ですが)になってしまいますが黄色の花を咲かせる姿も好きなのでそのままにしています。
うまく夏越し出来ると翌年には複数の葉ボタンを楽しめることもあります。

今年はちょっと違った姿の葉ボタンも見ることもできました。ちょっと不完全ですが節々から芽を出した連弾タイプの葉ボタンです。

Img_4244

こちらはビオラ「F1ナチュレ」です。
1年の始まりの時期のこの色(ローズピンク)は新鮮な感じがしてすんなり受け入れやすくベランダに出るとウキウキ気分になれます。

Img_4247

【独り言】
住宅に入居して10年も過ぎるとアチコチで不具合が表れてきます。
蛇口からの水漏れが気になってきたので今日まとめてパッキンを取り換えました。
シャワーの蛇口、洗濯機用の蛇口ハンドル部の温水用、冷水用とまとめて取り換えておきました。
200円程度の材料費だけで済みましたが、これから給湯器など大きな機器が壊れると大きな出費となるので先々不安です。消費税も上がるし……。

Img_1377

2014年1月 7日 (火)

冬のシュガーバイン(ベランダガーデニング)

ガーデニング雑貨屋のブリキ雑貨のディスプレイ用としてよく使われているシュガーバインは人気の植物のようです。
私もその濃い緑葉と蔓に連なる全体の姿が気に入っているのでベランダや室内で楽しんでいます。

Img_4238


耐陰性があるので室内でも育てやすく5枚葉や下方に垂れた姿を1年じゅう楽しめます。
ガラス越しに直射日光が当たる場所に置くと葉焼けを起こしたり、乾燥して葉を傷めやすいようです。

Img_4236


他に置き場所がないので2,3日おきに蔓全体にスプレイしてやっています。

Img_4228

耐寒性(0℃くらいまで)もあるとのことなのでベランダで冬を越せないかと昨年から試しているのですが微妙な感じです。

Img_4239

2014年1月 6日 (月)

1月上旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

昨日神戸・三宮駅近くにある生田神社に初詣に行ってきました。
正月三が日も過ぎたのですが日曜日とあってかまだまだ参拝客でにぎわっていました。

今年も健康にガーデニングを楽しめることを願ってきました。
気持ちを新たにして今日が私の2014年ガーデニングスタートです。

最初はやはりこれから寒い時に元気をくれるビオラです。
今年は大好きなフリル咲きビオラ「ミルフル」がベランダに7株もあるので楽しみいっぱいです。

Img_4222


やっと蕾が次々とついて花が咲くようになりました。
花の色の識別がハッキリわかるようになり、それぞれの特色が表われて楽しさも倍増です。

Img_4219

Img_4217

最近は曇りの日が多かったので蒸散活動もさほど活発でなく水遣りも1週間に1回程度で済んでいます。
これから花が沢山咲いてくれると寒い朝ですが水遣りに忙しくなることでしょう?

Img_4220

Img_4225

Img_4226

毎朝、フリル咲きビオラ「ミルフル」の様子を見るのが楽しみとなるこれからの季節です。

Img_4223

ハンギングした苗も孤軍奮闘で 蕾が湧くように出てきました。

Img_4213

Img_4912

2014年1月 4日 (土)

モッコウバラの葉摘み(ベランダガーデニング)

昨日、電飾を片付けたのでついでにモッコウバラの葉摘みをしました。
先日も葉摘みを行ったのですがまだ新芽が小豆色でなく白い箇所は葉っぱが簡単に取れなく芽を傷めるので残しておきました(日陰部分はどうしても生長が遅れてしまいます)

Img_4206

殆どすべての古い葉を取り除き(病原菌を排除できる)、新しい芽がより健康に育つと思われます。

Img_4210

今日は雲が多いですが時折太陽光が射し込んできます。モッコウバラの新芽もやさしい直射日光を浴びて気持ちよさそうです。

Img_4211

先日植え替えもしたので昨年以上の花を咲かせてくれることに期待です。

 

2014年1月 3日 (金)

電飾の片付け(ベランダガーデニング)

正月もあっという間に3日で、帰省していた家族も帰ってしまい急に寂しくなってしまいました。Img_4204
寂しさを紛らわすためにもとクリスマス前から楽しんでいた電飾を片付けることにしました。
更に寂しくなるところなんですが電飾を片付けた後につるバラモッコウバラの最終葉摘みをすることで春の夢が膨らんできて寂しさを吹き飛ばすことが出来ます。

Img_4202

前向きに考えることで寂しさも希望に変換できることをガーデニングから学びました。

大事なクレマチスの蔓バラの新芽を傷つけないように注意して電飾の配線を取り除きました。

Img_4205

片付けに最も時間を要するのがベランダ奥の箇所です。足場が悪い上に電飾数も多く手こずってしまいます。一人で作業をすると線を植物に引っかけてしまうこともあるので用心しながらするので余計に時間がかかります。
それでも大事に育ててきた植物を傷めるわけにはいきません。
Img_4208

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年(ベランダガーデニング)

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Img_4191

*初日の出は雲がかかってなかなか拝めませんでした。

昨年は南側ベランダの緑化率が凡そ90%と壁面全体を緑で覆うことが出来ましたgood
直射日光が十分に当たらなくても育ってくれるクレマチスに出合うことが出来て日陰の壁面に展張することに挑戦してみました。
予想以上の生育旺盛さで蔓が伸びてくれました。

Img_4201

南側ベランダの緑化率がほぼ目標達成できたので今年は東側ベランダの緑化率向上を計画してみようと思っていますcoldsweats01

今年もアドバイス、コメント、感想など…よろしくお願いいたしますclover

家族と共にお屠蘇、御節と雑煮をいただいて新年を祝いました。

Img_4197

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ