« 冬越し中のアメリカンブルーと時計草(ベランダガーデニング) | トップページ | 何か発見ないかなと(ベランダガーデニング) »

2014年2月13日 (木)

2月中旬のフリル咲きビオラ「ミルフル」(ベランダガーデニング)

突然の大雪に見舞われてしまいましたが、寒さに強いビオラは元気、勇気を与えてくれます。
花数も増す一方で楽しみもどんどん増してきます。

Img_4914

今年は初めて行儀の悪いヒヨドリがやってきてビオラの花をちぎってしまいます(今までも毎年やってきていましたがとても利口な鳥ばかりでよくなついていてベランダの花を荒らすことは殆どありませんでした)
人間社会同様、ヒヨドリもマナーを守らないものが増えてきたようです。

Img_4918

それでもヒヨドリが食べても負けないくらいのビオラの生育旺盛さです。
フリル咲きビオラ「ミルフル」はその華麗さの特長がハッキリ分かるようになってきました。

Img_4906Img_4939Img_4941Img_4942

Img_4943Img_4944

もう10年以上もメイン花壇には気に入った色のビオラを揃えて植えていて今回初めていろいろな色のビオラを植えてみたのですがフリル咲きビオラ「ミルフル」の効果もあって新しいメイン花壇のシーンを発見しました(これまで新しいことに挑戦する勇気がありませんでした。失敗すると翌シーズンまで待たないといけないですものね)

Img_4911

フリル咲きビオラ「ミルフル」は名の通り、花びらがフリル状になるのですがグラデーションがかかったり変化がある豪華咲きなので2倍も3倍も楽しめてハイテンションにさせてくれます。

Img_1410

今年は新しい冬のベランダシーンを楽しんでいます。

Img_4924

« 冬越し中のアメリカンブルーと時計草(ベランダガーデニング) | トップページ | 何か発見ないかなと(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冬越し中のアメリカンブルーと時計草(ベランダガーデニング) | トップページ | 何か発見ないかなと(ベランダガーデニング) »