« 2014年多肉植物の寄せ植え(ベランダガーデニング) | トップページ | 純白花の姫リンゴ(ベランダガーデニング) »

2014年4月15日 (火)

植替えをしました(ベランダガーデニング)

春になって活動を本格的に始める前に植え替えをすると健康になってより生長旺盛になってくれる植物があります。
鉢植えの植物はどうしても根が回って根腐れの恐れがあるのでそうなる前に植え替えするように心掛けています(つい、億劫になって怠ると後悔する羽目になってしまうことがよくありましたcoldsweats02

ペラルゴニウム、ハイビスカス、木立性ベゴニア5鉢を植え替えしました。
どれも培養土がほぼ同じなのでまとめて作業をしました。

Img_6530

①ペラルゴニウムは赤玉土7、腐葉土3の割合に緩効性肥料を適量ブレンドしたものを準備しました。

Img_6533

Img_6625

古い土と根を3分の1くらい取り除いて新しい土に植え替えてやります。防虫ネットにゴロ土を入れたものを使用すると繰り返して植え替えする作業が楽になりますpencil
(根鉢から再使用するゴロ土を取り外して集める作業は結構煩わしいのですが、ネットに入れておくと簡単に済みます)

Img_6627

②ハイビスカスは赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト2の割合に緩効性肥料を適量をブレンドしたもの。

Img_6538

ハイビスカスは根が回るのが速いので少なくても2年に1回は植え替えるようにしています。根詰まりすると花期も短くなり花数がかなり減ってしまいますdown
ベランダでは特に鉢増しをしないで同じサイズのコンパクト仕立てにしたいので毎年植え替えをするようにしていますconfident
バーミキュライトは排水性と保水性の両方を好む植物に用いるといいようです。

③木立性ベゴニアは赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト2、鹿沼土1の割合に緩効性肥料を適量ブレンドしたものを使用してみました。
弱酸性を好むので鹿沼土を少量加えています。
乾燥気味に育てると長生きするようです。土表面が乾いてから2,3日おいて水遣りしています。

Img_6628

Img_6624

この次の植え替えは5月に適したスパティフィラムを行う予定です。結構忙しいですrun

モッコウバラは一旦開くと速い、早い!
このスピードだとあっという間に満開になってしまいそうbullettrain
まるで今年の桜の開花と同じですcherryblossom

Img_6607

こんなに一気に咲いてしまうと楽しみにしているクレマチス「ベルオブウォーキング」とのコラボが見られないかもしれませんshock

Img_6608

フリル咲きビオラビオラ「ミルフル」との競演やヘンリーツタとの競演を撮っておくことにしましたcamera

Img_6610

Img_6629

もうじきヒューケラが開いてくれそうな状況になってきました。
小花が穂状に咲く姿は背景が無地だと花の存在が分かりやすいようですeye

Img_6641

Img_6643

小花と言えばスィートアリッサムも再び満開になってきました。花後の切り戻しを繰り返して春から秋まで楽しんでいます。夏の高温多湿が苦手なので切り戻して風通しをよくしてやっています。
こぼれ種から新芽を出したり夏越し、冬越しを繰り返し自然に生き延びていますrecycle

Img_6637

Img_6649

Img_6640

Img_6647

Img_6648

【独り言】
今、筍が旬ですね!
田舎から届いたのでたけのこご飯他タケノコづくしです。
故郷の味がしてつい食べ過ぎになるので胃腸薬のお世話になりながらいっぱい食べていますhappy01

« 2014年多肉植物の寄せ植え(ベランダガーデニング) | トップページ | 純白花の姫リンゴ(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2014年多肉植物の寄せ植え(ベランダガーデニング) | トップページ | 純白花の姫リンゴ(ベランダガーデニング) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ