« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

金ぴかの黄金カズラ(ベランダガーデニング)

今日も空がスッキリしません。昨日午後、PM2.5の注意報が出て外出を控えて下さいとのことでしたが今日もそうなんでしょうね、気分が悪くなるような空気です。
窓もしっかり閉めてベランダに出るのも控えていますcoldsweats02
どうにかして欲しいですね!

今の時期の黄金カズラは新しい黄葉が艶やかに光って正に”黄金”といった感じでベランダの東壁をピカピカに輝いて存在を知らせます。

Img_8743


Img_8657


先日まで壁面に咲いていたクレマチスが散って緑葉のみの壁になったので斑入り黄葉が目立つようになりましたeye

Img_8753


赤色葉も1,2枚あってアクセントになっています。

Img_8662


Img_8664


こんもりとなったことで野鳥の”隠家”に適しているのか先日目撃したセキレイ(?)が毎日のようにというか毎日やってきて、高い場所の黄金カズラの鉢に入ってじっとしています。ちょっとした休憩所のようですsleepy

Img_8754

ビオラが少なくなってきましたが、まだ綺麗に咲き続けてくれるものもありますshine

Img_8769


Img_8774


Img_8776

Img_8781

今年初めてヴィオルナ系クレマチスをベランダの日陰場所に植えてみたのですがポツリ、ポツリと小さな半鐘型の花を咲かせてくれます。
この品種、ゆっくりですが長い間花を咲かせてくれるので丁度いいと言いますか心地良く花を観賞できますhappy01

Img_8783

2014年5月30日 (金)

炎のようなもみじ葉ゼラニウムの花(ベランダガーデニング)

昨年の夏、高温にさらしたために弱ってしまったもみじ葉ゼラニウムはすっかり回復してくれました。

Img_8738


ゼラニウムの活動が旺盛な5月は鮮やかな花を咲かせます。
もみじ葉ゼラニウムは色といい、その形状が炎のように見えます。
”もみじ葉”と名前が付いているように葉の形状・模様に注目されるようですがこの時期の燃え滾るような色・形状もなかなかですscissors

Img_8747


Img_8735


花の勢い(火勢)に葉の色も染まってしまうような感じがします。

Img_8739


ゼラニウム「カリエンテ」はまだまだ咲き続けています。
春の色のピンクは元気をもらえますhappy01

Img_8741

Img_8740

ゼラニウムは葉模様も楽しめるので1年じゅうベランダで楽しめる植物のようですnotes
Img_8760Img_8761

ペラルゴニウムも花を咲かせるようになってきました。

Img_8762

Img_8763

イチゴ「夏姫」の初収穫です。
最近はヒヨドリもいなくなったので安心しておられますhappy01

Img_8766

ランナーで増えたイチゴ苗をベランダのアチコチに植えているのですがこれから食べごろを迎えます。

Img_8767


2014年5月29日 (木)

サルビアアズレアが宿根草らしく(ベランダガーデニング)

丸3年となった宿根草のサルビアアズレアが今年も順調に生長しています。

Img_8726


ブルー系の花が好きなことがきっかけでこの花を育てるようになりましたが、毎年自然にサイクルを繰り返してくれるようになりました。
宿根草の性質をフル発揮してくれています。
今はヘデラ、ガーデンシクラメン、アリッサムなどを樽プランターに寄せ植えして足元を飾っていますshine

Img_8725


ベランダでは宿根草でも乾燥や高温多湿、更には強風といった環境で弱ってしまう植物が多いのですがこうやって鉢・プランターでも自然に芽を出してくれると凄く嬉しくなりますhappy01

Img_8728

春先にアブラムシが襲うことがあります。
先日も先端部に発生していたのでスプレーで水をかけ粒状のオルトランをそこにふりかけて退治したところですbomb

ペラルゴニウム・シドイデスの姿が乱れたので枯れた茎を切り落とすと共に仕立て直してみました。
例年、今頃はビロード地のような艶やかな花を咲かせる頃ですが何の気配もないので無駄なエネルギー消費を控えるためにもと枯れた茎や弱った茎・葉を取り除きました。
今年は植え替えもしたのできっと沢山の花を咲かせてくれるでしょうsign02

Img_8734

クレマチスつるバラで賑わった東西壁際の様子が一変しました。
静か~な景色となりましたhappy01

Img_8742

ベランダ中央壁部の様子を数日前に載せましたが、ユーカリの中で咲くクレマチス「ロマンティカ」が花数をましたので再度撮ってみましたcamera

Img_8748

ユーカリの新芽もなかなか可愛らしいものです。

Img_8749

Img_8750

2014年5月28日 (水)

ベルフラワーの刈り込み(ベランダガーデニング)

花期を終えたベルフラワーを毎年5月下旬に刈り込んでいます。
短く刈りこんで蒸れないようにして来年を待ちます。

一昨日の嵐で花は溶けてしまい、茎も互いに絡んで乱れてしまいこのままだと蒸れて弱ってしまいそうなので即決行しました。

Img_8692


Img_8693

刈り込み方法はもう10年間同じことを繰り返しているので段取りも早く簡単、カンタン!!
10分もあれば十分です。

Img_8695

ゴミ袋で周りを囲って刈り込むだけです。冬をしっかりした苗で越すためにもこれから体力を増強しておく必要があります。

Img_8698

沢山の花を咲かせた後なのでかなり疲れ切っている状態と思われます。
通常よりも薄目にした液肥を暑くなる夏前までにやって体力をつけておきますrun
真夏には肥料はやりません。大概の植物は真夏時には肥料はやりません(夏に活動旺盛な1年草は肥料が必要ですが)

注意しているの刈り込んだ後の茎の間に落ちている花がら、ゴミなどの除去です。
清潔にして風通しをよくしておくことがかなり大切なようですdanger

Img_8700


このベルフラワーは虚弱体質のように見えてなかなか強靭な植物です。
冬もベランダに出したままでも枯れることなく春になると毎年可愛い花を繰り返し咲かせます。
我が家のベルフラワーももう10年は同じ鉢・場所で生き続けてくれているでしょうかsign02
手間がかからないのに目の覚めるような小花を咲かせて元気をくれますrun

もう少し花期が長いということなしなのですが贅沢過ぎますねhappy01

オリーブが一気に満開になりました。

Img_8703



突然、パッと真っ白になり明るくなりましたflair

Img_8709

南風をまともに受けてクレマチスやつるバラの花が散ってしまいましたが、クレマチス「ロマンティカ」は咲き始めたばかりだったこともあってか風を受けにくい場所にあったからか被害は殆どありませんでしたscissors

Img_8711

中央壁は風が押し当たるだけで通らないの多少被害から免れるのでしょうか? ベノサバイオレシアも殆ど傷まないで済みましたcoldsweats01

Img_8722


一方、東西の壁際は全滅状態!
西側で豪華に咲いてくれていたクレマチス「ベルオブウォーキング」は全部が傷んでしまいました。もっとも、花期を終える頃だったので仕方ないですね。
白い花が無くなったので景色も変わりました。
急に寂しいシーンになったので再びフリル咲きビオラ「ミルフル」を持ち出してハンギングすしてみました。

Img_8721

ハオルチアの花が開いていました。
多肉植物は小さけれどもユニークな花を咲かせて楽しませてくれますねnotes

Img_8716

夏の花、サフィニアはまだ剪定を繰り返しています。ビオラが長生きしてくれるのでなかなか処分出来ずにサフィニアは待機状態ですthink

Img_8714

2014年5月27日 (火)

クレマチス「コメレイ」の開花です(ベランダガーデニング)

昨日は強い南風が吹き荒れてベランダが襲われてしまいましたtyphoon
(太平洋側はかなり荒れたようですねsign02 被害はありませんでしたか?)

クレマチス「コメレイ」が咲きました。
「コメレイ」「ロマンティカ」と同じジャックマニー系で多花性ということと好きな色のワインレッドだったので選びました。

Img_8666

花弁も花芯もワインレッド(花芯は少し濃いめ)といったほぼ単色のシンプルな花です。
随分前から我が家のベランダにあるコメレイですが花付きが悪く、しかも咲いても9月頃だったので白い花のつるバラとの競演は今回が初めてです(バラの花数が少ないので競演とは言えないかもしれませんがconfident

Img_8668

いつもは早咲きの月宮殿(ゲッキュウデン)HFヤングが目立ってしまい、遅咲きの「コメレイ」の存在を忘れていましたcoldsweats01
気付くのは軒先でベランダの外に向かっておとなしげに咲いている2,3輪が咲いてからでした。

来シーズンは両者共もっと花数が増すように管理して素敵なシーンを創ってみたいと思っています。

まだ蕾が数個、そして新しい蔓が伸びているのでこれからが楽しみですnotes

今日は1日がかりで2か月に1度の通院、大して悪いところはないのですが血液検査もあってか時間がかかりました(いや、診察があるときは大抵4時間待ちです)
3時半に帰宅して昨日の嵐の後片付けをしましたshine

ベランダの景色が一変して緑色が目立ちます。
そんな中気付いたのはアメリカンブルーが2,3個咲いていました。まだ、越冬して目を覚ませてこれから葉を形成していくものと思っていたのですが…
きっと、強風で突然変異でも起こしたのでしょうsign02

Img_8701


イチゴ「夏姫」も色付き始め、色が少なくなったベランダに色を落としてくれましたhappy01

Img_8702

2014年5月26日 (月)

オリーブが咲き始めました(ベランダガーデニング)

shine昨夜はまた強風が吹き荒れましたtyphoon
南風だったのでベランダに直接当たってしまいクレマチスなど開いていた花は飛び散ってしまいましたcoldsweats02
一瞬にして駄目になってしまうはかなさは言い表しようがありませんweep
でも、そこは気持ちを切り替えて次の楽しみを待つことにしましょう。

オリーブがいつ咲き始めるのかなと毎日ウォッチしていたのですが、昨日の昼に1番花を見つけましたeye

Img_8678

朝はまだ全てが蕾だったのですが午後にメダカのエサをやるときに数か所で開いているのを見つけました。

Img_8677

昨年が26日だったので殆ど同じ日の開花ですね!
1時間も経過すると開いた箇所が随分増えていました。
このオリーブは一旦開き始めると速い、速いあっという間に満開となって花粉をベランダ床に落として辺り一面を黄色にしてしまいます。

Img_8675

今年はオリーブの近くにヴィオルナ系クレマチスを植えたので従来とは違った景色を楽しむことが出来ましたhappy01

Img_8671
緑が増えると嬉しいですnotes
ヴィオルナ系クレマチスも1品種だけですが半鐘型の花を咲かせています。

Img_8676

台風並みに吹き荒れていた風も夕方になると少し弱くなりホッとしています。
緊急避難として風で傷みそうな植物は壁際に移動させておきました。

Img_8690

クレマチス「紫子丸」は風で花弁を全てもぎ取られ花芯のみの姿になってしまいましたcoldsweats01
それでもこの姿も気に入っているのでもう少し楽しめますhappy01

Img_8691

2014年5月25日 (日)

5月下旬のベランダ中央(ベランダガーデニング)

ベランダ中央部の高所壁にクレマチス「ロマンティカ」や「ベノサバイオレシア」が咲いて賑やかになったのでちょっとここでマベランダ中央部をまとめてみましたpencil
全面が無機質な黄色壁だったものが2年間でかなりの緑化、そして花が咲いてくれる壁面に仕上がってきましたshine

Img_8642

Img_8597

床面は春先に咲いてくれたスノードロップやクロッカス、水仙、芝桜、オキザリス等の姿は消えてしまいましたdown

Img_8629

Img_8624

Img_8625

代わりにというものは無いのですがホットリップスの小花が咲いてくれたり、ブルーベリーの実が付いて夏が近づいていることを知らせているようです。
ネメシアが徒長気味ながら(日が当たらないので仕方ないかもです)開花に向けて準備中です。

Img_8634 Img_8637

Img_8681Img_8302 Img_8585 Img_8631

Img_8682

Img_8626

Img_8644 

Img_8594

私が好きなベランダシーンの一つであるクレマチス「ロマンティカ」ユーカリの木の中で咲く姿も5月下旬のベランダ中央部です。

Img_8632

イチゴ「夏姫」が結実していましたscissors
まだ色付いていませんが10個ばかりあるようです。

Img_8683

このイチゴはかなり甘みのある味がします。
いつもヒヨドリの御馳走になっていましたが昨年はヒヨドリがこの時期からやってこなかったので随分食べることが出来ました。
今年もヒヨドリの姿を見かけないので味わうことが出来そうですhappy01

Img_8684

2014年5月24日 (土)

すっかり落ち着いたピレアプチコレクション(ベランダガーデニング)

ピレアプチコレクションをリビングとベランダ(冬季は室内に移動)で育てて楽しんでいますnotes

Img_8569

Img_8571

最初に我が家にやってきたのはもう5年以上も前ですが我が家で育つ植物としてすっかり落ち着いてきました。

Img_8558

小さい葉でコンパクトにまとまった姿は狭いスペースに緑が欲しいときにピッタリな感じがするので、我が家の住環境に合っているようですhappy01

Img_8576

小さいけれどもしっかりしていて葉が落ちるわけでもなく室内が汚れないので手間がかかりませんscissors

Img_8564

”乾いたらタップリの水”を心掛けています。乾き過ぎるとすぐに葉を落としたり弱ってしまうので完全に乾く前に水遣りしています。
ベランダのピレアプチコレクションは毎日のように葉水してやっています。
(室内のは1ヶ月に1回くらいの葉水をしています)

昨日も記事に書いたのですが、クレマチス「ロマンティカ」ユーカリの中と中央壁の高い場所で咲いてくれましたshine 
計画にかなり近づいてくれましたgood

Img_8580

Img_8583

何かが飛んでいるようにも見えるクレマチス「ベノサバイオレシア」も高所壁緑化を応援してくれるようになりましたhappy01

Img_8554

Img_8588

ちょっと視線を変えてみると同じ植物も違って見えて新しい発見があることもありますeye
こんな楽しみ方で出来るのもベランダならではと自分流で楽しんでいますnotes

Img_8586

2014年5月23日 (金)

つるバラ最盛期?(ベランダガーデニング)

ベランダでバラを育てることが難しいことを実感していますdespair
今はいろいろと試し中なのでうまくいくことがあったら落ち着くのですが、なかなか良い案に到達できませんthink
バラを諦めざるを得ないことになるかもしれませんshock

Img_8539

日照が大きな問題であることは理解しているのですが、他にも好きな植物があるのでなかなかいい場所が確保できません。ベランダガーデニングの泣き所ですね。

限られた条件で挑戦するだけですrun

それでも2品種のうちのひとつは一応計画した(妄想)シーンの6割を実現してくれているので満足しています。

Img_8514

もう一つは上方のクレマチスに絡めたいのですが目標到達にはまだまだの状態です。

Img_8547

Img_8550

Img_8516

ベランダ壁の陰になってしまっているので直射日光が株元に当たらないのが原因と思われるので来シーズンは対策を講じてみようと思っていますpencil

Img_8535

クレマチス「ロマンティカ」が中央高所壁でまとまって咲いてくれました。
私の2012年計画の高所壁緑化として挑戦したものですが、しっかり役割を果たしてくれるようになりました。

Img_8553

最初はユーカリの中で咲く「ロマンティカ」が気に入ったのですが高所壁まで届く実績から上方まで誘引することにしました。
一部をユーカリの中に誘引しています。

Img_8555

2014年5月22日 (木)

ハツユキカズラが開きました(ベランダガーデニング)

風車のような花を咲かせるハツユキカズラが開き始めましたhappy01

Img_8498

Img_8495

花径は小さいのですが純白な花が斑入り葉を背景として咲く姿は新鮮な気分にさせてくれます。

Img_8504

今の時期は新しい葉っぱが薄いピンク色から白い斑入りに変化する頃です。
ハツユキカズラは葉の観賞だけでも十分楽しめるのですが花が見られるとなると楽しみも増えますnotes

Img_8501

ホットリップスが満開を迎えたようです。
ちょっとしたナチュラル感を楽しんでいますcoldsweats01
Img_8519

Img_8522

ペラルゴニウムが一つだけですが開きましたshine

Img_8526

ゼラニウムが鮮やかに咲く季節なんですねsign02

Img_8530

Img_8531

Img_8533

オリーブが今にも咲きそうな状態になってきました。
小さな花ですが一斉に開くのでベランダの景色が変わるほどになりますshine
昨年は26日に1番花が開いたのでそんなに時間はかからないのでしょうsign02

Img_8528

2014年5月21日 (水)

ヘンリーツタに花茎が(ベランダガーデニング)

3年連続でヘンリーツタの花を見ることができそうですeye
ヘンリーツタについて詳しいことは知りませんでしたが今頃に新しく出す芽はどうやら花茎であることを昨年観察していて知りましたsearch

Img_8486

ハンギングしている周辺は今の時期、生育旺盛なクレマチスがこんもりとなってヘンリーツタの様子を見ることが出来ませんが、水遣りするために3日に1回程度ハンギングポットを下ろした時に生長を観察していますeye

Img_8493

Img_8485

冬の間は全ての葉を落として休眠しますが春になると新芽を怪獣のように出して手品のように葉脈がハッキリした葉を形成します。

Img_8488

メイン花壇に夏の花のサフィニアを置こうと北側のベランダで剪定を繰り返しています。
早く花を咲かせようと蕾を付けますが姿形をよくするためにもそこは我慢して剪定しています。
それでも2,3日目を離していると花を咲かせていますcoldsweats01

Img_8506

サンジソウが今年も芽を出しましたbud
この植物は強靭ですね!
秋に枯れてから全くノー管理状態で冬も完全にプランター内が乾燥状態だったのですが春になると突如しっかりした芽を出しました。

午後3時頃になると花を開く不思議な植物ですwatch

Img_8507

2014年5月20日 (火)

落ち着かせてくれる「ベノサバイオレシア」(ベランダガーデン)

クレマチスの記事が多くて申し訳ないですthink

GWの頃から続いた勢いのあるクレマチスが咲き終わって一段落すると今度はおとなしい感じのクレマチス「ベノサバイオレシア」が中央壁の高い所で咲いてくれました。

Img_8446

絞りのある模様が落ち着き感あってこれまでの”イケイケドンドン”花から”ちょっと落ち着いて!”と考えさせてくれるひと時を与えてくれます。

Img_8447

ベランダの東側壁のHFヤングは花期を終えて緑葉だけが残った状態、西側壁際もモッコウバラは完全に終わり、その後のクレマチス「ベルオブウォーキング」もそろそろ花期を終えそうな状況です。花が少なくなって緑色が目立つようになってきました。

Img_8380

Img_8466

そんな時にこの「ベノサバイオレシア」が咲いてこれからベランダ中央部が輝く(楽しめる)ことを知らせてくれますshine

Img_8464

今、ベランダ中央部では「ロマンティカ」が頑張ってかなりの花を咲かせています。これから「ベノサバイオレシア」との競演シーンを披露してくれるので楽しみにしています。

Img_8437

うまくいくと「篭口」「グレイブタイビューティ」などの半鐘型チューリップ咲きのクレマチスとの競演も見られるかもしれませんが今年は期待薄かな????

木苺が結実しました。
こちらも綿棒で受粉を手伝っておいたのですがその成果でしょうかsign02

Img_8479

Img_8481

つるバラが花数を増やして盛り上げてくれますnotes

Img_8441

Img_8443

山椒が生育して緑葉いっぱいになりました。狭い通路を横切るときに体が触れるとプーンと私の大好きな香りを放ってくれます。

Img_8434

2014年5月19日 (月)

短い蔓のクレマチス、シャンテリーが開いた(ベランダガーデニング)

ノウゼンカズラの根元部分をカバーしようと思って、短い蔓が特徴のクレマチス「シャンテリー」を寄せ植えしています。

Img_8371

丁度いい高さに白くて先端が丸みを帯びた花びらの花を咲かせます。
柔らかい感じがして気に入ってます。
花径も他のクレマチスに比べ一回り小さくてこの場所に合った大きさであり、選定が当たったと自己満足していますconfident

Img_8374

今年はこの1輪だけで終わってしまいそうなちょっと勢いのないシャンテリーです。同じ樽プランターにノウゼンカズラクレマチス、水仙などを寄せ植えしているので養分が不足気味になっているのかもしれませんsign02
ちょっと対策を講じなければならないようですdanger

Img_8395

その他のクレマチスも日ごとに花数を増してシーンの変化を楽しませてくれますnotes

Img_8423

Img_8409

姫リンゴがいくつか結実していました。今年は蜜蜂を見かけなかったので1回だけですが”綿棒”で受粉を手助けしてしておいたのですが少しは効果があったのでしょうか???

Img_8424

ブルーベリーも結実していました。
今年は花が咲いた時にヒヨドリが全くと言っていいほどベランダにやって来なかったので被害ありませんでしたが実際に結実した個数はそれほど多くはないようですshock

Img_8427

結実と言えば最も楽しみにしている植物があるのですがまだまだ先のようですsandclock
「アケビ」です。
発芽して4年目になるでしょうか!発育旺盛で根がビッシリ張っていたので今年植え替えしました。
更に沢山の葉っぱは付けたのですが肝心の花が1,2個しか咲きませんでした。
楽しみは来年以降ですねcoldsweats01

Img_8430

昨年の11月に植え替えした孔雀サボテンが願い叶ってか花蕾を沢山付けてくれました。
やっぱりしっかり管理すれば期待に応えてくれるようです。
豪華な花が待ち遠しいです。

Img_8432

やっと青じそが芽を出しました。同時に種を蒔いた「レタスミックス」は既に芽を出し、1回目の間引きを済ませたとことろです。
Img_8428

2014年5月18日 (日)

ヒューケラが満開を終えて(ベランダガーデニング)

赤い小花を房状に付けて濃い緑葉を背景にした姿は私のお気に入りですが、そろそろ満開を終えて散り始めましたhappy01

Img_8344

Img_8347

朝、掃除しているとポツリポツリと小さな花がベランダ床に落ちています。
花が咲くまでは楽しみいっぱいですが散り始めると何とも言えない気持ちになってしまいますdespair
(期間限定だからこそいろんな気持ちになれるのですねsign02

Img_8348

Img_8349

ヒューケラは半日蔭でもしっかり育ってくれるので私のガーデニングにとって凄く役立っています。
大概の植物は日照が最低条件なのでベランダで育てようとしても生育が今一つといった状態になり、私自身が不完全燃焼になってしまうことが多いのですdown

Img_8357

Img_8360

その点、ヒューケラは壁の陰となる場所でもしっかりと育つのでベランダのデッドスペースを生きた空間に変えてくれますgood

ヒューケラの奥にこれまた日陰でも育つ「コクリュウ」を寄せ植えしています。
生長度合が分かりにくい植物ですが、今新しい緑葉を出していますbud

Img_8376

Img_8377

昨日の記事のつるが花数を増してきましたshine

Img_8388

Img_8391

Img_8390

宿根ブラキカムがメダカ鉢隣やブルーベリー鉢隣で小花をいい感じで咲かせてくれています。
バラクレマチスなどの目立った花の下で可愛らしく咲く姿が気に入ってますhappy01

Img_8392

Img_8394

今年から新しくベランダにやってきたヴィオルナ系クレマチスがポツリポツリですが半鐘型の花を咲かせます。
私にとってはこれくらいのスピードで長く花を咲かせてくれるのが丁度いいのですが…coldsweats01

Img_8393

ベランダ西側の壁際の景色が様変わりしてきました。パーゴラにはモッコウバラが全て消えて。クレマチス「ベルオブウォーキング」「MEアンドレ」の競演状態になってきましたshine

Img_8397

Img_8398

2014年5月17日 (土)

つるバラの出番!?(ベランダガーデニング)

クレマチスがクライマックスを迎える頃、今度はつるバラのシーズンが始まりそうです。
クレマチスバラは最も人気のある植物のひとつですが同時に咲く今の時期がガーデナーにとっては心躍るシーズンではないでしょうかsign02

Img_8335

私もクレマチスがベランダいっぱいに咲く中、冬の花が終わって、夏の花の準備が出来、近くの山々がモクモクと動いて見える(山笑う)丁度今の時期が元気・勇気が貰えて大好きですhappy01

Img_8368

ベランダでバラを育てるのは想像していた以上に難しいですcoldsweats02
ハンギングバスケット等がちょっとした陰を創るとバラのその箇所は弱ってしまいますdown
強い風で枝どおしや壁に擦れてしまうと傷付き枯れてしまうことが多いようです。

Img_8338

それでも何とか生長してくれた枝から花を付けてくれると嬉しいですね!
1輪でも2輪でもバラは薔薇、特別に美しい花でもあります。

Img_8339

ペラルゴニウムが蕾を付けて先端からピンク色を覗かせ始めました。

Img_8361

シレネユニフローラも小さな小さな蕾を付けていました。

Img_8366

多肉植物はいつも和ませてくれます。独特な雰囲気があって大好きですhappy01
ついシャッターを押してしまいますcamera

Img_8367

2014年5月16日 (金)

ブライダルベールのベランダデビュー(ベランダガーデニング)

ベランダで地上部を枯らして冬を越すブライダルベール今シーズンは植え替えしてやりました。

Img_8320

昨年に比べ今冬は寒さが厳しくなかったのか春になってからの生長も早かったようですbud

Img_8317

もう花を咲かせ始めました。条件が揃えば1年中花を咲かせる性質を有するので本格的に咲くのはこれからでしょうsign01

Img_8322

冬の花、ビオラが長生きするのでなかなか夏の花に衣替えできませんでしたが、今日思い切ってベランダ西側にアズーロコンパクトブライダルベールをデビューさせて夏仕様に替えました。

Img_8315

Img_8292 

Img_8316

Img_8297

蔓の短いクレマチス「シャンテリー」が開き始めました。やわらかい感じが好きですhappy01

Img_8327

「ベノサバイオレシア」も高所緑化計画の応援部隊として精一杯這い上がってくれました。

Img_8328

「ロマンティカ」迄には届きませんが数個の蕾を付けて準備中です。

Img_8341

MEアンドレはかなり咲いてきました。

Img_8279

2014年5月15日 (木)

もうすぐ咲くかなハツユキカズラ(ベランダガーデニング)

風車のような形の白い花を咲かせるハツユキカズラが花茎を伸ばして蕾を付けました。

Img_2443

最近のハツユキカズラは花をよく咲かせるようですが一昔前はこの花が珍しかったです。

Img_2444

Img_2447

環境の変化かバイオ技術の進展で花を咲かせるのが容易になったのでしょうかsign02
私も以前は花など見たこともなかったのですが数年前に初めて花を咲かせてからは毎年咲くようになりましたhappy01
咲きグセがついても日照が不十分だとやはり花芽は付けないようですよdanger 日照は最低条件のようです。

Img_2452

ハツユキカズラ独特の発色も最近は順調です。
以前は店頭の苗は柔和な感じで発色もいいのですが家で育て始めると緑葉に変わって残念な思いをしたものですcoldsweats01

Img_2450

発色も日照が最低条件のようです。
あとは肥料をしっかりやって健康な苗にしてやることでしょうか。体力がないと本来の性質を発揮出来ないのは生物全てについてですね!

Img_2446

上方ではクレマチス「ベルオブウォーキング」「MEアンドレ」が大きな花を咲かせています。

Img_2457_2

ハオルチアの花芽でしょうか、茎を伸ばした先端部に何やら付けました。

Img_2461

この数日間、いつも使用していた一眼カメラが故障していて代替カメラで撮っていたのですが現物と画像の色が違ってもどかしかったのですが今日修理が終わったので受け取りに行ってきましたrvcar

やはり使い慣れたカメラがいいですね!
クレマチス「ロマンティカ」も現物とかなり近い色に撮れましたhappy01

Img_8285

Img_8273

2014年5月14日 (水)

高所で活躍してくれるロマンチカ(ベランダガーデニング)

高所緑化計画の主役クレマチス「ロマンチカ」が今年も高い場所で花を咲かせてくれます。
ベランダのシンボルツリーのユーカリの左右に広がってくれました。

Img_8384 

ユーカリを支柱として駆け登り、壁面を背景に濃い色の花を咲かせます。
無機質だった壁面が生きた空間に変わりました。

Img_8273_2

Img_8283

苗を買ってきたものの植え付ける場所が見つからず、翌年まで待機させようとユーカリの木の下に置いていたら蔓をスルスルと伸ばしてユーカリの中で咲いたのがきっかけ(このシーンをブロガーさんに褒められたのも自信につながりましたcoldsweats01)でこの場所に鉢を置いて楽しむことに決定、その後クレマチスも3品種追加してユーカリに絡ませることを試みています。

Img_8340

「ロマンチカ」は最初は5号鉢で待機状態だったのですが、今は7号鉢に「ルビーグロー」と一緒に植え付けています。
窮屈になってきたら鉢増ししようと思っています。

Img_1754

活動期に液肥を2週間に1回程度(窒素系を除いたものと交互に)与えています。

1年1年高所壁を緑にそして花を添えてくれるようになりましたshine

Img_1749

「紫子丸」も高所まで登らないかと今シーズンは挑戦です。
かなりの高さまで上がって「ロマンチカ」「紫子丸」が競演ですnotes

Img_1751

Img_2421

夏の花、サフィニアを植え付けました。2,3日日陰に置いてベランダデビューです。

Img_1739

エリゲロン・プロヒュージョンが白色、ピンク色などパステル調にいい感じになってきました。

Img_2438

オリーブの花がもう少しで咲きそうですsign02
昨年は5月下旬に1番花が咲きましたが、今年は少し早いかも??

Img_2423

2014年5月13日 (火)

MEアンドレが咲きだしました(ベランダガーデニング)

ベランダの西側に植えているクレマチス「MEアンドレ」が先に咲いたポンポン咲きの「ベルオブウォーキング」の白い花の中で顔を覗かせました。

Img_8316

白と緑色の中で濃い赤紫色のMEアンドレの花がより鮮やかに見えます。
花びらも4枚と少なく、シンプルな構造です。

Img_8313

また、程よい大きさの花なので「ベルオブウォーキング」を打ち消すことなく互いが引き立つようにも見えます。

Img_2415
ベルオブウォーキングは薄紫色の優しい感じに変化してきました。

Img_8329

これから当分の間、競演を楽しめそうですshine

Img_8322

Img_1735

Img_1733

クレマチスの蔓が雑貨の”ランプ”の中に侵入してもがいていましたcoldsweats01
風が吹き荒れる中、緊急避難したのでしょうねsign02

Img_2419

1週間前に種を蒔いたレタスミックスが芽を出しました。同時に蒔いた青しそはまだのようですが例年数日遅れで芽を出すので大丈夫でしょうsign02

Img_1736

午後からブライダルベールを植え替えました。
何度も寒い冬をベランダで乗り越えてきたブライダルベールに更に生き延びてもらいたいので2,3年おきに植え替えをしています。
用土は赤玉土5、腐葉土3、パーライト2に緩効性肥料を適量混ぜてみました。

Img_1738

*下の画像の左が植え替え前、右が植え替え後です。

Img_1737 Img_1740

2014年5月12日 (月)

初めてのクレマチス「玉ゆら」の花(ベランダガーデニング)

今シーズン初めてヴィオルナ系クレマチス2種をベランダ奥の低い場所に花を咲かせてみようと苗を購入し、植え付けました。

ミニパーゴラに絡ませたシーンを妄想した結果の行動でしたが思った以上の生育で誘引に手こずりました。うまくいったときは嬉しいですhappy01

Img_8288

「玉ゆら」が初花を咲かせ、蕾も数個付けました。

Img_8300

初めての花はやっぱり感動します。日陰場所なのでどうかなと心配しましたが初年度は元気もいいせいか綺麗な姿を披露してくれました(2年目以降が私のガーデニングの実力かなcoldsweats01

Img_8295

半鐘型の花は落ち着いた感じでいいですねsign02
直ぐ傍で見るような場所なので小さな花を選定してみたのですが正解でしたsign01

Img_8294

Img_8326

今日は朝から強い南風が吹き荒れていますtyphoon
つい先日も南風が吹いて折角咲いてくれたクレマチスが傷んでしまったばかりなのに再びの強風は苛立ってしまいますwobbly

Img_8310

エリゲロン・プロヒュージョンが満開状態となってきました。

Img_8334

もみじ葉ゼラニウムが炎のような色の花を咲かせて存在をアピールしています。

Img_8331

2014年5月11日 (日)

DIY作品が馴染んできました(ベランダガーデニング)

ベランダを好きな空間にしたい為にDIYしてそれを背景としたり、植物を絡めたりしていますが年々少しずつ目標に近づいてきました。

Img_8250

目標を立ててベランダのいろんなコーナーを攻める(緑化)のも楽しいものですnotes
環境に合った植物の剪定、鉢の置き方(固定も含め)、植物の誘引方法などを検討しているときが最高ですね(適合プランが見つかったときですが)

Img_8251

2009年の大規模改修工事から5年が経過しますが緑化においては進展したような気がします。

Img_8271

ベランダでは平面的なスペースが限られるので縦方向の空間を有効に活用出来るようにとトレリスアーチ、パーゴラを駆使してハンギングを多くしています。

Img_8253

Img_8249

無駄なスペースを作らないために寸法に合ったトレリス、パーゴラDIYしました。

Img_8233

主にクレマチス、つるバラなどのつる性植物を壁面に這わせ高い場所でも花を咲かせるようにしてみました。

Img_8273

最近は何とか自作パーゴラまで植物が届いてそれなりのシーンを演出してくれるようになりましたshine

Img_8237

壁面を少しデコレーションするだけでも雰囲気が変わるし、植物達が生き生きするような感じがします

Img_8261

Img_8255

DIYしたものをHPにまとめてみました。

2014年5月10日 (土)

清々しいブルーデージー(ベランダガーデニング)

手をかけなくても宿根草の性質を存分に発揮して生育してくれるブルーデージーです。

Img_8214

鉢の中でもいつの間にか涼しげブルーの花を咲かせています。

Img_8211

私がやっていることといえば、花期が終わった秋に短く刈りこむくらいですconfident

Img_8212

こうやって自然に花を咲かせてくれると嬉しいし、四季を感じます。
この花が咲いた時はどうだったとか、その頃出掛けた所でも見かけたとか…
いろいろと思い出されますsmile

Img_8213

これから花数を増してこの壁面をブルーに染めてくれます。

ベルフラワーが満開に近づいてきましたnotes

Img_8280

Img_8281

Img_8282

メダカも食欲旺盛になってきました。午前と午後の2回のエサやりに替えましたfish

Img_8284

Img_8287

クレマチスが元気よ過ぎて思わぬ所まで伸びています。

Img_8285

Img_8298

昨年、ブロガーさんから頂いた種子から今春に芽を出してくれたクレマチスも順調に生長していますgood

Img_8306

2014年5月 9日 (金)

ゼラニウムの季節ですね!(ベランダガーデニング)

朱色やピンク、赤など鮮やかな色の花を咲かせるゼラニウムの季節がやってきました。

Img_8194

Img_8202

切り戻しを繰り返しながらもう何年になるでしょうsign02
寒さには強い植物なのでベランダで冬を越しました。夏の高温多湿は苦手な植物なので風通しのよい場所への移動、混み合った枝をすいてやるなど環境改善させた方がいいようですscissors

Img_8163

乾燥気味に育てていれば失敗はないようですgood

Img_8205

ベランダ花期を迎えようとしているのは「もみじ葉ゼラニウム」「カリエンテ」です。
どちらの花も日光が当たると鮮やかさを増してベランダを華やかにしてくれます。

Img_8197

ペラルゴニウムの開花はもう少し時間がかかりそうですwatch

GW期間中、ハウスの”いちご狩り”が賑わったとのニュースを見ましたが、ベランダのいちご「夏姫」はやっと花を咲かせるようになりました。
Img_8266

この頃は蜜蜂が全くやって来なくなりました。蜜蜂が激減したと言われてましたが深刻な状況になっているのではないでしょうか!?

Img_8267

昨日の台風並みの強風でクレマチスの花がかなり傷んでしまいました。花びらをもぎ取られたり、擦って黒ずんだりした花10個ばかりを刈り取ってやりましたhairsalon
ベルオブウォーキングはボール状のため傷みにくいのか殆どが無傷でしたcoldsweats01

Img_8257

今日は殆ど風もなく、空気も澄んだ感じだったので植物も喜んでいるように見えましたscissors

Img_8274

夏の花、サフィニア苗を買ってきました。
もうしっかりした苗は無いのかなと半分諦めて行ったのですがまだまだ十分ありましたshine

Img_8270

帰宅してすぐにピンチも済ませておきました。これで夏も楽しめるぞ~~happy01

2014年5月 8日 (木)

色付いた紫子丸(ベランダガーデニング)

ユーカリに絡んで濃いブルーの花を沢山咲かせる「紫子丸」です。

Img_8139

Img_8136

早くから開花したのですが、薄緑色のままの状態だったので”花”と呼ぶには躊躇していましたcoldsweats01

Img_8131

Img_8129

蕾が開くときもそうですが蔓の先端部から順番に色付いてきました。

Img_8122

八重の豪華な花が咲きます。花持ちもよくて更には花びらが落ちても花芯が残り、その姿もなかなかなのでそのまま楽しんでいます。

Img_8137

多花性ですが日陰場所なのでその性質を十分に発揮できるかどうかは分かりませんcoldsweats01
今のところ、20数個ほどの蕾が付いています。

Img_8124

Img_8123

ベランダのクレマチスもクライマックスを迎えようとしています(昨年の様子はこちらです)

今日は強風が吹き荒れてベランダに出られないほどです。
クレマチスの蔓が束になって折れないかと気が気ではありませんでしたtyphoon
花びらはかなり傷んでしまいましたcoldsweats02
見事に咲いてくれても一度の強風でみじめな姿になるのは余りにも可哀想!shock

イタリアンパセリの花が咲くようになりました。
葉っぱを収穫するならば花を付けないように切り取ってやるのですが、自然任せにしています。花を付けると茎・葉が堅くなるそうですよdanger

Img_8248

孔雀サボテンが花蕾を付け始めました。
寒い冬をベランダで凍えながら耐え抜いた(孔雀サボテンさん、毎年ごめんなさい!)孔春になって直ぐに準備できるエネルギーをどこに蓄えているのでしょうsign02
他の植物のような扱いはやれてないのですがひとりで耐え抜いて豪華な花をもう○十年も咲かせ続けてくれるなんて…。
もう数個の蕾を覗かせているので楽しみいっぱいですnotes

Img_8245

2014年5月 7日 (水)

小花が和ませてくれるホットリップス(ベランダガーデニング)

赤白模様の小花が散在してナチュラル感を演出してくれるホットリップスです。

Img_8062

Img_8063

我が家では今の時期はクレマチスの大輪の花が目立つのですが、ベランダ中央部にはホットリップス宿根ブラキカム、宿根ネメシア、ステラの小花が可愛らしい咲いてくれて和ませてくれますnotes

Img_8110

Img_8121

ホットリップスは生育旺盛なので直ぐに大きくなってベランダを占拠しそうなくらいになります。
そこで春先に枯れた枝を取り除くと同時に姿全体を整えて春の姿を想定しながらコンパクト仕立てにするようにしています。
水や肥料は気が付いたら遣る程度でも十分に生き続けてくれるほどタフなようですrun

Img_8070

コンパニオンプランツとしてアブラムシが近づかない植物のようなので害虫を気にすることなく育てやすいですbomb

Img_8119

これから初冬近くまで花を咲かせる(春の花期を終えた時に一旦、切り戻しをすると秋に再び咲いてくれます)のでベランダで楽しむのに有効な植物ではないでしょうか?
スペースの小さいベランダでは多くの植物を植えられないので花期が長いと嬉しい限りですring

ただ、花が終わると自動的に花がらを落とし、ベランダが汚れてしまうのでこまめに掃除する必要がありますcoldsweats01

Img_8181

Img_8165

Img_8227

2014年計画のミニパーゴラ部の緑化がかなり進みました。
計画の妄想シーンに近づいてくれましたcoldsweats01

Img_8234

Img_8236

私の夏の花の定番となっているサフィニア苗をまだひとつも手に入れてませんcoldsweats02
ひょっとしたらこのまま夏を迎えるのかと気になり取り敢えず寒い冬を越した昨年の苗のプランターの草取りして追肥をやっておきましたhappy01

Img_8243

数日前、ベランダにやってきた野鳥はどうも高い場所にハンギングしているツルニチニチソウとオウゴンカズラを寄せ植えしている鉢をねぐらにしているようです。
朝早く飛び立っていったり、夕方にはベランダにやってきます。

Img_8112

2014年5月 6日 (火)

2年目のイワンオルゾン(ベランダガーデニング)

再びクレマチスの記事ですpencil

ブルー系のHFヤングが創り出す強い色を少し和らげて見ようと白い花のイワンオルゾンを昨年植えてみました。

Img_7997

Img_8002

昨年は数個の花が咲いてくれましたが、イメージ通りのシーンには遠く妄想に終わってしまいましたが今年はイメージ通りのシーンを創ってくれそうですgood

Img_8006_2

柔らかい丸みのある花びらに花芯は少し濃茶系のダークな色はHFヤングの強さを和らげてくれた感じがしますsign02

Img_8048

これから花数をもう少し増してくれそうなのでこのシーンを楽しめそうですnotes

Img_8183

Img_8042

高さ10数センチだった苗が1年でこんなに生長してくれると嬉しいですね!
来年はもっと高い場所まで届くように頑張りますhappy01

Img_8158

ベランダ西側壁際のクレマチ「ベルオブウォーキング」の中に「MEアンドレ」が咲いて競演開始です。お日様に向かって咲くので正面の顔を見ることが出来ませんcoldsweats01

Img_8178

これから正面から見られる花も咲いてくれるだろうからしばらく待ってみましょうnotes
ベルオブウォーキングが好きな薄い紫色に変化してくれましたhappy01

Img_8175

GW期間中はいろいろと用事があったり、風邪で寝込んでしまったので夏花を植えることが出来ませんでした。
体調が改善したら夏花苗を買いに行こうと思っています。
オリーブが蕾を付けました。黄色の小花が咲くのももう少しですね。

Img_8171

Img_8174

今日でGWも終わりというのにガーデニング作業を全くしないと何だか憂鬱になってしまうので青しそレタスミックスの種を蒔いておきました。
何か一つでもやっておくと安心します。風邪熱が下がらないままですがサッと作業を澄ませて再び横になっていました(たかが風邪ですが、熱に弱い私ですweep

Img_8184 Img_8185

2014年5月 5日 (月)

今年は開花が少し遅い(?)ベルフラワー(ベランダガーデニング)

我が家のGWの花として定番となったベルフラワーです。
名前通りのベル(鐘)のフラワー(花)ですね!

Img_8060

Img_8058

Img_8047

Img_8027

パッと明るくなるので元気と勇気をもらえます。随分頂きましたrun
小さな存在ですが私にとって植物の効能は随分大きいですbomb

Img_8038

Img_8029

今年は例年よりも満開となるのが遅いようです。
軒下のビオラの茎が伸び過ぎてベルフラワーに陰をつくるようになって生長が遅いのかもしれませんsign02

Img_8034

これからの満開状態のシーンが楽しみですnotes

Img_8085

今日は背景の東壁のクレマチスHFヤング」の花が増えてよりブルーが目立つようになりましたeye

Img_8156

5月の日照はビオラにとって厳しいだろうと壁掛けプランターの分だけ夏の花、アズーロコンパクトに替えてやりました。これも涼しげなブルー系ですcoldsweats01

Img_8143

冬を越した苗なのでボサボサ頭です。

Img_8147

2014年5月 4日 (日)

私のクレマチスルーツの「HFヤング」(ベランダガーデニング)

当分クレマチスの記事が続きそうですpencilcoldsweats01
留守をした間にクレマチスが一斉に開花していました。
1番手は「ルビーグロー」でしたが後はどの品種が2番、3番…となったかは分かりませんcoldsweats01

Img_7996

クレマチスをベランダで育てようと挑戦したものの最初の頃はなかなかうまく出来ませんでしたが諦めることなく繰り返していたところ、たまたま成功したのがこのHFヤングです。

Img_8006

このHFヤングの成功をきっかけにこの約10数年間、小さな1,2年苗を上手く育てられるようになりました。
それだけにこのHFヤングには思い出深いものがいろいろとあります。
今では蔓径も大きくなって頼もしく感じますconfident

Img_7955

爽やかなブルーの花はフレッシュな気分になれるし元気ももらえます。

Img_7957

クレマチスを絡めているベランダ東側の壁面も緑が増えてきました。
大規模改修工事後に計画した植栽も少しずつイメージに近づいてきました。
更なるブラシアップを図りながら壁面を充実させたいですthink

Img_8011

Img_8017

暖かくなってきたのでベランダが心地よくなってきましたnote
椅子に座ってクレマチスをぼんやり眺めることが多くなりましたwheelchair

Img_8055

Img_8043

HFヤングは壁面の高い場所まで伸びてくれて壁面緑化に大活躍の植物ですscissors

Img_8082_2

2014年5月 3日 (土)

4年目のクレマチス「ベルオブウォーキング」が咲き出した(ベランダガーデニング)

待ちに待ったポンポン咲きクレマチス「ベルオブウォーキング」が開いてくれましたshine
蕾を早くから付けたので今咲くか今咲くかと毎日のようにウォッチしていました。

Img_7983

例年5月になってから開くのでそれまで待たなくては開かないことは分かっていても待てないですねcoldsweats01
この待っている間も結構楽しいものです(むしろ、咲いてホッとして後はあまりウォッチしないこともあります)

Img_7928

豪華咲きで花期も長いので十分楽しめます。
その上、モッコウバラと一緒に咲く姿は一度見るとクセになってしまいましたgood

Img_7973

最も気に入った寄せ植えのひとつになりました。
今年はモッコウバラが早く咲いて大事なときに十分な管理が出来なかったので花持ちが悪くなってしまい、散り始めてしまいました。

Img_7952

それでも黄色のモッコウバラとの競演は格別ですshine

今朝、野鳥がベランダにやってきました。実は昨日もやってきて高い場所にハンギングしているツルニチニチソウの鉢の中に数秒間入って、出ていったのですが今日も同じ所に入って(隠れて)しまいました。少しの間見張っていましたがなかなか出てこなかったのでそっとしてやりました。

Img_7989

ハクセキレイでしょうか?
明日も来てくれるかな?そのあと、アゲハチョウがベランダのあちこちの花にとまるのですがこちらはシャッターチャンスがありませんでしたcamera

クレマチス1番手の「ルビーグロー」は次々と開花しています。

Img_7978

2014年5月 2日 (金)

1週間ぶりのベランダ(ベランダガーデニング)

用事があって1週間ベランダを留守にしてしまいましたwobbly
水遣りが心配になりましたが、そこは過去の経験とまだ真夏でないこともあって乗り切れるだろうとペットボトル給水や受け皿を利用して対処していました。

Img_6857

特に水キレして枯れた植物はなく一安心しました。また留守時の対応について得ることもありましたpencil 
(留守時の対策が更にパワーアップ出来た感じですcoldsweats01 でも自信過剰は禁物、キンモツdanger

久しぶりにベランダの様子を今朝見てみると植物が様変わりしていました。
ブルーデージーベルフラワー、そしてクレマチス4種が咲いていました。一気に沢山の花が咲いて賑やかになってくれました。

Img_7912

Img_7918

Img_7919

新入りのヴィオルナ系クレマチス2種も蕾・花を付けてくれました。

Img_7914

片付け、掃除を終えてからゆっくり眺めることにしてとりあえずは記録として撮影ですcamera

Img_7911

クレマチス「紫子丸」が色付き始めました。いよいよ我が家のクレマチスが本格的に咲き始めるようですrun

Img_7942

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »