« クレマチス「コメレイ」の開花です(ベランダガーデニング) | トップページ | サルビアアズレアが宿根草らしく(ベランダガーデニング) »

2014年5月28日 (水)

ベルフラワーの刈り込み(ベランダガーデニング)

花期を終えたベルフラワーを毎年5月下旬に刈り込んでいます。
短く刈りこんで蒸れないようにして来年を待ちます。

一昨日の嵐で花は溶けてしまい、茎も互いに絡んで乱れてしまいこのままだと蒸れて弱ってしまいそうなので即決行しました。

Img_8692


Img_8693

刈り込み方法はもう10年間同じことを繰り返しているので段取りも早く簡単、カンタン!!
10分もあれば十分です。

Img_8695

ゴミ袋で周りを囲って刈り込むだけです。冬をしっかりした苗で越すためにもこれから体力を増強しておく必要があります。

Img_8698

沢山の花を咲かせた後なのでかなり疲れ切っている状態と思われます。
通常よりも薄目にした液肥を暑くなる夏前までにやって体力をつけておきますrun
真夏には肥料はやりません。大概の植物は真夏時には肥料はやりません(夏に活動旺盛な1年草は肥料が必要ですが)

注意しているの刈り込んだ後の茎の間に落ちている花がら、ゴミなどの除去です。
清潔にして風通しをよくしておくことがかなり大切なようですdanger

Img_8700


このベルフラワーは虚弱体質のように見えてなかなか強靭な植物です。
冬もベランダに出したままでも枯れることなく春になると毎年可愛い花を繰り返し咲かせます。
我が家のベルフラワーももう10年は同じ鉢・場所で生き続けてくれているでしょうかsign02
手間がかからないのに目の覚めるような小花を咲かせて元気をくれますrun

もう少し花期が長いということなしなのですが贅沢過ぎますねhappy01

オリーブが一気に満開になりました。

Img_8703



突然、パッと真っ白になり明るくなりましたflair

Img_8709

南風をまともに受けてクレマチスやつるバラの花が散ってしまいましたが、クレマチス「ロマンティカ」は咲き始めたばかりだったこともあってか風を受けにくい場所にあったからか被害は殆どありませんでしたscissors

Img_8711

中央壁は風が押し当たるだけで通らないの多少被害から免れるのでしょうか? ベノサバイオレシアも殆ど傷まないで済みましたcoldsweats01

Img_8722


一方、東西の壁際は全滅状態!
西側で豪華に咲いてくれていたクレマチス「ベルオブウォーキング」は全部が傷んでしまいました。もっとも、花期を終える頃だったので仕方ないですね。
白い花が無くなったので景色も変わりました。
急に寂しいシーンになったので再びフリル咲きビオラ「ミルフル」を持ち出してハンギングすしてみました。

Img_8721

ハオルチアの花が開いていました。
多肉植物は小さけれどもユニークな花を咲かせて楽しませてくれますねnotes

Img_8716

夏の花、サフィニアはまだ剪定を繰り返しています。ビオラが長生きしてくれるのでなかなか処分出来ずにサフィニアは待機状態ですthink

Img_8714

« クレマチス「コメレイ」の開花です(ベランダガーデニング) | トップページ | サルビアアズレアが宿根草らしく(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレマチス「コメレイ」の開花です(ベランダガーデニング) | トップページ | サルビアアズレアが宿根草らしく(ベランダガーデニング) »