« つるバラの出番!?(ベランダガーデニング) | トップページ | 短い蔓のクレマチス、シャンテリーが開いた(ベランダガーデニング) »

2014年5月18日 (日)

ヒューケラが満開を終えて(ベランダガーデニング)

赤い小花を房状に付けて濃い緑葉を背景にした姿は私のお気に入りですが、そろそろ満開を終えて散り始めましたhappy01

Img_8344

Img_8347

朝、掃除しているとポツリポツリと小さな花がベランダ床に落ちています。
花が咲くまでは楽しみいっぱいですが散り始めると何とも言えない気持ちになってしまいますdespair
(期間限定だからこそいろんな気持ちになれるのですねsign02

Img_8348

Img_8349

ヒューケラは半日蔭でもしっかり育ってくれるので私のガーデニングにとって凄く役立っています。
大概の植物は日照が最低条件なのでベランダで育てようとしても生育が今一つといった状態になり、私自身が不完全燃焼になってしまうことが多いのですdown

Img_8357

Img_8360

その点、ヒューケラは壁の陰となる場所でもしっかりと育つのでベランダのデッドスペースを生きた空間に変えてくれますgood

ヒューケラの奥にこれまた日陰でも育つ「コクリュウ」を寄せ植えしています。
生長度合が分かりにくい植物ですが、今新しい緑葉を出していますbud

Img_8376

Img_8377

昨日の記事のつるが花数を増してきましたshine

Img_8388

Img_8391

Img_8390

宿根ブラキカムがメダカ鉢隣やブルーベリー鉢隣で小花をいい感じで咲かせてくれています。
バラクレマチスなどの目立った花の下で可愛らしく咲く姿が気に入ってますhappy01

Img_8392

Img_8394

今年から新しくベランダにやってきたヴィオルナ系クレマチスがポツリポツリですが半鐘型の花を咲かせます。
私にとってはこれくらいのスピードで長く花を咲かせてくれるのが丁度いいのですが…coldsweats01

Img_8393

ベランダ西側の壁際の景色が様変わりしてきました。パーゴラにはモッコウバラが全て消えて。クレマチス「ベルオブウォーキング」「MEアンドレ」の競演状態になってきましたshine

Img_8397

Img_8398

« つるバラの出番!?(ベランダガーデニング) | トップページ | 短い蔓のクレマチス、シャンテリーが開いた(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝読させていただいています。
本当に溜息が出るほど、お花でいっぱいのベランダ、夢のようです。
一体何種類の草花を植え付けていらっしゃるのでしょうか。わたしはベランダでの育成初心者ですが、これからも素晴らしいベランダ、お花の様子をぜひ励みにさせていただきたいと思っています。

>misiaさん
ありがとうございます。
記事を読んでいただいているとのこと、ちょっと恥ずかしいですが凄い励みになりますhappy01
花(植物)が好きな人が増えたらいいなぁと思っています。

我が家のベランダで育つ植物をいろいろと挑戦していたら現在のメンバーになりました。
70〜80種類(苗)がありますが宿根草を主に植えているのでそんなに手間はかからないのですよ。
1年草の夏のサフィニアと冬のビオラを植え付けるときがちょっとした作業なくらいですrun
ベランダの掃除をする方が忙しいですcoldsweats01

1年間を通して無理なく継続してガーデニングを楽しめるように
心掛けていますnotes
misiaさん、これからもよろしくお願いします。

花日記さん、コメントありがとうございます。
70種類以上も! それは賑やかですね! 
草花を育て始めてみたら、通勤途上のちょっとした庭や路地に目がいくようになりました。或は、店先で少し元気をなくしている草花がかわいそうになったり・・・。
水をあげるのに自然と早起きになったりと、なんだかとても楽しいです。あまり変化がなかった生活だったせいか、余計です。自然と花に話しかけたりと以前なら想像できなかった変化があって、驚いてもいます。
東京の都心に近い小さな街で、最近は台風の通り道になってしまい、これから夏秋が心配ですが、少しずつ上手にお世話できるようにと思っています。こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

>misiaさん
花(植物)はパワーをくれるでしょうsign02
私もいっぱい元気・勇気をもらってきました。
共生出来るように可愛がって、そこからまた楽しみももらっています。

最近は関東地方に台風が接近、上陸することが多いですね(一昔前は、西日本上陸が多かったのですが…)
日頃から台風や地震のことは考えていた方がいいようですdanger
事故防止は勿論ですが、折角育てた植物がたった一度の台風で枯れてしまうとショックが大きいですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つるバラの出番!?(ベランダガーデニング) | トップページ | 短い蔓のクレマチス、シャンテリーが開いた(ベランダガーデニング) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ