« 今度は白色花の孔雀サボテンが咲きました(ベランダガーデニング) | トップページ | 長い付き合いのスパティフィラム(ベランダガーデニング) »

2014年6月 5日 (木)

6月上旬のベランダ西側(ベランダガーデニング)

昨日、近畿地方も梅雨入りしましたrain
梅雨入りする前に植え替えしたかった植物もあったのですがタイミングを逸してしまいましたwobbly

5月はモッコウバラクレマチスで賑わったパーゴラ周辺もすっかり緑一色になって初夏を迎えようとしているベランダ西側です。

Img_8896

Img_8920


色物が無いとやっぱり寂しいですねcoldsweats01 

Img_8911

それでも来年のことを妄想しながらクレマチスの剪定やつるバラ、モッコウバラのシュートの誘引をするのも楽しいものです。
今年の出来映えや反省点を考慮しながら来年のシーンの仕込みはこれから重要ですpencil

Img_8921


これから夏にかけてベランダ西側で活躍してくれる主な植物達は次の通りです。

①アズーロコンパクト:
次々と涼しげなブルーの小花を咲かせています。昨年から咲き続けている苗ので頂部が薄いのが悩みです(私の頭と同じですcoldsweats01

Img_8926

Img_8919



②オレガノ・ディクタムナス:
春になっても活動開始の遅いオレガノ・ディクタムナスこれから苞葉を出します

Img_8922


③ヘンリーツタ:
蕾を付け始めたのでこれからユニークな花を観賞出来るかもしれませんsign02

Img_8923

④ペラルゴニウム・シドイデス:
やっと昨日蕾を発見しました。植え替えしたので沢山の花が期待出来そうです。

Img_8925

⑤イチゴ「夏姫」:
これから収穫期を迎えます。今年はヒヨドリの姿を見かけないので(代わりにセキレイが毎日やってきてくれます)横取りされませんhappy01

Img_8941

インパクトのある花は咲いていませんがそれなりに楽しんでいますnotes

Img_8931

昨夜は低気圧の通過で荒れました。そんな中、孔雀サボテンは4夜連続で開いてくれましたshine
花の中心部に水が溜まって気の毒な姿になり”1日花”のはかない運命となってしまいました。

Img_8939

時計草に小さな蕾が付いていました。
花を咲かせるには日照が必要条件なのですが近年は他の植物に場所を譲ってベランダの奥に置いているので花付きが悪いようですcoldsweats01
気が付いたときは時々日が当たる場所に移動させているのですが十分ではないでしょうねsign02

Img_8940

« 今度は白色花の孔雀サボテンが咲きました(ベランダガーデニング) | トップページ | 長い付き合いのスパティフィラム(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今度は白色花の孔雀サボテンが咲きました(ベランダガーデニング) | トップページ | 長い付き合いのスパティフィラム(ベランダガーデニング) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ