« 6月上旬のベランダ西側(ベランダガーデニング) | トップページ | 寒さに耐えたワイヤープランツも活動開始(ベランダガーデニング) »

2014年6月 6日 (金)

長い付き合いのスパティフィラム(ベランダガーデニング)

スパティフィラムは私のガーデニング歴の最も古いというかガーデニングを始めるきっかけのひとつの植物です。

ベランダガーデニングを始める前に家族が室内で観葉植物を楽しんでいたのですが当時から株分けを繰り返して現在に至っています。もう20年以上にもなります。

Img_8950


家族と共に育った思い出深い植物のひとつでもあります。

すっと伸びた花茎に一つだけ花を咲かせます。

花は表面がいぼいぼした棒状のものと、それを包むように広がる白い仏炎苞(ぶつえんほう)からなります。

Img_8949


以前は春になるとベランダの日陰場所に出していましたが最近は年中リビングの明るい場所に置いています。

Img_8955

ベランダに出しておいた方が生育がいいように感じますup
葉や茎の大きさもそして花も大きいようです。
置く場所がなくなったのでやむなく室内で育てています。
今日は撮影のためベランダに出しましたcamera

Img_8953

最近の私はベランダに出てばかりで室内の植物の管理が疎かになりがちになっていますcoldsweats01
このスパティフィラムも以前は葉っぱも花も力強く大きかったように記憶しています(鉢が少し小さいから仕方ないかもしれませんねsign02

くどいようですが今日も(実際には昨夜)孔雀サボテンが咲きました。
毎日豪華な花を見られる今年はちょっと贅沢気分ですshine

Img_8947


もう1個大きな蕾があるので明日も見られるかも?
(他の蕾は先日の強風で落ちてしまったのでこれが最後でしょうconfident

セキレイがやってくる頻度が増え、滞在時間も増えてきました。
花を食べるでもなく悪戯もせず、チィチィ(表現しにくいです)と鳴きながら壁の頂部でじっとしたりベランダをアチコチ移動しています。
毎回ベランダに来ると高い箇所のツルニチニチソウと黄金カズラの寄せ植え鉢と物置の上に置いているツルニチニチソウの鉢には必ず入っていきます。
何か好物でもあるのかもしれませんsign02

Img_8956

アイビーゼラニウム「カリエンテ」がショッキングピンク色の花を沢山咲かせてベランダに彩を添えてくれます。緑が多くなったベランダだけに明るい色は元気が出ますshine

Img_8958

今年計画(妄想)したシーンが実現出来ましたgood
全く緑が無かったコーナーにちょこっと可愛らしいシーンが出来ないかと小さな花のクレマチスを選定したのですが50%以上の出来で満足しています。

Img_8962

« 6月上旬のベランダ西側(ベランダガーデニング) | トップページ | 寒さに耐えたワイヤープランツも活動開始(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月上旬のベランダ西側(ベランダガーデニング) | トップページ | 寒さに耐えたワイヤープランツも活動開始(ベランダガーデニング) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ