« 楽しみなクレマチスの生長(ベランダガーデニング) | トップページ | いい姿になってくれたブライダルベール(ベランダガーデニング) »

2014年8月21日 (木)

自立しているオリヅルラン(ベランダガーデニング)

ガーデニングを始めた頃、このスッキリした姿が好きでオリヅルランを室内観賞用として大切に(今考えてみると過保護気味に)育てていましたcoldsweats01

Img_0596


少々疲れて帰ってきてもこのオリヅルランを見るとシャキッとして当時は元気が出たものですsmile

Img_0585


観葉植物なので寒さに弱いものと思い込んでいましたが、数年以上前にベランダでゼラニウムと寄せ植えしたところ弱いどころではなく、ゼラニウムの根を侵食してしまいました。
(寄せ植えするときは注意が必要ですdanger
滅法強くて冬も霜に当てなければ容易に越せることもその時に知りましたpencil

Img_0586


見かけによりませんねsign02

それからは気にかけなくなったので水遣りも忘れることもしばしばあるのですが、根にしっかり水を蓄えるので忘れてしまっても生き延びるようです。

Img_0588


Img_0590


ベランダで緑が欲しい場所に自立して一人でも生き続けるオリヅルランに頑張ってもらっていますrun

Img_0589

ハイビスカスの蕾が色付いてきました。蕾も2個に増えましたgood

Img_0591

こちらは時計草が開く前の白無垢状態です。11時には完全に開きました。

Img_0592




« 楽しみなクレマチスの生長(ベランダガーデニング) | トップページ | いい姿になってくれたブライダルベール(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽しみなクレマチスの生長(ベランダガーデニング) | トップページ | いい姿になってくれたブライダルベール(ベランダガーデニング) »