« クレマチス「篭口」が頑張ってくれています(ベランダガーデニング) | トップページ | 自立しているオリヅルラン(ベランダガーデニング) »

2014年8月20日 (水)

楽しみなクレマチスの生長(ベランダガーデニング)

今朝はまた広島市での大雨災害、無惨な光景に茫然としているだけです。
恐ろしいほどの猛烈な雨が全国各地で降るようになってとんでもないことが起きています。
まだまだ大気が不安定な状態なので警戒が必要ですdanger

毎日植物達の生長を観察することが楽しみですが、今もっとも楽しみで毎朝一番に見るのがテーブルの上に置いているヴィオルナ系クレマチスですeye

Img_0573


昨年9月にブロガーさん(私はベランダで育てるクレマチスのスペシャリストとしていろいろと参考にさせてもらっています)から頂いた種子をポットに蒔いて過ごすこと6ヶ月以上になってやっと芽を出してくれたものです。 (何にもないポットを数か月も見続けるのはつらいものがあり諦めかけました)

それから6ヶ月経って葉も何枚か形成したものの茎径は蜘蛛の糸のように極細です。
毎日いつ枯れてしまうかと気が気ではありませんcoldsweats01
さすがに台風襲来のときは室内に取り込んでいます。

今は半日ほど日光に当てています。乾燥したら水遣りと水キレだけには注意しています。

Img_0574


大きく生長したらどこに植えてやろうかと今からあれやこれやいろんなことを考慮しながら検討しています。

東側の壁際にはヴィオルナ系クレマチス2種を含めて6品種、ベランダ中央のユーカリに絡めた4品種と支柱に絡めた3品種、西側のトレリスに2品種と既に15品種が育ってくれています。

Img_0579


Img_0581


Img_0582



どのクレマチスと相性が良いかどこのシーンがこの花に合っているかと想像しているうちに妄想が始まります。

Img_0583

7月にクレマチスの挿し木に挑戦した苗も何本かは強風で飛ばされたり枯れてしまったりしましたが数本はまだ緑葉を残しています。
鉢底から1本だけ根を確認することが出来ました。

Img_0578

« クレマチス「篭口」が頑張ってくれています(ベランダガーデニング) | トップページ | 自立しているオリヅルラン(ベランダガーデニング) »

ベランダガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クレマチス「篭口」が頑張ってくれています(ベランダガーデニング) | トップページ | 自立しているオリヅルラン(ベランダガーデニング) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ