« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

ホットリップスが再び(ベランダガーデニング)

春から秋後半までの長い花期のホットリップスですが、夏の猛暑日は一休みするようですsleepy
涼しくなってきたので再び花を咲かせ始めました。

Img_1202


赤と白がそれぞれ1輪ずつです。通常は唇の形をした紅白模様の花を咲かせるのですが気温によって赤い花だったり、白い花になったりするそうです。

Img_1203


Img_1221


強靭で水遣りもそんなにする必要がないので初心者向きの植物として紹介されていますcoldsweats01

Img_1207


夏の暑さ、冬の寒さにも強く、少々刈り取っても新しい芽を出してきますbud

1mくらいの草丈になりボリューム感があるので後方の背景として活用しています。ナチュラル感も演出してくれますgood

Img_1211

丸2年間、楽しませてくれたアズーロコンパクトもそろそろ花期を終えそうです。

Img_1209

夏の花が少ないときに頑張ってくれたアンゲロニアはまだまだ花を咲かせていますnotes

Img_1208

【独り言】
今日で9月も終わり。
かなり涼しくなってきて蝉の声も消えていきそうです。
これからは最高気温も30℃を超えることはなさそうです。
夏にお世話になった網戸を綺麗に掃除しておきましたshine
ピッカピカになると気持ちいいですね!

2014年9月29日 (月)

セージが咲きそうです(ベランダガーデニング)

涼しくなってくるとベランダで何の花が咲いてくれるかなと見回すのですが真っ先に思い当たるのが夏の間、涼しい場所に移動させていた植物達です。

ラベンダーセージ類が秋になるとすぐに開花を始めてくれます。
今日はセージ(サルビア)が茎先端にビロード地のような薄紫色の花を咲かせ始めました。

Img_1199


Img_1201


雑草のような姿のセージ(サルビア)ですがそのナチュラル感のある姿をベランダで見られるのはちょっとハーッピーな気分になれますnote

Img_1193


Img_1195

【独り言】
先日、田舎に帰ったときに唐辛子をもらってきました。
防虫・抗菌作用がある(大して強くない)らしいので室内で干して活用してみようと思っていますが観賞用にもどうかなsign02

Img_1177

2014年9月28日 (日)

静かなベランダ(ベランダガーデニング)

夏の賑やかな花、サフィニアも一段落してベランダが静かになった感じがします。
落葉する植物もあってちょっと寂しく、感傷的になりそうです。

それでも四季折々の花が咲いたり、小動物の悪戯の跡が和ませてくれますhappy01

Img_1179


Img_1178

次の画像はコオロギの一種カネタタキが食べた跡です。秋になるとよく鳴いてくれるので放し飼い同然です。

Img_1187

秋の朝陽を浴びるワイヤープランツは気持ちよさそうです。
もう丸8年生き続けています。

Img_1183

黄金カズラは黄葉や赤葉が増えて秋のシーンを演出してくれますmaple

Img_1185

ディコンドラは丁度いい感じの生長速度です。

Img_1190

緑葉を残しているクレマチスはまだ花を咲かせてくれますshine

Img_1189


ベランダ西側はクレマチスが地上部を枯らして冬の準備を始めたようです。

Img_1192

ここ数日、アメリカンブルーが元気よく生長著しいですrun
好きなブルーの花が見られて嬉しいですhappy01

Img_1191

2014年9月27日 (土)

スィートアリッサムが再び(ベランダガーデニング)

今日は久しぶりに朝早くから運動golfしに出かけたので20時過ぎてからの投稿ですpencil
画像だけは出掛ける前に撮っておきましたcamera

夏越し出来たスィートアリッサムが再び花を咲かせ始めました。

Img_1166

Img_1168


もう何年でしょうか、夏越ししたりこぼれ種で生き続ける(サイクルを繰り返す)スィートアリッサムです。
私の理想としているガーデニングです。このベランダで長生きしてくれる植物を探しています。
環境に合った植物と共生できる喜びは特別です。

Img_1169


Img_1170

出掛ける前に撮ったハイビスカスは帰宅したときは完全に閉じて店じまいしていましたdown

Img_1173


Img_1175

2014年9月26日 (金)

そろそろ咲くのかなミセバヤ(ベランダガーデニング)

ミセバヤを日向に出してからは俄然元気もりもりになって今年最後の過程である花を咲かせようとしています。

Img_1161


調べてみて知ったのですが、花後は花茎を枯らして株元に新芽を残して冬を越すそうですsnow
(この状態で昨年購入しました)

Img_1156


これから茎先端に紅色の花を咲かせるそうです。ちょっとセダムに似ているのでしょうかsign02
初めて見る花に興味津々ですeye

Img_1162

【独り言】
今日の大リーグのヤンキースのD.ジーター ホームスタジアム最終戦は劇的なサヨナラゲームでしたbaseball
黒田投手が好投してそのまま楽勝かと思われたのですが投手交代した最終回に3点差を追いつかれてしまいどうなるかといった展開になったのですが最後の主役はジーターでした。
「こんなこと、あるのsign02」と何度も何度も中継解説者が言われていたように凄いドラマでした。超満員の観衆もこのドラマを生で見られてきっと幸せでしょうnotes
いいですね!やっぱり野球はおもしろいhappy01
益々大リーグ中継が楽しみになりました。

2014年9月25日 (木)

ツーショット(ベランダガーデニング)

クレマチス「玉ゆら」オリーブの実のツーショットです。
いつの間にやらクレマチスの蔓がオリーブに絡んでいました。

Img_1152


台風16号が去った後、ベランダの掃除をしていて気づきましたeye
(台風16号が温帯低気圧になったり北側に離れたコースをとったので油断していたらかなり強い風雨となり、ベランダが荒らされてしまいましたtyphoon

Img_1153


四季咲きクレマチスがポツンポツンとですが咲いてくれて楽しませてくれますnotes
春のような勢いはありませんが秋らしい静かな咲き方ですねsign02
秋の過ごし方を教えてくれているように感じますhappy01

Img_1154

篭口も新たな花を咲かせてくれましたshine

Img_1155


2014年9月24日 (水)

台風16号の進路は?(ベランダガーデニング)

昨日まで田舎に帰省するために高所の鉢やプランターを床に下ろしていたので、早速元の位置に戻そうかなと思いましたが台風16号の進路が日本海を東にたどるようなので強い南風が予想され、そのままの状態にしておくことにしました。

スペード葉ワイヤープランツの花を見つけましたeye

Img_1138


枯らさないように北側の涼しい場所に移動させておいたのですが、環境が変わって花を咲かせたのでしょうかsign02 ショック療法的な効き目でしょうか?

Img_1140


Img_1143


ミニバラがまた咲いていましたshine
Img_1163


Img_1164

【独り言】
田舎に帰ったついでに海辺をドライブしてきましたrvcar
 

Img_9463

Img_9477


久しぶりに回ったコースは随分様変わりしていましたeye

ちょっと立ち寄った漁港の朝の市民向け(?)競り市は新鮮でしたsign03

 

Img_9452


魚やイカなどを競るのですがせり方が面白いと言うかユニークなんですよ。
競る値が段々下がっていくのですdown
驚きの値です。ビックリしましたhappy01

 

大きなハマチでも1000円から下がって800円でゲットscissors

 

Img_9454


大きい剣先イカも10杯で1800円、ビックリする値で競り落としですgood

 

Img_9455

その他、大きな生きた蛸も800円,日ごろお店で買う値段と比較するとびっくりするほどの違いです。

 

夕食はBBQです。イカは刺身でも焼いても甘味タップリで日頃の味とは全く違ったもので大満足でしたsign03

Img_9482

2014年9月23日 (火)

留守時の給水(ベランダガーデニング)

法事のために田舎に帰ってきましたrvcar

いつも気になるのが留守時の植物達への給水です。
涼しくなったとは言え、今の時期は太陽の軌跡が低い分、ベランダの奥の方まで差し込みます。夏越しに成功したからと安心していると今の時期に直射日光に晒して枯らしたものですcoldsweats02

Img_1131


サフィニアなど夏の植物はもう少しで花期が終わるのでそのままにしてもよいかもしれませんが、そこは生物これまで元気をいっぱいくれたのでやはりしっかり長生きさせてあげたいですねrun

Img_1132

私の留守時の給水方法は決めているので要領よく淡々と作業をするだけです。
鉢受け皿に水を入れて下から給水してやるのです。

Img_1135


受け皿が無い植物はペットボトルに穴を明けて給水です。この方法は水が落ちないことがあるのでチェックしてから出掛けることです(私は事前に一度試してから行っています)

Img_1133

4日程度ならこれらの方法で間に合っています(GWの時は1週間の留守をカバー出来ましたscissors

Img_1136

鉢やプランターを移動させると今まで見られなかったシーンが現われますeye

Img_1137

2014年9月19日 (金)

落葉し始めたヘンリーツタ(ベランダガーデニング)

ヘンリーツタが赤く紅葉し、落葉も始めましたmaple
落葉スイッチが早いですね!

Img_1125


他の植物は未だ青々としているのにです(青いまま落葉する植物もあるので一概に葉色で比較出来ませんが)

Img_1128


植物達はそろそろ冬支度の準備ををするようです。

Img_1130


2014年9月18日 (木)

今年も夏越出来たラベンダー(ベランダガーデニング)

今日は見苦しい画像です。記録を残して後々のガーデニングに活かしたいのでご容赦願いますhappy01

Img_1119


高温多湿が苦手なラベンダーが我が家の南側のベランダでは夏越し出来ないことが分かってからは夏は北側ベランダに移しています。

Img_1117


今年は花がまだ咲き続けていた7月中旬に移してやりました。
やはり、環境が随分違うのでしょうね、ラベンダーは弱ることなく夏を過ごしていました。
昨年同様、短めに刈りこんで水も控えめにして北側のベランダに置いておけば夏越し出来ることが分かりましたgood

Img_1120


暑さに弱いバコパもここで夏越ししていました。ボチボチ花を咲かせ始めるようです。
こちらは株元が枯れた状態になって見苦しい姿になってしまいましたcoldsweats02

Img_1121

これから緑葉を出してくれることに期待しています。

Img_1122

置き場が無くなって止む終えず交換タイヤのハブ部に置いてしまったハツユキカズラはそのまま数年間、この北側ベランダで過ごしています。ずっとこの場所で生育サイクルを繰り返しています。
紅葉を始めましたmaple

Img_1115

2014年9月17日 (水)

篭口がひょっこり(ベランダガーデニング)

半鐘型の花のクレマチス「篭口」がまたひょっこり咲いてくれましたscissors
たったひとつですが嬉しいですhappy01

Img_1094


この篭口は随分と花期が長いクレマチスのようです。夏の暑い時にでも花を咲かせるといった強靭な性質を有するところがいいですね!
大概のクレマチスは四季咲きといっても真夏は休憩するものが多いのですが篭口は暑いときでも頑張ってくれるのですね。

Img_1095


その分かどうか分かりませんがうどん粉病がちょっと発生したので薬剤を散布してやりました。

Img_1092


Img_1093

ミセバヤの蕾が増えてきました。初めて見る花に期待は膨らむばかりで毎朝ベランダに出ると一番先に目がいく所に置いていますcoldsweats01

Img_1100


花だけでなく肉厚で周囲が赤く縁取られた葉もなかなかいいですねsign02

Img_1101

近くの沿道やあぜ道ではヒガンバナが咲いています。鮮やかな朱色は目立って直ぐに”ヒガンバナ”であることを認識できますeye
同じ朱色の花のもみじ葉ゼラニウムも今が真っ盛りです。
山々の紅葉の始まりを知らせてくれているようですmaple

Img_1102_2


2014年9月16日 (火)

鈴なりのイチゴ(ベランダガーデニング)

今年はイチゴが大豊作ですnotes

Img_1087


先日咲いた花が結実しました。秋は蜜蜂がベランダにやってきてくれたので特別に受粉作業をせずに済みましたcoldsweats01

Img_1088


ヒヨドリが食べに来なくなったのも収穫の大きな要因です。
これまでは赤くなると早朝からこそっと食べにやってきていました。

Img_1089


Img_1090


今年はこのプランターだけで30個くらい収穫出来たでしょうかsign02
ジューシィなイチゴ「夏姫」を摘まんではベランダ作業です。

Img_1091

2014年9月15日 (月)

9月中旬のブルー系のサフィニア(ベランダガーデニング)

殆ど毎年、サフィニアパープルミニを楽しんでその鮮やかなピンク系の花から元気をもらっていたのですが、今年はブルー系も入れて混色にしてみました。

Img_1073

昨年冬のビオラを混色にして気に入った色あいになったものだから夏のサフィニアも挑戦してみました。

Img_1071


年一度の懸けみたいなものだからしっかり検討してからにしないと後悔してしまいますdown

夏はずっと好きなパープルミニと決めていたのに新たに挑戦するといろんなことが気がかりになりますねcoldsweats01
花の大きさはどうかな、密に咲いてくれるかなとか旨い具合に懸垂、広がってくれるかなとか色のコントラストはどうかなとか次々と出てきます。

Img_1075


ブルー系のサフィニアはスタートが遅いように感じられますがその分、夏後半になってから勢いを増すようです(パープルミニと同時に買って剪定も同じようにやったのですが差がつきました)
サフィニアのシーズンが終わかけた頃に濃いブルーは沢山の花を付け始めました。

Img_1078


そんなこともあって真夏時はパープルミニが頑張ってくれて後半はブルー系がカバーしてくれました。

Img_1081

Img_1084

2014年9月14日 (日)

辛うじて記録更新かな?オリーブ(ベランダガーデニング)

9月中旬になってくるとオリーブの実もしっかり大きくなって存在がハッキリしますeye

Img_1069

Img_1062


とは言っても、自分の花粉では受精が困難な自家不和合性の性質を有するので、我が家のオリーブは単木なこともあってこれまで結実するのは1個あればいい方で、やっと昨年記録更新して2個でした。

Img_1070


今年は大幅な記録更新をしてくれるかと思われるくらい実を付けそうでしたが結局は3個(もう一つ小さいのがありますが大きくなりそうもありません)になりそうです。

Img_1064


グランドカバーのオキザリス矮性ローズマリーも順調に生育サイクルを繰り返していますbud

Img_1067


Img_1068

先日植え替えた孔雀サボテン、カネノナルキなどが根付いてくれたようですgood
Img_1057

2014年9月13日 (土)

秋空を背景に(ベランダガーデニング)

今朝は澄みきった青空が広がっていました。
空気も幾分ヒンヤリして気持ちよかったですnote

Img_1043


植物達も気持ちよさそうに見えてバラなどはシュートをグーンと一気に伸ばしています。

Img_1052


Img_1053


青空を背景にすると緑もフレッシュに見えます。朝の水遣りの水をタップリ吸い上げてシャキッとしています。今朝は液肥も遣ったので喜んでいることでしょうsign02

①もみじ葉ゼラニウム
Img_1047


②ヘンリーツタ
Img_1048_2


③サフィニア
Img_1050


Img_1045


Img_1046


④アメリカンブルー
Img_1049


⑤つるバラ
Img_1037

2014年9月12日 (金)

小さなタイルでワンポイント(ベランダガーデニング)

用事あって街に出掛け、待ち時間に店内をウロウロしていたら小さなタイルを見つけました。バラがデザインしてあり、飾りっ気の無い「つるバラのスリット鉢」のワンポイントでもと買ってきました。

Img_1028

早速、貼り付けて撮影ですcamera

Img_1027


ベランダには10数枚のタイルをいろいろな箇所に貼ったり、置いたりして空間の一部に表情をもたせてみようと挑戦しています。

Img_1033


Img_1034


自分なりにタイトルやストーリー性を持たせてみようと楽しんでいます。

Img_1035


Img_1024

太陽の軌跡が低くなってベランダに日差しが入ってくるようになったので植物達や雑貨の表情も変わるようになりました。
ベランダの表情を手あたり次第パシャパシャ撮ってみました。

Img_1020


Img_1021


Img_1010


Img_1012


Img_1013


Img_1016


Img_1022


Img_1026


Img_1015

Img_1017

2014年9月11日 (木)

ベランダ西側をリメイク(ベランダガーデニング)

ベランダを少しでも広く見せたいなと前々からリメイクを繰り返していますwrench
アーチパーゴラを設けて立体感を演出し、隣との仕切りボード面に装飾を施したりといろいろと仕掛けてみて楽しんでいます。

これから秋、冬になってくると落葉したりして雑貨などが露出して楽しませてくれますnotes
グリーンが少なくても春の訪れを楽しみに待てるベランダ景観を作ってみようと春の球根を植え付けるには早すぎるこの時期はDIY雑貨の収集をよくやります。

今日は背景創りをしてみることにしました。
西側の仕切りボードを更に見栄えよく出来ないかと手をつけていない面を化粧してみようと…

午前中にやっとここまで出来上がりました。あと少しを午後に取り掛かりです。

Img_0994


Img_0995

今朝は時計草が久しぶりに咲いて作業の応援をしてくれましたnote

Img_0993

数年前の化粧なしに比べるとガーデニングのベランダらしくなりましたsign02

さぁ、これから午後の作業です。急いで完成させなきゃrun

…………

…………

午後3時にイラスト、設置を終了motorsports

Img_1008_2

Img_1036



意外と早く終わりましたhappy01

Img_1001

今回はホィールを描いたイラストを貼って上方に掛けていたスコップ等と共に雰囲気創りをしました。

Img_1002

Img_1003

作業途中にアゲハ蝶がベランダにやってきました。
ベランダ”ガーデン”と認めてくれたのかしらsign02

Img_0997

いろんな花の蜜を確かめていました。

Img_1000

 

2014年9月10日 (水)

育ってくれたミセバヤ(ベランダガーデニング)

昨夜は綺麗なスーパームーンが見られましたfullmoon
じっと見つめていると幻想の世界に入ってしまいそうでしたthink
ずいぶん昔、毎晩のように眺めていた田舎の星空も思い出しました。
久しぶりに秋の夜空を仰ぎ、満喫しましたgood

Img_0964

ミセバヤを植え付けて1年が経過しました。
このベランダで育つことが分かりましたbud

Img_0968


ベランダは特別な環境なので植物にとっては厳しい筈ですcoldsweats02
そのうえ、水遣りを忘れて水キレさせると後悔先に立たずで終わってしまいますdown
継続が何よりも大事なことを教えてくれますcoldsweats01

Img_0971


日当たりのよい所を好む植物ですが置く場所が無くてずっとこれまで日蔭場所に置いていたので間延び状態になってしまいましたsign02

花期が終わった苗を購入したのでベランダで花を見るのは初めてになります。
ミセバヤの名前の由来は「人にみせたい花」からきているらしいので期待出来る花が咲くのでしょうnotes 楽しみです。

Img_0981



古くから園芸植物として親しまれたそうですが今は自生地は小豆島・寒霞渓とどことやらに限られているそうです。
偶然にも昨年紅葉狩りに寒霞渓を訪れたときに見かけたので縁のある植物だと大事に育てています。

Img_0991


初めて見る花はこれからを期待して、葉っぱや枝垂れる姿も気に入りましたscissors
肉厚の2枚又は3枚の銀葉を茎の周りを囲むように付け、その重みでか20㎝を超えると枝垂れてくる。ベランダでは縦方向に単純に伸びるよりも枝垂れた植物が似合う、私が好きなだけかな?

Img_0948


Img_0950

イチゴ「夏姫」を今日食べました。やはり、美味しい。
ベランダのアチコチで花が咲き、結実してくれます。蜜蜂もベランダを行ったり来たり…

Img_0952

 

今朝、ハイビスカスが開きました。澄み切った秋空を背景にした姿は清々しいですsun

Img_0984

2014年9月 9日 (火)

サボテン、カネノナルキを植え替えました(ベランダガーデニング)

テニスの全米オープン決勝戦、錦織 圭選手は残念でしたねtennis
優勝のサプライズ、いや準決勝までの戦いぶりを見ているとやってくれそうな気がしたのですが…
ここまで勝ち残ってくれただけでも十分ですhappy01
次に期待、近いうちに優勝してくれそうですgood

幾分涼しくなってきたので久しぶりに園芸作業をしましたnotes

昨年2鉢の孔雀サボテンを植え替えたところ、黄緑葉(茎節)で元気のなかった状態から完全復活して今年は濃い緑色になりました。

Img_0932



植物達が健康色・姿になると気持ちいいですnote

今回それらを以前株分けしたものですが、葉(茎節)の色が薄くなったので植え替えすることにしました(次の画像)

Img_0933

カネノナルキは根が十分に張ってないので倒れてしまったのでこれも植え替えです。
ずっと室内に入れておくと光合成など活動が弱まってしまうので春になって気温が上がったら外に出した方がいいようです。花も咲きやすいようです。

どちらも用土は赤玉5、腐葉土3、軽石2で顆粒元肥を適量入れてみました。

Img_9444_2

鉢底石と軽石の小さいのを鉢底に敷いて培養土でサボテン、カネノナルキなどを植え替えました。

Img_9446



株分けしたりして合計6鉢になりました。

Img_0937

植え替え前、植え替え中の様子も撮っておきましたcamera

Img_9440Img_9441Img_9442Img_9443Img_9443








Img_9449Img_9451

明日はまたハイビスカスが開いてくれそうですnotes

Img_0956

2014年9月 8日 (月)

花数が増えてきたブライダルベール(ベランダガーデニング)

今朝、東の空はすっかり秋…いや、ちょっと不気味な朝焼けでしたthink
確実に夏は終わった感じの空で空気もヒンヤリしていました。

Img_0929


秋になって太陽光線がベランダに入ってくるようになったのでブライダルベールの白い花が増えてきました。

Img_0909

Img_0908



ベランダで好きな植物を育て素敵な花が咲くのを期待するのですが日照が不十分で花が咲かないことがあります。
私の場合、ノウゼンカズラブライダルベールが代表的な例です。緑葉がしっかりついても花芽が出来なかったり、蕾が開かないまま終わってしまうのですdown

Img_0910


今年はブライダルベールがふさふさ状態に形よく育ちました。蕾も夏前から沢山付けるようになりましたが日が当たらないので結婚式の多い6月には花が咲くのはごく一部に限られていました。

8月下旬から太陽の軌跡が低くなってベランダの奥の方に日が入るようになってブライダルベールにも当たるようになったので蕾が開くようになりましたshine

Img_0913


光沢のある緑の表と赤紫色の裏側とのコントラストや可愛らしい白い小花などコンパクトなブライダルベールは楽しみいっぱいな植物です。

バラが再び活動期になりました。
ミニバラは最近よく咲いてくれるようになりました。ドカッと一度に沢山は咲きませんが歳と共にゆっくりひとつづつ咲いてくれます。

Img_0936_2



2014年9月 7日 (日)

夏を越したもみじ葉ゼラニウム(ベランダガーデニング)

今年の夏はそれほど暑くなかったのでしょうかsign02
猛暑には耐えられないもみじ葉ゼラニウムがこの夏は避暑地へ移動させることなく南側ベランダでダメージを負うことなく過ごしました(いつもは夏になって弱ると北側のベランダに移動させています)

Img_0919_2


苦手な夏が過ぎるともみじ葉ゼラニウムはリセットして花を再び咲かせます。
ゼラニウムは丈夫で育てやすく管理が簡単なうえに、花が鮮やかで長い間沢山咲くのでヨーロッパの人達は窓辺に飾るのだと先日旅番組で紹介されていましたgood
水の遣り過ぎは根腐れの原因となるので思いっきり乾燥気味に育てても大丈夫な植物です。

Img_0917


もみじ葉ゼラニウムは5月頃から11月下旬までの長い間、繰り返して咲いてくれますmaple

Img_0920


ゼラニウムは葉の形・模様も楽しめるので1年を通して楽しめます。ベランダガーデニングを楽しむには絶好の植物なのでいろんなゼラニウムを育てています。

Img_0923


その中のひとつ、アイビーゼラニウムの「カリエンテ」は桜のようなピンク花で春を連想させてくれますcherryblossom

Img_0926


Img_0927

 

2014年9月 6日 (土)

蜘蛛の巣(ベランダガーデニング)

ベランダで時々蜘蛛の巣を見つけることがあります。
大概、蜘蛛の巣は理にかなった場所に張って獲物を待っているようです。
人間が仕掛ける罠と全く同じですね!

夏場は特に蝉や蝶々がやってきてとまりそうなところです。

Img_0897


今回は2週間前からスタベリアの前面に張った巣を見つけました。
この場所に何故と思った瞬間に「スタベリアの中には異臭を放つものがある」と雑誌で読んだことがあり、いつだったかブロガーさんから「スタベリアの花は臭くないですか」と言われたことを思い出しましたwobbly

私の嗅覚では臭いを感じないのですが、ハエなどの小動物にはしっかりその存在が分かるのでしょうね、時々見かけます。
その獲物をまたしっかり捕らえようとして蜘蛛が潜んでいます。

獲物収穫の確率が高い場所では蜘蛛の間でも競争率が高いのでしょうか、今朝はまた新しい巣が張られていました。そして後方には前から張っていた巣に主の死骸が…
きっと場所取りの争いをしたのでしょうねsign02

Img_0905


ベランダで起こる出来事もなかなか面白いこともあります。
もうしばらく蜘蛛の巣をウォッチですeye

今朝はスタベリアの花の開く瞬間を観察出来ました。

Img_0892


Img_0893


Img_0894


Img_0899


開き始めて約40分で全開(茎が邪魔して一部が開きませんが)となりました。

Img_0901


Img_0906

今日は夕方から雨の予報ですrain
蜘蛛の巣も雨に当たると役をなしませんがその前に獲物を捕らえることが出来るでしょうかsign02

ベランダのサフィニアも雨のたびに花が乱れるので晴れている昼間に撮ってみましたcamera

Img_0916

日光がよく当たる場所のイチゴ「夏姫」は色付きました。今年はヒヨドリがやって来ないので沢山食べることが出来ましたgood

Img_0914


2014年9月 5日 (金)

今年も完全復活、フィットニア(ベランダガーデニング)

フィットニアの習性がこの2年で大分分かってきました。

Img_0884


冬に寒さやカイガラムシで地上部を殆ど枯らしてしまっても半年で再生するようですbud

Img_0878


諦めずに処分することなく環境や管理をしっかりしてやればこの秋には完全復活してハッキリした葉脈を表す葉っぱを沢山付けた姿を楽しめます。

Img_0876


水の遣り過ぎに注意しています。毎朝、スプレーはしますが水は1週間に1度くらいで土表面が乾ききってからやっています。

Img_0881


直射日光が当たらないベランダの奥に置いています。
一度、その場所に植えたり置いたりして丸1年を健康に育つとそこの環境に適合するのだろうとずっとそこに置くようにしています(勿論、妄想シーンの場所ですcoldsweats01

Img_0887


Img_0886

 

2014年9月 4日 (木)

今年も次々とスタベリアが(ベランダガーデニング)

昨年、沢山の花を咲かせたスタベリア今年も次々と咲かせてくれます。

ちょっと変わった花なので特別に嬉しいですhappy01

Img_0871


茎にたっぷり水分を蓄える多肉植物なので水遣りもあまり必要としません。土表面が随分乾燥してからで十分です。

Img_0872


冬場は殆ど水遣りしません。
寒さに弱いので防寒対策が必要です。
一般的には冬は室内に入れることを推奨されていますが、我が家はもっと寒さに弱い植物で室内がいっぱいになるのでスタベリアはベランダでビニールカバーをして冬越ししています。

今年は他にも次々と花を咲かせてくれる植物がありました。
時計草は日陰場所ながら頑張ってくれています。

Img_0862

四季成りイチゴ「夏姫」はその名のとおり、今も次々と花を咲かせては赤い実を付けてくれます。

Img_0855

スタベリアと同じ仲間でガガイモ科のハートカズラも目立ちませんが珍しい形の花を沢山付けてくれました。

Img_0860

今年、初挑戦のヴィオルナ系クレマチスの「グローリー」と「玉ゆら」も小さい花ながら連続していっぱい花を披露してくれました。

Img_0869

【独り言】
昨日、ぶらりとIKEAと神戸空港に出掛けてみましたtrain

Img_9421Img_9436








目的なしにですがどちらも営業開始から10年近く経っているのに一度も行ったことがなかったのでわが街を知ることそして話のタネにでもと…。
以前通勤で乗っていたポートライナーもそしてポートアイランドも大学が移転したことや医療都市として企業が進出したこともあって様変わりしていました
shine

神戸空港では発着する飛行機や設備を眺めていると時間の経つのを忘れていました。

Img_9437_2

歩き疲れたの冷たいもので一服happy01
Img_9434

 

2014年9月 3日 (水)

黄金カズラも紅葉開始(ベランダガーデニング)

ヘンリーツタに続いて黄金カズラも紅葉を始めたようですmaple

Img_0845


元々黄色の斑入り葉である黄金カズラですが赤い葉が目立つようになりましたeye
緑色の壁面に鮮やかな赤はいい感じになります(個人的な感想ですcoldsweats01

Img_0848


私が最も好きなシーンの一つですgood
無機質な黄色壁ではこの黄金カズラの葉が引き立たないので数年前に背景として緑色のボードを張ってみました。
ほぼイメージどおり(妄想)のシーンが出来て満足しています。

Img_0846

Img_0847

【独り言】
私のベランダガーデニングのモットーは「管理されたナチュラル」です。

Img_0852

Img_0851


好みの植物との共生により自然に近いグリーンを目指すのですが、清潔感のあるベランダを維持することを心掛けて時間のあるときは枯れ葉除去、清掃をするようにしていますshine

Img_0849


Img_0850

2014年9月 2日 (火)

紅葉が始まったヘンリーツタ(ベランダガーデニング)

今年のヘンリーツタはちょっと変でしたcoldsweats02
蕾がまん丸のまま開きませんでしたsad

Img_0829


原因は何なのでしょうsign02
例年通りに管理していたのですがあの不思議な感じの花は全く咲きませんでした。

Img_0830


春先には植え替えもしてやったし…日照が足りなかったのでしょうか?

秋を敏感に感じるヘンリーツタはもう紅葉を始めています。

Img_0833

ベランダの植物で最も早く秋を感知する鋭いセンサーを備え付けている植物ですmaple

Img_0834

昨日、今日とアゲハ蝶がベランダにやってきてくれましたが、アチコチ移動してうまく撮れませんcamera

Img_0828


Img_0821

どの花に美味しい蜜があるのか分かっているのかなsign02

Img_0840

 

 

2014年9月 1日 (月)

まとまって咲いてくれたクレマチス「篭口」(ベランダガーデニング)

今日から9月、新聞折込チラシに入っていたカルチャー・語学講座の案内が秋を感じさせました。

残念ながら全国的に雨だそうですrain 天が高い青空が欲しいですねhappy01

6月に数個の花を咲かせてくれた四季咲きクレマチス「篭口」が秋になって再び元気よく高所壁を飾ってくれましたshine

Img_0806


Img_0803


2,3年前までは無機質な壁でしたがクレマチスモッコウバラが咲いてくれるようになって楽しみが増え、この壁面をしょっちゅう見上げていますeye

Img_0797


以前は存在感のある中輪のクレマチスを楽しんでいましたがここ2,3年は小輪や半鐘型のクレマチスに惹かれて一気に4品種を植えてしまいましたcoldsweats01

Img_0804

今日は時計草も咲いてくれました。

Img_0811

 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »