« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月31日 (金)

ベランダ中央部のビオラ(ベランダガーデニング)

ロイヤルズの青木選手、いいところで打ったのですが好捕されて残念でしたbaseball
今シーズンの野球が終わって残念です。
でも、今朝のニュースでレッドソックスの上原投手が2年契約とのことで来シーズンがまた楽しみになりました。凄い評価ですねhappy01

夏の花のアズーロコンパクトがあまりにも元気で長生きしてくれるので、冬の花のビオラの出番がなかなかありません(アズーロコンパクトは18ヶ月生き続けましたsign01

Img_1709


Img_1708


そろそろご苦労さんということでビオラに頑張ってもらうことにしようと思っています。
ナチュラル感のある姿になったアズーロコンパクトから新人フレッシュ感のあるビオラにバトンタッチです。
こちらの気持ちまで新鮮になります。

Img_1710


Img_1714


今シーズンのベランダ中央部のビオラF1ビビ赤紫+黄色の花としました。

Img_1716


Img_1719

明日から3連休ですが広範囲で雨模様との予報です。
折角の連休で絶好の行楽シーズンなのに残念ですね!

Img_1723

Img_1720


Img_1724

2014年10月30日 (木)

ガーデンシクラメンの季節(ベランダガーデニング)

今朝は大リーグのWシリーズ最終戦、両チームが3勝しての第7戦です。
青木選手のロイヤルズが優勝できるかどうかの楽しみなところです。
2回に先取点を取られましたがすぐに同点に追いついたので勝てるかもです。

園芸店やHCの店頭には赤や赤紫色、白の鮮やかな色のガーデンシクラメンが沢山並んで存在感を示していますshine
その明るさに欲しくなる衝動が走りますが、昨年からの球根が頑張ってくれていることを思い出し、植え付ける場所の無い現実に戻ります。

Img_1690


Img_1692


今の時期はやっと葉を大きくし始める頃だけに店頭のものと比較すると貧弱な姿ですcoldsweats02
それでも株元を覗き込むと小さな花芽を付けて準備をしています。

Img_1691

強い斜光がベランダのガラス壁を透して入るようになるとその前に配置している千日小坊の柔らかい葉のシルエットを楽しんでいます。
特にこれから葉の色が薄いピンク色に変化していくときが特別気に入ってますscissors

Img_1694


小さな花をつけますが、私は葉の姿を楽しんでいます。
短日植物なので日が短くなったことを検知してこれから花を咲かせるでしょう。
暑さにも強いので焼けつくようなベランダでもしっかり育つようです(蒸れを嫌うのでこれさえ気を付ければ長生きするようです。勿論、水キレはダメですよ)

Img_1695

子宝草が紅葉し始めましたmaple

Img_1697

ベランダ中央部のノウゼンカズラの枝が垂れ下がって雑然としてきたので昨日UPさせてやりました。
リビングからの視界が広がるとやはり気持ちいいですね!

Img_1706


Img_1705

ビオラを南側ベランダに移してから生育旺盛となりました。柔らかい日差しに当たって心地いいのでしょうねsign02

Img_1700


Img_1701

Img_1686

2014年10月29日 (水)

頑張ってくれるネメシア(ベランダガーデニング)

今朝は少し冷え込みました。今年初めてのヒンヤリ感です。
まるで包み込んでいる空気が入れ替わった感じですdespair

コオロギ(カネタタキ)もこの冷えに驚いたのか姿を現わせました。掃除をしていて2匹も見つけましたeye
(画像の中央部)

Img_1668


大好きな花のちとつ、宿根ネメシアが頑張ってくれています。
年間サイクルを繰り返すので自然にもまれて姿が乱れてしまいましたが野生っぽく咲いてくれています。

Img_1672


Img_1671

色あいとちょっと変わった花の姿・形状に惹かれましたhappy01
ブルー系の花は気持ちを落ち着かせてくれるので気に入ってますwheelchair

Img_1670


Img_1676

その他、今ベランダで咲いている花。

①サルビア(アメジシトセージ)

Img_1678

②アメリカンブルー
Img_1679


③ビオラ
Img_1680

④ラベンダー
Img_1681

⑤アンゲロニア  (ちょっとブルー系ではないかな?)
Img_1682

2014年10月28日 (火)

ビオラをメイン花壇に移動(ベランダガーデニング)

昨日、近畿地方では木枯らし一号が吹いたとの発表がありました。
午前中は天気は良かったのですが午後になると気温も下がり、急に北風が吹くようになったのでなるほど「10月半ばからの西高東低の気圧配置で北風8㍍以上が吹く風を『木枯らし』と呼ぶ」に該当したのでしょうねsign02

昨日は強風で枯れ葉が大量に舞い散っていよいよ冬がやってくるといった感じになりました。今日は穏やかな晴れですsun

プランターに植え付けたビオラをベランダのメイン花壇に移動させました。強い陽射しにならないし強い北風は建物が壁となって直接当たらないので早目の移動です。

Img_1659


Img_1656


今日からはしっかりと日に当ててビオラも活動開始です。

Img_1655


Img_1658


ここ2,3日久しぶりにガーデニング作業をした(出来た)のでテンションも上がりっぱなしですup

Img_1651


Img_1652

大好きなクレマチスの花がまだ咲いてくれています。そろそろお別れでしょうかsign02

Img_1661

アリッサムが満開状態になってきました。まとまって咲くと小さな花も存在感があります。
毎日のように蜂が蜜を集めにやってきます。

Img_1664


Img_1666

2014年10月27日 (月)

見かけによらず強いワイヤープランツ(ベランダガーデニング)

細い銅線のような茎に辛うじて付いている小さな葉のワイヤープランツは見た目には弱い植物と感じてしまいます。

しかし、このような姿をしていても冬もベランダで越すし、暑い夏も元気で何年間も生き延びてくれます。
(冬は氷点下には2,3回しかならない環境です。夏は日蔭場所に置いています)

Img_1645


乾燥が苦手で敏感に反応(枯れて)するようですshock
先日、表土が湿っているものと見間違って葉がチリチリ状態となり、ほとんどが落葉してしまいました。
まだ、根は生きていると信じて茎を4分の1程度に刈り込み、水遣りしていたところ2週間で新しい葉を形成してくれましたup 
完全復活しました。

Img_1634


ワイヤープランツは6月から8月の夏の時期に花を咲かせると園芸書等に記載されていますが今の時期やもっと寒くなってからも花を披露してくれることがあるのでいつでも楽しみな植物ですnotes

Img_1639




Img_1647


その姿が気に入っているのでベランダのアチコチに置いて楽しんでいます。

Img_1636


Img_1638

2014年10月26日 (日)

ビオラを植えました(ベランダガーデニング)

冬の代表的な花、ビオラを植え付けました。

Img_1631


我が家の冬のベランダにはなくてはならない花で元気をもらっています。
夏の花、サフィニアが長く咲き続けてくれるのでなかなか交代出来ませんでしたが思い切りまし(サフィニアは冬越しさせることにしました)

赤玉土(小粒)7、腐葉土3の割合で緩効性肥料を適量まぜて用土を準備しました。

Img_1618


朝晩が冷え込みだしたのでビオラもうまい具合に生育してくれるだろうと決断しました(あまり早い時期に植えると花が咲かなかったり、暑い日が続くと姿が乱れてしまったりしたことがあるので気温に注意して植え付けていますdanger

植え付けた後、しっかり剪定して日蔭で2,3日待機させておきます。

Img_1632

ビオラを置く南側ベランダのメイン花壇を今朝掃除しました。半年間、サフィニアが頑張ってくれた花がらや土・埃を取り除いて新しくスタートです。

Img_1628


タワシでゴシゴシして濡れてしまったのでこれから乾燥待ちです。
秋晴れなのでしっかり乾燥するでしょうsun

Img_1629


秋晴れの中、ハイビスカスが開いてくれました。

Img_1621



これが今年最後の花になりそうですcoldsweats01

Img_1627

秋のワンシーンをcamera

Img_1624

2014年10月25日 (土)

色付いたオリーブ、開いたミセバヤ(ベランダガーデニング)

このところの冷え込みが影響してか急にオリーブの実が色付き始めました。
緑色から赤紫色に変化する過程もなかなか面白い。

Img_1610


数mm程度の実も色付いています。

Img_1603


そして、まだ緑色のままの実もあります。

Img_1612


緑葉の中で色付いた実は貴重なものを身に付けたオリーブの木に変身したように感じますcoldsweats01

Img_1599


Img_1600


これからはそれを狙って侵入してくる”ヒヨドリ”が気がかりになります(昨年も目の前で持ち去られてしまいました)

ミセバヤがやっと開きました。蕾の状態からが長いですねsign02

Img_1608


蕾が大きくなるわけでもなく、色の変化も分かりづらく初めての私は毎日のように覗きこんで開くのを待ち続けましたsandclock
来年からは余裕をもって開花を待つことができそうですhappy01

Img_1605


Img_1604


ミセバヤを育てて1年が経ちますが今頃になってミセバヤオリーブが共に同じ小豆島が生育地として有名であることに気付きましたsmile

姫リンゴはすっかり色付いて秋を演出していますmaple

Img_1613

ミニバラが次々と咲いてくれて嬉しいですnotes

Img_1617


Img_1607

2014年10月24日 (金)

水菜・春菊が発芽しました(ベランダガーデニング)

先日種まきした水菜・春菊が芽を出しましたbud

Img_1595


昨年は5日後にはかなり芽を出したのですが今年は少し少ないです。
種が古くなったからでしょうか? それとも急に寒くなった環境の影響でしょうか?

Img_1594

もっと沢山芽をを出して収穫できるようになることを期待しています。

今日の午後は昨日買ってきたビオラ苗を1,2個植えつけてみようと思っています。

……………

結局、ビオラ苗7つを植え付けました。
メイン花壇用の「ミルフル」はまだ夏のサフィニアが頑張ってくれているのでもう少し待ってみることにしました。
もう2,3日かな?気持ちがはやってしまいますrun

Img_1597

 

2014年10月23日 (木)

やっとビオラを買ってきました(ベランダガーデニング)

9月初旬からずっと病院通いが続いて、ひょっとしたら入院でもしないといけない状態になったら大変とガーデニングに身が入りませんでしたdown

消化器官を始め呼吸器や心臓などアチコチのパーツで精密検査が必要とのことだったのですが幸いに入院を免れたので一安心です。

目の前のモヤが晴れた状態になりましたsun
そこで直ぐに秋・冬苗を買いに出かけましたrvcar
長い間、ベランダの計画もせず、園芸店にも行ってなかったので何を買ったらいいか分からなかったのでまずは冬の花ビオラ苗だけ買ってきました。

Img_1588


昨年はサントリーフラワーズの「フリル咲きビオラミルフル」のブログモニターをさせていただき、そのシーンが大変気に入ったので今シーズンも挑戦してみようと「ミルフル」を主にタキイ種苗のF1!ビビ苗などで揃えてみました。

Img_1589


Img_1592


配置についてはこれからゆっくり考えてみます。
とりあえずはピンチ(剪定)を繰り返してコンパクトな姿に整えておきます。
気温が下がる頃に植え付けないと間延びしてしまうので少しの間、様子見です。

Img_1593

今回は色の選択の余地がなく、元気な苗を探すのに精一杯でした。
まだ、新しい苗が入荷するのかどうかも分からず逃したらまずいと兎に角、キープといったところです(最近は早くから苗が出回り、植え付け最適期に入手困難となるので困りますshock

Img_1591

2014年10月22日 (水)

感傷的になる秋(ベランダガーデニング)

枯れ葉・枯れ枝が目につく秋のベランダの光景ですweep

Img_1575


勢いのある春とは対照的でどうしても感傷的になってしまいますdown

Img_1583

何なんでしょうね?この気持ち。
条件反射のように毎年同じようにこみあげてきます。

Img_1581


Img_1582


しかし、こういった光景があるから春が楽しみになるのですねup
その楽しみを大きくするために秋に球根や苗を植えたりして仕掛けをしておきます。

Img_1580


Img_1578


惨めな姿になるベランダですが頑張ってくれた植物達に敬意を表して出来る限り最後まで育ててやることにしています。
時には1年草でも年を越して多年草になることもありますhappy01

Img_1574

Img_1576


Img_1579

2014年10月21日 (火)

完全定着のウォーターマッシュルーム(ベランダガレニング)

ウォーターマッシュルームは2年前の6月に我が家のベランダ・メダカ鉢にやってきたのですが冬・夏を2度越しても元気に青々とした姿を維持しています。

Img_1565


もう完全に環境に馴染んで定着しました。姫睡蓮がうまく育たなかったので(日照不足の問題でしょうね?)代替としてウォーターマッシュルームを入れてみたのですがうまくいきましたgood

Img_1567


Img_1569


春先はアブラムシに襲われて見苦しいのですが涼しくなる秋は葉っぱが綺麗でまん丸を保っています。葉脈もきれいに見られますshine

Img_1572

フィットニアもこの時期の葉っぱが最も綺麗ですね。

Img_1560


冬を縮こまって過ごして地上部の大半を枯らしてしまうのですが、暖かくなってくると新鮮で生き生きとした葉を形成し、10月、11月には密集状態になり最もいい姿になってくれます。
Img_1559

今年はミニバラがよく咲いてくれます。

Img_1556


Img_1557


少しずつですが長い期間咲いてくれるので楽しめますnotes

Img_1558


Img_1562

ラベンダーも南側のベランダに出してからは花を次々に咲かせています。
涼しくなったので嬉しいのでしょうねsign02
Img_1561

2014年10月20日 (月)

久しぶりのクレマチス(ベランダガーデニング)

週末はいい天気でしたsun
打って変わって、今朝は雲にすっぽり覆われた暗い朝でしたcloud
もっと続いて欲しかった秋晴れは終わってしまいましたcoldsweats02
(先週の週間予報では晴れが続いていたので期待していましたが残念です)

クレマチスの花が久しぶりにベランダに出現しましたshine

Img_1547


嬉しいですねsign03
大好きな花の一つが咲いてくれると1輪だけでもテンション上がりっぱなしですup

パテンス系クレマチスMEアンドレです。

Img_1549


濃赤紫色の花弁と黄色の花芯のコントラストがシャキッとしていて気に入ってます。
まだ半開き状態なので喜び半ば状態ですがcoldsweats01

Img_1555

遠くから眺めても背景のオリヅルランの子株白の板壁といい感じになってくれたのではないでしょうかsign02

Img_1550

スタベリアが合体咲きしました。冷えてくるようになったので蕾のまま終わるかなと思っていたらここ2,3日の陽気で一気に開いたようですhappy01

Img_1545

2014年10月19日 (日)

BBQしました(ベランダガーデニング)

昨日の続きです。

冷え込み始めましたが週末のBBQを決行ですhappy01
夜は冷え込みが厳しいかなと早めの5時にスタートsign03

Img_1530


Img_1526


日没前とあってまだ明るいうちからのビールはさすがに美味しかったですbeer
先月田舎に帰ったときに炭火で堪能したので今回はホットプレートでのBBQです。

Img_1532

予想外にあまり冷え込むこともなく、ベランダでカネタタキも鳴いてくれて秋の雰囲気の効果を演出してくれました。

さすがに美味しく、日頃食べる量の3,4倍はいったでしょうか?
20数本のビール缶やウィスキー瓶などが空になってしまいました。

毎年、遅くなって慌てて種蒔きする水菜と春菊を今日蒔きました。

Img_1539


今年こそは遅れないようにと中和の苦土石灰を早く混ぜて準備はしていたのですが病院通い他思わぬ行事が重なってしまい1日1日とずれて実行できませんでしたcoldsweats02
それでも何とかいつもよりも10日ほど早く蒔くことがことが出来ました。

Img_1541

2014年10月18日 (土)

秋のBBQ(ベランダガーデニング)

今日は家族のリクエストに応えてベランダでBBQです。
6月にこれまでの最高人数6人で行ったのですが、楽しく盛り上がったので秋もやろうと…。

Img_1522


テーブル、椅子等を狭いベランダでいかにアレンジメントするかがポイントですが前回いろいろと悩んで決めたので今回は楽ですねscissors
段ボールの空箱なども活用してテーブル設定です。

Img_1515



日が暮れると冷え込みが予想されるので電気ストーブやひざ掛けも用意しておくことにしました(そこまでして”ヤル”と思うのですが外気に当たってのBBQは特別美味しいからやってしまいますhappy01

Img_1521


スマートに綺麗に準備するのが主催者のオツトメですね!
鉢やプランターを移動したり清掃して清潔にしておきますshine
この準備作業が結構楽しいものですnotes

Img_1524


秋晴れの下、昼過ぎに準備完了。後は開始の夕刻を待つだけですr-mark

2014年10月17日 (金)

小さな秋(ベランダガーデニング)

ベランダでも秋を感じられる光景があります。

Img_1507


Img_1508


ちっちゃなちっちゃな秋ですがこのシーンから紅葉狩りへと妄想が始まりますmaple

Img_1513


Img_1511



少しの間、ベランダで秋のシーンを楽しみ遠くに見える山の紅葉の進み具合を見て、近くの紅葉名所や京都へ出掛けることが私の楽しみ方ですhappy01

Img_1512


Img_1510


先日植え替えした孔雀サボテンが元気になり始めました。栄養分をしっかり吸収しているのでしょうsign02

Img_1505


スタベリアも次の花を咲かせそうですshine

Img_1504

Img_1503


【独り言】
大リーグ中継が実に面白いというか緊迫感ある試合が続いて野球観戦が楽しいnotes
これぞ野球、「点を取る」気持ちが前面に表れている選手と応援するファンの一体感が何とも言えないnotes
プロ野球も1プレイ、1プレイに気迫のこもった球団は女性ファンも増えて活気があり見ていて気持ちいい。
高い契約金で一流選手を揃えた某チームはその実力が出ないばかりか同じことの繰り返し、懸命に走る姿もなく、やる気なさが目立って仕方ないwobbly 
その姿をお笑い芸人に「物まね」されてしまうほどです。
勝負に負けても一生懸命プレイする姿から元気・勇気をもらっているファンからすると「点を取る」といった分かりやすいスポーツの中で1プレイ1プレイ何かを感じ取られるプロらしいものを見せて欲しいですね
good

青木選手が大活躍して大躍進しているロイヤルズ、ワールドシリーズを制して欲しいです。
昨年のレッソソックスの上原投手や田沢投手に続く日本人選手のワールドシリーズが見られると思うと楽しみが増えますbaseball

2014年10月16日 (木)

アリッサムが咲きだした(ベランダガーデニング)

寒い季節が好きな植物達が花を咲かせるようになりました。

夏越し或はこぼれ種から生長したアリッサムが白や赤紫色の小花を咲かせ始めましたnotes
小さな花ですが密に咲いてこんもりとなるので存在感があります。

Img_1493


Img_1495


多年草の性質を有するのですが夏の暑さに耐えられず小さく萎んで消滅してしまいます。
涼しい場所に置いて夏越しさせると何年でも生き続けますjapanesetea

Img_1500


今日はベランダでゴソゴソしているとクレマチスの蕾を発見しましたeye

Img_1496

濃赤紫色の花のMEアンドレでしょう? 久しぶりにクレマチスの花が見られると思うとワクワクしますhappy01

Img_1498


まだまだ咲き続けてくれるブライダルベールです。

Img_1497

つるバラを午前中はよく日の当たる東側ベランダに移動させたら見違えるほど元気になりましたrun
ベランダではどうしても日照不足になったり、風通しが悪かったりと環境が十分でない場所が多くて植物達が思うように生長しないことがありますdown
ちょっと環境を改善するだけで植物が生き返ったり、大きく生長すると凄く嬉しくなりますnote

Img_1491


ミニバラもよく日に当てると花をよく咲かせます。
Img_1492

2014年10月15日 (水)

ラベンダーが喜んでいる?(ベランダガーデニング)

蒸し暑い夏が苦手なラベンダーは夏を乗り切ると涼しくなる9月下旬から10月になると新しい葉を身に付け始め薄紫色の花を咲かせます。

Img_1481


まるで夏から解放されて喜んでいるようにも見えます。
夏の間は比較的涼しい北側ベランダに移動させて避暑させています。
このようにし始めてからは夏越しできるのでラベンダーもずっと生き続けていますcoldsweats01

Img_1476


置き場所も決まっていて夏から秋までハイビスカスを楽しんでいた所です。
ラベンダーハイビスカスで1年間を楽しんでいますnotes

Img_1479


ベランダのそれぞれの場所で育つ植物が分かるとあとは管理サイクルを繰り返すことによって長い付き合いが出来るので(共生)愛着がわきますhappy01
作業も楽になります。

これからはしっかり日に当てて花付きをよくします(日照が不足すると花付きが悪いようです)

Img_1478


穂状に咲く薄紫色の花もいいのですがその芳香が特色でしょうねsign02
何となく落ち着ける感じがします。

肥料は今の時期に追肥をやる程度であまりやりません。
乾燥を好む植物なので土表面が乾いてから2,3日してタップリやっています。

2014年10月14日 (火)

台風一過(ベランダガーデニング)

台風19号の進路にすごく近かったのでそれに備えて鉢やプランターを移動させていたのですが予想していたよりも雨風共に弱く、むしろ日頃の突風の方が怖かったくらいでした。
大したことがなくてよかったですhappy01

Img_1471


今朝から元通りに配置です。台風が来る前に掃除をしていたこともあってベランダも汚れておらず気持ちよく作業ができました。

Img_1470


台風が去った後の澄み切った空気はいいですね!淡路島の向こう、遥か彼方四国までもが見えている感じですeye

Img_1472


もう台風もやってこないでしょうから、そろそろ秋植え球根・苗でも買ってきて植え付けようと思っています。
メイン花壇のビオラをどのようにするから検討開始です。
それからハンギングバスケットの花はどうしよう?

Img_1473

台風のためリビングに避難させていた観葉植物はたった1日だけですがピーンと立ち上がってしまいました。ちょっとした環境の違いで大きく変化するのですねeye

Img_1475


Img_1474

2014年10月13日 (月)

またもや台風が(ベランダガーデニング)

つい先日台風が本土直撃したかと思ったら、また19号が少し北側のルートで襲いかかってきそうですtyphoon

昨日、高い場所の鉢やプランターを下ろして台風に備えました。
落下や倒れなどで駄目にすることは勿論、隣や階下に迷惑をかけてはなりません。

Img_1454


Img_1456


Img_1457


今朝起きてみるとまだ全くの無風状態、雲も薄くて僅かな時間ですが日が射すような穏やかさでした。少しでもベランダが汚れないようにと出来る範囲で掃除をしておきました(土、埃を取っておくと台風後の汚れがかなり違いますshine

Img_1461

さすがに殺風景な景色になりますねshock

Img_1463

Img_1467



壁際に鉢・プランターを壁際に集めて風が直接当たらないようにしました。
強風でパネルなどが飛ばされないようにレンガでおもしを。

Img_1460


Img_1459

こんなときも1輪の花が元気をくれますshine

Img_1462



8時になると突然風雨が強くなって強風域に入ったようです。凄い変わり様ですtyphoon

植物を避難させると思いがけないシーンを見つけることがありますeye
ヘンリーツタを浴室に移動させるといつもは下から葉の裏側を見上げてをいたのですが平行視線でみると紅葉した鮮やかな赤い表面を見ることが出来て違ったシーンを発見です。

Img_1468

こんな日にスタベリアが開いてしまいましたcoldsweats01

Img_1452_2


Img_1450

近畿地方は今夕から深夜にかけて大荒れとの予報です。
何事もなく台風19号が過ぎ去ることを願うばかりですthink

〈11時現在〉
薄雲で雨は止んでいるものの風は強く、パーゴラのモッコウバラやクレマチスが大きく揺れています。
台風進路から東〜北東の風が予想されるので南向きベランダではあまり吹き込まないかと今回は荷造り用紐での蔓の押さえはしませんでした。

Img_1466

2014年10月12日 (日)

それぞれの今(2)(ベランダガーデニング)

台風19号が予報コースを辿るように西日本・東日本に接近・上陸しそうですtyphoon
予報が外れて欲しいと思いつつもそんなに逸れることもなく操られているように向きを変えて進んできますshock

今日は台風対策を講じなければならないのでゆっくり植物を観察することが出来ないので昨日同様、機械的に画像を撮っておきましたcamera

ハイビスカスが台風襲来前に開いてくれましたscissors
どんよりとした天気ですがハイビスカスの花はスカッと気分を爽快にしてくれますnote

Img_1445


今年もミニバラが真紅の花を連続して咲かせるのでベランダに出る楽しみが増えましたnotes

Img_1446

シュガーバインはいつ、どこでも心を和ませてくれますnotes
何なのでしょうねsign02
葉の形、全体の姿が直感的に受け入れられるからでしょうかok

Img_1431


Img_1432


ヴィオルナ系クレマチスの種子はちょっとおもしろい形状をしているので撮ってみましたcamera

Img_1430

演奏家猫はついでに。

Img_1433_2


オリーブのグランドカバーのローズマリー、ブラキカムは小さなブルーの花を1輪だけcoldsweats01

Img_1435


Img_1434


オリーブの実はしっかり付いています。台風で落とされないように室内に避難させておこうかな?

Img_1436

台風に備えて鉢を移動していると何やら虫がピョーンと飛びました。
よく見るとコオロギの仲間のカネタタキです。ベランダの葉っぱに穴を明ける悪戯をする虫ですがその鳴き声を聞くと許してやりたくなります。

Img_1417



2014年10月11日 (土)

それぞれの今(ベランダガーデニング)

秋苗を植え付けたいのですが台風が再び接近するとのことなのでもう少し待つことに。
台風対策を考えながら植物達の様子を見てみましたeye

ハイビスカスは蕾を付けて、台風19号が接近する前の明日には開いてくれそうですsun

Img_1429

数個の蕾を付けているスタベリアは開くまでに時間がかかりそうなので今日にも安全な場所に避難させておきます。

Img_1419

ミセバヤももう少しで咲いてくれそうです。初めて見る花だけに毎日のようにまだかまだかと観察しています。

Img_1428





すっかり紅葉したヘンリーツタは落葉を始めました。もう見納めですねgawk

Img_1421

ハツユキカズラは紅葉を始め、色とりどりの葉で賑わっていますshine

Img_1423


今年はいい感じの姿に仕上がったブライダルベールは太陽軌跡がひくくなって斜光を浴びるようになってからは花数を増やしています。

Img_1420

残念ながら今シーズンは枝垂れるように咲く花を見られなかったオレガノ・ディクタムナスは姿を変えることはありませんでしたshock

Img_1424

ワイヤープランツ多肉植物は1年中元気ですrun

Img_1426


Img_1427

Img_1440


Img_1441


2014年10月10日 (金)

セージが秋を演出?(ベランダガーデニング)

セージ(サルビア)の薄紫の穂状の花が開くにつれてちょっとした秋らしいシーンを創ってくれます。

Img_1413


Img_1415


茎が伸びて少し頭を垂れる姿は優しくて、ゆっくりベランダで過ごすようにと誘ってくれているようです。

Img_1411


その下方にあるメダカ鉢のメダカがエサを欲しがるのでついこの場所で長居をするからそんな気分になるのかもしれません。

Img_1409


私の好きなエリアのひとつなんです。

9月下旬に花の存在が確認できてから段々紫色がハッキリしてきました。

Img_1412

Img_1437

2014年10月 9日 (木)

生き続けてくれたネメシア(ベランダガーデニング)

今回は宿根ネメシア何とか1年間生き続けてくれましたsandclock

Img_1394


ベランダガーデニングを始めた頃、秋の花として気に入ったのでそれ以来ベランダに必ず存在する植物となりました。
残念ながら枯らしてしまったらすぐに補充しています。

Img_1397


Img_1401


草丈も高くないので少しくらいの風なら倒れることなくコンパクトな姿を保ってくれます。

Img_1399


Img_1406

アリッサム、エリゲロン・プロヒュージョンと寄せ植えしているのですがこの組み合わせは結構共存してくれるメンバーのようですscissors

Img_1407

【独り言】
昨日は「皆既月食」の天体ショーを夕食〜片付けをしながら楽しみましたeye
一昨日のひまわり8号のロケット打ち上げ成功を見たこともあってかいつのまにか広い宇宙の中に自分を置いて幻想的なショーをいろいろなことを考えながら観ていましたnight

Img_1312_3Img_1317_2Img_1320_2Img_1324_2


Img_1335_2Img_1338_4





Img_1346_2

Img_1355_2



Img_1357_3










運よく、天気もよくて最初から最後まで雲に邪魔されることなく天体ショーを楽しむことができましたnotes

Img_1360_2Img_1365_2Img_1371_2Img_1374_2






Img_1377_2Img_1382_3Img_1386_2







Img_1389_2Img_1392_2





















2014年10月 8日 (水)

クレマチスの今(ベランダガーデニング)

最も好きな花の一つ、クレマチスは1年じゅうその様子が気になりますhappy01
いつの時期もしっかり管理していないと花期に結果がそのまま現われるので後悔しないように頑張っています。

Img_1308


猛暑の夏の間は控えていた液肥を9月下旬から再開しました。今月下旬まで液肥をやろうと思っています。
そして、今月末に油糟と骨粉をやり、3月に再度油糟+骨粉をやります。

1年の活動を終えて冬仕舞いを始める品種あり、新芽を出す品種ありいろいろです。

Img_1303


Img_1304


まだ花を咲かせてくれる可能性のある品種もあるのですがどうなるでしょうsign02

Img_1309


Img_1305

元気のよい蔓を挿し木してみたのですが台風の風などに遭ってかなり枯れてしまいましたがまだ3本生き残っていますok

Img_1311

昨年秋にブロガーさんから頂いた種子は春に発芽した後、順調に生長しているようですbud
細い蔓なので心配ですが水キレだけはさせないように注意しています。

Img_1307

2014年10月 7日 (火)

繰り返し咲くゼラニウム(ベランダガーデニング)

何度も何度も繰り返し咲いてくれるゼラニウムはベランダをいつも明るくしてくれます。
季節の花の開花期が終わって寂しくなりそうな頃に鮮やかな花を咲かせて次の季節花へバトンタッチしてくれますshine

Img_1290

特に、2年前に我が家にやってきたアイビーゼラニウム「カリエンテ」は暑さ寒さにも強く、少し風通しの悪い環境下でも育ち何度も何度も花を咲かせますnotes

Img_1287


Img_1288

夏の猛暑にはちょっと弱い「もみじ葉ゼラニウム」もよく花を咲かせます。
これからの紅葉シーズンには更に活躍してくれますgood

Img_1292

完全復活したフィットニア更に生長してジョーロ鉢からこぼれんばかりになってくれましたnotes

Img_1294


Img_1295

2014年10月 6日 (月)

まだまだ咲きそうなスタベリア(ベランダガーデニング)

台風18号の暴風雨で寝付けませんでしたtyphoon
兎に角激しい雨が打ち付けて恐怖を覚えるほどでしたshock
8時過ぎに浜松に上陸して関東地方を襲っていますが大きな被害をもたらさないことを願うばかりです。

スタベリアの花はヒトデの形をして表面を毛むくじゃら状の姿はハッキリ言って怪しい花です。

Img_1278


異臭がすると言われますが外で育てているせいか私の嗅覚では感知しませんcoldsweats01

鼻を近づけると分かるのかもしれませんが、肉が腐った臭いがするらしいのでわざわざそこまでして臭いを嗅ぎたくないので一度もしたことありませんhappy01

ネットで調べてみると「毛むくじゃらで赤黒い獣の肉の塊に擬態してハエをだまし、花粉を運ばせるための姿」と書かれた記事もありました。なるほど、ハエが花にとまっているのをしばしばみかけましたeye

Img_1283


今年もよく咲いてくれます。
花が開いた状態は得体のしれない怪しい物体に見えるので大きな袋状の姿はHFOを連想させます。

スタベリアの仲間ではありませんが(スタベリアはハートカズラと同じガガイモ科)先日孔雀サボテンなどを植え替えしたのでこれからの生長と沢山の花を咲かせてくれることを期待していますshine

Img_1284


Img_1280

2014年10月 5日 (日)

姫リンゴが色付いた(ベランダガーデニング)

またまた台風が接近・上陸しそうですねshock
台風18号が今夜にも近畿・四国に最も近づき猛烈なしけになるとの予報ですtyphoon
今年も甚大な自然災害が発生しています。台風18号が大きな被害をもたらさないことを願っています。

前回の台風11号は南風がベランダを吹き付けましたが、今回はその進路から北風が吹き荒れそうです。北側のベランダを主に台風対策を講じておくことにしましたrun

姫リンゴの実が色付き始めました。

Img_1277



ベランダの狭隘な日蔭場所に置いているのですが毎年結実してくれます。
蜜蜂が受粉作業を手伝ってくれるので結実するのでしょうねsign02

Img_1267



姫リンゴの実はちょっと愛らしい姿になってくれるので観賞にいいですね!
これから落葉して実だけの姿になっても楽しめますnote

Img_1274

オリーブの実は未だ色付きを始めてなくて緑色のままです。

Img_1270



大きくなってそれらしい存在感を示しています。

Img_1272


Img_1273

2014年10月 4日 (土)

ミニバラが4度目の開花(ベランダガーデニング)

ミニバラが何度も花を咲かせてくれますshine

Img_1261


嬉しいですねnotes ベランダの大きさにピッタリのサイズの真紅の花です(画像では本物の色が現われないのが悔しいです。これが今の私の撮影技術ですcoldsweats02

Img_1264


Img_1249


ミニバラの寿命は5,6年とずいぶん前に園芸書で読んだ記憶があり、寿命に近づいたときににはどうなるかなと心配しましたが……
品種にもよるのか、環境が変わってきたからか人間同様、ミニバラも寿命が延びているようです。我が家のミニバラも10年以上生き続けています。

Img_1263


今日は蜂がベランダのいろんな花の蜜を採集しています。

Img_1252

2014年10月 3日 (金)

オキザリスが春の準備開始(ベランダガーデニング)

10月になると春先の球根が芽を出し始めます。
ムスカリは8月に既に芽を出してボーボー状態になりつつあります。
次の2枚の画像はムスカリです。

Img_1236


Img_1237


オキザリスが一斉にヒョロッとした茎を伸ばしました。

Img_1239


Img_1240


球根を植えっ放しですが毎年毎年生育サイクルを繰り返してくれます。
夏が終わって涼しくなると直ぐに芽を出し始めて地肌が剥き出しになっていたプランターを緑で覆ってくれますbud

Img_1226


Img_1235

雑草のようにたくましく水遣りも少々しなくても、肥料も遣らなくても育ってくれます。
むしろ乾燥気味に育てますgood

まだまだ先の話ですが、オキザリスは日が当たらないと花が開かないし(曇りの日は殆ど開きませんcoldsweats02)気温が低くても開きません。
植える場所に注意ですdanger

2年前からの葉ボタンです。自由にさせていたら伸びてしまいましたcoldsweats01
これからは葉ボタンの好む季節です。今年も寒い時期を楽しませてくれそうです。

Img_1231

今年のうまくいった一つ、ブライダルベールの生長です。
昨年の冬を越したときは瀕死の状態でしたが何とか生き残って今年の春に植え替えしてやると一気に復活しました。
プランターからこぼれるほどになっていい姿になってくれましたscissors

Img_1233

2014年10月 2日 (木)

モッコウバラへの施肥(ベランダガーデニング)

モッコウバラは8,9月に来春の花芽を付けるらしい。
この花芽に栄養を蓄積させるために肥料(油糟、骨粉)を9月いっぱいまでにやっておくと来春にいい花を咲かせるとのことなので遅くなりましたが、昨日やっておきました。

Img_1218


これからは剪定を控えて来春を待ちます。
冬は枯れた枝や不要な枝を剪定する程度に留めておきます。

Img_1222


日がよく当たる箇所は見事に咲くので来春まで軒先まで出すように誘引してみようと思っています。

Img_1223


Img_1225

2014年10月 1日 (水)

苦しまなかったのかなガーデンシクラメン(ベランダガーデニング)

今日から10月、そして衣替えですね!
ベランダの衣替えもそろそろ準備して寒い冬を楽しみたいですnotes
でも夏の花がまだ頑張ってくれているのでもう少し様子見してからにしようっとcoldsweats01

ガーデンシクラメンは今年の夏は猛暑日が続かなかった影響でしょうか例年行っている涼しい場所に移動させなくても夏越しが出来ましたscissors

Img_1215


Img_1216


そして、新芽を出したり葉っぱもグングン大きくなってきました。
寒くても鮮やかなショッキングピンクの花を咲かせて元気をくれるガーデンシクラメンは私の冬の定番となっています。

Img_1214

水を遣り過ぎて球根を腐らせないように注意していますdanger

Img_1217_2


毎年、春菊、水菜の種を蒔くのが遅くなって鍋シーズンに間に合わなかったので今年は早くしようと土に苦土石灰を入れてpH調整しておきました。

Img_1212





« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ