« 2014年10月 | トップページ

2014年11月

2014年11月18日 (火)

新たに「ベランダの花日記(2)」としてスタートすることに(ベランダガーデニング)

容量いっぱいになって「ベランダの花日記」が終了!coldsweats02

ブログを始めて丸8年、ベランダガーデニングの作業や思ったことを出来る範囲で書き続けていたらいつの間にかこんなに歳月が経過していましたpencil
振り返ってみるとベランダが自分の好みに進化してきたなと頑張れば頑張るほど成果がついてきたことが実感でき(個人的な感想です)、満足していますhappy01

しかし、ブログを書き続けたこでと(画像添付を含め)容量いっぱいになってしまいました(全く気付かなかったので慌ててしまいましたwobbly

新たに「ベランダの花日記(2)」でスタートしましたhorse

Img_2018

Img_4171

2014年11月16日 (日)

ジュリアンなどを植え付けました(ベランダガーデニング)

昨日、今日と穏やかな天気の関西地方ですsun
しかし、明日は雨予報、晴れているときにガーデニング作業をと一昨日買ってきたジュリアン、葉ボタンなどを植え付けました。

Img_2006


毎年植えているコニファのグランドカバーとして植えるのですが前年から生き残っている葉ボタンやアリッサムを傷つけないように植えるには難しいです。
間が空いたりして不格好(?)になりましたが生長して隙間がなくなることを期待ですhappy01

Img_2002

Img_1999



今回のジュリアンはちょっとシックな感じで。
今までは冬の暗さを吹っ飛ばそうと黄色や赤が殆どで園芸店に行っても他の色に目がいかなかったのですが今回はブルー系のこの色に決めました。
ジュリアンにもこのような色があるのですねsign02

Img_1996

Img_2003

2014年11月15日 (土)

お気に入りのネメシア(ベランダガーデニング)

数日振りに寒風が吹かず穏やかな阪神・淡路地方ですsun
空気は冷たいですが視界もまあまあ良いので快適な週末ですnotes

Img_1995


ベランダで好きな植物を育てているのですがその中でも特別に好きな植物には目がよくいきます(ブログにも頻繁に記事にしてしまいますcoldsweats01

Img_1983


ネメシアはそのひとつですcrown
初めて見たときに花の色といい、姿形といい惹かれてしまいましたnote

Img_1981



華奢なように見えて忍耐力のある植物です。
手間がかからないローメンテナンスな宿根草で(1年草の品種もありますが)毎年咲いてくれるところも気に入っていますgood

Img_1985

2014年11月14日 (金)

冬苗を買ってきました(ベランダガーデニング)

昨夜も錦織圭選手ATPワールドツアー・ファイナルで大活躍でしたねtennis
中継を観ていると真夜中というのに大声を出して応援しそうになりますhappy01
全米オープン準優勝したときにこの大会に出たいと言っていたのですがこのような年間成績の上位8人が争う大会があるなんて殆どの日本人は知らなかったようです(だってアジア人初だそうですよsign01
出場どころではなくファイナル4強に入る大活躍です。明日の準決勝は急遽地上波生中継が決まったようですtv

今日の午前は週末恒例の大掃除shine
午後から墓掃除でもと出掛けたのですがやはり帰路は足を伸ばして園芸店に立ち寄ってみましたrvcar
どうしても鮮やかな色のガーデンシクラメン、ジュリアン、パンジー、ビオラなどが目に入ってきます。
ガーデンシクラメンは前年からの球根が芽を出しているのですが待ちきれませんでしたcoldsweats01

結局ガーデンシクラメン、ジュリアン、葉ボタン、シロタエギクなど寒さに強い冬苗定番を買ってきました。

Img_1970



毎年同じものばかりも飽きてしまうので(一応、我が家のベランダで元気に咲いてくれることが実証済)何か新しい植物に挑戦してみようかなと今回は”斑入りミントブッシュ”を育ててみることにしました。

Img_1975


斑入りミントブッシュが寒さ、高温多湿に強いのかどうか説明書もなかったので気になり、帰ってから調べてみると寒風に当てると弱いとのこと!!!失敗だぁshock

Img_1976


買ってきた苗を配置したい場所に仮置きしてみました。
植え付けは後日ということで。

Img_1973


Img_1974


Img_1978

2014年11月13日 (木)

カネノナルキが元気になりました(ベランダガーデニング)

昨日午後のPM2.5は凄かったですねshock
ニュースで見る北京の視界と変わりないほどでしたcoldsweats02
気象庁発表のPM2.5分布予測を見て成る程、中国と同じ濃度だ!
APECの終了と関係しているのでしょうか?
マスコミももっと声を上げて欲しい。

今朝は冷たい西風が吹き荒れています。
そのお蔭でしょうねPM2.5は日本の東の太平洋まで吹き飛ばされているようですsign02
寒いけれどもPM2.5よりもマシですdog

細い鉢に植えていたカネノナルキが生長してちょっとしたことで倒れるようになり葉が落ちたり枝が折れたりして不格好になったので9月に植え替えてやりました

新しい土壌になって嬉しかったのでしょうかしっかり根付きました。
「金の成りそうな木」になったようですcoldsweats01

Img_1962

Img_1963



随分前には花も咲かせてくれたのですが再び咲かせてくれるかもしれませんsign02
もう30年近くになる老木ですが思い出が多く大切に育てていますshine
ずっと鉢増しせずに育てているのでカネノナルキにとっては迷惑でしょうが…今回久しぶりに鉢増しです。

Img_1961

10月に種を蒔いた冬野菜の水菜・春菊もそれと分かるようになってきましたbud
そして2週間くらい遅れてイタリアンパセリ青しそも発芽しました。

Img_1965Img_1966Img_1964Img_1967


l

2014年11月12日 (水)

夏越し出来たバコパ(ステラ)(ベランダガーデニング)

なかなか夏越し出来なかったステラでしたが、今年の暑い夏を北側ベランダの風通しのよい場所に移動させていたら何とか生き延び初めての夏越しに成功しましたgood

Img_1951


株元近くが枯れたようになって見苦しい姿になってしまいましたが、先端には緑葉と花を付けているので生きている証しです。

Img_1953


茎を短く切って姿形を整えたいのですが、切ってしまうと枯れてしまうかもしれないと決断できませんcoldsweats01
1,2本の茎を切ってみて様子見して今後に活かしてみようかなと思っています。

Img_1955


ステラは1月頃に最盛期を迎えるのできっとこれから緑葉を増やしてくれることを期待しながら初めて夏越し出来た2年生を楽しみますnotes

昨年秋に頂いた種子をまいて翌年春に発芽したクレマチス「這沢」が一生懸命に生長しています。
糸よりも細い茎径ですが自分では支えられないほどの葉っぱを付けていますbud
少し茎が長くなったので支柱をくし刺しの串から割りばしに代えてやりましたcoldsweats01
(挿し木は地上部が枯れてしまったのでちょっと心配だけど水キレに注意して育てています)

Img_1958

2014年11月11日 (火)

11月中旬の西側ベランダ(ベランダガーデニング)

今日は「天高く馬肥ゆる秋」といった天候で洗濯物をベランダいっぱいに干したため、植物の観察・観賞が夕方まで出来ませんでしたsun

紅葉したり、パラパラと落葉して冬の準備をしているベランダの植物達です。

Img_1929

Img_1942


Img_1934



昨年は夏の花、アズーロコンパクトが遅くまで元気だったりしたので(結局冬を越して今年の秋まで生き続けました)冬の花の準備が遅くなりましたが、今年は既にビオラを植えて一部は花を咲かせるようになりましたshine

Img_1946

ベランダ西側にハンギングしたヘンリーツタは既に紅葉、落葉をほぼ終えて冬眠の準備万端の状態です。
ブライダルベールも刈りこんで冬の身支度完了です。

Img_1913_2Img_1916

クレマチスもどうやら秋は花を咲かせることなく(これは私の管理の失敗ですweep)春までは対面できないようです。
いっぱい頑張ってくれたので休息して欲しいです。
有機肥料もやったのでじわじわ効いてくれるでしょうsign02

Img_1948


冬の休息をする植物に代わって寒さが大好きな植物達が頑張りを見せ始めましたbud
ムスカリは例年通りは早くから葉を伸ばしてボサボサ状態になりつつあります。
多くなり過ぎたので今シーズンは間引いて他の植物にエリアをシェアしてやりましたthink

Img_1918


3年目となるのですが未だ花を咲かせたことのないカタクリも日を浴びて育ってくれるかもしれません。

アリッサムはこぼれ種から生長した苗が3年目を迎え木質化した茎にこんもりと花を咲かせています。
次のこぼれ種からの生長を期待しているのですが鉢栽培ではなかなか難しいですねcoldsweats01

Img_1910

Img_1925



ベランダをひと際明るくしてくれるのがもみじ葉ゼラニウムです。
ほぼ1年じゅう繰り返して花を咲かせるのでベランダが明るくなります。
何か花が咲いているとベランダが生きた空間になりますshine

Img_1921

四季成りイチゴ「夏姫」も名のとおり年間を通して花・実を付けて楽しませてくれます。

Img_1911

オリヅルランペラルゴニウムカラーリーフとして楽しませてくれるのでこれからの冬も元気をくれますrun

Img_1945


Img_1949

2014年11月10日 (月)

遊び心(ベランダガーデニング)

錦織圭選手、大活躍ですね!!!tennis
昨夜も年間成績上位者によるATPワールドツアー・ファイナルで今まで勝ったことのなかった昨年のウィンブルドン選手権覇者マリー(英)に勝利しましたnote
中継を観ていて興奮し寝付くことが出来ず、寝不足気味ですhappy01
いい試合でしたsign03

花が少なくなるこれからの季節は雑貨を配置したりDIYしたりして過ごすことが多くなります。
ちょっとしたリメイクや再配置しただけでもベランダがリフレッシュされますsign02

今日は古くなったプラ鉢を英字新聞を活用してシャビー感を出してみようと遊んでみましたhappy01

Img_1899



新聞を手で切り、接着剤でプラ鉢にピシッと張って乾燥後にアクリル塗装でシャビー感を出してその後、表面にニスを塗って防水処理しておきます。

Img_1901


経年劣化で朽ちたプラ鉢も英字新聞でマスキングすることで生き返った感じがします。
お金をかけずちょっとした遊び心でベランダの小物を作ったりリメイクするのも楽しいものですnotes

Img_1898

植えっ放し球根の水仙が芽を出しました。
毎年、殆ど同じ日に芽を出すこの正確さは何なのでしょう?

Img_1906

芝桜 も節々から新芽を覗かせましたbud
ずっと枯れたような色を呈した茎から小さな緑を発見すると嬉しいですね!
このナチュラル感が大好きですhappy01

Img_1907

2014年11月 9日 (日)

10℃になると冬越しの準備(ベランダガーデニング)

最低気温が10℃を切りそうになると冬越しの準備をしています。
一度寒気に当てただけで植物は枯れてしまうことがよくあるので寒気団がやってくる前に冬対策をするようにしています。
大事に育ててきた植物が一瞬にして駄目になるショックは余りに大きいですcoldsweats02

冬越し準備の第1弾はアメリカンブルー、ブライダルベール、木立性ベゴニア及びハイビスカスの刈り込みです(今年はハイビスカスは蕾があるのでもう少し後で)
短く刈りこんで冬の寒さに耐えます。

Img_1878_2


室内に取り込むもの、ベランダで比較的寒風に当たらない場所に引っ越すものがありますがまずは占有体積を小さくしておきますcoldsweats01

Img_1869


第2弾は少し寒気に当ててから冬眠に入る植物やサボテンなど寒さに非常に弱い植物にビニール袋を被せることです(寒気に当てておかないと花芽を付けない植物もあるので早くから室内にいれたりして過保護にすると失敗するので要注意ですdanger
この作業は11月下旬頃に実施ですwatch

軒下に置いているアメリカンブルーはこのところの冷え込みで葉が凍傷に遭って変色してしまいましたdown

Img_1879


Img_1881

寒気に当てて弱らない今のうちに短く刈りこんで冬支度です。
今年も昼間の気温が上がっているときはベランダで気温が下がる夜間はリビングに入れて春を待ちます。

Img_1882

今年植え替えたブライダルベールは兎に角生長著しかったです。
ワサワサ状態になって1.5mもの茎長さになりました。

Img_1874

Img_1886



秋の冷たい空気に当たって薄い葉が変色するようになったのでこちらも短く刈りこんで所定の東側ベランダの寒風の比較的当たらない場所に引っ越しです。

Img_1888

刈り取ったブライダルベールを集めてみてその量に驚きましたsign01
後片付けしているとコオロギ(カネタタキ)がちょろちょろしていました。このブライダルベールの中で冬を過ごそうとしていたのでしょうねsign02
住み家を奪ったようで可哀想にもなりましたwobbly
捕まえてベランダの緑の多い場所に放してやりましたscissors

木立性ベゴニアは低温に弱いので室内に取り込んでいます。

Img_1893


Img_1895



大きな葉っぱを沢山付けて邪魔なので思い切ってそのほとんどを刈り込みます。
この方法で10年以上生き続ける長寿命な植物の一つです。

Img_1897

2014年11月 8日 (土)

メダカの今(ベランダガーデニング)

水温が下がってきた11月にもなると夏のような食欲がないメダカ達です。
それでも秋の斜光がメダカ鉢に直接入って多少なりとも水温が上がると水面に上がってくることがあります。

Img_1840


そんな時はほんの少しですがエサをやります。
食べ過ぎて体調を壊してはいけないので極少量です。
これからの寒い冬を過ごすための体力をつくるためにと与えています。

Img_1862


この夏に生まれたメダカも元気に泳いでいますfish
親メダカとエサの取り合いが出来るほどになっています。
少し前までは親メダカが近づくとサッと避けていたのですが今は一人前になって懸命に生きようとしています。
いや、楽しんでいるのかなsign02
世代交代しながらメダカワールドを何年も継続して楽しませてくれますnotes

Img_1843

Img_1853

メダカ鉢の周辺も今は緑がいっぱいですがこれから冬になると落葉が進み寂しい光景に変わっていきます。

Img_1861

今日はベランダ西側の境界ボードの化粧直しをしてみましたhappy01

Img_1865





2014年11月 7日 (金)

11月上旬のビオラ(ベランダガーデニング)

ビオラを植え付けてから2週間が経過しました。
しっかり根付いて活動開始し、早いものは花を咲かせ始めましたshine

気温も下がってきてビオラにとっては丁度いいのでしょうsign02
株が一回り大きくなってきました。

Img_1793

壁のラティスとプランターの色に合わせてみたワインレッドのビオラはどうでしょうsign02

Img_1812

ずっとずっと同じ色のビオラで冬を過ごしていたのですが昨年ブログモニター(サントリーフラワーズ㈱のフリル咲きビオラ「ミルフル」をさせていただき、いろんな色のビオラが送られてきて育ててみたのですがこれらが満開になったときはその豪華咲きに驚きましたhappy01

随分気に入ったので今シーズンも同様にしてみました。

Img_1828Img_1829Img_1830Img_1831


Img_1834


Img_1832


Img_1836


Img_1835

Img_1839



2014年11月 6日 (木)

メンテナンス(ベランダガーデニング)

今朝は曇天、鉛色の空に抑えつけられて息苦しい感じですwobbly
でも、ベランダに出てちょっと気分転換することで目の前が晴れてきますhappy01

メンテナンスと言っても苗や樹木自身のことではなく、今日は蔓植物の誘引やDIY作品、雑貨類そして鉢・プランターの固定などです。

台風などで吹き飛ばされたり、落下しないようにチェック&手直しするのも植物が落葉して障害物が少ないこれからの時期が最適ですwrench

ビス固定紐を新しいものに取り替えたり、塗装しなおしてリメイクしておきます。

ちょっとしたリメイクでも見た目が随分変化しますeye
(毎日見ている自分でないと違いがわからないですよねcoldsweats01

Img_1807

Img_1782

Img_1779


ベランダ中央部のシンボルツリーのユーカリはなよなよの幹なのでしっかり固定していないと台風時に大きく揺れるのでしっかりした支柱に麻紐で何か所も固定していますdespair

Img_1826


念入りにチェックして古くなった紐を取り換えたり、姿を整えておきます。

Img_1810


Img_1809

Img_1827


パーゴラ上のモッコウバラも強風で傷付いたり、乱れないように麻紐やビニタイで固縛しておきます。

Img_1811

大きく生長してボリュームを増し、株元の植物に覆いかぶさるようになったものは刈りこんで持ち上げておきます。
グランドカバーの植物や秋植え球根などに日が当たるようにしておきます。

Img_1822


その他、生い茂った葉で隠された小物の雑貨も落葉で目につくようになるので汚れを取り除いて再配置ですshine

Img_1823


Img_1825

2014年11月 5日 (水)

満開を迎えたミセバヤ(ベランダガーデニング)

我が家のベランダで初めて見る花のミセバヤがやっと満開を迎えるようです。

Img_1783


早く見たいから待つ時間が余計に長く感じるのか蕾が出来てから何日待ったか分からないほどですdespair

それでも待った甲斐がありましたshine
やはり初めて見る花は新鮮で特別です。

「人に見せばや~」ですねcoldsweats01

Img_1806


葉っぱも肉厚で水をタップリ貯蔵出来そうでかなりの乾燥状態に耐えられそうな植物です。
乾燥気味に育てています。大きくなって欲しくないので肥料も控えめにしています。

Img_1787


赤紫色に縁取られた肉厚葉も赤味を帯びてきました。花期を終えると同じころに葉も落ちて自然消滅(地上部)するのでしょうねsign02

Img_1786

日当たりのよい場所に置くこともポイントのようですpencil

Img_1790

Img_1805

冬季もベランダで越せるようです。昨年越冬したので実証済です(但し、氷点下には2,3回しか下がらない我が家のベランダ環境下なので念の為)

Img_1819

2014年11月 4日 (火)

11月上旬の東側ベランダ(ベランダガーデニング)

東側ベランダはサボテンやちょっとした野菜苗を育てていたりで”華”がありませんcoldsweats02

Img_1770

それでも種から育てる冬の春菊、水菜と夏の青じそ、イタリアンパセリ、ミツバ等の成長過程を観察するのもなかなか面白いですよhappy01

*約2週間前に種蒔きして発芽した水菜

Img_1759

*同じく春菊

Img_1767




他の野菜にも挑戦してみましたが私にとってこれらが最も合っているようなのでここ数年定番化しています。

Img_1766

鉢の転倒防止機能も備えたスタンドをDIYして日がよく当たるようにしたのですが鉢・プランターを置くスペースも増え、ベランダの掃除もしやすくなったので快適空間になりました。

Img_1771


南側ベランダで弱った植物の回復スペースとしても役立っていますshine

昨年植え替えた孔雀サボテン葉が濃い緑色に変わって健康状態になりました。

Img_1776


残りの孔雀サボテンも今年植え替えたので来年は紅白の花を楽しめるかもしれませんsign02

奇妙な花が咲くスタベリアは今年も沢山咲いてくれました。
もう少し温かい日が続けばまだ咲きそうな蕾を付けていますshine

Img_1777


アケビも年々生長して大きくなりました。
冬は全部落葉して蔓だけになりますが来春はきっとワサワサ状態になることでしょうsign02

Img_1774

2014年11月 3日 (月)

つるバラの今(ベランダガーデニング)

つるバラをベランダで育てるようになって6年目となります。
ベランダの日照ではバラは育たないと絶対に手を出すまいと決めていたのですが、ふとしたことから手を出してしまいましたcoldsweats01
一旦決めると何とか成功させたくなるものですhappy01

それでも気持ちだけではやはり難しいですねsign02
思ったようなシーンを実現させることができずに苗が弱ってしまいましたdown

今シーズンは苗を回復させてやろうと一時日のよく当たる東側ベランダに移動させています。

Img_1756


功を奏してか見事に復活してくれています。シュートを伸ばして新葉をタップリ付けています。

Img_1757


この調子だと春には沢山の花を咲かせてくれそうですsign02

Img_1758


1月に所定位置に戻して(この場所でのシーンが好きなので)剪定と誘引を行う予定ですhairsalon

Img_1749

もう一つの品種もちょっと虚弱体質になっていますが、こちらは午後になってから日が当たるので日照問題では少しはましです。

軒からはみ出した部分はよく日が当たるので新芽、葉付きもいいようですsign01

Img_1754


今は新しいシュートを伸ばしているので期待がもてそうですshine
自由にシュートを伸ばして1月になってから斜めに誘引する予定です。

Img_1752

Img_1781

どちらの品種も昨年植え替えしてやったのでかなり元気になったようです(根がかなり張っているのですが今年はどうしようかと迷っています。ベランダでの植え替え作業は大変なのですshock

つい先日植え付けたビオラが勢いよく花を咲かせるようになりました!
今は花を楽しみたいのをグッと我慢して剪定に気をつけるようにしていますdanger

Img_1755

2014年11月 2日 (日)

刈り込み(ベランダガーデニング)

冬がやってくる前にはいろいろな管理作業があります。
その中のひとつである刈り込みを行いましたhairsalon

朝食前にホットリップス(セージ)から取り掛かりました。
簡単に済むかと思っていたのですがベランダでの作業は意外とやりにくくんて悪戦苦闘しました。
これだけの作業で2時間近くかかってしまい早くも今日の予定が狂ってしまいましたcoldsweats02

それでも短く刈り込むと気持ちいいですね!

Img_1739

最近、ホットリップスが大きくなり過ぎて周りの植物の生育を邪魔をしていたので何だかスッキリしました。

次は朝食後にブルーデージーの刈り込みをしましたhairsalon

Img_1736


日照不足から間延びしてしまってブルーデージーを短く刈りこんで春の準備をしておきました。

Img_1740

最後はクリスマスローズの旧葉の切り取りです。
品種によって旧葉を刈り取るもの、そうでないものがあるので注意して作業しなくてはなりませんdanger

Img_1737



根元にしっかり日光を当てて新しい芽の促進ですbud

Img_1741





オリーブの実がいい色になりました!

Img_1742

Img_1743

ミセバヤは宝石が輝いているかのような小花を咲かせています。
寒くなると一気に地上部を枯らしてしまうのでしょうねsign02

Img_1744


Img_1747

Img_1745

2014年11月 1日 (土)

今日から11月(ベランダガーデニング)

今日から11月、今年も残すところ2ヶ月になりましたsad

月替わりには前月のフォローと今月のやることのチェックをするように心掛けていますmemo
早速、10月にやり残したクレマチス有機肥料(油糟+骨粉)施肥を朝から行いました。

株元少し離れた箇所に穴を掘り、そこに油糟と骨粉を入れるだけです。

Img_1725


Img_1727


簡単なことなのですが、バークチップを一旦取り除いたり根が張ったプランターは穴を明けることが大変なので億劫になってやり残していましたcoldsweats01

Img_1728


ヤル気さえ出れば作業はスムーズに終わります。

Img_1730


来春のそれぞれのクレマチスが満開になったシーンを妄想しながら大きく生長してくれることを願いながら作業をしましたhappy01

Img_1731


Img_1732


Img_1733


Img_1734

11月はクリスマスローズの旧葉切りをする予定です。

午後からはノエビアスタジアム神戸で行われたラグビー、日本代表とマオリ・オールブラックスとの試合を観戦しに出掛けましたsubway
久しぶりのラグビー観戦を楽しみました。

Img_9493

« 2014年10月 | トップページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ